【CBあり】格安SIMの最新キャンペーン
IIJmio(みおふぉん)

【2019年】IIJmio(みおふぉん)の評判や通信速度を完全評価

IIJmio(みおふぉん)の読み方は、アイアイジェーミオとそのまま読みます。みおふぉんの愛称でも有名です。他社への回線提供を行うほど技術レベルが高いIIJmio。玄人好みの格安SIMと言われています。30~40代の指示が厚く男性人気が高いです。なぜか、都市部のユーザーが異常に多いのも特徴的。最近は、シニア・主婦層が増えてきています。

IIJmioはとっつきにくい印象がありますが、実は初心者にとても優しい格安SIMです。近年は、その分かりやすさから、お年寄り向けに郵便局で販売を展開しています。

今回は、そんなIIJmioの評判と通信速度を詳しく解説。メリット・デメリットや料金プランの内容なども説明していきますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.IIJmioのメリット

まずは、IIJmioを詳しく知るために、メリットを見ていきましょう。IIJmioには以下のメリットがあります。

  • 家族で利用するとお得
  • ドコモ回線・au回線に対応
  • IIjmioひかりのセット割がある

詳しく見ていきましょう。

(1)家族で利用するとお得

IIJmio家族向けのファミリーシェアプランが用意されています。ファミリーシェアプランではSIMカードを最大10枚までSIMカードを追加可能。データ通信量をシェアすることができます。ファミリーシェアプランを利用すると、個別で契約するより通信費が安くなりますし、支払いもまとめられます。20GB、30GBの大容量オプションも利用可能です。

また、ファミリーシェアプランはデータ通信量だけでなく通話料もお得です。家族同士で通話すると、通話料が20%オフ(20円/30秒から16円/30秒に)。さらに、IIJmioの通話アプリ「みおふぉんダイアル」を使えばさらに半額となり、8円/30秒の激安価格(60%オフ)で通話できます。

かけ放題オプションに加入すると、家族同士の通話なら10分かけ放題が30分に、3分かけ放題が10分に延長されます。通話料が割引される家族割は、他社には無いサービスです。

(2)ドコモ回線・au回線に対応

IIJmioはドコモ回線(タイプD)とau回線(タイプA)に対応しています。回線が2つに分散されているため、ユーザーの偏りが少なく通信環境が安定しています。また、地域によってauエリア・ドコモエリアの電波の入り具合が異なるため、どちらかを選択できるのは安心できます。

仮に、auエリアを使用するタイプAで繋がりにくくても、あとからドコモエリアのタイプDにプラン変更できます。なお、両回線のSIMカードを契約する際は、タイプA・タイプD間でデータシェアすることもできますよ。家族で利用する際に、タイプが別れても問題ありません。

(3)IIjmioひかりのセット割がある

IIJmioは光回線サービス「IIJmioひかり」を提供しています。格安スマホのIIJmioとセットで契約するとmio割が適用。月額料金が毎月600円割引されます。光回線のセット割は珍しくありませんが、月額料金の割引額が200円程度の場合が多いです。IIJmioは月額600円も安くなるため、条件がいいです。

すでにIIJmioひかりを利用している、あるいは光回線をこれから利用したい方は、mio割を利用して、お得にIIJmioを使いましょう。

IIJmioの公式サイトはこちら

2.IIJmioのデメリット(注意点)

IIJmioにはメリットだけでなく、以下のデメリットもあります。

  • 基本料金プランが少ない
  • 低速通信時に速度制限がある
  • 通信速度が安定しない

それぞれ見ていきましょう。

(1)基本料金プランが少ない

IIJmioは料金プランが3GB、6GB、10GBと、わずか3種類しかありません。初心者にとってはシンプルで選びやすいのですが、中級者以上の方は満足できないでしょう。ただし、現在は大容量オプションで20GB、30GBを追加できるようになったので、ヘビーユーザーの方でもあまり心配することは無くなりました。

ちなみに、普通にスマホが使えたら十分という方は、6GBがぴったりです。逆に、LINE程度しか使わない方向けに、1GBプランも出来るといいですね。今後、ライトユーザー向けの料金プランやオプションもできれば完璧です。

(2)低速通信時に速度制限がある

IIJmioは高速通信時の3日間速度制限はありません。契約した基本データ容量を使い切らない限り、速度制限の心配はいりません。ただし、低速通信時は3日間で366MB以上のデータ消費で速度制限にかかります。IIJmioは、IIJmioクーポンスイッチでデータ節約のため低速通信に切り替えできます。

このとき、調子に乗って低速通信時に大容量のデータ通信を行うと、ただでさえ遅い低速通信からさらに速度制限がかかるので注意しましょう。

(3)通信速度が安定しない

IIJmioは通信速度が1日を通して安定しません。この問題は、格安SIM全体の課題です。IIJmioはauとドコモから回線をレンタルしているため、ユーザー数が増えると、本家のユーザーを優先させるためIIJmioの通信速度が落とされます。特に厳しいのが、お昼の12時半頃。この時間帯は、1Mbpsからさらに500kbpsを切ることがあります。

大手キャリアの速度制限時のスピードは200kbpsです。お昼に限定されているとはいえ、IIJmioはそれに近い速度まで落ちることになります。お昼をすぎれば、10Mbps程度まで回復するので大丈夫です。夜になると、タイプAで3Mbpsを切ることがありますが、動画が再生できないほどではありません。やはり、お昼の時間帯が最もネックですね。

IIJmioの公式サイトはこちら

3.IIJmioの通信速度

ここでは、IIJmioを使う上で最も気になる通信速度を計測してみました。ドコモ回線のタイプD、au回線のタイプAの両方を計測したので、参考にしてみて下さい。

3-1.時間帯別 通信速度の測定

タイプA(au回線)・タイプD(ドコモ回線)の通信速度を、スピードテストアプリで実際に計測してみます。

測定条件

  • 計測場所:横浜駅(お昼・夕方)、横浜市内のマンション(夜)
  • 端末:arrows M03

タイプA

お昼

IIJmioの通信速度を測定2
  • 計測時間:12時56分
  • 計測場所:横浜駅
  • ダウンロード:7.78Mbps
  • アップロード:10.34Mbps

夕方

IIJmioの通信速度を測定4
  • 計測時間:17時40分
  • 計測場所:横浜駅
  • ダウンロード:3.40Mbps
  • アップロード:10.86Mbps

