【CBあり】格安SIMの最新キャンペーン
おすすめの格安SIM比較

モバイルWi-Fiルーターをセット購入できる格安SIMを完全比較

格安sim ルーター

モバイルWi-Fiルーターは格安SIMで運用することが可能です。端末はSIMフリーなので一度購入すれば、どの通信事業者でも使えるメリットもあります。

この記事では、モバイルWi-Fiルーターを格安SIMで使う方法について解説。おすすめの端末や格安SIM会社も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

1.モバイルWi-Fiルーターを格安SIMで使うには?

1-1.データSIMとルーター端末をセットで契約

モバイルWi-Fiルーターを格安SIMで使うステップは以下の通り。

  1. 契約タイプで端末セットを選ぶ
  2. SIMカード種別でデータSIMを選ぶ
  3. 毎月のデータ容量を選ぶ
  4. 希望のモバイルWi-Fiルーターを選ぶ

あとは、契約者情報や支払い情報を入力して申し込むだけです。ポイントとなるのは、必ずデータSIMを選ぶこと。音声通話SIMは電話番号付きのSIMカードなので、モバイルWi-Fiルーターでは使用しません。

申し込みが完了したら2~3日で端末とSIMカードがセットで自宅に届きます。その後、SIMカードを端末にセットして、マニュアルに記載の通りAPN設定(簡単にできます)を行えば契約・初期設定はすべて完了です。

スマホの乗り換えは別途契約しよう

格安スマホを使いたい場合は、別途契約を行いましょう。今度は、SIMカードの種別を音声通話SIMで契約して下さい。MNPすれば、現在の電話番号も引き継げます。手持ちの端末を使う場合はSIMカード単体で契約して下さいね。

1-2.通信速度にこだわるなら無制限プランは回避

モバイルWi-Fiルーターをストレスなく使用するには通信速度が重要です。大手キャリア、Y!mobile、WiMAXと違い、格安SIMの通信品質は各社でバラバラです。

また、注意したいのが無制限プランです。モバイルWi-Fiルーターを快適に使いたいなら、無制限プランは回避したほうがいいです。その理由は、使い放題とは言え実際の速度は低速通信だからです。どうしても気になるなら「無制限プランでおすすめの格安SIM」の記事を参考にして下さい。

大容量プランの契約は通信事業者が限られる

モバイルWi-Fiルーターを毎月たっぷりと使いたい場合は、20GB以上の大容量プランを契約します。

20GB以上の大容量プランが利用できる格安SIMは以下の通り。

大容量プランを契約できる格安SIM

  • 楽天モバイル
  • mineo
  • DMMモバイル
  • BIGLOBEモバイル
  • イオンモバイル
  • OCNモバイルONE

大容量プランについて詳しくは、「大容量プランが使えるおすすめの格安SIM」の記事で解説しています。

1-3.おすすめのモバイルWi-Fiルーター

格安SIM会社で購入できるモバイルWi-Fiルーターで最もおすすめなのが、NECが提供するAterm MR05LNです。操作性、スペックの観点から非常に使い勝手がいいです。

Aterm MR05LN

NEC Aterm MR05LN

Aterm MR05LNはAPN設定が非常に簡単です。SIMカードを挿入して契約した通信事業者を選択するだけで完了します。Wi-Fi規格は最新(IEEE802.11ac)で次世代の通信方式であるLTE-Advancedに対応。モバイルWi-Fiルーターでありながら、最大150Mbpsと光回線並みの受信速度を誇ります。

また、micro SIMカードを2枚挿入できるデュアルSIMに対応。海外旅行でも現地用のSIMとうまく使い分けができます(タッチパネルでSIMカードの切替え可能)。さらに、バッテリーは250時間連続で稼働する超長時間仕様。外出先での利用も安心です。

別売りの専用クレードルを使用すれば1000Mbps対応の有線LANとしても使用可能。自宅の固定回線代わりにもなります。

Aterm MR05LNの価格

  • 楽天モバイル:21900円
  • mineo:24624円
  • BIGLOBEモバイル:23280円
  • IIJmio:22000円
  • OCNモバイルONE:21000円
  • エキサイトモバイル:23000円
  • イオンモバイル:26800円
  • DMMモバイル:23000円

2.モバイルWi-Fiルーターをセット購入できるおすすめの格安SIM

月額料金
(端末代別)
通信速度 購入できる
端末
mineo 700円~ まる20Mbps Aterm MR05NL
HUAWEI E5577
楽天モバイル 900円~ まる15Mbps Aterm MR05LN
Aterm MP01LN
HUAWEI E5577
BIGLOBE
モバイル
900円~ まる15Mbps Aterm MR05NL
IIJmio 900円~ 三角10Mbps Aterm MR05LN
Si-L10
OCNモバイル
ONE
1100円~ 三角10Mbps Aterm MR05LN
AirCard AC785
DMMモバイル 480円~ バツ5Mbps HUAWEI E5577
イオンモバイル 480円~ まる20Mbps Aterm MR05LN
エキサイト
モバイル
630円~ バツ5Mbps Aterm MR05LN

