格安スマホの最新キャンペーン
UQ mobile(UQモバイル)

【2019年】UQモバイルの評判や通信速度を完全解説

UQモバイル3姉妹のテレビCMで、誰もが聞いたことのあるUQモバイル。ですが、名前は知っていても詳しいサービス内容はよく分かりませんよね。UQモバイルは、UQコミュニケーションズ株式会社が運営。WiMAXのサービスでも有名です。そして、親会社はご存知KDDI。auの弟(妹?)分にあたります。

この記事では、UQモバイルの評判や通信速度を中心に詳しく解説。また、メリット・デメリットや複雑な料金体系も初心者にわかりやすく説明していきます。2年弱、UQモバイルを使い倒してきた筆者だけが書ける、どこよりも濃い内容をお伝えします。ぜひ、参考にしてみて下さいね。

キャンペーン速報

ファミゼロ学割で最大5ヶ月分の月額料金が無料に

申込期限:2019年5月31日まで

\公式サイトはこちら/

1.UQモバイルのメリット

まずは、UQモバイルのメリットについて見ていきましょう。

  • 通信速度がトップクラス
  • 無料で6万ヶ所以上のWi-Fiスポットを利用できる
  • 口座振替が条件無しで利用できる
  • UQ家族割適用なら月額1480円から
  • 子供を守る「あんしんフィルター」が無料
  • キャリアメール(MMS)が使える

それぞれ詳しく解説していきます。

(1)通信速度がトップクラス【900社以上ある格安SIMの頂点】

UQモバイルはすべての格安SIMの中でトップクラスの通信速度を誇ります。auの子会社ということもあり、明らかに他社を超える通信品質です(反則とブーイングされていますが)。UQモバイルの通信速度は、最高速度だけでなく1日を通した安定感に定評があります。他社では当たり前に1Mbpsを切る回線混雑の時間帯(昼間や夕方)でも安定した通信速度です。急に速度低下でイライラする事がありません。

他の格安SIMは日によって通信速度が上下しますが、UQモバイルはいつでも満足できるクオリティです。大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)から乗り換えても、体感速度はまったく変わりません。動画やゲームが好きなら、UQモバイルは非常におすすめです。

RBB 格安SIMアワードでも2年連続1位に

UQモバイルの通信速度に対する評価は、一般ユーザーだけでなく企業間でも話題です。様々な賞を受賞しているUQモバイルですが、最も権威があるのはRBB 格安SIMアワードでしょうか。RBBは1998年から通信速度の測定サービスを提供する会社で、その正確性は折り紙つきです。

UQモバイルは、2017年から2018年にわたってRBB 格安SIMアワード最優秀賞を受賞。通信速度と顧客満足度で1位の評価でした。900社以上ある格安SIMの中で、頂点の通信速度に君臨するUQモバイル。第3社からの評価も圧倒的です。

(2)無料で6万ヶ所以上のWi-Fiスポットを利用できる

地味に大きなメリットなのが、Wi-Fiスポットの利用です。どんなに通信速度が速くても、アプリのダウンロードや動画再生を繰り返せば、すぐにデータ残量が無くなります。そこで利用したいのがWi-Fi接続。通常、格安SIMのWi-Fi利用は有料オプションなのですが、UQモバイルは無料で使い放題です。

使用できるWi-FiはWi2 300。街のいたる所にあるため、Wi-Fi接続の画面で見たことがある人も多いでしょう。ショッピングモール、カフェ、交通機関などでWi-Fi接続できます。スマホだけでなく、パソコンやタブレットでも使い放題です。

(3)口座振替が条件無しで利用できる

口座振替を利用できる格安SIMは多くありません。ほとんどがクレジットカード払いのみです。さらに、口座振替を条件無しで利用できるのは、UQモバイルだけです。他社は、面倒な電話手続きや料金プランの制限、オンライン申し込み不可、口座振替手数料あり、端末代金の分割払い不可など、とにかく面倒な条件がつきまといます。

しかし、UQモバイルなら、これらすべての条件がなし。口座振替手数料なしで、全プラン対応。オンラインから申し込みできます。クレジットカードを作れない、持っていない、使いたくない人にとって、口座振替の完全対応は心強いです。対応銀行も、都市銀行、ネット銀行、地方銀行、信用金庫、ゆうちょ銀行とあらゆる金融機関が使えます。

(4)UQ家族割適用なら月額1480円から

UQ家族割を適用しなくても、月額1980円(かけ放題付き)と破格の値段から利用できるUQモバイル。UQ家族割を適用すれば、さらに500円割引で月額1480円となります。家族が同居している必要はないので、意外にも適用できる人は多いです。

格安SIMでは、そもそも家族割や複数回線割のサービスがあること自体珍しいです。UQモバイル以外だと、まともに家族割があるのはY!mobileのみ。国内で数百以上あると言われるMVNO(格安SIM会社)で、たったの2社しか提供できていない貴重なサービスです。ちなみに、同一名義で複数回線を使用する場合でもUQ家族割が適用されます。

(5)子供を守る「あんしんフィルター」が無料

小さなお子さんを持つ親御さんにとって、子供の有害サイト閲覧は絶対に防ぎたいものです。通常、フィルタリングオプションは有料なのですが、UQモバイルなら無料で使えます。サービス名は、あんしんフィルター for UQ mobile。マニュアルで個別設定もできますが、小学生モードから高校生モードまでの自動設定が便利です。

子供の成長に合わせて、フィルタリングの制限内容を変更していくことができます。LINEはOKだけど、Twitterはダメといった細かな設定も可能です。

(6)キャリアメール(MMS)が使える

Wi-Fiスポットサービスやあんしんフィルターとは違い、こちらは有料サービスとなりますが、UQモバイルでは月額200円でキャリアメール(MMS)が使えます。キャリアメールとは、大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)と同等の品質を持つメールアドレスのことです。

Gmailなどのフリーメールと違い、迷惑メール判定で受信拒否される心配がないこと、金融機関など重要な登録で使用できるメリットがあります。格安SIMでキャリアメールを提供できているのは、UQモバイルとY!mobileだけです。ともに、au・ソフトバンクの子会社だからこそ提供できています。

大手キャリアから格安SIMに乗り換えるとキャリアメールは消滅します。ですが、UQモバイルなら引き続きキャリアメールの利用が可能です(メールアドレスは変わります)。

UQモバイルの公式サイト

2.UQモバイルのデメリット(注意点)

