全10種類の楽天カードを完全比較!おすすめは3枚に絞られます

楽天カードの種類

楽天カードを選びたいけど、どんな種類があるのか気になりますよね。

結論から言うと、楽天カードは全部で10種類あります。かなり多いので、この中から自分に最適な1枚を見つけるのは至難の業です。

そこで今回は、楽天カードを種類別に特徴比較。最終的にどれを選べばいいのか、3枚まで絞っています。

選ばなくていいカードは理由付きで説明しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

1.はじめに:楽天カード全10種類をかんたん比較

楽天カードって、10種類もあるんですね。

ええ、それぞれ特徴が異なるから、まずはざっと違いを見てちょうだい。

楽天カードは全10種類が用意されています。まずは、簡単な概要表を確認してみましょう。

年会費 審査難易度 ひとこと特徴
楽天カード 無料 低い 一般的な通常カード
楽天PINKカード 無料 低い 女性向けの通常カード
楽天ゴールドカード 2200円 普通 通常よりポイント還元アップ
楽天プレミアムカード 11000円 やや高い プライオリティ・パスが付与
楽天ビジネスカード 2200円 やや高い 法人向けのカード
楽天ブラックカード 33000円 高い 招待者のみ申し込める
楽天ANAマイレージ
クラブカード
550円
(初年度無料)
低い ANAマイレージ一体型
楽天カード アカデミー 無料 低い 学生専用カード
楽天銀行カード 無料 低い キャッシュカード一体型
楽天銀行デビットカード 無料 審査なし 審査不要のデビットカード
MEMO
各カードのリンクをタップすると、詳細説明へ移動(記事内ジャンプ)
カードの区分け

一般カード:楽天カード・楽天PINKカード・楽天ANAマイレージクラブカード・楽天カード アカデミー

 

ゴールドカード:楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカード・楽天ビジネスカード

おすすめカードと各カードの詳細は、次章から解説していきますね。

2.結論!おすすめは楽天カード・楽天PINKカード・楽天プレミアカードの3種類

え?いきなり結論ですか。

そうよ、先におすすめカードを挙げるから確認してちょうだい。

各カードの詳細に入る前に、先に結論を挙げてしまうと、おすすめカードは以下の3つとなります。

おすすめカード

  • 楽天カード
  • 楽天PINKカード
  • 楽天プレミアムカード

それぞれ、詳しく解説していきますね。

①ほとんどの人は楽天カードでOK

楽天カード

結論から言うと、9割の方は通常の楽天カードでOKです。

年会費は無料ですし、楽天スーパーポイントの付与(楽天市場は3倍)や海外旅行保険、電子マネーの楽天Edyなど必要な機能はすべて揃っています。

もちろん、クレジットカードとして、分割払い・リボ払い・キャッシングなどの一般機能も使えます。

また、あとから楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードに切り替えもできるので、とりあえず審査のゆるい一般カードから作成しておくといいでしょう。

その後、信頼を積み上げた時点で(返済に遅れないなど)、ゴールド・プレミアムへの昇格を狙うのも一つの手です。

入会特典5000ポイント

楽天カード

②女性はデザイン性&限定特典で楽天PINKカードを選ぶのもあり

楽天PINKカード

楽天PINKカードも通常カードなのですが、可愛らしいデザインにこだわるなら選択するといいでしょう。

基本機能は楽天カードと同じなので、見た目で決めて構いません。文字通り、ピンクの女性らしいデザインを選択できます。

デザイン一覧

デザイン一覧

楽天カードはちょっとダサい・・と感じている女性も、このデザインなら満足ではないでしょうか。

その他、楽天PINKカードは女性特有の病気に対して、月額500円以下で保険に加入することも可能です。

入会特典5000ポイント

楽天PINKカード

③海外旅行&出張が多いなら楽天プレミアムカード(プライオリティ・パス狙い)

楽天プレミアムカード

海外に行く機会が多い人は、楽天プレミアムカードがおすすめです。

年会費11000円がかかりますが、世界中の空港ラウンジを使用できるプライオリティ・パスを無料発行できるのは激アツ。

プライオリティ・パスを発行できるクレジットカードとしては、最も年会費が安いです。

また、旅行保険が海外だけでなく国内にも自動で付帯。保険金額も一般カードより多く、手厚いサポートを受けられます。

その他、楽天市場での獲得ポイントも最大5倍に(通常カードは3倍)。ゴールドカードとしてのステータスもあるため、かっこいいクレジットカードを所有したい人にも向いています。

入会特典10000ポイント

楽天プレミアムカード

補足:その他のカードはいったん無視してOK

ここまでご紹介した3種類以外のカードは、とりあえず無視してもOKです。

その理由は、以下の通り。

楽天ゴールドカード

→ゴールドカードとしてはステータスが低すぎる

 

