UQ mobile(UQモバイル)

UQ(ユーキュー)モバイルを実際に使って速度や評判を完全レビュー

UQモバイル

最近テレビでよく見るUQモバイル。実際の評判はどうなんだろう・・

そんなお悩みをお持ちではありませんか?

この記事では、UQモバイルの評判はもちろん、購入できる端末や通信速度、料金の仕組みまで完全調査。

実際にUQモバイルと契約して使いやすさも検証しています。UQモバイルが気になっている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

UQモバイルの公式サイトはこちら

>>現金13000円がキャッシュバックされる特設サイトはこちら

1.UQモバイルの評判

はじめに、UQモバイルの評判を調べてみました。

※アンケートは株式会社クラウドワークスにて2017年8月に実施。100名以上の回答から分析。

UQモバイルの評判

1-1.良い口コミ

■24歳女性

auからUQモバイルに乗り換えて、毎月の料金が7000円も安くなりました。電波の入り方も以前とあまり変わることなく、普通に使えます。さらには、しっかりと保険もあり端末が壊れたときも安心できる契約内容でした。

■23歳女性

速度が速くて快適に使用出来ています。通話についても音質が良くて、キャリアを使用していた時と変わりないです。

■28歳男性

スマホの種類が充実していました。また、おしゃべりプランがあったので、とても便利に使うことができました。

■25歳女性

まったく不具合もなく、インターネットを普通に利用することができているので、ネットサーファーである私はすごく助かっています。

■26歳男性

今までのところ噂で聞くような通信スピードの低下などは起こっておらず快適です。

■31歳女性

データの使用状況によって、月末に簡単にプラン変更できるのも助かります。

■29歳男性

通信速度は、通信回線が最も混雑すると思われる昼の12時前後の時間帯でも特に遅いと感じたことはありません。それ以外の時間帯は、以前利用していたソフトバンクと比較して速度に全く遜色はありません。

良い口コミからわかること

UQモバイルの口コミでは通信速度の速さと安定性、豊富な端末の種類と保証の充実など、全体的な高評価が目立ちました。通信速度に関しては、回線が混雑するお昼の時間帯でも安定しているとの意見も。

UQモバイルは全体的に高評価が多かったです。管理人としても複雑になりやすいプランが分かりやすかったり、翌月からのプラン変更がしやすかったりと、気配りができるユーザー目線の会社だと感じます。

1-2.悪い口コミ

■38歳男性

データ無制限プランは最大速度500kbpsと謳っていますが、たまに1M出ます。料金がもう少し低くなれば良いのですが、割高感があります。

■30歳女性

通信制限がされてしまったので、カスタマーセンターに連絡した事があったのですが、対応があまり良くなかったです。オペレータの人がすごく冷たくて、もう少し親切に対応して欲しかったです。

■26歳女性

auからUQモバイルに乗り換えをしました。auの名義が旦那で、もし私の名義にする場合はauに行って名義を変えてくれと言われて面倒でした

■33歳男性

データ容量は繰り越し可能なので消費しなかった分は翌月分に加算されます。ただ、データチャージは自分でする手間が発生します。しかし、アプリから簡単にチャージすることができるので、大きなストレスは感じません。

悪い口コミからわかること

全体的に悪い評価はあまり見られませんでしたが、カスタマーセンターの人が冷たかったとの意見が一部ありました。

CM効果などで急激にユーザー数を伸ばしているUQモバイル。効率化のためにカスタマースタッフは完全なマニュアル対応になっているのかもしれません。確かにそれは冷たいかも。他の格安スマホ会社で必ず挙げられる通信速度に関する不満はほとんどありませんでした。

UQモバイルの公式サイトはこちら

2.UQモバイルを申し込んでみた

実際にUQモバイルに申し込んでみました。

2-1.事前準備

UQモバイルを申し込む際は以下の3つが必要です。

  • 本人確認書類
  • MNP予約番号
  • クレジットカード

UQモバイルではデータ通信専用SIM、音声通話SIMのどちらを契約する場合でも本人確認書類が必要です。利用者が契約者と異なる場合は利用者と契約者両方の本人確認書類が必要です。

例えば、父親が契約者となり未成年の子供の回線を契約する場合は、父親と子供の両方の本人確認書類が必要です。クレジットカードは契約者本人名義のカードが必要です。ただし、未成年者が申し込む場合、親権者同意書に署名した親権者名義のクレジットカードで契約することができます。

