おすすめの格安SIM比較

【2018年】おすすめの格安SIMを6項目で完全比較

格安SIM比較

どうやって格安SIMを選べばいいのかお悩みではありませんか?

格安SIMの提供会社は国内だけでおよそ600社。すべての格安SIMを比較検討するのは不可能です。主要な格安SIMに絞れば20社程度となりますが、それでも自分にぴったりの格安SIMを自力で見つけるのは困難でしょう。

この記事では主要な格安SIMをあらゆる角度から徹底比較。通信速度、月額料金、プラン内容など様々な項目で鋭く比較しています。プロが選んだ総合ランキングも掲載していますよ。自分に合った格安SIMを探している方は、ぜひ参考にして下さいね。

\前置きなし/

今すぐ総合ランキングを見る

0.格安SIMの選び方

おすすめだけ並べられても、契約したい格安SIMを一つに絞れない・・・。そんなあなたは以下の基準で格安SIMを選びましょう。

おすすめ1 動画好きなら通信速度を重視

格安SIMは大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)と比べて通信速度が劣ります。そのため、多少の不便さは覚悟が必要ですが、動画が好きな方は大きなストレスとなる可能性があります。動画好きにおすすめなのが、他の項目を完全無視して単純に通信速度だけで選ぶ方法。

他社より多少利用料金が高くても、通信速度さえ快適ならそれでいいという考え方です。オンラインゲームが好きな方も通信速度が速い格安SIMを選びましょう。格安SIM初心者の方はあまり通信速度にこだわりすぎなくて大丈夫です。LINE、SNSはもちろん、どの格安SIMでも普通にネットが使えます。

おすすめ2 目的に応じて好みのプランから選ぶ

3社しか無い大手キャリアと違って格安SIMサービスは数多く存在します。そのため、格安SIMによって選べる料金プランやオプション内容が様々です。

例えば、格安SIMには以下のような特徴があります。

  • シェアプランが利用できる
  • 無制限プランが利用できる
  • かけ放題オプションが充実している
  • SNSや動画アプリが使い放題
  • とにかく利用料金が安い

格安SIMは会社によってそれぞれ得意分野が違います。この記事ではあらゆる角度から格安SIMを比較しているので、あなたの目的に合った1社がきっと見つかることでしょう。

おすすめ3 現在の携帯電話で乗り換えるなら回線を考慮

格安SIMは大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)から通信回線をレンタルしています。そのため、手持ちの端末で持ち込み契約する場合はドコモ回線の格安SIMならドコモ端末、au回線の格安SIMならau端末といったようにキャリアを合わせれば契約がスムーズです。

回線を合わせれば、SIMロック解除の手続き無しでSIMカードを入れ替えるだけで格安スマホに乗り換えができます。手持ちの端末を使うなら、乗り換えやすさを重視して回線別のおすすめ格安SIMを参考にするといいでしょう。

おすすめ4 どうしても迷うなら総合ランキングが無難

何を選べばいいのか分からない方は、全体的にバランスの取れた格安SIMがおすすめです。
記事の後半に、通信速度・月額料金・プラン内容とあらゆる項目でバランスの取れた格安SIMをランキングで紹介しています。

はじめての格安SIMで、どこを選べばいいのかまったく分からない方でも、契約して後悔することがない会社を厳選していますよ。

【比較1】通信速度が速い格安SIM

格安SIMの通信速度を比較する場合は、スピードテストの結果だけでなくYoutubeやWEB閲覧の読込み時間も考慮すると、よりリアルな使い心地が分かります。そこで、実際に格安SIMの通信速度を計測してみました。

計測時間は回線混雑で速度低下が起こる12時から13時に行いました。普段は30Mbps以上の高速でもお昼になると1Mbpsを切る格安SIMもあるため、公表されている理論値よりも信頼できる数値となっています。

測定条件

  • 測定アプリ:4GMark
  • 測定日:平日12時~13時
  • 測定場所:神奈川県横浜市
  • 測定機種:arrowsM03、iPhone6 Plus

通信速度を重視すべき人

  • Youtubeが好き
  • Instagramを頻繁に見る
  • ゲームのヘビーユーザー

必要な通信速度の目安

  • メール・LINE:0.2Mbps
  • WEBサイト閲覧:1Mbps
  • 動画再生(低画質):0.5Mbps
  • 動画再生(普通画質):1Mbps
  • 動画再生(高画質):2Mbps
  • アプリのダウンロード:3Mbps