楽天ビジネスカード

→小規模な法人しかメリットがない

 

楽天ブラックカード

→限られた人しか作成できない

 

楽天ANAマイレージクラブカード

→獲得できるマイルは通常カードと同じ

 

楽天カード アカデミー

→学生限定なのとメリットが薄い

 

楽天銀行カード

→クレジットカードとしての機能が限られる

 

楽天銀行デビットカード

→クレジットカードを所有できない人向け

強いて言うなら、楽天ゴールドカードはまだ作成する価値があるでしょう。 旅行はそこそこだけど、とにかく楽天市場のポイント獲得率を上げたい人に向いています。

その他のカードについては、ほんの一部の人しか必要性がありません。

楽天ブラックカード・楽天ビジネスカード・楽天カード アカデミーの3種については、そもそも作成できない人も多いことでしょう。

特別な理由はない限り、

  • 楽天カード
  • 楽天PINKカード
  • 楽天プレミアムカード

の3種類以外は選ばなくてOKです。

3.各カードの詳しい特徴をまとめ

ここから、全10種類の解説ですね。

カード別に特徴をピックアップしたから、しっかり確認してね。

①楽天カード【一般的な通常カード】

楽天カード

一般的な通常カードがこちらです。楽天カードユーザーのほとんどが所有しているカードで、発行数は全クレジットカードでNo.1。

年会費無料ながら、

  • 海外旅行保険の付帯
  • 楽天Edyの付帯
  • 楽天スーパーポイントの付与

など、基本機能はすべて抑えています。楽天スーパーポイントの付与は、楽天市場なら最大3倍に。

楽天市場のポイント還元を最大限にしたい、あるいは空港ラウンジを利用しないなら、ゴールド・プレミアムにする必要はなく通常カードでも十分です。

なお、通常カードはデザインが豊富なのもメリットとなります。

②楽天PINKカード【女性向けの通常カード】

楽天PINKカード

楽天PINKカードは、ピンクを基調とした女性向けのカードです。通常カードとほぼ同じなのですが、女性向けに以下の特典が付いています。

限定特典

  • 楽天グループ優待サービス
  • ライフスタイル応援サービス
  • 女性のための保険

楽天グループ優待サービスは月額330円で、様々な楽天サービスを割引価格で利用できます。

ライフスタイル応援サービスも同じく月額330円のサービス。こちらは、楽天と提携している飲食店・映画館・カラオケ・エンタメ施設などが割引となります。

そして、最も使えるのが女性のための保険です。

女性特有の重病である乳がん・子宮筋腫などを保険でカバー。保険料は月額500円以下(54歳以下の場合)とリーズナブルです。

保険料の例として、20代前半なら月額140円、30代前半なら月額350円となります。

③楽天ゴールドカード【通常よりポイント還元アップ】

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカードは、ステータスのあるゴールドカードなのに年会費わずか2200円で加入できます。

通常カードとの主な違いは、以下の3点です。

通常カードとの違い
  • 空港ラウンジの無料利用(年2回)
  • ETCカードの年会費無料
  • 楽天市場のポイント5倍

まず、空港ラウンジの特典ですが、国内の主要空港と一部の海外空港(ハワイ・韓国)が対象です。年2回と制限はありますが、旅行前にリッチな時間を過ごすことができます。

ETCカードは通常550円かかる年会費が無料に。

そして、一番大きな魅力なのが、楽天市場の獲得ポイントが5倍になること。通常カードの場合は、最大3倍なので+2倍の差となります。

なお、楽天ゴールドカードの年会費2200円は、通常の買い物でも、年間10万円(毎月8000~9000円)の消費でペイできます。

④楽天プレミアムカード【プライオリティ・パスが付与】

楽天プレミアムカード

楽天ゴールドカードのワンランク上に当たるのが、こちらの楽天プレミアムカード。

年会費は11000円。一般的に思い浮かべるゴールドカードが、楽天プレミアムカードと考えてOKです。

楽天ゴールドカードと比較して、楽天市場でのポイント還元率は同じなのですが(5%)、旅行に関する優待サービスが手厚いです。

なかでも、無料で発行できるプライオリティ・パスは大きな魅力。世界で1200箇所の空港ラウンジにて、無料の飲食(アルコールあり)やプレミアムな空間を楽しめます。

正直、プライオリティ・パス狙いで楽天プレミアムカードを申し込むだけの価値があります。

POINT
プライオリティ・パス付きのクレジットカードで、最も年会費が安いのが楽天プレミアムカード

その他、海外旅行保険に加えて、楽天ゴールドカードには無い国内旅行の保険も付属します(補償金額は海外・国内ともに最高5000万円)。

⑤楽天ビジネスカード【法人向けのカード】

楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカードはいわゆる法人カードです。発行条件として、楽天プレミアムカードを持っておく必要があります。

