ドコモ系でおすすめの格安SIMを比較

ドコモ系の格安sim

ドコモ系の格安SIMを契約したいけど、数が多すぎてどれを選べばいいのか分からない・・・

au系、ソフトバンク系の格安SIMと比べて圧倒的な数を誇るドコモ系の格安SIM。選択肢が豊富なのはいいのですが、いざ選ぶときは大変です。

そこで、この記事では数あるドコモ系の格安SIMを徹底比較。各社の特徴から料金プランまでまとめました。

ドコモ系の格安SIMから自分にぴったりの1社を見つけたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

1.はじめに:ドコモ系格安SIMの特徴とは?

ドコモ系の格安SIMって、何か特徴はありますか?

通信事業者の数が最も充実しているわ。au・ソフトバンク系より料金が安くなる場合が多いのよ。

ドコモ系の格安SIMには、以下の特徴があります。

  • ほとんどの格安SIMで対応
  • 月額料金が安い
  • やや回線混雑しやすい

ドコモ系の格安SIMは、au・ソフトバンク系より数が多いです。

ワイモバイル(ソフトバンクのサブブランド)とUQモバイル(auのサブブランド)を除けば、ほぼすべての格安SIMで対応しています。

一番のメリットは月額料金の安さ。au・ソフトバンク系より料金が安いことが多く優遇されています。

ただ、ユーザー数が多いため回線混雑しやすいデメリットもあるため要注意。お昼の時間帯は1Mbps程度まで速度低下することがあります。

なお、ドコモ端末ならSIMロック解除の手続き不要で乗り換えOK。 SIMカードを入れ替えるだけで、毎月のスマホ代を大きく節約できます。

MEMO
通信エリアはドコモと同じなので、地方まで繋がりやすい

2.ドコモ回線が使える格安SIMを比較

ここから、ドコモ系格安SIMの比較ですね。

各社の特徴を分かりやすく挙げていくから、しっかり確認してね。

①楽天モバイル

楽天モバイルのロゴ

楽天モバイルでは、楽天市場で買い物すると常にポイントを2倍獲得できます。

獲得した楽天スーパーポイントは楽天カードの支払いに充てることが可能。さらに、毎月1%の還元率でポイントが付与されます。

さらに、楽天会員は最初の1年間、毎月1500円割引に。プランS(2GB)なら月額1480円です。

口座振替とデビットカード払いに対応しているため、クレジットカード不要で契約できる点も魅力です。

10分かけ放題付きのスーパーホーダイでは、最低通信速度1Mbpsの保証あり。速度制限にかかっても1Mbpsをキープします。

速度制限中でも動画再生できるため、事実上の使い放題プランです。

また、楽天モバイルは、常に端末のキャンペーンを行っています。定価より3割ほど安く購入できる場合もありますよ。

POINT
料金プランはドコモ回線限定のスーパーホーダイがおすすめ

スーパーホーダイ

S M L LL
月額料金 2980円 3980円 5980円 6980円
楽天会員割 1480円 2480円 4480円 5480円
楽天会員割
(ダイヤモンド会員)
980円 1980円 3980円 4980円
データ容量 2GB 6GB 14GB 24GB
無料通話 10分かけ放題

※au回線非対応

組み合わせプラン

データ容量 月額料金
データSIM 音声通話SIM
ベーシック 525円 1250円
3.1GB 900円 1600円
5GB 1450円 2150円
10GB 2260円 2960円
20GB 4050円 4750円
30GB 5450円 6150円

基本データ

  • 回線:ドコモ・au
  • ユーザー数:2位
  • 支払い方法:クレジットカード・口座振替・デビットカード
メリット デメリット
・楽天会員割がある
・楽天市場の獲得ポイントが2倍
・1Mbpsの最低通信速度保証あり
・端末・プラン価格が安い
・シェアプランが使えない
・電話サポートが繋がりにくい
おすすめな人
  • 楽天スーパーポイントを貯めている
  • 楽天会員割を適用したい
  • 速度制限時も動画を見たい

CHECK!

