スマホの使い方

機種変更で失敗しないLINEの引き継ぎ方ガイド【iPhone・Android対応】

lineの引き継ぎ

機種変更するとき、絶対に失敗したくないのがLINEの引き継ぎですよね。

他のアプリなら失敗しても諦めがつきますが、LINEだけは完璧にデータを引き継ぎたいものです。

LINEの引き継ぎは、難しそうなイメージがあるかと思いますが、実際やってみるとあっと言う間に終わります。 所要時間は5分位でしょうか。

この記事では、LINEの引き継ぎ方法について詳しく図説。

注意したいポイントから、引き継ぎできないものまで徹底解説しています。ぜひ、参考にして下さいね。


1.まずは確認!LINEで引き継げるデータ・引き継げないデータ

さっそくLINEの引き継ぎをやりたいのですが。
待ちなさい。引き継ぎできるもの、できないものを理解しておくのが先。あと、AndroidとiPhone間で引き継ぐ人は、特に注意して読んでちょうだい。

1-1.基本的に全データが引き継げる

LINEアカウントを引継いだ際に、新しいスマホにも引き継がれるものは以下の通り。

引き継ぎできるデータ

  • 友達リスト(グループを含む)
  • プロフィール設定(ホーム含む)
  • ノート・アルバム(写真)の投稿
  • タイムライン
  • トーク履歴
  • 購入済みスタンプ・着せかえ
  • 課金アイテムの購入履歴
  • LINEコインの残高
  • LINE Outのコールクレジット(チャージ分)
  • Keepで保存したデータ
  • LINE関連サービスのデータ

基本的に、LINEに関するすべてのデータは引き継がれると思って構いません。

ただし、上記のリストはすべて同じOS間(iPhone同士・Android同士)でアカウント引き継ぎしたケースです。

トーク履歴は別途バックアップ作業が必要

トーク履歴の引き継ぎは、別途バックアップ→復元作業が必要です。

自動的に引き継がれません。引き継ぎ方法は、Android・iPhoneで異なります。詳しくは次章にて解説します。

写真はアルバムかKeepに保存しておこう

思い出の写真をとっておきたい方は多いと思います。LINE引き継ぎ後も写真を引き継げるのですが、必ずアルバムかKeepに保存しておきましょう。

トーク履歴に残っている写真は、一定期間が過ぎればLINE引き継ぎに関わらず保存不可となってしまいます。

1-2.注意!iPhone↔Androidの機種変更は引き継げないデータあり

LINEの引き継ぎで注意したいのがこちら。iPhone↔Android間では、以下のデータが引き継げません。

引き継ぎできないデータ(iPhone↔Android間)

  • トーク履歴
  • LINEコインの残高
  • LINE Outのコールクレジット(チャージ分)
  • LINEゲームのゲーム内通貨
  • LINE PLAYのジェム・エクストラハート

※iPhone同士、Android同士なら問題なく引き継げます

異なるOS間で引継ぐと、残念ながらすべて消えてしまいます。

トーク履歴以外は金銭的に損するものです。引継ぎ前に、すべて使ってしまいましょう。

なお、トーク履歴に関して引き継ぎはできませんが、テキストファイルとしてトーク内容を保存しておくことは可能です(次章にて解説)。

\毎月のスマホ代が4000円OFF/格安SIMの総合比較詳しくはこちら>>


2.【iPhone・Android対応】LINEアカウントの引き継ぎ手順

ここから、実際の引き継ぎ作業ですね。
ええ、LINEアカウントと個別にバックアップが必要なトーク履歴の引き継ぎを、同時に解説していくわね。

LINEアカウントの引き継ぎの全体像

■旧端末

  • 【STEP1】任意:メールアドレス&パスワードを登録
  • 【STEP2】アカウント引き継ぎ設定を行う
  • 【STEP3】トーク履歴のバックアップを取る

■新端末

  • 【STEP4】新しいLINEアプリにログインして引き継ぎ
  • 【STEP5】バックアップしていたトーク履歴を復元
  • 【STEP6】スタンプ・着せかえの再ダウンロード

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

【STEP1】任意:メールアドレス&パスワードを登録(旧端末)