今の電話番号を引き継ぐならMNP予約番号が必要

現在の電話番号のまま、mineoに乗り換える場合は、MNP予約番号の取得が必要です。

MNPの流れ

詳しいMNPのやり方については以下の記事も参考にしてみて下さい。

2-2. 申込みから開通までの流れ

申し込み

UQモバイルの申し込みは、はじめに格安SIMとSIMフリー端末をセットで購入するか選択します。

既に持っている端末に格安SIMを入れる場合は、SIMサイズを申し込みます。どのSIMサイズを選べばいいかは、同じページ内にある「動作確認端末一覧」から確認できます。

UQモバイルの申し込み

次に、新規契約かMNP(電話番号そのままで乗り換え)を選択してプランを選びます。UQモバイルのプランは、音声通話SIMの場合、おしゃべりプランS、M、Lを選択します。

※詳しいプラン内容は後述

プランを選べたらオプションを任意で選択。契約前の確認で、月々のお支払金額をチェックします。

UQモバイルの申し込み2

その後は、個人情報の入力、お支払情報の入力と進んでいきます。入力できたら仮受付が完了です。

UQモバイルの申し込み3

最後に本人確認書類をアップロードします。

UQモバイルの申し込み4

本人確認書類をアップロードできたら、すべての申し込みが完了します。

UQモバイルの申し込み5

UQモバイルの申込みは、トップページでWiMAXと格安SIMの申し込みを混同しそうになりましたが、それ以外は特につまずくことなく申し込みできました。動作確認端末一覧のページも、SIMロック解除が必要かどうか端末ごとに書いてあるので親切です。

SIMのサイズを間違えて申し込んだら、SIMカード交換手数料として3000円かかるので注意しましょう。

設定

UQモバイルのSIMカードが届いたので早速設定していきます。

UQモバイルの設定

使用する機種は、au版のiPhone6Plusです。UQモバイルはauのiPhoneを使用できます。

UQモバイル申し込み2

まずは、iPhoneのSIMトレイを開けます。iPhoneのSIMトレイは専用のピンか、クリップで開きます。

UQモバイルの設定3

auのSIMカードを抜いて、UQモバイルのSIMカードを差し込みます。

UQモバイルの設定4

次にAPN設定のためのプロファイルをインストールします。APN設定のプロファイルとは簡単に言うと、ネット接続に必要な情報入力です。技術的なことは分かっていなくても簡単に設定できます。

設定方法は、UQモバイルの公式サイトから、iPhoneのプロファイルをインストールするだけです。

UQモバイルの設定6

インストールは一瞬で終了しましたが、なぜかネットに繋がらない。4Gの部分が1Xと表示されています。

UQモバイルの設定7

一瞬焦りましたが、機内モードをON/OFFすれば4Gに繋がりました。Wi-FiのON/OFF、再起動でも繋がったかもしれません。

初期設定は以上です。7分くらいで終わりました。UQモバイルでは、途中で何か分からないことがあれば、サポートにお問い合わせすることができます。

UQモバイルの設定8

3.UQモバイルの通信速度

SIMカードを設定できたら、今度はUQモバイルの通信速度を測っていきます。評判通りの通信速度が出るのか?楽しみです。

3-1.時間帯別に通信速度を測定

UQモバイルの通信速度は、

  • お昼
  • 夕方

の3回に分けて測定しました。平日と休日の両方で測定しています。

※測定アプリはOokla Speedtestを使用

UQモバイルの通信速度2

横浜駅内で通信速度を測定

測定結果は以下となりました。用途別の必要な通信速度も参考にして下さい。

9時台 12時台 18時台 平均速度
平日 10.4 13.08 47.47 27.98
休日 27.90 16.5 20.0 21.47

通信速度の単位:Mbps

ネット閲覧 1.0
メール・LINE 0.2
動画(低画質) 0.5
動画(普通画質) 1.0
動画(高画質) 2.0
ゲームアプリのインストール 3.0

参考:必要な通信速度の目安

UQモバイルの通信速度は他社に比べて速すぎる、と総務省からクレームが入るくらい圧倒的なスピードを記録しました。

通信速度が遅くなりやすい正午では、格安SIMの場合1Mbpsを切ることも珍しくありません。しかし、UQモバイルは1日を通して常に10Mbpsを超えているので安定感があります。

大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)の通信速度は30Mbps程度です。UQモバイルはさすがに大手キャリアには通信速度が劣りますが、体感上はまったく同じと言えるでしょう。

最も通信速度を必要とする、アプリのダウンロードや高画質動画の視聴も、5Mbpsを超えていれば快適です。UQモバイルの通信速度なら、十分に快適な速度条件をクリアしています。

3-2.速度低下する時間帯

通信速度に安定感のあるUQモバイルですが、

  • 9:00~10:00(通勤ラッシュ)
  • 12:00~13:00(仕事の休憩時間)
  • 18:00~19:00(帰宅ラッシュ)

