格安スマホの最新キャンペーン
おすすめの格安SIM比較

【2019年】iPhoneをセット購入できる格安SIMを完全比較

格安sim iPhoneセット

格安SIMでもiPhoneを購入できます。SIMカードと共にセットで契約できるので、1回の注文でiPhoneを利用可能です。ただ、心配なのが格安SIM選びですよね。そもそもiPhoneをセットで購入できる格安SIMが分かりませんし、最終的にどこを選ぶべきかの基準もわからないと思います。

この記事では、iPhoneをセットで購入できる格安SIMをご紹介。価格比較から格安SIMの選び方まで詳しく解説していきます。ぜひ、参考にして下さいね。

1.iPhoneセットの格安SIMを選ぶポイント

【POINT1】iPhoneの実質価格が安い

格安SIMでiPhoneを購入するときのポイントは、実質価格で比較することです。大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)も同じですが、格安SIMではiPhoneを購入する際に、割引を適用させることができます。そのため、掲示価格よりも大幅に端末代金が安くなるのが普通です。

割引の適用は契約縛りと引き換えになるのですが、利用しない手はありません。格安SIMでiPhoneをセット契約するなら、実質価格で比較しましょう。

【POINT2】通信速度を考慮する

せっかくiPhoneを購入したのに通信速度が遅すぎてイライラする・・。そうなってしまえば、ハイスペックのiPhoneが台無しです。iPhoneを快適に利用するなら、通信品質の良い格安SIMを使うことは重要です。格安SIMは大手キャリアと違って通信事業者によって大きく通信速度が変わります。

ひどい場合は、1Mbpsを切ることも。できれば、1日の平均速度で15Mbpsは超えて欲しいところです。iPhoneの大きな画面でWEBサイト閲覧や動画再生を楽しみたいなら、通信速度を考慮して格安SIMを選びましょう。

【POINT3】新しいiPhoneが購入できる

格安SIMはAppleとの契約上、新型iPhoneを購入できないのですが、およそ2年型落ちの機種を購入可能です。ですが、格安SIM会社によっては、さらに古いiPhoneしか購入できない場合があります。洋服や家具と違って、iPhoneはあえて古い機種を使うメリットは何もありません。

最も新しいiPhoneを購入できるのは、UQモバイルとY!mobileの2社です。この2社は実質負担額も安いので非常におすすめです。マイナーな格安SIMですが、スマモバも新しいiPhoneを購入できます。ただし、スマモバのiPhoneは高額なので契約すると損します。

実質、新しいiPhoneの購入はUQモバイルとY!mobileの2択になることを覚えておきましょう。


2.iPhoneをセット購入できる格安SIMを比較

購入できる
iPhone
実質負担額 通信速度
(平均)
Y!mobile 7(32/128GB)
6s(32/128GB)
SE(32/128GB)
二重丸 二重丸40Mbps
UQモバイル 7(32/128GB)
6s(32/128GB)
二重丸 二重丸30Mbps
BIGLOBE
モバイル
6s(32/128GB)
SE(32/128GB)
まる まる15Mbps
mineo 8(64/256GB)
8 Plus(64/256GB)
6s(64GB)
三角 まる20Mbps
LINEモバイル SE(32/128GB) 三角 まる20Mbps
楽天モバイル 6s Plus(64/128GB)
SE(16/32/64GB)
三角 まる15Mbps
QTモバイル 6s(64GB)
6s Plus(64GB)
SE(16GB)
バツ 三角10Mbps
スマモバ 8(64GB)
6s(32GB)
6(16GB)
SE(16GB)
バツ バツ5Mbps

