おすすめの格安SIM比較

ロケットモバイルの評判とメリット・デメリットを完全解説

ロケットモバイル

ロケットモバイルは業界最安値クラスの月額料金が売りの格安SIMです。低速通信のみが使える神プランは月額298円という驚異的な安さですし、その他のプランも比較的安い価格設定です。

また、独自のポイントを利用することでただでさえ安い月額料金がさらに安くなり、場合によっては0円になることもあります。ロケットモバイルはとにかく安く使いたい人にうってつけの格安SIMですね。

今回はロケットモバイルのメリット・デメリットや特徴を詳しく解説します。

1.ロケットモバイルの特徴

ロケットモバイルは株式会社エコノミカルが手掛ける格安SIMです。エコノミカルは2015年に設立されたばかりの新しい会社で、ロケットモバイルも2016年にスタートしたばかりの比較的新しい格安SIMです。

まだまだ知名度が低く口コミなども非常に少ないロケットモバイルですが、破格の安さでデータ通信が使い放題の「神プラン」は大きな話題となりました。神プラン以外のプランも比較的月額料金が安く、どのプランを選んでもスマホ代を大幅に安くできるのが特徴と言えます。

2.ロケットモバイルのメリット

まずはロケットモバイルのメリットを見ていきましょう。

(1)低速通信が無制限の神プランは月額298円で利用できる

ロケットモバイル最大の特徴でありメリットでもあるのが神プランです。神プランは最大200kbpsの低速通信しか使えませんが、その代わりに月額料金が298円と非常に安く設定されています。音声通話機能付きでも948円です。

低速のみのプランでも、ここまで安いものは他にありません。例えば月額料金の安さが売りのDMMモバイルでも、低速通信のみのライトプランは440円です。神プランでもメールやLINEくらいであれば問題ないので、データ通信をあまり使わない人や、通話用と割り切って使いたい人におすすめです。

(2)高速通信が使えるプランもリーズナブル

ロケットモバイルでは神プラン以外にも1GB~20GBの高速通信が使えるプランも用意されています。神プランばかり目立ちますが高速通信が使えるプランも料金が安いです。2GB・3GB・5GBのプランは音声通話SIM・データ通信専用SIMともに業界最安値ですし、その他のプランも最安値に近い安さです。

(3)ロケモバポイントを貯めて月額料金を安くできる

ロケットモバイルでは独自のポイントサービス「ロケモバポイント」を展開しています。ロケモバポイントは1ポイント=1円として、毎月の通信料から割り引くことができます。ロケモバポイントアプリのダウンロードや会員登録といった「お手伝い案件」をこなすことで貯まります。繰り越しに対応しているほか、利用期限もありません。

もともと月額料金が安いロケットモバイルですが、ロケモバポイントを使えばさらに安くなります。中には月額料金が無料になったユーザーもいるくらいです。

(4)申し込んで即適用される「今すぐプラン変更」が便利

ロケットモバイルには「今すぐプラン変更」と「翌月からプラン変更」という2種類のプラン変更方法が用意されています。翌月からプラン変更は申し込んだ翌月にプランが変更されるもので、一般的な格安SIMのプラン変更と同じ方式です。

一方、「今すぐプラン変更」はその名の通り申し込んですぐにプランが変更される方式です。今利用しているプランより容量の多いプランにしか変更できませんが、今すぐデータ通信量を増やしたいときに便利です。

3.ロケットモバイルのデメリット

たくさんのメリットを持つロケットモバイルですが、一方でデメリットもいくつかあります。

(1)高速通信が使えるプランは直近3日間の速度制限あり

ロケットモバイルのプランのうち、高速通信が使えるプランには直近3日間の速度制限があります。短期間にデータ通信を使いすぎると一時的に速度制限がかかるので気を付けましょう。なお、神プランには直近3日間の速度制限はありません。

※速度制限について詳しくは後述します

(2)端末セットの取り扱いはなし

ロケットモバイルでは端末セットの取り扱いは一切ありません。そのため、利用する端末は自分で用意する必要があります。あるいは、キャリア端末をSIMロック解除して利用するのも手です。格安SIMとセットで端末を購入したいという人には向いていないので要注意です。

