どんなときもWiFiの解約ルールと違約金の有無について

どんなときもwifiの解約方法

どんなときもWiFiの解約手順や違約金の有無が気になりますよね。

まず、解約手順については事前に申請して、端末を返却する流れとなります。面倒なイメージのある通信機器の解約ですが、わずか2ステップで完了しますよ。

違約金については、いつ解約するかで変わってきます。 0円のタイミングもありますが、最大19000円の違約金が発生するので注意が必要です。

この記事では、どんなときもWiFiの解約ルールについて詳しくまとめています。ぜひ、確認してくださいね。

これから契約する方へ

解約手順は簡単に解約できるので安心して下さい。ただし、違約金のルールは重要なので、しっかり確認しておきましょう。

1.どんなときもWiFiの解約ルールを確認しよう

違約金とか色々解約ルールが気になるなぁ。

OK、解約について重要ルールをまとめたから確認してちょうだい。

1-1.更新月(25ヶ月目)以外の解約は違約金あり

どんなときもWiFiを途中解約する場合、更新月以外は違約金(解約金)が発生します。

契約解除料

違約金

0~12ヶ月目 19000円
13~24ヶ月目 14000円
25ヶ月目(更新月) 0円
26ヶ月目以降 9500円

更新月のタイミングは25ヶ月目の1ヶ月間のみ。ちょうど2年目のタイミングですね。

26ヶ月目以降は自動更新で再契約に。その後、さらに2年経つと(49ヶ月目)再び更新月となります。

POINT
2年契約→更新月→2年契約→更新月・・・この流れがずっと繰り返される

違約金の表を見て「高い!」と思われたかもしれませんが、ポケットWi-Fiとしては普通の相場です。

例えば、「UQ WiMAX」も、上記とまったく同じ9500~19000円の違約金がかかります(26ヶ月目は0円)。

1-2.端末はレンタル品なので必ず返却が必要

どんなときもWiFiは月額3480円と圧倒的な安さを実現しています。その秘密は、端末を買い切りではなくレンタル(新品)にしているから。

そのため、解約時には端末の返却が必須となります。

返却に必要なもの

  • 端末(U2s/D1)
  • 外箱

返却するもの

付属のUSBケーブルとストラップは、返却必須ではありません。

端末ですが、もし故障していたら機器損害金として18000円が請求されます。 返却時は、プチプチシートなどでしっかり梱包しましょう。

POINT
外箱は契約後に無くしやすいので、捨てずにしっかりと保管しておこう

1-3.解約締め日は25日まで(26日以降は翌月解約)

どんなときもWiFiの解約締め日は毎月25日までです。25日までに解約申請を行えば、当月解約が可能です(申請していれば返却は25日を過ぎてもOK)。

26日以降の解約申請は、翌月解約となるため注意しましょう。

 

1月24日に解約申請 → 1月末で契約解除

 

1月26日に解約申請 → 2月末で契約解除

解約後も月末まで利用可能(日割りはなし)

解約月ですが、月末までどんなときもWiFiを利用することができます。

月途中の解約でも日割りはなし。月初に解約申請しても、最後1ヶ月分の契約は残ることを覚えておきましょう。

 

1月1日に解約申請 → 1月いっぱいの契約(月末まで)で解除

1-4.補足:端末を受け取って8日以内なら初期契約解除(違約金なし)を申請できる

初期契約解除とは、契約して8日以内ならどんな理由でも違約金なしで契約解除できる仕組みのことです。クーリングオフをイメージすると分かりやすいです。

TOPIC
どんなときもWiFiに限らず、あらゆる通信機器が法律で初期契約解除の実施を定められている

解除理由は「ネットに繋がらなかった」「やっぱり不要だった」など何でも構いません。

初期契約解除を利用する際のルールは以下のとおりです。

初期契約解除のルール

  • 商品受け取りから8日以内に連絡
  • 法人契約は対象外
  • 端末・外箱を返却する
  • 事務手数料3000円は免除されない

まず、解約申請ですがカスタマーセンター(0120-048-277)へ連絡して下さい。

連絡後、返却先の住所が指定されるので、そちらへ商品一式を返送(送料は自己負担)。端末に破損など無ければ、違約金なしで契約解除&利用料金の全額返金をしてくれます。

ただし、事務手数料3000円は初期契約解除でも返金対象外なので注意して下さい。

2.どんなときもWiFiの解約手順(電話・オンライン)

