楽天アンリミット5Gが1年無料(300万人)

格安SIM×モバイルWi-Fiルーターのセット購入で激安運用できる

格安SIM×モバイルWi-Fiルーター

この記事のポイント

  • UQモバイルはWiMAXとのセット割(永年500円引き)がある
  • 楽天モバイルならデータ無制限のポケットWi-Fiにできる
  • 安さ重視なら、OCNモバイルONEやmineoを選ぶ

「格安SIMとモバイルWi-Fiルーターはセットで契約できるの・・?」

格安SIMとモバイルWi-Fiルーター(ポケットWi-Fi)を組み合わせて安く運用したいところ。結論から言うと、問題なく組み合わせ可能です。

上手く併用することで、毎月の通信費は想像以上に安くなります。

今回は、モバイルWi-Fiルーターをセット契約できるおすすめの格安SIMを紹介していきます。ぜひ、参考にしてくださいね。

1.格安SIM×モバイルWi-Fiルーターはセット契約できる

格安SIMとモバイルWi-Fiルーターはセットで契約できるんですか?

ええ、もちろん。激安で運用できるのが魅力よ。

格安SIMとモバイルWi-Fiルーター(ポケットWi-Fi)は、セット契約が可能です。

メリット

  • 毎月の通信コストが劇的に安くなる
  • あらゆる通信機器を同時接続できる
  • 解約金がかからない
  • 固定回線の代わりになる

 

おすすめな人

  • どこでも使える安価な通信手段が欲しい
  • 外で仕事をする機会が多い
  • 自宅に固定回線を引けない

メリットは何といっても通信コストを劇的に安くできること。1000円以下で運用することも可能です。

参考までにワイモバイルのポケットWi-Fiは4000円弱なので、いかにコストが下がるのか分かります。

また、多くのモバイルWi-Fiルーターは最大10台まで同時接続できます。スマホやタブレットはもちろん、パソコンやゲーム機も使用可能です。

自宅に光回線を引けない環境の方も、工事不要で安くネット環境が整います。

外でも使える安価な通信手段が欲しい方にとって、格安SIMとモバイルWi-Fiルーターは最高の組み合わせです。

2.最高の通信環境を整えるならUQモバイル×WiMAX【セット割あり】

WiMAXでセット割が使えるんですか?

ええ、UQモバイルで適用されるの。この組み合わせが一番快適よ。

データ無制限でかつ最高の通信速度を求めるならWiMAXが一番です(全ポケットWi-Fiで最高品質)。格安SIMと組み合わせるならUQモバイル一択。

その理由は、セット割が使えるからです。

UQモバイル×WiMAXのセット割

 

永年500円引き(ギガMAX月割)

UQモバイル+WiMAXをセット割で利用した際の最低料金は5360円です。

セット割(ギガMAX月割)は同一名義でUQモバイル・WiMAXにそれぞれ契約すれば、自動で適用されます。

UQモバイル+WiMAXの料金
  • UQモバイル:1980円(プランS)
  • UQ WiMAX:3880円(ギガ放題)
  • 割引:-500円
  • 合計:5360円

スマホプラン

S M L
月額料金 1980円 2980円 3980円
データ容量 3GB 9GB 14GB

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のスマホ代より安い料金で、スマホと超高速のWiMAX 2+を使えます。

TOPIC
WiMAXは、プロバイダから契約することで高額キャッシュバックを受け取れる(プロバイダ経由でも速度は一緒)。最高キャッシュバックを実施しているのはGMOとくとくBB。

CHECK!

UQモバイルの公式サイトへ

WiMAXの申込みページへ
※最安のWiMAX契約窓口

3.データ無制限のポケットWi-Fiを作るなら楽天モバイル

無制限ってすごいですね・・

低速じゃなくて、高速通信で使い放題よ。しかも激安なの。

楽天モバイル(楽天アンリミット)は、月額2980円でデータ使い放題です。

楽天アンリミットのデータ容量

  • 楽天回線エリア:無制限
  • パートナー回線エリア:5GB

パートナー回線エリアは5GBに限られますが、速度制限時でも最低1Mbpsを保証。1Mbpsあれば動画を再生できるため、実質無制限と言えるでしょう。

モバイルWi-Fiルーターを使う場合も、もちろん無制限です。

端末は、最新のAtermシリーズを購入可能。楽天モバイルの場合は、データ無制限なのでテザリングを使ってスマホをルーター化するのもおすすめです。

CHECK!

