【2019年】楽天モバイルの通信速度と2年使った評判を体感レビュー

楽天モバイル

楽天モバイルってどんな格安SIMだろう・・

恐らく名前を聞いたことが無い人はいないであろう楽天モバイル。楽天スーパーポイントの付与など、他社にはない独自のサービスで、ユーザー数を破竹の勢いで伸ばしてきました。

そこで気になるのが、通信速度、メリット・デメリット、そして評判です。

この記事では、2年契約を続ける筆者が、実際に楽天モバイルを使い倒して良い部分も悪い部分もすべてまとめました。

一番お得なプラン選びについても分かりやすく説明しているので、参考にして下さいね。

楽天モバイルのすべてが分かる↓

キャンペーンで端末が激安になっています↓

>>楽天モバイルの公式サイトへ

1.【結論】楽天ユーザーなら楽天モバイル以外の選択肢なし

キャリア扱いのY!mobileを除けば、格安SIMで1位のユーザー数を誇る楽天モバイル。

900社以上もあると言われる格安SIMですが、26.3%(4人に1人)が楽天モバイルを選択しています。格安SIMのシェア

なんで4人に1人が楽天モバイルなんですか?

楽天会員に対する手厚いサービスがあるからよ。さらに、端末とプラン価格も最安値の水準。他社が太刀打ちできない理由もよくわかるわ。

楽天会員である筆者はスマホ代が毎月1500円以下となりました。

楽天モバイルの利用料金

  • ドコモ時代:月額8800円
  • 楽天モバイルに乗り換え:月額1480円

楽天モバイルはこの金額で10分かけ放題まで付いています。また、速度制限時の通信速度が1Mbps(大手キャリアの5倍)です。

さらに、楽天会員は以下の特典が付いています。

楽天会員だけの特典

  • 利用料金(通話料含む)に対して楽天スーパーポイント付与
  • 楽天市場の買い物が常にポイント2倍(最大6倍)
  • 楽天スーパーセールで端末代金が激安(実質0円あり)
  • 2年間続く月額500円の楽天会員割
何ですか、このやりすぎな特典内容と価格は。

将来、楽天は携帯事業を本格的に乗り出すから、とにかく今はユーザー数がほしいのよ。今契約する人はかなりラッキーね。

楽天はドコモ・au・ソフトバンクに次いで第4のキャリアとして携帯事業に本格参入することが決まっています。

今はその下地作りで、価格を大幅に下げたり特典をてんこ盛りしたりして、ユーザー数を増やしている段階です。

私たちにとっては、今が契約のチャンスと言えます(今後ここまで優遇されることはないと思う)。

まさに最強の格安SIMですね・・。全員におすすめですか?

いいえ、楽天会員でないなら、無理に選ぶ必要はないわ。

楽天会員でなくても、最安水準のプラン価格ですが、無理に楽天モバイルを選ぶ必要はありません。

楽天会員でなければ、こちらもオススメ

  • mineo:3キャリアどれでも手持ちの端末で乗り換え可能
  • BIGLOBEモバイル:Youtube見放題のオプションあり
  • UQモバイル:楽天モバイルを超える通信品質

逆に、楽天会員の方は迷わず楽天モバイルです。10分で終わる契約で、毎月のスマホ代を1500円以下にしましょう。

キャンペーン速報

2019年7月11日まで

楽天モバイル公式サイトにて、キャンペーンで端末がありえないセール価格に。

通常価格 セール価格
HUAWEI nova lite 3 26880円 7980円
(分割359円)
HUAWEI nova 3 54800円 42980円
(分割1934円)
HUAWEI P20 69800円 48980円
(分割2204円)
HUAWEI P20 lite 31980円 7980円
(分割359円)
AQUOS zero
SH-M10
89980円 79980円
(分割3599円)
AQUOS R2 compact
SH-M09
69800円 62800円
(分割2826円)
AQUOS sense2
SH-M08
29800円 14580円
(分割656円)
AQUOS R compact
SH-M06
67800円 49480円
(分割2226円)
AX7 29880円 9580円
(分割431円)
ZenFone 5 52800円 30980円
(分割1394円)
ZenFone 4 Max 19800円 17480円
(分割786円)
HTC U12+ 89800円 74980円
(分割3374円)
HTC U11 life 39800円 13980円
(分割629円)
LG Q Stylus 39800円 14980円
(分割674円)
Essential Phone 49800円 27980円
(分割1340円)

