【CBあり】格安SIMの最新キャンペーン
BIGLOBE(ビッグローブ)モバイル

【2019年】BIGLOBEモバイルの評判や通信速度を完全評価

biglobeモバイル

1996年からインターネット業界を牽引してきた(前の会社も入れると1986年から)BIGLOBE。2017年からKDDIグループの子会社となり、BIGLOBEモバイルのサービスも本格的に強化されてきました。900社以上あると言われる格安SIM全体で6位のユーザー数を誇るBIGLOBEモバイル。中でも動画見放題のエンタメフリーオプションの影響で、20~30代の圧倒的な指示を得ています。

今回は、そんなBIGLOBE(ビッグローブ)モバイルの評判や通信速度を徹底解説。2年弱BIGLOBEモバイルを契約してきたからこそ分かる、メリット・デメリットを詳しく説明していきます。料金プランの内容や契約方法についても解説しているので、ぜひ参考にして下さいね。

\申し込みはこちら/

1.BIGLOBEモバイルのメリット

まずは、BIGLOBEモバイルのメリットについて見ていきましょう。

  • エンタメフリーオプションで動画・音楽アプリが見放題に
  • 6GB以上の料金プランなら83000箇所以上のWI-Fiスポットが無料
  • BIGLOBE会員は最大月500円割引

それぞれ詳しく解説していきます。

(1)エンタメフリーオプションで動画・音楽アプリが見放題に【最強メリット】

BIGLOBEモバイルに契約する人の3割が付けるエンタメフリーオプション。20~30代で47%のシェアを誇るBIGLOBEモバイルですが、その理由は動画好きなユーザーを大量に取り込んでいるからです。多くのユーザーがエンタメフリーオプション狙いでBIGLOBEモバイルと契約しています。

エンタメフリーオプションを付けると、YouTubeやGoogle Play Musicをはじめとする人気の動画・音楽アプリが使い放題となります。

対象アプリ

  • Youtube
  • Youtube Kids
  • AbemaTV
  • U-NEXT
  • Google Play Music
  • Apple Music
  • Spotify
  • AWA
  • Amazon Music

オプション料金

  • 音声通話SIM:月額480円
  • データSIM:月額980円

注意点として、エンタメフリーオプションを使う際は通信の最適化が行われるため、高画質動画は視聴できません。普通画質の再生になることを覚えておきましょう(Youtubeは360p以下)。通信速度は、平均で2~3Mbpsです。決して速くはありませんが、動画・音楽アプリが普通に使える速度を維持してくれます。遅すぎて、動画が視聴できなくなることはありません。

エンタメフリーオプションを付ければ、基本データ容量は3GB程度でも十分です。仮に、3GBプランにエンタメフリーオプションを付ければ、月額料金は2080円。この金額で動画・SNS・LINE・WEBサイト閲覧を十分に楽しめます。オンラインゲームも楽しみたいなら、6GBがおすすめです。

6GBプランにエンタメフリーオプションを付けても、月額料金はわずか2630円。通話料を除けば動画見放題でも、この金額でスマホを運用できます。ちなみに、エンタメフリーオプションと同様のサービスを展開している格安SIMは他にありません。BIGLOBEモバイルだけが使える最強のメリットと言えます。

biglobeモバイル エンタメフリー・オプション
実際に契約!BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションBIGLOBEモバイルでYoutubeやAbemaTVがカウントフリーで使い放題となるエンタメフリーオプション。実際に契約して使い心地をテストしました。テザリングのカウントフリーや利用料金についても詳しく解説。...

ソフトバンクの動画見放題と何が違う?

動画見放題サービスといえば、ソフトバンクの動画SNS放題が有名です。動画SNS放題は3480円から使えるので一見お得に見えますが、実際はほとんどの人が6000円以上の支払いが必要です。3480円で利用するには、1年おトク割(1年目のみ1000円割引)+おうち割光セット(1000円割引)+みんな家族割(4人以上の家族で1000円割引)と様々な条件をクリアしなければなりません。

そのため、これらの条件を抜きにすれば月額料金は6480円(1年目は5480円)からとなります。動画見放題と銘打っていますが、実際は50GBプラン(ウルトラギガモンスタープラス)の契約に過ぎません。結局は、通話料、端末代金、その他手数料などを含めると10000円弱の月額料金に。

ソフトバンクとBIGLOBEモバイルは同じ動画見放題のサービスを提供していますが、利用料金に大きな差があることを覚えておきましょう(BIGLOBEモバイルは月額480円をプラスするだけで動画見放題)。

(2)6GB以上のプランなら83000箇所以上のWI-Fiスポットが無料

6GB以上のプランと条件は付きますが、地味に大きなメリットなのが、全国83000以上のWi-Fiスポットが無料で使えることです(3GB以下は月額250円)。Wi-Fiスポット(BIGLOBE Wi-Fi)はコンビニやカフェ、駅、商業施設などがアクセスポイントになっています。Do SPOTとSECURED Wi-Fiのマークがある場所でWi-Fi接続が可能です。

BIGLOBE Wi-Fiはスマホだけでなく、タブレットやパソコンでも利用できます。外で仕事をしたい、あるいはカフェで動画やゲームを楽しみたい方など、データ消費を気にせずデータ通信を楽しめます。

(3)BIGLOBE会員は最大月500円割引

すでにBIGLOBEの接続サービス(光ファイバー、ADSL、BIGLOBE WiMAX2+など)を利用しているユーザーは、セット割で月額料金が200円安くなります。この200円は、BIGLOBEモバイルのネット接続料として必要なベーシックコースの金額です。

ベーシックコースはBIGLOBEモバイル全体でまとめられるため、BIGLOBE会員がBIGLOBEモバイルに契約すると月額200円割引になるというわけです。また、支払いも他のBIGLOBEサービスとまとめられるため手間が省けます。さらに、BIGLOBEの光回線を利用している場合は「光☆SIMセット割」が適用されて、月額料金が追加で最大300円安くなります。

月額300円割引

  • ビッグローブ光「ひかり」コース(3年プラン)
  • ビッグローブ光「ひかり」コース(2年プラン)

月額100円割引

  • BIGLOBE光パックNeo with フレッツ
  • BIGLOBE光 with フレッツ「ひかり」コース/「Bフレッツ」コース

注意点として、光☆SIMセット割は、上記の光回線セットとBIGLOBEモバイルのタイプDのみが適用。料金プランは6GB以上(またはスマホまる得プランM以上)が対象です。自宅で光回線を使うなら、スマホと合わせてBIGLOBEサービスに統合するとお得ですよ。

BIGLOBEモバイルの公式サイト

2.BIGLOBEモバイルのデメリット(注意点)

BIGLOBEモバイルには、メリットだけでなく以下のデメリットもあります。

  • スマホまる得プランが全然お得でない
  • iPhoneを購入すると2年縛りが必須に
  • 優秀だけどトップクラスの格安SIMにすべてが一歩劣る

こちらも詳しく見ていきましょう。

(1)スマホまる得プランが全然お得でない

BIGLOBEモバイルは、従量制で料金を選ぶ通常のセレクトプランに加えて、端末代金と10分かけ放題がセットになったスマホまる得プランが選択できます。いかにもお得そうなスマホまる得プランですが、実際は全然お得でないばかりか、むしろ損をする仕組みとなっています。