IIJmioの通信速度を測定6
  • 計測時間:22時45分
  • 計測場所:自宅(横浜市内)
  • ダウンロード:3.99Mbps
  • アップロード:8.61Mbps

タイプD

お昼

IIJmioの通信速度を測定
  • 計測時間:12時38分
  • 計測場所:横浜駅
  • ダウンロード:0.76Mbps
  • アップロード:23.08Mbps

夕方

IIJmioの通信速度を測定3
  • 計測時間:17時14分
  • 計測場所:横浜駅
  • ダウンロード:2.83Mbps
  • アップロード:5.73Mbps

IIJmioの通信速度を測定5
  • 計測時間:22時58分
  • 計測場所:自宅(横浜市内)
  • ダウンロード:18.57Mbps
  • アップロード:4.44Mbps

3-2.速度測定の結果

タイプDの通信速度はお昼の測定で残念ながら1Mbpsを切りました。特に厳しいのが12時30分から13時。この時間帯は別の日に測定しても平日・休日問わず、ほぼ確実に1Mbpsを切りました。1Mbpsを切るとネット閲覧やLINEなら問題ありませんが、高画質の動画視聴は厳しいです。

夕方になると、3Mbps付近まで回復。決して速いとは言えませんが、日常使いには問題ありません。回線が混雑する、お昼休みと夕方の時間帯を除けば、一気に通信速度が回復して20Mbps付近まで上昇しました。

タイプAは、ドコモよりユーザー数が少ないau回線を使用しているおかげか、比較的安定した通信品質です。速度低下が起こりやすい12時台に7Mbpsを記録。ただし、日によっては1Mbpsを切ることもあるため安定度はまずまずです。帰宅ラッシュで速度低下しやすい夕方は3Mbps台をキープ。合格点と言えるでしょう。

夜もまずまずの通信速度で日常的に困ることはありません。

3-3.アプリ動作の快適さをテスト

今度は実際にアプリを開いて体感速度を調べてみます。17時~18時の夕方に調査してみました。

WEBサイト閲覧

IIJmioでネット

ブラウザアプリからYahoo!ニュースを閲覧してみます。テキスト中心なので5秒程度で開きます。A、Dプランともに差はありません。ただし、画像が多いWEBサイトは8秒以上待たされることも。画像メインのWEBサイトは、開くのが遅くて少しイライラしました。

LINE

IIJmioでLINE

タイプA、タイプDともにまったく問題ありません。トークはリアルタイムで反映します。LINE通話(ビデオ通話も含む)も遅延すること無く普通に使用できます。

動画再生

IIJmioで動画閲覧

Youtubeの普通画質(360p)を再生テスト。タイプA、Dともに途中で途切れず再生できました。

IIJmioで動画閲覧2

次は普通画質から高画質(720p)に上げて再生テスト。タイプDは途中で再生が止まりました。再生バーを読み込むまで待たないと快適に視聴できません。

IIJmioで動画3

タイプAは4K動画でも普通に視聴できました。再生バーの読み込みは、凄く早いわけではありませんが、十分なスピードを感じます。

ゲームアプリ

IIJmioでゲーム IIJmioでゲーム2

グラブルとポケモンGOをプレイしました。タイプA、タイプDともに、快適にプレイできます。ただし、グラブルはゲームデータのロードでやや重たさを感じました。大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)と比べて通信速度が落ちているため致し方ありません。

3-4.速度低下する時間帯

IIJmioに限らず他の格安SIMも同様ですが、以下の時間帯で速度低下を起こします。

速度低下のピーク

  • お昼(12時~13時)

速度低下を起こしやすい

  • 夕方(17時~19時)
  • 朝(9時~9時半)
  • 夜(21時~22時)

共通しているのはスマホの利用者が急増する時間帯であること。仕事中の昼休みや、出勤・帰宅の時間帯に回線混雑で速度低下が起こります。IIJmioをはじめ回線混雑する時間帯に速度低下する理由は、割り当てられている回線の帯域幅が限られているからです。難しい話に思えますが、交通事情に例えると分かりやすいです。

通信速度が低下する理由

大手キャリアとは帯域幅(交通に例えると道路の幅)が元から違うというわけですね。

お昼の通信速度を詳しく測定

数日にわけて、お昼の時間帯(12時から13時)にIIJmioの通信速度を測定しました。

  • ダウンロード(Mbps):0.9
  • アップロード(Mbps):2.5
  • Youtube開始時間(秒):21.3
  • WEB閲覧開始時間(秒):7.1

※タイプAとタイプDの平均値

ご覧の通り、IIJmioは1Mbpsを切る厳しい結果に。お昼の時間帯はやはり速度低下をまぬがれません。IIJmioを使用する際は1Mbpsを切るお昼の時間帯(約1時間)をどう乗り切るかがポイントです。この時間帯は高画質の動画再生を諦めるかWi-Fi接続を使った方がいいでしょう。

3-5.他の格安SIMと速度比較

1日を通した時間帯でIIJmioの通信速度を他社と比較してみました。

格安SIM 通信速度(Mbps)
正午 夕方
IIJmio
(タイプA)
1.2 12.1 10.4
IIJmio
(タイプD)
0.4 2.4 10.4
楽天モバイル 2.2 2.2 10.5
mineo
(Aプラン)
1.9 12.1 12.4
mineo
(Dプラン)
1.1 3.2 26.9
LINEモバイル 1.5 6.4 6.3
UQモバイル 13.1 47.5 23.4
Y!mobile 20.1 37.6 22.5
BIGLOBEモバイル 0.4 4.3 25.4
DMMモバイル 1.1 3.7 19.6
イオンモバイル 0.7 2.9 24.5
nuroモバイル 0.5 1.5 19.5
OCNモバイルONE 0.7 3.5 5.3

比較結果ですが、正午の時間帯はやはり1Mbps付近の通信速度です。タイプAは12時頃と13時頃は15Mbps以上に回復しますが、12時半が遅いですね。タイプDは12時を過ぎるとしばらく速度低下が続きます。ただ、この時間帯はUQモバイルとY!mobileを除いて他社も通信速度が遅いです。IIJmioだけが速度低下するわけではありません。

夕方の時間帯はタイプAが他社と比べてまずまずの通信速度です。タイプDはやや物足りないですが、2Mbpsを超えているので高画質動画も再生可能な基準ですね。夜は、他社よりも通信速度が劣っています。IIJmioは最高速度が20Mbpsくらいなので、平均を取ると他社より劣るためです。

