コメント欄にご質問・感想をどうぞ

【最悪体験】FREETEL(フリーテル)の評判・口コミやデメリットを解説

フリーテル

お知らせ

2020年4月より、楽天モバイルは格安SIMからキャリアへ移行。月額2980円でデータ使い放題の楽天アンリミットが登場しました。

現在、1年間無料キャンペーン中。体験談を詳細にレビューしています。

 

>楽天アンリミットの評判・口コミを見る

この記事で分かること

  • フリーテルを実際に使うユーザーの口コミ
  • フリーテルの実効速度
  • フリーテルのメリット・デメリット
  • 総合評価(結論はおすすめしない)

FREETEL(フリーテル)の評判や口コミが気になりますよね。また、メリットだけでなくデメリットも気になるところ。

この記事では、フリーテルを実際に契約してみて速度や使い心地を徹底レビュー。また、ユーザーの口コミ調査も行っています

フリーテルの評判が気になる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

TOPIC
フリーテルは事実上の倒産となったため、申し込みはできません。この記事は資料としてお使い下さい。

1.FREETEL(フリーテル)の格安SIM事業は終了

フリーテルって、もう契約できませんよね?

ええ、無残な形で終了したわ・・。

2017年11月、フリーテルは倒産に近い形で格安SIMを終了しました。事業は楽天モバイルに引き継がれ、既存ユーザーは移行されました。

携帯販売の事業は残していたものの、2018年1月にMAYA SYSTEMへ販売事業も譲渡。一応、フリーテルの名前だけは残っていますが、民事再生の手続き中で破産状態です。

フリーテルが終わった理由は色々と考えられますが、一番は顧客を欺く行為を働き続けたことでしょうか。

2017年4月、フリーテルは総務省から虚偽の過大広告を掲示したとして行政指導されました。(外部参考:フリーテルの行政処分

行政指導された内容
  • 業界最速の記載
  • シェアNo1の記載
  • 特定アプリでデータ無料としていたが実際は一部有料

業界最速、シェアNo1は、根拠が無いまま記載したとして景品表示法違反に。

これで反省したかと思いきや、その後はスマートコミコミ+という詐欺に近いプランを発表。まったく反省の色は見えず、最終的にはすべてが終わりました。

当時は、CMに佐々木希を起用して波に乗っていたのに・・。

ここから下の内容はフリーテルがまだ営業した2017年時点の情報です。参考資料として残しておきます。

2.FREETEL(フリーテル)の評判・口コミ

ユーザーの口コミはどうですか?

そう言うと思って調査してみたわ。

フリーテルの評判・口コミをアンケート調査してみました。

フリーテルの評判

良い口コミ

58歳女性

端末と一緒に購入したので面倒な設定もなく届いてすぐに使用出来ました。使用したデータ量によって値段が上がるプランを契約していますが、あまり使わない時はとてもお得です。

 

33歳女性

最初の手続きはインターネットで行うので正直、不安でした。でも送られて来たSIMを今まで持っていたiPhoneに差し変えるだけでとても簡単でした。心配していたインターネットの速度も何の問題もなくとても満足です。

 

26歳女性

フリーテルに変える前と何も変わらず不自由なく使用できています。フリーテルは使った分だけ払えるプランがあり、私は毎月1700円ほどで済んでいます。

 

50歳女性

特に使い勝手も変わりなく替えてよかったと思ってまず。インターネットの速度も気になりません。普通にサクサク使えます。

 

26歳女性

通話は基本的に使わず、ネットもほとんど節約モードにしているので、月々1080円で使えています。LINEやFacebookなどのSNSについては、データ通信料が無料なため、最安プランでいけます。

悪い口コミ

35歳女性

ネットサーフィンをするときに、少しもたつくことがあります。

 

50歳女性

夕方にラインがつながりにくい時があります。

 

26歳女性

キャリアのメールアドレスがないので、ガラケーの相手とメールするときはメールアプリをいちいち開かないといけないのが面倒。また、LINEの年齢認証ができず、友達のID検索ができません。

 

55歳男性

最近は改善されてきましたがサポートはおざなりと言う感じ。初期のころはサポートが全く機能していませんでした。

料金が安いとの意見と、ネット接続に関して問題ないとの口コミが目立ったフリーテル。

料金については、従量制のプランが便利との評価。ネットをあまり使わない人、あるいはWi-Fi接続がメインの人は月々1000円台まで節約できています。

その他は良くも悪くも普通といった印象です。

低評価は、ネットの繋がりにくさと速度が遅くなるとの口コミが目立ちました。ネットが速い時間帯もあれば遅い時間帯もある、といった感じで不安定になるようです。

その他、サポートが適当との意見も見られました。

3.実効速度は?FREETEL(フリーテル)の体験レビュー

フリーテルの使い心地はどうですか?