次は、メリットだけでなくデメリットも見ていきましょう。ひいきしているわけではありませんが、UQモバイルのデメリットは他社より数が少ないです。

(1)2年間の契約縛りがある

おしゃべりプランとぴったりプランに契約する場合は、2年間の契約縛りがあります。さらに、自動更新があるため解約金の発生はほぼ免れません。いわゆる大手キャリアの2年縛りとまったく同じです。格安SIMの契約縛りは、通常1年程度と短く自動更新もありません。その点、UQモバイルは契約縛りがキツイと言えるでしょう。

ただし、おしゃべりプランとぴったりプランは、解約金の元が取れるほど優遇された料金プランです。初年度は無条件で2000円の割引(1年で24000円)が効くため、実際はあまり契約縛りや解約金を気にしなくて大丈夫です(詳しいプラン内容は後述します)。

(2)2年目から月額料金が変わる

おしゃべりプランとぴったりプランは2年目から月額料金が+1000円となります。初年度だけ安く見せかける罠か・・と勘ぐりますが、実は初年度は2000円の割引(スマ得割とイチキュッパ割)が効いていて、2年目以降はイチキュッパ割が消えて1000円の割引に変わります。

ですので、実際は2000円の割引額が1000円になっただけで、元のプラン価格から割引されている事実に変わりはありません。とはいえ、どうしても急に1000円値上がりしたと感じるのが人間の性です。

  • おしゃべり・ぴったりプランS(2GB)
    →1年目:1980円、2年目以降:2980円
  • おしゃべり・ぴったりプランM(6GB)
    →1年目:2980円、2年目以降:3980円
  • おしゃべり・ぴったりプランL(14GB)
    →1年目:4980円、2年目以降:5980円

※全プランにかけ放題が付いています

3.UQモバイルの通信速度

ここでは、UQモバイルの通信速度を実際に計測してみます。噂通りのスピードが出るのか楽しみです。

3-1.時間帯別に通信速度を測定

UQモバイルの通信速度は、

  • お昼
  • 夕方

の3回に分けて測定しました。平日と休日の両方で測定しています。測定アプリはOokla Speedtestを使用しています。

UQモバイルの通信速度2

横浜駅内で通信速度を測定(端末はiPhone)

測定結果は以下となりました。用途別の必要な通信速度も参考にして下さい。

9時台 12時台 18時台 平均速度
平日 10.4 13.08 47.47 27.98
休日 27.90 16.5 20.0 21.47

通信速度の単位:Mbps

ネット閲覧 1.0
メール・LINE 0.2
動画(低画質) 0.5
動画(普通画質) 1.0
動画(高画質) 2.0
アプリのインストール 3.0

参考:必要な通信速度の目安

UQモバイルの通信速度は他社に比べて速すぎる、と総務省からクレームが入るくらい圧倒的なスピードを記録しました。通信速度が遅くなりやすい正午では、格安SIMの場合1Mbpsを切ることも珍しくありません。しかし、UQモバイルは1日を通して常に10Mbpsを超えているので安定感があります。

お昼の時間帯で10Mbps超えは、20社以上契約している筆者でも他に見当たりません。大手キャリアと比較しても、体感速度は変わらず。検証のためauも契約している筆者ですが、ここまで通信速度が安定しているのは逆に恐怖です。最も通信速度を必要とする、アプリのダウンロードや高画質動画の視聴も5Mbpsを超えていれば快適なので、まったく問題ありません。

10Mbpsを切らないUQモバイルなら、十分に快適な速度条件をクリアしています。どれだけあら捜ししても、通信速度に関してUQモバイルにケチを付けることはできません。

3-2.体感速度で快適さを確認

理論上は高い数値を記録したUQモバイル。しかし、実際の体感速度を調べるまで安心はできません。ここでは、実際にアプリを開いて、UQモバイルの体感速度を確かめてみました。

WEBサイト閲覧

UQモバイルでネット閲覧

ヤフーニュースを開きました。タップした瞬間にページが閲覧できます。画像も含めて1~2秒でページを開ききるので、非常に快適です。

LINE

UQモバイルでLINE

LINEでトークしてみました。まったく問題ありません。LINE通話も快適に使用できます。

動画

UQモバイルで動画視聴

iPhoneなので画質選択ができないのですが、4Kの最高画質(1080p)を普通に再生しました。再生バーが止まることもありません。通常の画質(360p)なら、一瞬で動画の最後まで読み込みます。

ゲーム

UQモバイルでゲーム

自宅でポケモンGOをプレイ。まったく問題ありません。UQモバイルならポケモンGOより重い3Dゲームや通信速度が求められるマルチプレイでも問題なく遊べます。

地下鉄

UQモバイルはauと同じ回線を使用しています。auが使える通信エリアならUQモバイルも同様にデータ通信が可能です。地下鉄は非対応の路線もありますが、都市部では多くの地下鉄でau回線が使用できます。そのため、auと同じエリアのUQモバイルも多くの地下鉄で利用が可能となっています。

体感速度の結論

事前の予想通り、まったく問題ありませんでした。ちょっと出来レースみたいで書いていて嫌になるのですが、事実快適なので仕方ありません。特に差を感じるのが動画再生です。他社だと高画質動画の読み込みが遅いのですが、UQモバイルではサクサクでした。あとは、メルカリなど画像中心のWEBサイト閲覧でも差を感じます。UQモバイルさすがです。

3-3.速度低下する時間帯

通信速度に安定感のあるUQモバイルですが、

  • 9:00~10:00(通勤ラッシュ)
  • 12:00~13:00(仕事の休憩時間)
  • 18:00~19:00(帰宅ラッシュ)

の時間帯は通信速度が低下しやすいです。これは格安SIM全体の問題なのでUQモバイルに限った話ではありません。他社の格安SIMの場合は、1Mbps程度まで速度低下することがあります。UQモバイルの通信速度は基本的に安定していますが、回線混雑が酷い日は10Mbpsを切るときもあります。

瞬間的に5Mbpsを切ることもあるので、いくらUQモバイルと言えど過度な期待は禁物です。とはいえ、速度低下する時間帯で、数日間の平均を取ると7Mbpsを超えています。そのため絶対とは言えませんが、あまり速度低下に関して心配しなくていいかと思います。