ですが、10Mbpsを超えているため、体感速度は他社とほぼかわりません。ちなみに、IIJmioの午前中の通信速度は15~20Mbpsでした。結論として、タイプAは他社と比べてやや上回っている結果に。タイプDは平均よりやや下回っている結果となりました。

3-6.速度制限の条件

IIJmioでは速度制限(通信制限)に引っかかると、200kbpsの低速通信に制限されます。

速度制限の条件は以下の通りです。

  • 基本データ容量を使い切ったとき
  • 3日間で366MBを超える低速通信を行ったとき

まず、毎月の決められた基本データ容量を使い切れば速度制限にかかります。大手キャリアでも同じルールなのでイメージしやすいでしょう。3日間の速度制限ですが、高速通信容量(4G LTEの通信)を使う分には制限はありません。速度制限の対象となるのは、低速通信時のみです。

動画を再生し続けるなど極端な使い方をしない限り速度制限にはかかりません。もっとも低速通信ではそもそも動画を再生するには厳しいですが・・。高速通信が使い放題なので、実質IIJmioの3日制限は無いと考えて差し支えないでしょう。

バースト機能に対応

IIJmioは速度制限にかかっても、低速時にバースト機能が使えます。バースト機能とは低速時でも最初の読み込みが一時的に高速通信となる機能です。バースト機能があれば低速でもテキスト中心のWebサイトやLINE、SNSくらいであれば十分快適に利用できます。Instagramも最初の数秒で多くの画像を読み込ませるため、速度制限時でもそこそこ快適に使用できます。

3-7.速度制限を回避するならIIJmioクーポンスイッチ

速度制限を回避するなら、IIJmioクーポンスイッチ(通称みおぽん)を上手く活用したいところです。高速通信容量を節約できます。IIJmioクーポンスイッチはワンタップで高速通信のON/OFFを切り替えできます。データ消費を0に抑えることができます。SNSの流し見など急ぎでない用事では、高速通信をOFFにしておきたいところです。

高速通信をOFFにしている間はデータ通信量の消費は一切なし。ニュース記事を読むだけ、LINEを返すだけ、といった用途ならIIJmioクーポンスイッチでデータ通信量を節約してみましょう。速度制限を回避できますよ。

みおぽん
IIJmioのアプリ「みおぽん(IIJmioクーポンスイッチ)」の使い方IIJmioの専用アプリ、IIJmio クーポンスイッチ。通称、みおぽんと言います。可愛らしい名前です。みおぽんのメイン機能は高速・低速...

IIJmioの公式サイトはこちら

4.IIJmioの評判

実際にIIJmioを利用しているユーザーの評判を調査してみました。

※アンケートは株式会社クラウドワークスにて実施、100名以上の回答から分析

IIJmioの評判

4-1.良い口コミ

  • キャリア携帯の頃は夫婦二人で2万円近くかかっていたのが、今は二人で3500円程度になりました。速度も全然気になることなく、設定も簡単でした。もっと早くにキャリアから乗り換えれば良かったと後悔しています。(37歳女性)
  • 以前はドコモのスマホでしたがネットの繋がりやすさは特に変わりません。手続きも簡単で設定に困ることはなかったです。(43歳男性)
  • インターネットの速度・繋がりやすさは以前ドコモと契約していた頃と比較しても変わりありません。プランの変更などインターネット上で簡単にできるところも良い。(23歳女性)
  • 動画を見るとき、たまに止まりますが、そこまでイライラがたまるほどではないです。なかなかの使い勝手の良さだと思います。(19歳男性)
  • 4年程前からIIjmioを利用しています。何のストレスもなく、使用できています。また、専用のアプリを入れると、高速通信をストップさせたり、使用量を確認できたりと、すごく便利です。(41歳女性)

4-2.悪い口コミ

  • 通勤時間やお昼のランチ時間などは、ネットにつながらない場合が多いです。(35歳男性)
  • 通話が増えてくると料金が高いと思います。通話はできるだけドコモのかけホーダイに入っている妻のスマホを借りるようにしています。(43歳男性)
  • サポートについては、正直手厚くありません。電話での問い合わせは、毎回オペレーターの方とつながるまでに、かなり時間がかかります。(41歳女性)

4-3.口コミからわかること

元ドコモユーザーの意見が多かったIIJmio。通信速度は速いというほどではないけど、特にストレスを感じない程度との意見がほとんど。その他、設定が簡単、専用アプリが便利などの意見もありました。ユーザーの反応はよく、全体的に平均点超えの優秀さでした。

悪い意見では、お昼・夕方の速度低下とサポートの繋がりにくさが挙げられていました。速度低下については、格安SIM全体の問題となっています。サポートに関しては低評価の数が少なかったので、キャンペーンの時期など限定的だったのかもしれません。いずれにせよ、思った以上に悪い意見が少なかったです。

5.IIJmioの料金プラン・サービス内容

ここでは、IIJmioの料金プランやサービス内容について詳しく解説していきます。

5-1.3つの料金プランから選択できる

IIJmioの料金プランは、

  • ミニマムスタートプラン
  • ライトスタートプラン
  • ファミリーシェアプラン

の3種類が用意されています。詳しいプラン内容は以下の通りです。

タイプA・タイプD共通

データ通信量 月額料金
データ通信専用SIM 音声通話SIM
ミニマムスタート
プラン
3GB 900円 1600円
ライトスタート
プラン
6GB 1520円 2220円
ファミリーシェア
プラン
12GB 2560円 3260円

※タイプDのデータ通信専用SIMはSMS機能なし

まず、タイプA(au回線)とタイプD(ドコモ回線)は、どちらも月額料金が変わりません。ただし、タイプDのデータ通信専用SIM(音声通話機能が無いSIMカード)はSMS機能がありません。タイプDでSMSを使いたい場合は、月額140円のオプション料金がかかります。

なお、タイプAとタイプDは利用する回線が異なるため、テザリングや端末の対応状況が異なります(詳しくは後述します)。月額料金については、3GBのミニマムスタートプランが最安値です。音声通話SIM(音声通話機能があるSIMカード)でも月額2000円以下で契約できます。

ちなみに、音声通話SIMとデータ通信専用SIMについてですが、通常は電話番号が付与される音声通話SIM(IIJmioでは音声通話機能付きSIMと呼ぶ)を契約します。音声通話SIMなら、手持ちの電話番号を引き継いで乗り換えるMNPが利用できます。

iijmio 料金プラン
IIJmio(みおふぉん)の料金プランを完全ガイドIIJmio(みおふぉん)では、どのような料金プランが利用できるのでしょうか。 この記事では、IIJmioの料金プランを徹底解説。...

