大手キャリアの乗り換え

iPhone XS/XRを格安SIMで使うメリットと契約方法

iPhone xs 格安sim

iPhone XS/XRは格安SIMで使えるか気になりませんか?

結論から言えば、格安SIMでも問題なくiPhone XS/XRが使えます。動作確認も取れているので心配は要りません。この記事では、iPhone XS/XRを格安SIMで使う方法を解説。利用料金がどれくらい安くなるのかについても詳しく言及しているので、参考にして下さいね。

1.iPhone XS/XRを格安SIMで使うメリット

まずは、iPhone XS/XRを格安SIMで使うメリットについて詳しく見ていきましょう。

(1)総支払額が大手キャリアより安い

大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)では各種割引が効いてiPhone XS/XRの端末代金が安くなります。そのかわり、データ通信にかかる費用が割高です。格安SIMを使えば、データ通信費を大幅に圧縮することができます。Apple Storeにて正規価格のiPhone XS/XRを購入したとしても、毎月の通信費を含めた総支払額は格安SIMの方が安いです。

大手キャリアと格安SIMの料金比較 (2年間の総支払額)

実際に大手キャリアと格安SIMの利用料金を比較してみました。

大手キャリア 232128円

  • iPhone XS(256GB):88128円
  • 通信費用:144000円(6000円×2年)

格安SIM 189800円

  • iPhone XS(256GB):129800円
  • 通信費用:60000円(2500円×2年)

大手キャリア、格安SIMともに3GBプランで契約した場合の平均値で算出しています。両者の差は2年間でおよそ4万円。端末代金の支払いが終わると、その差はさらに広がります。なお、格安SIMで使うiPhone XS/XRはApple Storeで購入できるSIMフリー版ではなくキャリア版を使うこともできます。

(2)無料でテザリングが使える

格安SIMでiPhone XS/XRを使う場合でもテザリング機能が利用できます。テザリングとは、スマホをモバイルWi-FiルーターにしてPCやゲーム機にネット接続する機能のことです。格安SIMは大手キャリアと違い、テザリングの利用料がかかりません。簡単な設定で、無料にてテザリングが使えます。

ただし注意点として、au回線の格安SIMはiPhoneと相性が悪いため、テザリングが使えない可能性があります。iOS12から徐々に対応していますが、心配な場合はSIMフリー版iPhone XS/XRを購入した方がいいでしょう。テザリングの利用可否は、格安SIM会社の公式サイトから動作確認済み端末一覧ページにアクセスすれば確認できます。

(3)一部の格安SIMでは通信速度が大手キャリアと変わらない

格安SIMの乗り換えると利用料金は安くなっても通信速度が遅くなるのでは?と心配する方は多いです。その通り、ほとんどの格安SIMでは、大手キャリアと比べて通信速度が落ちます。特に、お昼の時間帯では1Mbps以下まで通信速度が落ちるので、高画質動画の再生が困難になります。しかし、一部の格安SIMでは大手キャリアと同等の通信速度を誇っています。

大手キャリアと通信速度がほぼ変わらない格安SIM

  • Y!mobile
  • UQモバイル
  • LINEモバイル(ソフトバンク回線)

Y!mobileについては親会社のソフトバンクを超えるレベルの通信速度です。Y!mobileを除けば、auの子会社であるUQモバイルの通信品質がいいです。また、LINEモバイルのソフトバンクも大手キャリアとほぼ変わらない通信速度を出しています。他にもイオンモバイル、NifMo、nuroモバイルは体感速度では大手キャリアとさほど変わりません。

通信速度が遅くなるのは嫌という理由で格安SIMを躊躇していた方は勿体ないですよ。

2.iPhone XS/XRにおすすめの格安SIM

iPhone XS/XRに使う格安SIMは、以下の5社がおすすめです。

  • Y!mobile
  • LINEモバイル
  • UQモバイル
  • mineo
  • 楽天モバイル

それぞれ詳しく説明していきます。

(1)Y!mobile

ymobile
  • 月額料金:1980円~
  • 回線:自社・ソフトバンク
  • SIMロック解除:SIMフリー版以外は必要

Y!mobileはソフトバンクグループの格安SIMです。自社回線を持つので大手キャリアと同じ扱いですが、事実上は格安SIM会社と考えて問題ありません。Y!mobileが優れている点は、大手キャリアとほぼサービス内容が変わらない点です。全国に1000店舗以上を構え、圧倒的な通信速度を実現しています。通信速度は常時40Mbps超え。親会社のソフトバンクを上回るほどのスピードです。

また、Y!mobileは格安SIMで唯一、10分かけ放題と完全かけ放題のサービスを提供しています。10分かけ放題は他社にもありますが、アプリ経由の通話です。Y!mobileなら通常通話でかけ放題を利用できますよ。iPhone XS/XRのスペックに見合う品質の格安SIMを使いたいならY!mobileがおすすめです。なお、キャリア版のiPhone XS/XRをY!mobileで使用する場合は、ソフトバンク版も含めて必ずSIMロック解除が必要となります。