3-4.意外と遅い?他の格安SIMと速度比較

UQモバイルの通信速度を他社と比較してみました。

格安SIM 9時台 12時台 18時台 平均速度
Y!mobile 41.68 40.92 45.58 42.73
NifMo 42.12 1.41 45.52 29.68
DMMモバイル 44.21 0.63 41.23 28.69
イオンモバイル 44.57 1.39 31.06 25.67
mieno(Dプラン) 41.94 0.46 27.54 23.31
UQモバイル 27.9 16.5 20 21.47
BIGLOBEモバイル 40.76 0.47 15.94 19.06
OCNモバイルONE 43.91 1.22 8.3 17.81
nuroモバイル 15.52 1.06 36.2 17.59
LINEモバイル 42.25 1.41 7.24 16.97
楽天モバイル 41.19 0.22 8.76 16.72
mineo(Aプラン) 22.15 0.96 14.82 12.64
IIJmio(Aプラン) 2.91 0.46 10.9 4.76

(通信速度の単位:Mbps)

あれ?あんなに速いと言っていたUQモバイルが6位に・・。実は、UQモバイルは1日を通した通信速度の安定感はあるのですが、最高速度がそこまで速くありません。他社を見ると最高速度が40Mbps以上。UQモバイルと10Mbps以上も離れています。

しかし、測定結果をよく見てほしいのですが、他の格安SIMはまるでジェットスターのような速度の波です。特に、12時台が本当ひどい。

12時台の通信速度

  • UQモバイル:16.5Mbps
  • NifMo:1.41Mbps
  • DMMモバイル:0.63Mbps
  • イオンモバイル:1.39Mbps
  • mieno(Dプラン):0.46Mbps

一番スマホを使いたいお昼時に、WEBサイト閲覧やInstagramさえ厳しい通信速度になるのは不便極まりないですよね。UQモバイルなら、この時間帯でも16.5Mbpsと非常に高速です。Y!mobileは自社回線を持っているから仕方ないとして、その他の格安SIMではUQモバイルが圧倒的な通信品質を保っています。ちなみに、10Mbpsを超えれば体感速度はほとんど変わりません。

3-5.ライバルのmineoと比較

同じau回線を使用する「mineo」はUQモバイルのライバル会社です。UQモバイルもmineoもauスマホなら端末そのままで乗り換えできるため、どちらにしようか迷っている方もいるでしょう。結論から言うと、通信速度ではUQモバイルの方が上回っています。

mineoも通信速度に安定感はありますが、12時台の通信速度がやや厳しいです。数日に分けて速度測定しましたが、ほとんど日でmineoは正午の時間帯に1Mbpsを切りました。逆にUQモバイルはほとんど日で10Mbpsを超えています。正午以外の時間帯ではあまり差はありませんでした。

mineoは急激にユーザー数を伸ばしているため(ユーザー数は楽天モバイルに次いで2位)、回線が混雑しやすいのかもしれません。また、UQモバイルはauのサブブランドなので同じau回線でも優遇されている可能性があります。UQモバイルかmineoかどちらがいいか迷った場合、通信速度を重視するならUQモバイルを選んだ方がいいでしょう。

3-6.速度制限の条件

UQモバイルでは3日間で6GBを超えるデータ通信を使用した場合、速度制限がかかります。速度制限後の通信速度は決まっていませんが、大体300kbps程度です。普通は200kbpsなので、UQモバイルは速度制限下でもまずまず快適なデータ通信が使えます。

なお、3日で6GBの基準ですが、1日あたり2GBを使う計算なので、逆に使い切るほうが難しいです。実質、3日間の速度制限は無いと考えていいでしょう。毎月の基本データ容量を超得た場合は、当然ながら翌月まで速度制限されます。

翌月まで待てない場合は、

  • 100MB:200円
  • 500MB:500円

でデータチャージ(容量追加)が可能です。ちなみに、データ無制限プランでも極端な使い方をすれば、500kbpsの固定速度からさらに速度制限がかかります。最初から無制限のプランに対して、どれくらい使えば速度制限がかかるかはわかりませんが自身の体験と口コミから、まったく気にしなくていいと言えます。

3-7.高速・低速切り替えが使える

UQモバイルでは高速通信から低速通信への切り替え(ターボ機能)ができます。低速通信にすれば、高速通信容量を節約できます。テキスト中心のWEBサイト閲覧やSNS程度なら低速通信で問題ないでしょう。UQモバイルの低速通信は300kbpsなので他社と比べて速いです。そのため、低速通信でもまずまず快適です。

高速通信から低速通信に切り替えるには、「UQ mobileポータルアプリ」からワンタップ。ホーム画面にウィジェット登録をすれば、アプリを立ち上げる必要すらありません。

UQモバイル ウィジェット

ウィジェット登録でホーム画面から高速・低速切り替え

こまめにデータ残量を節約したい方は、高速・低速切り替えを使ってみましょう。

UQモバイル
UQモバイルの節約モードでYoutubeやテザリングを実機調査UQモバイルの節約モードは何ができるの・・・? 低速通信にすることでデータ消費量を抑えることができるUQモバイルの節約モード。しか...

UQモバイルの公式サイト

4.UQモバイルの評判

ここでは、UQモバイルに対する評判を調べるため、生のユーザーの口コミをアンケート調査しました。(株式会社クラウドワークスにて実施)。およそ100名の回答から分析しています。

UQモバイルの評判

4-1.良い口コミ

  • auからUQモバイルに乗り換えて、毎月の料金が7000円も安くなりました。電波の入り方も以前とあまり変わることなく、普通に使えます。さらには、しっかりと保険もあり端末が壊れたときも安心できる契約内容でした。(24歳女性)
  • 速度が速くて快適に使用出来ています。通話についても音質が良くて、キャリアを使用していた時と変わりないです。(23歳女性)
  • スマホの種類が充実していました。また、おしゃべりプランがあったので、とても便利に使うことができました。(28歳男性)
  • まったく不具合もなく、インターネットを普通に利用することができているので、ネットサーファーである私はすごく助かっています。(25歳女性)
  • 今までのところ噂で聞くような通信スピードの低下などは起こっておらず快適です。(26歳男性)
  • データの使用状況によって、月末に簡単にプラン変更できるのも助かります。(31歳女性)
  • 通信速度は、通信回線が最も混雑すると思われる昼の12時前後の時間帯でも特に遅いと感じたことはありません。それ以外の時間帯は、以前利用していたソフトバンクと比較して速度に全く遜色はありません。(29歳男性)