余ったデータ容量は繰り越しあり

IIJmioでは、使いきれなかったデータ容量(クーポン)を翌月に繰り越します。当月内に使いきれなかったからといって消滅することはありません。繰り越したデータ容量の使用期限は翌月末までです。データ消費の順番は繰り越し分のデータ容量が先で基本データ容量はあとから。損しないデータ消費の順番となっています。

5-2.複数SIMを使えるファミリーシェアプラン

IIJmioでひときわ目立つのがファミリーシェアプランです。追加SIMを行いたい場合、ミニマムスタートプランとライトスタートプランが2枚までに対して、ファミリーシェアプランは10枚までSIMカードを追加できます。ファミリーシェアプランは家族向けのプランであることに間違いはないのですが、実は一人で複数のSIMカードを使い分けたいときも便利です。

スマホとは別に、タブレットやモバイルWi-Fiルーターを同時運用したい方はファミリーシェアプランの利用が向いています。ファミリーシェアプランは、3260円(データ通信専用SIMは2560円)で複数SIMが使い放題のように感じますが、別途手数料が必要なので注意が必要です。

ファミリーシェアプランの手数料・付帯料

■手数料

  • 4枚目以降のSIMカード利用料:400円/月額
  • SIMカード追加手数料:2000円/枚

■付帯料

  • SMS機能付帯料:140円/枚(タイプAは0円)
  • 音声通話機能付帯料:700円/枚

付帯料は、例えば音声通話SIMを複数契約したいなら、音声通話機能付帯料が1枚毎に必要となります。

ファミリーシェアプランの月額料金シミュレーション

  • 家族3人でファミリーシェアプランを使う場合の月額料金
    →2560円+700円(音声通話機能付帯料)×3人分=4660円
  • 家族4人でファミリーシェアプランを使う場合の月額料金
    →2560円+700円(音声通話機能付帯料)×4人分+400円(4枚目以降の手数料)=5760円

実は、個別契約したほうが安いんじゃ・・と心配になりますが、ちゃんとファミリーシェアプランの方がお得になるようにプラン設計されているため安心してください。

個別契約とファミリーシェアプランの比較

  • 家族4人でファミリーシェアプラン(12GB)に契約:5760円
  • 家族4人でミニマムスタートプラン(3GB)にそれぞれ個別契約:6400円
iijmioのファミリーシェアプラン
IIJmio(みふぉん)のファミリーシェアプランを全解説家族でIIJmio(みおふぉん)に乗り換えたい、あるいは一人で複数の端末を利用したい場合に便利なファミリーシェアプラン。一体どのような料...

5-3.物足りない場合は大容量オプションがある

IIJmioで10GB以上のデータ通信量を使いたい場合は、追加で大容量オプションに申し込みできます。

大容量オプション

  • 20GB:3100円
  • 30GB:5000円

上記のオプション料金は、基本料金とは別に支払いが必要です。高いのか安いのか分かりにくいですが、大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)では20GBで6000円前後の価格帯です。それに比べて、IIJmioは同じデータ通信量でも大手キャリアの約半額。十分に安い価格で大容量のデータ通信量が利用できます。

ちなみに、ミニマムスタートプラン(3GB)に20GBの大容量オプションを追加した場合は、3GB+20GBで23GBの利用が可能。余ったデータ通信量は翌月繰越されます。契約途中で申し込むと日割り計算してくれるので、あとから追加してもいいでしょう。オプションなので、旅行中だけ一時的にデータ通信量を増やすといった使い方もできますよ。

5-4.かけ放題オプションとみおふぉんダイアル

IIJmioには2つのかけ放題オプションが用意されています。

  • 3分かけ放題:月額600円
  • 10分かけ放題:月額830円

それぞれ、国内通話なら3分以内、10分以内が通話定額でかけ放題です。IIJmioのかけ放題は、みおふぉんダイアルという専用アプリを使います。アプリ経由で発信する手間はかかりますが、規定の時間を超過した場合でも半額の通話料10円/30秒で通話できるのがメリットです。

ちなみに、専用アプリのみおふぉんダイアルは、かけ放題に加入しなくてもIIJmioに契約したら無料で使えます。IP電話ではなく、自分の090/080/070電話番号を使っていつでも半額通話ができるのはメリットです。

なお、同一ID間(同一契約間通話)ならファミリー通話割引が適用されて、通常の60%オフの8円/30秒で通話できます。家族で利用することで無料通話時間が伸びたり、通話料がお得になったりする格安SIMは珍しく、IIJmioだけのサービスと言っても過言ではありません。

みおふぉんダイアル
通話料が半額!IIJmioの通話アプリ「みおふぉんダイアル」とは?IIJmio(みおふぉん)の通話アプリ「みおふぉんダイアル」は番号そのままで通話料金が半額になります。この記事では、詳しい使い方からデメリットまで解説。安くなる仕組みについても言及しています。...

5-5.IIJmioでiPhoneを使うには?

IIJmioでは手持ちのiPhoneを使用することができます。IIJmioではiPhoneの取扱いはありません。SIMカードとともにiPhoneを購入したい場合は、「iPhoneをセット販売している格安SIM」に契約する必要があります。手持ちのiPhoneを使ってIIJmioに契約するときは、SIMロック解除が必要となる場合があります。

SIMロック解除の条件は以下の通りです。

SIMロック解除の必要性

  • ドコモ版iPhone:タイプDに契約すればSIMロック解除不要
  • au版iPhone:iPhone 8以降ならタイプAでSIMロック解除不要
  • ソフトバンク版iPhone:SIMロック解除必要
  • SIMフリー版iPhone:SIMロック解除不要

まず、ドコモ版iPhoneはタイプD(ドコモ回線)に契約すれば、SIMロック解除は不要。SIMカードを入れ替えるだけで乗り換えできます。au版iPhoneはiPhone 7以前でSIMロック解除が必要です。iPhone 6/6 Plus以前はSIMロック解除の機能が無いので使用不可となります(iPhone 6sは利用可)。ソフトバンク版iPhoneはSIMロック解除が必要です。

