IIJmio

【2019年】IIJmio(みおふぉん)の評判が分かる!メリット・デメリットから通信速度まで解説

IIJmio(みおふぉん)は、どのような格安SIMなのか気になりますよね。

他社への回線提供を行うほど技術レベルが高いIIJmioは、玄人好みの格安SIMと言われています。

30~40代の男性人気が高く、都市部のユーザーが異常に多いのも特徴的です(最近は、シニア・主婦層が増えています)。

IIJmioはとっつきにくい印象がありますが、実は初心者にとても優しい格安SIMです。近年は、その分かりやすさから、お年寄り向けに郵便局で販売を展開しています。

派手なテレビCMを行わないのに、じわじわとユーザー数を伸ばし続けて、現在のシェアは全900社の格安SIMのうち5位です。

今回は、そんなIIJmioの評判や通信速度を詳しく解説。メリット・デメリットはもちろん、料金プランの内容も説明していきます。 ぜひ参考にしてくださいね。

期間限定のキャンペーン中です↓

IIJmioの公式サイトはこちら

1.【いきなり結論】IIJmioがおすすめな人

ずばりIIJmioって、どんな人におすすめですか?
いきなり結論を知りたいわけね。OK、まとめたから見てちょうだい。

IIJmioは、以下の方におすすめの格安SIMです。

  • 毎月のスマホ代を2000円以下に抑えたい
  • 豊富な選択肢から端末を選びたい
  • 家族で格安SIMに乗り換えたい
  • 顧客満足度の高い格安SIMを使いたい

大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)からIIJmioに乗り換えると、スマホ代が3分の1以下(少なくとも半額)になります。

同じ3GBプランでも、大手キャリアが6000円以上なのに対して、IIJmioはわずか1600円です。

両者の金額差が毎月続くと、数年後には恐ろしい節約効果となります。その他、端末の豊富さや家族向けプランの充実度も、IIJmioの強みです。

シェアNo1記念キャンペーン中(5/8まで)

現在、特別キャンペーンで月額1300円割引&1GB増量を行っています。

特典内容

  • 初期費用1円(通常3000円)
  • 3ヶ月1300円割引
  • 12ヶ月1GB増量

さらに、端末代金が108円~に。申し込み条件は、IIJmioに新規契約するだけ(MNP含む)です。

>>キャンペーンはこちら

2.まずは確認!IIJmio(みおふぉん)のメリットとは?

もう少し、IIJmioの強みについて詳しく知りたいです。
そう言うと思って、他社には無い長所をまとめたわ。

(1)端末の品揃えが格安SIMでイチバン

IIJmioと言えば、端末(SIMフリースマホ)の品揃えが国内トップです。実際、主要な格安SIMと比較してみましょう。

端末の品揃え比較

IIJmio34種
UQモバイル11種
mineo14種
LINEモバイル13種
Y!mobile11種
楽天モバイル31種
BIGLOBEモバイル13種

ほとんどの格安SIMが15種類以下なのですが、IIJmioは30種類を超える品揃え。唯一、対抗できるのは「楽天モバイル」くらいです。

IIJmioはゲーミングスマホやマイナーな(海外では有名)SIMフリースマホも取り揃えているので、端末選びが好きな方にはたまらないでしょう。端末セットで格安SIMを契約するなら、IIJmioが有利です。

(2)老舗プロバイダならではの安定した通信環境

IIJmioを運営する株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は、日本で最初にプロバイダサービスを開始した通信事業者です(格安SIM事業も国内初)。

インターネット接続に関する技術力に優れるIIJmio。大手キャリアとMVNO事業者(格安SIMの提供会社)を繋ぐ、MVNE(中間卸売業者)の役割も担っています。

私たちユーザーにとってのメリットは、安定した通信環境です。

IIJmioは、回線の基地局を分散して、通信障害に備えています。通信速度が速いという意味ではありませんが、例えば災害時のネット接続もIIJmioなら期待できます。

フルMVNOやeSIMなど、次世代の通信技術をいち早く取り入れるIIJmio。通信に関して知識を持っている方が、IIJmioを選ぶ理由も何となく分かる気がしますね。

(3)他社にはない家族間の通話割引あり

IIJmioには、家族向けのファミリーシェアプランが用意されています。最大10枚までSIMカードを分け合えるファミリーシェアプラン。さらに、特典として家族間の通話割引が使えます。

