【2019年】とにかく安い格安SIMを完全比較

安い格安sim

格安SIMは通信速度やサービス内容よりも安さを求めたい。そうお考えではありませんか?

大手キャリアと比べておよそ半額に利用料金を落とせる格安SIM。ですが、格安SIM会社同士で比較すれば、さらに安くすることが可能です。毎月8000円以上かかっていた利用料金が1500円以下になることも珍しくありません。

この記事では、月額料金が安い格安SIMを徹底比較。ぜひ、格安SIM選びに役立てて下さいね。

1.一番安い格安SIMを徹底比較

(1)【月額2000円以下】音声通話SIMの最安比較

格安SIMの料金比較 音声通話SIMタップで拡大(赤文字が各プランの最安)

※1GBの月額料金

(2)【月額1000円以下】データSIMの最安比較

格安SIMの料金比較 データSIMタップで拡大(赤文字が各プランの最安)

※1GBの月額料金

(3)データ容量別の最安比較

以下、データ容量別にそれぞれ最安価格を算出しました。

音声通話SIMの最安値

データ容量 最安の格安SIM 月額料金
1GB LINEモバイル 1200円
2GB イオンモバイル
DMMモバイル
1380円
3GB DMMモバイル 1500円
5GB DMMモバイル 1910円
6GB イオンモバイル 1980円
7GB nuroモバイル 2200円
10GB 楽天モバイル 2960円
12GB IIJmio 3260円
13GB nuroモバイル 3400円
20GB mineo 4590円
30GB イオンモバイル 6080円

データSIMの最安値

データ容量 格安SIM(最安) 月額料金
1GB イオンモバイル
DMMモバイル
480円
2GB nuroモバイル 700円
3GB DMMモバイル 850円
5GB DMMモバイル 1210円
6GB BIGLOBEモバイル
OCNモバイルONE
1450円
7GB nuroモバイル 1500円
10GB DMMモバイル 2190円
12GB IIJmio 2560円
13GB nuroモバイル 2700円
20GB mineo
イオンモバイル
DMMモバイル
3980円
30GB イオンモバイル 5380円

2.月額料金が安いおすすめの格安SIM

(1)【スマホ代が月額1200円に】LINEモバイル

lineモバイル

■音声通話SIM:1GBプラン最安

ずばり、ライトユーザーならLINEモバイルで決まります。とくに1GBプランはLINEモバイルが最強となります。その理由は、ただでさえ最安値なのにLINEアプリをデータ消費無しで使い放題にできること。普段、LINEくらいしか使わないならLINEモバイルの1GBプランで十分。

月々のスマホ代はわずか1200円です。また、3GB以上のプランならLINEに加えてSNS(Twitter・Facebook・Instagram)も使い放題に。特にデータ消費の大きいInstagramが使い放題になるのは嬉しいポイント。インスタ女子ならLINEモバイルとの相性が抜群ですよ。

>>詳細ページ公式ページ

(2)【楽天会員なら実質最安値】楽天モバイル

楽天モバイル

■音声通話SIM:10GBプラン最安

実は、楽天会員なら最も安い格安SIMは楽天モバイルになります。その理由は、楽天会員だけの特典が分厚いからです。楽天会員なら、割引が効いてかけ放題付きのスーパーホーダイプランが月額1480円に(500円割引)。

さらに、利用料金に対して楽天スーパーポイントが付く上、楽天市場でのポイント獲得が常に2倍となります。恐ろしい勢いで楽天スーパーポイントが貯まるため、楽天ユーザーの方は実質最安値です。

また、端末代金が楽天スーパーセールで激安になることが多いので、端末セットで契約したい方も楽天モバイルがおすすめです。

>>詳細ページ公式ページ

(3)【動画好きなら決まり】BIGLOBEモバイル

biglobeモバイル

■データSIM:6GBプラン最安

どの料金プランも1位ではないですがトップクラスに安いBIGLOBEモバイル。しかし、着目すべきはそこではなく、エンタメフリーオプションで動画見放題にできる点が秀逸です。エンタメフリーオプションはYoutubeを含む動画アプリが見放題に。

低価格だから動画は諦める・・と考えていた方は、BIGLOBEモバイルなら月額480円のオプション料金で好きなだけ動画を楽しめます。3GBプランにエンタメフリーオプションを付けても月額2000円程度。動画見放題なので、この価格で大容量プランに相当する使い方ができます。

>>詳細ページ公式ページ

(4)【業界最安値の格安SIM】DMMモバイル

dmmモバイル

■音声通話SIM:2/3/5GBプラン最安

■データSIM:1/3/5/10/20GBプラン最安

業界最安値を掲げるDMMモバイル。事実、格安SIMで最も安いのがDMMモバイルです。多くの料金プランで最安値、あるいは2位の安さをキープ。あまりに安いため、ぶっちゃけ利益が出ていないとDMMの社長が嘆いていたほどです。

DMMモバイルは利用料金が安いのですが通信速度が遅いのがデメリット。ですので、通信速度は遅くてもいいから、利用料金が安い方を選びたい場合にDMMモバイルを契約しましょう。月額250円でSNSがカウントフリーとなるオプションも付けられます。

>>詳細ページ公式ページ

(5)【安くて速いけど契約しにくい】イオンモバイル

イオンモバイル

■音声通話SIM:2/6/30GB最安

■データSIM:1/20/30GB最安

月額料金が安く通信速度も速いイオンモバイル。その使いやすさとイオンブランドの安心感からユーザー数を着実に伸ばしています。利用回線はドコモとau。特に欠点がないように見えますが、オンラインのMNP契約だと回線切り替え後にSIMカードを発送するため空白期間が2~3日生じます。

申し込み方法も面倒なのが痛いデメリット(イオンスクエアメンバーの登録作業など)。サービス内容も特筆すべき点が無いので、純粋に安さを求める人以外は契約しないほうがいいでしょう。

>>詳細ページ公式ページ

(6)【マイナーでもいいなら】ロケットモバイル

マイナーな格安SIMなので比較から外しましたが、実は純粋な利用料金だけを見ればロケットモバイルほど安い格安SIMは他にありません。ロケットモバイルが安いのは5GB以下の小容量プランです。データSIMの低速使い放題でよければ月額298円から契約できます。

音声通話SIMは月額1300円の2GBプランがおすすめです。正直、安さ以外に取り柄がないので契約はあまりおすすめできませんが、マイナーな格安SIMでもいいから、とにかく安さだけを重視したい人におすすめです。

>>詳細ページ公式ページ

3.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、月額料金の安い格安SIMを徹底比較してきました。各プランで最安値が異なるものの、安く利用できる格安SIMは大体決まっています。数十円の差ならサービス内容も考慮して契約先を決めるといいでしょう。

大手キャリアから格安SIMに乗り換えれば、少なくとも月額4000円は節約可能。最安値を狙えば、6000円以上安くすることもできますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。