SIMロック解除の手順

■au版iPhone

  1. SIMロック解除の手続きページにアクセス
  2. 暗証番号を入力
  3. SIMロック解除する機種を選択
  4. 解除の理由を選択
  5. 「この内容で申し込む」をタップ

■ソフトバンク版iPhone

  1. My SoftBankにログイン
  2. 「契約・オプション管理」をタップ
  3. 「SIMロック解除手続き」をタップ
  4. IMEI番号を入力
  5. 「解除手続きする」をタップ

SIMロック解除の手続きは現在の携帯会社を解約したあとでも行えます。IIJmioに契約する際は、SIMカード単体(SIMサイズはnano SIM)で契約してくださいね。SIMカードが届いたらiPhoneに挿入。簡単な初期設定を行えば、iPhoneで通話・データ通信が使えます。新型iPhoneでも、IIJmioなら安く運用できますよ。

iijmioでiPhoneを使う
IIJmio(みおふぉん)でiPhoneを使うための動作条件と設定方法IIJmio(みおふぉん)でiPhoneを利用する方法を紹介。iPhone8/Xの動作条件も含めて詳しく解説しています。IIJmioの申込み方法やAPN設定についても触れているので参考にしてください。...

5-6.料金プランの選び方

IIJmioは基本的に3つのプランから選ぶだけなので、初心者でも迷いなく申し込みできます。あまりデータ通信をしない、あるいはWi-Fiで代用できる方は3GBのミニマムスタートプランで十分でしょう。3GBもあれば、毎日ネットを開くこともできますし、SNSやメールならほぼ無制限で使えると思って大丈夫です。IIJmioを契約する実に7割がミニマムスタートプランを選んでいます。

動画を見る方は6GBのライトスタートプランか12GBのファミリーシェアプランがおすすめ。12GBもあれば毎日1時間以上は動画を見ることができます。もし12GBで物足りないなら、オプションで20~30GBを追加しましょう。

プラン変更は自由

どのプランを選べばいいのかまったく分からない・・という方は、とりあえず3GBのミニマムスタートプランで申し込んで様子を見るといいです。データ通信量が足りないと感じたら、あとからプラン変更ができます。

IIJmioのプラン変更」は無料で手続きできます。オンラインでマイページから簡単に申し込みできるため、最初の契約する料金プランはあまり悩みすぎなくてもいいですよ。

5-7.タイプDとタイプAの選び方

まず、ドコモ端末の方はタイプDならSIMロック解除なしで乗り換えできます。ただし、ドコモ版Androidはテザリングができないため、あえてタイプAで契約するのもありです。au・ソフトバンク端末で乗り換える方は、SIMロック解除してタイプDで契約するといいでしょう。タイプDの方が通信速度は安定しています。

なお、au端末をタイプAを使いたい場合も、SIMロック解除が必要となります。IIJmioでSIMカードと共に格安スマホ端末(SIMフリースマホ)をセット購入したい方は、タイプDを選ぶといいですよ。もちろん、SIMロック解除などの面倒な手続きは不要です。

5-8.大手キャリアから乗り換えると、どれくらい安くなる?

大手キャリアよりも大幅に安くなると言われる格安スマホ。IIJmioに乗り換えると、どれくらい安くなるのでしょうか。ここでは、ドコモとIIJmioを同じ3GBプランで比較してみました。

ドコモの月額料金 6000円

  • カケホーダイライトプラン:1700円
  • ベーシックパック(3GB):4000円
  • SPモード:300円

IIJmioの月額料金 2430円

  • ミニマムスタートプラン(3GB):1600円
  • 10分かけ放題:830円

両者を比較した結果、IIJmioの方がかけ放題の時間が長い(ドコモは5分以内)にも関わらず、月額料金は半額以下となりました。両者の金額差は、およそ3500円。年間で4万円です。2年、3年・・と続くと、恐ろしいほどの金額差になります。かけ放題がいらない場合は、両者の差がもっと広がります。

IIJmioはファミリーシェアプランも利用できるので、家族で乗り換えて一気に通信費を下げるのもありですよ。

5-9.テザリングの対応状況

IIjmioでは無料でテザリングが利用できます。ただし、手持ちの端末で乗り換える場合は、タイプAとタイプDで対応状況が異なるため注意が必要です。

Android iPhone
タイプA タイプD タイプA タイプD
ドコモ
au
ソフトバンク
セット端末

※セット端末はIIJmioで購入できるSIMフリースマホのことです。セット端末にiPhoneの販売はありません。

まず、Androidを使用する場合ですが、au回線を使うタイプAなら問題なくテザリングができます。相性が悪いのはタイプDです。ドコモ端末はタイプDでテザリングがほぼできません。回線と端末が同キャリアなのですが、大手キャリアの仕様に合わせられているため、テザリングが上手く機能しないのです。

au・ソフトバンク版Androidは、端末によってテザリングの可否が変わります。反対に、iPhoneはタイプDと相性がいいです。タイプAではテザリングできないため、iPhoneユーザーはタイプDで契約しましょう。アップルストアで販売されているSIMフリー版iPhoneも、タイプAでテザリングができません。

ちなみに、最も確実にテザリングができるのが、IIJmioでセット購入できる格安スマホ端末(SIMフリースマホ)です。iPhoneの販売はないので、すべてAndroidとなりますが、タイプA・タイプDともにテザリングを使用できます。

iijmioでテザリング
IIJmio(みおふぉん)でテザリングを使うための全知識IIJmioではテザリングが使えるのか気になっていませんか? スマホからあらゆる通信機器にネット接続できるテザリング。引っ越したば...

