電話番号そのまま!大手キャリアから格安SIMへMNPする手順

格安SIM MNP

格安SIMにMNPするには、どうすればいいのでしょうか。

MNP(モバイルナンバーポータビリティ)を使えば、現在の電話番号を維持したまま格安SIMへ乗り換えできます。

ですが、あまり頻繁に契約先を変えない携帯会社。いざ手続きするとなると、どうしていいのか分かりませんよね。

そこでこの記事では、初心者でも分かる格安SIMへのMNP手順について詳しく解説しました。

単に乗換方法だけでなく、MNPの際に気になる疑問についてもまとめていますよ。ぜひ、参考にして下さいね。

1.まずは、ざっくりと格安SIMへMNPする流れを理解しよう

格安SIMにMNPするイメージが湧きません。

OK、全体像から説明するわね。

はじめに、格安SIMへMNPする全体の流れを把握しましょう。

  • ステップ1 MNP予約番号を取得(MNP転出手続き)
  • ステップ2 有効期限内に格安SIMへ申込み
  • ステップ3 開通手続き(MNP転入)で乗り換え完了

MNP完了までの期間は2~4日です。SIMカードの配送に時間がかかります。

各手続きは10分もかかりません。 端末代金の残債が残っている状態でもMNP可能です(残債を一括請求されることもないのでご心配なく)。

なお、格安SIMへのMNP乗り換えは、オンラインが基本です。 オンラインでも不通期間(空白期間)なしでMNP可能なので安心してください。

キャリアショップも含め、店舗に出向く必要はありません。

\毎月のスマホ代が4000円OFF/格安SIMの総合比較詳しくはこちら>>

2.格安SIMにMNPする3ステップ

MNPの流れが分かりました!あとは、具体的な手順さえわかれば乗り換えられそうです。

初心者でも分かるよう詳しく解説したから参考にしてね。

ステップ1 MNP予約番号を取得(MNP転出手続き)

MNP予約番号とは、今使っている電話番号を格安SIMへ引き継ぐ際に必要な、10ケタの番号のことです。

取得方法は、店舗・WEB(スマホはドコモのみ)、電話の3種類あります。最もカンタンなのが電話です。

MNP予約番号の取得先

  • ドコモ:151(受付:9:00〜20:00)
  • au:0077-75470(受付:9:00~22:00)
  • ソフトバンク:*5533(受付9:00~20:00)

※ドコモにて一般電話(ドコモ携帯以外)から取得する場合は0120-800-000
※ソフトバンクにて一般電話(SB携帯以外)から取得する場合は0800-100-5533

ドコモスマホの方は、My docomoからもMNP予約番号を取得できます。

My docomoから取得

  1. My docomo各種サービス一覧
  2. 各種お申込・お手続き一覧
  3. ご契約内容確認・変更
  4. 携帯電話番号ポータビリティ予約

au、ソフトバンクはオンラインだとガラケーからの取得しか対応していません。

最近はあまり無いのですが、ときどきオペレーターからポイント付与などを餌に引き止められる場合があります。その場合は、強い意思で断りましょう。

MNP予約番号を取得した時点では解約扱いにならず、通話もデータ通信もできる状態なので安心して下さい。 MNP転出手数料(2000~3000円)もこの時点ではかかりません。

本人確認書類も準備しておこう

格安SIMへMNP転入する際は本人確認書類が必要です。

運転免許証、健康保険証、パスポートなど準備しておきましょう。契約途中で、写真を撮って(スマホでOK)アップロードします。

また、本人名義のクレジットカードも準備しておくとスムーズです。

ステップ2 有効期限内に格安SIMへ申込み

MNP予約番号には15日間の有効期限があります。

だいぶ余裕がありますが、格安SIMに申込む際は、MNP予約番号の有効期限が11日~13日残っていることが契約条件となります(SIMカードの発送など準備期間があるため)。

そのため、大手キャリアからMNP予約番号を発行したら、すぐに格安SIMへ申込みましょう。

後日申し込む場合でも、期限は2日以内だと考えて下さい(期限を過ぎてもMNP予約番号は再取得できます)。

おすすめの契約先については、こちらの「格安SIMの比較記事」を参考にして下さい。

格安SIMに契約する際のSIMカードですが、必ず音声通話SIM(電話番号が付与されるSIMカード)を選びます。 データSIMは電話番号が付与されないため、MNPすることはできません。

