mineo(マイネオ)

13項目で完全比較!格安SIMのおすすめランキング

格安SIM

格安SIMの乗り換えを決めたけど、どこの通信事業者を選べばいいのか分からない・・・

格安SIMの乗り換えを決心するまでは良かったのですが、いざ契約する通信事業者を決めるとなると、動きが止まってしまいますよね。格安SIMを提供するサービス会社はおよそ600社あると言われています。

主要な格安SIM会社に絞っても20社程度あるため、自分にぴったりの通信事業者を見つけるのは至難の業です。

この記事では、数ある格安SIM会社から契約者数の多いTOP20社をピックアップ。さらに、様々な条件別に優れた格安SIM会社を比較しました。

通信速度を重視する方、月額料金の安さを重視する方、プラン内容を重視する方など、それぞれの用途別におすすめの格安SIMをまとめています。格安SIMをじっくりと比較・検討したい方はぜひ参考にして下さいね。

0.結論

好きなメニューを注文していいと言われたけど、選択肢が多すぎてどれを選べばいいのか分からなくなった経験はありませんか?

まずは、結局どの格安SIMを選べばいいのか分からなくなった方向けに、誰が契約しても安心できる通信事業者を選定しました。格安SIMに対して特にこだわりはないけど、人気のおすすめ会社を教えてほしい・・・という方は参考にしてください。

総合比較表

格安SIM 通信
速度
月額
料金
iPhone
セット
シェア
プラン
無制限
プラン
かけ
放題
口座
振替
セット
端末
総合点
楽天モバイル 11
UQモバイル 11
mineo 7
Y!mobile 10
ONEモバイルONE 8
DMMモバイル 8
IIJmio 7
LINEモバイル 6
NifMo 4
nuroモバイル 6
イオンモバイル 9
BIGLOBEモバイル 10

ランキング結果

最終結果は全体的にバランスが取れている格安SIM会社が出揃いました。最も重要なのは通信速度と月額料金のバランスです。月額料金は安いけど、通信速度が遅すぎると使いにくいです。

UQモバイル、楽天モバイル、Y!mobileは申し分ない通信速度です。また、この3社の共通点としては、かけ放題セットを提供している大手企業であることです。

かけ放題が料金プランにセットで付いていることでシンプルな契約が可能です。かけ放題セットの格安SIM会社はこの3社に限られるので、他社では予算的に難しいプランなのかもしれません。

サービスの充実度も大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)と変わりません。実店舗のサポートや口座振替の申し込みが可能です。UQモバイル、楽天モバイル、Y!mobileなら契約先として選んで後悔することはないでしょう。

おすすめランキングTOP3

1位UQモバイル

uqmobile

au回線のUQモバイルは、通信速度とサービス内容に優れた格安SIMです。auの子会社でもあるUQモバイルは、実店舗のサポートやプラン内容の充実度など大手キャリアに引けを取りません。

また、端末の種類も豊富で、UQモバイル限定のSIMフリースマホも取り扱っています。au版iPhoneを持っている方なら、SIMカードを差し替えるだけで毎月の利用料金を節約できますよ。

音声通話SIM

プラン 月額料金 データ通信量 最大通信速度
ぴったりプランS 1,980円 2GB 225Mbps
ぴったりプランM 2,980円 6GB 225Mbps
ぴったりプランL 4,980円 14GB 225Mbps
おしゃべりプランS 1,980円 2GB 225Mbps
おしゃべりプランM 2,980円 6GB 225Mbps
おしゃべりプランL 4,980円 14GB 225Mbps
データ高速+音声通話プラン 1680円 3GB 225Mbps
データ無制限プラン+音声通話プラン 2680円 無制限 500kbps

※おしゃべりプランは5分かけ放題付き、ぴったりプランは60〜180分の無料通話がつきます

データ通信専用SIM

プラン 月額料金 データ通信量 最大通信速度
データ高速プラン 1,980円 3GB 225Mbps
データ無制限プラン 2,980円 無制限 225Mbps

UQモバイルの公式サイトはこちら

あわせて読みたい
UQモバイル
UQ(ユーキュー)モバイルを実際に使って速度や評判を完全レビュー最近テレビでよく見るUQモバイル。実際の評判はどうなんだろう・・ そんなお悩みをお持ちではありませんか? この記事では、UQ...

楽天モバイル

楽天モバイル

格安SIMユーザー数No1の楽天モバイル。圧倒的な支持を受ける人気の秘密は、楽天市場とのサービス提携でしょう。楽天モバイルでは、楽天会員を優遇しているため、割引サービスを受けられたり利用料金から楽天ポイントを貯めることができたりします。

そのため、楽天会員であれば最もお得に格安SIMを利用できます。以前はユーザー数が多すぎて通信速度が低下しやすかったのですが、現在は回線増強により安定したデータ通信が可能です。

スーパーホーダイ(5分かけ放題付き)

プラン 月額料金 データ通信量 最大通信速度
プランS 1980円 2GB 262.5Mbps
プランM 2980円 6GB 262.5Mbps
プランL 4980円 14GB 262.5Mbps