(1)【端末・プラン内容ともに充実】mineo

mineo

au・ドコモ・ソフトバンクのトリプルキャリアに対応するmineo。サービス内容の充実度はトップクラスです。モバイルWi-Fiルーターは、定番のAterm MR05NLの他にHUAWEI E5577も選べます。

HUAWEI E5577は通信品質がやや劣るものの、クレジットカードサイズのスリムタイプで、価格も1万円以下と安いです。mineoは実行速度も安定しているのも嬉しい特徴。また、20GB以上の大容量プランは全格安SIMでトップクラスの安さとなっています。

購入できるモバイルWi-Fiルーター

  • Aterm MR05NL:22800円
  • HUAWEI E5577:9600円

詳細ページ公式ページ

(2)【ルーターの価格が安い】楽天モバイル

楽天モバイル

格安SIMシェアNo1を誇る楽天モバイル。サービス内容やサポートの品質は、もはや大手キャリアと変わりません。楽天モバイルは頻繁にSIMフリー端末の割引を行っています。モバイルWi-Fiルーターも他社と比べて最安値に近い価格で購入できます。

大容量プランも充実。格安SIM×モバイルWi-Fiルーターの組み合わせでは、非常におすすめできる格安SIMです。通信品質に特別なこだわりが無ければ、安価なモデルを購入してもいいでしょう。

購入できるモバイルWi-Fiルーター

  • Aterm MR05LN:21900円
  • Aterm MP01LN:10800円
  • HUAWEI E5577:9800円

詳細ページ公式ページ

(3)【Youtube見放題も視野に】BIGLOBEモバイル

biglobeモバイル

BIGLOBEモバイルでは、Aterm MR05NLを購入できます。回線はドコモ・auに対応。20GB、30GBの大容量プランも用意されています。BIGLOBEモバイルはYoutubeが見放題となるエンタメフリーオプションが人気です。

ルーターだけでなく格安スマホの乗り換え先としても有力な候補となるでしょう。通信速度は標準でイライラすることはあまりありません。注意点として、端末の購入は分割払いのみとなります。

購入できるモバイルWi-Fiルーター

  • Aterm MR05NL:970円×24ヶ月(分割払いのみ)

詳細ページ公式ページ

(4)【端末の選択肢が豊富】IIJmio

iijmio

ドコモ回線とau回線を選択できるIIJmio。低速通信でもバースト機能(一時的に通信速度が早くなる機能)が利用可能。ただし、通信速度はやや遅いです。購入できるモバイルWi-Fiルーターは、Aterm MR05LNとSi-L10の2種類。Si-L10はUSB型なので安価です。

ノートパソコンなどに挿す必要はありますが、無線LANにすることができます。その他、IIJmioでは、自宅用の無線LANも15000~20000円(分割払いは650円~)で販売しています。自宅の光回線代わりに、回線工事不要の無線LANを設置可能です。

購入できるモバイルWi-Fiルーター

  • Aterm MR05LN:22000円
  • Si-L10:12800円

詳細ページ公式ページ

(5)【NTT運営の安心感あり】OCNモバイルONE

ocnモバイルone

NTTが運営するOCNモバイルONE。大手企業ならではの安心感がある格安SIMです。モバイルWi-Fiルーターは定番のAterm MR05NLの他に、NETGEAR AirCard AC785を購入可能。NETGEAR AirCard AC785は一括8315円となっており、ここ1年で半額以下まで値下がりました。

LTE対応で15台まで同時接続できるすぐれものなので、Aterm MR05NLではなく、NETGEAR AirCard AC785を購入するのもありでしょう。なお、Aterm MR05NLは現在レンタルのみとなっています。

購入できるモバイルWi-Fiルーター

  • Aterm MR05NL:934円(レンタル)
  • NETGEAR AirCard AC785:8315円

詳細ページ公式ページ

3.格安SIMとモバイルWi-Fiルーターを組み合わせるメリット・デメリット

3-1.メリット

格安SIMとモバイルWi-Fiルーターを組み合わせると、以下のメリットがあります。

  • 毎月の通信コストが劇的に安い
  • テザリングなしであらゆる通信機器を同時接続できる
  • 契約会社に縛られず解約金も不要

メリット1 毎月の通信コストが劇的に安い

何といっても一番のメリットは通信コストが劇的に安くなることです。モバイルWi-Fiルーターを格安SIMで運用した場合の月額料金はおよそ以下の通り。

格安SIM×モバイルWi-Fiルーターの月額料金目安

  • 3GB:900円
  • 7GB:1800円
  • 10GB:2200円
  • 20GB:4000円

ちなみに、Y!mobileとWiMAXは7GBプランで月額料金は3696円。格安SIMで運用すれば、およそ半額でモバイルWi-Fiルーターを使用できます。この金額なら別途格安スマホを契約しても、毎月の通信費を5000円以下に押さえることができます。