スマホまる得プランの料金例

  • 1年目:3930円
  • 2年目:4980円
  • 3年目以降:3480円

※3GBプラン+iPhone SE(32GB)の場合

まず、iPhone SEの端末代金が24回の分割払いで総額40800円です。アップルストアのiPhone SE(現在は販売終了)は39800円。市場価格とまったく変わりません。そして、端末代金を除いた月額基本料金はセレクトプランとまったく同じです(3GBのプラン価格1600円+10分かけ放題830円)。

つまり、スマホまる得プランにしたからといって、何の得もありません。得がないだけならまだマシなのですが、スマホまる得プランには2年縛りの仕組みがあります。

スマホまる得プランの解約ルール

  • 24ヶ月以内の解約で6000円の違約金
  • 24ヶ月を過ぎると自動更新あり

この仕組は大手キャリアとまったく同じです。金銭的にお得でもないのに、なぜ2年縛りを付けたのか、まったくわかりません。この件について、当サイトではBIGLOBEモバイルに問い合わせましたが、「プラン選びが苦手な人のために作った」との回答でした・・・。

正直、スマホの料金プランに疎いユーザーに対して2年縛りの罠をしかけているようにしか思えません。スマホまる得プランを契約するメリットはまったくありません。

(2)iPhoneを購入すると2年縛りが必須に

iPhoneをセットで購入できる格安SIM」は非常に少ないです。しかしながら、残念なことにBIGLOBEモバイルでiPhoneを購入すると前項で解説したスマホまる得プランの加入が必須となります。つまり、もれなく2年縛りが付くというわけです。

BIGLOBEモバイルのiPhoneは、アシストパックという端末代金の月額割引が付くのですが、割引後の価格でも市場価格とほとんど変わりません。元の値段を高くして、割引のインパクトを出す手法です。市場価格と同じで、セレクトプランでiPhoneを購入できればまだ良かったのですが、申し込みできるのはスマホまる得プランのみ。

人気のiPhoneを餌に、2年縛りを付けて長くBIGLOBEモバイルを使ってもらおうとする魂胆がみえみえです。UQモバイルやY!mobileなど他社でiPhoneを購入する場合も2年縛りが付くことがありますが、端末代金が安くなるメリットがあります。

しかし、BIGLOBEモバイルの場合は、2年縛りに加えて端末代金も高いまま(市場価格と同等なので厳密には損していませんが)。簡単にiPhoneを購入させてくれないのがBIGLOBEモバイルの厳しいデメリットです。

※他の格安SIMでも同じですが、BIGLOBEモバイルで購入できるiPhoneは2年型落ち(執筆時点ではiPhone SEとiPhone 6s)となります

(3)優秀だけどトップクラスの格安SIMにすべてが一歩劣る

エンタメフリーオプションを除いてですが、BIGLOBEモバイルはあらゆる項目がトップクラスの格安SIMに一歩及びません。BIGLOBEモバイルは2018年時点で業界第6位の格安SIMです。国内900社以上のうち、第6位なので十分にすごいのですが、裏を返せば上位のトップ5にもう一歩だけ力が及んでいない印象です。

例えば、通信速度はライバルの「mineo」や「UQモバイル」に負け。月額料金は「楽天モバイル」に負け。BIGLOBEモバイルも十分に優秀なのですが、わずかな差でトップクラスの格安SIMに勝てていません。テストの点数に例えると、オール70点です。

もしエンタメフリーオプションがなければ、わざわざBIGLOBEモバイルを選ぶ価値はないかもしれません。

BIGLOBEモバイルの公式サイト

3.BIGLOBEモバイルの通信速度

格安SIMの通信速度は時間帯や通信環境で変化します。BIGLOBEモバイルも例外ではありません。ここでは、BIGLOBEモバイルの通信速度を時間帯別に計測。また、LINEやネット閲覧などアプリの使い心地から体感速度もテストしてみます。

3-1.実際に通信速度を測定してみた

格安SIMの速度低下を起こしやすい時間帯(正午と夕方)を中心に計測してみました。

測定条件

  • 端末:arrows M03
  • 測定場所:横浜駅周辺
  • 測定アプリ:スピードテスト
  • 測定日時:2017年7月(平日)

必要な通信速度の目安

  • ネット閲覧:1Mbps
  • メール・LINE:0.2Mbps
  • 動画再生(低画質):0.5Mbps
  • 動画再生(普通画質):1Mbps
  • 動画再生(高画質):2Mbps
  • アプリのインストール:3Mbps

正午

biglobe simの通信速度測定
  • 計測時間:12時39分
  • 計測場所 横浜駅
  • ダウンロード 0.42Mbps
  • アップロード 9.83Mbps

夏休みで人がごった返す横浜駅内。通信速度は0.42Mbpsと非常に厳しい結果となりました。この時間の動画視聴は標準画質以下でないと無理でしょう。ネット閲覧もストレスを感じるスピードです。

夕方

biglobe simの通信速度測定2
  • 計測時間:17時22分
  • 計測場所 横浜駅
  • ダウンロード 4.26Mbps
  • アップロード 11.06Mbps

夕方になるとだいぶ通信速度が回復しました。4Mbpsあればネットもストレスを感じません。決して速くはないですが、必要十分な速度です。

biglobe simの通信速度測定3
  • 計測時間:23時03分
  • 計測場所 自宅(横浜市内)
  • ダウンロード 25.37Mbps
  • アップロード 10.48Mbps

駅から自宅マンションに戻り計測。夜になると一気に通信速度が速くなりました。25Mbps超えは予想外の結果です。

3-2.アプリの動作で体感速度をチェック

今度は夕方の時間帯にアプリを実際に起動してBIGLOBEモバイルの体感速度を確認してみました。動作の重たさ、快適度をそれぞれ調査していきます。

ネット閲覧

biglobe simでネット

お昼の時間以外は快適にネット閲覧ができました。Yahooトップ画面は3~5秒で全体が表示。広告を含めると10秒で開き切ります。重たさはまったく感じません。

LINE

biglobe simでLINE

スマホを2台並べてLINEのトーク・通話をしてみました。結果は遅延すること無くリアルタイムで反応。お昼の時間帯でも快適でした。ビデオ通話も含めてLINEは問題なさそうです。

動画

biglobe simで動画2

普通画質(360p)と高画質(720p)でYoutubeを視聴してみました。普通画質の方は特に問題なく再生できます。高画質動画は再生バーの読み込みが遅いながらもかろうじて再生できました。ただし、お昼は上記の画像のように再生が止まります。14時をすぎれば回復します。

ゲーム

biglobe simでゲーム

ポケモンGOをプレイ。問題なく遊べます。ポケモンGOは通信速度が遅すぎると、マップ画面で建物が表示されなかったりポケストップをタップできなかったりと散々です。今回のテストでは1日を通してまったく問題ありませんでした。

BIGLOBEモバイルは体感品質に定評あり

通信速度のわりに体感速度が速かったBIGLOBEモバイル。実は、BIGLOBEモバイルは会社を上げて体感速度の向上に努めているそうです。スピードテストを使った通信速度の比較については他社の負けを認めているのですが、体感品質は負けないとのこと。確かに、WEBサイトの表示スピードについては昼間の時間帯でも快適です。

BIGLOBEモバイルは、楽天モバイルやイオンモバイルと違い、もともと通信に関する技術を持っている会社です。そのため、地味ながらも培った通信技術を使って体感速度を上げていることが、よく分かります。

3-3.他社と速度比較すると遅い?