音声通話SIM/データ通信専用SIM

プラン名 データ通信量 月額料金
音声通話SIM
月額料金
データSIM
通信速度
ベーシックプラン 無制限 1,250円 525円 200kbps
3.1GBプラン 3.1GB 1,600円 900円 262.5Mbps
5GBプラン 5GB 2,150円 1,450円 262.5Mbps
10GBプラン 10GB 2,960円 2,260円 262.5Mbps
20GBプラン 20GB 4,750円 4,050円 262.5Mbps
30GBプラン 30GB 6,150円 5,450円 262.5Mbps

楽天モバイルの公式サイトはこちら

あわせて読みたい
楽天モバイル
楽天モバイルを実際に使って速度や評判を完全レビュー楽天モバイルってどんな格安スマホ会社なんだろう・・・ 購入できる格安スマホ端末は普通に使えるのかな・・・ この記事では、楽天...

3位Y!mobile

ymobile

ソフトバンクのサブブランドであるY!mobile。ポケットWi-Fiなど古くから通信関連のサービスを提供してきた優良企業で、格安SIMサービスでも圧倒的な存在感を放ちます。

特に優れているのが通信品質です。通常の格安SIM会社は、大手キャリアから回線をレンタルしますが、Y!mobileだけはソフトバンク回線と自前の回線を併用して、安定した通信速度を実現します。

回線個雑を起こしやすい正午、夕方の時間帯も、他の格安SIM会社が1Mbps前後まで速度低下する中、Y!mobileは10Mbps以上の通信速度です。その他、全国トップクラスのスポット数を誇るソフトバンクWi-Fiも無料で利用することが可能です。

プラン名 データ通信量 月額料金 最大通信速度
スマホプランS 2GB 1,980円 350Mbps
スマホプランM 6GB 2,980円 350Mbps
スマホプランL 14GB 4,980円 350Mbps

※全プランに10分かけ放題付き

Y!mobileの公式サイトはこちら

あわせて読みたい
Y!mobile
Y!mobile(ワイモバイル)を実際に使って速度や評判を完全レビューY!mobileに乗り換えても大丈夫かな・・・ この記事では、Y!mobileの料金プランから通信速度まで全解説。端末レビューやデ...

1.格安SIM選びのポイント

格安SIMの選び方について理解しておきましょう。

1-1.何を重視するのかが重要

格安SIM選びの最も重要なポイントは何を重視するのかです。一見当たり前に見えますが、非常に奥が深いです。

例えば洋服を選ぶ時に、デザインを重視する方もいれば、暖かさや動きやすさなど機能を重視する方もいます。その他、価格の安さや芸能人が来た服、流行りのカラー、大事なイベントに来ていく服など、何を重視するのかによって購入する洋服は変わりますよね。

格安SIMもまったく同じで、通信速度や月額料金の安さなど何を重視するのかによって、おすすめの格安SIM会社は異なります。

何の根拠もなくおすすめを並べているだけの雑誌やWEBサイトを見かけますが、それでは自分にあった格安SIMを見つけられないでしょう。格安SIMを選ぶためには、何を大事なにするのか目的が必要です。

1-2.目的別 比較項目の見方

この記事では、格安SIMを以下の比較項目でまとめました。

  • 通信速度
  • 月額料金
  • iPhoneセット
  • ドコモ回線
  • au回線
  • ソフトバンク回線
  • シェアプラン
  • 無制限プラン
  • かけ放題プラン
  • 口座振替対応
  • セット端末の充実度
  • ユニークなサービス内容

どの比較項目を見ればいいのか分からないは場合、以下を参考にして下さい。

通信速度重視

動画やゲームが好きで通信速度が遅いのは耐えられない方は、以下の項目を参考にして下さい。実効速度で計測したデータをまとめています。

  • 通信速度を比較

月額料金の安さ重視

通信速度やプラン内容の充実度が多少落ちてもいいからとにかく節約したい方は月額料金で比較の項目を参考にして下さい。データ通信量別の最安価格を算出しています。

  • 月額料金を比較

乗り換えやすさ重視

現在使用している手持ちの端末で絶対に乗り換えたい、SIMロック解除など面倒な手続きをしたくない方は、手持ちの端末の乗り換えやすさを考慮に入れましょう。乗り換え安さを考慮する場合は、回線別(ドコモ、au、ソフトバンク)の項目を参考にして下さい。

  • ドコモ回線を比較
  • au回線を比較
  • ソフトバンク回線を比較

セット端末の充実度を重視

格安SIMカードとともに幅広い選択肢で格安スマホ(SIMフリースマホ)を選びたい場合は、セット端末の充実度を重視するといいでしょう。全体的なセット端末の充実度でも比較していますが、iPhoneを購入したい方はiPhoneセットの項目を参考にして下さい。

  • iPhoneセットを比較
  • セット端末の充実度を比較

プラン内容を重視

家族(複数人)で契約したいからシェアプランが充実した格安SIMがいい、データ消費量を気にしなくていい無制限プランがいい、などプラン内容を重視する方は以下の比較項目を参考にして下さい。