4-2.悪い口コミ

  • データ無制限プランは最大速度500kbpsと謳っていますが、たまに1M出ます。料金がもう少し低くなれば良いのですが、割高感があります。(38歳男性)
  • 通信制限がされてしまったので、カスタマーセンターに連絡した事があったのですが、対応があまり良くなかったです。オペレータの人がすごく冷たくて、もう少し親切に対応して欲しかったです。(30歳女性)
  • auからUQモバイルに乗り換えをしました。auの名義が旦那で、もし私の名義にする場合はauに行って名義を変えてくれと言われて面倒でした(26歳女性)
  • データ容量は繰り越し可能なので消費しなかった分は翌月分に加算されます。ただ、データチャージは自分でする手間が発生します。しかし、アプリから簡単にチャージすることができるので、大きなストレスは感じません。(33歳男性)

4-3.口コミからわかること

UQモバイルの口コミでは通信速度の速さ・安定性、豊富な端末の種類や保証の充実など、全体的に高評価が目立ちました。回線が混雑するお昼の時間帯でも通信速度が安定しているとの意見も多かったです。全体的に悪い評価はあまり見られませんでしたが、カスタマーセンターの人が冷たかったとの意見が一部ありました。

CM効果で急激にユーザー数を伸ばしているUQモバイル。効率化のためにスタッフは完全なマニュアル対応になっているのかもしれません。他の格安SIMで必ず挙げられる通信速度に関する不満はほとんどありませんでした。

5.UQモバイルの料金プラン

UQモバイルには全部で6種類の料金プランがあります。

  • おしゃべりプラン
  • ぴったりプラン
  • データ高速プラン
  • データ高速+音声通話プラン
  • データ無制限プラン
  • データ無制限+音声通話プラン

複雑に感じますが、およそ8割の人はおしゃべりプランかぴったりプランに加入します。ですので、まずはおしゃべりプラン・ぴったりプランを抑えていきましょう。

5-1.おしゃべりプラン・ぴったりプラン

UQモバイルでは、ほとんどの人がおしゃべりプランかぴったりプランに加入します。その理由は、

  • 全プランにかけ放題が付いている
  • キャンペーン・割引が充実している

といったメリットがあるからです。他の料金プランと比較して、明らかに優遇されていることが分かります。詳しいプラン内容は以下の通りです。

おしゃべり・ぴったりプラン

プランS プランM プランL
月額料金 1980円 2980円 4980円
データ容量 3GB 9GB 21GB
データ容量
(増量オプションなし)
2GB 6GB 14GB
通話 おしゃべり
プラン
5分かけ放題
ぴったり
プラン
60分無料 120分無料 180分無料

※2年目からイチキュッパ割が終了して+1000円

おしゃべりプラン、ぴったりプランの最大の特徴は、通話定額が料金プランに含まれていることです。LINE通話がメインの人も、美容室の予約や知人への連絡で何だかんだ通常通話も使います。おしゃべりプランならプランS/M/Lともに、回数無制限の5分かけ放題が付きます。短い電話を頻繁に行う人向けです。

通話の回数は少ないけど、1回の通話時間が長いならぴったりプランがいいでしょう。こちらは、60分から180分の通話定額となります。データ容量は、シンプルに3種類のみです(料金プランの選び方は後述します)。なお、全プランで手持ちの電話番号を引き継ぐMNPが可能です。

増量オプションとは?

増量オプションは月額500円を支払うことで、プランSは3GB(+1GB)、プランMは9GB(+3GB)、プランLは21GB(+7GB)となります。勘の良い人はお気づきだと思いますが、プランLの場合は500円で7GBを追加できるため、1GBあたりで割るとたったの71円です。1GBの相場は300~500円なので、あり得ない価格破壊です。

プランMの+3GBでも十分にお得感があります。増量オプションは自分でデータチャージする手間がかかりますが、毎月のデータ残量が気になる人は付けておくと安心ですよ(契約後に様子を見て申し込むのもありです)。

なお、増量オプションは、最初の2年間は無料です。UQモバイルの基本データ容量は3/9/21GB使えると考えて差し支えありません。

5-2.2年目からの料金変更について

おしゃべりプラン・ぴったりプランでは、2年目から月額料金が変わります。複雑なので、以下にまとめました。

  • 1年目:スマ得割とイチキュッパ割が適用
  • 2年目:スマ得割が適用 ※イチキュッパ割は終了
  • 3年目:長期利用割引が適用 ※スマ得割は終了

※スマ得割(2年間有効)、イチキュッパ割(1年間有効)、長期利用割引(3年目から)ともに1000円引き

プランSを例に挙げてみます。プランSは元々3980円です。そこから、スマ得割とイチキュッパ割が効いて1年目は1980円に。2年目からはイチキュッパ割のみ終了して2980円に。3年目からは、スマ得割が終了しますが長期利用割引が効いて2980円のままです。

1年目が1980円だったのに、2年目から2980円に値上がりするのは割高感がありますが、最初の価格は3980円(プランSの場合)なので、実は2年目以降も1000円値上がりしたとしても割安です。インパクトを出そうと初年度を安くしすぎたのが裏目。2年目から高く感じるプラン内容となりました。ですが、決して損するわけではないので安心して下さい。

3年目から基本データ容量が半減することは無い

2018年12月から3年目でも基本データ容量が変わらないルールとなりました。実は、以前のUQモバイルは、3年目からおしゃべりプラン・ぴったりプランの基本データ容量が半減。元に戻すには、+500円の増量オプションに加入する必要がありました。実質500円の値上がりだったのですが、今後は基本データ容量がいきなり少なくなる心配はありません。

大きな声で言えないけど解約新規も可能

UQモバイルでは、解約新規の契約を禁止していません。解約新規とは、簡単にいえば一時的に解約したあとすぐに再契約して、割引特典を再度受け取ることです。裏技に近いやり方で、UQモバイルも当然ながら推奨していませんが、禁止されいないので実際に使えます。

ただし、解約新規はMNPができないため電話番号が変わる点に注意して下さい。電話番号が変わってもいいのなら、UQモバイルの割引特典(1年目の価格)を何度でも受け取り続けることができます。

5-3.その他の料金プラン

UQモバイルでは、メインのおしゃべりプラン、ぴったりプランの他に、以下の料金プランを選択できます。

データ高速
プラン
データ高速+
音声通話プラン
データ無制限
プラン
データ無制限+
音声通話プラン
月額料金 980円 1680円 1980円 2680円
データ容量 3GB 3GB 無制限 無制限

※データ無制限プランの最大通信速度は500kbps

こちらの料金プランは、以下に当てはまる人が契約します。

  • かけ放題がまったくいらない
  • 毎月の基本データ容量は3GBで十分
  • 低速通信でも無制限プランがいい
  • 音声通話機能がいらない

まず、全プランにかけ放題は付いていません。そのため、通話をすると20円/30秒の通話料が発生します。データ容量は3GBか無制限の2択。魅力的に見える無制限ですが、500kbpsの低速通信に抑えられます。

その他、おしゃべりプラン・ぴったりプランとの違いとして、音声通話機能が無いデータ通信専用SIMを選択できます。音声通話機能なしだと電話番号が付与されないのですが、アプリの利用は可能です。データ高速プランとデータ無制限プランがデータ通信専用SIMに当たります。

UQモバイルの料金プラン
【保存版】UQモバイルの料金プランを完全ガイドUQモバイルの料金プランはどれを選べばいい・・・? UQモバイルに興味があるけれど、問題なのが料金プラン選びですよね。どの料金プラ...

