おすすめの格安SIM比較

nuroモバイルを実際に使って速度や評判を完全レビュー

まもなく終了

  • Y!mobile:タダ学割 基本使用料が最大3ヶ月無料(5/31まで)
  • mineo:もうすぐ100万回線ありがとうキャンペーン 6ヶ月間900円割引(5/8まで)
  • UQモバイル:UQゼロ学割 最大3ヶ月基本使用料無料(5/31まで)
  • UQモバイル:iPhoneSE実質0円(在庫限り)
  • TONEモバイル:春の学割キャンペーン 基本使用料6ヶ月無料(5/31まで)
  • LINEモバイル:ぜーんぶゼロキャンペーン 基本使用料2ヶ月無料(5/7まで)
  • nuroモバイル:15000円キャッシュバックキャンペーン(4/30まで)

nuroモバイルと契約しても大丈夫かな・・・

この記事では、nuroモバイルを実際に契約している管理人が、料金プランから購入できる端末まで完全調査。

実際に使ってわかったnuroモバイルのメリット、デメリットを詳しく解説していきます。

公式サイト:nuroモバイル

1.nuroモバイルの評判

はじめにnuroモバイルの評判を調べてみました。

※アンケートは株式会社クラウドワークスにて2017年8月に実施。100名以上の回答から分析。

1-1.利用者の口コミ

■36歳女性

nuroの0SIMを契約しました。かなり安い費用でスマホを運用できています。ただ、プランの変更ができないのは少し残念でした。

※0SIM・・・月500MBまで無料で高速通信できるプラン、500MB以降は100MBごとに100円加算

■31歳男性

データの前借りができるのがとても助かります。ネット速度と安定性ですが、つながりはしますがそんなに良くありません。料金が安いので仕方ないと諦めています。

■28歳男性

5時間プランのコストパフォーマンスが高いところに、バーストモードに対応していることころが気に入っています。利用を開始した最初の月は無料でした。

■22歳男性

ネット速度は、少し遅いもののしっかり機能はするので問題ありません。通話プランやデータ通信プランも色々種類があって、説明も分かりやすかったです。

1-2.口コミからわかること

まず、プラン・料金面での高評価が目立ちます。月額料金が安くなるのはもちろん、バースト機能(速度制限がかかっても一時的に高速通信となる)やデータ通信量の前借り制度が便利との声も。

悪い口コミでは、ネットの通信速度が不満との意見が多かったです。許容範囲ではあるものの、高画質での動画視聴などは時間帯によって厳しいのかもしれません。

公式サイト:nuroモバイル

2.nuroモバイルを申し込んでみた

実際にnuroモバイルに申し込んでみました。

2-1.事前準備

nuroモバイルを申し込む際には以下の3つが必要です。

  • 本人確認書類
  • MNP予約番号
  • クレジットカード

本人確認書類は音声通話SIMもしくはスマホセットを申し込む際に必要です。データ通信専用SIMおよびSMS機能付きデータ通信専用SIMを申し込む際は必要ありません。

また、クレジットカードについては契約者本人名義のカードのみ利用できます。

今の電話番号を引き継ぐならMNP予約番号が必要

現在の電話番号のまま、mineoに乗り換える場合は、MNP予約番号の取得が必要です。

MNPの流れ

2-2. 申込みから開通までの流れ

申し込み

 

まずはプランを選びます。nuroモバイルのプランは2~10GBの定額プランと使い放題の時間プランに分かれます。

時間プランは、1日5時間の使い放題と深夜1時から6時までの使い放題(時間外は高速通信から低速通信へ切替え)。

プラン選択画面に時間プランの説明が無かったので、はじめは何のことか分かりませんでした・・。管理人はとりあえず、定額制の2GBプランを申し込みました。

nuroモバイルの申し込み1

プランを申し込んだら個人情報の記入。その後、オプションを選びます。nuroモバイルのオプションは端末保証のみでした(現在はサポートオプションなどがあります)。

ちょっと少なすぎですね。オプション売り込みの嵐となる通信事業者もあるので、逆にサッパリしていていいかもしれませんが。

nuroモバイルの申し込み2

最後にクレジットカード情報を入力したら申し込み完了です。

nuroモバイルの申し込み3

nuroモバイルの申し込みはシンプルな流れでした。ただ、途中「アクティベーション?」とか分からない専門用語が出てきたので少しマイナスですね。

プラン選びの画面も説明が無かったので初心者にはあまり優しくない印象でした。

SIMカードの設定

nuroモバイルのSIMカードが届いたので、さっそく設定していきます!