  • シェアプランを比較
  • 無制限プランを比較

通話を重視

格安SIMでたくさん電話をかけたい方はかけ放題プランの加入がおすすめです。ネットよりも通話重視の方は、かけ放題プランの充実度を重視しましょう。

  • かけ放題プランを比較

支払い方法を重視

格安SIMは基本的にクレジットカード払いとなります。そのため、クレジットカードを持っていない方は気に入った通信事業者が見つかっても契約できない可能性があります。

そうなってしまうと、せっかく格安SIM会社を選んだのに時間の無駄使いですよね。幅広い支払い手段を求めている方は、口座振替対応の格安SIMを選ぶといいでしょう。

  • 口座振替対応を比較

独自のサービス内容を重視

他とは違う独自のサービス内容を展開している格安SIMが気になる方は、ユニークなサービス内容で比較の項目を参考にして下さい。どれも同じに見える格安SIMですが、便利な独自サービスを展開している格安SIMをまとめています。

  • ユニークなサービス内容を比較

何を重視すべきか分からない場合

比較項目が多すぎて混乱してしまう、何を選べばいいのかまったく分からないという方は、全体的にバランスの取れた格安SIMをまとめている総合比較の項目を参考にして下さい。

はじめての格安SIM選びでどこと契約すればいいのかまったく分からない場合でも、総合比較のおすすめ会社なら特に不便なく快適に利用できますよ。特にこだわりがなく無難な選択をしたいなら総合比較から選んで下さいね。

  • 総合比較

2.通信速度を比較

格安SIMの通信速度を比較する場合は、理論値(ベストエフォート)ではなく、実行速度でなければ意味がありません。実際に通信速度を計測した実行速度の結果は以下となります。

2-1.比較表

格安SIM 平均速度 朝(9:30) 昼(12:30) 夕方(17:30)
Ymobile 11.82 17.16 8.64 9.66
OCNモバイルONE 6.14 9.97 6.56 1.88
nuroモバイル 19.23 27.08 13.09 17.52
NifMo 8.15 12.87 6.21 5.37
BIGLOBEモバイル 7.15 10.63 9.4 1.42
UQモバイル 6.29 10.4 7.18 1.29
LINEモバイル 4.49 8.75 3.54 1.19
mineo(Aプラン) 6.75 13.5 0.91 5.85
mieno(Dプラン) 13.78 17.32 12.1 11.93
イオンモバイル 7.1 15.32 2.81 3.18
楽天モバイル 10.81 25.87 2.47 4.1
DMMモバイル 6.41 9.41 5.41 4.42
IIJmio(タイプA) 2.91 5.53 2.4 0.79

2-2.ランキング結果

通信速度はnuro光でも有名なnuroモバイルが非常に速いです。次点で、mineo、Y!mobileと続きます。Y!mobileは独自回線を使用するため、1日中通信速度が安定しています。

ランク外だけどおすすめ

格安SIMの通信速度は速度測定日の環境に影響されます。調子が悪い日もありますが、ランク外だと、

  • UQモバイル
  • mineo(Aプラン)

の通信速度が速いです。UQモバイルとmineo(Aプラン)はau回線を利用しています。au回線は格安SIM会社が少ないため、回線混雑を起こし速度低下が起こる可能性が低いです。

1日中安定した通信品質を求めるなら、au回線の格安SIMは候補に入れておくといいでしょう。

2-3.比較のポイント

通信速度は速いに越したことはありませんが、用途によってはそこまで速いスピードは必要ありません。

必要な通信速度の目安は以下の通りです。

  • メール・LINE:0.2Mbps
  • WEBサイト閲覧:1Mbps
  • 動画再生(低画質):0.5Mbps
  • 動画再生(普通画質):1Mbps
  • 動画再生(高画質):2Mbps
  • アプリのダウンロード:3Mbps

上記の目安を考慮すると、平均通信速度が5Mbps以上出ていれば合格点と言えるでしょう。日常使いには問題ありません。4Kの高画質動画やアプリのマルチ対戦が好きな方は、平均通信速度10Mbps以上の格安SIMを選ぶといいですよ。

あわせて読みたい
体感速度で12社を比較!通信速度が本当に速い格安SIM格安SIMを使いたいけど、通信速度が速くないと嫌! 月額料金が安くなることは分かっていても、通信速度を犠牲にするのは我慢できないで...

3.月額料金を比較

通話機能を備えた電話番号付きのSIMカードを使用する場合は、音声通話SIMと契約します。もちろん、データ通信(インターネット)も利用可能です。

電話機能がないデータ通信(インターネット)だけのSIMカードが欲しい場合は、データ通信専用SIMと契約します。電話番号は付与されませんが、050通話アプリ、IP電話、LINE電話などは利用可能です。