メリット2 テザリングなしであらゆる通信機器を同時接続できる

多くのモバイルWi-Fiルーターでは最大10台まで同時に通信機器をネット接続できます。スマホやタブレットはもちろん、パソコンやゲーム機も使用可能。

格安スマホでテザリングを使う手もありますが、使い勝手の面ではルーター接続のほうが上です。また、モバイルWi-Fiルーターがあれば、固定回線(光回線)の代わりにもなります。導入工事も不要で、外出先でもネット接続できるのが魅力です。

メリット3 契約会社に縛られず解約金も不要

格安SIM会社で購入できるモバイルWi-FiルーターはすべてSIMフリーです。あらかじめSIMロック解除されているため、SIMカードの契約先を自由に変えることができます。お得なキャンペーンに合わせて乗り換えできるわけです。海外で現地のプリペイドSIMが使えるのもメリットです。

また、格安SIMでモバイルWi-Fiルーターを使う際は、データSIMの契約になるので解約金(違約金)が不要です。WiMAXなど他のルーター会社は1~2万円の解約金がかかるので、格安SINの方が有利です。

3-2.デメリット

便利な格安SIMとモバイルWi-Fiルーターの組み合わせですが、以下のデメリットもあります。

  • 端末が2台持ちになる
  • 通信速度が劣る

デメリット1 端末が2台持ちになる

単純なデメリットですが、モバイルWi-Fiルーターを持つと端末は2台持ちになります。鞄でルーターを持ち歩けば済む話ですが、普段から鞄を持たない人はポケットに入れると邪魔に感じるでしょう。

デメリット2 通信速度が劣る

格安SIMは通信事業者によって通信速度がバラバラです。大手キャリア並に速い格安SIMはごく一部。WiMAXと比べても随分と速度が落ちます。利用料金が大幅に下る代わりに、通信速度が犠牲になると覚えておきましょう。

特にお昼や夕方の時間に動画再生をするなら、普通画質以下に落とす必要があります。

3-3.どんな人に併用はおすすめ?

以下に当てはまる人は、格安SIMとモバイルWi-Fiルーターを組み合わせた方がいいでしょう。

外でも使える安価な通信手段が欲しい

自宅の固定回線は通信品質がいいのですが、外出先で使えません。外出先で安価にネット接続するなら、格安SIMとモバイルWi-Fiルーターの組み合わせが最強です。

逆に、ネット接続は自宅がメインの人は、無理にモバイルWi-Fiルーターを購入する必要はないでしょう。むしろ、光回線を導入したほうが生活の質は向上します。

外で仕事をする機会が多い

外出先でタブレットやノートパソコンを使用する機会が多い方はモバイルWi-Fiルーターを持っておいた方がいいです。ただし、いつ使うかわからない程度の場合は、とりあえず格安SIMで運用するのが無難。利用が少ない月でも請求額は小さいので便利です。

3-4.WiMAXを契約した方がいいケース

以下に当てはまるなら、格安SIMとモバイルWi-Fiルーターの組み合わせにこだわらず、WiMAXを契約したほうがいいでしょう。

  • 無制限で高速通信を行いたい
  • 利用料金より通信品質を重視したい

まず、データ無制限でネット接続したいならWiMAXの方が有利です。格安SIMの無制限プランは通信速度が遅く、動画やオンラインゲームを思いっきり楽しめません。また、通信品質にこだわる方もWiMAXの方がストレス無く使えます。

格安SIMは大手キャリアから回線をレンタルしている都合上、ユーザーが急激に増えやすいお昼と夕方に帯域制限をかけられます。その結果、ひどい場合は1Mbpsを切ることも。1日中安定して高速通信を楽しみたいなら、WiMAXがおすすめです

格安SIMとWiMAXをうまく併用すれば、月額5000円台で運用できますよ。

格安sim wimax
格安SIMとWiMAXを併用する方法を完全解説格安SIMに乗り換えても快適にネットが使えないと嫌・・そんな悩みをお持ちではありませんか? 月額料金を安く抑えつつも快適なデータ通...

4.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、格安SIMとモバイルWi-Fiルーターを併用する方法を解説してきました。とにかくモバイルWi-Fiルーターの運営費用を安く済ませるなら格安SIMの利用が欠かせません。SIMフリールーターに格安SIMカードを差し込めば、WiMAXやY!mobileより安く運用できますよ。

ルーターとSIMカードは別々に購入することもできますが、できれば端末セットで契約したほうがいいでしょう。この記事を参考に、格安SIMとモバイルWi-Fiルーターをうまく組み合わせて活用して下さいね。

\格安SIM×ルーターの最強組み合わせなら/

mineoの公式サイトへ

格安SIMでスマホ代を半額以下に
さて、格安SIMに乗り換えてみるか。
だったら、以下の記事も読んでおきなさい。

現金13000円のキャッシュバックあり↓

総合1位はどこ?結果はこちら↓

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。