ファミリーシェアプランの通話割引

  • 通常通話:最大60%OFF
  • 10分かけ放題(月額830円): 30分に延長
  • 3分かけ放題(月額600円):10分に延長

IIJmioの通話料は、30秒あたり20円(他社も同じ)ですが、ファミリーシェアプラン内なら、60%OFFの8円/30秒にできます。

60%OFFは、みおふぉんダイアルの50%OFFとファミリー通話割引で20%OFFをかけ合わせたものです。申し込み不要で、割引が適用されます。

また、10分/3分かけ放題に加入すれば、家族間(ファミリーシェアプラン内)の無料通話時間が延長に。30分のかけ放題は、事実上の無制限かけ放題と言えるでしょう。

家族間の通話割引を実施している格安SIMは他にありません。IIJmioだけのサービスです。

期間限定のキャンペーン中です↓

IIJmioの公式サイトはこちら

3.ここに注意!IIJmio(みおふぉん)のデメリットとは?

IIJmioにデメリットは無いんですか?
もちろんあるわよ。致命的なのはタイプAの通信速度ね。詳しく解説していくわ。

(1)タイプAが遅すぎる(契約しちゃダメ)

IIJmioのタイプA(au回線)は、本当に遅いです。筆者も契約していますが、使い物にならないレベルです。

こちら、実際の測定結果です。

とある日の通信速度(タイプA)

時間通信速度
(Mbps)
10:3017.5
11:001.67
12:000.54
12:300.49
13:000.81
13:308.21
14:0013
14:301.71
15:003.0
17:002.14
17:301.62
18:001.04
18:301.59
19:001.73
21:3013.4
22:001.73
22:305.76
23:002.3

別の日に測定しても、大体上記と同じ結果になります。

ご覧の通り、ときどき13~18Mbpsの高速通信となるのですが、1日の大半は5Mbps以下。

ギリギリ動画を再生できる速度ですが、はっきり言って使い心地は悪いです。普通にスマホを使えますが、体感でもモタつきを感じます。

IIJmioはタイプD(ドコモ回線)に力を入れていくと宣言しており、タイプAの速度改善は、後回しにされる見込みです。

結論として、IIJmioのタイプAには申し込んではいけません。

auスマホを使うならUQモバイルかmineo

au回線の格安SIMならauスマホ(iPhone含む)をSIMロック解除なしでそのまま使えます(SIMカードを差し替えるだけ)。

IIJmioのタイプAが使えないとなると、候補は2つ。UQモバイルとmineoです。 選び方は以下の通り。

通信速度は、どちらも平均で15Mbps超え。UQモバイルなら、お昼の速度低下もなく、親会社のauに匹敵する使い心地です。

(2)低速通信時も速度制限がある

IIJmioは速度制限にかかると、通信速度が200kbpsに制限されます。

毎月の基本データ容量を使い切った後、速度制限にかかるのは普通なのですが、問題は低速通信時でも速度制限が設けられていることです。

低速通信時は、3日間で366MB以上のデータ容量を消費したとき、速度制限にかかります。

低速通信時の速度制限なので、ただでさえ遅い200kbps以下に。もはや何の通信もできません。

低速通信に速度制限を設けた理由は、おそらくIIJmioクーポンスイッチ(高速/低速切り替えができる)で低速通信に切り替えて、無制限にデータ消費されることを防ぎたかったからでしょう。

気持ちはわかりますが、他社にはあまり無いルールなので、少しがっかり感がありますね。

ただし、IIJmioはバースト機能(一時的な高速通信)には対応しています。

低速通信時でも、一瞬高速になってデータを読み込んでくれます。そのため、SNSくらいであれば、我慢して閲覧できるレベルです。

(3)お昼の速度低下は避けられない

IIJmioに限った話ではありませんが、お昼の速度低下は確実に避けられません。

IIJmioは、以下の時間帯に速度低下を起こします。

速度低下のピーク

  • 12時~13時

速度低下を起こしやすい

  • 17時~19時
  • 9時~9時半

いずれも、共通しているのはスマホの利用者が急増する時間帯です。仕事中の昼休みや、出勤・帰宅の時間帯と重なります。

速度低下が起きる原因は回線混雑です。回線混雑が起きると、大手キャリア(回線のレンタル元)から割り当てられている帯域幅が限られてしまいます。

通信速度が低下する理由

大手キャリアは帯域幅(交通に例えると道路の幅)が広いので、回線混雑時でも速度低下を起こしません。格安SIMは、自社で回線を保有していない以上、速度低下は仕方ないですね・・。