ここでは、データ通信量別に月額料金を比較。最安価格の格安SIMを算出しました。

3-1.比較表

音声通話SIM

格安SIM 500MB 1GB 3GB 5GB 6GB 7GB 10GB 20GB 30GB 50GB
楽天モバイル 1,600 2,150 2,960 4,750 6,150
LINEモバイル
1,200 1.690 2,220 2,880 3,220
UQ mobile 1,680
mineo
(Aプラン)
1,310 1,410 1,510 2,190 3,130 4,590 6,510
mineo
(Dプラン)
1,400 1,500 1,600 2,280 3,220 4,680 6,600
IIJmio
(タイプA)
1,600 2,220 3,260
IIJmio
(タイプD)
1.600 2,220 3,260
BIGLOBEモバイル
(タイプD)
1,400 1,600 2,150 5,200 7,450
BIGLOBEモバイル
(タイプA)
1,400 1,600 2,150 5,200 7,450
OCN モバイル ONE 1,800 2,150 3,000 4,850 6,750
イオンモバイル 1,130 1,280 1,980 4,680 6,080 10,800
DMMモバイル 1,260 1,500 1,910 2.560 2,890 4,680
エキサイトモバイル 1,370 1,600 4,680 6,680 10,880
nuroモバイル 1,600 2,000 2,200 2,400 3,000
NifMo 1,600 2,300
b-mobile 1,300 1,800 2,300
U-mobile 1,580 1,980
DTI SIM 1,200 1,490 1,920 2,800 5,550
ロケットモバイル 1,250 1,400 1,800 2,400 4,670

データ通信専用SIM

格安SIM 500MB 1GB 3GB 5GB 6GB 7GB 10GB 20GB 30GB 50GB
楽天モバイル 900 1,450 2,260 4,050 5,450
LINEモバイル
500 1,110 1,640 2,300 2,640
UQ mobile 980
mineo
(Aプラン)
700 800 900 1,580 2,520 3,980 5,900
mineo
(Dプラン)
700 800 900 1,580 2,520 3,980 5,900
IIJmio
(タイプA)
900 1,520 2,560
IIJmio
(タイプD)
900 1,520 2,560
BIGLOBEモバイル
(タイプD)
900 1,450 4,500 6,750
OCN モバイル ONE 1,100 1,450 2,300 4,150 6,050
Y!mobile 1980 3696
イオンモバイル 480 1,480 3,980 5,380 10,300
DMMモバイル 480 850 1,210 1,860 2,190 3,980
エキサイトモバイル 670 900 3,980 5,980 10,180
nuroモバイル 900 1,300 1,500 1,700 2,300
NifMo 900 1,600
b-mobile 500 1,000 1,500
U-mobile 790 1,480
DTI SIM 600 840 1,220 2,100 4,850
ロケットモバイル 590 840 1,200 1,850 3,950

3-2.ランキング結果

価格の安さはイオンモバイルが目立ちます。12GB以上の大容量が他社と比べて安く、10GB未満でも多くのデータ通信量でTOP3の安さをキープしています。

DMMモバイルは業界最安値を目指しているだけあって、全体的に安価です。価格以外のサービス内容も充実しています。ロケットモバイルは価格の安さ以外にあまりいいところが無いため、契約はあまりおすすめできません。

ランク外だけどおすすめ

ランク外では大手企業の楽天モバイルやBIGLOBEモバイルも全体的に価格が安いです。mineoも十分に低価格と言えるでしょう。

3-3.比較のポイント

格安SIMと契約する際は必要なデータ通信量を選びますが、目安として以下を参考にしてください。

1日あたりに使用できるデータ消費量の目安

1GB/月 3GB/月 7GB/月
メール 6666通 20000通 46666通
LINE 16666通 5万通 116666通
LINE通話 1時間51分 5時間33分 12時間57分
LINEビデオ通話 6分30秒 19分30秒 45分30秒
Youtube低画質 11分 33分 1時間17分
Youtube高画質 3分 9分 21分
Yahoo!トップページ 133回表示 400回表示 933回表示
Twitter 67回表示 200回表示 467回表示
Facebook 67回表示 200回表示 467回表示
Googleマップ 44回表示 133回表示 310回表示
音楽ダウンロード 8曲 25曲 58曲
ゲームアプリ
ダウンロード
0.8回 2.5回 5.8回

メール、LINE中心の方は3GB以下の小容量で十分でしょう。WEBサイトも毎日150〜300ページは閲覧が可能です。ただし、動画やゲーム好きでWi-Fi運用しない方は大容量でないとデータ通信量が足りません。最低でも7GBは欲しいところです。

どれくらいデータ通信量を選べばいいのかわからない場合は、3〜5GBプランをとりあえず選んでおきましょう。料金プランは後で変更することが可能です。

あわせて読みたい
スマホ
600社の格安SIMを料金比較!あなたにおすすめプランとは?格安SIMは文字通りスマホの料金が安くなるのが特徴です。しかし、一言で「格安SIM」と言っても、具体的にどれくらいの料金で利用できるのか...

