【2020年】楽天モバイル(楽天アンリミット)の実効速度・評判・デメリットを徹底解説

楽天アンリミットの速度・評判・デメリット

この記事のポイント

  • 楽天アンリミットの実効速度は20Mbps前後(かなり速い)
  • データ使い放題は大きなメリット、デメリットはiPhone X以前で使いにくいこと
  • 月額2980円の安さでサービスレベルは十分

「楽天アンリミットって、実際どうなの?評判や口コミが気になる・・」

楽天モバイルがMNO(キャリア)移行に伴い発表された楽天アンリミット

アンリミット(制限が無い)という意味通り、プラン内容は衝撃の無制限。しかも、全携帯会社で唯一の高速使い放題です。

しかし、気になるのが落とし穴。本当にデメリットはないのでしょうか?

そこで今回は、楽天アンリミットの実効速度からメリット・デメリットまで徹底考察。

サービス開始と同時に即契約して、プロの目線(20社以上の携帯会社を契約)で鋭く考察していきます。ユーザーの評判・口コミも調査しているので、ぜひチェックして下さい。

最後まで読めば、楽天アンリミットに申し込むべきか判断できるようになりますよ。

料金プラン

  • 月額料金:2980円
  • データ容量:使い放題

※安さの理由:基地局をサーバー上のソフトウェアにて運営することで、コストを大幅カットしているため

オプション

  • 国際通話かけ放題:980円/月
  • マカフィーモバイル・セキュリティ:200円/月
  • スマホ遠隔サポート:500円/月
  • 安心コントロール by i-フィルター:300円/月
  • 楽天モバイル Wi-Fi by エコネクト:362円/月
月額料金 2980円
支払い方法 クレジットカード
口座振替
デビットカード
サービス開始 2017
Wi-Fiサービス 有料
テザリング 無料
3日間の速度制限 なし
通話料 20円/30秒
初期費用 3300円
解約金 なし
回線 自社・au
iPhone販売 なし
運営会社 楽天モバイル株式会社

楽天モバイル(UN-LIMIT)

ポイント
  • データ無制限で使い放題
  • 月額固定の2980円
  • 速度制限後でも1Mbps保証
  • 楽天Linkで話し放題
  • 楽天ポイントが+1倍
月額料金 解約金 オンライン契約 iPhone利用
2980円 0円

(XS/XR以降)

キャンペーン(併用可)

  • 1年間無料(300万人限定)
  • 事務手数料3300円還元
  • オンライン申し込みで3000ポイント

CHECK!

楽天アンリミットの公式サイトへ

1.楽天アンリミットの評判・口コミとは?

楽天アンリミットの評判って、どうですか?

良い口コミと悪い口コミをまとめたから、しっかり確認してちょうだい。

楽天アンリミット(楽天モバイル)を実際に使っているユーザーは、どのような感想を持っているのでしょうか。ここでは、SNS(Twitter)で調べた口コミを元に分析していきます。

良い評判

まずは良い評判から見ていきましょう。

良い評判まとめ
  1. 最低速度1Mbpsが凄い
  2. 手続きが簡単
  3. 田舎でも繋がりやすい
  4. 家のWi-Fiが要らなくなる
  5. iPhoneが問題なく使える

最低速度1Mbpsが凄い

 

手続きが簡単

 

田舎でも繋がりやすい

 

家のWi-Fiが要らなくなる

 

iPhoneが問題なく使える

悪い評判

今度は悪い評判を見ていきましょう。

悪い評判まとめ
  1. SMSが不安定
  2. パートナー回線エリアで繋がってしまう
  3. 回線切り替えが不安定

SMSが不安定

 

パートナー回線エリアで繋がってしまう

 

回線切り替えが不安定

ユーザーの評判・口コミから分かること

良い口コミでは、楽天アンリミットの最低速度1Mbpsを評価する声が印象的でした。1Mbpsあれば、動画もゲームも問題なし。

動画配信サービスも視聴できるため、実質使い放題と言えます。

また、田舎でも繋がるとの意見が多かったです。キャリア移行発表時は、インフラを整えるまで10年はかかると言われていただけに凄い。

データ無制限なのでテザリングを使えば、家のWi-Fiが要らないとの意見もありました。

逆に、悪い口コミで目立ったのは、自社・パートナー回線エリア切り替えの不安定さ。

切替時にぷつっと不通状態になることがあるようです。マップ機能の精度の問題なのか、ポイントがずれているとの意見も。

いくつか課題は残るものの、総じて良い評判が大半でした。

CHECK!