正直、厳しいわね。
注意
現在は、フリーテルに申し込めません

実際に、フリーテルに申し込んでみました。今回申し込んだのは、定額プランです。フリーテルの申し込み1

定額プランで申し込み

次に、端末・SIMサイズを選択。

フリーテルの申し込み2

支払情報を入力して申し込み完了です。

フリーテルの申し込み3

こちらが届いたSIMカードです。

フリーテルの設定

端末にSIMカードをセットして、通信速度を測定してみました。

フリーテルの速度測定

速度測定の様子

測定時間 通信速度(Mbps)
ダウンロード アップロード
12時33分 0.76 23.54
17時28分 3.20 18.36
22時30分 6.12 9.14

※測定場所は横浜市内

正直なところフリーテルの通信速度は遅いと感じました。ネットは遅いですし、動画が見られないときもあります。

特に1Mbpsを切るお昼は酷かったです。LINEやSNSが中心の人以外は厳しいでしょう。

4.FREETEL(フリーテル)の料金・基本情報

料金体系について詳しく教えて下さい。

OK、いくつかプランが分かれるからしっかり確認して。

フリーテルの料金プランは大きく分けて

  • 使った分だけ安心プラン
  • 定額プラン
  • スマートコミコミ+

の3つに分かれます。

使った分だけ安心プラン

データ容量 月額料金
音声通話SIM データSIM+SMS データSIM
~100MB 999円 439円 299円
~1GB 1,199円 639円 499円
~3GB 1,600円 1,040円 900円
~5GB 2,220円 1,660円 1,520円
~8GB 2,840円 2,280円 2,140円
~10GB 3,170円 2,610円 2,470円
~15GB 4,380円 3,820円 3,680円
~20GB 5,570円 5,010円 4,870円

定額プラン

データ容量 月額料金
音声通話SIM データSIM+SMS データSIM
1GB 1,199円 639円 499円
3GB 1,600円 1,040円 900円
5GB 2,220円 1,660円 1,520円
8GB 2,840円 2,280円 2,140円
10GB 3,170円 2,610円 2,470円
15GB 4,380円 3,820円 3,680円
20GB 5,570円 5,010円 4,870円
30GB 7,680円 7,120円 6,980円
40GB 10,100円 9,540円 9,400円
50GB 12,500円 11,940円 11,800円

スマートコミコミ+

端末+データ+10分かけ放題がセットになったプラン(月額料金は端末・データ容量によってバラバラ)

使った分だけ安心プランは使用したデータ容量に応じて料金が変動する従量制プランです。最安299円で利用できます。

定額プランは1~50GBの毎月決まったデータ容量を利用できる一般的なプランです。

スマートコミコミ+は一見お得に見えますが、端末代金の総額が市場価格より大幅に高くなります。2万円で購入できる機種が6万円になることも・・。

スマートコミコミ+のプラン説明は非常に分かりにくく設定されており、完全なぼったくりプランです。

かけ放題オプションは、専用アプリ「FREETELでんわ だれでもカケホーダイ」が用意されています。

かけ放題オプション

  • 1分かけ放題:月額299円
  • 5分かけ放題:月額840円
  • 10分かけ放題:月額1499円

※時間超過後は10円/30秒(通常より半額)で通話できる

基本情報

回線 ドコモ
テザリング あり
バースト機能 なし
最大通信速度 225Mbps
速度制限 なし
データ繰り越し あり
(使った分だけ安心プランはなし)
通話料金 20円/30秒
データチャージ 0.5GB/500円
1ヶ月につき最大4GBまで
端末保証オプション あり
支払い方法 クレジットカード
ペイジー(端末代のみ)
初期費用 3000円
最低利用期間 なし
違約金 なし

フリーテルを解約する場合は、マイページの「ご契約状況」から解約ボタンを押して下さい。

解約締め切りは毎月25日です(26日以降の手続きは翌月末解約)。

5.FREETEL(フリーテル)のメリット4つ

フリーテルのメリットを教えて下さい。

従量制プランを選べる点・・くらいかな。

①従量制プランを選べる

フリーテルの「使った分だけ安心プラン」は従量制なので、毎月のデータ消費量にバラつきがある人は無駄がありません。

1GBしか使わなかった月は1GB分の料金で済みますし、3GB使った月は3GB分の料金を払います。データ消費量によって料金が変わるので、過不足なく利用できます。

②最低利用期間・違約金がない

フリーテルには音声通話SIMにも最低利用期間および違約金がありません。いつでも解約できるので、気軽に契約できます。

TOPIC
今では普通の違約金0円だが、2017年当時は画期的だった

③LINE・SNSがカウントフリー

フリーテルではLINE、SNSのデータ消費がカウントフリーで使い放題になります。

カウントフリー対象

  • LINE
  • WeChat
  • WhatsApp
  • ポケモンGo
  • Twitter
  • facebook
  • Messenger
  • Instagram

