BIGLOBEモバイルの支払い方法まとめ!口座振替は利用条件があります

BIGLOBEモバイルの支払い方法

BIGLOBEモバイルの支払い方法は何が使えるんだろう・・。

BIGLOBEモバイルは格安SIMとしては珍しく口座振替払いに対応しています。

ただし、BIGLOBEモバイルで口座振替を利用できるのは原則データSIMだけ。 音声通話SIMで口座振替を利用する場合は他社を検討したほうがいいかもしれません。。

今回はBIGLOBEモバイルの支払い方法について、詳しくまとめました。

口座振替を使う場合の条件や注意点も解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

1.BIGLOBEモバイルの支払い方法はクレジットカードが基本

BIGLOBEモバイルの支払い方法は何が使えますか?

音声通話SIMは原則クレジットカードのみね。

BIGLOBEモバイル支払い方法は、クレジットカードが基本です。しかし、条件を満たせば口座振替による支払いができます。

MEMO
  • 音声通話SIM:通話機能ありのSIMカード(電話番号あり)
  • データSIM:ネット・アプリ専用のSIMカード(電話番号なし)

1-1.音声通話SIMの支払いは本人名義のクレジットカードだけ!デビットカードは不可

BIGLOBEモバイルでは、音声通話SIM(通話機能ありのSIMカード)で利用できる支払い方法はクレジットカード払いのみとなります。

利用できるカードは本人名義だけ。家族名義のカードは使えません。

また、口座振替やデビットカードなど、その他の支払い方法で契約することはできません。

裏技あり

データSIMを先に契約して、あとから音声通話SIMに変更することで、音声通話SIMでも口座振替を使う方法があります(詳しくは次章にて)

デビットカードで契約できたとの口コミもあるけど・・

SNSでは一部のデビットカードで契約できたとの口コミが見られます。ですが、これはあくまでも非公式な情報。

BIGLOBEモバイル公式ではデビットカードやプリペイドカードは登録できないと明記されています。

biglobeモバイルの支払い方法

デビットカードで契約しようとしても、審査で落とされる可能性が高いです。 確実に契約したいならクレジットカードを用意しましょう。

なお、クレジットカード払いで契約した後に口座振替へ変更することはできます。

そういう意味では口座振替もできますが、結局クレジットカードを持っていることが前提になるので、クレジットカードなしで契約したい人には向きません。

1-2.ビッグローブ光を利用中なら音声通話SIMでも口座振替を利用できる

ビッグローブ光を利用中で支払い方法が口座振替の場合は、BIGLOBEモバイルの音声通話SIMでも口座振替払いが可能です(合算請求)。

以下の光回線サービスは、BIGLOBE系列でも口座振替の支払いは不可となるので注意して下さい。

口座振替不可

  • コミュファ光
  • BIGLOBE光パックNeo with フレッツ
  • BIGLOBE光 with フレッツ以外のフレッツ光

auひかりユーザーはKDDI請求が使える(ビッグローブ光もOK)

BIGLOBEの光回線サービスのうち、ビッグローブ光とauひかりについてはKDDI請求(料金をまとめてKDDIに支払う)が使えます。

KDDI請求の支払い方法を口座振替にしておけば、ビッグローブ光/auひかりの料金と一緒にBIGLOBEモバイルも口座振替で支払うことが可能です。

キャンペーン速報

2019年9月1日まで(WEB契約で適用)

  • SIMカード単体契約 → 月額1200円割引&エンタメフリー・オプション3ヶ月無料
  • Android・iPhoneともに全機種値下げ&エンタメフリー・オプション3ヶ月無料

BIGLOBEモバイルの公式サイトへ

最新キャンペーンを見る

2.データSIMならBIGLOBEモバイルでも口座振替が使える

じゃあ、BIGLOBEモバイルで口座振替は使えないんですか?