任意だからやらなくてもいい項目ですか?
電話番号で引き継ぎできるから必須ではないけど、一応メールアドレスも登録しておくと安心よ。

LINEアカウントの引き継ぎは、電話番号とSMSにて行います。

ですので、メールアドレスの登録は不要なのですが、万一電話番号で認証できなかった時を考えて、メールアドレス・パスワードも登録しておきましょう。

メールアドレス・パスワードの登録手順

1.「設定(歯車マーク)」をタップ

lineの設定

2.「アカウント」をタップ

LINE引き継ぎ登録の説明

3.「メールアドレス」をタップ

メールアドレス

4.登録するメールアドレスを入力

今後、携帯会社を変える可能性(格安SIMなど)を考えて、キャリアメールは登録しないほうがいいです。できれば、フリーメールを登録しておきましょう。

なお、登録メールアドレスはあとから変更できます。

5.確認メールにて認証番号を確認

登録したメールアドレス宛に、暗証番号付きのメールが届きます。

6.認証番号を入力してメールアドレスの登録完了

登録したメールアドレスが表示されます。

次は、パスワードの登録に移ります。

7.「パスワード」をタップ

メールアドレスの下に項目があります。

8.好きなパスワードを入力して「OK」をタップ

パスワードの入力

同じパスワードを続けて2回入力して下さい。

9.パスワードの項目が「登録完了」になっているのを確認

パスワードの登録

以上で、メールアドレス・パスワードの登録は終了です。

なお、電話番号が変わっている方は、一緒に登録変更しておきましょう。

さらに保険でフェイスブック連携もしておくのもあり

メールアドレスがあればLINEの引き継ぎはできるのですが、万一何かあったときのために、フェイスブック連携もしておくと安心です。

トラブルがあってもフェイスブックアカウントでLINEの引き継ぎが行えます。

フェイスブック連携を行うには、「設定」→「アカウント」→「Facebook」→「連携する」をタップします。

フェイスブック連携

すると、Facebookの画面が開くので、ID・パスワードを入力してログインしましょう。

LINE Facebook連携画面

ログインに成功すればLINEとFacebookの連携は完了です。

電話番号なし(SMS機能なしのデータSIM)の場合は、フェイスブック連携必須

もう一点。

LINEを新端末で引き継ぐ際は、SMSにて認証番号の通知を受け取らなければなりません。

そのため、電話番号&SMS機能が無いデータSIMの場合は、必然的にフェイスブック認証しか引き継ぎできません。

電話番号・SMS機能がない場合は必ずフェイスブック連携をしておきましょう。

【STEP2】アカウント引き継ぎ設定を行う(旧端末)

続いて、旧端末のままアカウント引き継ぎ設定を行います。手順は簡単です。

アカウント引き継ぎ設定の手順

1.「設定(歯車マーク)」をタップ

lineの設定

2.「アカウント引き継ぎ」をタップ

アカウント引き継ぎ

3.「アカウントを引き継ぐ」をオン

line 引き継ぎ設定

4.確認画面で「OK」をタップ

アカウント引き継ぎ設定

以上でアカウント引き継ぎ設定は完了です。

スライドがオンになっているのを確認できるかと思います。

アカウント引き継ぎのスライド

設定が有効なのは、36時間(残り時間がカウントされています)。この時間内に、LINEの引き継ぎを終わらせましょう。

【STEP3】トーク履歴のバックアップを取る(旧端末)