通常の使い勝手なら1Mbpsでも十分です。しかし、動画やゲームを重視する方は5Mbps以上の格安SIMがおすすめとなります。

通信速度の測定結果は以下の通りです。

格安SIM 総合ポイント ダウンロード
(Mbps)
アップロード
(Mbps)
Youtube
(秒)
WEB閲覧
(秒)
Ymobile 33569 48.4 28.2 2.35 4.06
NifMo 23600 35.2 25.7 1.78 4.15
au(参考) 14694 25.56 4.83 4.73 4.54
UQモバイル 12415 20.59 7.41 4.08 5.38
イオンモバイル 9709 14.4 12.9 2.95 5.52
LINEモバイル 5133 1.5 21.3 6.74 7.88
mineo
(Aプラン)
4765 6.8 12.2 14.71 8.68
mineo
(Dプラン)
4711 3.6 15.2 14.81 7.32
nuroモバイル 2280 11.6 6 再生できず 6.2
BIGLOBEモバイル 2269 3 4.9 24.75 5.88
楽天モバイル 1052 1.2 9 再生できず 3.97
IIJmio
(タイプA)
884 0.9 2.5 21.3 7.07
DMMモバイル 124 1.1 4.9 再生できず 5.37
OCNモバイルONE 19 0.4 0.6 再生できず 閲覧できず

通信速度が断トツに早いのはY!mobileです。大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)さえも凌ぐ通信速度はもはや反則との声も。格安SIMで唯一自社回線を持つY!mobileは最大速度だけでなく、1日を通した安定感も抜群です。

2位以下は日によって入れ替わります。安定して常に上位なのがUQモバイルです。UQモバイルはau端末の方ならそのまま乗り換えできる格安SIMとなります。通信速度は速いに越したことはありませんが用途によってはそこまで速いスピードは必要ありません。

通信速度で選ぶなら

格安sim 通信速度
格安SIMの通信速度を比較【安定感を重視】 格安SIMを使いたいけど、通信速度が速くないと嫌! 月額料金が安くなることは分かっていても、通信速度を犠牲にするのは我慢できないで...

【比較2】月額料金が安い格安SIM

ここでは、データ通信量別に月額料金を比較。最安価格の格安SIMを算出しました。とにかく安く格安SIMを使いたい方は必見です。

(1)音声通話SIM

電話番号付きの通話機能を備えたSIMカードを使用する場合は、音声通話SIMと契約します。MNPの手続きを行えば、現在利用中の電話番号を引き継ぐことが可能です。

格安SIM 500MB 1GB 3GB 5GB 6GB 7GB 10GB 20GB 30GB
楽天モバイル 1,600 2,150 2,960 4,750 6,150
LINEモバイル 1,200 1.690 2,220 2,880 3,220
UQ mobile 1,680
mineo
(Aプラン)
1,310 1,410 1,510 2,190 3,130 4,590 6,510
mineo
(Dプラン)
1,400 1,500 1,600 2,280 3,220 4,680 6,600
IIJmio
(タイプA)
1,600 2,220 3,260
IIJmio
(タイプD)
1.600 2,220 3,260
BIGLOBEモバイル
(タイプD)
1,400 1,600 2,150 5,200 7,450
BIGLOBEモバイル
(タイプA)
1,400 1,600 2,150 5,200 7,450
OCN モバイル ONE 1,800 2,150 3,000 4,850 6,750
イオンモバイル 1,130 1,280 1,980 4,680 6,080
DMMモバイル 1,260 1,500 1,910 2.560 2,890 4,680
エキサイトモバイル 1,370 1,600 4,680 6,680
nuroモバイル 1,600 2,000 2,200 2,400 3,000
NifMo 1,600 2,300
b-mobile 1,300 1,800 2,300
U-mobile 1,580 1,980

音声通話SIMの価格は、イオンモバイルとDMMモバイルの安さが目立ちます。イオンモバイルは利用者の多い6GBプランで唯一2000円を切っているのが注目ポイントです。DMMモバイルは業界最安値を目指しているだけあり全体的に低価格です。

データ通信量別で各社比較すると、多くの項目で最安値となっていることが分かります。その他、楽天モバイル、BIGLOBEモバイル、mineoも全体的に価格が安いです。

価格の安さで選ぶなら(音声通話SIM)

スマホ
最安はどこ?格安SIMの料金比較格安SIMは文字通りスマホの料金が安くなるのが特徴です。しかし、一言で「格安SIM」と言っても、具体的にどれくらいの料金で利用できるのか...