SMSが無料で使える

UQモバイルではすべての料金プランでSMS(ショートメッセージサービス)が使えます。利用料金は無料。通常は月額100円程度かかるので、お得です。SMSがあると、アプリを登録する際の本人確認で重宝できますよ。

データ無制限プランの利便性はいかほど?

最大通信速度が500kbpsのデータ無制限プランですが、実測値も理論通り500kbpsが出ます。また、最初の数秒ですがバースト機能により4~5Mbps出ます。500kbpsは決して速くないのですが、Youtube(普通画質以下)の再生、インタグラム、ゲームアプリなど、まずまずの使い心地です。

当サイトではあまりおすすめしていないデータ無制限プランですが、どうしても気になるなら「UQモバイルの無制限プランは通信速度が遅いのか?」の記事を参考にしてみて下さい。動画で各アプリの使い心地をテストしています。

5-4.UQモバイルでもiPhoneが使える

UQモバイルではiPhoneを使うことができます。iPhoneの利用方法は以下の2つです。

  • UQモバイルでiPhoneを購入
  • 手持ちのiPhoneを利用

UQモバイルでiPhoneを購入する場合、執筆時点ではiPhone SEとiPhone 6sを購入できます。どちらも未だに根強い人気を誇る機種です。もちろんSIMカードとセットで契約できるので、注文が二重になることはありません。次のiPhoneな販売はiPhone7と予想されます。いつ発売されるかは未定です。

最新の新型iPhoneを使いたい場合は、SIMカードを単体契約します。ほとんどのau版iPhoneではSIMカードを入れ替えるだけでOKです。ドコモ版・ソフトバンク版iPhoneはSIMロック解除すれば、UQモバイルで利用できます。なお、SIMロック解除はUQモバイル契約後(大手キャリアを解約したあと)でも手続きできるので、焦る必要はありません。

SIMカードを入れ替えるだけのau版iPhone

  • iPhone XR
  • iPhone XS/XS MAX
  • iPhone 8
  • iPhone 6/6 Plus
  • iPhone 5s

※ドコモ・ソフトバンク版iPhoneはSIMロック解除が必要

※Apple StoreのSIMフリー版iPhoneはSIMロック解除不要

au端末のSIMロック解除

  1. SIMロック解除の手続きページにアクセス
  2. 暗証番号を入力
  3. SIMロック解除する機種を選択
  4. 解除の理由を選択
  5. 「この内容で申し込む」をタップ

ドコモ端末のSIMロック解除

  1. My docomoにログイン
  2. 「ドコモオンライン手続き」をタップ
  3. 「SIMロック解除」をタップ
  4. 「SIMロック解除を行う機種」を選択
  5. IMEI番号を入力
  6. 「SIMロック解除解除を申込む」を選択
  7. 「SIMロック解除の注意事項に同意する」を選択
  8. 「受付確認メールの送信先」を選択して「次へ」をタップ
  9. 「手続きを完了する」をタップ

ソフトバンク端末のSIMロック解除

  1. My SoftBankにログイン
  2. 「契約・オプション管理」をタップ
  3. 「SIMロック解除手続き」をタップ
  4. IMEI番号を入力
  5. 「解除手続きする」をタップ

iPhoneにSIMカードを差し込む際は、SIMピンでSIMトレイを取り出します。

UQモバイルの設定3あとは、UQモバイルのSIMカードを乗せるだけ。

UQモバイルの設定4

簡単な初期設定を行ったあとに、UQモバイルの契約でデータ通信が可能となります。

iPhone
世界一詳しい!UQモバイルでiPhoneを利用するための完全ガイドUQモバイルでiPhoneを使いたいけど、どうすればいいの・・・? UQモバイルに乗り換えたいけど、iPhoneが使えないと困りま...

5-5.料金プランの選び方

UQモバイルの料金プラン、基本的にぴったりプランかおしゃべりプランから選びます。月額料金の割安感やかけ放題の付属などメリットが大きいためです。おしゃべりプランとぴったりプランのどちらにするかは、通話のスタイルで決めて下さい。短い通話頻繁に行うならおしゃべりプランに。たまに長い電話を行うならぴったりプランにしましょう。

あとからプラン変更もできるので、どうしても迷うなら直感で決めてしまって大丈夫です。データ容量はプランMがおすすめです。おしゃべり・ぴったりプランの約7割はプランSかプランMを選びます。6GBあれば、LINE・SNS・WEBサイト閲覧は十分に使用可能。動画も楽しめます。もし、データ容量が足りない場合は、増量オプション(月額500円)で9GBにするといいでしょう。

ほとんどLINE・SNSしか使わないなら最安のプランSに。WEBサイト閲覧も楽しめます。プランSは月額1980円の安さが何といっても魅力です。毎月、20GB程度使用するヘビーユーザーの方のみプランLを契約しましょう。何を選べば良いのか迷うならプランMが無難です。あとから無料で、プラン変更できるため、思い悩むことはありません。

参考:6GBでできること

用途 1ヶ月あたり 1日あたり
メール 120万通 4万通
LINE 300万通 10万通
LINE通話 333時間 11時間6分
LINEビデオ通話 19時間30分 39分
YouTube低画質 33時間 1時間6分
YouTube高画質 9時間 18分
Yahooトップページ 2万4000回表示 800回表示
Twitter 1万2000回表示 400回表示
Facebook 1万2000回表示 400回表示
Googleマップ 7980回表示 266回表示
音楽 1500曲ダウンロード 50曲ダウンロード
ゲームアプリ 150回ダウンロード 5回ダウンロード

5-6.プラン変更のパターンに注意

最初は、データ通信専用SIM(データ高速プラン、データ無制限プラン)で様子を見て、あとからおしゃべりプランかぴったりプランに変更しよう・・と考えている場合は要注意です。