楽天モバイルの詳細を見る

②BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルのロゴ

Youtubeから離れられない方は、BIGLOBEモバイル一択です。なぜなら、他の格安SIMにはない動画見放題のエンタメフリーオプションがあるからです。

エンタメフリーオプションは、Youtube、AbemaTV、Google Play Musicなど人気動画・音楽サービスが月額480円で使い放題。

データ消費量を気にせず動画を思いっきり楽しめます。3GBプランにエンタメフリーオプションをつけると、月額2000円以下に。

この価格で、Youtube見放題なのはあり得ない安さです。

また、家族でシェアプランを使いたい人も、BIGLOBEモバイルはおすすめ。家族で乗り換える際の名義変更は必要なし。

6歳以上なら、子供でも自分名義で契約できますよ。

その他、24時まで有人対応のチャットサポートあり。夜遅くでもトラブルに対応してくれます。

月額料金
データSIM 音声通話SIM
1ギガプラン 1400円
3ギガプラン 900円 1600円
6ギガプラン 1450円 2150円
12ギガプラン 2700円 3400円
20ギガプラン 4500円 5200円
30ギガプラン 6750円 7450円

基本データ

  • 回線:ドコモ・au
  • ユーザー数:7位
  • 支払い方法:クレジットカード
メリット デメリット
・エンタメフリーオプションが強力
・無料Wi-Fiが使える
・シェアSIMが使いやすい
・チャットサポートが24時間体制
・低速モードの切り替え機能なし
・動画を見ないなら魅力が薄れる
おすすめな人
  • データ残量を気にせず動画を見たい
  • 家族名義でシェアSIMにMNP転入したい
  • 万全のサポート体制で安心したい

CHECK!

BIGLOBEモバイルの詳細を見る

③OCNモバイルONE

OCNモバイルONEのロゴ

OCNモバイルONE最大の特徴は、端末代金の安さです。そのあり得ない安さは、格安SIMの中でも群を抜いています。

定価3万円の人気機種が1万円以下になることもザラ。SIMフリースマホが欲しいならOCNモバイルONE以上に安い格安SIMはありません。

また、OCNモバイルONEではMUSICカウントフリーでamazon music、Google Play Music、LINE MUSICなどがデータ消費なし。ストレスフリーで音楽を楽しめます。

そして強力なのが、Wi-Fiスポットの無料サービス。利用できるWi-Fiスポットは交通機関、ホテル、カファが中心です。

カフェで映画を見たり、長時間仕事をしたりと使い方は人それぞれ。Secured Wi-Fiエリアなら自動接続設定も可能です。

データ容量 月額料金
データSIM 音声通話SIM
1GB 1180円
3GB 880円 1480円
6GB 1380円 1980円
10GB 2280円 2880円
20GB 3800円 4400円
30GB 5380円 5980円

基本データ

  • 回線:ドコモ
  • ユーザー数:6位
  • 支払い方法:クレジットカード
メリット デメリット
・端末価格が最安
・料金プランが安い
・大容量プランがある
・音楽アプリがカウントフリー
・通信速度がやや遅い
・ドコモ回線しかない
おすすめな人
  • 最安値で端末を購入したい
  • 大容量プランを安く利用したい
  • 音楽アプリが手放せない

CHECK!

OCNモバイルONEの詳細ページへ

④LINEモバイル

LINEモバイル

LINEが無いと生きていけない方はLINEモバイルで決まりです。LINEモバイルではLINEがカウントフリーで使い放題。

オプションでTwitter・Facebook・Instagram・LINE MUSICもカウントフリーにできます。

LINEアプリは画像送信に1枚あたり3MB使っているので、データ使い放題はとても助かります。

LINEくらいしか使わないライトユーザーなら、月額1100円から契約できます。

また、他社では使えなくなるLINEのID検索機能が使えるのもメリット。今までどおり、快適にLINEを使いたい人には大助かりです。

その他、ソフトバンクの傘下に入ったこともあり、ソフトバンク回線プランが他社よりも安く使えます。

データ容量 月額料金
データSIM 音声通話SIM
500MB 600円 1100円
3GB 980円 1480円
6GB 1700円 2200円
12GB 2700円 3200円

※ドコモ・au・ソフトバンク回線共通

カウントフリー

  • LINE:無料
  • LINE+Twitter+Facebook:+280円
  • LINE+Twitter+Facebook+Instagram+LINE MUSIC:+480円

基本データ

  • 回線:ドコモ・au・ソフトバンク
  • ユーザー数:9位
  • 支払い方法:クレジットカード
メリット デメリット
・ソフトバンク回線が最安
・LINEアプリが使い放題
・LINEのID検索機能が使える
・最安プランは月額1200円
・料金プランが最大10GBまで
・端末価格が安くない
おすすめな人
  • LINE・SMSを頻繁に利用する
  • 格安SIMでもLINEの全機能を使いたい
  • LINEのID検索機能が無くなると困る

CHECK!

