格安スマホの乗り換え方法

auから格安SIMに乗り換える手順を完全ガイド

auから格安SIM

auから格安SIMに乗り換えるにはどうすればいい・・・?

格安SIMで毎月の利用料金を節約したいけど、どうやって乗り換えたらいいのか、いまいちやり方が分かりませんよね。auから格安SIMへの乗り換えは、事前に手順や注意点さえ把握しておけば、簡単に乗り換えることできます。

この記事では、auから格安スマホデビューする方に向けて、詳しい乗り換え方法を解説していきます。

0.全体の流れ

auから格安SIMに乗り換える際の手順は、以下の通りです。

auから格安SIMに乗り換える手順

すべての乗り換えが完了するまでは3日が目安となります。MNP予約番号の取得、格安SIM会社への申込みは即日でできますが、SIMカードの配送期間が数日かかるためです。

auから格安SIMに乗り換えると利用料金が、

  • au:7000~9000円
  • 格安SIM:2000~3000円

に変わります。それぞれの詳しい手順は次章から解説していきます。

\毎月のスマホ代が4000円OFF/格安SIMの総合比較詳しくはこちら>>

STEP1乗り換え先の格安SIMを決める

まずは、auから乗り換える格安SIMをどこにするのか決めましょう。

1-1.au系の格安SIMがおすすめ

格安SIM会社は、大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)から回線をレンタルして運営しています。auユーザーはau回線を利用している格安SIMの利用がおすすめです。その理由は、手持ちのau端末をSIMロック解除無しで利用できる可能性があるからです。

関連記事:SIMロック解除とは?

その他、au系の格安SIMはドコモ系・ソフトバンク系の格安SIMより通信速度が早い傾向にあります。

1-2.auユーザーにおすすめの格安SIM3選

auユーザーの方には、以下のau系格安SIMがおすすめです。

(1)UQモバイル

uqmobile

格安SIMの中で最も通信速度が速いと言われるUQモバイル。速度だけでなく安定感もあるため、1日中快適なデータ通信が可能です。料金プランはかけ放題とセットになった、おしゃべり・ぴったりプランが基本となります。

通話アプリ経由ではなく090/080/070番号からのかけ放題・通話定額が利用できます。auのサブブランドなのでサポート力も定評があり、独自店舗のUQスポットも全国に展開しています。

料金プラン

プランSプランMプランL
月額料金1980円2980円4980円
データ通信量2GB6GB14GB
通話おしゃべりプラン5分かけ放題
ぴったりプラン60分無料120分無料180分無料
最低利用期間24ヶ月24ヶ月24ヶ月
解約金9500円9500円9500円

UQモバイルの詳細はこちら

(2)mineo

マイネオ

楽天モバイルに次いで業界2位のユーザー数を誇るmineo。au系の格安SIMなら最もユーザー数が多く、若者から圧倒的な人気を誇ります。パケットギフトやフリータンクなど独自のシステムが魅力のmineo。疑問点があればコミュニティサイト、マイネ王で何でも解決できます。

初心者へのサポートも充実していてauからの乗り換えが非常に多い格安SIM会社です。

料金プラン

データ通信量データ通信専用SIM
(シングルタイプ)
音声通話SIM
(デュアルタイプ)
500MB700円1,310円
1GB800円1,410円
3GB900円1,510円
6GB1,580円2,190円
10GB2,520円3,130円
20GB3,980円4,590円
30GB5,900円6,510円

mineoの詳細はこちら

(3)BIGLOBEモバイル

biglobeモバイル

YoutubeやabemaTVなど人気の動画アプリが使い放題となるエンタメフリーオプションが人気のBIGLOBEモバイル。

最近はiPhoneのセット販売やかけ放題付きプランの提供など、他社に追いつけ追い越せの勢いでサービス内容が充実してきています。SIMフリースマホの販売も力を入れていて、最新の機種が多数揃っています。

※SIMロック解除不要のau端末は2017年8月1日以降の機種のみ

料金プラン

プラン名データ通信量月額料金
音声通話スタートプラン1GB1,400円
3ギガプラン3GB1,600円
6ギガプラン6GB2,150円
12ギガプラン12GB3,400円
20ギガプラン20GB5,200円
30ギガプラン30GB7,450円

BIGLOBEモバイルの詳細はこちら

キャンペーンも利用可能

競争の激しい格安SIM業界では常にキャンペーンを行っています。特にMNPを使った新規契約者に対しては、高額キャッシュバックや月額料金の割引で手厚く歓迎してくれます。

キャンペーン情報は以下の記事でまとめているので、格安SIM選びの参考にして下さいね。

格安SIMのキャンペーン
お得度で選ぶ!格安SIMのキャンペーン速報【2019年4月】キャンペーンを利用して格安SIM・格安スマホに乗り換えたい!せっかくお得に利用できるキャンペーンを見逃したくはないですよね。 格安...

