楽天アンリミット5Gが1年無料(300万人)

【評判は最悪?】BIC SIM(ビックシム)の速度や口コミを徹底評価

BIC SIMの評判・速度とは?

この記事のポイント

  • BIC SIMの速度は速いとは言えず、ライトユーザーでなければ使いづらさがある
  • BIC SIMは端末の品揃えが豊富で、複数SIMを契約できるファミリーシェアプランが便利
  • 速度に対するこだわりがなければ、十分に安くて契約する価値がある

「BIC SIMってどうなの?評判が気になる・・」

BIC SIM(ビックシム)は大手家電量販店のビックカメラが提供する格安SIMです。サービス内容は老舗の格安SIM事業者「IIJmio」と変わりません。

ビックカメラ店内でよく見かけるBIC SIMですが、評判はいいのでしょうか。速度についても気になります。

そこで今回は、BIC SIMについて評判・口コミから速度まで徹底考察。実際の体験からメリットだけでなくデメリットも深く追求していきます。

最終的に、BIC SIMがおすすめできる人・できない人にまとめているので、ご参考に。

1.BIC SIM(ビックシム)とは?【IIJmioとの違い・料金】

BIC SIMって、どんな格安SIMですか?

ビックカメラ提供のサービスだけど、実態はIIJmioよ。スマホ代が2000円を切る安さになるの。

BIC SIMとは大手家電量販店のビックカメラが2013年より提供する格安SIMサービスです。一部、オリジナルサービスがありますが、IIJmio(みおふぉん)とサービス内容は変わらず。

実質的には、BIC SIMはIIJmioの販売代理店に近い存在です。

IIJmioとの違い

  • ギガぞうWi-Fi(無料)の利用可
  • ビックポイントが使える

BIC SIMに契約しても、サポート窓口はすべてIIJmioです。そのため、BIC SIMのサービス内容が気に入っても、IIJmioから申し込んだ方が後々ややこしくなることがありません。

料金プランは以下の通りです。

料金プラン

データSIM 音声通話SIM
ギガぴた 従量制プラン
(1GB~)
480円~ 1180円~
ミニマムスタートプラン
(3GB)
900円 1600円
ライトスタートプラン
(6GB)
1520円 2220円
ファミリーシェアプラン
(12GB)
2560円 3260円
MEMO
解約金は0~1000円(契約縛りなし)
申込みは、BIC SIMではなく運営元のIIJmioがお得
\月額割引&端末代の大幅値引き中/
IIJmio(みおふぉん)

2.BIC SIM(ビックシム)の速度は遅い?

BIC SIMの速度は速いんですか?

全体で比較すると遅い方ね。

BIC SIMの速度ですが、平均で8Mbpsくらいです。

平均速度比較

格安SIM 平均速度(Mbps)
BIC SIM 8.3
ワイモバイル 41.8
UQモバイル 46.2
BIGLOBEモバイル 19.6
イオンモバイル 33.1
LINEモバイル 7.4
OCNモバイルONE 30.4
mineo 25.0

※測定結果はMMD研究所のデータを引用

IIJmioの速度グラフ

グラフ(タップで拡大)

IIJmioの平均速度

数値比較(タップで拡大)

こちらは外部機関ではなく自サイトで計測したデータです。

IIJmioに契約IIJmio(BIC SIM)に契約

通信速度(Mbps)
12時 15時 18時
BIC SIM 0.54 3.0 1.04
ワイモバイル 74.9 52.4 46.3
UQモバイル 16.5 25.5 20.0
BIGLOBEモバイル 0.85 22.5 2.08
イオンモバイル 0.52 18.8 10.4
LINEモバイル 5.97 18.8 3.6
OCNモバイルONE 0.94 23.5 4.16
mineo 1.0 47.6 5.09
MEMO
BIC SIMとIIJmioは同じ速度(IIJmioの測定データをBIC SIMとして利用)

他の格安SIMと比べると、残念ながらBIC SIMは遅いです。特にau回線(タイプA)がいまいち伸びません。

お昼の時間帯は0.5Mbpsを切ることもあり、高画質での動画再生やテザリングは難しいでしょう。日常使いには問題ありませんが、超高速を求めるならBIC SIMはアンマッチです。

スマホの利用用途がライト(SNS中心で動画は普通画質以下でいい)な方なら、さほどストレスなくデータ通信を使用できます。

速度重視の方は、以下の格安SIMがおすすめ

  • ワイモバイル:BIC SIMより値段は高くなるが格安SIMでNo.1の速度で快適
  • OCNモバイルONE:BIC SIMと料金はほぼ変わらず必要十分な速度が出る
申込みは、BIC SIMではなく運営元のIIJmioがお得
\月額割引&端末代の大幅値引き中/