注意点として、定額プランの1GBと使った分だけ安心プランはLINE、WeChat、WhatsApp、Pokemon Goだけが対象となります。

カウントフリーは自動適用されるので、申し込みや追加料金は不要です。

④iPhoneユーザーはAppStoreのデータ消費0

フリーテルではiPhone。iPad専用の「FREETEL SIM for iPhone/iPad」が用意されています。

プラン内容は通常の定額プランおよび使った分だけ安心プランと全く同じですが、AppStoreからアプリをダウンロードする際のデータ消費量がカウントされません。

もちろん、LINEやTwitterなどのカウントフリーも併用OKです。

6.FREETEL(フリーテル)のデメリット3つ

逆にデメリットはありますか?

MNP転出手数料が高くて、実質契約縛りになっているのが痛いわね。

①MNP転出手数料が高い

フリーテルは最低利用期間および違約金がないためいつでも解約できます。ただし、MNP転出手数料(電話番号を維持したまま解約)は高額に設定されています。

MNP転出手数料

契約期間 MNP転出手数料
当月 15,000円
2ヶ月 14,000円
3ヶ月 13,000円
4ヶ月 12,000円
5ヶ月 11,000円
6ヶ月 10,000円
7ヶ月 9,000円
8ヶ月 8,000円
9ヶ月 7,000円
10ヶ月 6,000円
11ヶ月 5,000円
12ヶ月 4,000円
13ヶ月 2,000円
MEMO
MNP転出手数料の相場は2000~3000円

契約当月にMNP転出を行うと、15,000円の転出手数料がかかります。

その後、契約から1ヶ月経つごとに1,000円ずつ安くなっていき、13ヶ月でようやく他社と同水準まで下がります。違約金の無いフリーテルですが、事実上の13ヶ月契約縛りです。

②節約モードが使いにくい

フリーテルでは節約モード(高速通信をオフにする)が使えます。節約モードでは高速データ通信量を一切消費しません。

POINT
節約モード中は最大通信速度が200kbpsに制限される

データ消費の節約に便利な機能ですが、高速通信のオン/オフはマイページから行う必要があります。

他社だと、アプリでワンタッチ切り替えできるので、フリーテルの節約モードは使いにくいです。

③バースト転送がない

バースト転送とは低速通信時でも一時的に高速通信を利用できる機能です。バースト転送があれば、速度制限時でもSNSやテキスト中心のウェブページを読み込んでくれます。

残念ながら、フリーテルにはこの機能がありません。

7.結論:FREETEL(フリーテル)はまったくおすすめできない

結局、フリーテルは契約すべきですか?

絶対に辞めたほうがいいわよ。

フリーテルはまったくおすすめできません。まず、プラン内容が非常に分かりにくく悪質です。

スマートコミコミ+では市場価格から2倍から3倍近い端末代金を請求されます。

他社との比較を避けるためにプラン内容をわかりにくくするのは携帯業界の常套手段ですが、フリーテルは限度を超えています。

通信速度も遅いです。お昼の時間帯は1Mbps以下。夕方になってようやく3Mbpsを超えますが、回線混雑が緩和する夜になっても6Mbps程度です。

端末の充実度もイマイチ。以上から、フリーテルは最悪レベルの格安SIMと言えます。

8.本当に選ぶべき格安SIMとは?

フリーテルがダメなら、他にどこを選べばいいんでしょうか・・。

おすすめをピックアップしたから、確認してちょうだい。

こちらのコンテンツは、フリーテル破産後に最新情報をまとめています。

①楽天モバイル(楽天アンリミット)

楽天モバイルのロゴ

おすすめな人
  • データ無制限の使い放題がいい
  • 安さと通信品質を両取りしたい
  • 楽天ポイントを貯めている
TOPIC
楽天モバイルはキャリアに移行しましたが、実質的には格安SIMなので選抜

キャリア移行に伴い発表された新プラン「楽天アンリミット」が強力な楽天モバイル。

楽天アンリミットは月額2980円で高速通信が使い放題。通信速度も安定しています。

キャリアと格安SIMのいいとこ取りをした最強プランです。デメリットとして楽天回線のエリアが限られますが、エリア外の地域はau回線でカバーしてくれます。

海外でもデータ2GBまでなら使用可、さらに付属の楽天Linkアプリで無料通話を使用できます。ユーザー数を集めるため、破格のキャンペーンあり。

楽天ユーザーなら住所や名前の入力不要ですぐに申し込めます。いつ解約しても違約金は0円です。

楽天アンリミット

  • 月額料金:2980円
  • データ容量:使い放題

※パートナー(au)回線は月5GBまで
※最低速度1Mbps保証あり

メリット デメリット
・APN設定が不要
・楽天ポイントが+1倍
・データ使い放題
・最低速度1Mbps保証
・楽天回線エリアが全国区ではない
・動作確認済端末が少ない

CHECK!