楽天アンリミットの公式サイトへ

2.【レビュー】楽天アンリミットは遅い?実効速度を計測

安くても速度が遅いと嫌ですね。

そう言うと思って調べてみたわ。

今度は、評判だけでは分からない実際の速度を見ていきましょう。

実効速度は10~25Mbps

実際に、楽天アンリミットに契約してみました。

楽天アンリミット

こちらが、計測した実効速度です。

楽天アンリミットの実効速度

計測時間 実効速度(Mbps)
楽天回線 パートナー回線
12時台 15.3 15.3
15時台 24.2 21.0
17時台 9.51 25.2
23時台 25.8 21.0

※横浜市内(田舎寄り)で測定

結果は、10~25Mbpsあたりのレンジに収まりました。楽天回線エリア外ではパートナー回線エリア(au)に繋がりますが、両者の速度はほぼ同じでした。

楽天回線エリア

サービスエリア

速度比較

通信速度(Mbps)
12時 15時 18時
楽天アンリミット 15.3 24.2 25.2
Y!mobile 74.9 52.4 46.3
UQモバイル 16.5 25.5 20.0
OCNモバイルONE 0.94 23.5 4.16
BIGLOBEモバイル 0.85 22.5 2.08
IIJmio 0.54 3.0 1.04
LINEモバイル 5.97 18.8 3.6
mineo 1.0 47.6 5.09

ご覧の通り、楽天アンリミットの速度は上位に入ります。安定感がずば抜けており、イライラする時間帯がありません。

動画再生やゲームも問題なし

問題なし

肝心の使い心地ですが、まったく問題なし。Youtubeは途切れず再生できますし、ゲームも快適です。

処理の重いポケモンGOや荒野行動も問題なくプレイできました。体感速度はドコモ・au・ソフトバンクと変わりません。

昼休みの時間帯も速度低下なし

着目すべきは12時台の速度。MVNO時代の楽天モバイルは1Mbps程度に落ち込むことが多かったので相当速くなりました。

お昼・夕方の時間は、ほぼすべての格安SIMが速度低下します。その理由は、大手キャリアから回線をレンタルしている関係で帯域制限をかけられるからです。

楽天アンリミットは自社回線を構築したため、ユーザー数が増加する混雑時でも帯域制限をかけられることがありません。

そのため、鬼門となる12時台の速度も快適だったわけですね。

TOPIC

以前は、12時から13時は0.2~1.2Mbpsの速度だった。現在は、同時間帯で15Mbpsを超えており、動画再生やテザリングも問題ない。

CHECK!

3.楽天アンリミットのメリット

安さ以外に、楽天アンリミットの魅力を教えて下さい。

やっぱりデータ使い放題なのが、最大のメリットね。

今度は、僕自身のリアルな体験レビューです。SNSの評判だけでは分からない、実際に契約して感じたメリットを挙げていきます。

メリット
  1. 楽天回線エリアはデータ無制限
  2. 最低1Mbpsの保証あり
  3. Wi-Fiルーター化すれば固定回線が要らない
  4. AndroidはAPN設定が不要
  5. 楽天リンクで無料通話・SMS・留守電が使える
  6. 楽天市場の獲得ポイントがいつも2倍
  7. 2GBまで海外でデータ通信が使える
  8. 解約金が0円

楽天回線エリアはデータ無制限

楽天アンリミットの最大の魅力とも言えるのが、データ無制限です。

高速通信の無制限プランを提供できているのは、現状楽天モバイルだけ。他社にはない、絶対的な強みです。

データ無制限だからといって、速度が落とされることもありません。

自宅が楽天回線エリアでなくても通勤・通学ルートがエリア内なら十分に検討価値があります。

POINT

月額2980円でデータ使い放題は衝撃の安さ

エリア外でも実質使い放題

楽天回線エリア外は、パートナー回線(au)に繋がります。データ容量は5GBまでですが、通信制限後でも1Mbpsが出るため実質使い放題です。

最低1Mbpsの保証あり

データ使い放題の楽天アンリミットですが、パートナー回線エリアで5GB以上使うと速度制限にかかります。

普通、速度制限にかかると200kbps程度に抑えられてメールくらいしかまともに使えません。ですが、楽天アンリミットなら速度制限後でも最低1Mbpsを保証してくれます。