nuroモバイルの設定

SIMカードを台紙から外して装着。裏返しに挿入しないように気を付けます。

nuroモバイルの設定2

あとはネットに繋ぐために必要なAPN設定をすれば完了です。

nuroモバイルの設定3

以上、5分程度で設定は終わりました。

特に迷うことはなかったのですが、nuroモバイルは説明書の雰囲気が上級者向けな感じです。もっとポップにしたらいいのに・・。

申し込みのときも思いましたが、nuroモバイルは初心者にはあまり優しくないのかなと。逆に中級者以上の方は余計な説明がないので、使いやすいかもしれません。

公式サイト:nuroモバイル

3.nuroモバイルの通信速度

初期設定が終わったので、次はnuroモバイルを実際に使って速度測定してみました。

スマホの通信速度 基礎知識

3-1.時間帯別 通信速度の測定

1日で通信速度が最も遅くなると言われるお昼から測定開始。場所は横浜駅です。その後、2番目に通信速度が落ちると言われる夕方。こちらも横浜駅で測定。最後に自宅に戻ってきて、夜に測定してみます。

お昼

nuroモバイルの通信速度
  • 計測時間 12時28分
  • 計測場所 横浜駅
  • ダウンロード 0.46Mbps
  • アップロード 10.86Mbps

覚悟はしていましたが、結果は激遅でした。速度制限時の速度500kbpsとほぼ変わりません。かなり厳しいです。

夕方

nuroモバイルの通信速度2
  • 計測時間 17時31分
  • 計測場所 横浜駅
  • ダウンロード 1.52Mbps
  • アップロード 11.76Mbps

夕方になると何とか1Mbpsを超えました。快適とはいえませんが、ようやく普通にネットができる速度です。それでも、まだまだ遅いのでストレスは感じますが・・。

nuroモバイルの通信速度3
  • 計測時間 23時58分
  • 計測場所 自宅(横浜市内)
  • ダウンロード 19.50Mbps
  • アップロード 11.17Mbps

最後に自宅に戻って計測。期待していませんでしたが、まさかの20Mbpsに近い高速通信を記録しました。最後の最後にnuroモバイルから意地を見せられました。

3-2.目的別 通信速度の計測

ネット閲覧

nuroモバイルでネット閲覧

18時20分にYahooニュースを開きました。通信速度もお昼から回復していいるので、3~5秒で全体が開きます。

完全にページが開くまでの時間も8秒と許容範囲でした。あまりイライラしません。

LINE

nuroモバイルでLINE

LINEに関してはトークも通話も問題ないですね。さすがに、ここで問題ありならヤバイです。

動画

nuroモバイルで動画

18時過ぎにYoutubeで普通画質(360p)を視聴。問題ありません。無理かなと思いつつ、4K動画も高画質(720p)で視聴。意外にも止まらずスムーズに読み込みました。

ゲーム

nuroモバイルでゲーム

ポケストップの回転がもたつきましたが、これはポケモンGO側の仕様。通常のプレイはまったく問題ありません。

3-3.実際にnuroモバイルの通信速度を体感した感想

まず、お昼にnuroモバイルの通信速度を計測した時は、遅すぎて正直終わったな・・って思いました。夕方になっても1M台と全然回復しない。しかし、夜になるといきなり通信速度が回復して高速になりました。

nuroモバイルは通信速度が不安定です。ネットや動画が大好きな管理人は、使いやすいSIMとは思えませんでした。

ただ、「ネット通信は夜が中心」という人には、もってこいの格安スマホ会社かもしれません。LINEに関しては1日を通して大丈夫でした。

4.nuroモバイルの料金プラン

4-1.容量プラン

データ通信量 月額料金
音声通話SIM SMS付き
データ通信専用SIM
データ通信専用SIM
2GB 1,400円 850円 700円
3GB 1,600円 1,050円 900円
4GB 1,800円 1,250円 1,100円
5GB 2,000円 1,450円 1,300円
6GB 2,200円 1,650円 1,500円
7GB 2,400円 1,850円 1,700円
8GB 2,600円 2,050円 1,900円
9GB 2,800円 2,250円 2,100円
10GB 3,000円 2,450円 2,300円