の時間帯は通信速度が低下しやすいです。これは格安SIM全体の問題なのでUQモバイルに限った話ではありません。他社の格安SIMの場合は、1Mbps程度まで速度低下することがあります。

UQモバイルの通信速度は基本的に安定していますが、回線混雑が酷い日は10Mbpsを切るときもあります。最低通信速度では1.29Mbps(夕方17:05分に計測)を記録したこともあります。

ただし、この速度はイレギュラーで、数日間の平均を取ると速度低下する時間帯でも7Mbps以上は出ていることが多いです。

3-3.速度は遅い?他社と比較

UQモバイルの通信速度を他社と比較してみました。

格安SIM 9時台 12時台 18時台 平均速度
Y!mobile 41.68 40.92 45.58 42.73
NifMo 42.12 1.41 45.52 29.68
DMMモバイル 44.21 0.63 41.23 28.69
イオンモバイル 44.57 1.39 31.06 25.67
mieno(Dプラン) 41.94 0.46 27.54 23.31
UQモバイル 27.9 16.5 20 21.47
BIGLOBEモバイル 40.76 0.47 15.94 19.06
OCNモバイルONE 43.91 1.22 8.3 17.81
nuroモバイル 15.52 1.06 36.2 17.59
LINEモバイル 42.25 1.41 7.24 16.97
楽天モバイル 41.19 0.22 8.76 16.72
mineo(Aプラン) 22.15 0.96 14.82 12.64
IIJmio(Aプラン) 2.91 0.46 10.9 4.76

(通信速度の単位:Mbps)

平均速度で比較した場合、主要な格安SIM会社の中でUQモバイルの通信速度は6位でした。格安SIMでトップクラスの通信速度と言われているわりには、TOP5に入っていません。過大評価だったのでしょうか?

しかし、通信速度の結果をよく見ると実はUQモバイルの通信品質が優れていることが分かります。Y!mobileを除いて2位から5位の格安SIM会社は、最高速度は40Mbps以上なのですが、12時台の通信速度が非常に遅いです。

  • NifMo:1.41Mbps
  • DMMモバイル:0.63Mbps
  • イオンモバイル:1.39Mbps
  • mieno(Dプラン):0.46Mbps

対してUQモバイルは12時台でも16.5Mbpsと非常に高速です。この結果から分かることは、Y!mobileを除くUQモバイル以外の格安SIMは、最高速度が早くても1日を通した通信速度の安定感は非常に悪いといえます。

一番スマホを使いたい時間に通信速度が1Mbps以下になってしまうのは、かなりストレスが溜まるでしょう。1Mbpsを切れば、動画はもちろんWEB閲覧やInstagramの表示が遅くなります。

10Mbpsを超えれば体感速度は変わらないので、最高速度よりも通信速度の安定感を重視した方がいいです。そう考えると、格安SIMの中で最も通信品質が高いのはUQモバイルだと言えます。

※独自回線を保有するY!mobileは厳密には格安SIMではない

3-4.ライバルのmineoと比較

同じau回線を使用する「mineo」はUQモバイルのライバル会社です。UQモバイルもmineoもauスマホなら端末そのままで乗り換えできるため、どちらにしようか迷っている方もいるでしょう。結論から言うと、通信速度ではUQモバイルの方が上回っています。

mineoも通信速度に安定感はありますが、12時台の通信速度がやや厳しいです。数日に分けて速度測定しましたが、ほとんど日でmineoは正午の時間帯に1Mbpsを切りました。逆にUQモバイルはほとんど日で10Mbpsを超えています。正午以外の時間帯ではあまり差はありませんでした。

mineoは急激にユーザー数を伸ばしているため(ユーザー数は楽天モバイルに次いで2位)、回線が混雑しやすいのかもしれません。また、UQモバイルはauのサブブランドなので同じau回線でも優遇されている可能性があります。

