iPhone 11を安く買うなら

【2019年】実際使ったBIC SIM(ビックシム)の評判と通信速度

bic sim

BIC SIMって、どんな格安SIMなんだろう・・

BIC SIMは大手家電量販店ビックカメラの格安SIMです。サービス内容は人気格安SIMのIIJmioと同じです。

この記事では、BIC SIMのメリット・デメリットを中心に、実際に契約している筆者が詳しい評判を考察します。通信速度の測定も行っているので、参考にしてください。

期間限定のキャンペーン中↓

>>BIC SIM(IIJmio)の公式サイトへ

1.BIC SIMとは?→IIJmioの販売代理店です

BIC SIMは大手家電量販店のビックカメラが、人気の格安SIM「IIJmio」と提携したことで生まれた格安SIMです。サービス元はIIJmioなので、BIC SIMはIIJmioの販売代理店と考えて間違いありません。

ビックカメラでの取扱いと公衆無線LANのギガぞうが使える点は、BIC SIM独自ですが結局はIIJmioとの契約になります。

スマホ代はどれくらい安くなりますか?

月額1600円になるわよ。

BIC SIMに乗り換えれば、今まで8000円以上かかっていたスマホ代が1600円まで下がります。年間でスマホ代が2万円となるため、衝撃の安さです。一番高い12GBのプランでも、月額3000円程度です。

iijmioに乗り換え

BIC SIMって、どこで申し込めばいいですか?

サービス元のIIJmioがいいわよ。キャンペーンの充実度も全然違うのよ。

店舗でIIJmioを契約したい人向けに作られたサービスですが、結論から言うとIIJmioにオンライン契約した方がいいです。その理由は、IIJmioだけのWEB限定キャンペーンが豪華だから。

また、最終的にはIIJmioとの契約になるので、あえてBIC SIMにする必要はありません。

8000円以上のスマホ代が1600円に↓

>>BIC SIM(IIJmio)の公式サイトへ

2.まずは確認!BIC SIMのメリット

BIC SIMには以下のメリットがあります。

  • SIMフリースマホの種類が格安SIMで一番
  • 最大10枚のSIMカードをシェアできる
  • プラン価格が安くて分かりやすい

BIC SIMはIIJmioと同じサービス内容です。そのため、IIJmioのメリットがそのままBIC SIMのメリットに当てはまります。とくに大きいのが端末の種類。低価格からハイスペック機種まで、幅広くSIMフリースマホを選べます。

また、BIC SIMはファミリーシェアプランを利用することで最大10枚のSIMカードでデータ容量をシェアできます。

家族で格安SIMを使いたい場合や、タブレットやサブ端末など複数の端末でSIMカードを使いたい人におすすめです。

3.注意したいBIC SIMのデメリット

メリットがある一方、BIC SIMには以下のようなデメリットもあります。

  • 料金プランは3種類と少なめ
  • 平日お昼は極端に速度が遅い

まずは料金プラン。良い見方をすればシンプルですが、料金プランが3種類と少ないのは中級者にとっては物足りないでしょう。

3/6/12GBとデータ容量のバランスは悪くありませんが、「1GBの少量プラン」は欲しかったですね。大容量が欲しい人は、20~30GBの大容量オプションが利用できます。

そして、もう一つのデメリット。BIC SIMは平日のお昼になると通信速度が極端に遅くなります。どの格安SIMでも基本的には速度が低下しますが、最近のBIC SIM(IIJmio)はユーザー数が増えたせいか速度低下が顕著です。

この時間帯は、Wi-Fi接続するか動画再生などは控えたほうがいいです。

8000円以上のスマホ代が1600円に↓

>>BIC SIM(IIJmio)の公式サイトへ

4.BIC SIMの通信速度はどれくらい?

