iPhone 11を安く買うなら

機種変更で失敗しないLINEアカウントの引き継ぎ方ガイド【iPhone・Android対応】

lineの引き継ぎ

機種変更するとき、絶対に失敗したくないのがLINEの引き継ぎですよね。

他のアプリなら失敗しても諦めがつきますが、LINEだけは完璧にデータを引き継ぎたいものです。

LINEの引き継ぎは、難しそうなイメージがあるかと思いますが、実際やってみるとあっと言う間に終わります。 所要時間は5分位でしょうか。

この記事では、LINEの引き継ぎ方法について詳しく図説。

注意したいポイントから、引き継ぎできないものまで徹底解説しています。ぜひ、参考にして下さいね。

1.【iPhone・Android対応】LINEアカウントの引き継ぎ手順

ちゃんとLINEアカウントが引き継げるか心配です。

大丈夫。ゆっくりでいいから手順通り進めれば、確実に引き継げるわよ。

LINEアカウントの引き継ぎは、以下の手順で行います。

STEP.1
メールアドレス・パスワードを登録する(未設定の場合)

メールアドレス

LINEアカウントにメールアドレスとパスワードを入力できていない場合は、以下の方法で事前に登録しておきましょう。どちらもアカウント引き継ぎで必要となります。

メールアドレスの登録手順

  • 設定メニューから「アカウント」をタップ
  • 「メールアドレス」をタップ
  • 登録するメールアドレスを入力
  • 確認メールにて認証番号を確認
  • 認証番号を入力してメールアドレスの登録完了

パスワードの登録手順

  • 設定メニューから「アカウント」をタップ
  • 「パスワード」をタップ
  • 好きなパスワードを入力して「OK」をタップ

パスワードを登録できたら、「登録完了」が表示されます。

STEP.2
設定メニューから「アカウント引き継ぎ」をタップ

アカウント引き継ぎ

LINEアプリを立ち上げたら、「設定(歯車マーク)」→「アカウント引き継ぎ」をタップしましょう。

STEP.3
「アカウントを引き継ぐ」をオンにする

line 引き継ぎ設定

「アカウントを引き継ぐ」のスライドをオンにして、確認画面で「OK」をタップして下さい。

これで、旧端末側の準備は終了です(36時間を超えると、再度引き継ぎ設定が必要となる)。

※電話番号が無い方はFacebook認証でアカウント引き継ぎを行うため、「設定」→「アカウント」からFacebook連携を行っておきましょう

STEP.4
トーク履歴のバックアップを行う(任意)

トークのバックアップ

LINEのトーク履歴は、iPhone同士・Android同士にて引き継ぎ可能です。トーク履歴を引き継ぎたい方は、以下の方法でバックアップを取りましょう。

  • iPhone:「設定」→「トーク」→「トークのバックアップ」→「今すぐバックアップ」をタップ
  • Android:「設定」→「トーク」→「トークの履歴のバックアップ・復元」→「Googleドライブにバックアップする」をタップ
STEP.5
LINEアプリを新端末にインストール

>>LINEアプリこちら(iPhone / Android

STEP.6
LINEアプリを開いて電話番号を入力

電話番号の入力

ようこそ画面で「はじめる」をタップして、自分の電話番号を入力しましょう。

STEP.7
SMS認証を行う

SMSの送信確認

電話番号を入力すると、「上記の電話番号にSMSで認証番号を送ります」と表示されるのでOKをタップして下さい。

その後、6桁の認証番号を確認して入力すればOKです。

STEP.8
「おかえりなさい~」の画面を確認する

lineの引き継ぎ画面

SMS認証が終わると、「おかえりなさい~」の画面が表示されます。間違いなければ、「はい、私のアカウントです」をタップしましょう。

STEP.9
LINEのパスワードを入力する

パスワードの入力

STEP.10
友だち追加・年齢確認の設定を行う

友達追加の選択

友だち追加・年齢確認を設定します。格安SIMの場合は、LINEモバイルとY!mobile以外は年齢確認ができません(ID検索機能が使えない)。

STEP.10
トーク履歴の復元を行う(任意)

トーク履歴を復元

iPhoneの方は、友だち追加・年齢確認の設定とともに「トーク履歴の復元」が表示されるのでタップして下さい。

Androidの方は、アカウント引き継ぎ後、「設定」→「トーク」→「トークの履歴のバックアップ・復元」→「復元する」をタップして、トーク履歴を引き継ぎましょう。

以上で、LINEアカウントの引き継ぎは完了です。いつも見慣れたホーム画面が表示されているはずです。

なお、今まで購入したスタンプ・着せかえに関しては、引き継ぎはできているものの、新たに使用する際は再ダウンロードが必要となります。

スタンプ・着せかえの再ダウンロード
  • スタンプ:「設定」→「スタンプ」→「マイスタンプ」
  • 着せかえ:「設定」→「着せかえ」→「マイ着せかえ」
MEMO

iPhone↔Androidの場合はトーク履歴を引き継げませんが、個別にトーク内容を保存できます。

保存方法はトークを保存したい友達から、「設定」→「トーク履歴を送信」をタップして、任意の保存先にトーク履歴を送信すればOKです。


2.LINEアカウントの引き継げるデータ・引き継げないデータとは?

