BIGLOBE(ビッグローブ)モバイル

BIGLOBEモバイルを実際に使って速度や評判を完全レビュー

biglobe sim

BIGLOBEモバイルって実際にどうなの・・?

スマホ代を安くしたいから乗り換えを検討しているけど、本当にBIGLOBEモバイルにしていいのか不安・・・。そんな悩みをお持ちではありませんか?

この記事では、実際にBIGLOBEモバイルを契約している管理人が、おすすめの格安スマホ端末から料金プランまで全解説してみました。

BIGLOBEモバイルが気になる方は参考にしてみてくださいね。

公式サイト:BIGLOBEモバイル

1.BIGLOBEモバイルの評判

はじめに、BIGLOBEモバイルの評判を調べてみました。

※アンケートは株式会社クラウドワークスにて2017年8月に実施。100名以上の回答から分析。

biglobe simの評判

1-1.良い口コミ

■32歳女性

私はBIGLOBEからSIMとセットで販売されていた機種を購入して使っていますが、キャリアの携帯電話との大きな差というものは感じた事はありません。初期設定も簡単だったので自分だけで出来ました。

■42歳男性

回線は非常に安定しています。インターネットの速度は日中で5Mbps、夜間で10Mbps程度でしょうか。光回線と比較すると遅いですが、体感上はそれほど遅いとは思いません。

■36歳男性

プロバイダも同社なので少し安く使用できています。プラン変更もとくに問題なくスムーズでした。

■32歳女性

ソフトバンクからの乗り換えで使っています。docomoの電波を使用しているので、ソフトバンクと違って基本的にはどこでもつながりやすく、地下や奥まった場所でも使えるので非常に助かります。速度はそこそこ早いほうだと思います。ストレスを感じることはほとんどありません。

良い口コミからわかること

回線の安定性はおおむね良好。むしろソフトバンクよりもネットに繋がりやすいとの意見も。その他、プラン変更のしやすさや初期設定の説明などは完璧。プロバイダ会社らしいですね。

通信速度は目を見張るような速さではないものの、日常使いにはストレスを感じないとの意見でした。

1-2.悪い口コミ

■36歳男性

朝や昼間は通信速度が重たいです。発売当初は体感できるほど遅くなることはありませんでしたが、契約者が増えたり混線していたりするのでしょうか。

■51歳女性

選べる端末がかなり限られていることでサイズが微妙に違い、カバーを楽しめません。端末が古くなったときの機種変更プランが用意されていますが余り格安感はありません。

■24歳女性

SIMが手元に届くまで少々時間がかかった。また、最初に郵送されたSIMが接続不良でさらに時間がかかった。オペレーターにつながるまで何度も電話をかけないとつながらない。また、サイト内のヘルプが見づらくその点は困った。

■27歳女性

普通に使う分には特に問題を感じることはない。だけどお昼どきや仕事が終わった時間帯にインターネットをすると異様に遅いときがあるのが気になる。

悪い口コミからわかること

悪い口コミではネット通信は安定して繋がるものの、一気に通信速度が重たくなる時間帯があるとの意見が目立ちました。格安SIM業界全体の課題になっていますが、BIGLOBO SIMも例外ではありません。

その他、少数派の意見としては選べる格安スマホ端末の種類が不満、オペレーターになかなか繋がらないなどの口コミがありました。

公式サイト:BIGLOBEモバイル

2.BIGLOBEモバイルを申し込んでみた

実際にBIGLOBEモバイルに申し込んでみました。

2-1.事前準備

BIGLOBEモバイルを申し込むには以下の3つが必要です。

  • 本人確認書類
  • MNP予約番号
  • クレジットカード

本人確認書類は音声通話SIMを申し込む場合のみ必要です。データ通信専用SIMを申し込む際は必要ありません。

クレジットカードについては本人名義のカードのみ利用できます。なお、すでにBIGLOBEの他のサービスを利用しており、BIGLOBE IDを持っている人がSIMカードのみを申し込む場合は、現在BIGLOBE IDに登録されている支払方法が利用できます。

また、データ通信専用SIMに限り、口座振替による支払いが可能です。その場合、クレジットカードは必要ありません。

今の電話番号を引き継ぐならMNP予約番号が必要

現在の電話番号のまま、mineoに乗り換える場合は、MNP予約番号の取得が必要です。

詳しいMNPのやり方については以下の記事も参考にしてみて下さい。

2-2. 申込みから開通までの流れ

申込み

BIGLOBEモバイルのコースは3GBから30GBまで選ぶことができます。全5種類とデータ通信量があまり細かく刻まれていないのですが、逆に選びやすいかもしれません。