ちなみに、大手キャリアのサブブランドである「UQモバイル」と「Y!mobile」なら、回線混雑時でも速度低下します。

IIJmioより、毎月の利用料金は高くなりますが、通信速度を重視するなら、こちらの2社を候補にしてもいいでしょう。

4.100人に聞いた!IIJmio(みおふぉん)の評判を調査

主観の意見だけじゃなくて、他のユーザーの口コミも気になります。
実際、IIJmioへ乗り換えた人にアンケート調査してみたわ。

ここでは、実際にIIJmioを利用しているユーザーの評判をアンケート調査してみました。

IIJmioの評判
43歳男性
43歳男性
以前はドコモのスマホでしたがネットの繋がりやすさは特に変わりません。手続きも簡単で設定に困ることはなかったです。
37歳女性
37歳女性
キャリア携帯の頃は夫婦二人で2万円近くかかっていたのが、今は二人で3500円程度になりました。速度も全然気になることなく、設定も簡単でした。もっと早くにキャリアから乗り換えれば良かったと後悔しています。
19歳男性
19歳男性
動画を見るとき、たまに止まりますが、そこまでイライラがたまるほどではないです。なかなかの使い勝手の良さだと思います。
23歳女性
23歳女性
インターネットの速度・繋がりやすさは以前ドコモと契約していた頃と比較しても変わりありません。プランの変更などインターネット上で簡単にできるところも良い。
35歳男性
35歳男性
通勤時間やお昼のランチ時間などは、ネットにつながらない場合が多いです。
41歳女性
41歳女性
4年程前からIIjmioを利用しています。何のストレスもなく、使用できています。また、専用のアプリを入れると、高速通信をストップさせたり、使用量を確認できたりと、すごく便利です。
43歳男性
43歳男性
通話が増えてくると料金が高いと思います。通話はできるだけドコモのかけホーダイに入っている妻のスマホを借りるようにしています。
41歳女性
41歳女性
サポートについては、正直手厚くありません。電話での問い合わせは、毎回オペレーターの方とつながるまでに、かなり時間がかかります。

全体的にユーザーの反応はよく、平均点超えの優秀さでした。ITリテラシーの高いユーザーが多いためか、価格だけでなく使い勝手に対する評価も目立ちました。

悪い意見では、お昼・夕方の速度低下とサポートの繋がりにくさが挙げられていました。

速度低下については、格安SIM全体の問題となっていますが、確かにIIJmioは速度低下の幅が大きいですね。サポートの低評価は数が少ないのであまり気にしなくて大丈夫です。

期間限定のキャンペーン中です↓

IIJmioの公式サイトはこちら

5.IIJmio(みおふぉん)の通信速度は遅いのか?

ぶっちゃけ、IIJmioの通信速度は遅いですか?
あまり速くはないわね。計測したから、参考にしてちょうだい。

5-1.実行速度の結果

タイプA(au回線)・タイプD(ドコモ回線)の通信速度を、実際に測定してみました。

IIJmioの通信速度を測定2

平均通信速度

■タイプA(au回線)

  • お昼:0.5Mbps程度
  • 夕方まで:3Mbps
  • 夕方:1.5Mbps
  • 夜:4Mbps

■タイプD(ドコモ回線)

  • お昼:0.7Mbps程度
  • 夕方まで:5Mbps
  • 夕方:3Mbps
  • 夜:18Mbps

必要な通信速度(用途別)

  • ネット閲覧:1Mbps
  • メール・LINE:0.2Mbps
  • 動画再生(普通画質):1Mbps
  • 動画再生(高画質):2Mbps
  • アプリのDL:3Mbps

5-2.他社と比べてドコモ回線はまずまず、au回線は遅い

格安sim
通信速度(Mbps)
12時15時18時
IIJmio
(タイプA)
0.543.01.04
IIJmio
(タイプD)
0.44.22.4
OCNモバイルONE0.9423.54.16
BIGLOBEモバイル0.8522.52.08
LINEモバイル5.9718.83.6
楽天モバイル1.0622.62.46
DMMモバイル0.170.450.12
mineo1.047.65.09