データSIMなら使えるわ。あと、裏技で音声通話SIMでも口座振替を使う方法があるの。

BIGLOBEモバイルのデータSIMなら光回線を利用していなくても口座振替が使えます。

ただし、申し込みに時間がかかる、手数料がかかるデメリットもあります。詳しく見ていきましょう。

2-1.データSIMで口座振替を申し込む流れ(SIMカードの到着は遅いです)

データSIMを口座振替で申し込む流れは以下の通りです。

口座振替手続きの流れ

  1. 公式サイトからBIGLOBEモバイルを申し込む
  2. 「お支払い方法の選択」で「口座振替」を選択する
  3. 支払い方法登録申込書を返送する

BIGLOBEモバイルの申し込み方法はクレジットカード払いの時と同じ。公式サイトの「お申し込み」から手続きします。

biglobeモバイルの申し込み

商品選択の画面では画面の指示に従いながらSIMカードタイプやプラン、SIMカードサイズを選んでください。

データSIMを申し込むなら、「SIM種別」では「データSIM」にチェックを入れてください。

データSIMを選択

続いて登録情報入力の画面です。名前や住所などを不備や漏れがないように記入していきます。

そして「お支払い方法の選択」で「口座振替」にチェックを入れてください。

口座振替の選択

これで支払い方法を「口座振替」として申し込むことができます。

支払い方法登録申込書を返送すれば手続き完了

BIGLOBEモバイルの申し込みが終わり、問題がなければBIGLOBE会員証が発送されます。

会員証に「支払い方法登録申込書」が同梱されているので必要事項を記入し、10日以内にBIGLOBEに返送します。

支払い方法の登録が完了後、ようやくSIMカードが発送されます。

通常、BIGLOBEは申し込んでからSIMカードの到着までの日数は2~3日ほどです。

しかし、口座振替でデータSIMを申し込んだ場合は申込書の返送が必要になるため、SIMカード到着までの1~2週間くらいかかります。

その他の注意点としては、口座振替を利用する場合は200円(税込216円)の振込手数料がかかります。

2-2.口座振替に対応している金融機関と引き落とし日

BIGLOBEモバイルの口座振替はメガバンク、ネット銀行、全国各地の信用金庫・地銀、ゆうちょ銀行などに対応。

幅広い金融機関に対応しているので利用しやすいですね。

口座振替の締め日は毎月月末、引き落とし日は翌月26日となります。

例えば5月分の料金なら5月31日に締められ(5月利用分を計算)、6月26日に引き落とされます。

2-3.裏技:あとから口座振替払いを継続したまま、音声通話SIMに変更できる

BIGLOBEモバイルの音声通話SIMは光回線を契約していないと口座振替が利用できない、ということでした。

しかし、ある裏技を使えば音声通話SIMでも口座振替が利用できます。

それはデータSIMを口座振替で契約した後に、音声通話SIMに変更するという方法です。

BIGLOBEモバイルではSIMカード種別を変更しても、支払い方法はそのまま継続されます。

つまり、口座振替で契約したデータSIMを同じ契約者が音声通話SIMへ変更すれば、そのまま口座振替で支払うことができるわけですね。

SIMカード種別の変更はマイページにて

SIMカード種別の変更はマイページから行います。

マイページにログイン後、「サービスの利用状況の確認」の「モバイル契約情報」を選択してください。

SIMカード種別の変更

サービス選択画面になるので「BIGLOBEモバイル」を選択してください。

SIMカード種別の変更2

ここでBIGLOBEモバイルの契約情報が確認できます。

そして、「SIMカード種別」→「カード種別変更ボタン」からSIMカード種別変更手続きが可能です。

※余談ですが、音声通話SIMからデータSIMの変更はできません

SIMカード種別を変更する際にはSIMカード種別変更手数料(3000円)とSIMカード準備料(394円)がかかります。

また、音声通話SIMに変更する際には本人確認書類のアップロードが必要です。以下の本人確認書類を準備しておきましょう。

本人確認書類として認められるもの

運転免許証、運転経歴証明書、健康保険被保険者証+補助書類、特別永住者証明書、パスポート、住民基本台帳カード、外国人登録証明書、在留カード、身体障害者手帳、療育手帳、精神障がい者保険福祉手帳、特定疾患医療受給証+補助書類、特定疾患医療登録者証+補助書類

なお、補助書類には発行から3ヶ月以内かつ住所が記載された、公共料金領収書・住民票・戸籍謄本のいずれかが利用できます。

3.最初から音声通話SIMの口座振替を利用したいなら、別の格安SIMを選ぼう

う~ん、裏技で音声通話SIMの口座振替が使えるとはいえ、いちいち手続きするのがめんどい・・。手数料もかかるし。

最初から音声通話SIMで口座振替を利用したいなら、別の格安SIMを選ぶのも一つの手段よ。

BIGLOBEモバイルの音声通話SIMでも、データSIMを申し込んでからSIMカード種別を変更すれば口座振替が利用できます。

しかし、手続きは面倒で時間もかかりますし、無駄な手数料まで発生します。どうせなら最初から口座振替で音声通話SIMを利用したいですよね。

そんな場合は、BIGLOBEモバイルを諦めて口座振替対応のUQモバイルか楽天モバイルを選ぶのがおすすめです。

おすすめ1 UQモバイル(BIGLOBEモバイルより通信速度が速い)