UQモバイルかmineoかどちらがいいか迷った場合、通信速度を重視するならUQモバイルを選んだ方がいいでしょう。

3-5.データ通信の快適さを確認

理論上は問題のない数値を記録したUQモバイルの通信速度。しかし、実際にWEB閲覧や動画視聴をしてみないと体感として安心することはできません。

ここでは、実際にネットを開いたり動画を再生したりして、UQモバイルで快適にデータ通信ができるのか確かめてみました。

ネット

UQモバイルでネット閲覧

ヤフーニュースを開きました。タップした瞬間にページが閲覧できます。画像も含めて1~2秒でページを開ききるので、非常に快適です。

LINE

UQモバイルでLINE

LINEでトークしてみました。まったく問題ありません。LINE通話も快適に使用できます。

動画

UQモバイルで動画視聴

iPhoneなので画質選択ができないのですが、4Kの最高画質(1080p)を普通に再生しました。再生バーが止まることもありません。

通常の画質(360p)なら、一瞬で動画の最後まで読み込みます。

ゲーム

UQモバイルでゲーム

自宅でポケモンGOをプレイ。まったく問題ありません。UQモバイルならポケモンGOより重い3Dゲームや通信速度が求められるマルチプレイでも問題なく遊べます。

地下鉄

UQモバイルはauと同じ回線を使用しています。auが使える通信エリアならUQモバイルも同様にデータ通信が可能です。

地下鉄は非対応の路線もありますが、都市部では多くの地下鉄でau回線が使用できます。そのため、auと同じエリアのUQモバイルも多くの地下鉄で利用が可能となっています。

3-6.速度制限の条件

UQモバイルでは3日間で6GBを超えるデータ通信を使用した場合、速度制限がかかります。速度制限後の通信速度は決まっていませんが、大体300kbps程度です。3日で6GB以下のデータ通信量になれば、速度制限は自動で解除されます。

その他、毎月の基本データ容量を超えてデータ通信を行うと、翌月まで200kbpsに速度制限されます。

各プランの基本データ容量

  • おしゃべり・ぴったりプランS:2GB
  • おしゃべり・ぴったりプランM:6GB
  • おしゃべり・ぴったりプランL:14GB
  • データ高速プラン:3GB

※基本データ容量を超えると速度制限

基本データ容量を超えた場合は、

  • 100MB:200円
  • 500MB:500円

で追加チャージが可能です。

3-7.高速・低速切り替え

UQモバイルでは低速通信の切り替え(ターボ機能)が利用できます。低速通信にすれば、高速データ通信の容量を節約できます。UQモバイルの低速通信は300kbpsなので他社と比べて速いです(通常は200kbps)。

高速通信から低速通信に切り替えるには、「UQ mobileポータルアプリ」を利用すればワンタップで可能です。さらに、UQ mobileポータルアプリからウィジェット登録をすれば、アプリを立ち上げる必要すら無くなり、ホーム画面から高速・低速切り替えのON/OFFができます。

UQモバイル ウィジェット

ウィジェット登録でホーム画面から高速・低速切り替え

3-8.実際にUQモバイルの通信速度を体感した感想

UQモバイルは口コミで相当速いと聞いてはいましたが、正直想像以上の通信速度でした。管理人はauも契約しているのですが、体感速度としてはUQモバイルもauもまったく変わりません。

お昼の時間帯も10Mbpsを超えています。また、通信速度だけでなくネットのつながりやすさも良好です。横浜駅の地下に降りてみましたが、すんなりとネットに繋がりました。他社と比べても通信品質は良好です。

どれだけあら捜ししても、通信速度に関してはUQモバイルにケチを付けることはできないでしょう。

UQモバイルの公式サイトはこちら

>>現金13000円がキャッシュバックされる特設サイトはこちら

4.UQモバイルの料金プラン

続いてUQモバイルの料金プランを見ていきましょう。

4-1.端末とSIMカードをセットで購入する人向けのプラン

プラン 月額料金※1 データ通信量※2
ぴったりプランS

おしゃべりプランS

1,980円 2GB
ぴったりプランM

おしゃべりプランM

2,980円 6GB
ぴったりプランL

おしゃべりプランL

4,980円 14GB

※1 14ヶ月目以降は+1,000円

※2 26ヶ月目以降は半分になる

こちらは端末とSIMカードをセットで購入する人向けのプランです。SIMカードのみで契約することもできますが、おしゃべりプランもしくはぴったりプランの契約と同時に端末を購入することで様々な特典を受けられます。

4-2.おしゃべりプランとぴったりプランの違いとは?

