【2021年】ワイモバイルの評判とは?速度やデメリットを完全評価

ワイモバイルの評判とは?

「ワイモバイルって、実際どうなの?評判やデメリットが気になる・・」

格安SIMで最多のユーザー数を誇るY!mobile(ワイモバイル)。その人気を支える理由は、一体何なのでしょうか。

口コミが気になるところです。

結論から言うと、ワイモバイルは通信品質に優れておりかなりおすすめできます。ただし、デメリットがないわけではありません。

今回は、ユーザーの評判に加えて実際の体験からワイモバイルのメリット・デメリットを総合評価していきます。採取的にどんな人におすすめできるのかまとめているので、ぜひご参考に。

\オンライン限定!事務手数料0円

ワイモバイル公式サイトへ

1.ワイモバイルとは?(特徴・料金)

ワイモバイルってどんなサービスですか?

ソフトバンクのサブブランドよ。格安SIMだけど、実質キャリアに近い存在なの。

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドに位置する格安SIMサービスです。格安SIMの中では激安価格ではないのですが、シェア数は全体でNo.1。

優れた通信品質や手厚いサービスが評価されて、業界屈指の格安SIMとして長く君臨しています。

料金プラン

シンプルS シンプルM シンプルL
月額料金
2178円 3278円 4158円
データ容量 3GB 15GB 25GB
MEMO

解約金はなし

家族割を適用できる場合は、各プラン-1188円となります。最低利用期間や解約金はありません。

支払い方法 クレジットカード
口座振替(店舗のみ)
サービス開始 2014年8月
Wi-Fiサービス 無料
テザリング 無料
3日間の速度制限 なし
通話料 22円/30秒
初期費用 3300円
解約金 なし
回線 自社・ソフトバンク
iPhone販売 あり
運営会社 ワイモバイル株式会社
5の付く日か日曜日なら、
\ヤフー店でPayPayボーナスあり

ワイモバイル ヤフー店へ

2.ワイモバイルの速度は遅い?

ワイモバイルの速度は遅くないですか?

通信環境に問題が無ければ、最高レベルの速さよ。

料金が安くても速度が遅いのは辛いですよね。そこで、ワイモバイルの実効速度を確かめてみました。こちら、詳しい測定データです。

ワイモバイルの速度

測定データの参照元:みんそく

着目したいのが下り(ダウンロード)の速度。平均で45Mbpsを超えています。

他の格安SIMと比べても、倍以上の速さです。実際にワイモバイルを契約して調査してみましたが、やはり40Mbpsに迫る高速を記録しました。

ワイモバイルの実効速度を体感

親会社のソフトバンクと体感速度が変わりません。圧倒的な通信品質です。

スマホの用途は大体5Mbpsあれば動画再生やテザリングなど何でもこなせます。ワイモバイルなら、4K動画やGPS系のゲームアプリ(ポケモンGOなど)もサクサクです。

ポケモンGOも快適

ユーザーの口コミも上々です。

もちろん、通信環境や障害によってはワイモバイルでも遅くなりますが、平常時ならキャリア並みのスピードは十分期待できます。

最も通信速度が速い格安SIMを選びたい方も、ワイモバイルはベストな選択肢となるでしょう。

\オンライン限定!事務手数料0円

3.評判・口コミから分かるワイモバイルのメリット

ワイモバイルのメリットについて教えてください。

やっぱり通信品質の良さが目立つわね。
メリット
  1. 回線混雑時に速度低下しない
  2. プランM/Lは最低1Mbps
  3. 5G通信が無料
  4. データ増量オプションが1年無料
  5. 全国に店舗が充実している
  6. ソフトバンクWi-Fiスポットが使える
  7. LINEの年齢認証ができる
  8. 最新iPhoneを購入できる
  9. 無制限かけ放題がある
  10. シェア1位の安心感がある
  11. ソフトバンク・LINEMOからの乗り換えは手数料なし

