おすすめの格安SIM比較

おすすめはどこ?au系の格安SIMを完全比較

現在、格安SIMのほとんどはドコモ回線を利用しています。しかし、中にはauの端末を使いたいからau回線の格安SIMを使いたいという人もいるでしょう。

au系の格安SIMはドコモ系と比べると種類は少ないものの、最近ではau回線を取り扱う業者が増えてきており、au系格安SIMにもさまざまな特徴をもったものが登場しています。

今回はau系の格安SIMを徹底的に比較してみました。

0.総合比較

格安SIM 月額料金
音声通話SIM
月額料金
データSIM
通信速度 最低利用期間 解約金
UQモバイル 1980円~ 980円~ 2年 9500円
mineo 1310円~ 700円~ なし 0円
IIJmio 1600円~ 900円~ 翌月末 (12ヶ月-利用月数)×1,000円
BIGLOBE
モバイル
1400円~ 1020円~ 1年 8000円
QTモバイル 1450円~ 800円~ なし 0円
J:COM
モバイル
1380円~ × 2年 8500円
Fiimo 1600円~ 900円~ × 1年 10000円

※UQモバイルの音声通話SIM料金はかけ放題込み

おすすめランキング

  • 1位 UQモバイル
  • 2位 mineo
  • 3位 BIGLOBEモバイル

au系の格安SIMで最もおすすめなのがUQモバイルです。UQモバイルは通信速度がピカイチで1日を通して安定感のある通信品質が魅力です。月額料金は高く見えますがかけ放題込みの金額なので、むしろ割安感があります。

その他、口座振替に対応しているのもUQモバイルの嬉しいポイントです。

次点は最低利用期間と解約金の無いmineoでしょう。格安SIM全社のユーザー数ランキングも楽天モバイルに次いで2位と非常に人気があります。通信速度や月額料金の安さはもちろん、サポート体制がしっかりしているのも高評価です。

3位は、BIGLOBEモバイルとIIJmioの争いでしたが、動画アプリが使い放題となるエンタメフリーオプションが利用できるBIGLOBEモバイルが上でしょう。通信速度も安定感があります。

QTモバイル、J:COMモバイル、Fiimoは格安SIM会社の中ではマイナーな位置づけなので、初めて格安SIMを使う方にはあまりおすすめしません。

次章から、それぞれの格安SIMについてさらに詳しく解説していきます。

1.au系でおすすめの格安SIM

現在、主要な格安SIMのうちau回線を利用するものは7種類あります。まずはそれぞれの格安SIMについて解説します。

1-1.UQモバイル

UQモバイル

おすすめポイント

auのサブブランドでもあるUQモバイルは通信速度の速さが最大の特徴です。

一般的な格安SIMだと回線が混雑しやすいお昼や夕方の時間帯になると通信速度が極端に遅くなる傾向にあります。また、混雑していない時間帯でも大手キャリアと比べるとどうしても速度は劣ります。

それに対して、UQモバイルは通信速度が非常に速く、大手キャリアにも引けを取りません。しかもお昼や夕方でもあまり速度が低下せず、快適な通信を楽しめます。

また、UQモバイルの料金プランのうち、「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」は標準で通話オプションが付属しています。おしゃべりプランは5分かけ放題が利用でき、1回5分までの通話なら何度でも無料になります。

ぴったりプランでは毎月決まった時間まで通話が無料になる無料通話が利用でき、プランSなら60分/月、プランMなら120分/月、プランLなら180分/月まで無料で通話が可能です。自分の電話の仕方に合わせて選べるので無駄がないですね。

さらに、おしゃべりプラン/ぴったりプランと端末をセットで契約すると、「マンスリー割」もしくは「UQ購入サポート」が適用され、端末代が大幅に割引されます。

とくにマンスリー割だと、最新端末でも最安108円という破格の安さで購入可能です。

料金プラン

UQモバイルの料金プランは以下の通りです。

おしゃべりプラン/ぴったりプラン

プラン名 データ通信量※1 月額料金※2 通話※3
おしゃべりプランS 2GB 1,980円 5分かけ放題
おしゃべりプランM 6GB 2,980円
おしゃべりプランL 14GB 4,980円
ぴったりプランS 2GB 1,980円 60分/月無料
ぴったりプランM 6GB 2,980円 120分/月無料
ぴったりプランL 14GB 4,980円 180分/月無料