まず、タイプAは格安SIM全体の中でもかなり遅いです。同じau回線なら、別の「au系格安SIM」を契約した方がいいです。

タイプDも決して速くは無いのですが、まずまずの通信速度は出ます。 夜には20Mbps程度まで速度が上がる時もあります。

あまり通信速度は速くありませんが、通信障害はバッチリと対策されているので(IIJは通信技術がトップクラス)、災害時でも安定したデータ通信は期待できます。

5-3.体感速度は普通だった(お昼・夕方以外)

いったん速度測定の数値化は置いて、肌感覚で通信速度をテストしてみました。

時間帯は17時~18時。様々なアプリを開いてみました。

IIJmioの体感テストIIJmioの体感テスト

まず、WEBサイト閲覧は、5秒位で全体テキストを読み込みました。これくらいなら問題ないでしょう。LINEも無料通話を含めてまったく問題なし。

動画は普通画質(360p)なら最後まで再生できましたが、高画質(720p)に上げると途中で再生が止まりました。

ゲームは問題なし。ただ、グラブルはゲームデータのロードが少し重かったです。

全体として、超快適とまでは言えませんが、日常使いにはまったく問題ありませんでした。

5-4.IIJmioクーポンスイッチで速度低下を回避できる

速度制限を回避するなら、「IIJmioクーポンスイッチ(通称みおぽん)」を上手く活用したいところです。高速通信容量を節約できます。

IIJmioクーポンスイッチはワンタップで高速通信のON/OFFを切り替え可能。データ消費を0に抑えることができます。

SNSの流し見など急ぎでない用事では、高速通信をOFFにしておくといいですよ。

iijmioクーポンスイッチ3

高速通信をOFFにしている間、データ消費は一切ありません。IIJmioクーポンスイッチを上手く活用すれば、速度制限を回避できます。

期間限定のキャンペーン中です↓

IIJmioの公式サイトはこちら

6.IIJmio(みおふぉん)の料金プランとサービス内容

IIJmioの料金プランは、どうなっていますか?
シンプルに3択よ。

6-1.基本プランはシンプルに3つ

IIJmioの料金プランは3種類のみ、非常にシンプルです。スマホのプラン選びがよく分からない方でも、3択なので簡単に申し込めます。

データ容量月額料金
データSIM音声通話SIM
ミニマムスタート
プラン
3GB900円1600円
ライトスタート
プラン
6GB1520円2220円
ファミリーシェア
プラン
12GB2560円3260円

回線は、タイプA(au回線)かタイプD(ドコモ回線)を選択。どちらも月額料金は変わりません。

ただし、タイプDのデータSIMはSMS機能がありません(月額140円でSMS機能を付けられる)。

SIMカードの種類ですが、通常は電話番号が付与される音声通話SIMで契約します。手持ちの電話番号を引き継ぐことも可能です(詳しくは次章にて)。

なお、当月内に使いきれなかったデータ容量(クーポン)は翌月に繰り越せます。 使用期限は翌月末までですが、繰り越し分からデータ消費していくので、無駄なくデータ容量を使い切れます。

【補足1】留学生向け?データ容量なしのケータイプランもある

2019年2月から、通話のみでデータ容量なしのケータイプランが登場しました。電話番号を維持するだけのプランで月額920円です。

海外に長期滞在する、あるいは留学する際、電話番号を最低限の支払いで残しておけるメリットがあります。それ以外では使いみちがほぼ無いので、一般の方は無視して構いません。

【補足2】IIJmioひかりとのセット割あり

IIJmioは光回線サービス「IIJmioひかり」を提供しています。IIJmioとセット契約するとmio割が適用。月額料金が毎月600円割引となります。

光回線のセット割は珍しくありませんが、600円の割引額は好条件です。

6-2.2年以上契約すると長得が適用される

格安SIMで案外少ないのが長期契約の特典です。IIJmioも以前は無かったのですが、ようやく長期契約の特典「長得」をはじめました。

長得の内容

■特典1:対象オプションから一つ無料に。

  • IIJmio WiFI by エコネクト:月額362円
  • マカフィー モバイルセキュリティ:月額250円
  • iフィルター for マルチデバイス:月額360円
  • トビラフォンモバイル:月額300円

■特典2

  • 1GBクーポンを1年で3枚プレゼント

元々安い格安SIMの利用料金から、月額400~500円相当の割引額は、結構大きいです。 あまりお得感が無いように見えますが、「IIJmio WiFI by エコネクト」の無料化などは結構便利ですよ。