1Mbpsあれば動画も普通画質で再生できるレベルです。

旧MVNOのスーパーホーダイでも1Mbps保証がありましたが、お昼の時間帯は適用外でした。今回は、そのルールも撤廃されており、さらに使いやすくなっています。

1Mbpsで出来ること

  • テザリング
  • WEBサイト閲覧
  • 普通画質の動画再生
  • LINE(通話含む)
  • SNS(Twitter、Instagram、Facebook)
  • ほとんどのゲームアプリ
MEMO

実効速度もしっかりと1Mbpsを超える

Wi-Fiルーター化すれば固定回線が要らない

楽天アンリミットはオプション料金不要でテザリングを使えます(公式に明記)。

お気づきの通り、楽天アンリミットでテザリングを使えば、無制限のWi-Fiルーターに早変わり。

カフェで仕事をしたりゲームをしたり、データ消費量を気にせず好きなだけテザリングを使えます。これは、本当に画期的です。

実際、外仕事でPCを使ってみましたが、とっても快適でした。

楽天アンリミットのテザリングを使えば、月々3000円以上かかるポケットWi-Fiの契約も不要です。

楽天アンリミットを固定回線代わりにしている人の口コミ

 

楽天モバイルをルーター化したことで大幅に通信料を節約できました。家でパソコンを使う時も問題ないので、今まで使っていた自宅の光回線を解約してスマホのテザリングだけで十分になりました。

AndroidはAPN設定が不要

通常、格安SIMではAPN設定(ネット接続情報の入力作業)が必要です。しかし、楽天アンリミットならAndroidに限りSIMカードを入れるだけで設定が終了。

APN設定不要で、自動的にネットが繋がります。

楽天アンリミットのAPN

APNは自動接続

面倒なAPN設定をしなくていいのは画期的です。なお、iPhoneを使う場合はAPN設定が必要です(5分程度で終わる)。

APN設定 APN設定2

APN設定は、「設定」→「モバイル通信」→「モバイルデータ通信ネットワーク」をタップ。「モバイルデータ通信」と「インターネット共有」の欄に「rakuten.jp」と入力します。

楽天リンクで無料通話・SMS・留守電が使える

楽天リンク(Rakuten Link)は従来の楽天でんわアプリに変わる、新たなコミュニケーションアプリです。

主な特徴として、以下の機能があります。

楽天リンクの機能

  • 無料通話
  • SMS
  • 留守電
  • 無料メッセージ
  • グループチャット
  • 海外通話
MEMO

iPhoneでも利用OK

着目したいのが、無料通話・SMS・留守電の3つ。

無料通話は、時間無制限で通話し放題(自分の電話番号を使える)。相手は楽天リンクじゃなくてもいいので、固定電話宛でも通話料を0円に抑えられます。

また、電話番号宛にメッセージを送るSMSも使えます。標準SMSと比べて画像や動画の送信も可能です。

iPhoneは、標準SMSで稀にエラーが出てしまうので、楽天リンクがあると心強いです。

その他、留守電に残されたメッセージを無料で再生できるのも強みです(メッセージ保存も無料)。

楽天市場の獲得ポイントがいつも2倍

楽天アンリミットでは、SPU(スーパーポイントアップ)の特典で、獲得できる楽天ポイントが2倍になります。

楽天市場のポイント2倍

楽天市場のポイント2倍

楽天市場で買い物するときは、セール関係無しで常にポイント2倍。いつもより倍の速度でポイントが貯まっていくのは快感です。

ちなみに僕は、貯めたポイントをマクドナルドで消費しています。

2GBまで海外でデータ通信が使える

楽天アンリミットは、指定66カ国なら海外でも2GBまでデータ通信を使えます。

アイスランド、アイルランド、アメリカ(ハワイ)、アメリカ本土、アンドラ、イギリス、イタリア、インド、インドネシア、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、カンボジア、韓国、キプロス、ギリシャ、グアドループ、グアム、クロアチア、サイパン、ジブラルタル、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、デンマーク、ドイツ、トルコ、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィリピン、フィンランド、ブラジル、フランス、フランス領ギアナ、ブルガリア、ベトナム、ペルー、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マカオ、マルタ、マルティニーク、マレーシア、南アフリカ、ミャンマー、メキシコ、モロッコ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルーマニア、ルクセンブルク、レユニオン、ロシア

旅行先として人気のハワイや韓国、ヨーロッパの主要国が含まれているのは魅力です。

頻繁に海外へ行く方はご存知かと思いますが、海外のWi-Fi環境はかなり不安定です。日本で海外用Wi-Fiルーターを借りて持ち込んでも、不通になることは多々あります。