STEP2 auからMNP予約番号を取得

MNP予約番号とは、電話番号を変えずに契約する通信着業者だけを変える際に必要な番号のことです。現在使用している電話番号を、格安SIMに乗り換えてもそのまま使うことができます。

2-1.MNP予約番号の取得方法

MNP予約番号は、

  • auショップ
  • 電話
  • EZweb(ガラケーのみ)

のいずれかで発行手続きを行うことができます。

(1) auショップ

auショップまたはPiPit各店(一部除く)で発行手続きを行えます。店舗に行き「MNP予約番号を発行してほしい」と店員に伝えれば、窓口にて発行してもらえます。本人確認書類(運転免許証・保険証などの身分証明書)を持って来店しましょう。

店舗でMNP予約番号を取得する方法は、待ち時間が長かったり引き止められたりと面倒なことも多いため、あまりおすすめはできません。

(2)電話

電話で予約番号を発行する場合は、以下の窓口に問い合わせましょう。

auMNP問い合わせ窓口

  • 受付時間:9:00~20:00
  • 電話番号:0077-75470
  • 通話料:無料

契約者本人が電話をかけ、音声ガイダンスに従って1番「予約の申込・お問合せ」、1番「auを契約中の方」と数字を入力していきましょう。その後オペレーターにつながったら「MNP予約番号の発行をお願いします」と伝えてください。

オペレーターから契約者氏名・生年月日・電話番号・暗証番号など本人確認に必要な事項を尋ねられるので、答えていきましょう。転出先や解約理由について聞かれますが、回答によってはポイント付与の提案などで引き止められます。転出の意志が固まっているなら、きっぱり断りましょう。

MNP転出に伴う説明が終わると、口頭でMNP予約番号を教えてくれます。SMSでもMNP予約番号が通知されるので、メモを取り損ねた場合も安心です。電話からMNP予約番号を取得するまでの時間は5〜10分程度なので、店舗に行くよりもおすすめです。

(3)EZweb

EZwebはガラケーユーザーのみ予約番号の発行が可能です。発行手順は以下のとおりです。

  1. ガラケーのEZボタンを押す
  2. EZwebのトップメニューから「auお客様サポート」に移動する
  3. 「My au」にログインする
  4. 「申し込む・変更する」を選択する
  5. 「au携帯電話番号ポータビリティー(MNP) 」を選択

受付時間9:00~21:30となります。

2-2.MNP予約番号の有効期限

MNP予約番号には15日間の有効期限があります。有効期限が切れると予約番号を再発行する必要があります。格安SIMに乗り換える場合は、SIMカード発送期間があるため余裕を持って申込み手続きを行う必要があります。

多くの格安SIM会社では10日以上の有効期限が残っている状態でないと申込みできないため注意しましょう。

2-3.auの契約は自動解約

MNPで格安SIMに乗り換える場合は、auの解約手続きは不要です。新たに契約する格安SIM会社で開通手続き(MNP転入)が完了した時点で、auの契約は自動解約されます。

MNPを使わない場合はauショップで解約手続きを行う必要があります。インターネット、電話で解約手続きはできません。代理人に解約手続きをお願いしたい場合は、委任状と契約者の本人確認書類(コピー可)を持っていきましょう。

2-4.解約日の決め方

auの解約日を決めるポイントは以下の2つです。

(1)契約更新月

2年契約のauでは解約すると9500円の解約金(違約金)が発生します。2年契約は契約更新月に自動更新されて、また新たに2年間の契約が結ばれる仕組みです(通称2年縛り)。

契約更新月のタイミングに解約(MNP)すれば、解約金はかかりません。契約更新月は、以下の方法で確かめることができます。

契約更新月の確認方法

  1. My auにログイン
  2. 「契約確認・変更」を選択
  3. 「契約内容を確認・変更する」を選択
  4. 「ご契約情報」を選択
  5. 次回更新年月を確認

あと1~2ヶ月で契約更新月になる場合は、少し待ってから解約するといいでしょう。契約更新月がまだ先の場合は、違約金を払ってでも解約した方がいいです。auから格安SIMに乗り換えると約4ヶ月で解約金9500円の元を取ることができます。

