iPhone 11を安く買うなら

【2019年】ドコモ系(ドコモ回線)の格安SIMを完全比較

ドコモ系の格安sim

ドコモ系の格安SIMを契約したいけど、数が多すぎてどれを選べばいいのか分からない・・・

au系、ソフトバンク系の格安SIMと比べて圧倒的な数を誇るドコモ回線の格安SIM。様々な比較を見ても、おすすめの根拠が曖昧でなかなか選ぶことが難しいですよね。

そこで、この記事では数あるドコモ系の格安SIMを徹底比較。どうやってドコモ系格安SIMを選べばいいのか詳しく解説しています。ぜひ、参考にしてくださいね。

1.ドコモ系格安SIMの選び方

【POINT1】コスパと通信品質のバランスが大事

誰もが格安SIMの中でもさらに安い通信事業者を契約したいと考えます。いわゆるコスパ重視ですね。それはもちろん間違っていませんが、通信品質とのバランスも大事です。通信品質が悪いと、安くても通信速度が遅すぎて毎日イライラすることになります。

こんなにイライラするなら大手キャリアの方がマシ・・そうなると格安SIMに乗り換える意味がありません。ドコモ系の格安SIMを選ぶ際は、コスパと通信品質とのバランスを第一に考えましょう。

【POINT2】用途が限られるならカウントフリーを利用

いつも同じアプリばかり利用している人は、そのアプリにカウントフリーを付けると大幅にデータ消費を抑えることができます。カウントフリーとは、特定のアプリに対してデータ使い放題となるサービスです。代表的なカウントフリーは以下の通り。

格安SIMのカウントフリー

  • 動画(Youtube含む)
  • LINE
  • SNS(Twitter・Instagram・Facebook)
  • ゲームアプリ

カウントフリーをうまく活用すれば、通常は10GB必要な人も3GBプランで済ませるなど、よりお得な契約が可能となりますよ。

【POINT3】マイナーな格安SIMは避ける

非常に数の多いドコモ系の格安SIM。掘り出し物がないかとマイナーな格安SIMも気になるかもしれませんが、結論から言うと辞めておいたほうがいいです。900社以上存在する格安SIM会社(MVNO)ですが、9割は20社程度の主要な格安SIMにユーザーが偏っています。主要な格安SIMは資金が潤沢なので、サービス内容が充実。通信品質もいいです。

対してマイナーな格安SIMは、サービス内容も普通ですしいつ潰れるか分からない恐怖もあります。近年は、フリーテルが事業を継続できなくなり楽天モバイルに買収されました。フリーテル以外も、サービス停止している格安SIMは数多くあります。

マイナーな格安SIMをあえて選ぶメリットはありません。ユーザー数が多く充実したサービスを利用できる大手の格安SIMを選びましょう。

2.ドコモ回線でおすすめの格安SIM

格安SIM 月額料金
(通話SIM)
通信速度 カウント
フリー
楽天モバイル 1250円~ まる15Mbps バツ
LINE
モバイル
1200円~ まる20Mbps 二重丸LINE・SNS
(無料)
mineo 1400円~ まる20Mbps バツ
BIGLOBE
モバイル
1400円~ まる15Mbps 二重丸動画・音楽
DMM
モバイル
1260円~ バツ5Mbps まるLINE・SNS
OCNモバイル
ONE
1600円~ 三角10Mbps まる音楽
IIJmio 1520円~ 三角10Mbps バツ
NifMo 1600円~ まる20Mbps バツ
イオン
モバイル
1130円~ まる20Mbps バツ
nuro
モバイル
1400円~ まる20Mbps バツ
Uモバイル 1580円~ バツ5Mbps バツ
DTI SIM 1200円~ バツ5Mbps バツ
エキサイト
モバイル
1330円~ バツ5Mbps バツ

(1)【ドコモ系の格安SIMで支持率No.1】楽天モバイル

楽天モバイル

格安SIMの契約者数No.1の楽天モバイル。楽天会員の徹底的な優遇で、あっという間に1位まで上り詰めました。楽天会員なら月額1480円からかけ放題付きのスーパーホーダイプランに契約可能。楽天市場のポイントも常に2倍となる特典付きです。

また、プラン価格だけでなく端末代金が安いのも楽天モバイルのメリット。楽天スーパーセールの期間中なら一括100円機種も販売されています。唯一の弱点だった通信速度も最近は大幅に改善。時間帯によっては30Mbpsを超えるようになりました(大手キャリアと同レベル)。