※LINEモバイルはソフトバンク回線のみ
※スマモバのiPhoneは新古品(契約はおすすめしない)

 iPhoneシリーズ別の料金比較

8 Plus(64GB)
mineo:79200円
8 Plus(256GB)
mineo:96000円
8(64GB)
mineo:67800円
8(256GB)
mineo:85200円
スマモバ:90000円
7(32GB)
UQモバイル:34236~47196円
Y!mobile:31700~43700円
BIGLOBEモバイル:31200円
7(128GB)
UQモバイル:47196~60156円
Y!mobile:43700~55700円
BIGLOBEモバイル:43200円
6s(32GB)
Y!mobile:12500~24500円
BIGLOBEモバイル:31200円
UQモバイル:13068~26028円
スマモバ:54000円
6s(64GB)
mineo:59400円
QTモバイル:66000円
6s(128GB)
Y!mobile:24500~36500円
BIGLOBEモバイル:43200円
UQモバイル:29268~38988円
6s Plus(64GB)
QTモバイル:72000円
6 Plus(64GB)
楽天モバイル:72800円
6 Plus(128GB)
楽天モバイル:79800円
6(16GB)
スマモバ:90000円
SE(16GB)
楽天モバイル:27880円
QTモバイル:39600円
SE(32GB)
Y!mobile:500円
BIGLOBEモバイル:15600円
LINEモバイル:30800円
楽天モバイル:44800円
スマモバ:54000円
SE(64GB)
楽天モバイル:46800円
SE(128GB)
Y!mobile:12500円
BIGLOBEモバイル:25200円
LINEモバイル:40800円

※UQモバイルとY!mobileのiPhoneはSIMロック付き(あとで簡単に解除可能)

iPhoneのセット販売がない主な格安SIM

IIJmio、OCNモバイルONE、DMMモバイル、NifMo、nuroモバイル

(1)【iPhoneを一番お得に購入できる】Y!mobile

y mobile

SIMカードとセット購入できるiPhone

  • iPhone 7(32/GB):スマホプランM/L 31700円、スマホプランS 43700円
  • iPhone 7(128GB):スマホプランM/L 43700円、スマホプランS 55700円
  • iPhone 6s(32GB):スマホプランM/L 12500円、スマホプランS 24500円
  • iPhone 6s(128GB):スマホプランM/L 24500円、スマホプランS 36500円
  • iPhone SE(32GB):500円
  • iPhone SE(128GB):12500円

iPhoneの通信速度目安

  • 40Mbps(非常に速い)

格安SIMで本格的にiPhoneを使いたいなら第一候補に入れたいのがY!mobile(ワイモバイル)です。iPhoneを最もお得にSIMカードとセット購入できます。

ソフトバンクのサブブランドであるY!mobileは、格安SIMの中では常に最新のiPhoneを安く提供しています。iPhone SEの実質価格500円は書き間違いではありませんよ。

Y!mobileに契約する際は、スマホプランS/M/Lの3種類から選びます。全プランに10分かけ放題付き(専用アプリ経由ではない)。特に人気なのが月額2980円のスマホプランM(6GB)です。最初の2年間は無料で9GBまで増量できます。

また、スマホプランM/LはiPhoneの購入価格が安くなるのも魅力的。市場価格より大幅に安くiPhoneを購入できますよ。

1点、ソフトバンクからのMNP乗り換えたは割引額が少なくなるので注意が必要です。もし、ソフトバンクからMNPしたいなら、UQモバイルの契約も考慮したほうがいいでしょう。

詳細ページ公式ページ

(2)【通信速度&iPhone価格ともに◎】UQモバイル

UQモバイル

SIMカードとセット購入できるiPhone

  • iPhone 7(32GB):プランM/L 34236円、プランS 47196円
  • iPhone 7(128GB):プランM/L 47196円、プランS 60156円
  • iPhone 6s(32GB):プランM/L 13068円、プランS 26028円
  • iPhone 6s(128GB):プランM/L 29268円、プランS 38988円

iPhoneの通信速度目安

  • 30Mbps(非常に速い)

auのサブブランドであるUQモバイルは積極的にiPhoneを取り扱っています。メインのおしゃべりプラン/ぴったりプランで契約すれば、マンスリー割が適用されて端末代金が大幅割引。

今は取り扱いがなくなりましたが、iPhone SEを実質100円で販売していたこともありました。iPhoneを安く購入するなら、プランM(6GB)かプランL(14GB)がおすすめ。特にプランMはほとんどの方が契約する人気プランです。