Y!mobileの公式サイトはこちら

(2)LINEモバイル

LINEモバイル
  • 月額料金:1200円~
  • 回線:ドコモ・ソフトバンク
  • SIMロック解除:ドコモ版・ソフトバンク版・SIMフリー版は不要

LINEモバイルは若者から圧倒的な指示を受ける格安SIMです。人気の秘訣は、他社を圧倒するカウントフリー(データフリー)の制度です。LINEモバイルではLINEアプリのデータ消費がありません。LINE通話もデータ残量を気にせず使い放題となります。

そして、多くの方が加入するコミュニケーションフリープランでは、LINEアプリと合わせてSNS(Twitter、Facebook、Instagram)が使い放題となります。特にInstagramは画像のダウンロードが多くデータ消費量が大きいので助かります。LINE MUSICを利用する方なら、MUSIC+プランに加入して、LINE MUSICのデータ消費量も0にしてしまいましょう。

LINEモバイルは利用料金が安いのも特徴的です。カウントフリーが標準で付いているにも関わらず、利用料金は業界で最安の水準となっています。大容量プランはありませんが、ライト・ミドルユーザーにはもってこいの格安SIMです。iPhone XS/XRをSNS中心で使うならLINEモバイルを選びましょう。なお、ソフトバンク回線を選べばトップクラスの通信速度を体感できます。

LINEモバイルの公式サイトはこちら

(3)UQモバイル

uqモバイルのロゴ
  • 月額料金:1980円~
  • 回線:au
  • SIMロック解除:au・SIMフリー版は不要

知名度の高いUQモバイルはどこかで名前を聞いたことがあるかと思います。UQモバイルが優れている点は、通信速度の速さと顧客満足度の高さです。通信速度は、スピードはもちろん、1日を通した安定性にも優れています。Y!mobileを除く格安SIMの中ではトップレベルの評価です。実際に計測すると、速度低下を起こしやすいお昼の時間帯でも10Mbps以上(他社の10倍)を誇ります。

通信速度が遅くてイライラする事がないので、思いっきりiPhone XS/XRを楽しめますよ。また、UQモバイルはauの子会社ということもあり、家族割や学割など大手キャリアと同等のサービスを受けることができます。家族割を併用すれば、初年度の月額料金は1480円です。料金プランは、5分かけ放題が付属したおしゃべりプランと60~180分の通話定額が付いたぴったりプランが人気です。

最初からかけ放題・通話定額が付いていることで、面倒な通話オプションの加入を申し込む必要がありません。その他、支払い方法で口座振替を選択できるのも、UQモバイルの強みとなっています。

UQモバイルの公式サイトはこちら

(4)mineo

mineoのロゴ
  • 月額料金:1310円~
  • 回線:ドコモ・au・ソフトバンク
  • SIMロック解除:不要

mineo(マイネオ)は、楽天モバイルに次いでユーザー数の多い格安SIMです。大手キャリアの子会社でもなく、さらにはポイント付与の特典もありません。それでも人気の理由は、ユーザーに寄り添った独自の制度とコミュニティがあるからです。独自の制度では、ユーザー同士でデータ容量を自由に引き出せるフリータンク、そしてデータ容量を自由に受け渡しできるパケットギフトなどが利用できます。

特にフリータンクはデータ残量がピンチのときに、とても助かります。コミュニティでは、マイネ王と呼ばれる交流サイトが用意されています。わからないことがあればユーザー同士で助け合える仕組みで、掲示板はいつも盛り上がっています。マイネ王を利用するだけでデータ容量がプレゼントされるのも嬉しい特典です。mineoはオフ会を開催するほど、ユーザーとの交流を大切にする格安SIM会社です。

はじめての格安SIMで心配な方は、mineoを選ぶと安心ですよ。なお、mineoはau、ドコモ、ソフトバンクのトリプルキャリアに対応しているため、iPhone XS/XRのSIMロック解除が不要です。申し込みの際は、端末と同キャリア(ドコモ版ならドコモ回線)で契約して下さいね。

mineoの公式サイトはこちら

(5)楽天モバイル

楽天モバイルのロゴ
  • 月額料金:1480円~
  • 回線:ドコモ
  • SIMロック解除:ドコモ版は不要

楽天モバイルは一番人気の格安SIMです。みんなが使っている安心感があります。楽天モバイルの強みは、何といっても楽天会員の徹底的な優遇です。まず、楽天会員であれば楽天モバイルの利用料金に対して、すべて楽天スーパーポイントが1%付きます。さらに、楽天市場で買い物をすればポイント獲得率が2倍に。

楽天カード、楽天市場アプリまで組み合わせれば最大6倍までポイントが貯まる大盤振る舞いです。貯めたポイントは毎月の利用料金に充てることができます。手動でポイント払いするのが面倒なら自動設定も可能です。また、毎月の基本料金も楽天会員であれば1500円割引されます。割引の適用は、かけ放題付きのスーパーホーダイの加入が条件です。

なお、スーパーホーダイは最低通信速度1Mbpsが保証されているため、速度制限時も他社と比べて快適ですよ(通常は200kbps)。通常時の通信速度はあまり速くないのですが、楽天会員の特典が欲しい方、利用料金の安さにこだわる方は楽天モバイルを選ぶといいでしょう。iPhone XS/XRの運用費が一気に下がります。