※1 26ヶ月目以降は半分になる

※2 14ヶ月目以降は+1,000円

※3 26ヶ月目以降、ぴったりプランの無料通話時間は半分になる

その他のプラン

プラン名 データ通信量 月額料金
データ高速プラン 3GB 980円
データ高速+音声通話プラン 1,680円
データ無制限プラン 無制限※ 1,980円
データ無制限+音声通話プラン 2,680円

※最大通信速度は500kbps

注意点

UQモバイルの注意点は以下の通りです。

  • おしゃべりプラン/ぴったりプランは2年間の契約縛りがある
  • おしゃべりプラン/ぴったりプランはプラン内容が複雑である
  • その他のプランには通話オプションがない

UQモバイルの詳細はこちら

1-2.mineo

mineo

おすすめポイント

mineoは他社にはないユニークなサービスを多数展開しているのが特徴です。その中でもとくに独特なのが「マイネ王」と「フリータンク」でしょう。

マイネ王はmineoユーザーやmineoのスタッフと交流ができるコミュニティサイトです。ほかのmineoユーザーと情報共有したり、わからないことをユーザーやスタッフに質問したりすることができます。

このようなコミュニティサイトが用意されている格安SIMは非常に珍しいです。

フリータンクはmineoのユーザー全員で余ったデータ通信量をシェアできる仕組みです。余ったデータ通信量をタンクに入れることができますし、自分の容量が足りないときはタンクから毎月最大1GBまで借りることもできます。

言い換えれば無料で毎月1GBまでデータ通信量を追加できるということになります。

このほかにも家族割引や複数回線割引、パケットシェア、パケットギフトなど他社にはあまりないサービスがたくさんあります。

また、月額料金は格安SIM全体でみるとそこまで安くありませんが、au系格安SIMに限定するともっとも安く、コスパにも優れています。

料金プラン

mineoの料金プランは以下の通りです。

データ通信量 データ通信専用SIM 音声通話SIM
500MB 700円 1,310円
1GB 800円 1,410円
3GB 900円 1,510円
6GB 1,580円 2,190円
10GB 2,520円 3,130円
20GB 3,980円 4,590円
30GB 5,900円 6,510円

注意点

mineoの注意点は以下の通りです。

  • 契約してから12か月以内にMNPをする場合はMNP転出手数料が11,500円と高額
  • iPhoneのテザリングができない(Dプランは可能)
  • シェアプランがない

mineoの詳細はこちら

1-3.IIJmio

IIJmio

おすすめポイント

IIJmioは家族で格安SIMを利用したい人におすすめです。10GBのデータ通信量が利用できる「ファミリーシェアプラン」は最大10枚のSIMカード(音声通話SIMは最大5枚)で容量をシェアできます。

これだけの枚数があれば、家族全員で乗り換えることも可能です。大容量オプションを使えば20GBまたは30GBのデータ通信量を追加できるので、たくさんデータ通信を利用したい場合でも安心です。

さらに、IIJmioでは家族間の通話料がお得になるサービスもあります。まず、データ通信量をシェアしている家族同士だと通話料が通常の20円/30秒から16円/30秒に割引されます。

その状態で通話料が半額になるIIJmio専用アプリ「みおふぉんダイヤル」を併用すると、8円/30秒という安さで通話が可能です。

また、IIJmioでは3分かけ放題(月額600円)と10分かけ放題(月額830円)の2つのかけ放題オプションを利用できます。家族間通話の場合、かけ放題になる時間が3分かけ放題は10分に、10分かけ放題は30分に拡大されます。しかもオプション料はそのままです。

シェアプランがある格安SIMはそう珍しくありませんが、家族間通話がお得になる格安SIMは非常に珍しいです。家族でデータ通信も通話もお得に利用したい人におすすめです。

料金プラン

IIJmioの料金プランは以下の通りです。

プラン名 データ通信量 SMS付データ通信専用SIM※ 音声通話SIM
ミニマムスタートプラン 3GB 900円 1,600円
ライトスタートプラン 6GB 1,520円 2,220円
ファミリーシェアプラン 10GB 2,560円 3,260円

※IIJmioのタイプAにはSMSがないデータ通信専用SIMは用意されていない

注意点

IIJmioの注意点は以下の通りです。

  • プランの数が少ない
  • iPhoneによるテザリングができない

IIJmioの詳細はこちら

1-4.BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

おすすめポイント

BIGLOBEモバイルは対象の動画や音楽ストリーミングサービスがデータ通信量を消費せず使い放題になる「エンタメフリー・オプション」が特徴です。

データ通信専用SIMなら980円、音声通話SIMなら480円を月額料金に追加するだけで、YouTubeやGoogle Play Music、Amazon Musicといったサービスが使い放題になります。

