コメント欄にご質問・感想をどうぞ

ドトールのフリーWi-Fiが改正で超便利に【ゲストコード・会員登録不要】

ドトール wifi

ドトールのフリーWi-Fiは、利用規約に同意するだけで簡単に接続できます。

以前の、Wi2 300サービスでは、メールでゲストコードを発行する必要がありました。

この発行作業が非常に面倒で、ゲストコードのメールが数十分届かないなんてことも・・。しかし、2019年よりドトールのフリーWi-Fiが改正。

なんと利用規約の同意だけでWi-Fi接続が可能になったのです(会員登録も不要)。

この記事では、ドトールのフリーWi-Fiについて接続方法を詳しく解説。また、通信速度・接続時間・繋がらない場合の対処法なども、説明していきますよ。

ぜひ、参考にしてくださいね。

1.【ゲストコード・会員登録不要】ドトールのフリーWi-Fiに接続する方法(PC・スマホ共通)

ドトールのWi-Fiって、簡単に設定できますか?

ええ、たったの2ステップで完了するわよ。1分でできるから、手順をしっかり確認してね。

ドトールのフリーWi-Fiはゲストコード・会員登録が不要なので1分もあれば接続できます。

MEMO
PC・タブレットも同じ手順で接続可能

詳しい設定手順は以下の通りです。

STEP.1
端末のWi-Fi設定から「DOUTOR-FREE-WIFI」をタップ

ドトールwifi

ドトール店内に入ったら端末の「設定」→「Wi-Fi」を開きます。Wi-Fi一覧から「DOUTOR-FREE-WIFI」を探してタップしましょう。

STEP.2
DOUTOR FREE Wi-Fiページで利用規約に同意

同意する

「DOUTOR-FREE-WIFI」をタップすると自動でページが立ち上がります。

※自動でブラウザが立ち上がらない場合は、手動でSafari・Google Cromeなどを立ち上げましょう

DOUTOR FREE Wi-Fiページが立ち上がったら、ページ下部にスクロールして利用規約の「同意する」をタップしましょう。

以上で完了です。Wi-Fi接続に成功すると、ドトールのホームページが表示されます。

2.Wi-Fiに繋がらないときの対処法

あの、Wi-Fiに繋がらないのですが・・。

Wi-Fi接続できない場合は、シンプルな対処法が一番効くわよ。詳しく説明するわね。

①ブラウザの履歴・キャッシュをクリアする

過去に閲覧した、ブラウザの履歴・キャッシュが原因でWi-Fi接続できないケースがあります。

MEMO
キャッシュとは、過去に閲覧したWEBページの情報を一時保存する機能のこと
TOPIC
一部のWEBサイトだけ接続できない、エラーが出るといったケースも、キャッシュが原因の場合が多い

ブラウザの履歴・キャッシュは、各ブラウザアプリから削除できます。

履歴・キャッシュの削除方法

  • Safari:「設定」→「Safari」→「履歴とWebサイトデータを消去」→「履歴とデータを消去」
  • Google Crome(PC):「設定」→「履歴」→「閲覧履歴データの削除」→「データを削除」

②Wi-Fi設定か機内モードをON/OFFする

理由は不明ですがWi-Fi設定か機内モードをON/OFFするだけでネットに繋がることがよくあります。

機内モードは一時的にすべてのネット環境を遮断する設定のことです。Android、iPhoneともに設定アプリ内から操作できます。

機内モード

POINT
端末の再起動も有効なので試す価値あり

③席を移動してみる

Wi-Fiは無線通信という性質上、遮蔽物があると接続が不安定になります。

たまたま座った席で、電波が遮断されている可能性もあるので、席を移動してみましょう。

店内の構造は各店舗によって異なるので正解はありませんが、なるべく中央の席に座ったほうがいいですよ。

3.その他、知っておきたい基礎知識

通信速度って、どれくらい速いんでしょうか?あと、1日何時間接続できるかも気になります。

OK、詳しく調べたからチェックしてね。

3-1.速度は光回線レベルのスピード

ドトールのフリーWi-Fiですが、通信速度は驚くべき結果に。以下、実際の測定結果です。

測定結果

PC測定結果

  • スマホ:39.4Mbps
  • PC:28Mbps

測定後、思わず「はやっ」と声に出してしまいました。光回線レベルのスピードです。

体感速度でも、ネットサーフィンはサクサクで、動画は一度も止まらずに再生できます。試していませんが、オンラインゲームもこの速度ならまったく問題ないはず。

街のフリーWi-Fiは5Mbps出ていれば超優秀なレベルなので、いかにドトールのフリーWi-Fiが高品質なのか分かりますね。

MEMO
通信速度は店舗の構造や時間帯によって変わるので、あくまで参考値として目安にしてください

3-2.接続時間は1時間まで(何回でも即再接続OK)