おしゃべりプランとぴったりプランは月額料金とデータ通信量は全く同じです。違うのは無料通話の内容です。おしゃべりプランはS/M/Lのすべてに5分かけ放題がついています。1回5分以内の通話が何度でも無料になります。

一方のぴったりプランは毎月決まった時間までは無料で通話ができる通話定額がついています。無料通話時間はプランSで60分、プランMで120分、プランLで180分です。短い通話を何度もする人はおしゃべりプラン、毎月の通話時間がある程度決まっている人はぴったりプランを選ぶと良いでしょう。

4-3.SIMカードだけを契約したい人向けのプラン

プラン名 データ通信量 月額料金
音声通話SIM データ通信専用SIM
データ高速プラン 3GB なし 980円
データ高速+音声通話プラン 3GB 1,680円 なし
データ無制限プラン 無制限※ なし 1,980円
データ無制限プラン+音声通話プラン 無制限※ 2,680円 なし

※最大通信速度は500kbps

こちらはSIMカードだけを契約したい人向けのプランです。プラン数はデータ通信量が3GBのものと、通信速度が遅い代わりに無制限に使えるものの、実質2種類しかありません。

音声通話SIMとデータ通信専用SIMの違い

4-5.プランの選び方

格安SIMプランの選び方

UQモバイルのプランは通常、ぴったりプランかおしゃべりプランのどちらかを選択します。通話を毎日行なう方はおしゃべりプランがお得です。5分以内と制限はありますが、かけ放題は使い放題となります。

あまり通話をしない人はぴったりプランにしましょう。LINEで通話できない相手に、時々通話する程度ならぴったりプランの60分以内かけ放題に十分収まります。

データ通信量は6GBがおすすめ。日常的な使い方ならちょうどいいデータ通信量です。動画をたくさん見たい方は14GBで契約しましょう。逆に、SNS中心でたまにネットをする程度なら2GBプランでも大丈夫です。プランは後で変更することもできます。

4-6.キャリアから乗り換えるとどれくらい安くなる?

大手キャリアよりも大幅に安くなると言われている格安SIMですが、UQモバイルの場合はキャリアから乗り換えるとどれくらい安くなるのでしょうか。

大手キャリアの1つであるドコモからUQモバイルに乗り換えたらどれくらい安くなるかを検証してみます。なお、データ通信量は5GBとします。

キャリアの月額料金(ドコモの場合)

ドコモの場合、電話の5分かけ放題がついているカケホーダイライトプランが1,700円、5GBのパケットパック「データMパック」が5,000円、接続サービス(SPモード)が300円なので、月額料金の合計は7,000円です。

UQモバイルの月額料金

UQモバイルは5GBプランがないので、最も近い6GBの容量が使えるおしゃべりプランMもしくはぴったりプランMを選択すると2,980円です。

両者を比較

ドコモとUQモバイルを比較すると、ドコモが7,000円、UQモバイル が2,980円なので、ドコモからUQモバイルに乗り換えることで毎月4,020円も安くなります。しかもUQモバイルのほうがデータ通信量は1GB多いです。

ドコモでは5分かけ放題しか選べませんが、UQモバイルでは5分かけ放題のおしゃべりプランMか、毎月120分までは無料で通話できるぴったりプランMのどちらかを選ぶことができます。自分の電話の利用状況にあった無料通話を選べるのもドコモにはないメリットです。

UQモバイルの公式サイトはこちら

>>現金13000円がキャッシュバックされる特設サイトはこちら

5.UQモバイルの基本情報

5-1.機能

  • 接続キャリア:au
  • バースト機能:あり
  • 最大通信速度:225Mbps、データ無制限(+音声通話含む)プランのみ500kbps
  • 通信速度制限:直近3日間で6GB以上
  • データ繰り越し:あり
格安スマホの通話品質・通話エリア

5-2.サービス

  • 通話料金:20円/30秒
  • プラン変更の料金:無料
  • チャージ料:100MB/200円、500MB/500円
  • SMSオプション:無料
  • 端末保証オプション:あり

5-3.支払い

  • 支払い方法:クレジットカード
  • 初期費用:3,000円
  • 最低利用期間:音声通話SIMは12ヶ月、データ通信専用SIMはなし
    おしゃべりプランおよびぴったりプランは2年(自動更新)
  • 違約金:データ通信専用SIMは無料、それ以外は9,500円

5-4.解約方法

UQモバイルの解約はUQお客さまセンターに電話することで可能です。

■UQお客様センター 0120-929-818(受付時間9:00~21:00、年中無休)

解約する際は契約の電話番号と暗証番号が必要なので、事前に準備しておきましょう。また、格安SIMによっては解約後にSIMカードを返却する必要がありますが、UQモバイルの場合は返却不要です。解約後、ハサミで切るなどして破棄しましょう。

5-5.テザリングの対応状況

UQモバイルのテザリングの対応状況は以下の通りです。

Android iOS
ドコモ
au
ソフトバンク
SIMフリー端末

まずiOS端末はUQモバイルで利用できるすべての端末でテザリングができます。ドコモおよびソフトバンクのものでもSIMロック解除をすれば利用できます。

Androidの場合、ドコモとソフトバンクはSIMロック解除してかつUQモバイルで利用できる場合はテザリングが可能です。ただし、周波数帯によってはSIMロック解除してもUQモバイルでは使えないことが多いです。