(2)データ通信専用SIM

電話番号が必要ない方はインターネット専用のデータ通信専用SIMで契約します。電話番号は付与されませんが、LINEなど無料通話アプリで通話することは可能です。

格安SIM 500MB 1GB 3GB 5GB 6GB 7GB 10GB 20GB 30GB
楽天モバイル 900 1,450 2,260 4,050 5,450
LINEモバイル 500 1,110 1,640 2,300 2,640
UQ mobile 980
mineo
(Aプラン)
700 800 900 1,580 2,520 3,980 5,900
mineo
(Dプラン)
700 800 900 1,580 2,520 3,980 5,900
IIJmio
(タイプA)
900 1,520 2,560
IIJmio
(タイプD)
900 1,520 2,560
BIGLOBEモバイル
(タイプD)
900 1,450 4,500 6,750
OCN モバイル ONE 1,100 1,450 2,300 4,150 6,050
Y!mobile 1980 3696
イオンモバイル 480 1,480 3,980 5,380
DMMモバイル 480 850 1,210 1,860 2,190 3,980
エキサイトモバイル 670 900 3,980 5,980
nuroモバイル 900 1,300 1,500 1,700 2,300
NifMo 900 1,600
b-mobile 500 1,000 1,500
U-mobile 790 1,480

音声通話SIMの比較結果と同じく、イオンモバイルとDMMモバイルの安さが目立ちます。大容量プランはイオンモバイル、小容量プランはDMMモバイルが安いです。また、mineoも全体的に低価格でお得となっています。

価格の安さで選ぶなら(データ通信専用SIM)

データ通信
データ通信のみで契約できる格安SIMおすすめ4選格安SIMには大手キャリアのように電話とデータ通信ができる「音声通話SIM」のほかに、データ通信しかできない「データ通信専用SIM」もあ...

(3)データ通信量の選び方

メール、LINE中心の方は3GB以下の小容量で十分です。3GBでも毎日WEBサイトを150ページ以上閲覧することができます。動画やゲーム好きでWi-Fi運用できない方は大容量でないとデータ通信量が足りません。最低でも7GB以上は欲しいところです。

どれくらいのデータ通信量を選べばいいかわからない場合は、とりあえず3〜5GBプランで申込みましょう。格安SIMの料金プランは後でネットから簡単に変更できるため、あまり悩みすぎなくても大丈夫です。

データ通信量別で格安SIMを選ぶ

【比較3】回線別のおすすめ格安SIM

格安SIMはドコモ・au・ソフトバンクから回線を借りて運用しています。そのため、ドコモ回線ならドコモ端末、au回線ならau端末がSIMロック解除無しで格安SIMに乗り換えできる可能性が高いです。

格安SIMで手持ちのキャリア端末を使いたい方は、回線別で契約先を選ぶのも一つの手でしょう。

(1)ドコモ回線

格安SIMのほとんどがドコモ回線を使用しています。ドコモユーザーの方は、ドコモ回線の格安SIMなら手持ちの端末で乗り換えが可能です。

ドコモ回線の格安SIM

格安SIM 料金の安さ 通信速度 口座振替 実店舗 無制限プラン
楽天モバイル
OCNモバイルONE
イオンモバイル
nuroモバイル
mineo
BIGLOBEモバイル
DMMモバイル
LINEモバイル
U-mobile
NifMo
IIJmio
エキサイトモバイル

ドコモ回線では格安SIMで最もユーザー数が多い楽天モバイルが、全体的にバランスが取れています。弱点だった通信速度も速度低下する時間帯以外では随分と速くなりました。mineoも欠点らしい欠点がなく、格安SIM全体で2位のユーザー数を誇る人気ぶりです。

その他、LINE・SNSアプリがカウントフリーで使い放題のLINEモバイルもおすすめ。LINEユーザーにとって最も使いやすい格安SIMです。

ドコモ回線から格安SIMを選ぶなら

ドコモのロゴ
ドコモ回線でおすすめの格安SIMを比較ドコモ回線の格安SIMを契約したいけど、数が多すぎてどれを選べばいいのか分からない・・・ au系、ソフトバンク系の格安SIMと比べ...

(2)au回線

高品質で優良企業が出揃うau系の格安SIM。ドコモ回線より数が多くないため、回線混雑による速度低下が起きにくいメリットがあります。au端末をそのまま使用したauユーザーの方は必見です。

au回線の格安SIM

格安SIM 料金の安さ 通信速度 口座振替 実店舗 無制限プラン
UQモバイル
mineo
IIJmio
BIGLOBEモバイル
QTモバイル
J:COMモバイル

au回線の格安SIMは、本家auの子会社であるUQモバイルが最もおすすめ。通信速度が断トツで速いだけでなく、口座振替対応や全国の店舗展開などサポート面もしっかりしています。

その他、独自のサービス内容でユーザー満足度の高いmineo、動画見放題のエンタメフリーオプションが使えるBIGLOBEモバイルも注目の格安SIMです。

au回線から格安SIMを選ぶなら

おすすめはどこ?au系の格安SIMを完全比較現在、格安SIMのほとんどはドコモ回線を利用しています。しかし、中にはauの端末を使いたいからau回線の格安SIMを使いたいという人もい...

