iPhone 11を安く買うなら

機種を変えなくてもOK!ソフトバンクから格安SIMへ乗り換える方法

ソフトバンクから格安SIM

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えるには、どうすればいい?

いざ、格安SIMへ乗り換えるとなると、疑問点がわいてきますよね。

まず気になるのが、手持ちのソフトバンクスマホ(iPhone)は格安SIMでも使えるのか。結論から言うと、SIMロック解除不要でソフトバンクスマホを利用できます。

また、おすすめの格安SIMから、デメリット・注意点も気になるところ。

この記事では、ソフトバンクから格安SIMへの乗り換えを検討しているすべての方に、具体的な手順を解説しています。ぜひ、参考にして下さいね。

1.ソフトバンクから機種を変えずに格安SIMへ乗り換えるなら

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えると、新しい端末を買わないとダメですか?

いいえ、今使っているソフトバンクのスマホをそのまま格安SIMに使えるわ。詳しく説明していくわね。

1-1.ソフトバンク系の格安SIMと契約しよう

手持ちのソフトバンク端末を格安SIMでそのまま使えれば、端末の購入代金は0円に。最大限に負担を減らせます。

ソフトバンク端末のまま乗り換える方法は、とても単純。「ソフトバンク系(ソフトバンクから回線を借りている)の格安SIM」と契約すればいいだけです。

ソフトバンク系の格安SIM

主要な格安SIMでソフトバンク回線を使っているのは上記の2社です。おすすめは断然LINEモバイルです。その理由は料金が安いから。

ソフトバンク系の格安SIMは、ドコモ・auより利用料金が高くなるのですが(ソフトバンクからの回線レンタル料が高い)、LINEモバイルはソフトバンクの傘下なので優遇されています。

そのため、ソフトバンク系にもかかわらず激安で運用可能。月額2000円以下でソフトバンクスマホ(iPhone含む)を維持できますよ。

もちろん、iPhoneも利用可能。SIMロック解除できない、iPhone 6以前も利用OKです。

そういえば、同じソフトバンクグループのY!mobileは乗り換えられないんですか?

SIMロック解除しないと無理ね。同じグループ内だけど技術的な理由で、ソフトバンクスマホをそのまま使い回すことはできないわ。

なお、ソフトバンクの子会社であるY!mobileは、自社回線を使う事情もありソフトバンクスマホをそのまま使えません。

Y!mobileに乗り換えたいなら、次に解説するSIMロック解除を行って下さい。

1-2.SIMロック解除すれば全格安SIMが使える(2015年5月以降発売のみ)

ちょっとソフトバンク系の格安SIMって少ないですよね?

ええ、そうね。選択肢を広げたいならSIMロック解除するしかないわ。

実は、格安SIMはほとんどがドコモ・au系なので、ソフトバンクスマホは選択肢が限られます(個人的にはLINEモバイルとmineoで十分だと思いますが)。

もし、契約する格安SIMの選択肢を最大限に広げたいのなら、ソフトバンクスマホをSIMロック解除しましょう。

SIMロック解除の条件

  • 2015年5月以降に発売された端末
  • 購入者本人がSIMロック解除手続きを行う
  • 現ソフトバンクユーザー
  • ソフトバンクを解約してから90日以内
  • 端末を分割購入した場合、101日以上経過している

条件に問題なければ、以下の手順でSIMロック解除が可能です。

SIMロック解除の手順

  1. My SoftBank」にアクセスする
  2. 「契約確認」をタップ
  3. 「SIMロック解除対象機種の手続き」をタップ
  4. IMEIを入力する
  5. 「解除手続きする」をタップ

IMEI(端末製造番号)は、メニューの「設定」から「端末情報」→「端末の状態」→「IMEI情報」に15桁の数字で記載されています。

なお、ソフトバンクショップでもSIMロック解除の手続きは可能ですが、手数料が3000円も取られるのでおすすめはしません。My SoftBankから手続きすれば無料です。

1-3.SIMロック解除できない端末なら端末セットで契約しよう

手持ちの端末がSIMロック解除できない場合は、諦めて「新しいSIMフリースマホ」を購入しましょう。キャンペーンが重なれば、1万円以下で購入可能です。

2~3万円の端末なら、カメラ性能も新型iPhone並ですし、レスポンスも早いです。

2015年5月以前のiPhoneでもLINEモバイルなら使える

SIMロック解除できない2015年以前のiPhoneシリーズ(6/6 Plus/5s/5c/5)をどうしても使いたい場合は、LINEモバイルに契約しましょう。

LINEモバイルなら、SIMロック解除なしで2015年5月以前のiPhoneを使えます。

lineモバイルの動作確認iPhone 5も動作確認されている(LINEモバイル)

>>LINEモバイルの申し込みページへ

2.MNP対応!ソフトバンクから格安SIMに乗り換える手順

ソフトバンクから格安SIMへの乗換方法がよく分かりません・・。店舗に行かないとダメですか?