BIC SIM(IIJmio)に契約している筆者。実際の通信速度は以下の通りです。

IIJmioの通信速度を測定2

平均速度

  • 午前中:1~20Mbps
  • お昼:0.5~1Mbps
  • 夕方まで2~13Mbps
  • 夕方:1~3Mbps
  • 夜:2~15Mbps

必要な通信速度の目安

  • ネット閲覧:1.0Mbps
  • メール・LINE:0.2Mbps
  • 動画:1.0Mbps
  • アプリDL:3.0Mbps

他社とも比較してみました。

他社との速度比較

格安sim

通信速度(Mbps)
12時 15時 18時
BIC SIM
(IIJmio)
0.54 3.0 1.04
Y!mobile 74.9 52.4 46.3
UQモバイル 16.5 25.5 20.0
楽天モバイル 1.06 22.6 2.46
OCNモバイルONE 0.94 23.5 4.16
BIGLOBEモバイル 0.85 22.5 2.08
LINEモバイル 5.97 18.8 3.6
DMMモバイル 0.17 0.45 0.12
mineo 1.0 47.6 5.09

ご覧の通り、BIC SIMは他社より遅い部類です。以前は速かったのですが、ユーザー数が増えてきた2018年から速度が落ちてきました。

もし、BIC SIMの通信速度が気になるなら、「UQモバイル」か「Y!mobile」を選びましょう。

あんまり遅いなら、BIC SIMは辞めておこうかなぁ。

それも賢明な選択だけど、日常使いには問題ないわよ。あまり通信速度にこだわらないなら、BIC SIMでもいいんじゃない?

数字上では速くないBIC SIMですが、体感速度では問題ありません。動画も普通に再生できています。

IIJmioで動画3

日常使いに問題ない程度でいいなら、BIC SIMで全然OKです。

なお、3日間の速度制限はタイプAに6GB以上との条件が付いていますが、現実的に使い切れないデータ容量なので実質なしと考えて問題ありません。

8000円以上のスマホ代が1600円に↓

>>BIC SIM(IIJmio)の公式サイトへ

5.どうやって選ぶ?BIC SIMの料金プラン

ここでは、BIC SIMの料金プランについて詳しく解説します。

5-1.シンプルな3択で選べる料金プラン

BIC SIMの料金プランは以下のとおりです。

プラン データ容量 データSIM 音声通話SIM
ミニマムスタート
プラン
3GB
※人気
900円 1600円
ライトスタート
プラン
6GB 1520円 2220円
ファミリーシェア
プラン
12GB 2560円 3260円

BIC SIMはドコモ回線のタイプDと、au回線のタイプAがあります。SIMカードは、電話番号が付与される音声通話SIMを通常選びます。

3択とはいえ、どのプランを選べばいいのか迷います。

とりあえず、ミニマムスタートプランで契約するのがおすすめよ。

BIC SIMはあとから無料でプラン変更できます。そのため、とりあえず最安のミニマムスタートプランから契約することをおすすめします。

ミニマムスタートプランなら、月額1600円。8000円以上かかる大手キャリアのスマホ代が2000円以下です。

シェアプランも利用できる

シェアできるSIMカード枚数はミニマムスタートプランとライトスタートプランでは最大2枚、ファミリーシェアプランでは最大10枚です。

シェアプランの追加SIM料金

■ミニマムスタートプラン/ライトスタートプラン

データSIM SMS+データSIM 音声通話SIM
+400円/月 +540円/月 +1100円/月

■ファミリーシェアプラン

データSIM SMS+データSIM 音声通話SIM
2~3枚目 +0円/月 +140円/月 +700円/月
4~10枚目 +400円/月 +540円/月 +1100円/月

5-2.基本料金が安いのでオプション追加もあり

BIC SIMでは様々なオプションを利用できます。

オプション一覧(月額料金)