在庫限りなのでお早めに↓

セール中の端末一覧を見る

2.二年契約して分かった!楽天モバイルのメリット

楽天モバイルには以下のメリットがあります。

  • 楽天スーパーポイントが常に2倍で貯まりすぎ(最大6倍)
  • 端末代金がセールで50~95%引きに
  • スーパーホーダイは最低速度1Mbpsを保証(速度制限時でも)
  • 端末だけでなくデータ通信費も最安クラス

それぞれ、詳しく解説していきます。

①楽天スーパーポイントが常に2倍で貯まりすぎ(最大6倍)

楽天ポイント2倍公式サイトより転載

楽天モバイルでは楽天市場での買い物で常にポイントが2倍に。普段より2倍のスピードで、あっという間にポイントが溜まっていきます。

他社がどんなにサービス内容や通信速度を強化しようとも、楽天スーパーポイントの付与は楽天モバイルでしか受け取ることができません。

また、毎月の月額料金と通話料に対しても、100円につき1ポイントが貯まります。貯めたポイントは、そのまま楽天モバイルの支払いに充てることが可能です。

いつでも2倍ってやばいですね。

楽天でよく買い物するあなたにはぴったりね。それから知ってた?最大6倍にもできるのよ。

楽天カードの利用(+2倍)と楽天市場アプリの利用(+1倍)を合わせれば、獲得ポイントは6倍となります。

還元率に直すと4.5%とありえない数字です。楽天カードは無料で作成可能。楽天市場アプリも、もちろん無料です。

②端末代金がセールで50~95%引きに

楽天モバイルは端末(SIMフリースマホ)を大幅に安く購入できるのもメリット。楽天スーパーセールの期間外でも、ありえない低価格です。

楽天モバイルの端末29800円の最新機種が9800円(分割449円)

通常、端末のセールは在庫処分や新古品(アウトレット)の販売が多いのですが、楽天モバイルは最新の人気機種でも構わず値引きします。

値引き例

  • HUAWEI Mate 10 Pro:93194円→46112円(51%OFF)
  • arrows M04:38194円→8149円(78%OFF)
  • ZenFone 4 Max:23194円→1389円(94%OFF)
これ、絶対赤字ですよね?

楽天は回線の契約が取りたいから、目先の赤字は気にしないのよ。赤字を回収できるまで数年かかるけど、そこは大企業の資本力ね。

タイムセールが重なれば、実質0円になることもあります。もはや意味不明です。

とくに、3の倍数月(3/6/9/12月)に特別セールを行う傾向にあるので、公式サイトにてご確認を。

楽天モバイルの設定楽天モバイルで端末を購入した筆者(安かった)

先に回線だけ契約して、スーパーセールの時期にあとから端末を買うことも可能ですよ。

安すぎる端末価格を見てみる↓

③スーパーホーダイは最低速度1Mbpsを保証(速度制限時でも)

スーパーホーダイ公式サイトより転載

楽天モバイルのメインプランであるスーパーホーダイ。最低速度が1Mbps保証されています。

他社は速度制限にかかると0.2Mbpsなのでおよそ5倍の速さに。1Mbpsあれば、WEBサイト閲覧や動画再生も問題ありません。

つまり、事実上の1Mbps以上の使い放題プランです。それでいて月額料金1480円からと超激安です(10分かけ放題まで付いている)。

速度制限にかかる前は最大40Mbps(平均は15Mbps程度)の通信速度です。速度制限でいつも悩んでいた方は、スーパーホーダイを使うことで非常に快適になります。

1Mbps保証&10分かけ放題付きで月額1480円から↓

④端末だけでなくデータ通信費も最安クラス

楽天モバイルは端末代金だけ安いのではなく、データ通信費も最安クラスです。

月額料金
3GB 5GB 10GB
楽天モバイル 1600円 2150円 2960円
mineo 1510円 3220円
IIJmio 1600円 3260円
BIGLOBEモバイル 1600円
OCN モバイル ONE 1800円 2150円 3000円
イオンモバイル 1980円
DMMモバイル 1500円 2890円
nuroモバイル 1600円 2220円 3000円

業界最安値を掲げるDMMモバイルやイオンモバイルとほぼ同額の安さに。そして、忘れてはいけないのが楽天モバイルには楽天スーパーポイントの付与があること。

楽天市場で獲得できるポイントなどを考慮すると楽天モバイルが圧倒的な最安値となります。

3.ここがダメ!楽天モバイルのデメリット

良いことばっかり書いていますが、デメリットもありますよね?