データ通信量はあとで変更することもできるので、管理人は最小の3GBプランで申込みました。SIMカードとともに端末をセットで申込み場合は、希望のSIMフリー端末を選択します。

※管理人は既にSIMフリー端末を持っているため、今回は格安SIMカードのみの購入

biglobe simの申し込み

BIGLOBEモバイルのオプションはセキュリティや保証、サポート関連がメインですが、一番有名なのはエンタメフリーオプションでしょう。YoutubeやabemaTVなどがデータ通信量の消費なしで視聴できます。

ちなみにエンタメフリーオプションは今つけなくても契約後に追加できます。管理人は、とりあえずエンタメフリーオプションは外して申込みました。

biglobe simの申し込み2

あとは、個人情報とクレジットカード情報を入力すれば申込みはほぼ完了です。申込み内容を確認します。

ここで気づいたのですが、ベーシックコース200円が契約した覚えがないのに加算されている!

調べてみると、どのプランを選んでもベーシックコース200円が加算されるみたい・・。説明が小さな文字だったのが少し印象悪いです。

※ベーシックコースとはBIGLOBEモバイルの基本的な接続サービス。BIGLOBEメールなどが使用できる

biglobe simの申し込み3

これで終わり?と思いきや最後にオプションの加入をもの凄く勧められます。さっきもオプション画面あったけど・・(笑)。

オプション内容を見る限りBIGLOBEモバイルはエンタメ系に力を入れているようです。気になる方は月額料金も500円程度なので加入してもいいかもしれません(私は全スルーしましたが)。

biglobe simの申し込み4

以上でBIGLOBEモバイルのお申込みは完了です。

biglobe simの申し込み5

SIMカードの設定

BIGLOBEモバイルが到着しました。これから愛用の機種「arrowsM03」で初期設定をしていきます。

biglobe simの設定

こちらが説明書。Googleアカウントの設定方法から丁寧に解説されています。

biglobe simの設定2

SIMカードの取り外し説明も丁寧。今までで一番好感が持てるマニュアルかもしれません。

biglobe simの設定3

SIMカードを装着します。

biglobe simの設定4

最後にBIGLOBEモバイルでネットを使うために必要なAPN設定を行います。

biglobe simの設定5

こちらもマニュアルで丁寧に解説されているので迷うことはありません。以上で完了です。

PDP Type?という項目がよく分かりませんでしたが、設定しなくてもつながりました。

※MNPの場合はこのあと開通手続きがあります

初期設定にかかった時間は5分くらいでしょうか。マニュアルが親切なので初心者でも迷いなく設定できると思います。

3.BIGLOBEモバイルの通信速度

格安SIMの通信速度は時間帯や通信環境で変化します。BIGLOBEモバイルも例外ではありません。ここでは、BIGLOBEモバイルの通信速度を時間帯別に計測。また、LINEやネット閲覧などアプリの使い心地から体感速度もテストしてみます。

3-1.実際に通信速度を測定してみた

格安SIMの速度低下を起こしやすい時間帯(正午と夕方)を中心に計測してみました。

測定条件

  • 端末:arrows M03
  • 測定場所:横浜駅周辺
  • 測定アプリ:スピードテスト
  • 測定日時:2017年7月(平日)

必要な通信速度の目安

  • ネット閲覧:1Mbps
  • メール・LINE:0.2Mbps
  • 動画再生(低画質):0.5Mbps
  • 動画再生(普通画質):1Mbps
  • 動画再生(高画質):2Mbps
  • アプリのインストール:3Mbps

正午

biglobe simの通信速度測定
  • 計測時間:12時39分
  • 計測場所 横浜駅
  • ダウンロード 0.42Mbps
  • アップロード 9.83Mbps

夏休みで人がごった返す横浜駅内。通信速度は0.42Mbpsと非常に厳しい結果となりました。この時間の動画視聴は標準画質以下でないと無理でしょう。ネット閲覧もストレスを感じるスピードです。

夕方

biglobe simの通信速度測定2
  • 計測時間:17時22分
  • 計測場所 横浜駅
  • ダウンロード 4.26Mbps
  • アップロード 11.06Mbps