(2)月末

auの解約は、契約更新月は関係無しで月末に解約した方がお得です。auは一部を除き利用料金の日割り計算を行っていません。

1日使っただけでも1ヶ月分の利用料金が発生するため、なるべく1月分使い切ってから解約することをおすすめします。MNPの場合は少し余裕を持って月末から5日前あたりのタイミングで解約するといいでしょう。

解約に必要な費用

auの解約時にかかる費用は、以下の通りです。

  • 解約金(違約金):9500円
  • MNP転出手数料:3000円

MNP転出手数料はすべてのMNPが完了した時点で発生します。MNP予約番号を取得した時点では発生しません。

STEP3 利用する端末を決める

格安SIM乗り換え後に利用する端末は、

  • au端末をそのまま使う
  • 新しくSIMフリースマホを購入する

のどちらかを選択します。

3-1.au端末をそのまま使う

4G LTE、VoLTEに対応する機種なら格安SIMでau端末を利用できます。契約先がau系の格安SIMならSIMロック解除無しでそのままau端末を利用できる可能性があります。

どの端末がSIMロック解除不要なのかを調べる方法は、格安SIM会社の動作確認済端末一覧ページを参考にします。ここで、「SIMロック解除が必要です」と書かれていないau端末は、SIMカード入替えのみで乗り換えできます。

SIMロック解除の有無 動作確認端末ページ

SIMロック解除が必要な場合は明記されている

なお、ドコモ系・ソフトバンク系の格安SIMと契約する場合は、必ずSIMロック解除が必要となります。

3-2.au版iPhoneの利用条件

格安SIMに対応するiPhoneは、iPhone5以降からとなります。au版iPhoneを使う場合は、契約先の格安SIM会社によってSIMロック解除の必要性が変わります。

iPhone6以前(iPhone6 Plus含む)はSIMロック解除の機能自体が無いため、契約できる格安SIMはかなり限られます。iPhone6以前はmineoやUQモバイルなど「au系の格安SIM」のみ利用可能です。

iPhone6s以降はSIMロック解除の機能があるため、契約先の自由度は高まります。そして、iPhone8以降であれば、SIMロック解除無しで乗り換えできる可能性が高いです。SIMロック解除の有無は、格安SIM会社の動作確認済端末一覧ページで確認できます。

au版iPhoneについて詳しくは以下の記事にまとめているので、参考にして下さい。

au版iPhone
【2019年】au版iPhoneにおすすめの格安SIMを完全比較au版iPhoneを格安SIMで使いたい。そうお考えではありませんか? 格安SIMではAndroidだけでなく、iPhoneも使え...

なお、手持ちのiPhoneで持ち込未契約する際は、iOSを最新版にアップデートしておくことと、SIMカードサイズを間違わないように気をつけましょう。

3-3.au端末をSIMロック解除する方法

2015年5月以降に発売された機種ならSIMロック解除ができます。iPhoneはiPhone 6s以降からです。SIMロック解除の手続きは、auショップかMy auから申し込むことができます。My auからの申込みは手数料が無料です。auショップは3240円の手数料が必要となります。

解約済みのau端末をSIMロック解除したい場合は、auショップのみ受付可能です。

My auでSIMロック解除する手順

1.端末のIMEI(製造番号)を調べる

端末内の「設定」→「端末情報」→「端末の状態」→「IMEI情報」に記載されている15ケタの番号

2.SIMロック解除可否を確認する

「SIMロック解除可否の確認」ページにアクセスしてIMEIを入力後「判定」を選択。このとき「SIMロック解除ができない端末です」と結果が出た場合は、SIMロック解除の手続きはできません。

3.SIMロック解除の申込みページに移動

判定結果ページの「こちら」から申込みページに移動できます。

4.au IDを入力

5.SIMロック解除したい機種を選び「選択」をタップ

6.ネットワーク暗証番号(半角数字4ケタ)を入力

7.SIMロック解除する端末にチェックをし「次へ」を選択

8.「解除の理由」を選択

9.「この内容で申し込む」を選択

以上でSIMロック解除の申込みは完了です。

au simロック解除
3分で出来る!auスマホをSIMロック解除する方法auのスマホはどうやってSIMロック解除するのでしょうか。 スマホに詳しくない方は、あまり聞き慣れないSIMロック解除。手続き方法...