5-10.その他のサービス・オプション内容

その他の、IIJmioのサービス内容や利用できるオプションについて以下にまとめました。

サービス内容

回線 ドコモ
au
バースト機能 あり
最大通信速度 タイプD:682Mbps
タイプA:370Mbps
速度制限
(3日間)
低速時に366MB以上
データ繰越 あり
テザリング あり(無料)
通話料 20円/30秒
データチャージ料 100MB:200円
端末保証オプション あり
データフリー
(カウントフリー)
なし
初期費用 契約事務手数料:3000円
(SIMカード発行手数料別)
支払い方法 クレジットカード
最低利用期間 12ヶ月
(音声通話SIMのみ)
解約金 1000円~12000円

IIJmioの初期費用ですが、契約事務手数料に加えてSIMカード発行手数料(タイプD は394円、タイプA は406円)がかかります。支払い方法はクレジットカードのみです。口座振替とデビットカードは使用できません。

オプション

オプション名 月額料金
3分かけ放題 600円
10分かけ放題 830円
大容量オプション 20GB:3100円
30GB:5000円
みまもりパック 500円
迷惑防止パック 500円
IIJmio WIFI by エコネクト 362円
端末補償オプション 380円/500円
つながる端末保証 500円
スマホの操作サポート 500円
ウイルスバスター モバイル 月額版 250円
マカフィー モバイル セキュリティ 250円
iフィルター for マルチデバイス 360円
スマート留守電 290円
トビラフォンモバイル 300円
クラウドバックアップ AOS Cloud 500円
Smart・Checker 350円
タブホ 500円
SMART USEN 490円
music.jp 400円
日経ビジネスDIGITAL 2500円
ローチケHMVプレミアム 500円
取り放題.jp&グルメギフト得々オプション 700円

IIJmioのオプションはかなり充実しています。ここまで、オプションの種類が豊富な格安SIMは他に知りません。セキュリティ関連、通話関連、端末保証、エンタメとあらゆるオプションサービスが網羅されています。

端末保証ですが、IIJmioのセット端末に付ける場合は、端末補償オプション(機種によって500円となる)、手持ちの端末で持ち込み契約する場合は、つながる端末保証に加入できます。家電量販店の保証と違い画面割れなど自然故障もカバーしてくれます。端末代金が4万円を超えるなら、端末保証の加入を検討するといいでしょう。

注目のオプションはIIJmio WIFI by エコネクト

IIJmioで活用したいオプションが月額362円のIIJmio WIFI by エコネクトです。Wi2 300とBBモバイルポイントのWi-Fiエリアが使えます。アクセスポイントは全国で75000以上。都心にお住まいなら、主要な場所には必ずと言っていいほどWi-Fiが入ります。IIjmioはお昼の通信速度が低下します。その際に、Wi-Fi接続できると非常に快適です。

IIJmio WIFI by エコネクトはパソコンやタブレットにも繋がるため、仕事に活かすこともできます。通信環境にこだわるなら、IIJmio WIFI by エコネクトを試してみるといいでしょう。

iijmio wifi エコネクト
IIJmio WiFi by エコネクトをサービスエリアから設定方法まで全解説IIJmioのWi-Fiスポットサービス、IIJmio WiFi by エコネクトをサービスエリアから使い方まで詳しく説明しています。設定方法はiPhone、Android、PCの手順を図説で説明していますよ。...

5-11.解約条件と解約金の有無

IIJmioを契約する前に確認しておきたいのが、解約条件と解約金(違約金)の有無です。大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)は、2年縛りや自動更新など解約条件がキツイのですが、IIJmioはどうなのでしょうか。

解約条件

最低利用期間:音声通話SIMは12ヶ月、データ通信専用SIMはなし

解約金

解約時期 解約金
1ヶ月目 12000円
2ヶ月目 11000円
3ヶ月目 10000円
4ヶ月目 9000円
5ヶ月目 8000円
6ヶ月目 7000円
7ヶ月目 6000円
8ヶ月目 5000円
9ヶ月目 4000円
10ヶ月目 3000円
11ヶ月目 2000円
12ヶ月目 1000円
13ヶ月目以降 0円

※解約金は音声通話SIMのみ

まず、解約条件ですが、音声通話SIMには12ヶ月の最低利用期間があります。12ヶ月以内に解約すると、1000円~12000円の解約金が発生します。IIJmioの解約条件ですが、他社と比べてかなりゆるいです。12ヶ月を過ぎたら、いつ解約しても解約金は発生しません。一般的にスマホを1年以内に解約することはないため、あまり気にしなくていいでしょう。

仮に、IIJmioが気に入らず1年以内に解約することになっても、解約金は最大で12000円です。解約金は毎月1000円ずつ下がっていくので、半年後にはわずか6000円となります。この金額も、他社と比べて非常に有利です。他社の場合、1000円ずつの値下がりはなく、12ヶ月以内の解約で一律10000円前後の解約金が当たり前だからです。

なお、IIJmioの解約は、オンラインの会員専用ページから手続きできます。電話でオペレーターと会話することなく、解約が可能です。

iijmioの解約方法
【図説】IIJmio(みおふぉん)の解約方法と解約金の有無IIJmioの解約方法を図説で解説。また、解約金・最低利用期間の有無やSIMカード返却の必要性まで詳しく説明しています。...

IIJmioの公式サイトはこちら

6.IIJmioモバイルの申し込み・契約方法

ここでは、実際にIIJmioの申し込み・契約方法について詳しく解説していきます。

6-1.申し込みに必要なもの

IIJmioを申し込むには以下の3つが必要です。

  • 本人確認書類
  • MNP予約番号(MNP乗り換えのみ)
  • クレジットカード

本人確認書類は端末をセット購入する場合、音声通話SIMを契約する場合に必要です。データ通信専用SIMの単体契約のみ不要となります。本人確認書類は、運転免許証や健康保険証を準備しておきましょう。契約途中に、アップロードが必要となります。クレジットカードは本人名義のカードが必要です。準備しておきましょう。

MNP予約番号は、現在の電話番号をIIJmioに引き継ぎたい場合に必要です。基本は電話で取得します。オペレーターから引き止められても、強い意思で断りましょう。なお、MNP予約番号を取得した時点では、いきなり解約にはならないので安心してください。

IIJmioにMNP転入が完了した時点で解約となり、回線が切り替わります。

MNP予約番号の取得方法

電話 オンライン
au 0077-75470
(受付時間9:00〜22:00)
「トップメニュー」→「auお客様サポート」→「申し込む/変更する」→「携帯電話番号ポータビリティー (MNP)」
※ガラケーのみ
ドコモ 151
(受付時間9:00〜20:00)
「My docomo各種サービス一覧」→「各種お申込・お手続き一覧」→「ご契約内容確認・変更」→「携帯電話番号ポータビリティ予約」
ソフトバンク *5533
(受付時間9:00〜20:00)
「トップメニュー」→「設定・申込」→「設定・変更」→「契約者情報の変更」→「番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き」→「番号ポータビリテリティ(MNP)予約(予約番号の発行)」
※ガラケーのみ

6-2.店舗契約はおすすめしない

IIJmioは直営店を持っていないため、店舗契約するなら大手家電量販店に出向く必要があります。提携しているビッグカメラなら確実にSIMフリーカウンターがあります。IIJmioの店舗契約は、来店予約が取れず待ち時間が長いです。また、家電量販店が近くにない場合もあるでしょう。さらに、店舗で契約するとWEB限定キャンペーンを利用できなくなります。

そのため、IIJmioに契約するならオンライン契約がおすすめです。申し込みは約10程度で完了。SIMカード到着後、即日MNPが可能です。

オンラインでも空白期間はない

IIJmioのSIMカードが届くまでの間、通話やデータ通信ができないと困りますよね。IIJmioにMNPする場合ですが、空白期間(不通期間)無しで乗り換えできます。その理由は、回線切り替えの手続き(MNP転入)は、SIMカード到着後、手動で行うからです。そのため、SIMカードが届くまでの間は、現在の携帯会社で通話もデータ通信も行えます。

6-3.キャンペーン・キャッシュバックは利用できる?