4.iPhoneセットを比較

格安SIMでもiPhoneを利用することは可能です。ただし、iPhoneをセット購入できる格安SIMは限られます。ここでは、iPhoneをセット購入できる格安SIM会社をすべて比較しました。通信事業者を選ぶ際は購入価格も参考にしてください。

4-1.比較表

格安SIM 購入できるiPhone 価格
Y!mobile
  • iPhone6s(32/128GB)
  • iPhoneSE(32/128GB)
  • iPhone6s(32GB):25920円
  • iPhoneSE(32GB):12960円
UQモバイル
  • iPhone6s(32/128GB)
  • iPhoneSE(32/128GB)
  • iPhone6s(32GB):26028円
  • iPhoneSE(32GB):108円
楽天モバイル
  • iPhoneSE
  • iPhoneSE(16GB):21800円
BIGLOBEモバイル
  • iPhone6s(32/128GB)
  • iPhoneSE(32/128GB)
  • iPhone6s(32GB):56400円
  • iPhoneSE(32GB):40800円
もしもシークス
  • iPhone6sPlus(32/128GB)
  • iPhone6s(32/128GB)
  • iPhoneSE(32/128GB)
  • iPhone6s(32GB):50800円
  • iPhoneSE(32GB):39800円

※価格は割引適用後の実質価格です

※UQモバイルのiPhoneSEはマンスリー割により実質0円に近い金額となっています

4-2.ランキング結果

iPhoneのセット購入はUQモバイルとY!mobileがぶっちぎりとなっています。楽天モバイルも頑張っていますが、ほぼ2択に絞られていると言ってもいいでしょう。

4-3.比較のポイント

iPhoneのセット購入はどれだけ割引が効くのかが大きなポイントです。UQモバイルとY!mobileはそれぞれau、ソフトバンクのサブブランドであるおかげなのか、格安SIMでは常に最新のiPhoneを取り揃えています。

次点は楽天モバイルとBIGLOBEモバイルが続きますが、UQモバイル、Y!mobileのような価格の安さは実現できていません。

5.ドコモ回線を比較

格安SIMのほとんどがドコモ系の回線を利用しています。現在ドコモユーザーの方なら、ドコモ回線の格安SIM会社と契約すれば、手持ちの端末をそのまま使用することが可能です。ドコモユーザーの方はぜひ参考にしてください。

5-1.比較表

格安SIM 料金の安さ 通信速度 口座振替 実店舗 無制限プラン
楽天モバイル
OCNモバイルONE
イオンモバイル
nuroモバイル
mineo
BIGLOBEモバイル
DMMモバイル
LINEモバイル
U-mobile
DTI SIM
NifMo
IIJ mio
FREE TEL
エキサイトモバイル

5-2.ランキング結果

楽天モバイルはユーザー数が最も多く、全体的にバランスも取れています。唯一の弱点だった通信速度も回線増強により格安SIMの中でトップクラスに早くなりました。

mineoも欠点らしい欠点がなく、格安SIM全体でも楽天モバイルに次ぐ2位のユーザー数を誇ります。LINEモバイルは価格、通信速度では特筆すべき点がないのですが、LINEやSNSアプリが使い放題となるカウントフリーオプションが充実している点が高評価です。

ランク外だけどおすすめ

ランク外であれば、全体的にバランスが取れているOCNモバイルONEとエンタメフリーオプション(指定動画アプリが使い放題)が使えるBIGLOBEモバイルがおすすめです。

ドコモ回線は格安SIM会社が集中しているので、非常に競争が激しいです。通信速度が速いnuroモバイルや月額料金が安いDMMモバイルも人気となっています。

5-3.比較のポイント

ドコモ回線は数が多すぎるためどこを選べばいいのか迷うかもしれません。その場合は、総合的にバランスの取れている1位から3位の通信事業者から選べば、まずハズレを引くことは無いですよ。

利用者数が最も多いドコモ回線なので、サービス内容も競争が激化。毎月のように新しいサービスが出てきているので、今後はより便利になるでしょう。

あわせて読みたい
ドコモのロゴ
根拠のある完全比較!ドコモ回線の格安SIMおすすめ14選ドコモ回線の格安SIMを契約したいけど、数が多すぎてどれを選べばいいのか分からない・・・ au系、ソフトバンク系の格安SIMと比べ...

6.au回線を比較

ドコモと比べると数は劣りますが、高品質で優良企業が出揃うau系の格安SIM。au回線の格安SIM会社はドコモ回線ほど数が多くないため、回線混雑を起こさず通信速度が安定するメリットがあります。

また、auユーザーなら、auのスマホをそのまま使用することも可能ですよ。

6-1.比較表

格安SIM 料金の安さ 通信速度 口座振替 実店舗 無制限プラン
UQモバイル
mineo
IIJmio
BIGLOBEモバイル
QTモバイル
J:COMモバイル

※mineo、IIJmio、BIGLOBEモバイルはドコモ・auの回線を選択できるマルチキャリアです

6-2.ランキング結果

au回線の格安SIMなら、本家auの子会社であるUQモバイルが最も使いやすいでしょう。au回線ならUQモバイルのみキャリアメールが付与されます。

他社より数百円高い月額料金が弱点ですが、全体的に優秀な通信事業者です。その他、mineo、BIGLOBEモバイルも使いやすい通信事業者です。サポートが手厚いmineoが一歩リードでしょうか。