BIGLOBEモバイルの通信速度は格安SIMの中でどのような位置づけなのでしょうか。12時から13時の格安SIMが遅くなる時間帯で、他社と比較してみました。

格安SIM 総合ポイント ダウンロード
(Mbps)
アップロード
(Mbps)
Youtube
(秒)
WEB閲覧
(秒)
Ymobile 33569 48.4 28.2 2.35 4.06
NifMo 23600 35.2 25.7 1.78 4.15
au(参考) 14694 25.56 4.83 4.73 4.54
UQモバイル 12415 20.59 7.41 4.08 5.38
イオンモバイル 9709 14.4 12.9 2.95 5.52
LINEモバイル 5133 1.5 21.3 6.74 7.88
mineo
(Aプラン)
4765 6.8 12.2 14.71 8.68
mieno
(Dプラン)
4711 3.6 15.2 14.81 7.32
nuroモバイル 2280 11.6 6 再生できず 6.2
BIGLOBE
モバイル
2269 3 4.9 24.75 5.88
楽天モバイル 1052 1.2 9 再生できず 3.97
IIJmio
(タイプA)
884 0.9 2.5 21.3 7.07
DMMモバイル 124 1.1 4.9 再生できず 5.37
OCNモバイル
ONE
19 0.4 0.6 再生できず 閲覧できず

※単位:Mbps、測定アプリ:4G Mark

この日のBIGLOBEモバイルは正午の時間帯ながら3Mbpsを記録。1Mbpsを切る日もありますが、調子がいいと3Mbpsを超えます。格安SIM全体で比較するとまずまずの結果ですが、日常使いには十分です。高画質の動画も視聴できます。BIGLOBEモバイルの通信速度は速くも遅くもない普通レベルです。

通常のデータ通信ができればOKという方には十分な通信品質でしょう。BIGLOBEモバイルはTVCMの効果もあって、最近ユーザー数が増えています。今後の回線増強にも期待ですね。

biglobeモバイル 遅い
BIGLOBEモバイルの通信速度は遅い?実際に計測して確かめてみたBIGLOBEモバイルの通信速度は遅いのか速いのか、実際に計測してみました。速度低下する時間帯やユーザーの口コミも掲載。Youtubeの再生動画も載せています。...

3-4.速度制限はある?

まず、毎月決められた基本データ容量を使い切ると、速度制限(通信制限)がかかります。速度制限時の通信速度は200kbpsです。大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)と同じルールです。3日間の速度制限ですが、タイプA(au回線)のみ適用されます。

3日間の速度制限

  • タイプA:直近72時間で6GB以上を利用すると制限
  • タイプD:なし

普通の使い方だと3日で6GBを超えることはまず無いので、あまり心配しなくていいでしょう。また、実際に6GBを超えた時も必ず速度制限がかかるとは明記されていません。BIGLOBEモバイルの通信環境次第で速度制限にかかるといったルールとなります。タイプDは3日間の速度制限が無いので気にしなくて大丈夫です。

3-5.通信の最適化(動画制御)について

BIGLOBEモバイルでは、通信の最適化を行っています。特に動画はBIGLOBEモバイルの通信技術を総動員。エンタメフリーオプションが実現できる理由にもなっています。動画の最適化では、画質を落とす以外にもバッファリング(動画の読み込み)を必要最小限に制御。

Youtubeの場合、再生バーがどんどん読み込んでいくのが普通ですが、BIGLOBEモバイルではデータ容量を制御しながら読み込みます。その結果、データ消費量が大幅にカット。回線の帯域幅に余裕ができるため、BIGLOBEモバイルユーザー全体が恩恵を受けるというわけです。動画以外にも、WEBサイト上に表示される画像を圧縮。

オリジナルよりやや劣化してしまいますが、こちらもBIGLOBEモバイルユーザー全体の通信量を抑えるのに役立っています。もし、どうしてもデータ通信の最適化が嫌な場合は、APN設定を変えることで最適化の解除が可能です(裏技ではなく公式サイトの発表)。

通信の最適化解除のやり方

  • Android:APN情報のユーザ名をuser@aporgにする
  • iPhone:最適化解除用のAPN構成プロファイルをインストール

よく分からなければスルーして大丈夫です。日常使いに大きな支障はありません。

3-6.BIGLOBEモバイルアプリに速度切り替え機能は無い

BIGLOBEモバイルに契約すると、専用のBIGLOBEモバイルアプリが使えます。用途としては、データ残量の確認や各種手続きをアプリ経由で行なえます。ただし残念なのが、速度切り替え機能(ターボ機能)がないこと。

高速通信から低速通信に切り替えることでデータ消費を節約できるのですが、BIGLOBEモバイルではサービス提供がありません。高速通信容量を節約したい場合はWi-Fiスポットを探す他ないです。

バースト機能もなし

低速通信でも一時的に高速通信で読み込みを行うバースト機能。この機能があれば、速度制限時でも、SNSくらいならそこそこ快適になります。ですが、残念ながらBIGLOBEモバイルでは速度切り替え機能に続いてバースト機能も利用できません。速度制限にかかると、いっきに使い心地が悪くなるので気を付けましょう。

BIGLOBEモバイルの公式サイト

4.BIGLOBEモバイルの評判

他のユーザーはBIGLOBEモバイルについて、どのような感想を持っているのでしょうか。ここでは、BIGLOBEモバイルの口コミを調査(株式会社クラウドワークスにてアンケート)。100名以上の回答から分析しています。

biglobe simの評判

4-1.良い口コミ

  • 私はBIGLOBEからSIMとセットで販売されていた機種を購入して使っていますが、キャリアの携帯電話との大きな差というものは感じた事はありません。初期設定も簡単だったので自分だけで出来ました。(32歳女性)
  • 回線は非常に安定しています。インターネットの速度は日中で5Mbps、夜間で10Mbps程度でしょうか。光回線と比較すると遅いですが、体感上はそれほど遅いとは思いません。(42歳男性)
  • プロバイダも同社なので少し安く使用できています。プラン変更もとくに問題なくスムーズでした。(36歳男性)
  • ソフトバンクからの乗り換えで使っています。docomoの電波を使用しているので、ソフトバンクと違って基本的にはどこでもつながりやすく、地下や奥まった場所でも使えるので非常に助かります。速度はそこそこ早いほうだと思います。ストレスを感じることはほとんどありません。(32歳女性)

4-2.悪い口コミ

  • 朝や昼間は通信速度が重たいです。発売当初は体感できるほど遅くなることはありませんでしたが、契約者が増えたり混線していたりするのでしょうか。(36歳男性)
  • 選べる端末がかなり限られていることでサイズが微妙に違い、カバーを楽しめません。端末が古くなったときの機種変更プランが用意されていますが余り格安感はありません。(51歳女性)
  • SIMが手元に届くまで少々時間がかかった。また、最初に郵送されたSIMが接続不良でさらに時間がかかった。オペレーターにつながるまで何度も電話をかけないとつながらない。また、サイト内のヘルプが見づらくその点は困った。(24歳女性)
  • 普通に使う分には特に問題を感じることはない。だけどお昼どきや仕事が終わった時間帯にインターネットをすると異様に遅いときがあるのが気になる。(27歳女性)

4-3.口コミからわかること

回線の安定性はおおむね良好。むしろ大手キャリアよりネットに繋がりやすいとの意見も。その他、プラン変更のしやすさや初期設定の説明などは完璧。プロバイダ会社らしいですね。通信速度は目を見張るような速さではないものの、日常使いにはストレスを感じないとの意見でした。

悪い口コミではネット通信は安定して繋がるものの、一気に通信速度が重たくなる時間帯があるとの意見が目立ちました。格安SIM業界全体の課題になっていますが、BIGLOBO モバイルも例外ではありません。その他、少数派の意見としては選べる格安スマホ端末の種類が不満、オペレーターになかなか繋がらないなどの口コミがありました。