(3)ソフトバンク回線

ソフトバンク回線の格安SIMは数が限られます。また、ソフトバンク系の格安SIMは、ソフトバンク端末でもSIMロック解除が必要なケースが多いです。ドコモ、auと比べて充実度が劣りますが、今後は徐々に数が増えていくでしょう。

ソフトバンク回線の格安SIM

格安SIM 料金の安さ 通信速度 口座振替 実店舗 無制限プラン
Y!mobile
nuroモバイル
bモバイル
Uモバイル

ソフトバンク回線の格安SIMは通信速度やサービス品質でY!mobileが他社を大きくリードします。ただし、Y!mobileは自社回線も併用する格安SIMなので、ソフトバンク端末でもSIMロック解除が必要です。

参考:ソフトバンク端末をSIMロック解除する方法

ソフトバンク端末をそのまま使うなら、通信品質が高いnuroモバイルがおすすめ。2017年8月以降の機種なら、SIMロック解除不要で利用できます。その他、bモバイル、UモバイルはiPhoneのみSIMロック解除無しで利用可。ただし、Uモバイルのソフトバンク回線はデータ通信専用SIMのみ利用可能となります。

ソフトバンク回線から格安SIMを選ぶなら

【比較4】プラン内容別のおすすめ格安SIM

(1)シェアプラン

複数の回線を家族や友人と分け合えるシェアプラン。シェアプランは価格だけでなく、格安SIMによって追加できるSIMカードの枚数も異なります。

シェアプランが使える格安SIM

格安SIM 追加SIM料金/枚
(音声通話SIM)
追加SIM料金/枚
(データSIM)
最大SIM枚数
DMMモバイル 1~7GB:1000円
8GB~:700円
1~7GB:300円
8GB~:0円
3枚
IIJmio 1100円 400円 データSIM:10枚
音声通話SIM:5枚
BIGLOBEモバイル 900円 200円 5枚
OCNモバイルONE 1100円 400円 5枚
Y!mobile 0~980円 3枚
イオンモバイル 700円 0円 5枚
エキサイトモバイル 700円 0円 5枚

シェアプランは追加SIM料金の安さからイオンモバイルが最もおすすめです。イオンモバイルはシェアプランだけでなく通常料金も安いため、トータルのコスパに優れます。次点はIIJmio、最大10枚のSIMカードを追加できるのが魅力です。

シェアプランから格安SIMを選ぶなら

シェアプランが利用できる格安SIMを完全比較シェアプランが使える格安SIMと契約したい! この記事では、月額料金を賢く節約できる格安SIMのシェアプランを完全比較。 シ...

(2)無制限プラン

データ消費量を気にせず使い放題となる無制限プラン。大手キャリアには無い格安SIMだけのサービスです。

無制限プランが使える格安SIM

格安SIM 価格 高速データ通信
Uモバイル 2480円
bモバイル 1980円
UQモバイル 1980円
nuroモバイル 2500円
DMMモバイル 475円
楽天モバイル 1980円

最もおすすめなのが楽天モバイル。楽天モバイルはスーパーホーダイプランで契約すれば、速度制限時でも最低通信速度が1Mbpsとなります。事実上の1Mbps使い放題プランです。
次点はUモバイルの使い放題プラン。高速データ通信の使い放題ですが実測値は残念ながら1Mbps以下となる場合が多いです。

UQモバイルは500kbpsの使い放題でまずまずの使い心地。DMMモバイルは低速通信になりますが断トツの安さです。メール・LINE程度であれば十分使えます。nuroモバイルは1日5時間までの利用制限あり、bモバイルは実測値が遅いです。

無制限プランから格安SIMを選ぶなら

無制限で使えるおすすめの格安SIMを完全比較格安SIM、と聞くと料金が安い代わりにデータ通信量が少ないプランしかないと思っている人もいるかもしれません。しかし、中には高速通信が無制...