夕方になるとだいぶ通信速度が回復しました。4Mbpsあればネットもストレスを感じません。決して速くはないですが、必要十分な速度です。

biglobe simの通信速度測定3
  • 計測時間:23時03分
  • 計測場所 自宅(横浜市内)
  • ダウンロード 25.37Mbps
  • アップロード 10.48Mbps

駅から自宅マンションに戻り計測。夜になると一気に通信速度が速くなりました。25Mbps超えは予想外の結果です。

3-2.アプリの動作で体感速度もチェック

今度は夕方の時間帯にアプリを実際に起動してBIGLOBEモバイルの体感速度を確認してみました。動作の重たさ、快適度をそれぞれ調査していきます。

ネット閲覧

biglobe simでネット

お昼の時間以外は快適にネット閲覧ができました。Yahooトップ画面は3~5秒で全体が表示。広告を含めると10秒で開き切ります。重たさはまったく感じません。

LINE

biglobe simでLINE

スマホを2台並べてLINEのトーク・通話をしてみました。結果は遅延すること無くリアルタイムで反応。お昼の時間帯でも快適でした。ビデオ通話も含めてLINEは問題なさそうです。

動画

biglobe simで動画2

普通画質(360p)と高画質(720p)でYoutubeを視聴してみました。普通画質の方は特に問題なく再生できます。高画質動画は再生バーの読み込みが遅いながらもかろうじて再生できました。ただし、お昼は上記の画像のように再生が止まります。14時をすぎれば回復します。

ゲーム

biglobe simでゲーム

ポケモンGOをプレイ。問題なく遊べます。ポケモンGOは通信速度が遅すぎると、マップ画面で建物が表示されなかったりポケストップをタップできなかったりと散々です。今回のテストでは1日を通してまったく問題ありませんでした。

3-3.BIGLOBEモバイルは遅いのか?

BIGLOBEモバイルの通信速度は格安SIMの中でどのような位置づけなのでしょうか。12時から13時の格安SIMが遅くなる時間帯で、他社と比較してみました。

格安SIM 総合ポイント ダウンロード
(Mbps)
アップロード
(Mbps)
Youtube
(秒)
WEB閲覧
(秒)
Ymobile 33569 48.4 28.2 2.35 4.06
NifMo 23600 35.2 25.7 1.78 4.15
au(参考) 14694 25.56 4.83 4.73 4.54
UQモバイル 12415 20.59 7.41 4.08 5.38
イオンモバイル 9709 14.4 12.9 2.95 5.52
LINEモバイル 5133 1.5 21.3 6.74 7.88
mineo
(Aプラン)
4765 6.8 12.2 14.71 8.68
mieno
(Dプラン)
4711 3.6 15.2 14.81 7.32
nuroモバイル 2280 11.6 6 再生できず 6.2
BIGLOBEモバイル 2269 3 4.9 24.75 5.88
楽天モバイル 1052 1.2 9 再生できず 3.97
IIJmio
(タイプA)
884 0.9 2.5 21.3 7.07
DMMモバイル 124 1.1 4.9 再生できず 5.37
OCNモバイルONE 19 0.4 0.6 再生できず 閲覧できず

※単位:Mbps、測定アプリ:4G Mark

この日のBIGLOBEモバイルは正午の時間帯ながら3Mbpsを記録。1Mbpsを切る日もありますが、調子がいいと3Mbpsを超えます。格安SIM全体で比較するとまずまずの結果ですが、日常使いには十分です。高画質の動画も視聴できます。BIGLOBEモバイルの通信速度は速くも遅くもない普通レベルです。

通常のデータ通信ができればOKという方には十分な通信品質でしょう。BIGLOBEモバイルはTVCMの効果もあって、最近ユーザー数が増えています。今後の回線増強にも期待ですね。

3-4.速度制限はある?