ドトールのフリーWi-Fiですが、接続時間は1時間までとなります。

再接続は何度でもOK。フリーWi-Fiサービスによっては連続して再接続できないのですが、ドトールでは即再接続できます。

もちろん、会員登録などは不要で、再度利用規約に同意するだけ。非常に快適です。

接続時間が不安定?

僕は、ドトールで何度もフリーWi-Fiを使っているヘビーユーザーなのですが、接続時間が毎回バラバラです。

60分と言いながら90分持つ場合もありますし、30分で途切れる場合もあります。通信速度は安定していますが、接続時間は不安定なようです。

まあ、ログインすら必要ないので再接続は面倒ではないのですが。

3-3.Wi-Fi対応店舗は公式サイトで検索できる

ドトールはすべての店舗でフリーWi-Fiに対応しているわけではありません。フリーWi-Fi対応店舗は、ドトールの公式サイトより検索できます。

外部参考(ドトール公式):フリーWi-Fi対応店舗検索

店舗検索の際は、「環境」の項目で「ドトール Free Wi-Fi 取扱い」にチェックを入れておくと探しやすいです。

ドトールwifi

対応店舗がリスト表示されるので、最寄りのドトールを確認してみましょう。

ドトール 店舗検索

3-4.ドコモ・ソフトバンク・auのWi-Fi接続もOK

ドトールでは、店舗によって大手キャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)が提供する無料Wi-Fiも利用できます。

キャリアWi-Fi(無料)

  • au:au Wi-Fi SPOT
  • ドコモ:docomo Wi-Fi
  • ソフトバンク:ソフトバンクWi-Fiスポット

キャリア契約者なら利用料金は無料。申込みも不要です。

MEMO
auはau Wi-Fi接続ツール、ソフトバンクはWi-Fiスポット設定アプリのインストールが必要(ドコモはSIM認証)

キャリアW-Fiの対応店は前項で解説した店舗検索のページより検索可能です。

キャリアwifi

4.注意!ドトールのフリーWi-Fiはセキュリティが甘い

セキュリティはどうですか?どれくらい危険なのか気になります。

そうね、正直セキュリティは固いとはいえないわ。

残念ながら、ドトールのフリーWi-Fiは、セキュリティが甘いです。セキュリティの強弱は暗号化通信の有無で決まります。

Wi-Fi設定画面からドトールのフリーWi-Fiを見てみると、暗号化通信(鍵マーク)ではないことが分かります。

鍵マークなし

また、利用規約のページでも暗号化通信ではない旨が記載されています。

暗号化通信でない記載

暗号化通信でない記載

暗号化通信でないということは、第3者による情報ののぞき見(情報漏えい)を完全に防げません。セキュリティが心配な方は、以下の方法で対処しましょう。

対処法
  • 重要情報を送信しない
  • httpsサイトのみ接続する
  • VPN経由で接続する

そもそも、重要な情報(金融機関のID・パスワードなど)を送受信しないことが大切です。

また、WEBページは、「https〜」から始まるサイトを閲覧しましょう。httpsから始まるサイトは、SSL/TLSによりWi-Fi設定に関わらず暗号化通信となります。

さらにセキュリティを高めたい方は、VPN(ネット上に仮想の専用線を置いて暗号化通信を行う技術)を利用しましょう。利用方法は、VPNアプリをインストールするだけです。

5.【まとめ】無料で超高速のWi-Fi接続が利用できる

今回は、ドトールのフリーWi-Fiについて詳しく解説してきました。

以前は面倒だったWi-Fi設定ですが、現在はゲストコードの発行&会員登録不要ですぐに接続できます。

接続時間は60分ですが、即再接続が可能です。また、通信速度は平均で40Mbps超えの超高速。

接続設定の簡単さ、通信速度の速さ、どちらを取ってもフリーWi-Fiでは最高クラスです。

一点、セキュリティの強度は低いので、重要情報はなるべく送信しない方がいいでしょう。フリーWi-Fi対応店を探したい場合は、ドトール公式サイトを参照してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。