(3)かけ放題プラン

長時間通話する方に必須なのがかけ放題プラン。かけ放題プランは格安SIMによってオプション料金だけでなく利用できる通話時間も変わります。

かけ放題プランが使える格安SIM

格安SIM オプション料金 5分 10分 無制限
楽天モバイル 5分:850円
UQモバイル 5分:プラン込
mineo 10分:850円
Y!mobile 10分:プラン込
無制限:1500円
ONEモバイルONE 10分:850円
DMMモバイル 10分:850円
IIJmio 10分:830円
LINEモバイル 10分:880円
NifMo 10分:830円
nuroモバイル 10分:800円
イオンモバイル 10分:850円
無制限:1500円

格安SIMのかけ放題はY!mobileがリードしています。格安SIMで唯一、通話人数の条件無しで時間無制限かけ放題オプションを利用できます。3人までの上限付きですが、OCNモバイルONEも無制限のかけ放題が利用可能です。

イオンモバイルは050IP電話なら無制限かけ放題が利用できます。その他の格安SIMは5分、10分のかけ放題がメインです。回数の制限は無いので頻繁に短い通話を繰り返す方は利用してみましょう。かけ放題のオプション料金は800円~880円が相場です。

かけ放題から格安SIMを選ぶなら

通話する女性
格安SIMのかけ放題プランを通話タイプ別に完全比較格安SIM会社への転入を検討している方のなかには、通話料のことが気になって、乗り換えを躊躇している方もいるのではないでしょうか? ...

(4)ユニークなサービス内容

他社との差別化を図ろうと、格安SIMはそれぞれ独特のサービスを展開しています。ここでは、特にユニークな格安SIMのサービス内容を比較してみました。

ユニークなサービスを利用できる格安SIM

格安SIM サービス名 サービス内容
LINEモバイル カウントフリーオプション LINE、SNSが使い放題になる
BIGLOBEモバイル エンタメフリーオプション 人気動画アプリが使い放題になる
mineo フリータンク ユーザー同士でパケットをシェアができる
Y!mobile ソフトバンクWi-Fi ソフトバンクWi-Fiスポットが無料で利用できる
楽天モバイル 楽天会員割引 楽天会員なら基本使用料が毎月割引される

最も人気が高いのがLINEモバイルです。LINEをはじめ、SNS(Instagram、Facebook、Twitter)、LINE MUSICのデータ消費量が使い放題となるカウントフリーオプションは、若者に絶大な支持を得ています。

次点はYoutubeをはじめとした人気動画アプリが使い放題となるBIGLOBEモバイルが目立ちます。動画アプリのカウントフリーは他社には無いサービスです。その他、独自のサービスで人気なのがmineo。フリータンクだけでなくパケットシェア、パケットギフト、マイネ王(コミュニティサイト)など、楽しい仕掛けが盛りだくさんです。

ユニークなサービス内容から格安SIMを選ぶなら

※キャンペーン情報も注目です↓

格安SIMのキャンペーン
お得度で選ぶ!格安SIMのキャンペーン【2018年11月】キャンペーンを利用して格安SIM・格安スマホに乗り換えたい。せっかくお得に利用できるキャンペーンを見逃したくはないですよね。 格安...

【比較5】口座振替対応の格安SIM

格安SIMはクレジットカード払いが基本。クレジットカード払い以外なら、口座振替かデビットカードを使用します。中でも、口座振替払いは希望する方が多いでしょう。格安SIMの口座振替対応状況は、申し込みに手間がかかったり、厳しい条件が付いていたりと正直使い心地は悪いです。

しかし、一部の格安SIMでは面倒な条件無しで口座振替払いを選択できます。

口座振替振替対応の格安SIM

格安SIM 申し込み条件 振替手数料
UQモバイル 特になし なし
楽天モバイル 端末代金は利用不可 100円
OCNモバイルONE 電話申し込みのみ なし
BIGLOBEモバイル データ通信専用SIMのみ 200円
Y!mobile 実店舗契約のみ なし

格安SIMで口座振替を利用するならUQモバイルが最も好条件です。申し込みに条件はなく、誰でも口座振替払いを利用できます。次点は楽天モバイル。月額100円の振替手数料はかかりますが、オンライン契約で口座振替を選択できます。その他の格安SIMは、面倒な条件が付くためおすすめしません。

口座振替対応から格安SIMを選ぶなら

口座振替できる格安SIM
口座振替で契約できる格安SIMおすすめ8選格安SIMに乗り換えたいけど、クレジットカードが無いから申し込みができない・・・あなたは、そうお悩みではありませんか? この記事で...