LINEモバイルの詳細を見る

⑤mineo

mineoのロゴ

2018年にソフトバンク回線に対応したことで、mineoはトリプルキャリア対応に。

契約時にAプラン(auプラン)、Dプラン(ドコモプラン)、Sプラン(ソフトバンクプラン)を選択できます。

実際、mineoユーザーの7割以上は、SIMカード単体契約。手持ちの端末のまま月額料金だけ安くすることに成功しています。

mineoユーザーだけが使えるフリータンクも魅力。みんなで貯めたデータ容量を自由に引き出すことができます。

今月のデータ残量がピンチのときはフリータンクからデータ容量を引き出せます。

フリータンク以外にも、ユーザー同士でデータ容量を受け渡しできるパケットギフトや家族でデータ容量を分け合えるパケットシェアなど独自のサービスを利用できます。

その他、格安SIM業界での最強コミュニティ「マイネ王」もフルに利用できるのがメリット。

メーカーに直接問い合わせづらい端末の使い方やちょっとしたトラブルも気軽に質問できます。

A(au)プラン

データ容量 シングルタイプ
(データSIM)
デュアルタイプ
(音声通話SIM)
500MB 700円 1310円
3GB 900円 1510円
6GB 1580円 2190円
10GB 2520円 3130円
20GB 3980円 4590円
30GB 5900円 6510円

D(ドコモ)プラン

データ容量 シングルタイプ
(データSIM)
デュアルタイプ
(音声通話SIM)
500MB 700円 1400円
3GB 900円 1600円
6GB 1580円 2280円
10GB 2520円 3220円
20GB 3980円 4680円
30GB 5900円 6600円

S(ソフトバンク)プラン

データ容量 シングルタイプ
(データSIM)
デュアルタイプ
(音声通話SIM)
500MB 790円 1750円
3GB 990円 1950円
6GB 1670円 2630円
10GB 2610円 3570円
20GB 4070円 5030円
30GB 5990円 6950円

基本データ

  • 回線:ドコモ・au・ソフトバンク
  • ユーザー数:3位
  • 支払い方法:クレジットカード
メリット デメリット
・フリータンクで速度制限を回避できる
・mineo独自のサービスが充実
・3キャリア対応で乗り換えやすい
・大容量プランがある
・ソフトバンクプランが高い
・新機種の発売が遅い
おすすめな人
  • 手持ちの端末でスムーズに乗り換えたい
  • mineo独自のシステムを使ってみたい
  • データチャージなしで速度制限を回避したい

CHECK!

mineoの詳細を見る

⑥IIJmio

iijmioのロゴ

豊富な選択肢からSIMフリースマホ(格安スマホ端末)を購入したいならIIJmioです。IIJmioはSIMフリースマホの品揃えが格安SIMでトップです。

最高で50種類を超える端末から選択可能。Motoシリーズ、中古iPhone、ゲーミングスマホといった幅広いラインナップが揃います。

また、IIJmioは最大10枚までSIM追加できるファミリーシェアプランも魅力。

家族同士なら通話料金が60%OFF。10分かけ放題オプションは30分に延長されるため、事実上の家族割と言えます。

技術的に優れるIIJmioは、他社に先駆けてeSIMプランの提供もスタート。新型iPhoneをお持ちの方なら、大手キャリアとIIJmioのSIMを2枚使いすることも可能です。

データSIM 音声通話SIM
ミニマムスタートプラン
(3GB)
900円 1600円
ライトスタートプラン
(6GB)
1520円 2220円
ファミリーシェアプラン
(12GB)
2560円 3260円

基本データ

  • 回線:ドコモ・au
  • ユーザー数:5位
  • 支払い方法:クレジットカード
メリット デメリット
・端末の品揃えが最多
・家族間の通話割引あり
・eSIMプランが使える
・中古iPhoneを購入できる
・通信速度が遅い
・低速通信時に速度制限がある
おすすめな人
  • 豊富な選択肢で端末を選びたい
  • 家族間の通話料を安くしたい
  • eSIMプランを使ってみたい

CHECK!