もちろんあるわよ。契約前に注意してほしいデメリットをまとめたから見てちょうだい。

楽天モバイルには、以下のデメリットがあります。

  • シェアプランが使えない
  • 回線混雑時の速度低下が避けられない
  • 電話サポートが繋がりにくいうえViberアプリ必須

詳しく見ていきましょう。

①シェアプランが使えない

楽天モバイルはシェアプランが、事実上使えません。シェアできるのは繰り越したデータ容量のみ。

家族で大容量を分け合ったり、一人で複数のSIMカードを使い分けたりしたい方にとっては、非常に使いにくいです。

楽天モバイルのデータシェアシェアできるのは繰り越し分のみ

あらかじめ登録していたメンバーと、繰り越し分だけでもシェアできるのは無駄がなくて良いのですが、通常のシェアプランとは全然違うのでご注意を。

どうしてもシェアプランが使いたい場合は、「シェアプランが使える格安SIM」を選びましょう。

②回線混雑時の速度低下が避けられない

大手キャリアから回線をレンタルして運用する格安SIMは、回線が混雑すると帯域制限がかけられます。

通信速度が低下する理由速度低下のイメージ

楽天モバイルも例外ではなく、お昼の時間帯は通信速度がかなり落ちます。ひどい場合は1Mbpsを切ることも。

回線増強は頑張っているようですが、ユーザー数が多すぎるので、根本的な解決は無理だと思います。

スーパーホーダイなら1Mbpsの最低速度が保証されているのですが、その他のプランは、お昼と夕方に1Mbpsを切ることが多いです。

この時間帯は遅くてイライラするので注意してください。30分程度で元の速度に戻りますが、我慢できないならWi-Fiスポットなどを利用してしのぐしかありません。

③電話サポートが繋がりにくい

楽天モバイルに対するクレームで一番多いのが、サポート品質です。

スタッフの対応が悪いのではなく、サポートに繋がりにくいです。 特に土日は20分以上待たされることも。

楽天モバイルサポートの待ち時間

さらに、酷いのがフリーダイヤルでないこと。通話中は常に通話料がかかります。ただし、通話料に関しては楽天が運営するViber(IP通話アプリ)を使えば無料にできます。

とはいえ、早くお問い合わせしたいときにViberアプリをインストールしなければならないのは、かなり面倒です。今すぐ問い合わせたい場合は、チャットの利用をおすすめします。

毎月8000円のスマホ代が1480円に↓

>>楽天モバイルの公式サイトへ

4.体感速度は意外と快適?楽天モバイルの通信速度を計測

楽天モバイルを使う上で気になるのが通信速度。実測値はどれくらいのスピードなのでしょうか。

ここでは、実際に楽天モバイルの通信速度を計測してみました。アプリの使い心地についてもレビューしていきます。

4-1.実際に測定してみました

実際に楽天モバイルの通信速度を計測してみました。

楽天モバイルの速度測定2

平均通信速度

  • 午前中:10~15Mbps
  • お昼:1~4Mbps
  • 夕方まで:5~25Mbps
  • 夕方:2~5Mbps
  • 夜:2~15Mbps
必要十分な通信速度は出ているんですか?

ええ。日常使いには問題ないわ。

必要な通信速度

  • ネット閲覧:1.0Mbps
  • メール・LINE:0.2Mbps
  • 動画:1.0Mbps
  • アプリDL:3.0Mbps

4-2.他社と速度比較すると、中の下くらい

楽天モバイルの通信速度を他社と比較してみます。

格安sim

通信速度(Mbps)
12時 15時 18時
楽天モバイル 1.06 22.6 2.46
OCNモバイルONE 0.94 23.5 4.16
BIGLOBEモバイル 0.85 22.5 2.08
IIJmio 0.54 3.0 1.04
LINEモバイル 5.97 18.8 3.6
DMMモバイル 0.17 0.45 0.12
mineo 1.0 47.6 5.09