なお、スーパーホーダイで契約すれば、最低通信速度1Mbpsを保証。速度制限時でもこの速度なので、実質無制限の使い放題プランとなっています。

>>詳細ページ公式ページ

(2)【LINE・SNSが使い放題】LINEモバイル

lineモバイル

トークや無料通話でお馴染みの株式会社LINEが運営するLINEモバイル。最低データ容量は1GBから選択可能です。格安SIMに乗り換えると他社では年齢認証の問題でLINEのID検索が使えません。ところが、LINEモバイルならID検索機能をなんなく使えます。LINEの使い勝手は今までと同じです。

LINEモバイルではすべての料金プランでLINEアプリがカウントフリーです。ビデオ通話も合わせてデータ消費はなし。速度制限時でも高速通信でLINEが使えます。また、コミュニケーションフリープラン・MUSIC+プランでは、Facebook、Instagram、twitterも無料でカウントフリーに。SNS中毒の人は、これ以上無い特典です。

その他、フィルタリングアプリを無料で利用可。小さな子供にも安心してスマホを持たせることができます。ドコモ系でトップクラスに優秀な格安SIMです。

>>詳細ページ公式ページ

(3)【豊富なサービス内容で人気】mineo

mineo

mineoは近年、最も利用者数を増やしている格安SIMです。楽天モバイルに次ぐ2位のユーザー数を誇っています。人気の秘密はmineo独自のサービスシステム。ユーザー同士でパケットを分け合えるフリータンクや分からないことがあればユーザー同士で質問し合えるマイネ王などのサービスが無料で利用できます。

かけ放題プランは10分かけ放題が月額850円から利用可能。30分、60分の通話定額サービスや050IP電話アプリも利用できます。料金プランは500MB(700円)から20GB以上の大容量まで契約可能。最低利用期間・解約金がないため、気軽に乗り換えることができるのも魅力です。サポートの充実度も、SNS・電話・チャット・対面と飛び抜けて優れています。

>>詳細ページ公式ページ

(4)【月額2000円で動画見放題に】BIGLOBEモバイル

biglobeモバイル

BIGLOBEモバイル最大の特徴は月額480円で利用できる、動画・音楽アプリが使い放題のエンタメフリーオプションです。動画・音楽アプリの使い放題はBIGLOBEモバイルだけしか利用できません。提供しているサービスで他では利用することができません。

Youtube、AbemaTVやGoogle Play Music、Apple Musicなど人気アプリがカウントフリーです。動画が無いと生きていけない人には、エンタメフリーオプションがぴったりです。3GBプランと合わせれば、月額2000円でYoutube見放題にできます。

その他、全国8万箇所のWi-Fiスポットを無料で利用可能。外出時にデータ容量を節約できます。通話料は無料で使えるBIGLOBEでんわで半額にできますよ。

>>詳細ページ公式ページ

(5)【通信品質より価格重視なら】DMMモバイル

dmmモバイル

低価格がウリのDMMモバイル。業界最安値を宣言している通り、激安価格で格安SIMを利用できます。低速通信で構わないなら月額440円でライトプランが利用できます。また、月額250円のSNSフリーオプションを付ければ、LINE・SNS(Twitter・Facebook・Instagram)がカウントフリーに。

普段は、LINE、SNSくらいしかスマホを使わない人におすすめのオプションです。また、DMMモバイルでは、毎月10%の高還元率でDMMポイントが貰えます。付与されたDMMポイントはすべてのDMMサービス内で使用できます。

ただでさえ安い月額料金に加えてDMMポイントの付与。とにかく安く格安SIMを使いたい方はDMMモバイルがぴったりです。

>>詳細ページ公式ページ

(6)【通話オプションが充実】OCNモバイルONE

ocnモバイルone

NTTコミュニケーションズが運営するOCNモバイルONE。ドコモ系の格安SIMでは楽天モバイル、mineoに次ぐ第3位のユーザー数です。料金プランは他社より数百円高いですが、そのかわりに月額300円かかるIP電話アプリ050plusを無料で利用できます。050plusはIP電話アプリの中でも通話品質がいいです。

OCNでんわアプリを経由すれば、090、080から始まる手持ちの電話番号でも国内通話料を半額にできます。通話オプションでは、通話時間が長かった相手3人の通話料が無料になるTOP3かけ放題が利用可能。通常の10分かけ放題も利用可能でドコモ系の格安SIMでは、最も通話オプションが充実しています。