格安SIMは店舗サービスがほとんど無いの。だけど安心して。オンラインから10分で申し込みできるわよ。

※現在の電話番号が変わってもいい場合はSTEP1を飛ばして下さい。MNPなしの新規契約の場合、ソフトバンクは自動解約にならないので格安SIM契約後に一般解約しましょう。

【STEP1】電話番号を変えないならMNP予約番号を取得する

MNP予約番号?

今使っている電話番号を格安SIMに引き継ぐ際に必要となる番号よ。

今使っている電話番号を格安SIMで引き継ぐなら、ソフトバンクからMNP予約番号を取得する必要があります。

MNP予約番号は、ソフトバンクショップ、電話、オンライン(ガラケーのみ)から取得可能。

一番簡単なのが、電話での取得です。

電話でMNP予約番号を取得

  • *5533(ソフトバンク携帯電話から)
  • 0800-100-5533(その他)
  • 受付時間:9:00~20:00(年中無休)

通話料は無料です。音声ガイダンスに従って1番「MNP予約のお申込み」を押して、暗証番号を入力しましょう。

暗証番号を忘れた場合でも、待機しておくと自動的にオペレーターに繋がります(名前・生年月日で本人確認)。

所要時間は3分ほど。引き止めポイント(通称コジ割)の話が出ても無視して下さい。通話が終わると、SMSにてMNP予約番号が通知されます。

なお、ガラケーの方はオンラインからの取得がおすすめです。

オンラインでMNP予約番号を取得(ガラケーのみ)

  1. My SoftBankにログインする
  2. 「設定・申込」→「設定・変更」→「契約者情報の変更」と選択
  3. 「番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き」を選ぶ
  4. 「番号ポータビリテリティ(MNP)予約(予約番号の発行)」から発行手続き

受付時間は午前9時から午後9時半までとなります。

ソフトバンクから取得した、MNP予約番号には15日間の有効期限があります(実際は11日以上残っている必要あり)。MNP予約番号を取得したら、すぐに格安SIMへ申し込みましょう。

ちなみに、MNP予約番号を取得した時点で、ソフトバンクとの契約が解除されるわけではないのでご安心を。

更新月なら違約金0円、月初は少し損した気分になる

更新月にソフトバンクを解約・MNPすれば、違約金(9800円)はかかりません。

更新月のチェック方法

  1. My SoftBankにアクセス
  2. 「契約内容の確認・変更」を選択
  3. 「モバイル契約」の「料金プラン」欄で更新期間をチェック

更新月が先の場合は、違約金を払ってでも格安SIMに乗り換えましょう。月々のスマホ代が大幅に安くなるので、4ヶ月ほどで元が取れます。

なお、解約月はほとんどのプランで日割りが効きません。月初・月末でも関係なく1ヶ月分の利用料金が発生します。

どうせなら、月半ばまでソフトバンクを使ってから乗り換えたほうが、お得感があります。

【STEP2】オンラインで10分!格安SIMに申し込む

格安SIMの契約はとっても簡単。オンラインで、各事業者の公式サイトにアクセスして申込むだけです。

ソフトバンクから乗り換えにおすすめの格安SIM

■ソフトバンク端末を使うなら

■新しい端末で契約するなら

申し込みページにアクセスしたら、画面に沿って以下の項目を入力していきます。

申し込みの流れ

  1. SIMカード種別の選択
  2. 端末セットの選択
  3. 料金プランの選択
  4. 契約者情報の入力
  5. 支払い情報を入力

SIMカード種別は、MNPするなら必ず音声通話SIMを選んで下さい。ソフトバンクから取得したMNP予約番号もここで入力します。

lineモバイルの申込み8MNP予約番号の入力画面(LINEモバイル)