BIGLOBEモバイルの公式サイト

5.BIGLOBEモバイルの料金プランとサービス内容

BIGLOBEモバイルでは、以下の料金プランに契約できます。

回線

  • タイプD(ドコモ回線)
  • タイプA(au回線)

プラン

  • セレクトプラン
  • スマホまる得プラン

他のサービス内容も合わせて詳しく解説していきます。

5-1.基本は従量制のセレクトプランから選択

セレクトプランは、基本データ容量ごとに月額料金が決まる従来の料金システムです。通常は、こちらのセレクトプランから選択します。詳しいプラン内容は以下の通り。

プラン 月額料金
音声通話SIM データSIM
SMS付き
データSIM
(タイプDのみ)
1ギガ音声通話
スタートプラン
1400円
3ギガプラン 1600円 1020円 900円
6ギガプラン 2150円 1570円 1450円
12ギガプラン 3400円 2820円 2700円
20ギガプラン 5200円 4620円 4500円
30ギガプラン 7450円 6870円 6750円

音声通話SIMは、電話番号付きのSIMカードです。現在の電話番号を引き継ぐMNPにも対応。普通は、こちらを契約します。データSIMは電話番号が付与されないタイプのSIMカードです。タイプDはSMS(ショートメッセージサービス)のあり・なしを選択できます。データ容量は1GBから30GBまで選べますよ。

すべてのプランにベーシックコース(月額200円)が含まれている

BIGLOBEモバイル契約後、明細書を見るとベーシックコース(200円)という謎の請求があります。この料金は簡単にいえば、ネット接続料(ウェブ使用料)です。大手キャリアでも、月額300円かかっています。BIGLOBEモバイルのベーシックコースですが、あらかじめ料金プラン内に含まれています。

3ギガプランなら、200円のベーシックコース込で月額1600円です。上記の料金プラン表から追加で200円加算されるわけではないので安心して下さい。

5-2.端末・通話・データ通信がすべてセットのスマホまる得プラン

自分で料金プランやオプションを選択していくのが苦手な方は、スマホまる得プランが使えます。プラン内容は、毎月のデータ通信に加えて10分かけ放題(または通話パック90)と指定の端末がセットになっています。SIMカードは音声通話SIMのみ選択可能。詳しくは以下の通りです。

スマホまる得プランの月額料金=基本料金+端末代金(月額加算料)

■基本料金

プラン データ容量 月額料金
1年目 2年目以降
Sプラン 1GB 2230円 2980円
S+プラン 3GB 2430円 3480円
Mプラン 6GB 2980円 3980円
Lプラン 12GB 4230円 5980円
2Lプラン 20GB 6030円 7480円
3Lプラン 30GB 8280円 8980円

※全プランに10分かけ放題か通話パック90が付く

■端末代金

対象端末 月額加算料
iPhone SE
(32GB)
1700円
iPhone SE
(128GB)
2100円
iPhone 6s
(32GB)
2350円
iPhone 6s
(128GB)
2850円
HUAWEI P20 2900円

※アシストパックの適用価格

料金体系がややこしく見えるスマホまる得プランですが、基本料金と端末代金を合算すれば、毎月の利用料金を算出できます。例えば、S+プラン(3GB)で端末はiPhone SE(32GB)を選ぶと、月額料金は2230円(基本料金)+1700円(端末代金)で、3930円となります。ただし、1年目は割引が効いているので、2年目以降は通常価格に戻ります。

そうすると、S+プラン(3GB)とiPhone SE(32GB)のセット価格は4980円に。3年目からは端末代金の支払いを終えるので、3480円だけの支払いになります。

スマホまる得プラン の価格
→S+プラン(3GB)とiPhone SE(32GB)の場合

  • 1年目:3930円(基本料金が1000円割引)
  • 2年目:4980円
  • 3年目以降:3480円(端末代金の支払い終了)

気を付けたいのが、スマホまる得プランは安く見えますが決してお得ではありません。10分かけ放題、端末をそれぞれ別契約した場合でも同額となります。なお、スマホまる得プランで購入できる端末はあらかじめ決まっています。Androidの選択肢が少ないのが難点です。ほぼiPhone向けのプランと言えるでしょう。

端末代金はアシストパックが自動適用される

アシストパックとは端末代金の割引のことです。2年間の契約を条件に、端末代金が自動的に割引されます。2年以内にBIGLOBEモバイルを解約すると、アシストパック加算分契約解除料が請求されます。つまり、本来の端末価格が請求されるというわけです。

さらに、端末代金を払い終えても追加で2年間の自動更新があることがスマホまる得プランの痛いところ・・(詳しくは後述します)。アシストパックの仕組みですが、簡単にいえば大手キャリアと同じ2年縛りです。確かに端末代金は安くなりますが(市場価格と比較すると実はあまり安くありませんが)、その仕組は正直なところ微妙と言わざるを得ません。

5-3.タイプAとタイプDの違い

タイプAはau回線、タイプDはドコモ回線を使用しています。そのため、お住まいの地域によって、繋がりやすい方の回線を選択可能です。また、BIGLOBEモバイルに手持ちの端末を使って契約したい場合、端末と回線を同キャリアに合わせるとスムーズに乗り換えできます(一部、同キャリアでもSIMロック解除が必要)。

例えば、ドコモ端末をタイプDで使用すると、SIMカードを入れ替えるだけでOKです。料金プランに関しては、タイプAとタイプDで大きな違いはありません。通話オプションやエンタメフリーオプションも、タイプA・タイプDともに利用可能です。なお、タイプAとタイプDは契約後に変更することもできます。

通信速度はタイプAがやや有利

通信速度を比較すると、タイプAの方がやや有利です。その理由は、au回線の方が回線の混雑が小さいから。ドコモ・au。ソフトバンクの3社で比較すると、最も回線混雑が少ないのがソフトバンク回線です。時点がau回線。BIGLOBEモバイルはソフトバンク回線がないため、au回線を使うタイプAが最も通信品質が優れた(正確には回線混雑が起きにくい)回線となります。

5-4.かけ放題・通話パックの内容

BIGLOBEモバイルは通話オプションが充実しています。利用できる通話オプションは以下の通り。

  • 10分かけ放題:830円
  • 3分かけ放題:600円
  • 通話パック90:830円(1620円分の国内通話)
  • 通話パック60:600円(1080円分の国内通話)

以前は、3分かけ放題と通話パック60しか無かったのですが、現在は4つの通話オプションを選択できます。10分/3分かけ放題は文字通り、国内通話なら10分/3分以内の通話が使い放題です。通話パック90/60は、それぞれ90分/60分の通話定額(1ヶ月あたり)が利用できます。

BIGLOBEモバイルの通話オプションですが、すべて専用アプリのBIGLOBEでんわを経由します。アプリ経由の通話となる手間はかかりますが、規定の通話時間を超過しても通常の半額の通話料で発信できるメリットがあります。かけ放題・通話パックを付けるかどうかは、ご自身の通話スタイルによって異なります。かけ放題は、およそ45分の通話時間で元を取れる計算です。

毎月の通話時間(LINEなどアプリ経由の通話はいれない)を確認して、かけ放題を付けるべきか検討しましょう。通話頻度は少ないけど、1回の通話時間が長い場合は通話パックを選びます。通話パックはわかりやすく、通話パック90なら1620円分、通話パック60なら1080円分の通話が使える計算です。