①回線混雑時に速度低下しない


通常、格安SIMは回線混雑時に速度低下を起こします。その理由は、大手キャリアから回線を借りている身なので、帯域制限がかかるためです。

しかし、ワイモバイルは速度低下を起こさず、ずっと安定しています。

速度が安定している

スマホ利用者が急増するお昼や夕方の時間帯は、速度が1Mbps以下まで落ちる格安SIMが多いのですが、ワイモバイルならその心配はありません。

ワイモバイルの回線が安定している理由

ワイモバイルの回線が安定している理由は、

  • 自社回線を持っている
  • ソフトバンクのサブブランドである

の2点が理由です。特に、イーモバイル時代に築いた自社回線を持っているのは強みです。

他社と併用しないため、回線混雑が起きません。さらに、自社回線で補えない箇所は、親会社のソフトバンクから優先的に回線を借りています。

ワイモバイルが最高品質の速度を実現できるのも納得ですね。

②プランM/Lは最低1Mbps

今まで、速度制限にかかると128kbpsまでスピードが落ちていたワイモバイル。しかし、速度制限(低速時)の遅すぎる問題は解決しました。

現在の最低速度は300kbpsです。プランM/Lなら制限後でも1Mbpsのスピードが出ます。

速度制限時

  • プランS:300kbps
  • プランM/L:1Mbps

1Mbpsあれば動画も普通画質で再生できます。

1Mbpsで出来ること

  • テザリング
  • WEBサイト閲覧
  • 普通画質の動画再生
  • LINE(通話含む)
  • SNS(Twitter、Instagram、Facebook)
  • ほとんどのゲームアプリ

制限後でもこれだけの用途が使えるなら、実質無制限と言えますね。

③5G通信が無料

ワイモバイルは5G通信に無料で対応しています。現時点ではまだ対応地域が少ないのですが、徐々にエリアは拡大されていく予定です。

詳しい5Gエリアは、こちらのページから確認できます。

なお、ワイモバイルでは5G対応スマホを販売しています。5Gエリア内だけど対応スマホを持っていない場合は、ワイモバイル契約時にセット購入できますよ。

④データ増量オプションが1年無料

ワイモバイルでは、月額550円でデータ増量オプションに加入できます。

データ増量オプション

シンプルS シンプルM シンプルL
月額料金
2178円 3278円 4158円
データ容量 3GB 15GB 25GB
データ増量OP適用
※1年無料
4GB 18GB 28GB

550円で最大3GBを追加できるのは結構お得なのですが、最初の1年は無料です。データ増量オプションに初めて加入するなら自動的に適用されます。

1年後は課金がスタートするので、このタイミングでオプションを解約するのもありですよ。

⑤全国に店舗が充実している

ワイモバイルは、全国にショップが充実しています。その数およそ1000店舗。

最近は、ソフトバンクショップと併設されることも多くなりました。

他社だと100店舗以下あるいは家電量販店のみの取り扱いが普通です。いざという時ショップを頼りたい方は、ワイモバイルなら安心ですよ。

MEMO

電話サポートも充実している(実際、難しい質問を30分以上かけて対応してくれた)

新規申し込みはオンラインがおすすめ

ショップが充実するワイモバイルですが、新規申し込み(MNP含む)はオンラインがおすすめです。その理由は、契約事務手数料(3000円)が無料になるから。

契約事務手数料

  • オンライン申し込み → なし(0円)
  • ショップ申し込み → あり(3000円)

ワイモバイルショップは、契約後のサポートにて活用しましょう。

⑥ソフトバンクWi-Fiスポットが使える

国内トップラクラスのアクセスポイント数を誇るソフトバンクWi-Fiスポット。ワイモバイルユーザーなら無料で利用できます。

ソフトバンクWi-Fiの強みは地下鉄や一部の新幹線でも繋がること。

公式では「ソフトバンクWi-Fiの利用はワイモバイル購入端末に限る」と書かれていますが、実際は手持ちの端末でもソフトバンクWi-Fiスポットを使えます(iPhone含む)。

以下の、ソフトバンクWi-Fiのマークがある場所なら、いつでもネット接続が可能ですよ。

ソフトバンクWi-Fiが無料

データ消費の節約に役立ちます。

⑦LINEの年齢認証ができる

ワイモバイルは格安SIMながらキャリアと同じ扱いと見なされて、LINEの年齢認証ができます。ワイモバイル以外の格安SIMはLINEの年齢認証ができなくなるため、ID検索が使えません。