UQモバイルでは、以下のパターンでプラン変更ができません。

プラン変更不可

  • データ高速プラン、データ無制限プラン ↔ おしゃべりプラン・ぴったりプラン
  • データ高速+音声通話プラン、データ無制限+音声通話プラン ↔ データ高速プラン、データ無制限プラン
  • おしゃべりプラン・ぴったりプラン → データ高速+音声通話プラン、データ無制限+音声通話プラン

おしゃべりプラン・ぴったりプランで使用する音声通話SIMは、そもそもデータ通信専用SIMとSIMカードの種別が異なります。そのため、お互いにプラン変更できないのです。上記のパターンでプラン変更する場合、一度解約する必要があるため十分に注意しましょう。

5-7.auからの乗り換えで料金シミュレーション

大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)から乗り換えると大幅に安くなるUQモバイル。実際にどれくらい月額料金が下がるのでしょうか。ここでは、大手キャリアを代表してauと料金比較してみます。

auの月額料金 6480円

  • データ容量(5GB)
  • スーパーカケホ(5分かけ放題付き)

※1年目は5480円

UQモバイルの月額料金 3980円

  • データ容量(6GB)
  • おしゃべりプランM(5分かけ放題付き)

※1年目は2980円

両者を比較すると、auからUQモバイルに乗り換えれば、約2500円も節約できることが分かります。通信速度はほぼ同じなので、単純に値段が下がったと考えていいでしょう。また、UQモバイルの方が1GB多いので、実際は3000円程度の金額差です。1年で36000円の金額差なので2年、3年・・と続くと恐ろしい差になります。

その他、UQモバイルの方が5分かけ放題に加えて最大180分の通話定額を選べる優位性があります。ちなみに、大手キャリアは月額料金がほとんど変わらないので、ドコモ・ソフトバンクから乗り換える場合でも、auとほぼ同じ結果となります。

5-8.テザリングの対応状況

UQモバイルでは、無料でテザリングが使用できます。以前は、iPhone7以降でテザリングができなかったのですが、iOS12にバージョンアップすればすべてのiPhoneでテザリングができるようになりました。Androidに関しては、一部の機種でテザリングできませんが、GalaxyやXperiaなど多くの人気機種でテザリングが使えます。

テザリングの条件

  • iPhone → テザリング可
  • Android → 機種によって変わる

Androidのテザリング状況が気になる場合は、「UQモバイルの公式サイト」にアクセスして、動作確認済端末のページを確認してみましょう。機種ごとに、テザリングの対応状況が書かれています。なお、UQモバイルで販売されている端末はすべてテザリング対応です。確実にテザリングを使いたいなら、端末セットで申し込むといいでしょう。

5-9.利用できるオプション一覧

UQモバイルでは、以下のオプションが利用できます。

オプション名 月額料金
UQあんしんパック 500円
家族みまもりパック 380円
UQあんしんサポート 350円
クラウドバックアップ
by AOS Clous
300円
UQ SNSセキュリティ
by My Permissions
350円
端末補償サービス 380円
AppleCare+ for iPhone 534円~
メールサービス 200円
みまもりサービス 200円
filii 300円
KK BOX 908円
レコチョク Best 908円
増量オプション 500円
つながる端末保証 500円
ギガぞう 500円
電話基本パック 380円
通話明細サービス 100円
セキュリティサービス 290円

他の格安SIMと比べて、UQモバイルのオプションは非常に数が多いです。まず気になるのが、2つのパック。UQあんしんパックでは、UQあんしんサポート(専門スタッフの遠隔サポート)、クラウドバックアップ、UQ SNSセキュリティの3点がセットになっています。3つ合わせると合計1000円ですが、UQあんしんパックにすると半額の500円です。

小さな子供にスマホを持たせるなら、家族みまもりパックがおすすめ。位置情報が分かるみまもりサービス、子供のSNS利用を制御するfiliiがセットです。ただ、UQモバイルは有害サイトをブロックする「あんしんフィルター」が無料なので、無理にオプションを付けなくてもいいでしょう。

通話に関しては、着信転送、割込通話、番号通話リクエストのサービスが無料。留守番電話を使いたいなら、迷惑電話撃退サービスもセットになった電話基本パックに加入しましょう。UQモバイルのオプションですが、あとからでも加入できるので最初は全部外しておくといいです。

ただし、端末補償だけは新規契約時しか加入できません。保証を付けるべきか悩む場合は、「UQモバイルの端末保証オプション」の記事を参考にしてみて下さい。

5-10.支払い方法は2つ

UQモバイルの支払い方法は、

  • クレジットカード
  • 口座振替

の2種類です。以前は、一部のデビットカードも使えましたが、現在はかなり審査が厳しくなっています。実質、デビットカードは利用不可です。口座振替はオンラインから申し込みが可能です。クレジットカードを持っていない人はもちろん、未成年でも登録できます。

申込み時に支払い方法で口座振替を選ぶと、口座振替依頼書が郵送されるので、そちらに必要事項を記入しましょう。UQモバイルの利用自体は口座振替依頼書の郵送を待たずに使えます。また、UQモバイルでは無料でauかんたん決済が使えます。auかんたん決済は、Apple StoreやGoogle Playの利用料金をUQモバイルの利用料金にまとめられます。

いわゆるキャリア決済ですね。格安SIMでキャリア決済が使えるのは、UQモバイルの他にY!mobileしかありません。

uqモバイルの支払い方法
途中変更も可能!UQモバイルの支払い方法を完全まとめUQモバイル(UQ mobile)の契約は決めたけど、どんな支払い方法があるのか気になりますよね。特に、クレジットカードを持っていない、...