まず、毎月決められた基本データ容量を使い切ると、速度制限(通信制限)がかかります。速度制限時の通信速度は200kbpsです。大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)と同じルールです。3日間の速度制限ですが、タイプA(au回線)のみ適用されます。

3日間の速度制限

  • タイプA:直近72時間で6GB以上を利用すると制限
  • タイプD:なし

普通の使い方だと3日で6GBを超えることはまず無いので、あまり心配しなくていいでしょう。また、実際に6GBを超えた時も必ず速度制限がかかるとは明記されていません。BIGLOBEモバイルの通信環境次第で速度制限にかかるといったルールとなります。タイプDは3日間の速度制限が無いので気にしなくて大丈夫です。

速度切り替えアプリは無い

高速通信から低速通信に切り替えることでデータ消費量を節約できる速度切り替えアプリ。残念ながら、BIGLOBEモバイルで提供はありません。高速通信容量を節約したい場合はWi-Fiスポットを探しましょう。全国83000箇所で使えるBIGLOBE Wi-Fi(月額250円)もデータ消費量の節約におすすめです。

公式サイト:BIGLOBEモバイル

4.BIGLOBEモバイルの料金プラン

4-1.音声通話SIM

プラン名 データ通信量 月額料金
1GB音声通話スタートプラン 1GB 1,400円
3ギガプラン 3GB 1,600円
6ギガプラン 6GB 2,150円
12ギガプラン 12GB 3,400円
20ギガプラン 20GB 5,200円
30ギガプラン 30GB 7,450円

4-2.データ通信専用SIM

プラン名 データ通信量 月額料金
3ギガプラン 3GB 900円
6ギガプラン 6GB 1,450円
12ギガプラン 12GB 2,700円
20ギガプラン 20GB 4,500円
30ギガプラン 30GB 6,750円

4-3. SMS機能付きデータ通信SMS付き

プラン名 データ通信量 月額料金
3ギガプラン 3GB 1,020円
6ギガプラン 6GB 1,570円
12ギガプラン 12GB 2,820円
20ギガプラン 20GB 4,620円
30ギガプラン 30GB 6,870円
音声通話SIMとデータ通信専用SIMの違い

4-4.かけ放題オプション

BIGLOBEモバイルのかけ放題オプションには

  • BIGLOBEでんわ 通話パック60
  • BIGLOBEでんわ 3分かけ放題

の2種類があります。

通話パック60は月額650円で毎月1,200円分(最大60分)の通話ができます。一方の3分かけ放題は同じ月額650円ですが、1回3分以内の通話が何度でも無料になります。

どちらも専用アプリ「BIGLOBEでんわ」を経由することで適用され、規定の時間超過後は通常の半額である10円/30秒で通話ができます。毎月の通話時間が1時間前後の人は通話パック60、短い通話を何度もするという人は3分かけ放題がおすすめです。

また、BIGLOBEでんわはアプリ単体でも利用できます。BIGLOBEでんわアプリを使うことで電話番号はそのままに通話料が通常の20円/30秒から半額の10円/30秒になります。かけ放題を利用するほどではないが、たまに電話を利用するという人はBIGLOBEでんわアプリ単体で十分でしょう。

4-5.エンタメ好きにおすすめのエンタメフリーオプション

BIGLOBEモバイル最大の特徴でもあるのが「エンタメフリーオプション」です。エンタメフリーオプションを使うと対象のサービスが高速データ通信にカウントされず、無制限に楽しめるようになります。

対象のサービスは以下の通りです。

  • YouTube
  • Google Play Music
  • Apple Music
  • AbemaTV
  • Spotify
  • AWA
  • radiko.jp
  • Amazon Music
  • U-NEXT

エンタメフリーオプションは3G以上のプランで利用できます。料金は音声通話SIMなら月額480円、データ通信専用SIMなら月額980円です。

YouTubeやGoogle Play Musicといったサービスが使い放題になるので、これらのサービスをメインに使っている人であれば普段より少ない料金プランを契約できるので、月額料金を大幅に節約できます。

4-6.プランの選び方

格安SIMプランの選び方

BIGLOBEモバイルは小容量から大容量まで幅広いプランが用意されています。データ通信をほとんど行わないのであれば、1GB音声通話スタートプランが最安値です。端末をセット購入しないなら月額料金は1500円を切ります。

ある程度、ネットやSNSを楽しみたいなら3GBプランがおすすめです。あまったデータ通信量は翌月へ繰り越されるので無駄にはなりません。

動画やゲームを楽しみたいなら、6GBか12GBプランがいいでしょう。12GBプランならネットを使いながら、動画も毎日1時間以上は余裕で見ることができます。動画を毎日3時間以上見たいなら、20GB以上のプランを検討しましょう。

エンタメフリーオプションは有名な動画サービスが無制限で見放題となるので、動画好きはぜひ加入しておきたいところです。ただし、エンタメフリーオプションで動画を見る場合の画質は240p~360pの普通画質となります。

360pなら問題ありませんが240pはやや低画質です。高画質にこだわるかたは、エンタメフリーオプションは見送ってもいいかもしれません。

4-7.キャリアから乗り換えるとどれくらい安くなる?