ランク外だけどおすすめ

TOP3を除けばIIJmioがおすすめです。やや通信速度が不安定なときがありますが、お年寄りでも分かりやすい説明書や購入できる端末の豊富さは他を圧倒しています。

6-3.比較のポイント

数が少ないau回線は、主要な通信事業者なら上記のリストですべてとなります。au回線の人気会社は格安SIM全体を通しても評価が高いため、ハズレを引く心配はありません。サービス内容も充実しているため最後は好みの問題になるでしょう。

ユーザー評価の高いUQモバイルかmineoのどちらかを選べば問題ありませんよ。au版のスマホなら、iPhoneも含めてSIMカードを入れ替えるだけで利用できます。

7.ソフトバンク回線を比較

ソフトバンク回線を利用する格安SIM会社は非常に限られています。今後はもっと増えていくかもしれないので、これからに期待です。

ソフトバンク系の格安SIMは少し特殊で、音声通話SIMが使えなかったり、ソフトバンクスマホなのにSIMロック解除が必要だったりします。ドコモ、auとは違うため、契約する際は以下の比較表からしっかりとルールを確認しておきましょう。

7-1.比較表

格安SIM 料金の安さ 通信速度 口座振替 実店舗 無制限プラン
Y!mobile
nuroモバイル
bモバイル
Uモバイル

※Y!mobileは独自位回線とソフトバンク回線を併用しています

※Uモバイルのソフトバンク回線はデータ通信専用SIMのみとなります

7-2.ランキング結果

ソフトバンク回線の格安SIMは上記のリストですべてです。価格はやや高いですが、通信速度やサービス面では他社を大きく引き離してY!mobileが断トツでおすすめです。

nuroモバイルとbモバイルは格安SIM全体の中ではややマイナーな立ち位置です。Y!mobile以外ならドコモ回線で実績のあるnuroモバイルが一歩リードしています。

7-3.比較のポイント

ドコモ、au回線と違う特殊なソフトバンク回線。ソフトバンクのスマホをそのままSIMロック解除無しで使う場合は、nuroモバイルが最もおすすめです。

2017年8月以降の機種に限りますが、SIMロック解除無しで利用できます。その他、bモバイル、UモバイルはiPhoneのみSIMロック解除無しで利用できます。Y!mobileはSIMロック解除が必須です。

現在ソフトバンクの端末を使っている方は、無理してソフトバンク回線の格安SIM会社に乗り換えなくてもいいでしょう。SIMロック解除を行ってドコモ、au回線の乗り換えを視野に入れたほうが、幅広い選択肢を得ることができますよ。

8.シェアプランを比較

複数の回線を分け合えるシェアプラン。使い方によっては複数人で月額料金を大幅に節約することが可能です。シェアプランは価格だけでなく、格安SIM会社によって追加できるSIMカードの枚数も異なるため、契約する際はしっかりと確認しておきましょう。

8-1.比較表

価格と内容の充実度で比較、最大SIM枚数 追加SIM料金

格安SIM 追加SIM料金/枚
(音声通話SIM)
追加SIM料金/枚
(データSIM)
最大SIM枚数
DMMモバイル
  • 1〜7GB:1000円
  • 8GB〜:700円
  • 1〜7GB:300円
  • 8GB〜:0円
3枚
IIJmio 1100円 400円 10枚
BIGLOBEモバイル 900円 200円 5枚
OCNモバイルONE 1100円 400円 5枚
Y!mobile 0〜980円 3枚
イオンモバイル 700円 0円 5枚
エキサイトモバイル 700円 0円 5枚

※IIJmioの最大SIM枚数はデータ通信専用SIMが10枚、音声通話SIMが5枚となります

8-2.ランキング結果

追加SIM料金の安さを考慮すればイオンモバイルが最もおすすめです。イオンモバイルはデータ通信量別の月額料金も安いため、トータルのコスパに優れます。

次点はデータ通信専用SIMなら最大10枚のSIMカードを追加できるIIJmioです。追加SIMカードを枚数は通常3枚か5枚なので、圧倒的な追加枚数を誇ります。

8-3.比較のポイント

シェアプランは家族で利用すれば大きな節約となります。そのため、シェアプランを選ぶ際は節約効果が高い格安の追加SIM料金が利用できる格安SIM会社が有利でしょう。最大SIM枚数は5枚以上の格安SIM会社なら十分に合格点です。

あわせて読みたい
シェアプランが利用できる格安SIMを完全比較シェアプランが使える格安SIMと契約したい! この記事では、月額料金を賢く節約できる格安SIMのシェアプランを完全比較。 シ...