(3)速度切り替えができない

ロケットモバイルでは高速通信と低速通信を切り替える速度切り替えが利用できません。速度切り替えができれば「普段は低速にしておき、動画を見るときだけ高速にする」といったことができますが、ロケットモバイルではそのような使い方はできません。データ通信量が残っている間は、必ず高速通信を使うことになります。

3-4. 通話アプリやかけ放題オプションがない

ロケットモバイルには通話アプリやかけ放題オプションがありません。電話をすると20円/30秒の通話料がかかるので、たくさん電話をする人だとトータルのスマホ代が高額になる恐れがあります。

ロケットモバイルで音声通話を利用する場合は楽天でんわやOCNでんわキャリアフリーのようにキャリアを問わず使える音声通話サービスを活用しましょう。

4.ロケットモバイルの料金プラン

続いて、ロケットモバイルの料金プランを見ていきましょう。

4-1.Dプラン

Dプランの料金は以下の通りです。

プラン名 データ通信量 データ通信専用SIM 音声通話SIM
神プラン 無制限※ 298円 948円
1GBプラン 1GB 590円 1,250円
2GBプラン 2GB 690円 1,300円
3GBプラン 3GB 840円 1,400円
5GBプラン 5GB 1,200円 1,800円
7GBプラン 7GB 1,850円 2,400円
20GBプラン 20GB 3,950円 4,670円

※神プランの最大通信速度は200kbps

Dプランはドコモ回線を利用したプランです。低速通信が無制限に使える神プランに加えて、データ通信量が1GBから20GBまで6種類用意されています。そのほとんどは低容量~中容量で、大容量プランは20GBしかありません。そのため、ロケットモバイルはどちらかというとライトユーザー向けの格安SIMと言えます。

なお、以前はワイモバイル回線を利用するロケモバプレミアムと上り通信が無制限に使えるアゲアゲプランもありましたが、2018年7月現在は受付を終了しています。

4-2.memobile

memobileは中古携帯事業者の携帯市場とエコノミカルが業務提携して提供しているサービスです。最大200kbpsの低速通信が使い放題のデータプランと米GLU社のSIMフリースマホ「GRAND X LTE」がセットで月額990円とリーズナブルです。

高速通信が使えるプランは用意されていないので、LINEやメールなど、最低限の連絡手段が使えれば良いという人に向いています。

4-3.業界最安の神プランとは?

神プランは最大200kbpsの低速通信が無制限に使えるプランです。速度は遅いですが、その代わりに月額料金は298円と破格の安さです。200kbpsでもLINEやSNS、簡単なブラウジング、音楽ストリーミングくらいなら問題なくこなせます。

しかも直近3日間の速度制限もないため、音楽ストリーミングを長時間利用するという人にとくにおすすめです。

4-4.料金プランの選び方

ロケットモバイルの料金プランは大きく分けて低速通信のみの「神プラン」と、高速通信が使えるその他のプランに分かれます。とにかくスマホを安く使いたい人や、通話がメインでデータ通信はほとんど利用しないという人は神プランがおすすめです。

ある程度インターネットを利用する場合は高速通信が使えるプランを選びましょう。とくに動画視聴やアプリのダウンロードなどは低速のみの神プランでは厳しいです。これらの用途を使いたい人は高速通信が使えるプランを選びましょう。

4-5.利用できるオプション

ロケットモバイルで利用できるオプションはキャッチホン(月額200円)と留守番電話(月額150円)の2つだけと非常に少ないです。オプションが少ない分だけシンプルで分かりやすいと言えますが、サービス内容を重視している人からすると物足りないですね。

4-6.解約金、最低利用期間の有無

ロケットモバイルでは音声通話SIMのみ、1年間の最低利用期間が設定されています。最低利用期間内に解約すると9,500円の契約解除料が発生するので気を付けましょう。データ通信専用SIMおよびSMS付きデータSIMの場合は最低利用期間・契約解除料ともにありません。

5.ロケットモバイルの通信速度

とにかく月額料金が安いロケットモバイルですが、いくら安くても通信速度が遅くては意味がありませんね。

そこで、ロケットモバイルの通信速度について調べてみました。

5-1.ユーザーの評判を調査

ロケットモバイルを利用しているユーザーの評判を調査すると、神プランは高く評価されていました。低速通信なので動画視聴やアプリのダウンロードといったことはできませんが、LINEやメール、SNS、音楽ストリーミングくらいであれば問題ない速度であるという意見が多いです。