決して速くは無いのですが、だいたい真ん中くらいの通信速度です。普通にスマホが使えればOKという方には何の問題もありません。

お昼の12時半頃は、1Mbps付近まで速度低下するので、この時間帯を切り抜ければあとは快適です。

4-3.体感速度は普通に良かった

う~ん、中くらいの通信速度と言われても、実際に大丈夫か心配だなぁ。

そう言うと思って、調べてみたわよ。

スピードテストの結果だけではなく、実際にアプリを使って体感速度を調べてみました。

楽天モバイルで体感

LINEとWEBサイト閲覧はまったく問題なし。Yotubeは普通画質なら快適。4K動画ならお昼と夕方以外は止まらず再生できました。

ゲームはデレステを3Dリッチでプレイ、問題ありません。荒野行動も普通に遊べました。

大手キャリアと比べると劣るものの、体感速度では普通にスマホが使えるので神経質でない方は気にしなくて大丈夫です。

月額1480円から契約できると考えれば、多少の速度低下は十分に我慢できます。

月額1480円から契約者数1位の格安SIMを試してみる↓

>>楽天モバイルの公式サイトへ

5.100人に聞いた!楽天モバイルの評判とは?

実際に契約した人は、どんな感想ですか?

アンケート調査したから見てちょうだい。

ここでは、他のユーザーが楽天モバイルをどう評価しているのか、詳しい評判を調べてみました。100名以上の回答から分析しています。

良い口コミ

35歳男性

今までの携帯使用料金に比べると金額自体は半分くらいに下がりました。楽天ポイントが付くので実際はもっと下がっています。サポートセンターもしっかりしているので分からないことがあってもすぐオペレーターに繋がるしチャット対応もしてくれました。

33歳女性

以前はドコモユーザーでした。楽天モバイルの通信速度は大手と比較しても全く劣りませんし、電話が繋がりにくいなどの不自由を感じたことはありません。

31歳女性

ネットでの手続きがわかりにくく、誤って二重契約をしてしまいましたが、サポートセンターの人に契約解除してもらいました。スタッフさんは親切で優しく対応をしてくれました。

36歳男性

通話の品質やつながりやすさは問題ありませんでした。電話が入るエリアも以前使っていたauとくらべても全く不便はありません。ネット通信もつながりやすいです。

33歳女性

楽天モバイルを使用して半年経ちます。この半年、特に不具合等はありませんでした。何回か契約のギガ数の変更をしましたが、すべてネットで作業が出来て、難しい作業もなく簡単に変更することが出来ました。

35歳女性

主な使用目的がネットの閲覧やLINEぐらいなので通信の速度やつながりやすさに不便を感じたこともありません。たまにYouTubeも見ますが問題はないです。

悪い口コミ

24歳女性

データ通信量を追加チャージする時、他社の格安SIMより高い。また、店舗手続きは週末だと数時間待たされますし、あまり対応がいいとは思いません。

35歳男性

キャリア時代と比べてインターネットの速度は遅くなりました。特に移動中などは繋がらないことがたまにあります。

33歳女性

楽天モバイル店舗の数が少なくて、休日は沢山の人が集中している。設定などが特別不得意でない方はネット注文し自宅で設定された方が良いかと思います。

40歳女性

サポートについて、近くに実店舗がないのですぐ質問に行けず不便だと思いました。サポートセンターへの電話が30分ぐらい繋がらなくて不安になりました。大手の格安スマホ会社なので、もっと回線を増やすなどして電話を繋がりやすくしてほしいです。

35歳女性

私は店頭で申し込みをしたのですが、店舗が小さいためか店員が少なく待ち時間が長かったです。また、苗字の変更が必要で店頭に行ったとき、サポートセンターに電話して変更手続きをしてくださいと言われ、その場で手続きできませんでした。

楽天モバイルはサポートに関する口コミが良好。大手雑誌のリサーチでもサポート部門は1位になることが多いです。

その反面、問い合わせが繋がらないとサポートに対して真逆の評価を下す人も。

楽天モバイルショップの混雑も酷く、ユーザー数が多いゆえ捌ききれてない印象です。繋がりやすさはドコモ・auと同じサービスエリアゆえ、まったく問題なし。

その他の良い口コミでは、やはり楽天スーパーポイントの貯まりやすいのが嬉しいとの意見がありました。

高すぎるスマホ代が通話料込みで月額1500円に↓

>>楽天モバイルの公式サイトへ

6.選び方が分かる!楽天モバイルの料金プラン

スマホの料金プランってよく分からないんだよなぁ。

確かに大手キャリアは複雑よね。楽天モバイルはシンプルだから安心しなさい。

6-1.1Mbps保証&10分かけ放題付きのスーパーホーダイ(ドコモ回線のみ)