大手キャリアよりも大幅に安くなると言われている格安SIMですが、BIGLOBEモバイルの場合はキャリアから乗り換えるとどれくらい安くなるのでしょうか。

大手キャリアの1つであるドコモからBIGLOBEモバイルに乗り換えたらどれくらい安くなるかを検証してみます。なお、データ通信量は5GBとします。

キャリアの月額料金(ドコモの場合)

ドコモの場合、電話の5分かけ放題がついているカケホーダイライトプランが1,700円、5GBのパケットパック「データMパック」が5,000円、接続サービス(SPモード)が300円なので、月額料金の合計は7,000円です。

BIGLOBEモバイルの月額料金

BIGLOBEモバイルの場合、5GBのプランはないので最も近い6ギガプランの音声通話SIMを選択すると、月額2,150円です。そこにオプションの3分かけ放題をつけると月額2,800円で利用できます。

両者を比較

ドコモとBIGLOBEモバイルを比較すると、ドコモが7,000円、BIGLOBEモバイル が2,800円なので、ドコモからBIGLOBEモバイルに乗り換えることで毎月4,200円も安くなります。1年間なら50,400円もの節約になります。

無料通話時間についてはドコモの方が長いですが、よほど長電話をする人でなければ月額基本料が安い分だけBIGLOBEモバイルのほうがお得です。また、BIGLOBEモバイルでは通話パック60を選ぶこともできるので、自分の電話の状況に合わせた契約が可能です。

公式サイト:BIGLOBEモバイル

5.BIGLOBEモバイルの基本情報

5-1.機能

  • 接続キャリア:ドコモ
  • バースト機能:あり
  • 最大通信速度:682Mbps
  • 通信速度制限:なし
  • データ繰り越し:あり
格安スマホの通話品質・通話エリア

5-2.サービス

  • 通話料金:20円/30秒
  • プラン変更の料金:無料
  • チャージ料:100MB/300円
  • 端末保証オプション:あり

5-3.支払い

  • 支払い方法:クレジットカード、口座振替(データ通信専用SIMのみ)
  • 初期費用:3,000円
  • 最低利用期間:音声通話SIMは12ヶ月、データ通信専用SIMはなし
  • 違約金:音声通話SIMは8,000円、データ通信専用SIMはなし

5-4.解約方法

BIGLOBEモバイルの解約はBIGLOBEの会員ページから簡単に手続きできます。BIGLOBEモバイルを解約してもBIGLOBEの接続サービスは残っているので、そちらも利用しないという人は別途BIGLOBE接続サービスの解約手続きが必要です。

また、BIGLOBEモバイルは解約後にSIMカードを返却する必要があります。返却期限は解約後20日以内なので、忘れずに返却しましょう。

5-5.テザリングの対応状況

BIGLOBEモバイルのテザリングの対応状況は以下の通りです。

Android iOS
ドコモ ×
au ×
ソフトバンク ×
SIMフリー端末

iOSの場合、すべてのキャリアの端末でテザリングが使えます。ただし、auおよびソフトバンクのiPhoneはSIMロック解除をする必要があります。

Androidの場合、ドコモで購入した端末についてはテザリングができません。一部テザリングが出来る端末もあるようですが、できない端末のほうが多いので、基本的にドコモのAndroid端末ではテザリングはできないと思っておきましょう。

また、auおよびソフトバンクのAndroid端末もテザリングはほぼできません。そもそもauの端末はBIGLOBEモバイルでは利用できません。そのためAndroid端末でテザリングを使いたい場合はSIMフリー端末を購入するようにしましょう。

6.端末の使用条件

6-1. iPhone

ドコモ版およびSIMフリー版であればBIGLOBEモバイルのSIMカードを挿すだけで利用できます。

au版およびソフトバンク版についてはSIMロック解除をすれば利用できます。ただし、BIGLOBEモバイル公式では動作確認がされていないので自己責任となります。

6-2.ドコモ端末

ドコモ端末はBIGLOBEモバイルのSIMカードをそのまま挿すだけで使えます。

6-3.au端末

au端末はBIGLOBEモバイルでは利用できません。SIMロック解除をすれば利用できる可能性もありますが、BIGLOBEモバイルの公式サイトにはauの端末は利用できませんと明記されていますし、動作確認も行われていないので自己責任となります。