こちらも先月までの通話明細を確認して、オプションを付けるべきか判断しましょう。

BIGLOBEモバイルの通話オプションは契約途中でも月初までさかのぼって計算される

通常、通話オプションを付けると、オプションの申込日から起算してかけ放題・通話パックが適用されます。つまり、1月20日に契約すれば、月末までの約10日間がかけ放題・通話パックの適用期間になるというわけです。しかし、BIGLOBEモバイルは月途中で通話オプションに加入しても、月初までさかのぼって通話料金を計算してくれます。

1月20日に契約しても、1月1日から通話オプションに加入していたとして通話料を計算してくれるのです。あまり知られていないBIGLOBEモバイルの地味なメリットですが、他社と比べて通話オプションのサービス充実に力を入れていることがよく分かります。

5-5.通話料を半額以下にするBIGLOBEでんわは無料で利用できる

BIGLOBEモバイルに音声通話SIMで契約すると、誰でも無料でBIGLOBEでんわが使用できます。BIGLOBEでんわを使えば、通常20円/30秒の通話料が9円/30秒と半額以下に。相手が固定通話でも携帯電話でもこの価格です。専用アプリ経由の発信となりますが、IP通話ではないため自分の電話番号が相手に表示されます。

通常の音声回線を使うため、音質も良いです。さらに、主要国に限りますが、海外への通話でもBIGLOBEでんわを使用できます。通話料を節約したいけど、かけ放題に入るほどではない・・という方は、無料で使えるBIGLOBEでんわを活用しましょう。

biglobeでんわ
BIGLOBEでんわとは?詳しい仕組みから使い方まで全解説BIGLOBEでんわってどんな通話サービス・・・? BIGLOBEでんわは、BIGLOBEモバイルの契約者向けの通話アプリです。通...

5-6.BIGLOBEモバイルでiPhoneを使うには?

BIGLOBEモバイルではiPhoneを利用できます。持ち込みで契約すれば、新型iPhoneも利用可能です。BIGLOBEモバイルにてiPhoneを端末セットで購入したい場合は、公式サイトから希望のiPhoneを選ぶだけ。ただし、最新のiPhoneは購入できません。また、BIGLOBEモバイルでiPhoneを購入すると、スマホまる得プラン(2年縛りあり)の契約が必要となります。

手持ちのiPhoneを持ち込む場合は、選択する回線(タイプD・タイプA)と機種によってSIMロック解除の手続きが必要となる場合があります。SIMロックとは、大手キャリアが他社でスマホを使えないように設定したロックのことです。アップルストアで購入できるiPhoneはすべてSIMフリー版なのでSIMロック解除は必要ありません。

そのままBIGLOBEモバイルのSIMカードを挿すだけで使用できます。ただし、キャリア版iPhoneの場合は、以下の条件でSIMロック解除が必要です。

キャリア版iPhoneのSIMロック解除条件

  • ドコモ版iPhone → 不要(タイプDで契約した場合)
  • au版iPhone → iPhone 8以降なら不要(タイプAで契約した場合)
  • ソフトバンク版iPhone → 必要

ドコモとauのiPhoneは、それぞれタイプD(ドコモ回線)、タイプA(au回線)で契約すれば、SIMロック解除が不要です。回線と端末を同キャリアに合わせればOKというわけです。ただ、au版iPhoneはiPhone 7以前に限りSIMロック解除が必要です。ソフトバンク版iPhoneはBIGLOBEモバイルにソフトバンク回線のプランは無いので、必ずSIMロック解除が必要となります。

ちなみに、iPhoneにSIMロック解除の機能が付いたのはiPhone 6sからです。iPhone 6/6 Plus以前はSIMロック解除機能がありません。そのため、iPhone 6/6 Plus以前をBIGLOBEモバイルで使いたいなら、ドコモ版のみ(タイプDで契約)利用可能となります。

SIMロック解除の手順

■au端末のSIMロック解除

  1. SIMロック解除の手続きページにアクセス
  2. 暗証番号を入力
  3. SIMロック解除する機種を選択
  4. 解除の理由を選択
  5. 「この内容で申し込む」をタップ

■ドコモ端末のSIMロック解除

  1. My docomoにログイン
  2. 「ドコモオンライン手続き」をタップ
  3. 「SIMロック解除」をタップ
  4. 「SIMロック解除を行う機種」を選択
  5. IMEI番号を入力
  6. 「SIMロック解除解除を申込む」を選択
  7. 「SIMロック解除の注意事項に同意する」を選択
  8. 「受付確認メールの送信先」を選択して「次へ」をタップ
  9. 「手続きを完了する」をタップ

■ソフトバンク端末のSIMロック解除

  1. My SoftBankにログイン
  2. 「契約・オプション管理」をタップ
  3. 「SIMロック解除手続き」をタップ
  4. IMEI番号を入力
  5. 「解除手続きする」をタップ

SIMロック解除の手続きはBIGLOBEモバイル契約後でも可能です。焦る必要はありません。

5-7.家族名義でMNP転入できるシェアSIMが利用可

複数のSIMカードにデータ容量を分け合って使えるシェアSIM。他社でもシェアプランの名目で広く普及しているので珍しくはありません。しかし、BIGLOBEモバイルのシェアSIMが優れているのは、家族名義でもMNP転入(電話番号を引き継いで契約)できることです。

ほとんどの格安SIM会社では、家族でシェアプランを使いたい場合でも契約者(主回線)の名義に揃えなければMNP転入ができません。そのため、現在の携帯会社で一度、契約者の名義に変更する手間がありました。ですが、BIGLOBEモバイルなら、未成年(6歳以上)でも、自分の名義でシェアSIMにMNP転入できます。

エンタメフリーオプションや通話オプションの追加契約も可能(オプションのシェアはされない)。タイプA・タイプD間のシェアもOKです。

シェアSIMの利用料金(利用枚数分が月額加算)

  • 音声通話SIM:900円
  • データSIM(SMS付き):320円
  • データSIM:200円

※タイプA・タイプDともに3ギガプランから利用可能
※一人で複数SIMを使うのもOK(タブレットやゲーム機など)

注意点として、初月のみSIMカード追加手数料3000円とSIMカード準備料394円の初期費用がかかります。また、月額料金割引などのキャンペーン期間中は短期契約ならシェアSIMを使わず個別に契約した方が安くなる場合もあります。シェアSIMを使う際は、1年以上は利用することを前提に考えておきましょう。

長期の利用なら、キャンペーン期間中でもシェアSIMの方がお得です。

5-8.料金プランの選び方

まず、BIGLOBEモバイルのデメリットでも解説したとおり、スマホまる得プランはまったくお得ではないため選ばないようにしましょう。選ぶべきはセレクトプランです。タイプAとタイプDに関しては、どちらでも構いません。通信速度を気にするなら、タイプAの方がやや有利です。

データ容量に関しては、小容量から大容量まで幅広く選択できます。LINEくらいしか使わないのであれば最安値の1ギガ音声通話スタートプラン(月額1400円)を契約するのも一つの手でしょう。ただ、BIGLOBEモバイルでは、およそ6割は3ギガプランを選びます(BIGLOBEモバイルに問い合わせて確認)。

3GBあれば、LINEやSNSに加えてWEBサイト閲覧も楽しめます。3GBだと少なく感じる場合は、6ギガプランもおすすめ。6ギガプランは3割の方が選択しています(こちらもBIGLOBEモバイルに確認済み)。ちなみに、選んだデータ容量がしっくりこなかった場合は、あとから無料でプラン変更できますよ。

参考:3GB・6GBで出来ること(1日あたり)