6-3.au・ドコモなら手持ちのスマホをそのまま使える

ドコモ回線(タイプD)とau回線(タイプA)を選択できるIIJmio。

手持ちの端末も同キャリアに合わせて契約すれば、そのままSIMカードを入れ替えるだけでIIJmioが使えます。もちろん、iPhoneも対象です。

  • タイプD:ドコモスマホが使える
  • タイプA:auスマホが使える(2017年8月以降のみ)

注意点として、タイプA×auスマホの組み合わせは、2017年8月以降の端末に限りSIMロック解除無しで契約できます。

2017年8月以前のauスマホは、タイプAでもSIMロック解除が必要です。タイプAは通信速度が遅いので、わざわざauスマホをSIMロック解除して契約しなくていいでしょう。

2017年8月以前でも、「UQモバイル」、「mineo」ならそのまま使用できます(通信速度も速い)。

IIJmioでソフトバンクスマホを使うならSIMロック解除しよう

なお、ソフトバンクスマホはMy SoftbankからタイプA/DともにSIMロック解除が必須です。

ソフトバンクスマホのSIMロック解除

  1. My SoftBankにログイン
  2. 「契約・オプション管理」をタップ
  3. 「SIMロック解除手続き」をタップ
  4. IMEI番号を入力
  5. 「解除手続きする」をタップ

SIMロック解除しやソフトバンクスマホは、通信速度が速いタイプDで契約するといいですよ。

もし、ソフトバンクスマホのSIMロック解除が面倒、あるいは条件が合わず手続きできない場合は、「LINEモバイル」で契約しましょう。SIMロック解除無しで、ソフトバンクスマホを利用できます。

6-4.通話料はみおふぉんダイアルで半額にできる

IIJmioに音声通話SIMで契約すると、無料で「みおふぉんダイアル」が使えます。みおふぉんダイアルは、通話料を半額(10円/30秒)にするアプリです。

みおふぉんダイアルみおふぉんダイアル

アプリを経由する手間がかかりますが、IP通話ではないため音質がよく、さらに自分の電話番号で発信できます。

LINE通話できない相手には、みおふぉんダイアルを使いましょう。上手く活用すれば、毎月の通話料を相当安くできますよ。

なお、IIJmioには2つのかけ放題オプション(3分/10分)が用意されています。

かけ放題オプション(みふぉんダイアル経由)

  • 3分かけ放題:月額600円
  • 10分かけ放題:月額830円

短い通話を頻繁に行う場合は、かけ放題の加入を検討してもいいでしょう。10分かけ放題なら、およそ45分の通話時間で元を取れます。

6-5.複数SIMを使うならファミリーシェアプラン

IIJmioでひときわ目立つのが「ファミリーシェアプラン」です。一つの契約で10枚までSIMカードを追加できるのが特徴です。

その名の通り、家族向けのプランですが一人で複数のSIMカードを契約するのもありです。

利用料金は以下の通り。

ファミリーシェアプランの詳しいサービス内容

  • データ容量:12GB
  • 月額料金:2560円
  • 4枚目以降のSIMカード利用料:400円(月額)
  • SIMカード追加手数料:2000円/枚
  • 音声通話SIMの付帯料:700円/枚
ぜんぜん理解できないのですが。
例を挙げて説明するわね。

例えば、家族4人でファミリーシェアプランを使う場合は、月額5760円です。

■2560円+700円(音声通話SIMの付帯料)×4人分+400円(4枚目以降の手数料)=5760円

それぞれ3GBを個別契約すると6400円かかるので、ファミリーシェアプランの方がお得となっています。

6-6.大容量プランも選択できる(おすすめはしない)

IIJmioで12GB以上のデータ容量を使いたい場合は、追加で大容量オプションに申し込めます。

大容量オプション

  • 20GB:3100円
  • 30GB:5000円

大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)は20GBで6000円~8000円です。

IIJmioは23GBで4600円(ミニマムスタートプランに大容量オプション20GBを追加)。まずまずのお得感です。

ただ、大容量オプションはあまりオススメしません。とくに+5000円で30GBを追加するのなら、モバイルWi-Fiルーターを契約した方がいいでしょう。

UQ WiMAX」なら、毎月使い放題で(しかも超高速)、月額4380円です。家の固定回線代わりにもなりますし、大容量オプションを使うよりも、随分とお得感があります。

6-7.結局、料金プランはどう選べばいい?