LINEはすべてのデータが引き継げるんですよね?

基本は引き継げるわ。ただし、iPhone・Android間で移行する場合は、引き継げないデータがあるから注意して。

2-1.基本的に全データが引き継げる

LINEアカウントを引継いだ際に、新しいスマホにも引き継がれるものは以下の通り。

引き継ぎできるデータ

  • 友達リスト(グループを含む)
  • プロフィール設定(ホーム含む)
  • ノート・アルバム(写真)の投稿
  • タイムライン
  • トーク履歴
  • 購入済みスタンプ・着せかえ
  • 課金アイテムの購入履歴
  • LINEコインの残高
  • LINE Outのコールクレジット(チャージ分)
  • Keepで保存したデータ
  • LINE関連サービスのデータ

基本的に、LINEに関するすべてのデータは引き継がれると思って構いません。

ただし、上記のリストはすべて同じOS間(iPhone同士・Android同士)でアカウント引き継ぎしたケースです。

トーク履歴の引き継ぎは、別途バックアップ→復元作業が必要です。自動的に引き継がれません。

その他、写真も引き継ぎOKです。心配な方はアルバムかKeepにてバックアップを取っておきましょう。

2-2.注意!iPhone↔Androidの機種変更は引き継げないデータあり

LINEの引き継ぎで注意したいのがこちら。iPhone↔Android間では、以下のデータが引き継げません。

引き継ぎできないデータ(iPhone↔Android)

  • トーク履歴
  • LINEコインの残高
  • LINE Outのコールクレジット(チャージ分)
  • LINEゲームのゲーム内通貨
  • LINE PLAYのジェム・エクストラハート
POINT
iPhone同士、Android同士なら問題なく引き継げる

異なるOS間で引継ぐと、残念ながらすべて消えてしまいます。トーク履歴以外は金銭的に損するものです。引継ぎ前に、すべて使ってしまいましょう。

3.どうしてもLINEアカウントの引き継ぎができない場合の対処法

う~ん、なぜか引き継ぎができない。

何度も失敗するなら、必ず原因があるはずよ。

対処法1.ログインできない場合は、メールアドレス・パスワードを再確認

新端末でLINEアプリの初期設定を行う際、ログインできない場合はメールアドレスとパスワードを見直しましょう。

旧端末にて設定したメールアドレスを確認して下さい。パスワードは非表示なので一度変更しておくといいでしょう。

なお、パスワード忘れの場合は旧端末に戻らなくても、新端末のLINE初期設定にて「パスワードを忘れた場合」から再登録できます。

旧端末に登録したメールアドレスを入力して、パスワードを再設定しましょう。

対処法2.認証番号が送信されない場合は、電話番号とアカウント引き継ぎ設定を確認する

新端末のLINE初期設定にて、認証番号が送られてこない場合は、電話番号があっているのか確かめます。

旧端末に戻って、登録している電話番号が今お使いのものか確認して下さい。

電話番号に問題がない場合は、アカウント引き継ぎ設定も再度見直し。期限切れ(36時間以内)を起こしていないか確かめましょう。

電話番号・アカウント引き継ぎ設定ともに問題がない場合は、端末を再起動することで解決することがあります。一度、試してみて下さい。

対処法3.どうしても解決しない場合はお問い合わせフォームへ

何をやってもエラーが出て前に進めない・・そんなときは、最終手段としてLINEの運営にお問い合わせができます。

>>LINE運営へのお問い合わせはこちら

たとえば、認証番号が届かない場合は、以下のように「認証番号が届かない」をフォームから選択して、運営に問い合わせましょう。

お問い合わせ

4.【まとめ】LINEの引き継ぎはとってもカンタン

この記事では、機種変更で必要なLINEの引き継ぎ方法について詳しく解説してきました。

引き継ぎ方法は単純です。旧端末で引き継ぎ設定をして、新端末でログインすれば完了。

ただし、トーク履歴だけは別途バックアップ・復元が必要なので、忘れないように気をつけましょう。

iPhone↔Android間の場合は、引き継ぎできないデータもあるのでご注意を。

※LINEユーザーにおすすめの格安SIM

LINEが片時も手放せない方に人気の格安SIMがあります。それは、本家LINEが運営するLINEモバイルです。

LINEモバイルはLINEアプリとSNSがカウントフリーで使い放題。スマホ代が2000円以内に収まるので、多くの方から支持を得ています(通信速度も速い)。

実際に契約してメリット・デメリットを詳しくレビューしているので、興味がある方はぜひご覧ください。

>>LINEモバイルについて詳しく見る

スマホ代が3000円以下格安SIMの総合比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。