IIjmioはキャンペーンに力を入れている格安SIMです。特にMNPで乗り換える方は確実にキャンペーン対象となります。主な内容は、契約事務手数料が無料になったり、月額料金が長期間割引されたりします。また、運が良ければデータ通信量が倍増するキャンペーンを期間限定で行っています。

iijmioのキャンペーン

キャッシュバックはありませんが、月額料金の割引があるためお得です。割引特典のほうが、自動で月額料金が安くなるため取りこぼす心配がありません。その他、IIJmioは光回線もサービス提供しているため、同時契約でmio割(月額600円割引)も利用できますよ。

IIJmioの最新キャンペーンについては、以下の記事を参考にして下さいね。

iijmioのキャンペーン
【2019年2月】IIJmio(みおふぉん)の最新キャンペーン速報この記事ではIIJmioのキャンペーンについて詳しくまとめました。最新キャンペーン情報を毎月更新していくので、気になる方はときどきチェックしてくださいね。申込み方法、利用条件、キャンペーン期間など途中で変更があった場合は随時アップしていきます。キャンペーン・キャッシュバックを利用して、お得にIIJmio(みおふぉん)と契約しましょう。 ...

6-4.新規契約・MNPの流れ

準備が整ったら、さっそくIIJmioに申し込みます。手続きはオンラインから10分程度で完了しますよ。まずは、「IIJmioの公式サイト」にアクセスしましょう。アクセスできたら、「お申し込み」をタップしてください。このとき、初めてIIJmioのサービスを利用する方はmio会員の登録を行います。

IIJmioの申し込み

mio会員の登録ができたら、端末セット(格安スマホ端末とSIMカード)で契約するか、SIMカードのみを契約するか決めます。端末セットの場合は、希望の機種と支払回数(分割は24回払い)を選びます。手持ちの端末を使うときは、SIMカードのみで契約しましょう。

iijmioの申込

その後、

  • 回線(タイプA・タイプD)
  • SIMカード種別(音声通話SIM・データ通信専用SIM・SMS機能付きデータ通信専用SIM)
  • 通話定額オプション
  • 申し込みタイプ(新規契約・MNP転入)

を選択していきます。

iijmioの申込2

次に料金プランを選びます。

  • ミニマムスタートプラン(3GB)
  • ライトスタートプラン(6GB)
  • ファミリーシェアプラン(12GB)

から選びましょう。大容量オプションの選択も可能です。ファミリーシェアプランの場合は、3枚までSIMカードを複数契約できます(4枚目以降は契約後に追加できる)。

iijmioの申込3

プランを選べたらオプションを任意で選択します。端末の故障が心配な方は、「つながる端末保証 月額500円」を付けておくといいです。

※2万円以下の機種なら新品買い替えの方が安くなる可能性が高いので端末保証は必要ありません

IIJmioの申し込み5

料金プランが決まったら、契約者情報とクレジットカード情報を入力して、本人確認書類をアップロードします(音声通話SIMの場合)。

iijmioの申込4

MNP乗り換えする方は、このあとMNP情報を入力します。

入力する情報は、

  • 電話番号
  • MNP予約番号
  • MNP予約番号の有効期限

の3点です。

iijmioの申込5

最後に申込み内容を確認して完了となります。IIJmioは申し込み画面やプラン内容がとにかく分かりやすいため、初心者でもスムーズに手続きできます。審査のあと、申し込んだSIMカード(端末セットの場合は端末も同梱)は2~3日で自宅に到着しますよ。

IIJmio(みおふぉん)にMNP転入で乗り換えるための4ステップau・ドコモ・ソフトバンク対応。IIJmioにMNP転入で乗り換える方法を解説。MNP予約番号の取得から開通手続きまで詳しく説明しています。...

6-5.IIJmioで購入できるおすすめの端末

IIJmioはとにかく端末の種類が豊富です。どれを選べばいいのか迷う場合は、以下の機種を選ぶと間違いないですよ。

HUAWEI nova lite 2

novalite2
  • メーカー:HUAWEI
  • 端末料金:21800円
  • メモリ:3GB
  • ストレージ:32GB
  • バッテリー:3000mAh
  • CPU:Kirin 659 オクタコアCPU(4×2.36GHz+4×1.7GHz)
  • 画面サイズ:5.65インチ
  • カメラ性能:メインカメラ 1300万+200万画素 / インカメラ 800万画素
  • 重量:約143g

SIMフリースマホランキングでも圧倒的な人気を誇るHUAWEI nova lite 2。なんといっても価格に対する性能が抜群で、コスパ最強と言われています。メモリ、バッテリー、CPUなど基本性能はオール80点。100点ではないですが、2万円代の機種とは思えないパフォーマンスです。カメラはダブルレンズ搭載で、一眼レフ並の美しさを持ちます。

インカメラの画質も美しく、小さい手でも操作しやすいため女性にも人気の端末です。

AQUOS R compact SH-M06

AQUOS R compact SH-M06
  • メーカー:SHARPE
  • 端末料金:49800円
  • メモリ:3GB
  • ストレージ:32GB
  • バッテリー:2500mAh
  • CPU:Qualcomm Snapdragon660 オクタコアCPU
  • 画面サイズ:4.9インチ
  • カメラ性能:メインカメラ 1640万画素 / インカメラ800万画素
  • 重量:約140g

5インチ以下とコンパクトサイズながら、ベゼル幅を極限まで狭くすることで大迫力の画面を楽しめるAQUOS R compact SH-M06。片手にフィットする持ちやすさは操作感抜群です。日本製らしい高機能がうりで、カーナビで約立つみちびきGPSや防水・防塵にも対応しています。