通常、これらのサービスを頻繁に使う場合は10GB以上の大容量プランを契約するのが望ましいです。動画や音楽といったサービスは大量のデータ通信が発生するからです。

しかし、エンタメフリー・オプションの対象サービスしか使わない、という人ならエンタメフリー・オプションと価格の安い低容量プランの組み合わせで契約できるようになります。

例えば、3GBの音声通話SIMとエンタメフリー・オプションなら月額2,080円で済みます。これでYouTubeなどが使い放題になるのですから、かなり安いですね。

料金プラン

BIGLOBEモバイルの料金プランは以下の通りです。

プラン データ通信量 SMS付
データSIM※
音声通話SIM
音声通話
スタートプラン
1GB なし 1,400円
3ギラプラン 3GB 1,020円 1,600円
6ギガプラン 6GB 1,570円 2,150円
12ギガプラン 12GB 2,820円 3,400円
20ギガプラン 20GB 4,620円 5,200円
30ギガプラン 30GB 6,870円 7,450円

※BIGLOBEモバイルのタイプAにはSMSがないデータ通信専用SIMは用意されていない

注意点

BIGLOBEモバイルの注意点は以下の通りです。

  • 通信速度の切り替えができない
  • 契約してから3ヶ月以内にMNPをすると手数料が3,000円から6,000円になる

BIGLOBEモバイルの詳細はこちら

1-5.QTモバイル

qtモバイル

おすすめポイント

QTモバイルは九州電力グループである「QTnet」が手掛ける格安SIMです。QTnetの光回線サービスである「BBIQ」は九州で高い知名度を誇り、QTモバイルはそのBBIQのユーザーがお得に使えるようになっています。

まず、BBIQユーザーの場合はQTモバイルとBBIQの請求を1つにまとめることができます。ネットとスマホの両方の料金をまとめて支払えるのは便利ですね。

さらに、QTモバイルでは「BBIQキャッシュバックサービス」を展開しており、BBIQユーザーがQTモバイルでスマホを購入すると、スマホ代金が10%割引されます。例えば、通常なら28,560円のHUAWEI P10 liteなら25,704円で利用できます。

QTモバイルはBBIQユーザーでなくても、もちろん利用はできます。しかし、もっとも恩恵があるのはやはりBBIQユーザーと言えます。

料金プラン

QTモバイルの料金プランは以下の通りです。

データ通信量 音声通話SIM データ通信専用SIM
1GB 1,450円 800円
3GB 1,550円 900円
6GB 2,250円 1,550円
10GB 3,250円 2,550円
20GB 4,900円 4,200円
30GB 6,900円 6,200円

注意点

  • 最低利用期間はないが、13ヶ月以内にMNPをすると手数料が11,500円と高額
  • 通話アプリ利用時の通話料が高い(他社だと10円/30秒だがQTモバイルは15円/30秒)
  • 実店舗が九州にしかない

QTモバイルの詳細はこちら

1-6.J:COMモバイル

おすすめポイント

ケーブルテレビで有名なJ:COMの格安SIMです。すでにJ:COMのケーブルテレビやインターネット回線を利用している人だとお得になるサービスが多数展開されています。

J:COM TVやJ:COM NETなどに加入していると「J:COM MOBILE端末割引」が適用され、端末代が実質0円になります。

J:COM MOBILEでは月額料金が12ヶ月間2,000円引きされる「J:COM MOBILEスタート割」も実施しているので、そちらと合わせると端末代がタダになり、1年間の月額料金も大幅に安くなるので、J:COM MOBILEをお得に開始することが可能です。

また、J:COM MOBILEではスマホでドラマやスポーツといった番組が見らえる「J:COMオンデマンド」アプリがカウントフリー対象になっており、データ通信量を消費せず使い放題になります。

通常、動画を視聴すると大量のデータ通信が発生しますが、J:COM MOBILEならデータ通信量を気にせずJ:COMの番組を視聴できます。

料金プラン

J:COMモバイルの料金プランは以下の通りです。

データ通信量 音声通話SIM
長期契約タイプ 標準契約タイプ
0.5GB 980円 1,380円
3GB 2,980円 3,680円
5GB 3,980円 4,680円
7GB 4,980円 5,680円
10GB 5,980円 6,680円

注意点

J:COMモバイルの注意点は以下の通りです。

  • 長期契約タイプにすると2年間の契約期間の縛りが発生する
  • データ通信専用SIMはなし
  • SIMカード単体での契約はできない(SIMカード単体はドコモ回線になる)