5-11.その他のサービス一覧

その他、UQモバイルのサービスについて以下にまとめました。

回線 au
バースト機能 あり
速度制限
(3日間)
3日で6GB以上
最大通信速度 225Mbps
データ繰越 あり
テザリング あり(無料)
通話料 20円/30秒
データチャージ料 100MB/200円
500MB/500円
端末保証オプション あり
カウントフリー なし
初期費用 契約事務手数料:3000円
支払い方法 クレジットカード
口座振替
契約期間 12~24ヶ月
解約金 9500円

回線は本家auの設備をそのまま使います。ですので、auエリアなら地方でもネットが繋がらない、圏外になるといった心配はありません。データ繰越ですが、当月使いきれなかったデータ容量はちゃんと翌月に繰り越されるので安心して下さい。他は特に突っ込みどころはありません。

5-12.解約条件と解約金(違約金)の有無

UQモバイルは、音声通話なしのデータ高速プラン・データ無制限プラン以外に契約期間と解約金(違約金)が設定されています。

契約期間 自動更新
おしゃべりプラン 24ヶ月 あり
ぴったりプラン 24ヶ月 あり
データ高速+
音声通話プラン
12ヶ月 なし
データ無制限+
音声通話プラン
12ヶ月 なし

解約金は9500円

契約期間内に解約すると、解約金9500円が発生します。また、おしゃべりプランとぴったりプランは、24ヶ月後も2ヶ月間の契約更新月を挟み、再度24ヶ月の契約期間となります。大手キャリアと同じ2年縛りですね。ただし、おしゃべりプランとぴったりプランは、プラン内容が優遇されているため解約金がかかっても、正直そこまでの痛手ではありません。

データ高速+音声通話プランとデータ無制限+音声通話プランは13ヶ月目からいつ解約しても解約金0円となります。解約方法については、UQお客さまセンター(0120-929-818)に連絡するだけです。MNP転出も可能です。SIMカードの返却は必要ありません。なお、キャンペーン狙いで解約新規を繰り返すとブラックリストに入る可能性があるため、くれぐれも注意して下さい。

解約金はいくら?UQモバイルの解約方法を全解説UQモバイルの解約方法を知りたい! 通信事業者によってルールが異なる解約のやり方。UQモバイルはどうすればいいのでしょうか? ...

UQモバイルの公式サイト

6.UQモバイルの申し込み・契約方法

UQモバイルはどうやって申し込めばいいのか?必要な書類や契約方法についてまとめました。

6-1.申し込みに必要なもの

UQモバイルを申し込む際は以下のものが必要です。

  • 本人確認書類
  • クレジットカード(クレカ払いのみ)
  • MNP予約番号(MNPする場合のみ)

まず、本人確認書類はすべての料金プランで必須です。申し込み者と利用者が異なる場合は(子供のスマホ契約など)、両方の本人確認書類が必要です。クレジットカード払いの場合は、原則本人名義のカードが必要です。ただし、未成年者は親権者同意書に署名した親名義のクレジットカードで契約できます。口座振替で申し込み場合は、クレジットカードの準備は不要です。

現在の電話番号を引き継ぐならMNP予約番号を取得しておきましょう。

MNP予約番号の取得

  • au:0077-75470(9:00〜22:00)
  • ドコモ:151(9:00〜20:00)
  • ソフトバンク:*5533(9:00〜20:00)

上記の連絡先に電話すれば、MNP予約番号を取得できます。MNP予約番号を取得した時点は、解約扱いにならず不通状態にもならないので安心して下さい。MNP予約番号は有効期限があるため、取得後すぐにUQモバイルへ申し込みましょう。

6-2.UQスポット(店舗)の契約は微妙?

UQモバイルは全国の主要都市を中心にUQスポットを展開しています。都市部にお住まいならUQスポットの契約が選択肢にあがりますが、正直言うと店舗契約は微妙です。その理由として、

  • 専門店なのに来店予約が取れない
  • WEB限定キャンペーンが利用できない

の2点があるからです。まず、来店予約が取れないのは地味に不便です。店舗の面積もあまり広くないため、いつも人が混雑して結構な待ち時間が発生しています。そして痛いのがキャンペーンの内容。やはり、ネット契約の方が、キャンペーン内容が豪華です。キャッシュバックの適用もあります。

店舗でスタッフに相談できるのはメリットですが、ネット契約の方が有利であることは否めません。

ネット契約でも不通期間は無いのでご安心を

ネット契約はSIMカードが届くまで不通期間(空白期間)があると勘違いされていますが、それは以前の話です。現在は、手元にSIMカードが届いてから回線を切り替えるため、ネット契約でも不通期間無しで乗り換えできますよ。手順通りなら10分程度で契約できるネット契約。簡単なので、よほど理由が無い限りはオンラインで申し込みましょう。

6-3.キャンペーン・キャッシュバックが利用できる

UQモバイルでは豊富なキャンペーンが用意されています。特に、おしゃべりプラン、ぴったりプランの優遇が半端ないです。まず、新規契約(MNP含む)なら、無条件でスマ特割とイチキュッパ割で2000円OFF。その他、月額500円の増量オプションが無料となるキャンペーンも頻繁に行っています。ぴったりプランなら無料通話の時間も2倍です。

そして、キャンペーン以上に気になるキャッシュバックは、代理店(リンクライフ)を経由することで最大13000円が貰えます。代理店のリンクライフは通信業界の老舗なので、怪しさに関しては心配する必要が無いです。ただし、13000円のキャッシュバックがあるのは、おしゃべりプランとぴったりプランのみ。

購入できる端末も公式サイトと比較してやや少なくなるのがデメリットです。その他、公式サイトよりも発送が数日遅くなるのも欠点。キャッシュバックの振込も3ヶ月後なのでやや遅いです。そのため、無理して代理店を経由する必要はありません。

どうしても、現金キャッシュバックが欲しい場合は、以下から申し込んでくださいね。その他の方は、公式サイトから通常申し込みしましょう。

代理店経由(キャッシュバックあり)でUQモバイルに申し込む

UQモバイルのキャンペーン
【2019年1月】UQモバイルのキャンペーン・キャッシュバック速報キャンペーンを利用してUQモバイルに乗り換えたい! UQモバイルが気になっている、あるいは乗り換えを決めたけど、どうせならお得なキ...

6-4.新規契約・MNPの流れ

UQモバイルの申し込むには、まず「公式サイト」にアクセスしましょう。すると、端末の一覧とSIMカードが表示されます。端末セットで契約したい場合は希望の端末を。SIMカード単体契約(手持ちの端末を使う)場合は、SIMカードを選択して下さい。手持ちのiPhoneを使うなら、iPhone用SIMを選択します。VoLTE対応端末は、VoLTE用マルチSIMを選んで下さい。

端末・SIMカードが決まったら、契約方法を選択。MNPの場合は、「のりかえ(MNP)」にチェックを入れます。次に料金プランを選択。迷う方は、前章の料金プランの選び方を参考にして下さい。

以降は、

  1. オプション・下取りの有無
  2. MNP情報の入力(MNP乗り換えのみ)
  3. 契約者情報の入力
  4. 支払い方法の選択

と進んでいきます。ここまで入力するのに、およそ7分程度。最後に確認して申し込みを完了しましょう。申し込み完了時点では仮申込が終わっただけです。最後に本人確認書類をアップロードします。本人確認書類をアップロードできたら、すべての申し込みが完了します。