UQモバイル

UQモバイルは通信速度が速いのが売りです。普通、格安SIMは回線が混雑する平日お昼や夕方になると通信速度が大幅に低下します。

BIGLOBEモバイルも例外ではなく、とくにお昼になると1Mbpsを下回ることも多いです。

しかし、UQモバイルは通信速度が安定しているので、回線が混雑する時間帯でも高速通信を維持しています。 そのため、通信速度を重視する人に向いています。

そしてなにより、BIGLOBEモバイルと違い、UQモバイルなら音声通話SIMでも口座振替が利用できます。しかも手数料もかかりません。

注意点として、オンラインで口座振替を利用するならMNP(電話番号を維持した乗り換え)に限ります。

MNPを使わない新規契約は店舗(UQモバイルショップ)から申し込みましょう。

さらに詳しい、UQモバイルの口座振替条件については以下の記事を参考にしてください。

uq mobileの口座振替UQモバイル(UQ mobile)で口座振替を利用する条件と申し込み方法

おすすめ2 楽天モバイル(楽天スーパーポイントが貯まる)

楽天モバイル

楽天モバイルは楽天スーパーポイントに対応しているのが特徴です。

利用料100円につき1ポイントが貯まり、さらに貯まったポイントは他の楽天サービスや楽天モバイルの支払いに充てることも可能です。

普段から楽天サービスを利用している人に向いています(楽天市場のポイント獲得も2倍に)。

楽天モバイルも、音声通話SIMで口座振替を利用できます。口座登録がオンラインで完結するため、SIMカードが届くのも速いです。

注意点として、楽天モバイルの口座振替は端末代金の支払いに対応していません。

口座振替で端末セット契約する場合は、端末代金のみ代金引換で一括払いとなります。また、口座振替手数料が毎月100円かかります。

さらに詳しい、楽天モバイルの口座振替条件については以下の記事を参考にしてください。

楽天モバイルで口座振替クレジットカード不要!楽天モバイルで口座振替を使う方法

4.【まとめ】BIGLOBEモバイルの口座振替はデータ通信専用SIMだけと考えておこう

BIGLOBEモバイルで口座振替を利用する方法を再度まとめました。

おさらい
  • データSIMの申し込みなら口座振替が使える
  • BIGLOBEの光回線を利用しているなら音声通話SIMでも口座振替可能
  • データSIMを申し込んだ後、音声通話SIMに変更すれば口座振替を使える

音声通話SIMで口座振替を利用する場合は光回線を利用しているか、データSIMで申し込んだ後に音声通話SIMに変更する必要があります。かなり面倒です。

したがって、BIGLOBEモバイルの口座振替は実質データSIMだけと考えておきましょう。

どうしても音声通話SIMで口座振替を利用したい場合はUQモバイルか楽天モバイルを検討しましょう。

格安SIMのキャンペーン情報まとめ(2019年7月13日更新)

1.かなりお得

  • 楽天モバイル:最新15機種が大幅値引き(8/8まで)
  • Y!mobile:最大15555円のTポイントが貰える&SIM単体契約で最大14400円割引(終了未定)
  • UQモバイル:現金13000円のキャッシュバック&初期費用0円(終了未定)

2.まあまあお得

  • mineo:6GB・10GBコースが3ヶ月割引(7/31まで)
  • IIJmio:端末の大幅割引&ギフト券(7/31まで)
  • BIGLOBEモバイル:iPhone含む端末の大幅割引&SIM契約は6ヶ月1200円割引(9/1まで)
  • LINEモバイル:月額料金が3ヶ月1390円割引に(終了未定)
キャンペーン速報

2019年9月1日まで(WEB契約で適用)

  • SIMカード単体契約 → 月額1200円割引&エンタメフリー・オプション3ヶ月無料
  • Android・iPhoneともに全機種値下げ&エンタメフリー・オプション3ヶ月無料

BIGLOBEモバイルの公式サイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。