1-7.Fiimo

おすすめポイント

Fiimoは四国電力グループのSTnetが手掛ける格安SIMです。Fiimoは派手なキャンペーンや変わったサービスなどはありませんが、料金プランがとにかくシンプルなのが特徴です。

料金プランは3GB、6GB、10GBの3種類だけと少ないですが、数が少ないことで逆に選びやすくなっています。オプションも容量チャージやかけ放題、セキュリティ、端末保障など必要最低限のものだけです。

大手キャリアの場合は無駄なオプションが大量についてプラン内容が複雑になってしまいますが、Fiimoであればそういったこともありません。

店舗で契約した場合はもちろん、Webで申し込んだ場合も提携ショップに持ち込むと無料で初期設定をしてもらえるので、初心者でも安心です。

料金プラン

Fiimoの料金プランは以下の通りです。

データ通信量 データ通信専用SIM SMS付データSIM 音声通話SIM
3GB 900円 1,050円 1,600円
6GB 1,600円 1,750円 2,300円
10GB 2,650円 2,800円 3,350円

注意点

Fiimoの注意点は以下の通りです。

  • 店舗が四国と岡山県にしかない
  • Fiimoならではのサービスなどがなく、インパクトに欠ける

2.月額料金を比較

ここまで、au系の格安SIM7つをまとめました。次は料金の比較をしやすいように、料金を表にまとめました。

まずは音声通話SIMからです。

2-1.音声通話SIM

0.5GB~6GB

  0.5GB 1GB 2GB 3GB 5GB 6GB
UQモバイル 1,980 1,680 2,980
mineo 1,310 1,410 1,510 2,190
IIJmio 1,600 2,220
BIGLOBEモバイル 1,400 1,600 2,150
QTモバイル 1,450 1,550 2,250
J:COMモバイル※ 980 2,980 3,980
Fiimo 1,600 2,300

10GB~30GB

  7GB 10GB 12GB 14GB 20GB 30GB
UQモバイル 4,980
mineo 3,130 4,590 6,510
IIJmio 3,260
BIGLOBEモバイル 3,400 5,200 7,450
QTモバイル 3,250 4,900 6,900
J:COMモバイル※ 4,980 5,980
Fiimo 3,350

※J:COMモバイルは長期契約タイプの料金

音声通話SIMの料金を見てみると、3GB、10GB、20GB、30GBの4つの容量でmineoが最も安いです。1GBプランと6GBプランも2番目に安く、mineoはau系格安SIMの中でも比較的月額料金が安いと言えますね。

プラン数もmineoの7種類がもっとも多く、ライトユーザーからヘビーユーザーまで幅広い人におすすめできます。

2-2.データ通信専用SIM

0.5GB~6GB

  0.5GB 1GB 2GB 3GB 5GB 6GB
UQモバイル 980
mineo 700 800 900 1,580
IIJmio 900 1,520
BIGLOBEモバイル 1,020 1,570
QTモバイル 800 900 1,550
J:COMモバイル
Fiimo 900 1,600

10GB~30GB

  7GB 10GB 12GB 14GB 20GB 30GB
UQモバイル
mineo 2,520 3,980 5,900
IIJmio 2,560
BIGLOBEモバイル 2,820 4,620 6,870
QTモバイル 2,550 4,200 6,200
J:COMモバイル
Fiimo 2,650

続いてはデータ通信専用SIMです。この表を見ると、mineoが6GB以外のすべてのプランで最安値となっています。音声通話SIM同様、au系格安SIMの中で料金的にもっともお得なのはmineoと言えます。

mineo
mineo(マイネオ)を実際に使って速度や評判を完全レビューmineoの紹介サイトはたくさん見るけど、本当の評判を知りたい・・・ mineoに乗り換えても大丈夫なのか不安で仕方ない・・・ ...

3.通信速度を比較

通信速度は、au回線の大手3社を計測してみました。

  • 測定場所:横浜駅内
  • 測定アプリ:Ooklaスピードテスト
nuroモバイルの通信速度2

速度測定の様子

平日

格安SIM 9時台 12時台 18時台 平均速度
mineo 13.5 0.907 5.85 6.75
UQモバイル 10.4 7.18 1.29 6.29
IIJmio 5.53 2.4 0.79 2.91

休日

格安SIM 9時台 12時台 18時台 平均速度
UQモバイル 27.9 16.5 20 21.47
mineo 22.15 0.96 14.82 12.64
IIJmio 2.91 0.46 10.9 4.76
  • 1位 UQモバイル
  • 2位 mineo
  • 3位 IIJmio