ドコモ系の格安SIMではドコモのAndroid端末ではテザリングができませんが、UQモバイルではauのAndroid端末でテザリングが可能です。au系の端末でテザリングをしたい人にもおすすめです。

6.端末の使用条件

6-1. iPhone

iPhoneはSIMフリーの場合はSIMロック解除なしでそのまま使えます。ドコモおよびソフトバンクもSIMロック解除をすれば利用できます。やっかいなのがauのiPhoneです。auのiPhoneのうち5s、6、6 PlusはSIMロック解除せずに利用できます。しかし、6s、6s Plus、SEの3つはSIMロック解除が必要です。

iPhone 6s以降はauの4G回線を利用して音声通話を行う「au VoLTE」に対応しています。au VoLTE対応端末をUQモバイルで利用する場合はSIMロック解除が必要なので、6s以降のiPhoneを使う場合はau版であってもSIMロック解除しないと使えないので注意してください。

6-2.ドコモ端末

ドコモ端末はSIMロック解除すれば使えます。ただし、周波数帯に対応していない場合はデータ通信ができなかったり電波の掴みが悪くなったりする可能性があります。

6-3.au端末

au端末はau VoLTEに対応していない端末はUQモバイルのSIMカードを挿すだけで使えます。au VoLTE対応端末の場合はSIMロック解除が必要です。

同じauの端末でもau VoLTEに対応しているかどうかで、SIMロック解除すべきかどうかが違うので気を付けましょう。

6-4.ソフトバンク端末

ソフトバンク端末はSIMロック解除すれば使えます。ただし、ソフトバンク端末についても対応周波数帯によってはデータ通信ができないことがあります。

SIMロック解除の手続き

7.UQモバイルで購入できるSIMフリー端末5選

UQモバイルはSIMカードとSIMフリー端末のセット販売を多数取り扱っています。しかもマンスリー割やUQ購入サポートといったサービスを使えば、普通に購入するよりも大幅に安く購入できます。

ここではUQモバイルが取り扱っている端末の中からとくにおすすめのものを紹介します。

7-1. iPhone SE

iphonese

スペック

  • メーカー:Apple
  • 端末料金:32GB版は44,172円、128GB版は54,540円
  • CPU:64ビットアーキテクチャ搭載A9チップ
  • 画面サイズ:4インチ
  • カメラ性能:メイン1200万画素 / サブ120万画素
  • 重量:113g

特徴

言わずと知れた大人気機種「iPhone」のコンパクトモデルです。最近では5インチ以上の大きなスマホがメインですが、iPhone SEは4インチとコンパクトなので手の小さい人や女性でも持ちやすいです。

サイズは小さいですがiPhone 6s / 6s Plusと同じCPUを搭載していて処理速度が速く、カメラも高性能です。iPhoneと聞くと本体価格が高いというイメージがあるかもしれませんが、UQモバイルでは24ヶ月間月額料金が割引になる「マンスリー割」を利用することで安く購入できます。

例えば32GBのiPhoneの価格は44,172円ですが、おしゃべりプランSもしくはぴったりプランSを申し込むとマンスリー割が適用されます。マンスリー割によって月額料金が24ヶ月の間756円割引になるので、実質26,028円で購入できます。

7-2. ZenFone 3

zenfone3スペック

  • メーカー:ASUS
  • 端末料金:42,984円
  • CPU:Qualcomm Snapdragon 625
  • 画面サイズ:5.2インチ
  • カメラ性能:メイン1600万画素 / サブ800万画素
  • 重量:約144g

特徴

ASUSの大人気スマホ「ZenFone 3」シリーズのもっともスタンダードなモデルです。ミドルスペックの位置づけですが高速のCPUと3GBメモリによって処理速度は速いです。普段使いはもちろん3Dゲームも問題ありません。

また、2枚のSIMカードを同時に待受け出来る「DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)」にも対応しています。電話番号をビジネスとプライベートで分けたい時などに便利です。

ZenFone 3はマンスリー割を受けられませんが、おしゃべりプランもしくはぴったりプランを契約することで「UQ購入サポート」が受けられます。UQ購入サポートによって最大21,600円引きで購入できます。

7-3. HUAWEI P10 lite

Huawei_P10_Lite

スペック

  • メーカー:HUAWEI
  • 端末料金:33,804円
  • CPU:Kirin 658 2.1GHz/4コア+1.7GHz/4コア
  • 画面サイズ:約5.2インチ
  • カメラ性能:メイン1200万画素 / サブ800万画素
  • 重量:約146g