【比較6】端末セットが充実している格安SIM

(1)SIMフリースマホの種類

SIMカードとともに、格安スマホ端末(SIMフリースマホ)をセット購入する場合は、購入できる端末の種類が気になりますよね。ここでは、セット購入できる端末の充実度を比較してみました。

格安SIM 端末の種類 iPhoneの有無
楽天モバイル
UQモバイル
mineo
Y!mobile
OCNモバイルONE
DMMモバイル
IIJmio
LINEモバイル
NifMo
nuroモバイル
イオンモバイル
BIGLOBEモバイル

UQモバイルと楽天モバイルは端末の種類が豊富なうえ、iPhoneの取扱もあります。特にUQモバイルは他社には無い端末が多いです。楽天モバイルはキャンペーンで端末代金が常に安い上、限定モデルも取り扱っています。

その他、IIJmioも端末の種類がトップクラスに多いです。約25種類から好きな端末を選ぶことができます。どの格安SIMも最新のSIMフリースマホは取り揃えていますが幅広い選択肢を希望するなら、端末の種類が豊富な格安SIMを選ぶといいでしょう。

参考:SIMフリースマホの最新おすすめランキング

SIMフリースマホの種類から格安SIMを選ぶなら

(2)iPhoneセット

iPhoneをセット購入できる格安SIMは4社に限られます。ここでは、iPhoneをセット購入できる格安SIMをピックアップしてみます。

iPhoneをセット購入できる格安SIM

格安SIM 購入できるiPhone 参考価格
Y!mobile
  • iPhone6s(32/128GB)
  • iPhoneSE(32/128GB)
  • iPhone6s(32GB):25920円
  • iPhoneSE(32GB):12960円
UQモバイル
  • iPhone6s(32/128GB)
  • iPhoneSE(32/128GB)
  • iPhone6s(32GB):26028円
  • iPhoneSE(32GB):108円
楽天モバイル
  • iPhoneSE
  • iPhoneSE(16GB):21800円
BIGLOBEモバイル
  • iPhone6s(32/128GB)
  • iPhoneSE(32/128GB)
  • iPhone6s(32GB):56400円
  • iPhoneSE(32GB):40800円

iPhoneのセット購入はUQモバイルとY!mobileが圧倒的に好条件です。事実上、2択に絞られていると言えます。楽天モバイルとBIGLOBEモバイルは価格の安さが実現できていません。なお、格安SIMで購入できるiPhoneは約2年の型落ちとなります。執筆時点では、iPhone6sが格安SIMで購入できる最新のiPhoneです。

iPhoneセットから格安SIMを選ぶなら

iPhoneをセットで購入できるおすすめの格安SIM格安SIMはiPhoneでも利用できます。大手キャリアのiPhoneをそのまま使うこともできますし、別途SIMフリー版iPhoneを購入...

【最終】格安SIMの総合比較ランキング

あらゆる角度から格安SIMを比較してきました。ここでは最終的におすすめしたい格安SIMをランキング形式でお伝えします。

1位 LINEモバイル

LINEモバイル

■Twitter・Instagramが手放せない方におすすめ

基本データ

  • 回線:ドコモ
  • 3日速度制限:なし
  • データ繰り越し:あり
  • 支払い方法:クレジットカード、LINE Pay、LINE Payカード

SNS依存な方はLINEモバイルで決まりです。LINEモバイルではLINE・Twitter・Facebook・Instagramがカントリーで使い放題。最上位プランならLINE MUSICも使い放題となります。動画を見すぎて仮に速度制限にかかってもSNSはずっと高速通信で楽しめます。

特に画像表示が大きいInstagramは通信速度が遅いとまともに開きません。Instagramが使えないのは死活問題という女子はLINEモバイルならいつでも快適に写真投稿やコメント閲覧が楽しめます。

その他、LINEモバイルは格安SIMの問題点であるLINEのID検索ができない問題もクリア。本家LINEらしく、アプリの使い勝手が大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)と変わらないのはもちろん、LINE Payによる利用料金の支払いも可能となっています。

料金プラン

音声通話SIM

プラン名 データ通信量 月額料金
LINEフリープラン 1GB 1200円
コミュニケーションフリープラン 3GB 3GB 1690円
コミュニケーションフリープラン 5GB 5GB 2220円
コミュニケーションフリープラン 7GB 7GB 2880円
コミュニケーションフリープラン 10GB 10GB 3220円
MUSIC+プラン 3GB 3GB 2390円
MUSIC+プラン 5GB 5GB 2720円
MUSIC+プラン 7GB 7GB 3280円
MUSIC+プラン 10GB 10GB 3520円

データ通信専用SIM

プラン名 データ通信量 月額料金
LINEフリープラン 1GB 500円
コミュニケーションフリープラン 3GB 3GB 1110円
コミュニケーションフリープラン 5GB 5GB 1640円
コミュニケーションフリープラン 7GB 7GB 2300円
コミュニケーションフリープラン 10GB 10GB 2640円
MUSIC+プラン 3GB 3GB 1810円
MUSIC+プラン 5GB 5GB 2140円
MUSIC+プラン 7GB 7GB 2700円
MUSIC+プラン 10GB 10GB 2940円