MEMO
楽天ビジネスカードは楽天プレミアムカードの付帯

年会費は2200円ですが、楽天プレミアムカードの年会費11000円と合算されることに注意して下さい。

楽天ビジネスカードを持つメリットは、法人と個人の支払いを管理できること。 経費としての支出が、個人カードとごちゃごちゃになりがちな方に向いています。

その他、ETCカードを複数枚発行できるメリットもあり(1枚目は年会費無料)。個人事業主や小規模会社の経営者に特化したカードと言えるでしょう。

⑥楽天ブラックカード【招待者のみ申し込める】

楽天ブラックカード

公式ページがない楽天ブラックカード。その内容は謎に包まれており、一部の招待者(インビテーション)しか利用できません。

注意
楽天プレミアムカード所有者で、楽天サービスの継続的な利用や年間数百万円のカード使用がないとインビテーションは届かない

ステータスは、楽天カードの中で最上位。年会費は33000円です。

楽天ブラックカードは、プライオリティ・パスなど楽天プレミアムカードの特典を踏襲しつつ、ブラック会員専用デスクを利用できます。いわゆるコンシェルジュですね。

旅行の手配はもちろん、レストランからレジャーまで、手取り足取りサポートしてくれます。

⑦楽天ANAマイレージクラブカード【ANAマイレージ一体型】

 

楽天ANAマイレージクラブカード

楽天ANAマイレージクラブカードはANAマイレージと楽天カード(通常)が一体化したカードです。

ANAマイレージクラブ機能が付属したカードと言ったほうが分かりやすいかもしれません。

マイルは200円に付き1ポイントの付与。貯めたマイルから楽天スーパーポイントに変換することもできます。

その他、複数のANAマイレージクラブカードを一つにまとめられるメリットもあり。

便利に見えますが、通常カードで貯めた楽天スーパーポイントをマイルに変換したときと交換レートは同じです。

なので、あえて楽天ANAマイレージクラブカードを持つ意味はほとんどありません。

⑧楽天カードアカデミー【学生専用カード】

楽天カード アカデミー

18歳から28歳までの学生のみ発行できる楽天カードアカデミー。

通常の楽天カードに加えて、3つの楽天サービスで獲得ポイントがアップするメリットがあります。

獲得ポイントアップ

  • 楽天ブックス:最大5倍
  • 楽天トラベル(高速バス):3倍
  • 楽天ブックス:3倍

学生を卒業したら楽天カード(通常)に自動切り替えされます。

利用可能額は30万円まで。カードブランドは、VISAとJCBの2択になるので注意して下さい。

⑨楽天銀行カード【キャッシュカード一体型】

楽天銀行カード

楽天銀行カードは、楽天カード(通常)とキャッシュカード機能が一体化したカードです。

楽天銀行ユーザーのみ発行できるカードで一見便利そうに見えますが、通常の楽天カードと比べて使用できない機能がたくさんあります。

制限される機能
  • 家族カードなし
  • 引き落としは楽天銀行のみ
  • JCBブランド以外の選択
  • 楽天ポイントカード機能なし
  • 楽天Edyなし

ちょっとしたデメリットならいいのですが、結構手痛いです・・。

さらに、楽天銀行カードを発行してしまうと、通常の楽天カードを作成できないのも難点(楽天銀行キャッシュカードに切り替えないといけない)。

一元化しているのは魅力ですが、楽天銀行キャッシュカード+楽天カード(通常)の2枚に使い分けたほうが断然いいです。

⑩楽天銀行デビットカード【審査不要】

楽天銀行デビットカード

楽天銀行デビットカードは、その名の通りクレジットカードではなくデビットカード(即時引き落とし)です。

16歳から申し込み可能で、入会審査はなし。年会費無料で楽天スーパーポイントも付与されます(1%還元)。

ショッピング保険を付けたいなら、楽天銀行シルバーデビットカード(年会費2000円)、旅行保険を付けたいなら楽天銀行ゴールドデビットカード(年会費5000円)を選択することも可能です。

MEMO
楽天銀行デビットカードはクレジットカードを発行できない16~18歳の高校生向け

4.【まとめ】種類の多い楽天カードですが、選ぶべきカードは絞られます

今回は、楽天カードの種類について詳しく解説してきました。

楽天カードは全10種類もあるため、初心者の方はどれを選べばいいのか迷ってしまうことでしょう。

ですが、多くの人は通常カードを選べばOKです。あとから、ゴールド・プレミアムに変更できるので、最初の1枚なら通常カードが最適ですよ。

この記事でご紹介した、選ぶべきカードをもう一度まとめておきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。