楽天モバイルの公式サイトへ

4.速度はやや不安定だけど安さ重視なら考慮したい格安SIM

UQモバイルと楽天モバイルも十分に安いんですけど、さらに上を求めたい場合は・・?

通信速度が落ちてもいいなら、別の選択肢があるわ。

こちらで紹介する格安SIMは、UQモバイルと楽天モバイルに比べて速度は遅くなります(お昼の時間帯は速度低下も起こす)。

やや通信品質は不安定ですが、抜群のコスパを実現できます。安さ重視の方は、こちらから格安SIMを選びましょう。

POINT
契約方法は、購入希望のモバイルWi-Fiルーターを選んで「データSIM(通話機能なし)」で申し込む

①OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、格安SIMの中で屈指の安さを誇ります。端末代金は、他社の半額以下になることも。

月額料金も最安レベル。さらに、回線増強により通信速度も従来より大幅アップしています。

MUSICカウントフリーによりAmazon music・Google Play Music・LINE MUSICなどデータ消費なし。

Wi-Fiスポットの無料サービスも付いており、データ消費を節約する仕組みが整っています。

購入できるルーター:NETGEAR AirCard AC785

 

NETGEAR AirCard AC785は値下がりが続いており、ついに1万円を切りました。LTE対応で15台まで同時接続できる優れものです。

※公式サイトにアクセス後、「スマホセット」を選択するとルーターが見つかります

データ容量 月額料金
データSIM 音声通話SIM
1GB 1180円
3GB 880円 1480円
6GB 1380円 1980円
10GB 2280円 2880円
20GB 3800円 4400円
30GB 5380円 5980円
月額料金 解約金 オンライン契約
880円〜 0~1000円
回線 支払い キャンペーン
ドコモ クレジットカード あり
メリット デメリット
・端末価格が最安
・月額料金が安い
・大容量プランあり
・音楽アプリ使い放題
・ドコモ回線のみ

CHECK!

OCNモバイルONEの公式サイトへ

②mineo

トリプルキャリアに対応するmineoは、au・ドコモ・ソフトバンクのスマホ(iPhone含む)で乗り換えOKです。

mineoユーザーになると、自由にデータ容量を引き出せるフリータンクが使えます。今月のデータ残量がピンチなときは、大いに役立つシステムです。

その他、パケットギフトやパケットシェアなど独自のサービスが充実。分からないことがあれば、マイネ王に質問できます。

購入できるルーター:HUAWEI E5577・HUAWEI Mobile Wi-Fi E5785・Aterm MR05NL

 

HUAWEI E5577とHUAWEI Mobile Wi-Fi E5785は通信品質がやや劣るものの、クレジットカードサイズのスリムタイプで、価格も1万円以下と安いです。

A(au)プラン

データ容量 シングルタイプ
(データSIM)
デュアルタイプ
(音声通話SIM)
500MB 700円 1310円
3GB 900円 1510円
6GB 1580円 2190円
10GB 2520円 3130円
20GB 3980円 4590円
30GB 5900円 6510円

D(ドコモ)プラン

データ容量 シングルタイプ
(データSIM)
デュアルタイプ
(音声通話SIM)
500MB 700円 1400円
3GB 900円 1600円
6GB 1580円 2280円
10GB 2520円 3220円
20GB 3980円 4680円
30GB 5900円 6600円

S(ソフトバンク)プラン

データ容量 シングルタイプ
(データSIM)
デュアルタイプ
(音声通話SIM)
500MB 790円 1750円
3GB 990円 1950円
6GB 1670円 2630円
10GB 2610円 3570円
20GB 4070円 5030円
30GB 5990円 6950円
月額料金 解約金 オンライン契約
700円〜 0円
回線 支払い キャンペーン
ドコモ
au
ソフトバンク
クレジットカード あり
メリット デメリット
・フリータンクあり
・独自サービスが充実
・3キャリア対応
・大容量プランが安い
・ソフトバンク回線が高い
・新機種の発売が遅い

CHECK!

mineoの公式サイトへ

③BIGLOBEモバイル

エンタメフリーオプションが強力なBIGLOBEモバイル。Youtube、AbemaTV、Google Play Musicなど人気動画・音楽サービスが月額480円で使い放題です。