一方、高速通信が使えるプランはそもそも口コミや評判がほぼありませんが、どちらかというと遅いという意見が多いです。神プランと違って直近3日間の速度制限もあるため、高速通信をたくさん利用したい人にはロケットモバイルは不向きと言えます。

5-2.速度制限の条件

ロケットモバイルは神プランとその他のプランで速度制限の条件が異なります。神プラン以外は決められたデータ通信量を使い切ると翌月まで速度制限がかかります。また、プランごとに直近3日間の速度制限があり、以下の規定量を超える通信を行うと一時的に速度が制限される可能性があるので要注意です。

プラン 規定量/3日間
1GB/2GBプラン 360MB
3GBプラン 500MB
5GBプラン 800MB
7GBプラン 1GB
20GBプラン 3GB

神プランは月間のデータ通信量が無制限ですし、直近3日間の速度制限もありません。したがって、どれだけデータ通信を使っても制限がかかりません。なお、ロケットモバイルでは高速通信と低速通信を切り替えることができません。データ通信量を使い切るまでは高速通信を使うことになるので気を付けましょう。

6.ロケットモバイルの申込み方法

ロケットモバイルは公式サイトからのみ申し込めます。実店舗から申し込むことはできないので、店員さんと相談しながらプランを決めたい、という人は要注意です。

6-1.申し込みに必要なもの

ロケットモバイルを申し込む際には以下のものが必要です。

  • MNP予約番号(音声通話SIMのみ)
  • 本人確認書類(音声通話SIMのみ)
  • クレジットカードもしくはデビットカード

2018年7月現在、ロケットモバイルでは音声通話SIMの新規契約は受付を停止しており、MNPによる他社からの乗り換えしかできません。そのため、音声通話SIMを契約する際は本人確認書類だけでなくMNP予約番号も必要です。データ通信専用SIMの場合はMNP予約番号も本人確認書類も必要ありません。

6-2.端末の利用条件

ロケットモバイルは端末セットを取り扱っていないため、自分で端末を用意する必要があります。ロケットモバイルはドコモ回線を利用した格安SIMなので、ドコモの端末であればSIMロック解除せずに使えます。また、SIMフリースマホの多くはドコモ回線に対応しているので、SIMフリー端末も利用可能です。

auとソフトバンクの端末も「SIMロック解除」すれば利用できますが、対応周波数帯が異なるため、電波のつかみが悪い可能性があります。ロケットモバイルは公式サイトで動作確認済み端末の一覧を公開しているので、利用もしくは購入予定の端末が動作確認されているかどうかをあらかじめチェックしましょう。

6-3.初期費用と支払い方法

ロケットモバイルを申し込むと、初期事務手数料3,400円がかかります。ロケットモバイルでは支払い方法としてクレジットカードとデビットカードが利用できます。デビットカードが利用できる格安SIMは数が少ないので貴重です。クレジットカードを持っていない人は審査が不要なデビットカードを利用するのがおすすめです。

ただし、デビットカードの種類によってはロケットモバイルを契約することができません。契約できるかどうかはデビットカードによって異なるので、利用しているカード会社へ問い合わせてみましょう。

7.ロケットモバイルがおすすめな人

特徴やメリット・デメリットを踏まえると、ロケットモバイルは以下のような人におすすめです。

(1)とにかく安くスマホを使いたい人

ロケットモバイルはとにかく安くスマホを使いたい人におすすめです。神プランは月額298円という破格の安さで利用できますし、その他のプランも業界最安値クラスの安さを誇ります。

とくに神プランは最大通信速度が200kbpsということを含めても驚愕の安さなので、データ通信はほとんど使わないのでできるだけ安くスマホを使いたい人にはうってつけでしょう。神プランはサブ端末でデータ通信を利用したい場合や、予備回線を持っておきたい人にも向いています。

(2)音楽ストリーミングやカーナビアプリを長時間利用したい人

神プランは音楽ストリーミングやカーナビアプリを長時間利用したい人にも向いています。神プランの最大通信速度は200kbpsと遅く、動画視聴やアプリのダウンロードなどは難しいです。一方、音楽ストリーミングやカーナビアプリであれば200kbpsでも問題なく使えます。

しかも神プランは直近3日間の速度制限がないので、制限を一切気にすることなく思う存分音楽ストリーミングやカーナビアプリを使えます。

おすすめ記事
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。