楽天モバイルに契約する7~8割はスーパーホーダイを選びます。特徴は、最低速度1Mbpsの保証と全プランに10分かけ放題が付いていること。

詳しいプラン内容は以下の通りです。

スーパーホーダイ

プラン データ容量 月額料金
S 2GB 1480円
※人気
M 6GB 2480円
※人気
L 14GB 4480円
LL 24GB 5480円

※長期割と楽天会員割引適用時の価格

ドコモ・au回線を選択できる楽天モバイルですが、スーパーホーダイはドコモ回線のみ対応です(au端末でもSIMロック解除すれば契約可能)。

小容量から大容量まで4択で好きなプランを選べます。

楽天モバイルは、組み合わせプランよりスーパーホーダイに注力しています。そのため、スーパーホーダイの方が、割引特典が豊富でお得です。

楽天会員は毎月500円割引&長期割もある

なお、上記のプラン価格は長期割(3年)+楽天会員割を適用しています。割引内容は以下の通り。

長期割(2年)

  • 3年契約:-1000円
  • 2年契約:-500円

楽天会員割(2年)

  • 楽天会員:-500円

※楽天ダイヤモンド会員はさらに500円割引

楽天会員割は、楽天ユーザーであれば誰でも適用できます。2年経つ頃には違約金無しで解約できるので、割引が終わるタイミングで他社に移るのもありでしょう。

結局、契約縛りってことですか?

そうね。ただ、大手キャリアと違って自動更新はないし、違約金を払って途中解約しても、お釣りが返ってくるほど元のプラン価格が安いわ。

6-2.かけ放題なしの組み合わせプランも選べる

楽天モバイルでは、標準で10分かけ放題が付かない組み合わせプランが用意されています。

スーパーホーダイより特典が手薄いものの、自由度の高いプラン選びが可能です。

組み合わせプラン

データ容量 月額料金
データSIM 音声通話SIM
ベーシック 525円 1250円
3.1GB 900円 1600円
※人気
5GB 1450円 2150円
※人気
10GB 2260円 2960円
20GB 4050円 4750円
30GB 5450円 6150円

※データSIMに+120円で050電話番号を付与できる

通常は、電話番号が付与される音声通話SIMで契約します。最低利用期間は13ヶ月と短く、契約縛りは実質ありません。

最安のベーシックプランが気になるところですが、こちらは平均200~240kbpsの低速使い放題プランです。

200kbpsは、LINEくらいしかまともに起動できません。Wi-Fi運用する人以外は、契約はおすすめしません。

ベーシック以外の通常プランは3.1~30GBまで幅広く選べます。

通話料は楽天でんわで半額に

10分かけ放題がオプション扱いとなる組み合わせプランですが、無料で楽天でんわアプリが使用できます。

楽天でんわの使い方4使い方は通常通話と同じ

楽天でんわを使えば、通話料が10円/30秒と半額に。しかも、IP通話ではなく自分の電話番号が使えるので、相手から着信拒否される心配がありません。

通話料が心配な方も、楽天モバイルなら大幅に節約できます。

6-3.プラン選びのポイントはたった2つ

う~ん・・選択肢が多すぎて、どの料金プランを選べばいいか分からないなぁ。

2つにポイントを絞ったから、簡単に選べるわよ。

プラン選びのポイント

  1. 端末セットかドコモからの乗り換えはスーパーホーダイのプランSかMで契約
  2. その他の方は、組み合わせプランの3.1GBか5GBで契約

まず、楽天モバイルに端末セットで契約する、あるいは手持ちのドコモ端末で乗り換える方は、最も割引額が大きいスーパーホーダイを選びましょう。

おすすめは、月額1480円のプランS(2GB)か月額2480円のプランM(6GB)です。10分かけ放題付きでこの価格はあり得ない安さです。迷わず選択しましょう。

参考:プランM(6GB)で出来ること

用途 1ヶ月あたり 1日あたり
メール 120万通 4万通
LINE 300万通 10万通
LINE通話 333時間 11時間6分
LINEビデオ
通話
19時間30分 39分
YouTube 33時間 1時間6分
Yahoo
トップ
2万4000回表示 800回表示
Twitter 1万2000回表示 400回表示
Facebook 1万2000回表示 400回表示
Google
マップ
7980回表示 266回表示
音楽DL 1500曲 50曲
アプリDL 150回 5回