6-4.ソフトバンク端末

ソフトバンクの端末はSIMロック解除をすれば利用できます。ただし対応周波数帯が異なるため、電波を掴みづらかったり、そもそも利用できなかったりする可能性もあります。

SIMロック解除の手続き

7.BIGLOBEモバイルで購入できるSIMフリー端末5選

BIGLOBEモバイルでは、格安SIMカードの契約と同時に、SIMフリー端末(格安スマホ)を購入することができます。

ここでは、BIGLOBEモバイルで購入できるおすすめのSIMフリー端末をご紹介します。

7-1. HUAWEI P10 lite

Huawei_P10_Lite

スペック

  • メーカー:HUAWEI
  • 端末料金:1,240円×24ヶ月(29,760円)
  • CPU:HUAWEI Kirin 658 オクタコア (2.1GHz×4+1.7GHz×4)
  • 画面サイズ:約5.2インチ
  • カメラ性能:アウトカメラ:約1,200万画素 / インカメラ:約800万画素
  • 重量:約146g

特徴

コスパに優れたミドルスペックのスマホです。価格は2万円台とリーズナブルですが、高速のオクタコアCPUに3GBメモリ、32GBのストレージ容量とスペックは高いです。

SNSやブラウジング、メールといった普段使いはもちろん、よほど動作が重いものではなければ3Dゲームも問題なくプレイできます。

その他にも高精度の指紋認証センサーや急速充電対応の大容量バッテリーを搭載しており、使い勝手の良さは申し分ないです。幅広い人におすすめできる1台です。

7-2. HUAWEI P10

huawai_p10

スペック

  • メーカー:HUAWEI
  • 端末料金:2,700円×24ヶ月(64,800円)
  • CPU:HUAWEI Kirin 960 オクタコア (2.4GHz×4+1.8GHz×4)
  • 画面サイズ:約5.1インチ
  • カメラ性能:アウト:約1,200万画素+約2,000万画素 / イン:約800万画素
  • 重量:約145g

特徴

P10 liteの上位モデルに位置するハイスペックスマホです。ドイツの老舗カメラメーカー「ライカ」と共同開発したダブルレンズカメラを搭載しているのが特徴です。

2000万画素のモノクロセンサーと1200万画素のRGBセンサーにより、暗いシーンでも明るい写真が撮影できますし、一眼レフのように背景をぼかした写真も簡単に撮れます。

上位モデル向けのCPUに4GBメモリ、ストレージ64GBなどカメラ以外のスペックも高いです。BIGLOBEモバイルで取り扱っているスマホでもっとも高い値段ですが、それだけの価値があるスマホと言えます。

7-3. ZenFone 3

zenfone3

スペック

  • メーカー:ASUS
  • 端末料金:1,380円×24ヶ月(33,120円)
  • CPU:クアルコム Snapdragon 625 2GHz(オクタコア)
  • 画面サイズ:約5.2インチ
  • カメラ性能:アウトカメラ:1,600万画素 / インカメラ:800万画素
  • 重量:約144g

特徴

国内向けに数多くのSIMフリースマホを展開するASUSのミドルスペックスマホです。2枚のSIMカードを同時に待受ける「DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)」に対応しているのが最大の特徴です。

プライベートとビジネスで電話番号を使い分けたり、BIGLOBEモバイルと通話がお得なキャリアのSIMを併用したりといった使い方が可能です。お手頃な価格ながらスペックも高く、3Dゲームなども問題なく利用できます。

7-4. ZenFone Live

zenfone live

スペック

  • メーカー:ASUS
  • 端末料金:820円×24ヶ月(19,680円)
  • CPU:クアルコム Snapdragon 400 クアッドコア(1.4GHz)
  • 画面サイズ:約5.0インチ
  • カメラ性能:アウトカメラ:約1,300万画素 / インカメラ:約500万画素
  • 重量:約120g

特徴

「Live」という名前の通り、ライブ配信に特化した機能を持つSIMフリースマホです。肌を美しく補正しながらリアルタイムに動画配信ができる「美人エフェクトLive」を搭載し、2つのマイクによるノイズ削除により周囲の雑音を減らし、音声もしっかり拾います。

5インチのコンパクトボディと約120gという軽量さで、女性でも持ちやすいです。カラーリングも可愛らしいピンクが用意されているなど、女性をターゲットにしたスマホと言えますね。価格も1万円台とリーズナブルなので、入門用やサブ端末としてもおすすめです。