楽天アンリミットの体験レビューはこちら

②Y!mobile

ymobile

おすすめな人
  • 大手キャリアと同等の通信速度がいい
  • 頻繁に通話する
  • iPhoneセットで乗り換えたい

イーモバイル時代に築いた自社回線を持つワイモバイル(一部ソフトバンク回線も利用)。他社との回線混雑がないため、圧倒的な通信速度を叩き出しています。

平均速度は40~60Mbps。格安SIMながら、親会社のソフトバンクと同等の速さです。

YoutubeやWEBサイト閲覧はもちろん、テザリングも快適です。

速度以外だと、10分かけ放題がプラン内に付いているのも大きな特徴。通話料を大幅に節約できます。

プランSなら月額1980円で、通話料まで収めることができます。

また、月額1000円のオプション料金を払えば、無制限かけ放題も利用可。大手キャリアの無制限かけ放題は月額2700円なので、節約効果は絶大です。

その他、ワイモバイルはiPhoneを安く購入できるのもメリットです。

MEMO
ワイモバイルはソフトバンクスマホでもSIMロック解除が必要となる

スマホベーシックプラン

プランS プランM プランR
月額料金
2680円 3680円 4680円
月額料金
(6ヶ月新規割)
1980円 2980円 3980円
データ容量 3GB 9GB 14GB
データ容量
(1年増量)
4GB 12GB 17GB
無料通話 10分かけ放題
メリット デメリット
・通信速度が一番速い
・10分かけ放題が付属する
・iPhoneのセット購入が安い
・全国にワイモバイルショップがある
・データ繰り越しができない
・購入できるAndroidの種類が少ない

CHECK!

Y!mobileの体験レビューはこちら

③BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルのロゴ

おすすめな人
  • データ残量を気にせず動画を見たい
  • 家族名義でシェアSIMにMNP転入したい
  • 万全のサポート体制で安心したい

Youtubeから離れられない方は、BIGLOBEモバイル一択です。なぜなら、他の格安SIMにはない動画見放題のエンタメフリーオプションがあるからです。

エンタメフリーオプションは、Youtube、AbemaTV、Google Play Musicなど人気動画・音楽サービスが月額480円で使い放題。

データ消費量を気にせず動画を思いっきり楽しめます。3GBプランならエンタメフリーオプションを付けても月額2000円以下に。

この価格で、Youtube見放題なのはあり得ない安さです。

また、家族でシェアプランを使いたい人も、BIGLOBEモバイルはおすすめ。家族で乗り換える際の名義変更は必要なし。

6歳以上なら、子供でも自分名義で契約できますよ。

その他、24時まで有人対応のチャットサポートあり。夜遅くでもトラブルに対応してくれます。

月額料金
データSIM 音声通話SIM
1ギガプラン 1400円
3ギガプラン 900円 1600円
6ギガプラン 1450円 2150円
12ギガプラン 2700円 3400円
20ギガプラン 4500円 5200円
30ギガプラン 6750円 7450円
メリット デメリット
・エンタメフリーオプションが強力
・無料Wi-Fiが使える
・シェアSIMが使いやすい
・チャットサポートが24時間体制
・低速モードの切り替え機能なし
・動画を見ないなら魅力が薄れる

CHECK!

BIGLOBEモバイルの体験レビューはこちら

9.この記事のまとめ

今回は、フリーテルの評判やメリット・デメリットについて詳しく解説してきました。

フリーテルは他社にはないプラン内容を打ち出していましたが、すべて裏目に出てしまい結果として最悪の格安SIMに成り下がりました。

いくつかメリットを挙げていますが、正直どれも弱い内容です。良いところは何一つないと言えるでしょう。

間違っても選んではいけない格安SIMの筆頭です。

おさらい

フリーテルの評判はどう?

良い口コミも見られますが、ネットの繋がりにくさや速度が遅くなるとの悪評が目立ちました。

 

フリーテルを実際に使った感想は?

実行速度が遅く使いにくいです。お昼は1Mbps以下まで低下します。夜になっても、10Mbpsを超えません。

 

フリーテルのメリットは?

従量制プランを選べる点、違約金がないがない点などがメリットです。

 

フリーテルのデメリットは?

事実上の違約金であるMNP転出手数料が高いです。過去の悪行から、サービス全体の信頼性がないことも致命的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。