9.無制限プランを比較

毎月のデータ消費量を気にせず使い放題となる無制限プラン。格安SIM会社でもいくつかの通信事業者で契約が可能です。ただし、最大通信速度にルールがあるため、事前に以下の表から確認しておきましょう。

9-1.比較表

格安SIM 価格 高速データ通信
Uモバイル 2480円
bモバイル 1980円
DTI SIM 2200円
UQモバイル 1980円
nuroモバイル 2500円
DMMモバイル 475円
楽天モバイル 1980円

※プラン価格はデータ通信専用SIMの金額です

※nuroモバイルは1日5時間までの利用制限あり

9-2.ランキング結果

楽天モバイルは高速データ通信の使い放題プランがありませんが、スーパーホーダイプランなら、速度制限の通信速度が最大1Mbpsとなります。つまり、事実上の1Mbps以上使い放題プランとなっており、通信品質も良いため使い放題を求める方は最もおすすめです。

次点のUモバイルは225Mbpsの使い放題プランとなっていますが、実測値は残念ながら1Mbps以下となることが多いです。そう考えると、UQモバイルの500kbps使い放題プランの方が安定感が上かもしれません。

9-3.比較のポイント

格安SIM会社の使い放題プランは、データ通信量が無制限ではありますが、通信速度が遅いケースがほとんどです。LTEの使い放題は事実上無いと言えるでしょう。そんな厳しい条件の中でまともに無制限プランが機能しているのは楽天モバイルとUQモバイルでしょう。

定められた通信速度をきちんと出してくれるためストレスがありません。通信品質が不安定ですが、最大通信速度が速いのはUモバイルとなります。その他の会社は残念ながら、満足のいくデータ通信ができない可能性があります。

メールやLINE程度しかできない低速通信でいいのなら、DMMモバイルのライトプランが圧倒的に安いです。

10.かけ放題プランを比較

アプリ経由ではなく格安SIMで長時間通話がしたい場合は、かけ放題プランに加入します。かけ放題プランは格安SIM会社によって充実度が異なるのはもちろん、時間無制限プランの有無も異なっています。

10-1.比較表

格安SIM オプション料金 5分 10分 無制限
楽天モバイル 5分:850円
UQモバイル 5分:プラン込
mineo 10分:850円
Y!mobile
  • 10分:プラン込
  • 無制限:1500円
ONEモバイルONE 10分:850円
DMMモバイル 10分:850円
IIJmio 10分:830円
LINEモバイル 10分:880円
NifMo 10分:830円
Nuroモバイル 10分:800円
イオンモバイル
  • 10分:850円
  • 無制限:1500円
DTI SIM 10分:820円

※OCNモバイルONEの無制限かけ放題は指定相手3人のみ

※Y!mobileは全プランに10分かけ放題付き

※イオンモバイルの無制限かけ放題は050IP電話

10-2.ランキング結果

格安SIMのかけ放題はY!mobileが大きくリードしています。格安SIM会社は無制限プランのかけ放題を提供すること自体難しいです。以前は楽天モバイルも利用できましたが、サービスが停止されています。

条件付きですが、OCNモバイルONEなら通話時間の長い3人と無制限で通話ができます。イオンモバイルは050IP電話の無制限かけ放題なので、事実上は通常のIPアプリと品質レベルは変わりません。その他のサービス会社はほとんど差がない状況です。

10-3.比較のポイント

格安SIMのかけ放題プランは10分かけ放題がメインとなります。ほぼすべての格安SIM会社がプレフィックスという中継電話を利用しています。プレフィックスは通常の通話品質で、IP電話と比べてクリアな品質です。

値段の幅もオプション料金が800円〜880円とあまり変わりません。無制限通話をしたいならY!mobileがおすすめですが、10分かけ放題ならどの格安SIM会社でも問題ありません。通話料金に関しては、どの格安SIM会社も20秒/30円で統一されています。

あわせて読みたい
通話する女性
格安SIMのかけ放題プランを通話タイプ別に完全比較格安SIM会社への転入を検討している方のなかには、通話料のことが気になって、乗り換えを躊躇している方もいるのではないでしょうか? ...

11.口座振替対応を比較

クレジットカード以外で格安SIMの支払いを行いたい場合は、口座振替対応の通信事業者を探す必要があります。格安SIMでは全体的にクレジットカードを推進しているため、口座振替が使える通信事業者はわずかです。

さらに、口座振替対応でも申し込みに手間がかかったり、厳しい条件が付いていたりします。ここでは、口座振替対応だけでなく、簡単に申し込みができるのか?厳しい条件が付いているのか?など手続きのしやすさも軸に格安SIM会社を比較しています。

11-1.比較表

格安SIM 申し込み条件 振替手数料
UQモバイル 特になし なし
楽天モバイル 端末代金は利用不可 100円
OCNモバイルONE 電話申し込みのみ なし
BIGLOBEモバイル データ通信専用SIMのみ 200円
Y!mobile 実店舗契約のみ なし

11-2.ランキング結果

格安SIMで口座振替を利用したい場合はUQモバイルが最も好条件です。口座振替申し込みにややこしい条件はなく、誰でも簡単に利用できます。au回線の方ならUQモバイル一択となるでしょう。

ドコモ回線の方は楽天モバイルを利用するといいかもしれません。振替手数料はかかりますが、ほぼ条件無しで口座振替を利用できます。その他の格安SIM会社は、口座振替の手続きがやや面倒となります。

11-3.比較のポイント

格安SIMでも大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)の感覚で口座振替に申し込めると考えているのなら、少し痛い目を見るかもしれません。ほとんどの格安SIM会社は、支払手段がクレジットカードのみとなっています。

ただ、少数派でも口座振替に対応している格安SIM会社はあります。見るべきポイントは、申込み条件です。申込み条件がどれだけハードルが低いかによって、利用すべき格安SIM会社を選んだ方がいいでしょう。

あわせて読みたい
お金とスマホ
口座振替で契約できる格安SIMおすすめ8選格安SIMにしたいけど、クレジットカードが無いから申し込みができない・・・ あなたは、そうお悩みではありませんか? この記事...