音声通話SIMとデータ通信専用SIMの違い

4-2.時間プラン

プラン名 月額料金
音声通話SIM SMS付き
データ通信専用SIM
データ通信専用SIM
5時間/日 3,200円 2,650円 2,500円
深夜割 2,200円 1,650円 1,500円

時間プランは高速通信を利用できる「時間」が決まっている代わりに、有効な時間中であれば高速通信が制限なく使い放題になる新しいプランです。

5時間/日プランは1日合計5時間まで高速通信が使えるプランで、1日のうちにスマホを使う時間がある程度決まっている人ならお得に利用できます。5時間以上使うと速度制限がかかりますが、翌日になると解除されます。

深夜割プランは深夜1:00~6:00まで高速通信が使い放題になるプランです。深夜以外の時間帯は速度制限がかり、最速200kbsとかなり遅いです。夜家に帰ってから朝にかけて利用する人や、夜間の仕事をする人に向いています

どちらもクセのあるプランですが、ある程度スマホを使う時間が決まっている人ならうまく活用することで他社の無制限プランよりもずっとお得になります。

4-3.かけ放題オプション

nuroモバイルにはかけ放題オプションである「10分かけ放題」が用意されています。月額800円で、1回10分までの通話が何度でも無料です。

10分かけ放題は専用アプリ「nuroモバイルでんわ」を利用するか、発信番号の先頭に「0037-692」を付けることで適用されます。

nuroモバイルでんわアプリは単体で使うことも可能です。その場合、月額料金は無料で通話料が通常の20円/30秒の半額である10円/30秒になります。

nuroモバイルでんわアプリが他社の通話アプリと違うのは、一度起動して設定すれば、あとは標準の電話アプリから発信するだけで自動的に割引が適用される点です。

他社の通話アプリの場合は、毎回そのアプリから電話をかける必要があります。それに対し、nuroモバイルでんわアプリは最初に起動して「割引通話を利用」をオンにするだけです。

あとはいつも通り標準の電話アプリを利用すると、自動的に「0037-692」を付けて発信されます。使い慣れた電話アプリを使いながら、月額料金を大幅に抑えることができます。

4-4.プランの選び方

nuroモバイルのプランを選ぶ際は、まず容量プランか時間プランを選択します。

1日5時間限定で高速通信が使い放題となる時間プラン。仮に5時間を超えて速度制限がかかっても、翌日には解除されるのでリスクは小さいです。

ただし、5時間プランは月額料金が3200円(深夜割は2200円)と決して安くはありません。容量プランなら10GBの契約料金とほぼ同じとなります。

毎月の使用するデータ通信量を見直してみて、10GB以内であれば容量プランを選びましょう。一般の方は何も考えずに、容量プランから選んで構いません。4~6GBあたりがおすすめです。

逆に20GB、30GBと毎月かなりのデータ通信量を使用する方は、時間プランにすると毎月の通信費が大幅に節約できる可能性があります。

特に動画やオンラインゲームのヘビーユーザーはすぐに契約したデータ通信量を超える可能性があります。時間プランの検討を視野に入れておきましょう。

4-5.キャリアから乗り換えるとどれくらい安くなる?

大手キャリアよりも大幅に安くなると言われている格安SIMですが、nuroモバイルの場合はキャリアから乗り換えるとどれくらい安くなるのでしょうか。

大手キャリアの1つであるドコモからnuroモバイルに乗り換えたらどれくらい安くなるかを検証してみます。なお、データ通信量は5GBとします。

キャリアの月額料金(ドコモの場合)

ドコモの場合、電話の5分かけ放題がついているカケホーダイライトプランが1,700円、5GBのパケットパック「データMパック」が5,000円、接続サービス(SPモード)が300円なので、月額料金の合計は7,000円です。

nuroモバイルの月額料金

nuroモバイルの場合、音声通話SIMの5GBプランが2,000円です。そこにオプションである10分かけ放題をつけると2,800円で利用できます。

両者を比較

ドコモとnuroモバイルを比較すると、ドコモが7,000円、nuroモバイル が2,800円なので、ドコモからnuroモバイルに乗り換えることで毎月4,200円も安くなります。1年間なら50,400円もの節約になります。

10分かけ放題は任意のオプションなので、電話をほとんどしない場合は2,000円で利用でき、ドコモより5,000円も安くなります。

公式サイト:nuroモバイル

5.nuroモバイルの基本情報

5-1.機能

  • 接続キャリア:ドコモ
  • バースト機能:あり
  • 最大通信速度:788Mbps
  • 通信速度制限:3日間で一定以上の通信で速度制限がかかる(時間プランはなし)
  • データ繰り越し:あり(時間プランはなし)
格安スマホの通話品質・通話エリア