その他、OCNモバイルONEは、Google Play MusicやApple Musicを含む、音楽アプリが無料でカウントフリーに。音楽のストリーミングをよく使う方は、重宝できるでしょう。

>>詳細ページ公式ページ

(7)【家族の乗り換えに強い】IIJmio

iijmio

IIJmio(みおふぉん)はSIMフリースマホが豊富に揃う格安SIMです。およそ50種類から好きな端末を選択可能。他社と比べて2~3倍の品揃えです。その他、特徴的なのは家族で利用できるファミリーシェアプラン。

SIMカード枚数が10枚までシェアできるため2世帯で利用したり、スマホだけでなくタブレットやモバイルWi-Fiルーターも併用したりできます。ファミリーシェアプランでは、格安SIMの弱点である家族通話も利用可能(IIjmio以外にサービスが無い)。家族同士の通話料が最大で60%安くなります。さらに30分以内の家族通話なら使い放題となります。

通常の通話は専用アプリ「みおふぉんダイアル」が便利。月額無料で誰と通話しても通話料が半額になります。

>>詳細ページ公式ページ

(8)【ポイントを貯めるのが好きなら】NifMo

nifmo

お得な割引制度が有名なNifMo。NifMo会員だけが利用できるバリュープログラムはユーザーから圧倒的な指示を受けています。NifMoバリュープログラムは外食やネットショップ、対象アプリをダウンロードするだけで、ポイントがどんどん貯まっていきます。

ポイント還元率や対象プログラムの豊富さから、他のポイントプログラムよりポイントを溜めやすいです。貯めたポイントは毎月の利用料金に充てることが可能となっています。その他、かけ放題やシェアプラン、バースト機能(低速通信でも一時的に高速となる機能)など基本的なサービスも充実。通信速度も非常に速いです。

日頃から財テクなどが好きで、ポイントを貯めることが得意な方は、バリュープログラムが利用できるNifMoがおすすめ。ユーザー数が少ないので通信速度にこだわりたい方も狙い目です。

>>詳細ページ公式ページ

(9)【イオンのサポートあり】イオンモバイル

イオンモバイル

大手スーパーのイオンが運営するイオンモバイル。ネット契約はもちろん、全国200店舗以上のイオンで、契約サポートを行ってくれます。料金プランの豊富さが特徴的で500MBから50GBまでのデータ容量を契約可能。シェアプランも利用できます。

有料オプションですが、電話サポートや端末保証も利用可能。メーカー保証が切れた後の持込み保障プランも契約できます。かけ放題プランではイオンでんわアプリを使った10分かけ放題が月額850円、IP通話となりますが時間無制限の050かけ放題が月額1500円です。

通信速度も速くサービス内容は充実しているのですが、オンライン契約時に空白期間が数日生じてしまうところが、勿体無いポイントです。

>>詳細ページ公式ページ

(10)【シンプルな格安SIM】nuroモバイル

nuroモバイル

以前は、格安SIMでは珍しい時間プランを利用できたnuroモバイル。現在は、プランS/M/Lのシンプルな3種類だけの料金プランに変わりました。せっかくの独自サービスが他社と同じ内容になったのは残念ですが、これまでよりシンプルにプラン選びが可能になっています。

通話サービスは10分かけ放題が利用可能。オプション料金は月額800円で、格安SIMの中でも最安です。少し変わったサービス内容として、翌月分のデータ容量を前借りできるオプションが使えます。データ前借りはデータチャージではないため、余計な追加料金がかかりません。

通信速度は良好なnuroモバイル。ユーザー数は少ないですが、これからの伸びしろに期待です。

>>詳細ページ公式ページ

3.注意!おすすめできないドコモ系の格安SIM

(1)【やる気を感じられない】Uモバイル

動画配信サービスU-NXETで有名なUモバイル。U-mobile LTE使い放題プランでは、月額2980円でネットが使い放題に。LTEといっても実行速度は3~5Mbps程度。とはいえ動画視聴も含めて日常的には問題ないスピードです。

また、全国のカフェや駅など8万箇所以上で利用できるWi-Fiスポットも無料。タブレットやPCに接続するのもOKです。その他、U-NEXTポイントが毎月400~600ポイントもらえるのも特徴的。用途はU-NEXTサービスに限られますが還元率に換算するとすべての格安SIM会社の中でトップクラスです。