また、カメラも特徴的で広角のインカメラや綺麗に自撮りできるセルフィーフラッシュ機能も搭載されています。美しいIGZOディスプレイで友だちに自慢したくなる端末です。

arrows M04

arrows M04
  • メーカー:富士通
  • 端末料金:27800円
  • CPU:1.2GHz Quad Core CPU(MSM8916)
  • 画面サイズ:約5.0インチ(720×1280)
  • カメラ性能:アウトカメラ:1310万画素/インカメラ:500万画素
  • 重量:約148g

arrows M04は高い耐久力が特徴的です。SIMフリーでは珍しい日本製ということで人気を博したarrows M03の後継機となります。M03同様に防水・防塵、耐衝撃などの耐久性を備え、泡タイプのハンドソープや液体タイプの食器用洗剤で丸洗いすることもできます。

アウトドアで使っても壊れにくく、長期間きれいな状態を保つことができます。日本製なので、おサイフケータイとワンセグにも対応しています。

6-6.開通手続きとSIMカードの設定方法

IIJmioのSIMカードが到着したら、初期設定を行います。初期設定で必要なのは、開通手続き(MNP乗り換えのみ)とAPN設定です。初心者でも、5分以内に完了しますよ。

IIJmioの設定

SIMカード到着の様子

IIJmioの開通手続きですが、IIJmioオンデマンド開通センターに連絡するだけです。これで、携帯会社の契約がIIJmioに切り替わります。好きなタイミングで回線切り替え(MNP転入)できるため不通期間がありません。開通手続き後、以前の携帯会社との契約は自動解約となります。

次にAPN設定(ネット接続に必要な設定)です。まずは、SIMカードを端末に挿入します。

SIM入れ替え

マルチSIM(端末に合ったSIMサイズで切り抜く)で送られてくるので、取り外しに注意して下さい。

IIJmioの設定3

SIMカードを挿入できたら、APN設定を行います。APN設定は端末から「設定」→「アクセスポイントの編集」を開いて、必要な情報を記入します。

IIJmioの設定4

APN設定ができたら、初期設定は完了。IIJmioでインターネットが接続できます。

IIJmioの設定5

以上でIIJmioの開通手続きとAPN設定は終了です。以上で、IIJmioの契約で通話・データ通信ができますよ。

IIJmioのAPN設定
【Android/iPhone】IIJmio(みおふぉん)のAPN設定を図説でガイドIIJmioのAPN設定(初期設定)について図説で詳しく解説します。iPhone・iPadはAPN構成プロファイルをダウンロード、Androidはアクセスポイントの編集でAPNを入力すれば完了します。...

IIJmioの公式サイトはこちら

7.IIJmioの総合評価

評価:[4.0/5.0]

IIJmioは全体を通して優秀な格安SIMです。テストで例えると、オール80点といった感じです。通信速度はやたら速いけどプラン価格が高い、あるいはサポートは良いけど選べる端末が少ないなど、普通は良い点と悪い点が混ざり合います。ですが、IIJmioはすべての項目が安定しているので、ストレスを感じることがありません。

IIJmioは初心者をターゲットにしているため、分かりやすさもピカイチです。しいてデメリットを上げるなら、タイプAの通信速度をもう少し改善してほしいのと、ライトユーザー向けに1~2GBの料金プランを作って欲しいですね。その他は気になることがなく、玄人からも指示を得る理由がよく分かる格安SIMとなっています。

(1)価格・プランの評価

IIJmioの料金プランは非常にシンプルです。誰でも迷わず申し込むことができます。スマホ自体が初めての方でも安心してプラン選びができます。また、プラン価格も良心的で大手キャリアと比べて半額に近い設定です。20GB以上のデータ通信量を使いたい方は大容量オプションを利用可能。

その他、便利なシェアプランも用意されています。ただし、契約できるデータ通信量は3GBからなので、1~2の小容量で契約したい方にはやや不便を感じるかもしれません。逆に言えば、それ以外は特に不満の無いプラン内容です。

(2)通信速度の評価

IIJmioの通信速度は格安SIM全体を通して普通です。ただし、最近はユーザー数が増えた影響で測定日によっては悪い結果ができます(特にタイプA)。タイプA・タイプDともに、お昼と夕方の速度低下はまぬがれません。他の格安SIMも同様ですが、この時間帯をどう切り抜けるかがポイントです。

1Mbpsを切ることもあるため、通信速度にこだわるならWi-Fi接続も考えておいたほうがいいでしょう。IIJmioは通信回線の専門会社なので、今後の回線増強に期待です。

(3)端末セットの評価

IIJmioは格安SIM会社の中でトップクラスに格安スマホ端末(SIMフリースマホ)が揃います。人気機種のZenFone、HUAWEI、AQUOSなどのシリーズが揃います。その他、他社ではあまり扱っていないマイナーな端末も購入可能です。とにかく選択肢が多いので、自分にぴったりの端末を見つけることができます。

コスパを重視してもいいですし、ゲームが好きな方ならハイスペック機種もおすすめです。初心者だけでなく、スマホに詳しい中級者以上の方でも楽しめる端末ラインナップです。

(4)サポート・手続きの評価

独自ショップを構えていないIIJmioは電話対応がメインです。ですが、サポート体制のレベルはトップクラスです。顧客満足度の調査では常に上位にランクイン。何度も1位を受賞しています。電話サポートは年中無休。混雑時は、たまに繋がりが悪いのですがオペレーターがしっかりと対応してくれます。

IIJmioは派手なテレビCMを行わないのに、じわじわとユーザー数を伸ばし続けています。サポートの良さも寄与しているのかもしれませんね。手続き・設定に関しても問題ありません。筆者はタイプAとタイプDの両回線に契約しましたが、スムーズに申し込みできました。初期設定のマニュアルも充実しているので初心者でも困ることはありませんよ。

ワンコインで契約できるCP(2/20まで)
さて、あとは契約するだけか。
待って、キャンペーン情報があるわ。
音声がワンコインキャンペーン

2019年2月20日までキャンペーン期間中にIIJmioに申し込むと、以下の3つの特典を貰えます。

  • 特典1:初期費用が1円
  • 特典2:3ヶ月、音声通話SIMが1100円割引
  • 特典3:3ヶ月、データ容量3GB増量

ミニマムスタートプランなら月額500円に↓

IIJmioの公式サイトへ

すべてのキャンペーンを見る