UQモバイルの申し込み5

10分程度で申し込みが完了

画面の指示に従って選択していくだけなので、申し込みは非常に簡単です。SIMカードが到着するのを待ちましょう。ちなみに、UQモバイルは大手キャリアと同じく機種変更が可能です。契約途中に新機種へ変えたくなったら、オンラインあるいは店舗にて機種変更の手続きができますよ。

住所の入力ミスは確実に審査落ちするので注意

UQモバイルは本人確認を細かく見られます。審査落ちするパターンでよくあるのが住所の記入ミスです。本人確認書類と契約者情報の住所は必ず一致させて下さい。自宅以外でSIMカードを受け取ろうとして、別の住所を入力すると審査落ちします。筆者も職場でSIMカードを受け取ろうと、本人確認書類と違う住所を書いてしまい、一度審査落ちしました・・。

また、住所を入力する時、1の1と1-1の違い、サンシャインとSUNSHINE(英語表記)の違いなども細かくチェックしましょう。くどいですが、本人確認書類と契約者情報の住所は完全に一致させて下さいね。

uqモバイルと契約
UQモバイルの契約・申し込み手順をどこよりも詳しく解説UQモバイルに契約するための申し込みの流れはどうなっているのでしょうか・・? 店舗からでも契約できるUQモバイル(UQ mobil...

6-5.SIMカードが届いたら初期設定(開通手続き・APN設定)

UQモバイルのSIMカードは、特に問題がなければ2~3日で届きます(端末セットの場合は端末も同梱)。

UQモバイルの設定

SIMカード到着時の様子

SIMカードは台紙に固定されているので、指で切り取ってみましょう。

UQモバイル申し込み2

初期設定として必要なのは、

  • 開通手続き(MNPの場合のみ)
  • APN設定(SIMカード単体契約のみ)

の2点です。開通手続きはmy UQ mobile(マイページ)にログインして、回線切り替えのボタンを押すだけ。これで、携帯会社の契約がUQモバイルに切り替わります。以前の携帯会社に解約の連絡を入れる必要もありません。端末セットの場合は以上で設定は終了ですが、SIMカード単体契約(手持ちの端末を使う人)は、APN設定を行います。

APN設定は、iPhoneならAPN構成プロファイルをインストール、AndroidはAPN情報を指定の場所に入力するだけです。技術的な意味は分からなくて構いません。初心者でも3分程度で完了します。詳しくは、「UQモバイルのAPN設定」の記事を参考にしてみて下さい。

7.UQモバイルの評価まとめ

評価: [4.8/5.0]

UQモバイルは控えめに言ってケチの付けようがない格安SIMです。多くの方にとって理想形に近いと思います。実際、格安スマホの純増数も「mineo」と「楽天モバイル」に並んでトップの実績です。やはり、際立って通信速度が速い点が最大の魅力です。最高速度だけでなく、1日を通しての安定感がある点も素晴らしいポイントです。

おしゃべりプラン、ぴったりプランをはじめとした料金プランの内容もGOOD。欠点を上げるとしたら、契約縛りでしょう。ただ、解約金の9500円は1年目の割引で元が取れてしまいますが・・。その他、シェアプランが無いなど細かなデメリットはありますが、正直気にならないレベルです。

筆者はUQモバイルの本社(品川にあります)に出向いたことがあるのですが、本当に勢いがあると感じました。意外と中の人が情熱的です(笑)。2017年は、テレビCMの広告費がすべての企業の中でトップクラスでした。知名度は既にポケモンと同じとの話も。それだけ、半端ない力の入れようが現在の通信品質や料金プランの充実を実現しているのだと思います。

UQモバイルに加入して後悔したとの話は、周りで聞いたことがありません。数十社の格安SIMをレビューする当サイトでも、UQモバイルは自信を持っておすすめできるトップクラスの格安SIMです。

UQモバイルの公式サイト

(1)価格・プランの評価

小容量から大容量まで対応しているため、特に問題はないでしょう。おしゃべりプランとぴったりプランなら、最初からかけ放題付きが付いているため通話料の心配もありません。途中でプラン価格は変わりますが、1年目が安すぎるだけで悪質な値上げではありません。

また、2年間の契約を条件に端末代金も安くなるため(マンスリー割)、端末セットで契約したい方も安心です。

(2)通信速度の評価

UQモバイルの通信速度は、すべての格安SIMの中で最高レベルです。大手キャリアから乗り換えても、まったく違和感なし。不便を感じることは無いでしょう。格安SIMの欠点と言われるお昼の時間帯でも、10Mbps超え。本家auを超えるときもあり、総務省から他の格安SIMと差がありすぎると注意されたほどです。

スマホ代が安くなるのはいいけど、通信速度が遅くなるのは嫌・・という方にとって、UQモバイルは最高の選択肢になります。3日間の速度制限が実質なしである点も評価できます。

(3)端末セットの評価

UQモバイルで購入できる端末は、正直そこまで種類が多いわけではありません。ただ、SIMフリースマホは売れる機種が大体決まっています(HUAWEI、ZenFone、AQUOSなど)。売れ筋のメーカーに関してはしっかりと最新機種を抑えています。初心者にとっては選びやすいラインナップです。たまに、UQモバイル限定カラーの端末もあります。

そして、注目したいのがiPhoneの販売です。新型iPhoneは購入できませんが、およそ2年型落ちのiPhoneを格安で購入できます。過去には、実質負担額が108円になったことも。iPhoneを購入できる格安SIM会社はほとんど無いので、UQモバイルは貴重な存在と言えるでしょう。

(4)サポート・手続きの評価

UQモバイルのサポートは特に問題なく良好と言えるでしょう。筆者の場合、住所を間違えて入力して一度審査落ちしたことがあるのですが、その際に電話で丁寧に理由を伝えてくれました。審査落ちは残念でしたが、わざわざ向こうから電話をかけてくれたので、非常に良い印象を持ったのを覚えています。

その他、mineoのマイネ王ほどの盛り上りはありませんが、UQプラネットでユーザー同士のコミュニケーションも可能です。

手続きに関しても問題なし。SIMカードが届いて自分で初期設定をする際も、分からないことがあればサポートでお問い合わせできます。実際、特に問題なく10分程度でオンライン契約ができました。初心者でも迷うことは無いですよ。

キャンペーン速報

ファミゼロ学割で最大5ヶ月分の月額料金が無料に

申込期限:2019年5月31日まで

\公式サイトはこちら/