3-4.新しい端末に機種変更する場合

格安SIMで新しい端末を使う場合は、「SIMフリースマホ」を購入します。国内で販売されているSIMフリースマホなら、すべての格安SIMで利用できます。

SIMフリースマホはネット通販や家電量販店で購入できますが、おすすめは格安SIMカードとのセット購入です。格安SIMカードとセットで購入すれば、端末価格が安くなる上、面倒な初期設定を行わなくて済みます。SIMカードサイズを間違えて契約する心配もないですよ。

おすすめのSIMフリースマホは以下の記事を参考にして下さい。

おすすめのSIMフリースマホ
【2019年】SIMフリースマホ(格安スマホ端末)おすすめランキングこの記事では、100種類以上の中からSIMフリースマホを完全比較。コスパ・カメラ・ゲームなどあらゆる項目でおすすめを紹介。端末を半額以下で購入できる、他では聞けない最新セール情報も。...

STEP4 格安SIM会社に申し込み

auからMNP予約番号を発行できたら、いよいよ格安SIM会社に申込みます。

4-1.申し込みに必要なもの

格安SIMの申込みには以下のものが必要です。

  • クレジットカード(口座振替・デビットカードの場合は不要)
  • MNP予約番号
  • 本人確認書類

クレジットカードは本人名義のみ有効です。

本人確認書類はパスポート、運転免許証、健康保険証などを準備しましょう。ネット契約の場合は、アップロードが必要となります。

4-2.申込みのポイント

格安SIMの申込みは、

  1. 料金プランを選択
  2. 支払い方法を選択
  3. 本人確認書類をアップロード

の流れで進んでいきます。特に難しいポイントはありません。ただし、以下の2点は多くのauユーザーが悩むポイントなので、事前に確認しておきましょう。

(1)契約はネットから行う

格安SIMの申込みは、ネットか店舗から行います。店舗契約では店員から説明を聞きながら契約できるメリットがありますが、商品の売り込みや、待ち時間があるのがデメリットです。また、セット購入できるSIMフリースマホが限られている可能性があります。

ネットからでも簡単に契約できるので、特別な理由が無い限り格安SIM会社の公式サイトから申し込みを行いましょう。

(2)SIMカードの種類は音声通話SIMを選択

契約できるSIMカードは、

  • 音声通話SIM
  • データ通信専用SIM

の2種類があります。音声通話SIMは、090/080/070で始まる電話番号が付与されます(MNPする場合は現在の電話番号を引き継ぎ)。

通常の携帯電話として利用するなら、電話番号付きの音声通話SIMを選んで契約しましょう。なお、音声通話SIMはほとんどの格安SIM会社で最低利用期間が1~2年設定されています。

STEP5 初期設定・回線切り替え手続き

いよいよ最後のステップです。SIMカードを受け取って初期設定と回線切り替え手続きを行いましょう。

5-1.SIMカードの受け取り

ほとんどの格安SIM会社では、申込んでから2日以内に審査・契約完了のお知らせメールが届きます。その後、1~2日でSIMカード(セット購入の場合は端末も同梱)が届きます。

回線切り替えが完了するまでは、auの契約で通話・データ通信ができるので不通になることはありません。

5-2.SIMカードを端末に挿入

届いたSIMカードはプラスチックの台紙から切り離しましょう。このとき、SIMカードの表面(金色の部分)を汚さないように気を付けてください。切り離したSIMカードは、SIMスロットに挿入します。

iPhoneのSIMスロットは端末側面に付いています。SIMピンを使ってSIMトレイを引出しましょう。

mineo設定3

SIMカードが正しく挿入されたか確認したい場合は「設定」→「機器情報」→「機器の状態」とタップしていき電話番号欄にSIMカードの番号が表示されていればOKです。

SIMフリースマホに機種変更する場合はデータ移行を行う

SIMフリースマホに機種変更する方は、今まで使っていたスマホのデータをバックアップしてデータ移行しましょう。電話帳・アドレス帳のデータ移行はmicroSDよりGoogleアカウントの同期を使うと楽です(iPhoneはiTunesで移行可能)。

詳しいデータ移行の方法は以下の記事を参考にして下さい。

スマホデータ
面倒は嫌!誰でも簡単に格安スマホへデータ移行する方法格安スマホに乗り換えたいけどデータ移行ってどうやるんだろう・・・ すべてのデータを移したいけど面倒な作業はやりたくない・・ ...