特徴

HUAWEIの最新スマホ「HUAWEI P10」シリーズの1つです。P10 PlusやP10の下位モデルという位置付けですがオクタコアCPUと3GBメモリによって動作は軽快です。3Dゲームは難しいですが、SNSやブラウジングなど普段使いであれば問題ありません。

カメラも高性能ですし、急速充電や指紋認証など便利な機能も多数搭載しています。ゲームをしないのであればとりあえずP10 liteを購入しておけば良いでしょう。

P10 liteの端末料金は33,804円ですが、UQモバイルではマンスリー割によって大幅に割引されます。とくにプランMもしくはLでは月額料金が24ヶ月の間1,404円割引されます。合計で33,696円割引されることになるので、実質108円という破格の安さで購入できるということになります。

7-4. DIGNO V

dignovスペック

  • メーカー:京セラ
  • 端末料金:33,804円
  • CPU:Snapdragon 430 (MSM8937)
  • 画面サイズ:約5.0インチ
  • カメラ性能:メイン1300万画素 / サブ500万画素
  • 重量:約139g

特徴

DIGNO Vは耐久力が非常に高いのが特徴です。米国国防総省の調達基準である「MIL規格」に準拠しており、耐衝撃、耐振動、そして温度耐久を備えています。防水・防塵にも対応しており、水回り、アウトドア、ウィンタースポーツなどあらゆる場面で利用できます。

また、DIGNO Vは騒がしい場所でも相手の声がクリアに聞こえる「スマートソニックレシーバー」や、相手の声を聴きやすい音質に調整する「聞こえ調整」など通話がしやすくなる機能も多数搭載しています。電話をメインで利用したい人にもおすすめです。

DIGNO VもプランM以上を契約するとマンスリー割によって実質108円で購入ができます。

7-5. AQUOS L2

AQUOS L2

スペック

  • メーカー :シャープ
  • 端末料金:
  • CPU:Qualcomm Snapdragon 430
  • 画面サイズ:5.0インチ
  • カメラ性能:メイン1310万画素 / サブ500万画素
  • 重量:約138g

特徴

日本の企業であるシャープのSIMフリースマホです。シャープ製スマホの代名詞でもあるIGZO液晶ディスプレイを搭載し、省エネかつ美しい映像を楽しめます。

SIMフリースマホでは珍しく防水・防塵機能を搭載し、おサイフケータイに対応しています。海外製のスマホでは防水機能やおサイフケータイを搭載しているものはほとんどないので、こういった機能を使いたい人におすすめです。

AQUOS L2もマンスリー割を適用できます。しかもプランMとLだけでなくSでも実質108円で購入できます。

8.UQモバイルのメリット

8-1. 通信速度が速い

UQモバイルは格安SIMの中でもトップクラスの通信速度を誇ります。KDDIのグループ会社ということもあって通信設備が整っており、回線が混雑する昼間や夕方でも安定した速度ができます。

価格より通信速度を重視するという人でも、満足できるクオリティです。

8-2. 端末を格安で購入できる

UQモバイルではぴったりプランもしくはおしゃべりプランに加入することで端末を安く購入できるマンスリー割もしくはUQ購入サポートのどちらかを受けることができます。

とくにマンスリー割なら端末によっては実質負担額が108円になり、ほぼ無料で端末を購入できます。端末代がほとんどかからなくなるので、格安SIMへの乗り換えと同時に端末も新しくしたい人におすすめです。

8-3. 家族割がある

UQモバイルでは家族割が利用できます。格安SIMでは家族割や複数回線割といったサービスを行っているところはほとんどないため非常に珍しいです。

家族割を利用すると2回線目以降は月額料金が500円割引されます。例えば、ぴったりプランSおよびおしゃべりプランSであれば月額1,480円で利用できます。同一名義で複数回線を利用する場合でも適用されるので、家族全員で格安SIMを利用する場合はもちろん、1人で複数回線利用したい人でもお得です。

8-4. 通信速度の切り替えができる

UQモバイルは専用アプリからワンタッチで通信速度を切り替えることができます。高速通信をオフにすると「節約モード」になり、最大通信速度が300kbsになりますがデータ通信量を一切消費しなくなります。

節約モードでもSNSやLINE、ブラウジング程度なら出来るので、普段は節約モードにしておき、ゲームをしたり動画を視聴したりする時だけ高速通信をオンにするようにすれば、データ通信量を節約しつつ、快適にインターネットを楽しめます。

8-5. SMSが無料で使える

UQモバイルでは音声通話SIMだけでなくデータ通信専用SIMでもSMSの基本料が無料です。一般的な格安SIMではデータ通信専用SIMでSMSを利用する場合はSMSオプション料がかかり、月額料金が通常より100円前後高くなります。