用途 3GB 6GB
メール 2万通 4万通
LINE 5万通 10万通
LINE通話 5時間33分 11時間6分
LINEビデオ通話 19分30秒 39分
YouTube低画質 33分 1時間6分
YouTube高画質 9分 18分
Yahooトップページ 400回表示 800回表示
Twitter 200回表示 400回表示
Facebook 200回表示 400回表示
Googleマップ 133回表示 266回表示
音楽ダウンロード 25曲 50曲
アプリダウンロード 2.5回 5回

小容量プランにエンタメフリーオプションを付けるのが吉

画質が240p~360p(普通画質程度)に固定されるとはいえ、Youtubeをはじめとする動画・音楽アプリが使い放題のエンタメフリーオプションは使いたいところです。賢い使い方としては、3ギガプランにエンタメフリーオプション(音声通話SIMなら480円)を付けること。3ギガプラン+エンタメフリーオプションで月額料金は2080円です。

ゲームが好きなら、6ギガプランにエンタメフリーオプションを付けましょう。ゲーム・SNS・動画を思いっきり楽しめて、月額料金は2630円です。

5-9.20GB以上のプランはWiMAXを併用したほうがいい?

BIGLOBEモバイルの大容量プランは、5000円以上の月額料金がかかります。

BIGLOBEモバイルの大容量プラン

  • 20GB:5200円
  • 30GB:7450円

毎月、この金額を支払うなら、スマホと2台持ちにはなりますがモバイルWi-Fiルーターを契約した方がいいでしょう。BIGLOBEでは、BIGLOBE WiMAX 2+が利用できます。月額料金は以下の通り。

BIGLOBE WiMAX 2+

  • Flat ツープラス ギガ放題:4880円
  • Flat ツープラス(上限7GB):4195円

大容量プランの代わりとなるのは、データ無制限のFlat ツープラス ギガ放題です。もし、BIGLOBEモバイルの3GBプランと組み合わせせれば、月額料金はBIGLOBEモバイル 3GBプラン(1600円)+ BIGLOBE WiMAX 2+ Flat ツープラス ギガ放題(4880円)で月額6480円です。

データ使い放題なのにBIGLOBEモバイルの30GBプランより安くなります。しかも、WiMAXがあれば自宅の固定回線かわりにもなるため、通信環境は非常に良くなります(複数接続もできる)。BIGLOBEモバイルで20GB以上の大容量プランに加入しようと考えている場合は、BIGLOBE WiMAX 2+の併用も検討してみましょう。

5-10.大手キャリアから乗り換えると、どれくらい安くなる?

大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)からBIGLOBEモバイルに乗り換えると、どれくらい安くなるのでしょうか。ドコモの月額料金を参考に、人気の3GBプランで比較してみました。

ドコモの月額料金 6000円

  • カケホーダイライトプラン(5分かけ放題付き):1700円
  • ベーシックパック(3GB):4000円
  • SPモード:300円

BIGLOBEモバイルの月額料金 2430円

  • 3ギガプラン(3GB):1600円
  • 10分かけ放題:830円

両者を比較した結果、ドコモの月額料金は6000円でBIGLOBEモバイルは2430円。その差は、3570円です。さらに、アプリ経由の発信になるとはいえ、BIGLOBEモバイルの方が、かけ放題の時間が長いです。毎月の節約効果はおよそ40%。この差が長期間続けばとんでもない金額差となります。3年経てば、およそ10万円も変わります。

年間支払額の料金シミュレーション(3GBの場合)

  • 1年:ドコモ 72000円、BIGLOBEモバイル 42840円
  • 2年:ドコモ 144000円、BIGLOBEモバイル 85680円
  • 3年:ドコモ 216000円、BIGLOBEモバイル 128520円

5-11.テザリングの対応状況

BIGLOBEモバイルでは無料でテザリングを利用することができます。ただし、端末と回線(タイプD・タイプA)の組み合わせによってテザリングの利用可否が変わります。気を付けたいのは以下の2点です。

  • タイプD:ドコモ端末がテザリング不可
  • タイプA: iPhone 8以降がテザリング不可

まず、タイプDは技術的な問題(APNの強制書き換え)でドコモ端末のテザリングが使えません。au、ソフトバンクはテザリング可能です。タイプAはau版iPhoneにて一部テザリングが使えなくなります。iPhone 6s / 6s Plus / SE / 7 / 7 Plusならテザリングできますが、iPhone 8以降がテザリング不可となるため注意して下さい。Androidは問題ありません。

なお、BIGLOBEモバイルで販売されているSIMフリー端末なら問題なくテザリングできます。テザリングについて心配な方は、BIGLOBEモバイルに端末セットで契約しましょう。

5-12.利用できるオプションまとめ

BIGLOBEモバイルでは、以下のオプションを利用できます。

オプション名 月額料金
BIGLOBE Wi-Fi 250円
6GB以上は無料
10分かけ放題 830円
3分かけ放題 600円
通話パック90 830円
通話パック60 600円
スマート留守電 290円
あんしん電話フィルター 300円
割込通話 200円
BIGLOBE端末あんしんサービス 380円~
BIGLOBE SIM端末保証サービス 500円
BIGLOBE スマホバックアップ 500円
暮らしのあんしん相談 680円
セキュリティセット・プレミアム 380円
インターネットサギウォール 300円
迷惑メールフォルダオプション 150円
i-フィルター for Android 200円
パスワードマネージャー 月額版 150円
BIGLOBEお助けサポート 475円
BIGLOBE訪問サポート 9000円
エンタメフリー・オプション 音声通話SIM:480円
データSIM:980円
SMART USEN 490円
タブホ 500円
U-NEXT 1990円
music.jp 500円
BIGLOBEアプリパック 360円

見ての通り、オプションの数は非常に多く充実しています。エンタメ関連や通話オプション、セキュリティ関連などが一通り揃っているため、困ることはないでしょう。ただ、オプションは契約後からでも加入できるので、最初はすべて外した状態で新規契約してもいいでしょう。

特におすすめはありませんが、通話オプションとエンタメフリー・オプション以外で気になるのは、i-フィルター for Androidです。小さな子供にスマホを持たせる場合は、有害サイトをブロックしてくれます。メールアドレスに関しては、無料で取得できます(BIGLOBEメール)。また、国際ローミングもオプション料金がかからないため、無料で国際電話が使えます。

端末保証は新規契約時のみ加入できる

新規契約時は特に気になるオプションが無ければスルーしても大丈夫なのですが、端末保証だけはあとから加入することができません。BIGLOBEモバイルで販売している端末に保証を付ける場合はBIGLOBE端末あんしんサービス(オプション料金は端末によって変わる)、SIMカード単体契約する方で手持ちの端末に保証を付けたい場合はBIGLOBE SIM端末保証サービス(Androidのみ)に加入しましょう。

端末保証を付けるべきかの基準は、端末代金によって変わります。オプション料金だけで年間6000円くらいかかるので、保証を付けるなら最低でも4万円以上の機種に絞りましょう。4万円以下の機種は、端末が故障したら新しい端末に買い替えたほうがいいです。なお、手持ちのiPhoneに保証を付けたい場合は、アップルストアで加入できるAppleCareを利用しましょう。