LINEモバイルの公式サイトはこちら

2位 UQモバイル

uqモバイルのロゴ

■通信速度を気にするauユーザーにおすすめ

基本データ

  • 回線:au
  • 3日速度制限:直近3日間で6GB以上
  • データ繰り越し:あり
  • 支払い方法:クレジットカード、口座振替

auスマホで格安SIMに乗り換える方で通信速度を最も重視するならUQモバイルが最適です。auのサブブランドであるUQモバイルは、格安SIM全体でもトップクラスの通信速度を誇ります。auに優遇されているのか速度低下する時間帯も安定して高速通信を実現。

ストレスが溜まりません。また、au回線を使用しているため、多くのauスマホはSIMロック解除無しでそのまま乗り換えが可能です。UQモバイルは全国に実店舗を展開。また格安SIMで唯一、条件無しで口座振替が使えるため速度だけでなくサービス面も非常に優秀です。

料金プラン

音声通話SIM

プラン名 月額料金 データ通信量
ぴったりプランS 1,980円 2GB
ぴったりプランM 2,980円 6GB
ぴったりプランL 4,980円 14GB
おしゃべりプランS 1,980円 2GB
おしゃべりプランM 2,980円 6GB
おしゃべりプランL 4,980円 14GB
データ高速+音声通話プラン 1680円 3GB
データ無制限プラン+音声通話プラン 2680円 無制限

データ通信専用SIM

プラン名 月額料金 データ通信量
データ高速プラン 1,980円 3GB
データ無制限プラン 2,980円 無制限

UQモバイルの公式サイトはこちら

>>現金13000円がキャッシュバックされる特設サイトはこちら

3位 mineo

mineoのロゴ

■初めての格安SIMが不安な方におすすめ

基本データ

  • 回線:au・ドコモ
  • 3日速度制限:直近3日間で6GB以上(Aプランのみ)
  • データ繰り越し:あり
  • 支払い方法:クレジットカード

今まで使ってきた大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)からいきなり格安SIMに乗り換えるのは不安・・・という方はmineoが最も安心できます。初心者が安心できる理由は、ユーザー同士の情報が活発なmineo独自の制度。

分からないことがあれば、mineoだけでなくユーザー同士が集うマイネ王にて何でも質問できます。もちろんmineoに関すること以外を聞いても大丈夫です。mineoユーザーだけが使えるフリータンクも魅力で、今月のデータ通信量がピンチな時は無料で1GBのデータ通信量を引き出せます。

他のmineoユーザーにデータ通信量をプレゼントできるパケットギフトも好評。マイネ王では質問に対するお礼としてチップ(少額のデータ通信量)を渡すこともできます。ユーザー感のつながりが強いmineoなら、初めての格安SIMでも安心ですよ。

料金プラン

音声通話SIM

プラン名 データ通信量 月額料金
Dプラン Aプラン
デュアルタイプ500MB 500MB 1400円 1310円
デュアルタイプ1GB 1GB 1500円 1410円
デュアルタイプ3GB 3GB 1600円 1510円
デュアルタイプ6GB 6GB 2280円 2190円
デュアルタイプ10GB 10GB 3220円 3130円
デュアルタイプ20GB 20GB 4680円 4590円
デュアルタイプ30GB 30GB 6600円 6510円

データ通信専用SIM

プラン名 データ通信量 月額料金
Dプラン Aプラン
シングルタイプ500MB 500MB 700円 700円
シングルタイプ1GB 1GB 800円 800円
シングルタイプ3GB 3GB 900円 900円
シングルタイプ6GB 6GB 1580円 1580円
シングルタイプ10GB 10GB 2520円 2520円
シングルタイプ20GB 20GB 3980円 3980円
シングルタイプ30GB 30GB 5900円 5900円

mineoの公式サイトはこちら

4位 Y!mobile

ymobile

■大手キャリアと同等のサービスを求める方におすすめ

基本データ

  • 回線: 自社・ソフトバンク
  • 3日速度制限:なし
  • データ繰り越し:なし
  • 支払い方法:クレジットカード、口座振替(店頭のみ)

ソフトバンクのサブブランドであるY!mobile。イーモバイル時代から通信サービスを提供する優良企業で、通信速度は大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)さえも上回るレベルです。

充実した実店舗サービスや本家のソフトバンクを超える通信速度、格安SIMで唯一使える時間無制限のかけ放題など、とにかくサービス内容のレベルが高いです。お昼・夕方の回線混雑で速度低下を起こす格安SIMですが、Y!mobileだけは自社回線を使っているため速度が落ちずに安定しています。

ソフトバンクWi-Fiが無料で利用できるのも嬉しいポイントです。キャリア端末(au・ドコモ・ソフトバンク)で乗り換える場合は必ずSIMロック解除が必要となりますが、メリットがデメリットを大きく上回る格安SIMと言えます。