契約するSIMカード

  • 音声通話SIM → MNPできる
  • データSIM → MNPできない

最初に取得したMNP予約番号ですが、格安SIMの契約途中で入力します。

LINEモバイルのMNP手順3取得したMNP予約番号は契約途中で入力

転入予定の電話番号もここで入力します。

キャリアメールで登録しないように注意

なお、メールアドレスを登録する際、手持ちのキャリアメールを入力しないように注意して下さい。

大手キャリアからMNPすると、キャリアメールは使えなくなります。Gmailなどフリーメールを準備しておきましょう。

ステップ3 開通手続き(MNP転入)で乗り換え完了

MNP乗り換え最後の作業が開通手続き(MNP転入)です。

開通手続きのやり方は、指定の電話番号に連絡するだけ。 オンライン(マイページ)から回線切替ボタンを押下する格安SIMもあります。

開通作業の図開通手続きの連絡先は送付マニュアルに書かれている

詳しくは、SIMカードと共に同封されている書類にて確認してください。開通手続きを行わない場合は、数日経てば自動開通となります。

あとは、端末にSIMカードをセットして、ネット・通話ができることを確かめて下さい。

SIMカードの入れ替え

問題なく使用できれば、格安SIMへのMNP転入は完了です。

MNP後、以前の携帯会社は自動解約

無事、MNPできたら元の契約(au・ドコモ・ソフトバンク)は自動的に解除されます。

解約の連絡や手続きは必要ありません。同時に、開通した日から格安SIMとの契約がスタートします。

3.格安SIMへMNPする際の疑問にすべて答えます

う~ん、MNPのやり方は理解できましたが、実際にやってみると疑問点が湧いてきます。

何でも言ってごらんなさい。全部答えてあげる。

Q1.今使っているiPhoneは格安SIMで使える?(SIMロック解除の必要性)

LTE対応のiPhone 5以降なら、MNP後も問題なく使用できます。利用方法は簡単。

格安SIMはドコモ・au・ソフトバンクで回線(系列)が分かれるのですが、ドコモ版iPhoneをSIMロック解除なしで使うならドコモ系の格安SIMを選択します。

SIMロック解除なしで手持ちのiPhoneを使う

契約する格安SIMの選択肢を広げたい場合は、「SIMロック解除」を行いましょう。iPhoneのSIMロック解除は、iPhone 6sから対応しています。

ちなみに、AndroidもiPhoneと同じ法則が当てはまります。回線を同キャリアに合わせれば、SIMロック解除なしでMNP後も手持ちの端末を使えます。

Q2.MNPする際に不通期間はある?

オンラインで格安SIMを契約すると、SIMカードが到着するまで不通期間が生じないか心配ですよね。

結論から言うと、不通期間はありません。

主要な格安SIMだとイオンモバイルだけ不通期間がありますが、その他の格安SIMは問題なし。開通手続き(MNP転入)するまでの間は、以前の携帯会社にて通話もネットも利用できます。

開通手続き後は、契約した格安SIMにて通話・ネットができるので、MNPに伴う不通期間は無いのです。

Q3.MNPで必要な手数料は?

以下のMNP転出手数料が必要です。

MNP転出手数料

  • ドコモ:2000円
  • au:2000円
  • ソフトバンク:3000円

上記の手数料に合わせて違約金(契約解除料)9800円が請求されます。格安SIMへの乗り換え費用として12000円程度を計算しておきましょう。

端末代金の残債が残っている場合は、MNP後も請求が続きます。

Q4.大手キャリアの解約日はいつがいい?

更新月のタイミングが一番お得です。その理由は、違約金9800円が無料になるからです。

更新月は2年に一度訪れます(期間は2ヶ月)。現在、更新月かどうかはMy au・My docomo・My Softbankより確認できます。

次の更新月が3ヶ月以上先の場合は、違約金9800円を支払って格安SIMにMNPした方がお得です。 その理由は、3ヶ月で元が取れるからです。

月末・月初についてですが、どちらかと言えば月末のMNPがおすすめです。大手キャリアは解約月の日割りがないため、月初のMNPは損した気分になるからです。

なお、格安SIM側の初月料金は日割請求となります。「LINEモバイル」なら初月無料です。

Q5.MNPした後に名義変更はできる?

ほぼできません。MNP後に名義変更できる格安SIMは以下の数社のみ。

名義変更OKの格安SIM

上記の格安SIMなら名義変更できます。子供が独立したら、親名義から譲渡できますよ。

その他の格安SIMでは、名義変更ができません。 そのため、名義を変えたい場合は、必ずMNP前に済ませましょう。

大手キャリアの名義変更はキャリアショップにて名義する人・される人の2人で来店すれば手続きできます。

4.【まとめ】格安SIMへのMNPはカンタンです

格安SIMのMNPは実際にやってみると、とてもカンタンです。

やることは、MNP予約番号を取得するくらい。MNPなしの新規契約とほとんど変わりません。昔と違ってSIMカードの到着を待つ間の不通期間はなし。

たとえ、自宅にSIMカードが届く時間が長くなっても、通話・ネットが途切れることはありませんよ。

なお、MNP予約番号は有効期限あり。取得したら、すぐに格安SIMへ申込みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。