5-13.支払い方法とその他のサービス

その他、BIGLOBEモバイルの支払い方法やその他のサービスについて以下にまとめました。

回線 ドコモ
au
バースト機能 なし
速度制限
(3日間)
なし
最大通信速度 682Mbps
データ繰越 あり
テザリング あり(無料)
通話料 20円/30秒
データチャージ 100MB:300円
端末保証オプション あり
カウントフリー あり
(エンタメフリーオプション)
初期費用 プラン申込手数料:3000円
SIMカード準備料:394円
支払い方法 クレジットカード
口座振替(データSIMのみ)
契約期間 セレクトプラン:12ヶ月
スマホまる得プラン:24ヶ月
解約金 セレクトプラン:8000円
スマホまる得プラン6000円

サービス内容について、特質すべき点はありません。良い意味で突っ込みどころがなく、使い勝手がいいです。初期費用は3394円。キャンペーン期間中ならプラン申込手数料(契約事務手数料)は無料となります。

支払い方法はデータSIMのみ口座振替が使える

BIGLOBEモバイルの支払い方法は、クレジットカードと口座振替の2種類から選べます。ただし、口座振替が利用できるのはデータSIMのみ。音声通話SIMでは対応していません。データSIMで口座振替に申し込む際は、振替手数料が月額200円かかるので注意して下さい。

なお、裏技としてデータSIMで口座振替払いに申し込み、あとから音声通話SIMにプラン変更する方法があります。この場合は、音声通話SIMでも口座振替が利用できます。口座振替は色々と条件が付くので、クレジットカードを持っている人は迷わずクレジットカード払いを選びましょう。

5-14.解約条件と解約金の有無

BIGLOBEモバイルは最低利用期間内に解約すると解約金(違約金)が発生します。ただし、解約金が発生するのは音声通話SIMのみです。

最低利用期間

  • セレクトプラン:12ヶ月
  • スマホまる得プラン:24ヶ月(自動更新あり)

解約金

  • セレクトプラン:8000円
  • スマホまる得プラン:6000円

BIGLOBEモバイルの解約条件で特に気を付けたいのが、スマホまる得プランです。スマホまる得プランは、最低利用期間が24ヶ月と長い上に、2ヶ月の更新期間内に解約しなければ、さらに24ヶ月の契約が自動更新となります。端末代金を払い終えていても自動更新となるため、大手キャリアの2年縛りとまったく同じ仕組みです。

BIGLOBEモバイルでは、定期利用期間と呼んでいますが、意味としては2年縛りと同じです。対して、セレクトプランなら12ヶ月の最低利用期間を過ぎたら、いつ解約しても解約金はかかりません。通常、スマホを1年以内に解約することは無いので、実質解約金無しで利用できると言えます。

なお、解約金はスマホまる得プランの方が少し安いです。とはいえ、自動更新の仕組みがひどいので、あまり慰めにはなっていませんが・・。解約方法は、BIGLOBEの会員ページから簡単に手続きできます(電話でも解約可能)。MNP転出する際も、電話一本で手続きできます。

BIGLOBEモバイルは解約後に残ったSIMカードですが、タイプDのみ指定の住所へ返却する必要があります。返却期限は解約から20日以内です。

※契約直後はMNP転出手数料が高い

BIGLOBEモバイル契約後から3ヶ月目までは、通常3000円のMNP転出手数料が6000円になるので注意しましょう。ただ、3ヶ月以内に解約することは通常無いので、あまり気にしなくても大丈夫です。

biglobeモバイルの解約
【図説】BIGLOBEモバイルの解約方法と解約金の有無BIGLOBEモバイルはどうやって解約すればいいのかお悩みではありませんか? BIGLOBEモバイルの解約は最低利用期間によって解...

BIGLOBEモバイルの公式サイト

6.BIGLOBEモバイルの申し込み・契約方法

ここでは、BIGLOBEモバイルの申し込み・契約方法についてわかりやすく解説していきます。

6-1.申し込みに必要なもの

BIGLOBEモバイルに申し込む際は、以下のものが必要です。

  • 本人確認書類(音声通話SIMのみ)
  • クレジットカード
  • MNP予約番号(MNP乗り換えの場合のみ)

本人確認書類は音声通話SIMで申し込む際に必要です。運転免許証や健康保険証の写真を撮って、アップロードの準備をしておきましょう。写真が不鮮明など審査落ちするので十分に注意して下さい。支払いに使うクレジットカードは本人名義のカードのみ利用できます。

すでにBIGLOBEサービスを利用中なら、現在のBIGLOBE IDに登録されている支払方法が利用可能です。なお、データSIMに限り口座振替払いができます。MNP予約番号は現在の電話番号を引き継ぎたいなら取得必須です。

MNP予約番号の取得方法

  • au:0077-75470(9:00〜22:00)
  • ドコモ:151(9:00〜20:00)
  • ソフトバンク:*5533(9:00〜20:00)

オンラインからの取得はスマホの場合ドコモ(My docomo)しか対応していません。基本は上記の連絡先からMNP予約番号を発行してください。発行後は、有効期限があるのですぐにBIGLOBEモバイルへ申し込みを行いましょう(12日以上、有効期限を残す必要あり)。

ちなみに、MNP予約番号を取得した時点では解約扱いになりません。BIGLOBEモバイルの回線に切り替える時に、自動解約となります。

6-2.店舗よりオンライン契約がおすすめ

そもそも論になりますが、BIGLOBEモバイルには専門店がありません。利用できるのは一部の大手家電量販店のみ(ビックカメラやヨドバシカメラなど)。地方の人は店舗契約できませんし、都市部の人でも家電量販店=BIGLOBEモバイルがあるとは限りません。

また、家電量販店のSIMフリーカウンターは事務的な新規契約しかできないので、あまり対面サポートの意味が無いです。当然、来店予約も取れないため長い待ち時間は覚悟しなければなりません。そして厳しいのが、店舗契約はキャンペーンが使えない可能性があること。BIGLOBEモバイルでは、月額料金が割引されるキャンペーンを頻繁に行っています。

気を付けたいのが、小さな文字でキャンペーン対象はWEB契約のみと書かれているケースがあること。ただでさえメリットが薄い店舗契約ですが、キャンペーンまで無くなると泣きっ面に蜂です。特別な理由がない限り、BIGLOBEモバイルはオンライン契約で行いましょう。

オンライン契約でも空白期間なし

オンライン契約で心配なのが空白期間(不通期間)ですよね。SIMカードが到着するまで、通話やデータ通信が使えないと困ります。BIGLOBEモバイルに乗り換える際ですが、手元にSIMカードが到着して開通手続きを行うまでは、現在契約中の携帯会社で通話もデータ通信も使えます。

即日MNPができるため、不通状態になることはありません(厳密には回線切り替えを待つ15分程度だけ不通になります)。オンライン契約でも、回線切り替えの空白期間は無いので安心して下さいね。

6-3.キャンペーン・キャッシュバックはある?

BIGLOBEモバイルはキャンペーンに力を入れている格安SIMです。現金キャッシュバックがないかわりに、月額料金の割引を頻繁に行っています。月額料金の割引はキャッシュバックと違って申請が不要なので楽です。最近のキャンペーンだと、月額料金が以下の通り半額どころか最大4分の1まで下がっていました。

  • 3ギガプラン:1600円 → 400円
  • 6ギガプラン:2150円 → 950円

いつもキャンペーンを利用できるとは限りませんが、端末代金も含めてお得な割引を受けられる可能性は高いです。また、Amazonギフト券などと交換できるGポイントの付与も頻繁に行っています。BIGLOBEモバイルの最新キャンペーンについては、以下の記事も参考にして下さいね。

biglobeモバイルのキャンペーン
【2月更新】BIGLOBEモバイルの最新キャンペーンまとめこの記事では、BIGLOBEモバイルの最新キャンペーンを毎月更新しています。キャンペーンの適用条件や終了日を詳しく解説しているので参考にして下さい。BIGLOBEモバイルがおすすめな人もまとめていますよ。...