7-5. Alcatel PIXI 4

Alcatel PIXI4

スペック

  • メーカー:TCLコミュニケーション
  • 端末料金:420円×24ヶ月(10,080円)
  • CPU:MediaTek MTK6735M クアッドコア(1.0GHz)
  • 画面サイズ:約5.0インチ
  • カメラ性能:アウトカメラ約500万画素 / インカメラ約200万画素
  • 重量:約169g

特徴

価格の安さが魅力なエントリーモデルのスマホです。1ヶ月の分割代金はわずか420円、一括換算しても10,080円と破格の安さで、これはBIGLOBEモバイルで取り扱っている端末の中でも最安値です。

価格が安い分、スペックは低めです。SNSやブラウジング、メールなどの普段使いであれば問題ないですが、3Dゲームなどの重たいアプリは難しいでしょう。また、ストレージ容量が少ないので、写真をたくさん撮影するといった使い方にも不向きです。

スマホを初めて使う人やライトユーザーにおすすめです。

8.BIGLOBEモバイルのメリット

8-1. エンタメフリーオプションで動画や音楽をお得に楽しめる

エンタメフリーオプションはYouTubeやGoogle Play Musicなどの対象サービスを利用した際のデータ通信量がカウントされなくなるオプションです。

対象となるサービスをメインに使っている人であれば、普段よりもデータ通信量の少ないプランに切り替えることができ、月額料金を大幅に節約できます。

例えば、YouTubeの利用がメインで、それ以外はメールやSNSしか利用しない人の場合、他社の場合は10GB以上の大容量プランを契約しないといけません。

エンタメフリーオプションを利用すれば、YouTubeはいくら利用してもデータ通信量がカウントされないため、1GBあるいは3GBのプランでも問題なく利用できます。

8-2. BIGLOBEユーザーなら月額料金が200円安くなる

すでにBIGLOBEの接続サービス(光ファイバーやADSLなど)を利用しているユーザーは、月額料金が200円安くなります。

支払いもBIGLOBEの他のサービスとまとめてできるようになるので手間が省けます。

8-3. BIGLOBEの光回線を利用していると月額料金がさらに最大300円安くなる

さらに、BIGLOBEの光回線を利用している場合は「光☆SIMセット割」が適用され、月額料金が最大300円安くなります。

割引額はどの光回線を利用しているかによって以下のように決まっています。

対象コース 割引額
  • ビッグローブ光「ひかり」コース(3年プラン)
  • ビッグローブ光「ひかり」コース(2年プラン)
300円
  • BIGLOBE光パックNeo with フレッツ、
  • BIGLOBE光 with フレッツ「ひかり」コース/「Bフレッツ」コース、
  • 「ひかり」コース/「Bフレッツ」コース
100円

BIGLOBEモバイルは単体でもお得ですが、光☆SIMセット割が適用されるとさらにお得になります。自宅の光回線がBIGLOBEなら、格安SIMもBIGLOBEモバイルにまとめるのがお得です。

8-4. 公衆無線LANサービスが使える

BIGLOBEモバイルを契約すると、BIGLOBEの公衆無線LANサービス「BIGLOBE Wi-Fi」を利用できるようになります。

BIGLOBE Wi-Fiは全国83,000カ所のアクセスポイントが利用できるインターネットサービスです。コンビニやカフェ、駅、商業施設など、様々な場所で利用できます。

通常、BIGLOBEモバイルは250円の月額料金がかかりますが、6ギガ以上のプランなら1ライセンス無料で利用できます。

8-5. データ通信専用SIMは口座振替で支払いができる

BIGLOBEモバイルはデータ通信専用SIMに限り、支払方法として口座振替が利用できます。通常の格安SIMでは本人名義のクレジットカードでしか支払えないことが多く、学生や主婦など、クレジットカードを持っていない人では利用が出来ません。

データ通信専用SIMに限るとはいえ、口座振替が利用できるBIGLOBEモバイルはとても珍しい格安SIMと言えます。

9.BIGLOBEモバイルのデメリット(注意点)

9-1. 高速通信のオン/オフが切り替えられない

格安SIMによっては高速通信のオン/オフを自由に切り替えることができます。高速通信をオフにして低速にすることで、データ通信量の節約につながります。

BIGLOBEモバイルでは高速通信のオン/オフの切り替えができません。常に高速通信をすることになるので、無駄にデータ通信量を消費しないように気を付ける必要があります。