そんなときに心強いのがSIMカードによるデータ通信です。

どうしてもLINEで連絡を取らないといけない、Uberでタクシーを呼びたい。そんな場面でデータ通信を使えるのは心強いです。

2GBは少なく感じますが、連絡を取るだけの用途なら必要十分。知らない土地でネットが完全に使えない恐怖から開放されます。

ちなみに、楽天アンリミット以外で、海外のデータ通信を無料提供している携帯会社はありません。

TOPIC

980円で国際通話かけ放題オプションあり

解約金が0円

楽天アンリミットはいつ解約しても解約金は0円です。申込後、即解約しても問題ありません。

ただし、キャンペーン狙いの場合は、ポイント付与が翌々月末なので、最低3ヶ月程度の契約は必要です。

CHECK!

楽天アンリミットの公式サイトへ

4.楽天アンリミットのデメリット(不便な点)

逆にダメな点はありますか?

サービスエリアの拡充がまだなのと、iPhoneの利用に限るがある点が少し不便ね。

次は、デメリットについて詳しく掘り下げます。

デメリット
  1. 楽天回線エリアが全国区ではない
  2. iPhone X以前は非対応
  3. たまに回線の切り替わり時に途切れる
  4. カスタマーセンターが繋がりにくい
  5. LINEのID検索(年齢確認)ができない

楽天回線エリアが全国区ではない

楽天アンリミットは、楽天回線エリアの提供が局地的となっています。

例えばこちら。横浜市のサービスエリアなのですが、薄いピンク部分は楽天回線非対応です。

楽天アンリミットのサービスエリア

サービスエリア(横浜市)

同じ横浜市でも比較的人口が多い箇所はエリア内ですが、それ以外は非対応に・・。その他の地域もこんな感じで、対応・非対応がくっきりと分かれています。

ただ、楽天回線エリアは確認するたびに拡大されているので、いずれカバー率は飛躍的に上がると思われます。

なんでも人工衛星を使って100%カバーを目指すそう。今後が楽しみです。

iPhone X以前は非対応

楽天アンリミットはiPhone XS / XR以降で使用できます。残念ながら、iPhone X以前は非対応です。

楽天アンリミット対応

  • iPhone XS / XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone 11/ 11 Pro / 11 Pro Max
  • iPhone SE2(第2世代)

 

楽天アンリミット非対応

  • iPhone X
  • iPhone 8 / 8 Plus
  • iPhone 7 / 7 Plus
  • iPhone 6s / 6s plus
  • iPhone 6 / 6 Plus
  • iPhone SE

ただし、動作保証外のiPhone 7やiPhone 8でも、裏ワザを使えば利用可能です。

たまに回線の切り替わり時に途切れる

楽天アンリミットをしばらく使ってみて、ネットがたまに途切れることがありました。途切れるタイミングは楽天・パートナー回線の切り替わり時です。

大抵は数秒途切れてすぐに繋がるのですが、最長で5分くらい不通のときがありました。

この場合は、設定アプリでモバイルデータ通信や機内モードの切り替えをON/OFFすれば直ります。なお、この問題はユーザーの評判でも一部指摘されていました。

カスタマーセンターが繋がりにくい

楽天アンリミットのカスタマーセンターは非常に繋がりにくいです。休日は20分以上も待たされる場合があります。

オペレーター直通の通話は、気軽にサポートを受けられません。

解決策としては、my楽天モバイル内のチャットサポートが便利です。チャットサポートなら、リアルタイムでスタッフが質問に答えてくれます。

LINEのID検索(年齢確認)ができない

LINEでは、青少年を危険な出会いから守るため、ID検索機能に対して年齢確認(年齢認証)のステップが必要です。

年齢認証は、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の年齢確認サービスを利用しているため、一部を除き格安SIMは非対応。楽天アンリミットも残念ながら、対応していません。

ただし、楽天モバイルはキャリア移行したので、今後年齢確認可能に変わる可能性はあります。なお、ふるふるやQRコードによる友達追加は利用できます。

POINT

ID検索以外の機能(トーク、無料通話、ビデオ通話、LINE Outなど)はすべて問題なく使える

MEMO

LINEのID検索ができなくて困るのは、友達募集の掲示板やSNSからID交換したい人。その他の人は気にしなくてOK。

CHECK!