6-4.新規契約・MNPの流れ

まずは、「BIGLOBEモバイルの公式サイト」にアクセスしましょう。公式サイトにアクセスしたら「お申込み」をタップ。SIMカード単体契約なら「SIMのプランを選ぶ」、端末セットなら「スマホを選ぶ」を選択して下さい。

biglobeモバイルの契約

プラン選択の画面に入ると、

  • SIMカードタイプの選択
  • SIMカードサイズの選択(SIMカード単体契約のみ)
  • SIM種別の選択
  • 契約形態(新規契約・MNP)の選択
  • 料金プランの選択
  • オプションの選択

と進んでいきます。MNPする場合は、契約形態の選択で必ず「他社からお乗り換え(MNP)」を選んで下さい。オプションの選択では、エンタメフリーオプションを付けるかどうか検討しましょう。無理につける必要はありませんが、他社にはないBIGLOBEモバイルだけのオプションです。

biglobeモバイルの契約2

注意事項に同意したら、

  • MNP情報の入力
  • 契約者情報の入力
  • 支払い方法の選択
  • 本人確認書類のアップロード

と進みます。MNP情報は、電話番号と取得した10桁のMNP予約番号を入力して下さい。

biglobeモバイルの契約3

本人確認書類は、契約者情報で入力した住所と一致しているか再度確認して下さい。ここで、住所が異なれば審査落ちする可能性が高まります。以上で、BIGLOBEモバイルの申し込みは完了です。SIMカードが到着するのを待ちましょう。本人確認書類に不備が無ければ、2~3日で届きます。

6-5.初期設定(開通手続き・APN設定)のやり方

BIGLOBEモバイルのSIMカードは申し込みから2日で届きました(端末セットの場合は端末も同梱される)。

biglobe simの設定

SIMカード到着時の様子

MNP乗り換えをする方は、初期設定として最初に開通手続き(MNPする場合のみ)を行います。開通方法は、BIGLOBE IDで専用ページにアクセスしてMNP開通ボタンを押すだけです。年中無休で即日開通ができます。電話の場合は、BIGLOBE音声オプション専用窓口(0120-985-309)に連絡するだけです。開通手続きが終わったら、SIMカードを端末にセットします。

biglobe simの設定3 biglobe simの設定4

端末セットの方はこれですべての初期設定が終了です。SIMカード単体契約の方は、SIMカードを端末に挿入後、APN設定を行います。聞き慣れないAPN設定ですが、iPhoneは指定のURLからAPN構成プロファイルをダウンロードするだけ。Androidはマニュアルに記載されているAPN情報を端末の設定アプリに入力するだけです。

初心者でも5分以内に完了します。詳しくは「BIGLOBEモバイルのAPN設定」の記事も参考にして下さいね。以上で、すべての初期設定は終了です。

biglobe simの設定5

ちなみに、付属してきたこちらの説明書。非常に丁寧で分かりやすかったです。

biglobe simの設定2

Googleアカウントの設定方法まで丁寧に記載されています。通常、格安SIMの契約でここまで充実したマニュアルが付くことは無いので、初心者にとっては心強いです。

BIGLOBEモバイルの公式サイト

7.BIGLOBEモバイルの総合評価

総合評価:[4.2/5.0]

BIGLOBEモバイルは全体を通して使い勝手の良い格安SIMです。やはり、動画見放題となるエンタメフリーオプションが使えるのが大きな利点。エンタメフリーオプション狙いで契約するメリットは十分にあります。通信速度やプラン価格、端末の種類なども平均点以上。十分に優秀な格安SIMと言えます。

ただし、お得感がまったくないスマホまる得プランの提供やiPhoneを2年縛りなしで購入できない点はマイナスポイント。他に悪い点が無かっただけに惜しいところです。逆に言えばそれ以外は、キャンペーンの充実度も含めて高評価。月額2000円程度で3GBプラン+エンタメフリーオプションが使えるのも魅力です。

20代から圧倒的な指示を受けるBIGLOBEモバイル。動画好きにとっては、手放せない格安SIMとなっています。

BIGLOBEモバイルの公式サイト

(1)価格・プランの評価

BIGLOBEモバイルの料金プランは小容量から大容量まで幅広く選択可能。価格も良心的です。6GB以上ならBIGLOBE Wi-Fiを無料で利用可。かけ放題オプションも非常に充実しています。ただ、残念なのが存在意義のわからないスマホまる得プランです。このプランが無ければ、文句なしの高評価でした。

なぜ、スマホまる得プランを2年縛りにしたのか。iPhoneの購入をこのプランに縛ったのか意味がわかりません。今後の改善を期待します。通常のセレクトプランに関しては、まったく問題ありません。

(2)通信速度の評価

BIGLOBEモバイルの通信速度は普通です。他の格安SIMも同じですが、お昼の通信速度(12時半がピーク)が落ちるので、その点だけ乗り切ればあとは大丈夫です。速いときは、40Mbpsを軽く超えます。夜も20Mbpsを超えるスピードです。ちなみに、通信速度のわりに体感速度は良いです。

WEBサイトもすらすら表示されるのでストレスはありません。高速/低速の速度切り替えができないなど小さなデメリットはありますが、気にするほどでは無いでしょう。

(3)端末セットの評価

購入できる端末の種類は決して多くはありませんが、流行のSIMフリー端末はすべて揃っています。BIGLOBEモバイルの端末は、なぜか分割払いのみで一括購入ができないのですが、購入者から見れば特にデメリットと感じません(分割払いができないのなら大問題でしたが)。

端末価格は他社と比べて最安値ではないものの、2~3番目くらいの安さを常にキープしています。格安SIM全体で見ると、かなり安く端末を購入できますよ。

(4)サポート・手続きの評価

BIGLOBEモバイルのサポート体制は満足できるレベルです。特に高評価なのがチャットサポート。オペレーター付きの有人サポートが夜間24時まで対応。他社は18時くらいに終了するので、非常に手厚いサポートです。その他、訪問サポート(有料)や電話サポートも利用できます。

手続きや設定に関しても、特に迷うことはありません。筆者の場合は5分でネット接続できました。マニュアルが丁寧だったのも良かったです。WiMAXや光回線など通信全般を取り扱うBIGLOBE。初心者に対してのサポートや手順解説はお手のものなのでしょう。

\申し込みはこちら/

(月額400円~)3/31までCP中
さて、あとは契約するだけか。
待って、キャンペーン情報があるわ。

SIMのみ契約の場合

BIGLOBEモバイルのキャンペーン
  • 特典1:月額基本料金が6ヶ月1200円割引に
  • 特典2:初期費用3940円(プラン申込手数料&SIMカード準備料)が無料に
  • 特典3:MNP乗り換えは5000Gポイント貰える
  • 特典4:エンタメフリーオプションが3ヶ月無料

 

端末セットの場合

BIGLOBEモバイルのキャンペーン
  • 特典1:端末代金が最大14400円の割引
  • 特典2:初期費用3940円(プラン申込手数料&SIMカード準備料)が無料に
  • 特典3:MNP乗り換えは5000Gポイント貰える
  • 特典4:指定端末なら最大7000Gポイント貰える
  • 特典5:エンタメフリーオプションが3ヶ月無料

BIGLOBEモバイルのキャンペーンを受け取る↓

申し込みページはこちら

※2019年3月31日まで