楽天モバイルの公式サイトはこちら

3.iPhone XS/XRを格安SIMで使うための契約方法

ここでは、具体的にどうやってiPhone XS/XRを格安SIMで使うのか、必要な手続きや契約方法についてまとめていきます。

3-1.au・ドコモ・ソフトバンク版iPhone XS/XRはSIMロック解除が必要か確かめる

キャリア版(au・ドコモ・ソフトバンク)のiPhone XS/XRを使う場合は、まずSIMロック解除の必要性を調べます。調べ方は格安SIMの回線を見るだけです。格安SIMは大手キャリアから回線を借りて運用しています。そして、端末と回線が同キャリアならSIMロック解除は不要です。例として、ドコモ回線を使う格安SIMならドコモ版iPhone XS/XRでSIMロック解除が不要となります。

ドコモ版iPhone XS/XRだけどau回線のUQモバイルが使いたい、といったケースではSIMロック解除を行いましょう。SIMロック解除は格安SIMの申し込み後でも手続きできます。

SIMロック解除の手順

なお、Apple Storeで購入できるSIMフリー版iPhone XS/XRなら最初からSIMフリーなので、SIMロック解除は不要です。どの格安SIM会社でも自由に契約できます。

3-2.電話番号を変えないならMNP予約番号を取得して申し込み

現在利用している電話番号を継続して利用したい場合は、格安SIM会社に申し込む前にMNP予約番号を取得します。取得したMNP予約番号を格安SIMの申し込み時に入力することで、電話番号の引き継ぎが可能です。

MNP予約番号の取得方法

電話 オンライン
au 0077-75470
(受付時間9:00〜22:00)
「トップメニュー」→「auお客様サポート」→「申し込む/変更する」→「携帯電話番号ポータビリティー (MNP)」
※ガラケーのみ
ドコモ 151
(受付時間9:00〜20:00)
「My docomo各種サービス一覧」→「各種お申込・お手続き一覧」→「ご契約内容確認・変更」→「携帯電話番号ポータビリティ予約」
ソフト
バンク
*5533
(受付時間9:00〜20:00)
1.   「トップメニュー」→「設定・申込」→「設定・変更」→「契約者情報の変更」→「番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き」→「番号ポータビリテリティ(MNP)予約(予約番号の発行)」
※ガラケーのみ

MNP予約番号を取得できたら、あとは格安SIM会社に申し込むだけです。公式サイトから申し込むボタンをタップ。画面の指示に従って料金プランや支払い方法を選択します。途中、SIMカードサイズを選ぶ画面が表示されるので、必ずnano SIMを選んで下さいね。その他のSIMカードサイズはiPhone XS/XRに適合しません。

なお、新規契約・MNPする際は、多くの格安SIMでキャンペーンを利用できます。気になる方は、「格安SIMの最新キャンペーン」の記事を参考にして下さいね。

3-3.格安SIM会社でiPhoneXS/XRが発売されるのはだいぶ先

格安SIM会社で、iPhoneXS/XRが発売されるのはまだ先の話です。今までのパターンだと、大手キャリアから2年遅れで発売されているので、2020年に販売される可能性が高いです。格安SIM会社もいつiPhone XS/XRが発売できるかは直前まで分かりません。ですので、お問い合わせはしても意味が無いです。

現状は、Apple Storeか大手キャリアから発売されているiPhone XS/XRを使うしか手がありません。SIMロック解除やMNP予約番号の取得は簡単なので、SIMフリー版・キャリア版iPhone XS/XRで格安SIMを使って下さいね。

4.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、格安SIMでiPhone XS/XRを利用する方法について解説してきました。格安SIMで運用すれば、端末代金が高くなっても毎月の利用料金で得をします。格安SIM会社によっては、通信速度も変わらないので大手キャリアから乗り換えるデメリットは無いと考えて問題ありません。

強いてデメリットを挙げれば、キャリアメールやキャリア決済が使えなくなりますが、メリットの方が大きく上回りますよ。ぜひ、格安SIMでiPhone XS/XRを使ってみて下さいね。

【格安スマホ】10月の申し込み
UQモバイル
uqモバイルのロゴ
  • 月額料金:980円~
  • 端末セット:1980円~
  • 評価:4.1pt/5.0
  • 特徴:安定した通信速度とauのサブブランドである安心感。初めての格安SIMに。

 

詳細ページキャンペーン

LINEモバイル
LINEモバイル
  • 月額料金:500円~
  • 端末セット:1150円~
  • 評価:4.6pt/5.0
  • 特徴:LINE、SNSが使い放題。圧倒的な使いやすさを誇る格安SIM。

 

詳細ページキャンペーン

mineo
mineoのロゴ
  • 月額料金:700円~
  • 端末セット:1310円~
  • 評価:4.1pt/5.0
  • 特徴:トリプルキャリア対応。TV CMでもおなじみの格安SIM。

 

詳細ページキャンペーン

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。