データ容量を選ぶ際は、My SoftBank(料金・支払い管理の画面)か請求書から、1ヶ月のデータ消費量を確認しておくといいでしょう。

なお、MNPする場合は、ソフトバンクへ解約の連絡は不要です。

必要事項を入力できたら、最後に本人確認書類をアップロードします。運転免許証、パスポート、健康保険証など写真にとって、確実にアップして下さいね。

SIMカードが届くまで、ソフトバンクの契約で通話・ネットが使える

実際に格安SIMへ乗り換えるのは、このあとの開通手続きを行ったあとです。そのため、SIMカードが到着する2~3日の間は、ソフトバンクの契約で通話もネットも使えます。

空白期間は無いので安心して下さいね。

【STEP3】SIMカードが届いたら開通手続き&APN設定

SIMカードが到着したら最後に開通手続きを行います。各社、開通手続き(MNP転入)のやり方は異なりますが、指定の開通センターに電話するかマイページから手続きするだけです。

開通手続きが終わったら、ソフトバンクとの契約は自動で解約となります。連絡は不要です。

手持ちのソフトバンク端末で乗り換える方は、最後にネット接続に必要なAPN設定を行いましょう。

まずは、SIMカードを入れ替え。

IIJmioの設定3

APN設定は、マニュアルに沿って手続きすれば、5分かからず終わります。

IIJmioの設定5

端末を変える方は、データ移行も忘れずに。AndroidならGoogleアカウントとmicroSDで、電話帳や画像データを簡単に移行できます。

iPhoneは、iTunesかアプリで、新しい端末へデータ移行できます。

以上で、ソフトバンクから格安SIMの乗り換えは完了です。

MNPならソフトバンクの契約は自動解約

ソフトバンクに解約の連絡は必要ですか?

MNPで乗り換える場合は必要ないわ。

MNPする場合は、ソフトバンクの契約は開通手続き後に自動解約されます。

ソフトバンクショップに出向いての解約手続きは不要ですし、格安SIMとの2重請求の心配もありません。なお、MNPする際は、MNP転出手数料(3000円)が別途必要となります。

iPhoneからの乗り換えも!端末のデータは消えません

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えても、端末のデータは一切消えないので安心して下さい。

端末内のデータ

  • ソフトバンクスマホをそのまま使う → 今まで何も変わらない
  • 新しい端末の乗り換える → アプリなどでデータ移行できる

3.ソフトバンクから格安SIMに乗り換える際の注意点&デメリット

最後に、ソフトバンクから格安SIMに乗り換える際の注意点があるから確認してね。

(1)ソフトバンクで貯めたポイントは無くなる

ソフトバンクでは、月額料金を支払うごとにTポイントが還元されています。

すでにTカードと連携している場合は、ソフトバンクを解約してもポイントがなくなることはありませんが、連携していない場合は解約と同時に失効してしまいます。

もしTカードを持っている場合は、解約前に連携手続きを行っておきましょう。

Tカードを所持していない場合は、ソフトバンクの支払いに充ててTポイントを使い切るのがおすすめです。

Tポイントを月額料金の支払い充てる手順

  1. My SoftBankにアクセス
  2. メニューから「ポイント」→「使う」を選択
  3. 「通信料に使う(My SoftBankで申し込む)」を選択
  4. 「支払いに利用する」→「保有Tポイントをすべて使う」を選択

これで、当月分の月額料金が割引となります。

(2)ソフトバンクのキャリアメールは使えない

ソフトバンクを解約すると、「~@softbank.ne.jp」のキャリアメールアドレスが使えなくなります。

格安SIMへ乗り換える前に、「Gmail」などフリーメールアドレスを事前に取得しておきましょう。

家族や友人にメールアドレス変更を知らせる際は、ソフトバンク解約前のキャリアメール本文に新しいアドレスを記載して送り、相手先で受信許可アドレスに追加設定してもらうと確実です。

4.【まとめ】ソフトバンクから格安SIMへの乗り換えは超簡単です

携帯会社を変えるのは何となく難しそうなイメージがありますが、実際とても簡単です。

ソフトバンクから格安SIMへの乗り換えは、オンラインで10分。難しいことはありません。

格安SIMは、手持ちのソフトバンクスマホをSIMロック解除無しで使うことも可能です。その場合は、ソフトバンク系の格安SIMに申し込んで下さいね。

もう一度、復習しよう

>>機種を変えずにソフトバンクから格安SIMへ

>>ソフトバンクから格安SIMに乗り換える3ステップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。