トーク履歴はLINEアカウントとは別にバックアップ作業が必要なんですよね?
ええ、そうよ。トーク履歴がリセットされてもいいなら飛ばしてちょうだい。

必ずしも必要ではありませんが、トーク履歴の引き継ぎを行いたい方は、ここでバックアップを取っておきます。

iPhone→iPhoneのトーク引き継ぎ

iPhoneのトーク引き継ぎはiCloudを使います。詳しい手順は以下の通りです。

iCloudを使ったバックアップ手順

1.「設定(歯車アイコン)」をタップ

lineの設定

2.「トーク」をタップ

トーク履歴のバックアップ

3.「トークのバックアップ」をタップ

トークのバックアップ

「iCloudに接続されていません」と表示された場合は、端末の設定アプリからiCloud Driveをオンにしてください。

iCloudをon

4.「今すぐバックアップ」をタップ

今すぐバックアップ

自動的にバックアップが始まります。

バックアップが終わると、「前回のバックアップ」の日付が最新に更新されます。

バックアップ完了

一括でバックアップが取れるので、とてもカンタンですね。

Android→Androidのトーク引き継ぎ

以前は、メールかLINE Keepでトークルームごとにバックアップを取る必要があったAndroidのトーク引き継ぎ。

ですが、今はGoogleドライブで一括引き継ぎが可能です。詳しいやり方は以下の通り。

Googleドライブを使ったバックアップ手順

1.「設定(歯車アイコン)」をタップ

lineの設定

2.「トーク」をタップ

トーク履歴のバックアップ

3.「トークの履歴のバックアップ・復元」をタップ

トーク履歴のバックアップ

4.「Googleドライブにバックアップする」をタップ

トーク履歴のバックアップ

エラーが出た場合は、端末設定からアプリ一覧を開き「LINE」→「許可(アプリの権限)」→「連絡先」をタップしましょう。

アプリの権限

5.「LINEのアカウント選択」にてバックアップを取るGoogleアカウントを選択

googleアカウントの選択

6.LINEによるリクエストで「許可」をタップ

lineのリクエストで許可

自動的にバックアップが始まります。バックアップが終わると、「前回のバックアップ」の日付が最新に更新されます。

以上で、トーク履歴のバックアップは完了です。

iPhone↔Androidはトーク保存のみ(復元不可)

iPhone↔Androidの場合は、残念ながらトーク履歴を引き継ぐ方法がありません。

ですが、残したい友達のトークを選んで、個別にトーク内容を保存しておくことができます。

トーク内容の保存方法

1.トークを保存したい友達をタップ

2.「設定」をタップ

トークの個別保存

画面右上の「^」を押せば「設定」が出てきます。

3.「トーク履歴を送信」をタップ

トーク履歴を送信

あとは、メールやクラウドアプリなど保存先を選びましょう。以上で、トーク履歴のコピーファイルが保存されました。

テキストファイルなのでスタンプなどは表示されませんが、いつでも過去のトーク内容を確認できます。

【STEP4】新しいLINEアプリにログインして引き継ぎ(新端末)

いよいよですね。
新端末でログインできたら、引き継ぎは成功よ。

ここからは、新しい端末での操作になります。やることは、LINEアプリにログインするだけ。

さっそく、初めていきましょう。

1.LINEアプリをインストール

LINE
LINE

インストールできたら、さっそくアプリを開きましょう。

2.ようこそ画面で「はじめる」をタップ

はじめる

3.電話番号を入力

電話番号の入力

4.「上記の電話番号にSMSで認証番号を送ります」にて「OK」をタップ

SMSの送信確認

5.認証番号(6桁)を確認

認証番号

6.認証番号を入力する

認証番号の入力

7.友だち追加設定を選択

自動追加はオフにしておいたほうがいいでしょう。「友だちへの追加を許可」はオンにしておきましょう。

8.「トーク履歴を復元」をタップ(iPhoneのみ)

トーク履歴の復元

iPhoneでトーク履歴のバックアップを取っていた方は、ここで復元することができます。

9.年齢確認を行う(任意)

年齢確認をする

年齢確認はあとから行っても構いません。飛ばす場合は「あとで」をタップして下さい。

10.「LINEが連絡先へのアクセスを求めています」にて許可を選択(非許可推奨)

おすすめは「許可しない」です。ここで許可にすると、端末の連絡先情報を元にLINEへ自動追加されてしまいます(相手からも自動追加される)。

気まずい相手もいるかと思いますので、「許可しない」の方が無難です。

11.「LINEは通知を送信します」にて許可を選択(許可推奨)

こちらはリアルタイム通知の設定です。とくに理由がなければ、「許可」を選択しましょう。

以上で、LINEの引き継ぎは完了です。いつも見慣れたホーム画面が表示されているはずです。

【STEP5】バックアップしていたトーク履歴を復元(新端末)

まず、iPhoneのトーク引き継ぎは、新端末にLINEアカウントを引き継ぐと同時に完了です。

Androidは以下の手順でバックアップしたトーク履歴を復元します。

トーク履歴の復元(Android)