結論から言うと、とりあえず最安(月額1600円)のミニマムスタートプラン(3GB)で契約しておくといいでしょう。

実際、スタッフの方に聞いたのですが、7割のユーザーがミニマムスタートプランを選択するそうです。

参考までに、ミニマムスタートプランで出来ることを確認してみて下さい。

ミニマムスタートプラン(3GB)で出来ること

1ヶ月あたり1日あたり
メール60万通2万通
LINE150万通5万通
LINE通話166時間30分5時間33分
LINE
ビデオ通話
9時間45分19分30秒
YouTube16時間30分33分
YouTube
高画質
4時間30分9分
Yahoo!
トップページ
12,000回表示400回表示
Twitter6000回表示200回表示
Facebook6000回表示200回表示
Google
マップ
3990回表示133回表示
音楽
ダウンロード
750曲25曲
アプリ
ダウンロード
75回2.5回

3GBで物足りない場合は、あとからいつでも無料でプラン変更できますよ。

6-8.その他、サービス内容のQ&A

テザリングは使える?

無料で使えます。ただし、ドコモ版Android×タイプDでテザリングできないケースが多いので注意して下さい。

支払い方法は?

クレジットカードのみです。

初期費用は?

契約事務手数料3000円に加えてSIMカード発行手数料(タイプD は394円、タイプA は406円)がかかります。

端末保証はある?

あります。持ち込み契約の端末でも加入可能です。

解約金はある?

音声通話SIMのみ12ヶ月以内の解約で、1000円~12000円の解約金が発生します。

1ヶ月目に解約したら、解約金は12000円。2ヶ月目から1000円ずつ解約金が減額されていく仕組みです。

7.10分で完了!IIJmio(みおふぉん)の契約方法

スマホは契約が面倒くさい・・。
あら、オンラインで10分よ。簡単だから付いてきなさい。

IIJmioは、実店舗を展開していないため(都市部の家電量販店を除く)オンラインから申し込みます。契約に必要な時間は10分程度です。

ステップ1 申し込みに必要なものを揃える

IIJmioの申し込みには以下のものが必要です。

  • 本人確認書類
  • クレジットカード
  • MNP予約番号(電話番号を引き継ぐ場合)

本人確認書類は、運転免許証や健康保険証を準備しておきましょう。契約途中に、画像をアップロードします(データSIMの契約なら不要)。

クレジットカードは本人名義のカードが必要です。

そして、現在の電話番号をIIJmioに引き継ぐならMNP予約番号が必要となります。 取得方法は、以下に連絡するだけです。

MNP予約番号の取得先

  • au:0077-75470(9:00~22:00)
  • ドコモ:151(9:00~20:00)
  • ソフトバンク:*5533(9:00~20:00)

ステップ2 IIJmioに申し込む

準備が整ったら、IIJmioに申し込みます。

>>IIJmioの公式サイトへ

アクセスできたら、「お申し込み」をタップ。このとき、初めてIIJmioのサービスを利用する方はmio会員の登録を行います。

IIJmioの申し込み

mio会員の登録ができたら、端末セットかSIMカード単体契約を選択。

iijmioの申込

その後、回線(タイプA・タイプD)や料金プランを選択していきましょう。

iijmioの申込2

料金プランが決まったら、契約者情報とクレジットカード情報を入力して、本人確認書類をアップロード。

iijmioの申込4

MNP乗り換えする方は、このあとMNP予約番号を入力します。

iijmioの申込5

以上で申し込みは完了です。SIMカードは、2~3日で自宅に到着します。

オンライン契約でも空白期間はない

IIJmioでは、オンライン契約でも空白期間(不通期間)無しで乗り換えできます。

回線切り替えの手続き(MNP転入)は、SIMカード到着後に手動で行うからです。そのため、SIMカードが届くまでの間は、現在の携帯会社で通話もデータ通信も使えますよ。

ステップ3 開通手続き

IIJmioの設定

SIMカードが到着したら、開通手続きを行います。手順は、IIJmioオンデマンド開通センターに連絡するだけ。

これで、携帯会社の契約がIIJmioに切り替わります。

IIJmioの設定3

以前の携帯会社との契約は自動解約されるので、連絡を入れる必要はありません。

※MNPしない場合は、開通手続きは不要です

最後に、ネット接続に必要な「APN設定」を行って、すべての乗り換え作業は終了です。

IIJmioの設定5

APN設定は、初心者でも5分以内に完了しますよ。

期間限定のキャンペーン中です↓

IIJmioの公式サイトはこちら