IIJmioの詳細ページへ

⑦イオンモバイル

イオンモバイルのロゴ

小売業界で有名なイオンが運営するイオンモバイル。全体的にプラン価格が安く、小容量から大容量まで契約できます。

イオンらしく安さに対するこだわりが強く、どのデータ容量でも最安クラスです。

全国のイオンでサポートを受けられるのもイオンモバイルならでは。通信速度も速く、使い勝手に困ることはありません。

以前はオンライン契約で不通期間が生じるうえ、申し込み工程が多いデメリットがありましたが、現在は解消しています。

音声通話SIM データSIM
200MB 980円
500MB 1130円
1GB 1280円 480円
2GB 1380円 780円
4GB 1580円 980円
6GB 1980円 1480円
8GB 2680円 1980円
12GB 3280円 2680円
20GB 4680円 3980円
30GB 5680円 4980円
40GB 6980円 6480円
50GB 8980円 8480円

基本データ

  • 回線:ドコモ、au
  • ユーザー数:8位
  • 支払い方法:クレジットカード
メリット デメリット
・月額料金が安い
・大容量プランあり
・イオンで契約可
・サポートレベルが低い
・オンライン契約がやや複雑
おすすめな人
  • イオンに信頼を置いている
  • 月額料金の安さにこだわる
  • 30GB以上で契約したい

CHECK!

イオンモバイルの公式サイトを見る

⑧NifMo

nifmo

NifMoは会員だけが利用できるバリュープログラムが人気です。

バリュープログラムは外食やネットショップ、対象アプリをダウンロードするだけで、ポイントGet。 貯めたポイントは毎月の利用料金に充てることもできます。

その他、かけ放題やシェアプラン、バースト機能(低速通信でも一時的に高速となる機能)など基本的なサービスも充実。通信速度も悪くありません。

財テク好きでポイントを貯めたい、あるいは回線混雑を避けるためユーザー数の少ない格安SIMをあえて選びたい方も狙い目です。

データSIM 音声通話SIM
3GBプラン 900円 1600円
7GBプラン 1600円 2300円
13GBプラン 2800円 3500円

※データSIMに+150円でSMS機能を付けられる

基本データ

  • 回線:ドコモ
  • ユーザー数:圏外
  • 支払い方法:クレジットカード
メリット デメリット
・バリュープログラムが楽しい
・料金プランがシンプル
・回線混雑しにくい
・高速/低速切替不可
・1日単位の速度制限あり
・解約手続きが複雑
おすすめな人
  • 財テクな得意
  • 複雑な料金プランが苦手

CHECK!

NifMoの詳細を見る

⑨nuroモバイル

nuroモバイルのロゴ

ソニーネットワークコミュニケーションズが手がけるnuroモバイル。nuro光のイメージ通り、nuroモバイルも通信速度が良好です。

nuroモバイルは元々ドコモ回線のみでしたが、ソフトバンク回線の取り扱いを開始。

ドコモ回線のプラン同様、nuroモバイルでんわやデータ前借り、パケットギフトといった各種サービスを利用できます。

契約できるSIMカードは、音声通話SIM・データSIMの両方に対応。シンプルな料金プランから選択できます。

POINT
ドコモ回線は、au・ソフトバンク回線より安い

ドコモ回線

お試しプラン Sプラン Mプラン Lプラン 
月額料金
(音声通話SIM)
1000円 1400円 2200円 3400円
月額料金
(データSIM)
300円 700円 1500円 2700円
データ容量 0.2GB 2GB 7GB 13GB

au回線

お試しプラン Sプラン Mプラン Lプラン 
月額料金
(音声通話SIM)
1200円 1480円 2800円 3680円
月額料金
(データSIM)
500円 780円 2100円 2980円
データ容量 0.2GB 2GB 7GB 13GB

※ドコモ・au回線のデータSIMは+150円でSMS機能を付けられる

ソフトバンク回線

お試しプラン Sプラン Mプラン Lプラン 
月額料金
(音声通話SIM)
1200円 1680円 2800円 3680円
月額料金
(データSIM)
500円 980円 2100円 2980円
データ容量 0.2GB 2GB 7GB 13GB

基本データ

  • 回線:ドコモ、au、ソフトバンク
  • ユーザー数:圏外
  • 支払い方法:クレジットカード
メリット デメリット
・データ前借りを利用できる
・10分かけ放題が業界最安
・料金プランがシンプ
・ソフトバンク回線が割高
・速度制限の条件が非公開
おすすめな人
  • データ前借りを使ってみたい
  • シンプルな料金プランから選びたい
  • かけ放題を重視する