1.「設定(歯車アイコン)」をタップ

lineの設定

2.「トーク」をタップ

トーク履歴のバックアップ

3.「トークの履歴のバックアップ・復元」をタップ

トーク履歴のバックアップ

4.「復元する」をタップ

復元する

「復元が完了しました」と表示されたら、トーク履歴の引き継ぎは完了です。

【STEP6】スタンプ・着せかえの再ダウンロード(新端末)

まだ、やることあるんですか?
スタンプと着せかえは再ダウンロードしないと使えなくなるの。今すぐやらなくてもいいけど、空いた時間に必要なスタンプ・着せかえを再ダウンロードしておきなさい。

今まで購入したスタンプ・着せかえに関しては、引き継ぎはできているものの、新たに使用する際は再ダウンロードが必要です。

LINEアカウントの引き継ぎは既に終了していますが、スタンプ・着せかえを購入している方は、時間のあるときに以下の手順で再ダウンロードをしておきましょう。

(1)スタンプの再ダウンロード手順

1.「設定(歯車アイコン)」をタップ

lineの設定

2.「スタンプ」をタップ

スタンプ

3.「マイスタンプ」をタップ

マイスタンプ

4.スタンプを再ダウンロードする

スタンプのダウンロード

 

(2)着せかえの再ダウンロード手順

1.「設定(歯車アイコン)」をタップ

lineの設定

2.「着せかえ」をタップ

着せかえ

3.「マイ着せかえ」をタップ

マイ着せかえ

4.着せかえを再ダウンロードする

マイ着せかえ

3.どうしてもLINEの引き継ぎに失敗する・・対処法はあるの?

う~ん、なぜか引き継ぎができない。
何度も失敗するなら、必ず原因があるはずよ。

3-1.ログインできない場合は、メールアドレス・パスワードを再確認

新端末でLINEアプリの初期設定を行う際、ログインできない場合はメールアドレスとパスワードを見直しましょう。

旧端末にて設定したメールアドレスを確認して下さい。パスワードは非表示なので一度変更しておくといいでしょう。

なお、パスワード忘れの場合は旧端末に戻らなくても、新端末のLINE初期設定にて「パスワードを忘れた場合」から再登録できます。

旧端末に登録したメールアドレスを入力して、パスワードを再設定しましょう。

3-2.認証番号が送信されない場合は、電話番号とアカウント引き継ぎ設定を確認する

新端末のLINE初期設定にて、認証番号が送られてこない場合は、電話番号があっているのか確かめます。

旧端末に戻って、登録している電話番号が今お使いのものか確認して下さい。

電話番号に問題がない場合は、アカウント引き継ぎ設定も再度見直し。期限切れ(36時間以内)を起こしていないか確かめましょう。

電話番号・アカウント引き継ぎ設定ともに問題がない場合は、端末を再起動することで解決することがあります。一度、試してみて下さい。

3-3.どうしても解決しない場合はお問い合わせフォームへ

何をやってもエラーが出て前に進めない・・そんなときは、最終手段としてLINEの運営にお問い合わせができます。

>>LINE運営へのお問い合わせはこちら

たとえば、認証番号が届かない場合は、以下のように「認証番号が届かない」をフォームから選択して、運営に問い合わせましょう。

お問い合わせ

4.【まとめ】LINEの引き継ぎはとってもカンタン


この記事では、機種変更で必要なLINEの引き継ぎ方法について詳しく解説してきました。

引き継ぎ方法は単純です。旧端末で引き継ぎ設定をして、新端末でログインすれば完了。

ただし、トーク履歴だけは別途バックアップ・復元が必要なので、忘れないように気をつけましょう。

iPhone↔Android間の場合は、引き継ぎできないデータもあるのでご注意を。

※LINEユーザーにおすすめの格安SIM

LINEが片時も手放せない方に人気の格安SIMがあります。それは、本家LINEが運営するLINEモバイルです。

LINEモバイルはLINEアプリとSNSがカウントフリーで使い放題。スマホ代が2000円以内に収まるので、多くの方から支持を得ています(通信速度も速い)。

実際に契約してメリット・デメリットを詳しくレビューしているので、興味がある方はぜひご覧ください。

>>LINEモバイルについて詳しく見る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。