UQモバイルでは無料でSMSが使えるので、SMSを利用する場合は他社のデータ通信専用SIMを契約するよりもお得です。

9.UQモバイルのデメリット(注意点)

9-1. おしゃべりプランとぴったりプランは2年縛りがある

おしゃべりプランとぴったりプランは契約期間が2年と長く、しかも自動更新なので解約をしないと再び2年間の契約をすることになります。これは大手キャリアの「2年縛り」と全く同じです。

格安SIMでは契約期間の縛りが半年~1年と短いものが多く、しかもその期間が過ぎたらいつでも解約できるのが一般的です。それらと比べるとおしゃべりプランとぴったりプランは縛りがきつく、解約がしづらいです。

9-2. 3日間の通信速度制限がある

UQモバイルは3日間で6GB以上の通信を行うとデータ通信量が残っていても一時的に速度制限がかかってしまいます。

おしゃべりプランとぴったりプラン、データ高速プランはもちろん、月間のデータ通信量が無制限のデータ無制限プランでも使いすぎると制限がかかってしまいます。

9-3. おしゃべりプランとぴったりプランは契約期間に応じて内容が変化する

UQモバイルプランのうちおしゃべりプランとぴったりプランは契約期間に応じて内容が変化します。まず、契約から14ヶ月目以降は月額料金が+1,000円されてしまいます。さらに26ヶ月目以降は毎月のデータ通信量が半分になります。加えてぴったりプランは毎月の無料通話時間も半分になります。

例えば、ぴったりプランSだと26ヶ月目以降はデータ通信量1GB、無料通話時間60分/月で月額料金が2,980円となり、無料通話分を含めてもかなり割高になります。月額料金の安さを重視する場合は、2年目以降は別の格安SIMに乗り換えるほうがお得でしょう。

格安スマホの注意点

10.UQモバイルの評価まとめ

最後にUQモバイルの評価をまとめてみました。

10-1.項目別評価

価格・プラン

 3.0

UQモバイルのプランは評価が分かれるポイントです。最近は、大容量プランに対応しましたし、お得な割引制度もあるので評価を上げたいところですが、プラン内容が少し分かりにくいのがマイナスポイント。プランの価格も他の格安スマホ会社より高いです。

特に、14ヶ月目以降、26ヶ月目以降で月額料金やデータ通信量が変わるので注意したいところ。ただし、プランが高い代わりに端末代が安くなるなど、きちんと補填されているので悪質性はまったくなし。印象も決して悪くありません。

通信速度

 5.0

UQモバイルの通信速度は、格安SIM全体を通して最高レベルです。キャリアから乗り換えても、まったく違和感なし。不便を感じることは無いでしょう。

格安SIMの欠点と言われるお昼の時間でも、10Mbpsをクリア。通信速度を求める方には非常におすすめです。

端末

評価4~5 4.5

UQモバイルで購入できる端末は、格安スマホの人気機種はしっかりと抑えている印象です。

さらに、SIMフリーのiPhoneや日本製の格安スマホも購入可能。AQUOSシリーズなど他ではあまり取り扱っていない端末も購入できます。

サポート

評価4.0 4.0

一部、サポート対応が冷たかったとの口コミがありましたが、全体的に見るとUQモバイルのサポートは良好と言えるでしょう。

格安SIM届いて自分で初期設定する際も、分からないことがあればサポートにお問い合わせすることができます。

手続き・設定

評価4.0 4.0

実際にUQモバイルを申し込み・設定をしてみて、特に困ることがありませんでした。

初心者でも問題なく契約できますし、悪い点は特に見当たりません。口コミでもUQモバイルの手続き・設定に関する悪評はほとんどありませんでした。

10-2.総合評価

UQモバイルの総合評価

際立って通信速度が速いUQモバイルは満足している方が非常に多いです。管理人自身も動画のヘビーユーザーなので、通信速度だけは妥協できません。UQモバイルは最高速度が速いだけでなく、1日を通して通信速度が安定しているのも素晴らしいポイントでしょう。

欠点としては通信品質がいい代わりに、プラン価格が高いこと。そして少し分かりにくいこと。とはいえ、キャリアと比べたら十分に安いですし、頻繁にプラン改定しないので分かりやすいですが。

サポートや端末の種類など、その他の点は特に問題ありません。格安スマホに乗り換えても通信速度は落としたくない!という方には、UQモバイルがおすすめです。

UQモバイルの公式サイトはこちら

>>現金13000円がキャッシュバックされる特設サイトはこちら