QRコードなどID検索以外でも友達登録の方法はありますが、離れた相手を追加するときはやはりID検索が便利です。ワイモバイルなら今まで通りの使い心地でLINEを利用できます。

⑧最新iPhoneを購入できる

ワイモバイルは、最新iPhoneの取り扱いがあります。執筆時点では、iPhone12&iPhone12 miniを購入可能です。

ワイモバイル販売のiPhone12

ワイモバイル販売のiPhone12

オンラインストアで2万円以上安くなる

オンラインストアなら、18,000円引きに。さらに、3300円の契約事務手数料もかからないため、実質2万円以上も安く新しいiPhone12を購入できますよ。

iPhone12のオンライン限定割引

オンライン限定割引

⑨無制限かけ放題がある

ワイモバイルでは2つのかけ放題オプションに加入できます。

  • 10分かけ放題(だれとでも定額):770円
  • 無制限かけ放題(スーパーだれとでも定額):1870円

いずれも国内通話なら回数無制限です。固定通話宛にも適用されます。

無制限かけ放題は、ほとんどの格安SIMで提供できていないためワイモバイル独自の強みです。通話重視の方なら加入を検討したいところです。

アプリ不要で発信できるのも隠れた魅力

ワイモバイル以外の格安SIMは、通話アプリ経由のかけ放題が普通です。

格安SIMのかけ放題

通話アプリ
ワイモバイル なし
UQモバイル なし
OCNモバイルONE OCNでんわ
楽天モバイル Rakuten Link
mineo mineoでんわ
IIJmio みおふぉんダイアル
BIGLOBEモバイル BIGLOBEでんわ
イオンモバイル イオンでんわ

アプリ経由だと発信の度に通話アプリを立ち上げるのが面倒です。しかしワイモバイルなら、通常通話でかけ放題を使えます。

地味ですが、頻繁に通話する方には嬉しいメリットです。

⑩シェア1位の安心感がある

ワイモバイルは、格安SIMのサービス開始当初からずっとシェア1位です。

格安SIMの中ではずっとシェア1位

データの参照元:MMD研究所

携帯会社全体の中ではシェア約7%。格安SIMの中(キャリアを除く)では断トツ1位です。

安易に、みんなが使っているから安心とは言えませんが、これだ長くユーザーから支持されているのは信頼の裏返しとも取れるでしょう。

⑪ソフトバンク・LINEMOからの乗り換えは手数料なし

ソフトバンクかLINEMOからワイモバイルに乗り換える場合、

  • 解約金(9500円)
  • 事務手数料(3000円)
  • MNP転出手数料(3000円)

はかかりません。現在、ソフトバンクまたはLINEMOに契約中の方は、気軽にワイモバイルをお試しできますよ。

\オンライン限定!事務手数料0円

ワイモバイル公式サイトへ

4.評判・口コミから分かるワイモバイルのデメリット

逆にデメリットはありますか?

いくつかあるから確認してちょうだい。
デメリット
  1. 通話料を無料で安くできない
  2. データ繰り越しができない
  3. 割引を適用できないと高い
  4. 口座振替のオンライン申し込み不可
  5. データSIMの契約に向かない
  6. キャリア端末を使うならSIMロック解除が必要

①通話料を無料で安くできない

ワイモバイルは無料で通話料を安くするサービスがありません。

通話料を下げる無料サービス

ワイモバイル なし
UQモバイル なし
楽天モバイル 無料通話アプリあり
OCNモバイルONE 半額通話アプリあり
mineo
IIJmio
BIGLOBEモバイル
イオンモバイル

ワイモバイルは通話アプリの提供がないため、通話料を下げるにはかけ放題オプションの加入が必須です。

かけ放題に入るほどじゃないけど、通話料を節約したい・・といった方はIP通話アプリを使うなど工夫が必要です。

②データ繰り越しができない

ワイモバイルでは、当月使いきれずに残したデータ容量を、翌月へ繰り越せません。

データ繰り越しの可否

ワイモバイル
UQモバイル
楽天モバイル
BIGLOBEモバイル
OCNモバイルONE
mineo

他社と比較して、ワイモバイルだけがデータ繰り越しできないのでデメリットが際立ちます。

③割引を適用できないと高い


ワイモバイルの月額料金は安くありません。家族割またはおうち割光セットを適用できるのなら安いのですが、適用外なら高いです。

ワイモバイルの月額料金(割引適用あり)