この手の通信機器って、解約が面倒なイメージ。

大丈夫。解約の連絡をして返送するだけだから、超かんたんよ。

どんなときもWiFiの解約手順はかんたん2ステップで終わります。

詳しい流れは以下のとおりです。

MEMO
電話をかけたくない場合は、マイページ(オンライン)で申請OK
STEP.1
電話かマイページで解約申請をする

(1)電話の場合

グッドラックサポートセンター(0120-048-277)に連絡

※受付時間は11:00~18:00(日、年末年始除く)

 

(2)マイページの場合

マイページ」にログインして「契約解除申請フォーム」にて手続き

※ログインID・パスワードは契約書類に書かれている

STEP.2
指定住所へ端末を返却する

解約月の翌月10日までに、端末(外箱付き)を指定住所へ返却します。

指定住所

〒141-0022 東京都品川区東五反田1丁目2番33 白雉子ビル7F グッドラックサポートセンター宛

※端末返送時の送料は自己負担

以上で解約は完了です。

3.【お得情報】いつでも解約サポートで他のポケットWi-Fi・光回線に乗り換えれば違約金が無料に

いつでも解約サポート?

違約金なしで、他の通信機器に乗り換えできるサービスよ。一般解約するなら、先にいつでも解約サポートを検討するといいわよ。

どんなときもWiFiは、いつでも解約サポートという制度を設けています。

いつでも解約サポートとは?

 

いつでも解約サポート

 

契約途中で、光回線(固定回線)に変えたい、あるいは別のポケットWi-Fiに乗り換えたい場合、指定の通信機器なら違約金無料となる

どの通信機器が指定されるかは、相談時の提案によって変わります(相談後に提案を断ってもOK)。

ライバル会社の通信機器を指定されるとは考えにくいので、普通に考えてどんなときもWiFiと同じ会社の提供機器となるでしょう。

指定が予想される通信機器

ポケットWi-Fi

  • NEXT mobile
  • ONE mobile
  • Broad WiMAX

 

光回線

  • broad光
  • Broad one
  • モバレコAir(ホームルーター)
MEMO
どんなときもWiFiを提供する株式会社グット・ラックと同グループの株式会社リンクライフから予想

いつでも解約サポートは、事前の申し込みは不要で契約途中にいつでも申請できます。

いつでも解約サポート利用の流れ

  1. サポートセンター(0120-320-146)に連絡
  2. 乗り換え先の通信機器を決定
  3. 乗り換え先の回線が開通後、どんなときもWiFiを解約
  4. どんなときもWiFiの端末を指定住所へ返却

ポイントとして、乗り換え先の回線が開通した後にどんなときもWiFiの解約となるため、途中でネット回線が使えない期間は発生しません。

注意点として違約金は0円ですが、乗り換え先の事務手数料(その他の初期費用)は免除されないことを覚えておきましょう。

4.【まとめ】解約ステップはかんたん!違約金だけ注意しておこう

この記事では、どんなときもWiFiの解約について詳しく解説してきました。

解約手順はとってもかんたん。電話かマイページから解約申請を行い、あとは指定住所へ端末を返送するだけです。25日までに申請すれば、当月解約できます。

注意点として、更新月以外の解約は違約金が発生することを覚えておきましょう。2年以上の契約なら、違約金は9500円です。

その他、他のポケットWiFiあるいは光回線に乗り換える場合、いつでも解約サポートを利用すれば違約金が0円になります。

どの通信機器を提案されるかはわかりませんが、とりあえず相談だけでもしてみるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。