はじめから、5分かけ放題あるいは60~180分の通話定額が付いているため(どちらか選べる)、iPhoneの通話料も節約できますよ。通信速度もトップクラスに速いため、格安SIMでiPhoneを購入するなら有力な候補に挙げたい通信事業者です。

詳細ページ公式ページ

(3)【iPhoneで動画を見るなら】BIGLOBEモバイル

biglobeモバイル

SIMカードとセット購入できるiPhone

  • iPhone SE(32GB):15600円
  • iPhone SE(128GB):25200円
  • iPhone 6s(32GB):31200円
  • iPhone 6s(128GB):43200円
  • iPhone 7(32GB):31200円
  • iPhone 7(128GB):43200円

※すべてS+プラン(データ3GB)以上で契約した場合の価格です

iPhoneの通信速度目安

  • 15Mbps(普通)

BIGLOBEモバイルでは、かけ放題(10分かけ放題か通話パック90)がセットになったスマホまる得プランに加入することで、iPhoneを購入できます。Y!mobileとUQモバイルに次いでiPhoneの販売に積極的です。実質負担額もまずまずの安さとなっています。

ただし、スマホまる得プランは2年縛りの契約となります。2年以内に解約すると6000円の解約金が発生するのでご注意を。また、2年後に契約は自動更新されます。ちなみに、スマホまる得プランのかけ放題はあとから外すことが可能です。

Y!mobile、UQモバイルも同様ですが、BIGLOBEモバイルでiPhoneを購入する時は2年以上の契約を念頭に申し込みましょう。なお、BIGLOBEモバイルの看板となっているエンタメフリー・オプション(Youtube含む動画が見放題)のサービスは、スマホまる得プランでも加入できますよ。

詳細ページ公式ページ

(4)【安さよりサービス内容重視なら】mineo

mineo

SIMカードとセット購入できるiPhone

  • iPhone 8(64GB):67800円
  • iPhone 8(256GB):85200円
  • iPhone 8 Plus(64GB):79200円
  • iPhone 8 Plus(256GB):96000円
  • iPhone 6s(64GB):59400円

iPhoneの通信速度目安

  • 20Mbps(まずまず速い)

安くはありませんが、mineoでは最新のiPhoneを購入できます。ただ、入荷数が少ないせいか、在庫切れを起こすのがデメリットです。以前は、iPhone 7も購入できたのですが、現在は販売停止となりました。

iPhone 8/8 Plusも在庫切れを起こす可能性があるため、購入するなら早めに申し込んだ方がいいです。なお、mineoのiPhoneはWEB限定販売なので店舗からの購入は不可となります。

市場価格と比較して端末代金のお得感がないmineoですが、利用料金の安さやmineo独自のシステム(フリータンクやパケットギフトなど)を考慮すると、十分に契約すべき価値はあります。

キャリアと比べて毎月の利用料金が4000円ほど下がるので、端末価格はすぐに元が取れます。3GBプランとiPhone 8(64GB)の組み合わせなら、月々4335円です。

詳細ページ公式ページ

(5)【LINE・SNSしか使わないなら】LINEモバイル

lineモバイル

SIMカードとセット購入できるiPhone

  • iPhone SE(32GB):30800円
  • iPhone SE(128GB):40800円

iPhoneの通信速度目安

  • 20Mbps(まずまず速い)

ソフトバンク回線に限りますが、LINEモバイルでもiPhoneを購入できます。LINEモバイルは元々iPhoneの販売を行っていなかったので、サービスが充実するのはこれからでしょう。販売価格は市場価格とほぼ同じ。ただ、他社と比べると端末代金は高いです。

そのかわり、LINEモバイルはLINE・SNSがカウントフリーなので、毎月SNSだけで10GB以上使っている方は、カウントフリーありの3GBプラン(月額1690円)に契約することで、トータルの通信費を安くできます。