シンプルS
(3GB)
シンプルM
(15GB)
シンプルL
(25GB)
月額料金
2178円 3278円 4158円
月額料金
(割引適用)
990円 2090円 2970円
割引額
−1188円(家族割かおうち割光セットの適用時)

家族割はその名の通り家族の利用料金が安くなる割引で2回線目以降から1188円の割引。おうち割光セットは、ソフトバンクエアーかソフトバンク光と併用すれば1188円の割引です。

ワイモバイルの家族割サービス

ワイモバイルの家族割サービス

注意点として家族割とおうち割光セットは併用できません。

割引後の価格ですが、シンプルSならご覧の通り990円に。狙い目はシンプルMで、15GB使えて2090円と相当安いです。

割引なしならLINEMOの方が安い

家族割・おうち割光セットを適用できないなら、ワイモバイルよりLINEMOの方が安いです。

  • LINEMO(20GB):2,728円
  • ワイモバイル(15GB):3,278円

ご覧の通り、LINEMOの方がデータ容量が多く使えるうえ格安に。ただし、ワイモバイルは端末セットで契約できる利便性があり、一概にLINEMOがおすすめともいえません。

とはいえ、家族割・おうち割なしの個人契約で最安を目指すなら、同じソフトバンクグループのLINEMOの方がお得です。

④口座振替のオンライン申し込み不可

ワイモバイルで口座振替を利用したい場合は、店舗でないと申し込めません。

オンラインはクレジットカードのみ

店舗契約だと、オンライン限定の事務手数料無料キャンペーンや端末セールを適用できないのが痛いところです。

⑤データSIMの契約に向かない

ワイモバイルはデータSIM(通話機能のないSIMカード)の販売に対して消極的です。

ワイモバイルでデータSIMを契約したい場合はデータベーシックプランに加入するわけですが、プラン価格が非常に割高です。

データベーシックプラン

  • S(1GB):2178円/月
  • L(7GB):4065円/月

とくに、プランS(1GB)の金額が異常で、市場価格のおよそ2倍となっています。この金額を出すなら、ポケットWi-Fiを申し込んだ方がいいでしょう。

ワイモバイルでデータSIMは契約しないよう注意して下さい。

⑥キャリア端末を使うならSIMロック解除が必要

SIMフリースマホではなく、ドコモ・au・ソフトバンクで購入したキャリア端末を使う場合、SIMロック解除が必要です。

注意点として、ソフトバンクで購入した端末でもSIMロック解除必須なので気をつけましょう。

MEMO

楽天モバイルや格安SIMで購入した端末ならSIMロック解除不要

SIMロック解除の手順

SIMロック解除はオンラインで申し込めば手数料はかかりません(ショップは3300円かかる)。以下を参考に、手続きしてましょう。

My docomo

  1. My docomoにログイン
  2. メニューから「サービス一覧」をタップ
  3. 「SIMロック解除」をタップ
  4. 「SIMロック解除を行う機種」を選択
  5. IMEI番号を入力
  6. 「SIMロック解除解除を申込む」「SIMロック解除の注意事項に同意する」にチェック
  7. 「手続きを完了する」をタップ

 

電話

151 (9:00~20:00、年中無休)に電話してSIMロック解除したい旨をオペレーターに伝える

My au(スマホ、パソコン)

  1. SIMロック解除の手続きページにアクセス
  2. 「SIMロック解除のお手続き(My au)」をタップ
  3. My auにログイン
  4. SIMロック解除可否を確認してチェック
  5. 「次へ」をタップ
  6. 「この内容で申し込む」をタップ

My SoftBank

  1. My SoftBankにログイン
  2. メニューの「契約・オプション管理」をタップ
  3. 「オプション」をタップ
  4. 「SIMロック解除対象機種の手続き」をタップ
  5. IMEI番号を入力して「次へ」をタップ
  6. 「解除手続きする」をタップ