5.補足:スーパーホーダイは終了

そういやスーパーホーダイってどうなりました?

新規の受付は終了したわ。

楽天モバイルの旧プラン「スーパーホーダイ」は、キャリア移行に伴い新規受付を終了しました。1年限定ながら、楽天会員割が効くプランだったので惜しいですね。

ただ、プラン内容は、楽天アンリミットに移行してから大幅パワーアップ。スーパーホーダイは2GBで2980円ですが、楽天アンリミットはデータ使い放題で2980円です。

スーパーホーダイの目玉サービス「最低速度1Mbps保証」も、引き継がれました。通信速度の安定度も増しています。

楽天アンリミットとスーパーホーダイ(旧プラン)の比較

楽天アンリミット スーパーホーダイ
(旧プラン)
月額料金 2980円
(データ無制限)
2GB:2980円
6GB:3980円
14GB:5980円
24GB:6980円
通信速度 15~25Mbps 0.3~20Mbps
最低速度 1Mbps 1Mbps
(混雑時は0.3Mbps)

6.【総合評価】楽天アンリミットがおすすめな人・おすすめしない人

結局、楽天アンリミットは契約すべきですか?

おすすめな人をまとめたから、一つでも当てはまったら検討すべきよ。

楽天アンリミットが、おすすめ・おすすめでない人は以下の通りです。

おすすめな人

  • データ無制限で動画やゲームを楽しみたい
  • 安定した通信速度を求める
  • スマホ代を3000円以下にしたい
  • 楽天ポイントを貯めている
  • ポケットWi-Fiにして通信費を節約したい

 

おすすめでない人

  • iPhone X以前でスムーズに乗り換えたい
  • LINEのID検索機能を重視する

正直、契約前は楽天アンリミットに対する期待値は低かったのですが、良い意味で期待は裏切られました。

まず、実効速度が速い。使い放題なので5Mbpsくらい出てくれれば御の字なところ、安定して20Mbpsくらい速度が出たのは嬉しい誤算でした。

データ無制限で動画やゲームを楽しみたい方は、即決レベルでおすすめできます。獲得できる楽天ポイントが常に2倍になるのも嬉しいポイントです。

月額2980円の安さで、サービスレベルは十分すぎると断言できます。サービスの安定度も日に日に増しているので、メインスマホとして問題なく利用できます。

STEP.1
MNP予約番号を取得

※新しい電話番号を取りたい場合は不要

MNP予約番号は無料で取得できます。有効期限があるので、取得後すぐに楽天モバイルへ申し込みましょう。

■MNP予約番号の取得先

  • au:0077-75470(受付9:00〜22:00)
  • ドコモ:151(受付9:00〜20:00)
  • ソフトバンク:*5533(受付9:00〜20:00)
  • ワイモバイル:116(受付9:00〜20:00)
  • UQモバイル:0120-929-818(受付9:00〜21:00)
STEP.2
楽天モバイルの公式サイトにアクセス

>楽天モバイルの公式サイトはこちら

アクセス後、お申し込みボタンをタップして下さい。

STEP.3
「この内容で申し込む」をタップ

この内容で申し込む

プラン内容を確認して「この内容で申し込む」をタップして下さい。端末を購入したい場合は、希望の機種を選びましょう。

STEP.4
MNP情報を入力

※MNP乗り換えしない場合は不要(希望の電話番号を選ぶ)

電話番号の引き継ぎ

楽天会員IDでログインしたら本人確認書類をアップロードします。次の「電話番号の選択」画面で「現在の番号を引き継ぐ」をタップ。

mnp情報の入力

最初に取得したMNP情報(電話番号・MNP予約番号・有効期限)を入力して下さい。

STEP.5
最終確認して申し込み

同意して申し込み

楽天IDでログインしているので名前や住所の入力は不要です。

支払い方法(クレジットカード・口座振替)を選択したら、利用規約にチェック。「同意して申し込む」をタップすれば申込み完了です。

STEP.6
MNP開通手続きを行う

※MNP乗り換えしない場合は不要

楽天モバイルのMNP転入

SIMカード・端末が到着したら開通手続きを行います。

開通手続きの手順はmy 楽天モバイルにログイン後、メニューから「お申込み履歴」をタップ。自分の電話番号を選んで「MNP転入する」をタップすれば完了です。

MNP転入が完了したら、元の携帯会社との契約は自動解約されます。こちらから、解約の連絡を入れる必要はありません

CHECK!

楽天アンリミットの公式サイトへ