5-3.APN設定を行う

格安SIMは、ネット接続に必要なAPN設定を自分で行います。設定方法は、iPhoneとAndroidで異なります。およそ5分程度で設定できます。

Android

  1. 「設定」をタップ
  2. 「モバイルネットワーク」をタップ
  3. 「アクセスポイント名」をタップ
  4. 「アクセスポイントの編集」でAPN情報を入力
  5. 「保存」をタップ

iPhone

  1. Wi-Fiに接続する
  2. APN構成プロファイルをダウンロード
  3. 「インストール」をタップ
  4. パスコードを入力してロック解除
  5. 承諾画面で「次へ」をタップ
  6. 警告画面で「インストール」をタップ
  7. インストール完了画面で「完了」をタップ

設定後、インターネットに接続できたらAPN設定は成功です。

APNとは?3分でわかる詳しい意味とAPN設定のやり方格安SIMの設定でよく聞くAPNって何・・・? 格安SIMを契約する場合に必要となるAPN。一体どういう意味なのでしょうか。この記...

5-4.回線切り替えの手続き方法

MNPで乗り換える方は、回線切り替えの手続きを行います。回線切り替え手続き方法は、契約した格安SIM会社によって異なります。ほとんどが電話かネット(マイページ内)からの手続きとなります。詳しくはSIMカードに同封されている書類で確認し指示に従いましょう。

手続き後、回線切り替え(MNP転入)が完了すると契約が格安SIM会社に切り替わります。回線切り替えを待つ30分~2時間くらい、通話とデータ通信ができないため注意しましょう。なお、回線切り替え手続きをしない場合は、約1週間で自動的に回線切り替え処理が行われます。

回線切り替え後はauの契約は自動解約となります。以上でauから格安SIMに乗り換える手順はすべて完了です。

6.auから格安SIMに乗り換える際のデメリット

6-1.auポイントの失効

auを解約すると、それまで月額料金の支払いの際に還元されてきたau walletポイントはすべて失効してしまいます。もしau walletポイントが大量に残っているなら、解約前に使い切りましょう。

au walletポイントは、auショップで充電器などのアクセサリを購入するときや、au WALLET Marketで、日用品を購入するときに使えます。その他、auID、auの決済システムも利用できなくなります。

6-2.キャリアメールの利用不可

auを解約すると、~@ezweb.ne.jpのキャリアメールアドレスが使えなくなります。格安SIMに乗り換える際は、「Gmail」などのフリーメールアドレスを取得することをおすすめします。

ここで気を付けたいのは、フリーメールは、ガラケー宛てに送信すると受信拒否される可能性があるということ。メールアドレス変更の知らせは、auを解約する前にキャリアメールから送り、相手先で受信許可アドレスに追加設定してもらうと安心です。

メール
格安スマホでも不便なくメールを使うための全知識格安スマホに乗り換えたら、メールが使えるか心配・・・ 友達はLINEでやり取りするからいいけど、親との連絡はメールだから使えなくな...

※その他のデメリット

auから格安SIMにに乗り換える際のデメリットは以下の記事で詳しくまとめています。

au格安スマホ デメリット
auユーザーが格安スマホ乗り換えで生じる8つのデメリットauから格安スマホに乗り換える際のデメリットについて詳しくまとめています。auかんたん決済やauメールが使えなくなる問題など解説していますよ。格安スマホが気になるauユーザーは参考にして下さい。...

7.まとめ

いかがでしたか?

この記事ではauから格安SIMに乗り換える手順について詳しく解説してきました。作業工程が多いように見えますが、実際はMNP予約番号さえ取得すればあとは簡単です。申込みや初期設定は30分もかからないため、SIMカードが到着すればその日から格安スマホにできます。

auから格安SIM乗り換えると、大幅に利用料金を節約できます。乗り換え先は同じau回線を使うau系の格安SIMがおすすめですよ。

au系の格安sim
【2019年】au系(au回線)の格安SIMを完全比較au系の格安SIMで、何を選べばいいのか分からない・・。そうお悩みではありませんか? 格安SIMの業界はドコモ回線が多いのですが、...
格安SIMでスマホ代を半額以下に
さて、格安SIMに乗り換えてみるか。
だったら、以下の記事も読んでおきなさい。

1万円以下もあり!最新SIMフリースマホ↓

総合1位はどこ?結果はこちら↓

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。