9-2. 契約直後はMNP転出手数料が高い

BIGLOBEモバイルからMNPを使って他社に乗り換える際はMNP転出手数料がかかります。MNP転出手数料は通常なら3,000円ですが、契約から3ヶ月目までにMNP転出をする場合は倍の6,000円になってしまいます。

これに加えて音声通話SIMの契約解除料もかかるため、契約直後にMNP転出をすると14,000円も支払うことになるので気を付けましょう。

格安スマホの注意点

10.BIGLOBEモバイルの評価まとめ

最後にBIGLOBEモバイルの評価をまとめてみました。

10-1.項目別評価

価格・プラン

評価4~5 4.7

BIGLOBEモバイルの料金プランは小容量から大容量まで幅広く選択可能。価格も良心的で欠点らしい欠点が見当たりません。

唯一、時間無制限のかけ放題プランがあれば満点でした。BIGLOBEモバイルはオプションもユニーク。一番人気のエンタメフリーオプション(人気の動画アプリがデータ消費カウントフリー)は動画好きユーザーに好評です。

エンタメ系の他にも訪問ポートや端末保障のオプションが加入できます。BIGLOBEのプロバイダや光回線に申し込んでいる方は割引が効くのも高評価。BIGLOBEモバイルの価格・プランは格安SIM全体を通しても、満足度が高いと言えるでしょう。

通信速度

 3.0

BIGLOBEモバイルの通信速度は良くも悪くもなく普通です。ただし、お昼の通信速度が非常に遅いので、どちらと言えば悪い方の部類に入るかもしれません。

お昼の通信速度は遅いBIGLOBEモバイルですが、夕方以降は安定しています。さらに、夜になると20Mbpsを超えるスピードです。ライフスタイルによって使いやすい人、使いにくい人と差が出るかもしれません。

端末

評価3~4 3.7

購入できる端末の種類はやや少ないですが、流行りのSIMフリー端末はほぼ揃っています。評価が分かれる箇所ですが、最新機種が購入できるので特に端末選びで困ることはありません。

また、BIGLOBEモバイルは頻繁に端末を安く買えるキャンペーンを行っています。購入時期にもよりますが、運が良ければ市場価格よりも安くSIMフリー端末を手にすることができるでしょう。

サポート

評価3~4 3.5

BIGLOBEモバイルのサポート体制は特に悪い点は無く標準レベルです。申し込みの時に、わからない点があればチャットサポートを利用できるには便利だと思いました。

オペレーターへの繋がりが悪いという意見もありますが、一部に限られているので毎回悪いというわけでは無さそうです。

手続き・設定

評価4~5 4.7

BIGLOBEモバイルの手続き・設定は分かりやすいので迷うことはありません。特に設定に関しては5分でネットに接続できました。とにかくマニュアルが丁寧で好感が持てました。

プロバイダや光回線サービスでも有名なBIGLOBE。初心者に対して、手続きや設定を分かりやすく説明するのは得意分野なのかもしれません。

10-2.総合評価

BIGLOBEモバイルの総合評価

BIGLOBEモバイルは全体を通して使い勝手の良い格安SIMだと思います。プラン内容も充実していますし、申し込みも分かりやすいので迷いません。残念な点は、購入できるSIMフリー端末の種類が限られていることと通信速度が不安定なこと。

SIMフリー端末の種類についてですが、管理人の評価だと最新機種が揃っているのでそこまで悪い評価ではありません。ただし、変わった機種を選びたい方には物足りないと感じるかもしれません。

通信速度に関してはBIGLOBEモバイルに限らずドコモ回線を利用する格安SIM全体に言えることですが、お昼の時間が非常に遅いです。

1Mbpsを切るので、動画の高画質視聴はまず無理。ネットは大丈夫ですが、読み込みスピードはやや重たいです。LINEは問題ありません。お昼の時間を過ぎると普通の通信速度に戻ります。

BIGLOBEモバイルを契約するかどうかは、通信速度の不安定さを許容できるかがポイントでしょう。と言っても格安SIM全体を通してみればおおむね良好な部類ですが・・。通信速度にあまりこだわりが無い人ならBIGLOBEモバイルはおすすめできます。

また、他のBIGLOBEサービスを利用している方は、割引も効きますし契約も楽に行えます。

公式サイト:BIGLOBEモバイル