SNS中毒な人はiPhoneの端末代金が高くても元が取れるので、LINEモバイルを検討するといいでしょう。

詳細ページ公式ページ

(6)【契約年数によって割安に】楽天モバイル

楽天モバイル

SIMカードとセット購入できるiPhone

  • iPhone 6s Plus(64GB):72800円
  • iPhone 6s Plus(128GB):79800円
  • iPhone SE(16GB):27880円
  • iPhone SE(32GB):44800円
  • iPhone SE(64GB):46800円

iPhoneの通信速度目安

  • 15Mbps(普通)

楽天モバイルは格安SIMでは珍しいiPhone 6s Plusを取り扱っています。端末代金は高いのですが、スーパーホーダイで2年以上の長期契約にすると、毎月割引が効くため、iPhoneを含めた支払額を抑えることができます。3年契約なら、iPhone SE(16GB)が実質無料に近い価格です。

ただし、楽天モバイルで取り扱っているiPhoneはメーカー認定整備済品もしくは海外版です。国内正規版のiPhoneではありません。メーカー認定整備済品は初期不良などでAppleに返品されたiPhoneを再整備した製品です。Appleの品質基準をクリアしたiPhoneではありますが、完全な新品ではありません。

また、マニュアルは英語で、プリインストールされているアプリや設定も国内版とは一部異なります。正直、メーカー認定整備済品ならもう少し安くして欲しいところですが、実質価格はやや高め。

iPhone以外のSIMフリースマホは他社より安いので、楽天モバイルに契約する際は、Androidを使ったほうがいいでしょう。

詳細ページ公式ページ

3.新型iPhoneを格安SIMで使うには?

格安SIMで購入できるiPhoneは、およそ2年型落ちの機種となります。新型iPhoneを格安SIMで使うことはできません。もし、新型iPhoneを格安SIMで使いたいなら、端末とSIMカードを別に購入します。新型iPhoneはアップルストアにてSIMフリー版を購入するのが一番簡単です。

12回までの分割払いなら金利0%にて購入可能。キャリア版より端末代金は高いのですが、格安SIMで運用すれば元を取ることができます。

なお、キャリア版iPhoneの場合はSIMロック解除が必要です。SIMロック解除は購入してから101日を経過する必要があるため、すぐには格安SIMで運用することはできません。

今すぐ新型iPhoneを格安SIMで運用したいならアップルストアでSIMフリー版を購入。3ヶ月待てるならキャリア版iPhoneを購入してから、格安SIMに乗り換えるといいでしょう。

iPhone xs 格安sim
iPhone XS/XRを格安SIMで使うメリットと契約方法iPhone XS/XRは格安SIMで使えるか気になりませんか? 結論から言えば、格安SIMでも問題なくiPhone XS/XRが...

4.まとめ

いかがでしたか?

今回はiPhoneをセット購入ができる格安SIMを紹介しました。iPhoneを使えないイメージの格安SIMですが、わりと多くの通信事業者がiPhoneをセット購入できます。ただし、iPhoneの販売価格はバラバラで、お得感のある通信事業者は限られてくるので注意して下さい。

新型iPhoneの販売はありませんが、近年発売されたハイスペックなiPhoneを使えるので、購入して損はありませんよ。この記事を参考に、iPhoneを快適に使いこなしてくださいね。

\iPhoneを最もお得にセット購入できる/

Y!mobileの公式サイトへ

スマホ代を安くしたい人に選ばれている格安SIMとは?
LINEモバイル
LINEモバイル

[4.9pt/5.0]
LINE・SNS使い放題の最強格安SIM
詳細はこちら
UQモバイル
uqモバイルのロゴ

[4.8pt/5.0]
屈指の通信速度とauブランドの実力
詳細はこちら
mineo
mineoのロゴ


[4.6pt/5.0]

トリプルキャリア対応の利便性
詳細はこちら
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ

[4.4pt/5.0]
楽天会員ならポイントアップ
詳細はこちら
Y!mobile
ymobile

[4.4pt/5.0]
無制限かけ放題&通信速度No.1
詳細はこちら
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイルのロゴ

[4.2pt/5.0]
月額2000円で動画見放題OK
詳細はこちら
あわせて読みたい