楽天モバイルが3か月無料&iPhone12大幅値下げ

【2021年】iPhone(8/11/12/SE)をセット購入できる格安SIM

iPhoneをセット購入できる格安SIM

【PR】iPhone13の予約スタート

 

手数料・頭金・送料0円の予約方法を解説中↓

【速報(2021年10月)】
UQモバイルが超お得なキャンペーンを実施中▼

  • SIMのみ契約なら1万円キャッシュバック ※WEB限定
  • iPhone11/12/SE(第2世代)が割引価格に
  • iPhone8(リユース品)が一括550円
  • 自宅セット割で月額990円~

UQモバイル 公式サイトへ

この記事のポイント

  • 主要な格安SIMではiPhoneのセット購入が可能
  • 最も無難な購入先はワイモバイル、その他は用途に合えば選ぶ

「iPhoneをセット購入できる格安SIMはあるの・・?」

以前は数が少なかった格安SIMのiPhone取り扱い。しかし現在は、多くの格安SIMで新しいiPhoneのセット購入(回線と同時注文)が可能です。

この記事では、格安SIMで購入できるiPhoneシリーズをすべてご紹介。また格安SIM選びについても、具体的に解説していきます。

ぜひ、ご参考に。

1.iPhoneをセット購入できる格安SIMとは?

格安SIMとiPhoneって、セットで契約できるんですか?

ええ、組み合わせ一覧を見てちょうだい。

格安SIM×iPhoneは、以下の組み合わせでセット購入できます。

iPhoneをセット購入できる格安SIM

格安SIM 購入できるiPhone
OCNモバイルONE 12/11/SE
ワイモバイル 12/SE
UQモバイル 11/SE
BIGLOBEモバイル SE
mineo SE/11/XR/XS/8
IIJmio 12/SE

※iPhone SEは第2世代

どの格安SIMもSIMカードとセットで契約できます。以前は、格安SIMは古いiPhoneしか購入できませんでした。

しかし今では、最新iPhoneを購入可能です。在庫状況と価格は常に変動するので、最新情報は各公式サイトにてご確認を。

格安SIM×iPhone12格安SIMでiPhone12を使うには?セット購入と持ち込み契約について解説

2.アップルストアやキャリアより安い?

iPhoneの定価(市場価格)は、そのままアップルストアの販売価格となります。格安SIMは、定価と比べて安いのか比較してみましょう。

iPhone12(64GB)の価格比較

アップルストア 94,380円
OCNモバイルONE 94,270円
ワイモバイル 110,880円
※18000円割引中
IIJmio 92,950円
※中古

結果はご覧の通り、ほぼ横並びです。ワイモバイルはオンライン契約なら18000円割引を適用できるため、実質92880円に(上記の中では最安)。

格安SIMだからめちゃくちゃ安いというわけではありませんが、アップルストアより高くはなりません。

ただ、格安SIMにはキャンペーンがあるため、アップルストアよりお得になるケースがほとんどです。

3.iPhoneのセット購入におすすめの格安SIM

iPhoneを購入できるのは分かりましたけど、結局どの格安SIMを選べばいいのか迷います・・。

選び方のコツを教えるから、参考にしてね。

ここから、iPhoneのセット購入が可能な格安SIMをおすすめ順に紹介していきますね。

OCNモバイルONE

購入できるiPhone

  • iPhone12
  • iPhone12 mini
  • iPhoneSE(第2世代)
  • iPhone11
  • iPhone11 Pro
  • iPhone11 Pro MAX

OCNモバイルONEは、格安SIMの中でiPhoneの品揃えが最もいいです。さらに、新品だけでなく中古品も取り扱っており安さを重視する方にもピッタリですよ。

月額料金も最安レベル。さらに、回線増強により通信速度も従来より大幅アップしています。

MUSICカウントフリーによりAmazon music・Google Play Music・LINE MUSICなどはデータ消費がありません。

メリット デメリット
・端末価格が最安
・料金プランが安い
・音楽アプリ使い放題
・ドコモ回線のみ

CHECK!

OCNモバイルONE公式サイトへ

ワイモバイル【総合おすすめ】

購入できるiPhone

  • iPhone12
  • iPhone12 mini
  • iPhoneSE(第2世代)

ワイモバイルは、iPhone価格が安いことに加え通信サービスの内容充実しています。自社回線を使うワイモバイルは、他社との回線混雑がないため圧倒的な通信速度を誇ります。

平均速度は40~60Mbps。格安SIMながら、大手キャリアと変わらない速さです。iPhoneをストレスなく快適に使いたいなら、ワイモバイルがピッタリです。

ワイモバイルショップが充実しているため、実店舗でアフターサポートを受けることも可能です。

メリット デメリット
・通信速度がトップ
・無制限かけ放題OPあり
・全国に店舗あり
・データ繰り越し不可
・やや月額料金が高い

CHECK!