3GBプランにエンタメフリーオプションを付ければ、動画見放題なのにスマホ代は2000円以下に。

その他、名義変更なしで家族乗り換えができるシェアプランも魅力。チャットサポートは24時まで有人対応なのも心強いです。

購入できるルーター:Aterm MR05NL

 

端末一覧の「タブレット・SIMフリールーター」の項目より選択できます。

データ容量 月額料金
データSIM 音声通話SIM
1GB 1400円
3GB 900円 1600円
6GB 1450円 2150円
12GB 2700円 3400円
20GB 4500円 5200円
30GB 6750円 7450円
月額料金 解約金 オンライン契約
900円〜 0~1000円
回線 支払い キャンペーン
ドコモ
au
クレジットカード あり
メリット デメリット
・動画見放題オプションあり
・無料Wi-Fiが使える
・シェアSIMが使いやすい
・サポートが手厚い
・低速切り替えなし

CHECK!

BIGLOBEモバイルの公式サイトへ

④IIJmio

端末の販売に力を入れるIIJmio(みおふぉん)SIMフリースマホの品揃えは、全格安SIMでトップです。

中古iPhoneやゲーミングスマホを含め、約50種類から好みの機種を選択できます。

また、最大10枚までSIM追加できるファミリーシェアプランも魅力。家族でシェアすれば、通話料は60%OFFとなります。

eSIMプランでは必要に応じてIIJmioのデータSIMを、バーチャルで追加可能です。

購入できるルーター:HUAWEI Mobile Wi-Fi E5785・Si-L10・Aterm MR05LN

 

定番のAterm MR05LN以外に、安価なHUAWEI Mobile Wi-Fi E5785とSi-L10を選べます。Si-L10はUSB型なので、ノートパソコンなどに挿して無線LANにします。

プラン名 データSIM 音声通話SIM
ミニマムスタート
(3GB)
900円 1600円
ライトスタート
(6GB)
1520円 2220円
ファミリーシェア
(12GB)
2560円 3260円
月額料金 解約金 オンライン契約
900円 0〜1000円
回線 支払い キャンペーン
ドコモ
au
クレジットカード あり
メリット デメリット
・端末の品揃えが最多
・家族間の通話割引あり
・eSIMプランが使える
・中古iPhoneを購入可
・速度が遅い
・低速通信も速度制限あり

CHECK!

IIJmioの公式サイトへ

5.補足:定番のSIMフリールーター「Aterm MR05LN」とは?

Aterm MR05LNって、格安SIMでよく見かけますけど?

ロングヒットを続けてるルーターよ。この端末なら、間違いないわ。

Aterm MR05LNはSIMフリーで使えるモバイルWi-Fiルーターです。多くの格安SIMで販売されています。

Aterm MR05LNは新しい端末ではないのですが、なかなか追い越す機種が現れず定番となっています。

抜群の安定性を武器に、未だに値下がりせずロングヒット。決して激安ではありませんが(およそ2万円)、長期的に使用することを考えれば無難な端末です。

NEC Aterm MR05LN

Aterm MR05LN

Aterm MR05LNはAPN設定が非常に簡単です。SIMカードを挿入したあと契約した格安SIMを選択するだけで設定完了です。

Wi-Fi規格はIEEE802.11ac(高品質を意味するイレブンエーシー対応)で次世代の通信方式であるLTE-Advancedにも対応。このコスパで、最大150Mbps(理論値)の受信速度を誇ります。

また、micro SIMカードを2枚挿入できるデュアルSIMに対応。海外旅行の際は現地のSIMを使うことが可能です(タッチパネルでSIMカードの切替え可能)。

バッテリーは250時間連続で稼働する超長時間仕様。別売りの専用クレードルを使用すれば1000Mbps対応の有線LANとしても使用できます。

6.まとめ

とにかくモバイルWi-Fiルーター(ポケットWi-Fi)の運営費用を安く済ませるなら格安SIMの利用が欠かせません。上手く併用することで圧倒的に安く運用できます。

もう一度、おすすめの格安SIMをおさらいしておきましょう。

特におすすめ

通信速度は不安定になるけど安さ重視なら、OCNモバイルONE・mineo・BIGLOBEモバイル・IIJmioから選びましょう。

お知らせ

2020年より、楽天モバイルは格安SIMからキャリアへ移行。月額2980円でデータ使い放題の楽天アンリミットが登場しました。

現在、1年間無料キャンペーン中。体験談を詳細にレビューしています。

 

>楽天アンリミットの評判・口コミを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。