  • IIJmio WiFi by エコネクト:362円
  • かけ放題オプション(家族でも10分/誰とでも3分):600円
  • かけ放題オプション(家族でも30分/誰とでも10分):830円
  • 大容量オプション(20GB):3100円
  • 大容量オプション(30GB):5000円
  • みまもりパック:500円
  • 迷惑防止パック:500円
  • ダブホ:500円
  • music.jp:400円
  • i-フィルター for マルチデバイス:360円
  • ウィルスバスターモバイル月額版:250円
  • トビラフォン for Android:300円
  • マカフィーモバイルセキュリティ:250円
  • スマホの操作サポート:500円
  • SMART USEN:490円
  • AOS Cloud:500円
  • Smart・Checker by My Permissons:350円
  • ローチケHMVプレミアム:500円
  • 取り放題.jp&グルメギフト得々オプション:700円
  • スマート留守電:290円

BIC SIMはオプションサービスがとても豊富です。注目は「家族でも10分/誰とでも3分」と「家族でも30分/誰とでも10分」。

この2つは容量シェアをしている家族となら無料通話の時間が伸びます。格安SIMで唯一の家族通話サービスです。BIC SIMは月額基本料金が安いので、オプションの加入も気になるものがあれば検討してみるといいでしょう。

5-3.ドコモ端末はそのまま使える

BIC SIMでは必ず端末の購入が必要ですか?

いいえ、今使っている端末もそのまま使えるわよ。

BIC SIMではドコモ端末なら、そのままSIMカードを入れ替えるだけで乗り換えできます。au回線が使えるBIC SIMですが、残念ながらau端末はそのまま使えません。

auとソフトバンク端末は、My au・My SoftBankにてSIMロック解除が必要です。SIMロック解除すれば、どのキャリア端末でBIC SIMで乗り換えできます。

手持ちのau・ソフトバンク端末を使いたいけど、SIMロック解除がよく分からない場合は、BIC SIMではなく以下の格安SIMで契約しましょう。

SIMロック解除が分からない場合

  • au端末 → 「mineo」で乗り換え可能
  • ソフトバンク端末 → 「LINEモバイル」で乗り換え可能

5-4.12ヶ月を過ぎれば解約金は無料

BIC SIMに音声通話SIMで契約すると12ヶ月の最低利用期間があります。最低利用期間内に解約すると違約金が発生します。

■違約金:(12カ月-利用月数)×1000円

この違約金って高いですか?

いいえ、格安SIMの中で最安クラスよ。

通常、格安SIMの違約金は12ヶ月以内の解約で一律10000円が相場です。対してBIC SIMは最大で12000円。3ヶ月目からは、他の格安SIMより違約金の条件が良くなります。

なお、BIC SIMの最低利用期間は自動更新が無いので、12ヶ月を過ぎたらいつでも無料で解約できます。

8000円以上のスマホ代が1600円に↓

>>BIC SIM(IIJmio)の公式サイトへ

6.【終わりに】BIC SIMの申し込みはオンラインで10分

ビックカメラが近くに無いんだよなぁ。

安心して。オンラインから10分で契約できるわ。

BIC SIMはわざわざビックカメラに行かなくてもオンラインで申し込めます。オンライン契約の場合は、サービス元のIIJmioにて申し込みます。

手順は以下の通り。

  1. 電話番号を変えないならMNP予約番号を取得
  2. IIJmioの公式サイトに申し込み
  3. SIMカードを受け取って開通手続き

まず、電話番号を維持するなら以下からMNP予約番号を取得します。

MNP予約番号の取得先

  • au:0077-75470(9:00~22:00)
  • ドコモ:151(9:00~20:00)
  • ソフトバンク:*5533(9:00~20:00)

準備ができたら、「IIJmioの公式サイト」にアクセスしましょう。お申込みボタンをタップしたら、契約手続きが始まります。取得したMNP予約番号も、ここで入力してください。本人確認書類も忘れずに。

申し込みが完了したら、IIJmioからSIMカードが届きます。

IIJmioの設定4

あとは、マニュアルにそって開通手続きと簡単な初期設定(5分で終わる)を行って完了です。

BIC SIMに乗り換えて、月額2000円以下のスマホ代を体感してみましょう。

10分契約で毎月のスマホ代が2000円以下↓

>>BIC SIM(IIJmio)の公式サイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。