通信速度の安定性ではUQモバイルが目立ちます。UQモバイルは格安SIM全体を通してもトップクラスの通信品質です。12時台の速度低下は気になりますが、mineo(Aプラン)も平均速度は速いです。十分に満足できるデータ通信が可能でしょう。

IIJmioは他社と比較すると通信速度が劣ります。特に正午の時間帯がかなり遅いので、お昼にスマホを使いたい方は、Wi-Fi接続で乗り切る必要があるでしょう。

通信速度の総括として、1日中安定したデータ通信を行いたい、動画やオンラインゲームを高画質で楽しみたい方はUQモバイルを選びましょう。LINE・メールやネット閲覧程度の用途ならmineo、IIJmioでも十分な通信品質です。

ネット閲覧 1Mbps
メール・LINE 0.2Mbps
動画(低画質) 0.5Mbps
動画(普通画質) 1Mbps
動画(高画質) 2Mbps
ゲームアプリのインストール 3Mbps

必要な通信速度の目安

4.解約金・最低利用期間を比較

格安SIMを利用する際に気を付けたいのが最低利用期間と解約金です。ここではau系格安SIMの最低利用期間と解約金をまとめました。なお、特別な記載がない限り、データ通信専用SIMは最低利用期間・解約金ともになしです。

  最低利用期間 解約金
UQモバイル
  • おしゃべり/ぴったりプラン:2年
  • その他の音声通話SIM:1年
9,500円
mineo なし 0円
IIJmio 利用開始日の翌月末日まで (12ヶ月-利用月数)×1,000円
BIGLOBEモバイル 1年間 8,000円
QTモバイル なし 0円
J:COMモバイル
  • 長期契約タイプ:2年間
  • 標準契約タイプ:なし
  • 0.5GBプラン:4800円
  • その他:8,500円
Fiimo
  • データ通信専用SIM:1ヶ月
  • 音声通話SIM:1年間
10,000円

音声通話SIMの場合、解約金は8,000円~10,000円前後であることが多いようですね。そんな中でも、mineoとQTモバイルは最低利用期間・解約金ともにかからないので、手軽に試すことができますね。

逆に気を付けたいのがUQモバイルとJ:COMモバイルです。UQモバイルの「おしゃべりプラン/ぴったりプラン」とJ:COMモバイルの「長期契約タイプ」は契約期間が2年間と長いです。

しかも解約をしない限り、自動で更新されます。いわゆる大手キャリアの「2年始張り」と全く同じですね。

他の格安SIMは最低利用期間を過ぎればいつ解約しても解約金がかかりませんが、UQモバイルのおしゃべりプラン/ぴったりプランとJ:COMの長期契約タイプは更新月に解約しないとまた2年間の契約を結ぶことになり、その間に解約すると解約金がかかります。

他の格安SIMと比べると解約がしづらいので気を付けましょう。

6.まとめ

いかがでしたか?

au系の格安SIMは、現在auのスマホを使っている方ならSIMロック解除無しでそのまま乗り換えることができます(iPhoneももちろんOK)。SIMカードを変えるだけで月額料金が節約できるので、この機会に格安SIMに乗り換えてみるといいでしょう。

ドコモ、ソフトバンクの方も手持ちのスマホをSIMロック解除すれば、au系の格安SIM会社と契約できます。あるいは、手持ちの端末を使わずにSIMフリースマホとセットで契約するのもありですよ。

au系の格安SIMはドコモ系と比べて通信速度が安定する傾向があります(ドコモ系はユーザー数が多すぎて回線混雑を起こしやすい)。

格安SIM乗り換え後も快適にデータ通信をしたい方は、au系の格安SIM会社を検討するといいですよ。ぜひ、お気に入りの1社を見つけて下さいね。

【格安スマホ】10月の申し込み
UQモバイル
uqモバイルのロゴ
  • 月額料金:980円~
  • 端末セット:1980円~
  • 評価:4.1pt/5.0
  • 特徴:安定した通信速度とauのサブブランドである安心感。初めての格安SIMに。

 

詳細ページキャンペーン

LINEモバイル
LINEモバイル
  • 月額料金:500円~
  • 端末セット:1150円~
  • 評価:4.6pt/5.0
  • 特徴:LINE、SNSが使い放題。圧倒的な使いやすさを誇る格安SIM。

 

詳細ページキャンペーン

mineo
mineoのロゴ
  • 月額料金:700円~
  • 端末セット:1310円~
  • 評価:4.1pt/5.0
  • 特徴:トリプルキャリア対応。TV CMでもおなじみの格安SIM。

 

詳細ページキャンペーン

あわせて読みたい