ただし、U-NEXTに力を入れているせいか、Uモバイルにはキャンペーンが一切なく、サービス内容もなかなか更新されないので、あまりやる気を感じられません。

(2)【通信速度が遅すぎる】DTI SIM

DTI SIMは通信速度が遅いのですが無制限プランやDTI 見放題SIMが特徴的です。データ無制限のネット使い放題プランでは、データSIMで月額2200円、音声通話SIMで月額2900円です。DTI 見放題SIMでは、YoutubeとTwtterがカウントフリーで使い放題です。

サービス内容は悪くないのですが、肝心の通信速度が遅いので、せっかく動画見放題でも再生するとカクカクに。今後の回線増強に期待です。

(3)【これといった特徴なし】エキサイトモバイル

大容量50GBプランまで利用できるエキサイトモバイル。動画、ゲームアプリのヘビーユーザーには嬉しいプラン内容です。通常の定額制プランだけでなく、従量制の料金プラン(最適料金プラン)も利用できます。

同時契約できるSIMカードは3枚まで。複数の通信機器でネット接続したい場合に重宝できます。他社と比べて特筆すべき特徴が無いエキサイトモバイルですが、今後の成長に期待です。

4.ドコモ系格安SIMのメリット・デメリット

4-1.メリット

(1)ドコモ端末なら乗り換えが楽

ドコモで購入したスマホをドコモ系の格安SIMで使えば、SIMロック解除の手続きが不要です。そのため、SIMカードを入れ替えるだけで乗り換えができます。最新のドコモ版iPhoneもSIMロック解除はもちろん不要です。

なお、au、ソフトバンク回線の格安SIMに乗り換える場合は、回線の種別が異なるため、ドコモ端末はSIMロック解除が必須となります。

(2)品質の良いドコモの通信エリアが使える

ドコモ系の格安SIMは、回線をドコモから借りています。ドコモ回線といえば、3大キャリアの中でも屈指の通信品質を誇ります。ガラケー時代もFOMAやXi(クロッシィ)など常に時代を先取りしていました。

ドコモの通信エリアは人口カバー率が99%。地方だと格安SIMに繋がらないかも・・と心配している方でも、ドコモ系の格安SIMなら問題なく電波が入ります。

(3)多数の格安SIMから選択できる

ドコモ系の格安SIMは、au・ソフトバンク系の格安SIMと比べて圧倒的に数が多いです。主要な格安SIM会社だけでも20社を超えています。選択肢の幅が非常に広いことが魅力的です。月額料金の安さ、通信速度、魅力的なオプションなど様々な観点から、自分にぴったりの格安SIMを探すことができますよ。

4-2.デメリット

(1)回線混雑を起こしやすいため通信速度がやや不安定

格安SIMの業界でドコモ系の格安SIM会社(MVNO)は最もユーザー数が多いです。ユーザー数が多いことはメリットもあるのですが、裏を返せば回線混雑に繋がります。特に正午と夕方の時間帯は、スマートフォン利用者が急増するため、帯域制限に掛かり速度低下しやすいです。ひどい場合は1Mbpsを下回ることも。

au・ソフトバンク系の格安SIMも、同じ時間帯に速度低下を起こしますが、ドコモ系格安SIMの方が、速度を起こしやすい通信事業者が多い印象です。現在は、楽天モバイルやLINEモバイルなど通信速度が速い格安SIMが登場しているので、この問題は以前と比べてだいぶマシになりました。

(2)ドコモ版Androidはテザリングできない

ドコモ版Androidは、ほとんどの端末でドコモ系格安SIMでのテザリングが使えません。端末・回線が同じドコモなのに通信規格が合わないことが原因です。具体的には、APNの強制書き換えという問題が起こります。初心者では対処しようがありません。

そのため、ドコモ版Androidでテザリングを使いたい場合は、「au系の格安SIM」か「ソフトバンク系の格安SIM」で契約する必要があります。その際は、My docomoにてSIMロック解除の手続きをお忘れなく。

5.まとめ

この記事では、ドコモ系の格安SIMについて詳しく比較してきました。気になる格安SIMは見つかりましたか?

数が多いドコモ系の格安SIMですが、それぞれ特徴を詳しく見ていくと契約すべき通信事業者が絞られます。キャンペーンや月額料金の安さも重要ですが、通信速度やサービス内容も含めて、お気に入りの1社を見つけましょう。ドコモ系の格安SIMに乗り換えて、毎月のスマホ代を大きく節約してくださいね。

\ドコモ系の格安SIMで一番人気/

>>楽天モバイルの公式サイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。