キャンペーンサイトを見る

3.評判・口コミから分かるBIC SIMのメリット

BIC SIMのメリットを教えてください。

端末の種類がけた違いに多いわ。あと、シェアプランが便利よ。

①端末の品揃えが豊富

BIC SIMは、格安スマホ端末(SIMフリースマホ)の品揃えが国内トップです。実際、主要な格安SIMと比較してみましょう。

端末の品揃え(目安)

BIC SIM 50種
UQモバイル 10種
mineo 15種
LINEモバイル 15種
Y!mobile 10種
楽天モバイル 20種
BIGLOBEモバイル 15種

ほとんどの格安SIMが15種類以下なのですが、BIC SIMはおよそ50種類と圧倒的な品揃え。

ゲーミングスマホやマイナーな機種も取り揃えており、端末選びが好きな方にはたまらないでしょう。端末を安く買えるキャンペーンも頻繁に行っています。

②家族で乗り換えやすい

BIC SIMには、家族向けのファミリーシェアプランが用意されています。

特徴として、

  • 最大10枚までSIMカードを分け合える
  • 家族間の通話割引が使える

といった特典を利用できます。

ファミリーシェアプランの詳細

基本料金

  • データ容量:12GB
  • 月額料金:2560円

 

シェアSIM

  • 追加SIM利用料:400円/月額
  • SIMカード追加手数料(4枚目以降):2000円/枚

 

家族間の通話割引

  • 通常通話:最大60%OFF
  • 10分かけ放題(月額830円): 30分に延長
  • 3分かけ放題(月額600円):10分に延長

例えば、家族4人でファミリーシェアプランを使う場合、月額5760円に収まります。

MEMO
家族4人分の料金内訳:2560円+700円(音声通話SIMの付帯料)×4人分+400円(4枚目以降の手数料)

さらに、通話料を30秒あたり20円から60%OFFの8円/30秒にできます。

10分/3分かけ放題に加入すれば、家族間の無料通話時間が延長に。30分のかけ放題は、事実上の無制限かけ放題と言えるでしょう。

POINT
家族ではなく一人で複数SIMを使い分けるのもあり(スマホ、タブレット用など)

③従量制プランが使える

タイプA(au回線)に限りますが、1GBからの従量制プランを選べます。

1GBからの従量制プラン(タイプAのみ)

 

月額1180円~(データSIMは480円~)

こちら1GB単位で課金されていきますが、ちゃんと上限設定(例:2GBまでしか使えないなど)できるので安心です。タイプDは、従量制がなく最低容量3GB(1600円)から契約可能です。

④みおふぉんダイアルで通話料を安くできる

音声通話SIMで契約すると、無料でみおふぉんダイアルを使えます。みおふぉんダイアルとは、通話料を半額(10円/30秒)にできるアプリです。

みおふぉんダイアルみおふぉんダイアル

デメリットとしてアプリを経由して発信する必要ありますが、IP通話ではないため音質が良いです。また、自分の電話番号で発信できます。

LINE通話できない相手にはみおふぉんダイアルを使う、といった使い分けができれば毎月の通話料を安く抑えられますよ。

⑤ギガぞうWi-Fiを無料で使える

ギガぞうWi-Fiとは、auとWi2 300のマークがある場所で使える無線LANサービスです。主に利用できるのはカフェと飲食店。

ギガと名前が付いている通り大容量データの送受信が可能で、カフェで仕事したりゲームを楽しみたい方にピッタリのサービスです。

ギガぞうWi-Fiは、スタンダードプランで月額455円とまずまずのお値段。BIC SIMなら無料で利用可能です。

IIJmioにはないBIC SIMオリジナルの特典となっています。

⑥支払いにビックポイントを充てられる

ポイントは貯まりませんが、BIC SIMの支払いにビックポイントを充てることができます(1ビックポイントあたり1円)。

ご存知の通り、ビックカメラのポイントは物凄い勢いで貯まっていきます。あまりポイント消費できていない人は、スマホ代に充てるといいですよ。

申込みは、BIC SIMではなく運営元のIIJmioがお得
\月額割引&端末代の大幅値引き中/
IIJmio(みおふぉん)

4.評判・口コミから分かるBIC SIMのデメリット

逆にデメリットはありますか?