ワイモバイル公式サイトへ

UQモバイル

購入できるiPhone

  • iPhone11
  • iPhoneSE(第2世代)

※au Certified iPhone (認定中古品)もあり

UQモバイルは、新品iPhoneに加えてau Certified iPhone (認定中古品)の購入も可能です。中古といっても状態は非常に良いので、安くiPhoneを入手できます。

UQモバイルは通信品質が優れており、他社では1Mbps程度まで落ちるお昼の時間帯でも10Mbps以上の速度が出ます。

また、格安SIMで対応の少ない口座振替も利用OK。iPhone本体の支払いで口座振替に対応しているのは、UQモバイルだけです。

 

メリット デメリット
・速度が安定している
・口座振替に対応
・キャッシュバックあり
・au回線のみ

CHECK!

UQモバイル公式サイトへ

mineo

購入できるiPhone

iPhoneSE(第2世代)

  • iPhone11 Pro
  • iPhone XS MAX
  • iPhoneXR
  • iPhone8(中古)

mineoのiPhoneは特に安いわけではありませんが、月額料金が安いためトータルの通信費を落とせます。

月5GB以下のライトユーザーなら、本体代を除けば1500円を切るコスパです。

また、mineoユーザーになると、自由にデータ容量を引き出せるフリータンクが使えます。今月のデータ残量がピンチなときは、大いに役立つシステムです。

その他、パケットギフトやパケットシェアなど独自のサービスが充実。分からないことがあれば、マイネ王に質問できます。

メリット デメリット
・フリータンクあり
・独自サービスが充実
・3キャリア対応
・プラン価格が安い
・新機種の発売が遅い
・端末代金が高い

CHECK!

mineo公式サイトへ

4.アハモと楽天モバイルのiPhoneも狙い目

料金が非常に安いため実質的には格安SIMと言えるアハモと楽天モバイル。実は、この2社は非常に安くiPhoneをセット購入できます。

購入できるiPhone

アハモ iPhone11
楽天モバイル iPhoneSE
iPhone12(mini/Pro/Pro Max)

アハモのiPhone11はなんと49,390円から。定価より2万円も安いです。

楽天モバイルは全機種20000ポイント還元あり。iPhone12(64GB)なら67,712円となっています。

全携帯会社の中でiPhone11の最安はアハモ、iPhone12の最安は楽天モバイルです。詳しくは以下の記事もご参考に。

ahamoでiPhone11を購入【価格比較】ahamo(アハモ)のiPhone11は安い?購入方法まで詳しく解説 楽天モバイルのiPhone12【値下げ】楽天モバイルのiPhone12(mini/Pro/Pro Max)の値段はいくら?在庫確認の方法も分かる

5.セット購入が微妙なら持ち込み契約でもOK

もしiPhoneのセット購入が微妙なら、別の販路で端末を用意して格安SIMにSIM単体契約する手があります。その場合の注意点として、キャリア版はSIMロック解除が必要な場合があります。

SIMロック解除が必要なケースは、端末と回線を同キャリアに合わせられないときです。

例えば、ドコモ端末をau回線の格安SIMで使用する場合、SIMロック解除が必要です。同キャリア(ドコモ端末&ドコモ回線)の組み合わせて申し込むなら不要です。

SIMロック解除が必要

端末と回線を同キャリアに合わせられない(例:ドコモ端末をau回線で使う)

 

SIMロック解除が不要

SIMフリーiPhoneならどの格安SIMでも申し込めます。SIMロック解除は、オンラインで手続きすれば手数料はかかりませんよ。

使用するiPhoneの準備ができたら、以下の手順で格安SIMに申し込んで下さいね。

申込みの流れ

  1. 格安SIMの公式サイトにアクセス
  2. 端末セット・SIMカード単体契約を選択
  3. 音声通話SIMを選択
  4. 料金プランを選択
  5. MNPの有無を選択
  6. 契約者情報を入力
  7. 支払情報を入力
  8. 本人確認書類をアップロードして申込み

SIMサイズの選択は、iPhoneに適合するnanoを選びます。nanoを選べないときは、マルチSIMを選択してあとからnanoに切り離しましょう。

6.まとめ

iPhoneを使えないイメージの格安SIMですが、近年は取り扱いが増えてきています。以前は、ワイモバイルとUQモバイルの2社がほぼ独占していましたが、今は選択肢が広がりました。

格安SIMを選び際は、iPhoneの販売価格だけでなく各社の特徴も考慮して決めましょう。

【2021年】スマホ代を劇的に下げるなら?

安さ重視→楽天モバイル

公式サイトへ

 

1GB以内なら0円、20GBでも全携帯会社で最安の2178円に。さらにRakuten Linkで通話料はどこにかけても無料です。

今なら誰でも5000ポイント還元&3ヵ月無料キャンペーン中。ポイント還元で実質0円の端末もあり。iPhoneは最安値で購入できます。

月額料金 初期費用・解約金 iPhone販売
0円~ 0円 あり

品質重視→LINEMO

公式サイトへ
LINEMO

ソフトバンク回線をそのまま利用するLINEMOは通信品質が良好です。料金は、3GB 990円と20GB 2728円の2種類のみ。

LINEアプリはデータ消費なしで使い放題。キャリア品質なのに格安SIMより割安です。通話重視なら、無制限かけ放題を利用できます。

月額料金 初期費用・解約金 iPhone販売
990円~ 0円 なし