料金プラン

音声通話SIM

プラン名 データ通信量 月額料金
スマホプランS 2GB 1,980円
スマホプランM 6GB 2,980円
スマホプランL 14GB 4,980円

データ通信専用SIM

プラン名 データ通信量 月額料金
データプランS 1GB 1,980円
データプランL 7GB 3696円

Y!mobileの公式サイトはこちら

5位 楽天モバイル

楽天モバイルのロゴ

■頻繁に楽天市場で買い物する方におすすめ

基本データ

  • 回線:ドコモ
  • 3日速度制限:なし
  • データ繰り越し:あり
  • 支払い方法:クレジットカード、デビットカード、口座振替

格安SIMユーザー数No1の楽天モバイル。圧倒的な支持を受ける人気の秘密は、楽天市場とのサービス提携です。楽天モバイルでは、楽天会員を徹底的に優遇。月額基本料の割引サービスや楽天スーパーポイントの付与といった特典を受けられます。

楽天市場で貯めたポイントはそのまま利用料金の支払いに充てることが可能。そのためポイントを加味すれば、楽天モバイルは実質最安値に近い格安SIMとなっています。買い物はAmazonより楽天市場派の方はスーパーホーダイの加入がおすすめ。楽天スーパーポイントの付与が2倍になります。

口座振替にも対応(端末代金のみ支払い不可)しているため、クレジットカードを持っていない方にも嬉しいです。

料金プラン

音声通話SIM

プラン名 データ通信量 月額料金
スーパーホーダイ プランS 2GB 1980円
スーパーホーダイ プランM 6GB 2980円
スーパーホーダイ プランL 14GB 4980円
ベーシックプラン 無制限 1,250円
3.1GBプラン 3.1GB 1,600円
5GBプラン 5GB 2,150円
10GBプラン 10GB 2,960円
20GBプラン 20GB 4,750円
30GBプラン 30GB 6,150円

データ通信専用SIM

プラン名 データ通信量 月額料金
ベーシックプラン 無制限 525円
3.1GBプラン 3.1GB 900円
5GBプラン 5GB 1,450円
10GBプラン 10GB 2,260円
20GBプラン 20GB 4,050円
30GBプラン 30GB 5,450円

楽天モバイルの公式サイトはこちら

6位 BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルのロゴ

■毎日2時間以上Youtubeを見る方におすすめ

基本データ

  • 回線:ドコモ・au
  • 3日速度制限:なし
  • データ繰り越し:あり
  • 支払い方法:クレジットカード

Youtubeから離れられない方は、BIGLOBEモバイル一択です。なぜなら、他の格安SIMにはない動画アプリ見放題のサービスがあるからです。人気の動画・音楽アプリが使い放題となるエンタメフリーオプションはBIGLOBEモバイルだけの独自サービスです。

対象アプリはYoutube、AbemaTV、Google Play Musicなど全10種類。Youtubeが含まれていることが最大の注目ポイントですね。毎月2週間足らずで速度制限にかかる方は8割方、動画アプリの見すぎが原因です。

BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションならデータ消費量を気にせず、さらにWi-Fi接続も不要でYoutubeを思いっきり楽しめますよ。エンタメフリーオプション以外にもiPhoneのセット購入者を対象としたスマホまる得プランなどお得なサービスが用意されています。

料金プラン

音声通話SIM

プラン名 データ通信量 月額料金
タイプD タイプA
音声通話スタートプラン 1GB 1400円 1400円
3ギガプラン 3GB 1600円 1600円
6ギガプラン 6GB 2150円 2150円
12ギガプラン 12GB 3400円 3400円
20ギガプラン 20GB 5200円 5200円
30ギガプラン 30GB 7450円 7450円

データ通信専用SIM

 

 

プラン名 データ通信量 月額料金
タイプD タイプA
3ギガプラン 3GB 900円 1020円
6ギガプラン 6GB 1450円 1570円
12ギガプラン 12GB 2700円 2820円
20ギガプラン 20GB 4500円 4620円
30ギガプラン 30GB 6750円 6870円

BIGLOBEモバイルの公式サイトはこちら

さあ、格安SIMに乗り換えよう

いかがでしたか?

格安SIMの提供会社は本当に多いので、どこを選べばいいのか分からなくなりますよね。
この記事では、様々な角度で格安SIMを比較してきました。大切なことは、自分は何を重視して格安SIMを選ぶのか決めること。

格安SIMによって得意分野が違うため、各社の特徴を確認しながら自分にピッタリの1社を見つけてくださいね。使い心地のいい格安SIMで素敵な格安スマホライフを送りましょう。