ビックカメラのアフターサポートがないのと、お昼の速度低下がデメリットね。

①本家IIJmioに契約した方が分かりやすい

BIC SIMに契約しても、サービス内容はIIJmioとまったく変わりません。マイページもIIJmioですし、サービス名もみおふぉん〇〇と付いたものが多数。

お問い合わせの窓口もIIJmioです。そのため、BIC SIMから契約すると2つの事業者名が登場することになり非常にややこしいです。

②ビックカメラからのアフターサポートがない

BIC SIMを利用しても、ビックカメラからのアフターサポートはありません。自社サービスを冠している割に冷たい印象ですね・・。

IIJmioの販売代理店に徹して、後のサポートを丸投げしているように見えてしまいます。

サポート窓口はIIJmioです。契約時こそ、ビックカメラのSIMフリーカウンターを使えますが、他の格安SIMも取り扱いがあるためBIC SIMオリジナルではありません。

③回線混雑時に速度低下する

BIC SIMは以下の時間帯に速度低下を起こします。

速度低下する時間帯
  • 速度低下のピーク:12時~13時
  • 速度低下を起こしやすい:17時~19時、9時~9時半

いずれも、共通しているのはスマホの利用者が急増する時間帯です。仕事中の昼休みや、出勤・帰宅の時間帯と重なります。

速度低下が起きる原因は回線混雑です。回線混雑が起きると、大手キャリア(回線のレンタル元)から割り当てられる帯域幅に制限をかけられます。

通信速度が低下する理由

速度低下のメカニズム

大手キャリアは帯域幅が広いので、回線混雑時でも速度は安定。対して、BIC SIMを含む格安SIMは、帯域幅が狭くなって速度が遅くなるのです。

MEMO
速度低下ピーク時は、タイプDが3MbpsでタイプAが1Mbpsあたり(12時半頃)。動画は普通画質なら再生できる。

④低速通信でも速度制限がある

BIC SIMは速度制限にかかると、通信速度が200kbpsに制限されます。

毎月の基本データ容量を使い切ったあと速度制限にかかるのは普通なのですが、問題は低速通信時でも速度制限が設けられていること。

低速通信時でも3日で366MB以上のデータ容量を消費したら、さらに速度制限をかけられます。200kbps以下になるため、もはや何のデータ通信もできません。

低速通信に速度制限を設けた理由は、おそらくIIJmioクーポンスイッチ(高速/低速切り替えができる)で低速通信に切り替えて、無制限にデータ消費されることを防ぎたかったからでしょう。

気持ちはわかりますが、他社には無いルールなのでがっかり感があります。

MEMO
低速通信時でも、一瞬高速になってデータを読み込むバースト機能には対応している

5.【総合評価】BIC SIM(ビックシム)がおすすめな人・おすすめでない人

結局、BIC SIMに契約すべきでしょうか・・?

どんな人におすすめな人をまとめたからチェックしてね。

ユーザーの評判と実際の体験から、BIC SIMがおすすめな人・おすすめでない人にまとめました。

おすすめな人

  • 豊富な選択肢から端末を選びたい
  • シェアプランを使いたい
  • 毎月のスマホ代を2000円以下に抑えたい
  • SNS、メール中心のライトユーザー

 

おすすめでない人

  • 通信速度にこだわる
  • 動画、ゲーム中心のヘビーユーザー

BIC SIMはとにかく端末の種類が多いのが特徴的。じっくりと、自分に合う端末を選びたい方に向いています。

また、ファミリーシェアプランで複数SIMを契約したい方にも向いています。家族で乗り換えたり、自分で複数SIMを使い分けるときに便利です。

料金は十分に安いです。大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)からIIJmioに乗り換えると、スマホ代が3分の1くらいになります。

安くて普通にスマホを使えればOKといった方には最適です。

申込みは、BIC SIMではなく運営元のIIJmioがお得
\月額割引&端末代の大幅値引き中/

キャンペーンサイトを見る

6.まとめ

BIC SIM(ビックシム)は速度にこだわらないのなら、契約する価値があります。価格は安いですしサービス品質も問題なし。

実態は、格安SIMの老舗「IIJmio」なので、大きな懸念点はありません。注意点として、ビックカメラ独自の特典は薄く、サポートもありません。

契約後にややこしくなるので、申し込みはIIJmioから行った方がいいですよ。

お知らせ

2020年より、楽天モバイルは格安SIMからキャリアへ移行。月額2980円でデータ使い放題の楽天アンリミットが登場しました。

現在、1年間無料キャンペーン中。体験談を詳細にレビューしています。

 

>楽天アンリミットの評判・口コミを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。