12.セット端末の充実度を比較

格安SIM乗り換えと一緒に、格安スマホ(SIMフリースマホ)も同時に購入したい方も多いでしょう。格安SIMカードとSIMフリースマホを同時購入すれば、面倒な初期設定をすることもないですし、SIMサイズを間違えて注文してしまう心配もありません。

ここでは、購入できる端末の豊富さやiPhoneの購入可否などを軸に、格安SIM会社のセット端末について充実度を比較してみました。

12-1.比較表

格安SIM 端末の種類 iPhoneの有無
楽天モバイル
UQモバイル
mineo
Y!mobile
ONEモバイルONE
DMMモバイル
IIJmio
LINEモバイル
NifMo
nuroモバイル
イオンモバイル
BIGLOBEモバイル

12-2.ランキング結果

UQモバイルと楽天モバイルは端末の種類が豊富なうえ、iPhoneの取扱もあります。特にUQモバイルは他社では扱っていないAQUOS、DIGNOシリーズも購入可能。iPhoneも最新版の購入が可能です。

楽天モバイルはSIMフリースマホの人気機種を網羅しており、楽天モバイル限定のmateシリーズなども購入できます。IIJmioは、端末の種類が格安SIM全体の中でトップクラスです。約25種類から好きな端末を選ぶことができます。

ランク外だけどおすすめ

iPhoneを重視するならY!mobileは候補に入れておきたいところです。UQモバイルと並び、最新のiPhoneを安く購入することができます。その他、イオンモバイルも見逃せません。端末の種類が非常に豊富で、価格の安い機種も多数取り扱っています。

12-3.比較のポイント

まず、どの格安SIM会社も最新の格安スマホ(SIMフリースマホ)は取り揃えています。ですので、とにかく新しい人気機種が欲しい方は、どの格安SIM会社でも問題ありません。

幅広い選択肢から格安スマホを購入したい場合は、端末の豊富さを重視してください。端末が豊富な格安SIM会社なら、約20種類の人気機種から好みの格安スマホを購入できます。

13.ユニークなサービス内容を比較

格安SIMでは他社との差別化を図ろうと、様々なサービスが存在します。自社の強みを活かしたユニークなサービスを展開している格安SIM会社も多く、通信事業者選びの決め手とする方も少なくありません。

ここでは、ユニークなサービスを展開している格安SIMをサービス充実度を軸に比較してみました。

13-1.比較表

格安SIM サービス名 サービス内容
LINEモバイル カウントフリーオプション LINE、SNSが使い放題になる
BIGLOBEモバイル エンタメフリーオプション 人気動画アプリが使い放題になる
mineo フリータンク ユーザー同士でパケットシェアができる
Y!mobile ソフトバンクWi-Fi ソフトバンクWi-Fiスポットが無料で利用できる
楽天モバイル 楽天会員割引 楽天会員なら基本使用料が毎月割引される

13-2.ランキング結果

他社にはない強みといえば、LINEモバイルでしょう。LINEをはじめ、SNS(Instagram、Facebook、Twitter)やLINE MUSICのデータ消費量が使い放題となるカウントフリーオプションは、若者に大きな支持を得ています。

その他は、やはりカウントフリーを利用できるBIGLOBEモバイルが強いです。Youtubeをはじめとした人気動画アプリのカウントフリーは他社にはありません。mineoもフリータンクだけでなくユーザ同士のコミュニティサイト「マイネ王」を運用するなど独自のサービスを展開しています。

ランク外だけどおすすめ

独自のサービスではないかもしれませんが、キャリアメールが欲しい方はY!mobileとUQモバイルならキャリアメールアドレスがもらえます。Y!mobileはキャリアメールが貰える以外にも、LINEのID検索が使えるのも魅力です(Y!mobile以外ならLINEモバイルしか使えない)。

13-3.比較のポイント

独自性だけでなく自分の利用用途にあった格安SIM会社を選ぶといいです。特にカウントフリーは、利用方法によっては非常にお得になります。LINEのヘビーユーザーなら迷うこと無くLINEモバイルにするべきでしょう。

動画のヘビーユーザーなら、エンタメフリーオプションが使えるBIGLOBEモバイルを第一候補にするといいでしょう。

14.まとめ

いかがでしたか?

格安SIMは本当に多くの通信事業者が揃うので、どこを選べばいいのかわからなくなりますよね。

この記事では、様々な角度から格安SIM会社を比較してきました。大切なのは、自分は何を重視して格安SIMを選ぶかどうかです。格安SIM会社によって、それぞれ得意とする分野が違うので、自分にピッタリの通信事業者を見定めてみましょう。

もし、何を選んだらいいのかわからない場合は、「総合比較」を参考にしてくださいね。

ランキング