CHECK!

nuroモバイルの詳細を見る

⑩エキサイトモバイル

エキサイトモバイルのロゴ

大容量50GBプランまで利用できるエキサイトモバイル。動画、ゲームアプリのヘビーユーザーには嬉しいプラン内容です。

通常の定額制プランだけでなく、従量制の料金プラン(最適料金プラン)も利用できます。月によって使用するデータ容量が異なる方は、無駄がありません。

同時契約できるSIMカードは3枚まで。端末セットではiPhoneも選択できます。

でんわパックプラン

従量 S M L
データ容量 0~10GB 5GB 15GB 35GB
月額料金 ~0GB:1900円
~3GB:2300円
~6GB:2850円
~10GB:3450円
2650円 3880円 6980円
楽天会員割 1480円 2480円 4480円 5480円
無料通話 10分 3分 5分

最適料金プラン

データ容量 コース
1枚コース 3枚コース
低速通信のみ 500 円
~100MB 630円 1050円
~500MB 630円 1100円
~1GB 660円 1180円
~2GB 770円 1340円
~3GB 880円 1550円
~4GB 1150円 1780円
~5GB 1450円 1890円
~6GB 1600円 1950円
~7GB 1900円 2100円
~8GB 2120円 2190円
~9GB 2200円 2380円
~10GB 2380円 2540円
~11GB 2830円
~12GB 3100円
~13GB 3450円
~14GB 3790円
~15GB 3980円

※SMSを使うなら+140円/枚、音声通話を使うなら+700円/枚

定額プラン

データ容量 コース
1枚コース 3枚コース
0MB 650円 1100円
1GB 670円 1260円
2GB 770円 1450円
3GB 900円 1680円
4GB 1170円 1980円
9GB 2250円 2460円
20GB 3980円 4480円
30GB 5980円 6580円
40GB 7980円 8580円
50GB 10180円 10680円

※SMSを使うなら+140円/枚、音声通話を使うなら+700円/枚

基本データ

  • 回線:ドコモ
  • ユーザー数:圏外
  • 支払い方法:クレジットカード
メリット デメリット
・従量制プランが充実
・大容量プランが使える
・低速時の速度制限あり
・サポートが手薄
・マイナーゆえ情報が少ない
おすすめな人
  • 毎月のデータ消費量が変わる
  • 30GB以上のプランを使いたい

CHECK!

エキサイトモバイルの詳細を見る

3.おすすめの格安SIMは目的によって変わる

う〜ん、結局どこを選べばいいのか分からない・・。

大丈夫。選び方にはコツがあるわ。

ドコモ系の格安SIMは、大手企業が様々な特徴を打ち出しており、私たちユーザーに取ってみれば豊富な選択肢があります。

そのため、単純に安さ以外でも速度やサービス内容で自分にぴったりの格安SIMを見つけられます。

安さ重視

 

速度重視

 

サービス重視

安さを重視するなら楽天モバイルかOCNモバイルONEがおすすめ。 楽天モバイルは、楽天会員割が適用できる「スーパーホーダイ」での申し込みがお得です。

端末セットならOCNモバイルONEも視野に入れたいところ。他社より大幅に端末代金が安いです。

速度重視なら、低速1Mbps保障の楽天モバイルか日常的に良好な速度を保つイオンモバイルが候補に上がります。

サービス内容を重視するなら、BIGLOBEモバイルとLINEモバイルも考慮したいところ。

BIGLOBEモバイルは動画見放題の「エンタメフリーオプション」が強力。Youtubeがカウントフリー対象なのが重要ポイントです。

LINEアプリ重視であまりデータ容量を使わないのならLINEモバイルが安上がり。LINEアプリはいくら使ってもデータ容量を消費しませんよ。

4.【まとめ】自分にぴったりの1社を見つけよう

この記事では、ドコモ系の格安SIMについて詳しく比較してきました。

数が多いドコモ系の格安SIMですが、それぞれ特徴を詳しく見ていくと契約すべき通信事業者が絞られます。

月額料金の安さも重要ですが、サービス内容も含めてお気に入りの1社を見つけましょう。

ドコモ端末なら、SIMロック解除なしで乗り換えOK。自分にぴったりの1社を見つけて、毎月のスマホ代を大きく節約してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。