SIMロック解除の際に必要なIMEI番号は、

  • iPhone:「設定」→「一般」→「情報」→「IMEI」
  • Android:「設定」→「端末管理」→「端末情報」→「端末の状態」→「IMEI情報」

にて確認できますよ。

5の付く日か日曜日なら、
\ヤフー店でPayPayボーナスあり

ワイモバイル ヤフー店へ

5.【総合評価】ワイモバイルがおすすめな人・おすすめでない人

結局、ワイモバイルに契約すべきでしょうか?

おすすめな人をまとめたわ。1個でも当てはまれば、十分に考慮すべきよ。

ユーザーの評判と実際の体験から、ワイモバイルがおすすめな人・おすすめでない人を以下にまとめました。

おすすめな人

  • 快適な通信速度を重視する
  • いつでも快適に動画・ゲームを楽しみたい
  • ショップのサポートが大事
  • 家族割かおうち割光セットを適用できる
  • ソフトバンクから乗り換えたい
  • 新しいiPhoneを購入したい
  • 一番人気の格安SIMを使いたい

 

おすすめでない人

  • 最安値にこだわる
  • データSIMを使いたい
  • データ繰り越しがないのは嫌

ワイモバイルは、通信品質を重視するなら最高の格安SIMです。動画やゲームをストレスなく楽しみたい方は強い味方になってくれます。

これまで、料金は下がったけど速度が遅かった・・と苦労した経験があるなら、ワイモバイルがぴったりですよ。

また、家族割かおうち割光セットを適用できるなら、圧倒的な安さなのでワイモバイル一択。全国にショップ展開しているため、いざという時のサポートも心強いです。

その他、現在ソフトバンクに契約中でスマホ代を下げたい方にもおすすめ。ソフトバンクグループ内の移行なら解約金や契約事務手数料がかかりませんよ。

\オンライン限定!事務手数料0円

6.【キャンペーンあり】最もお得に申し込む方法

ワイモバイルでキャンペーンを最大限に活用したいなら、オンラインストアで申し込みましょう。

オンライン特典
契約事務手数料(3300円)が無料

詳しい申込みの流れは以下の通りです。

STEP.1
MNP予約番号を取得

MNP予約番号は無料で取得できます。

■MNP予約番号の取得先

  • au:0077-75470(受付9:00〜22:00)
  • ドコモ:151(受付9:00〜20:00)
  • ソフトバンク:*5533(受付9:00〜20:00)
  • UQモバイル:0120-929-818(受付9:00〜21:00)

有効期限があるので、取得後すぐにワイモバイルへ申し込みましょう。

※新しい電話番号を取得したい場合は不要

STEP.2
ワイモバイルオンラインストアにアクセス

>ワイモバイルオンラインストアへ

端末セットで契約したい場合は、購入希望の機種を選びましょう。

STEP.3
契約方法を選択

乗り換えの選択

MNP乗り換え(電話番号を維持)なら「のりかえ」を選択します。新しい電話番号を取得したい方は「新規契約」を選択しましょう。

STEP.4
MNP情報を入力

MNP情報の入力

料金プラン選択・本人確認書類をアップロードした後、取得したMNP情報を入力します。

■入力項目

  • MNP予約番号
  • 電話番号
  • MNP予約番号の有効期限

※MNP乗り換えしない場合は入力不要

STEP.5
注意事項・重要説明事項にチェックして申し込み

お申込み

契約者情報と支払情報を入力したら、最後に注意事項・重要説明事項を確認して申し込みましょう。

STEP.6
開通手続きを行う

SIMカードが到着したら、開通手続き(回線切替)を行います。以下に、連絡しましょう。

回線切替窓口:0800-919-9809(10:00~19:00)

連絡後、音声ガイダンスに従って開通続きを行ってください。開通手続き後、回線が正常に切り替わります(15分くらい不通状態になる)。

手動で開通しない場合は、6日後に自動開通されます。

開通が完了したら、元の携帯会社との契約は自動解約されます。こちらから、解約の連絡を入れる必要はありません。