その他の方は、組み合わせプランの3.1GBか5GBがおすすめ。月額2000円以下でスマホを運用できます。

なお、楽天モバイルではいつでも無料でプラン変更が可能です。あとで、データ容量が足りない、あるいは多すぎると思ったらマイページからプラン変更できますよ。

高かったスマホ代が7000円OFF(年間8万5千円)↓

>>楽天モバイルの公式サイトへ

6-4.クレジットカード無しで契約できる

そういえば、クレジットカードを持っていない!

焦らないで。楽天モバイルは口座振替で申し込みできるのよ。

楽天モバイルではクレジットカードだけでなく、デビットカードと口座振替が使えます。

格安SIMでは、ほとんどがクレジットカード払いのみです。さらに、デビットカードに正式対応しているのは楽天モバイルだけです。

楽天モバイルの口座振替払い

口座振替ならどの銀行・信用金庫でも対応しています。デビットカードは楽天銀行とスルガ銀行のみ対応です。

クレジットカードを持っていなくても、楽天モバイルなら格安スマホが使えます。

6-5.その他、サービス内容に関するQ&A

テザリングは使える?
→無料で使えます。

海外で使える?
→国際電話・国際ローミングに対応しています。

メールは使える?
→無料で楽天メールが付与されます。

オプションは必要?
→不要ですが、端末補償は新規契約時しか加入できないので注意して下さい。

iPhoneは購入できる?
→新型iPhoneから2年型落ちの機種が購入できます。

手持ちのiPhoneを使える?
→使えます。ソフトバンク版iPhoneはMy SoftBankよりSIMロック解除を行って下さい。

3日間の速度制限はある?
→ありません。

高速/低速切り替えはできる?
→専用の「楽天モバイルSIMアプリ」で出来ます。

7.10分で出来た!楽天モバイルのオンライン申し込み

ええと・・契約は楽天モバイルショップに行けばいいんでしたっけ?

ショップは都心の一部にしか無いわよ。10分で終わるから、オンラインで申し込みなさい。

筆者はオンラインで楽天モバイルに契約しました。所要時間はわずか10分です。

まず契約に入る前に、現在の電話番号を引き継ぐ方はMNP予約番号を取得しましょう。

MNP予約番号の取得先

  • au:0077-75470(9:00~22:00)
  • ドコモ:151(9:00~20:00)
  • ソフトバンク:*5533(9:00~20:00)

準備ができたら、「楽天モバイルの公式サイト」にアクセス。「お申し込み」をタップします。

手続き画面に入った、回線・端末セットの有無・料金プランを選んでいきます。

楽天モバイルの料金シミュレーション4

契約者情報は楽天会員なら入力を省けます。取得したMNP予約番号の入力や支払い方法を選択して申し込み。

確認のメールから本人確認書類をアップロードして完了です(10分かからず終了)。

SIMカードは2~3日で自宅に届きます(端末セットの場合は端末も同梱)。

SIMカードの挿入到着後にさっそくSIMカードを挿入

SIMカード・端末が届いたら、開通手続き(MNP転入)をします。やり方は、楽天モバイル開通受付センター(0800-805-1111)に連絡するだけ

21時までなら即日MNPが可能です(21時以降は翌朝に開通)。

最後にマニュアルを見ながら簡単な初期設定(5分かからない)をして、楽天モバイルへ乗り換え完了です。

楽天モバイルユーザーズガイド充実したマニュアルで初心者も安心できる

オンラインで簡単に契約できるのは分かりましたけど、不通期間はありませんか?

無いわよ。開通手続きするまでは今の携帯会社で通話もネットも使えるの。
開通後に、以前の携帯会社は解約しますか?

開通したら自動解約になるから連絡は必要ないわ。

オンライン契約で最も心配な不通期間はありませんので、ご安心を。

10分の手続きでスマホ代を毎月1500円以下にする↓

>>楽天モバイルの公式サイトへ