5-2.サービス

  • 通話料金:20円/30秒
  • プラン変更の料金:無料
  • チャージ料:100MBが400円、500MBが600円、1GBが1,000円
  • 端末保証オプション:あり

5-3.支払い

  • 支払い方法:クレジットカード
  • 初期費用:3,000円
  • 最低利用期間:音声通話SIMは12ヶ月、データ通信専用SIMがなし
  • 違約金:音声通話SIMは12,000円~0円(サービス開始月は12,000円、それ以降毎月1,000円ずつ減額)、データ通信専用SIMはなし

5-4.解約方法

nuroモバイルの解約は利用者向けページから簡単に申し込めます。

ただし、データ前借りオプションを利用した場合は当月の解約ができず、最短で翌月以降になるので気を付けましょう。

5-5.テザリングの対応状況

nuroモバイルのテザリングの対応状況は以下の通りです。

Android iOS
ドコモ ×
au ×
ソフトバンク ×
SIMフリー端末

iOSの場合、すべてのキャリアの端末でテザリングが使えます。ただし、auおよびソフトバンクのiPhoneはSIMロック解除をする必要がありますし、公式での動作確認は行われていないので注意が必要です。

Androidの場合、SIMフリー端末以外ではテザリングができません。ドコモ端末はデータ通信や音声通話は利用できますが、テザリングは基本的にはできません。

auおよびソフトバンクのAndroid端末もテザリングはできません。そのためAndroid端末でテザリングを使いたい場合はSIMフリー端末を購入するようにしましょう。

6.端末の使用条件

6-1. iPhone

iPhoneはドコモ版およびSIMフリー版については利用できます。ただし、最新モデルであるiPhone 8/8 Plusについてはまだ動作確認が行われていないので気を付けましょう。

au版およびソフトバンク版についてもSIMロック解除をすれば利用できる可能性がありますが、nuroモバイル公式では動作確認が行われていないため、利用する場合は自己責任となります。

6-2.ドコモ端末

ドコモ端末はSIMロック解除せずにnuroモバイルのSIMカードを挿し込むだけで使えます。

6-3.au端末およびソフトバンク端末

au端末およびソフトバンク端末はSIMロック解除すれば利用できる可能性があります。しかし、対応周波数帯が異なるため電波を掴みづらいですし、そもそも利用できない可能性もあります。

動作確認も行われていないようなので、auおよびソフトバンクを使っている人は素直にSIMフリースマホを購入しましょう。

SIMロック解除の手続き

7.nuroモバイルで購入できるSIMフリー端末

nuroモバイルでは5種類のSIMフリー端末を取り扱っています。種類は少ないですが、人気の高い機種を取り揃えています。

ここではnuroモバイルで購入できるSIMフリー端末を紹介します。

7-1. ZenFone Zoom S

zenfone zooms

スペック

  • メーカー:ASUS
  • 端末料金:59,616円
  • CPU:Qualcomm Snapdragon 625
  • 画面サイズ:5.5インチ
  • カメラ性能:アウト1,200万画素+1,200万画素 / イン1,300万画素
  • 重量:約170g

特徴

カメラに特化したミドルスペックスマホです。1,200万画素のWebカメラと1,200万画素のズームカメラで構成されるデュアルレンズカメラが最大の特徴です。

WebカメラはF値1.7の大口径レンズとソニー製のイメージセンサーを搭載しており、通常の最大約8倍まで光を取り込んで明るい写真が撮影できます。

ズームカメラは光学ズームなら2.3倍、デジタルズームテクノロジーを使えば最大12倍のズームが可能です。遠く離れた被写体も鮮やかに撮影できます。

処理速度の速いCPUに4GBメモリ、64GBストレージを搭載するなどスペックも高いです。DSDSにも対応しており、2枚のSIMカードを同時に待受けして使うことができます。

7-2. NuAns NEO [Reloaded]

NuAns NEO

スペック

  • メーカー:Trinity
  • 端末料金:46,656円
  • CPU:Qualcomm Snapdragon 625
  • 画面サイズ:5.2インチ
  • カメラ性能:アウト1,300万画素 / イン800万画素
  • 重量:約150g

特徴

おしゃれなデザインで人気のミドルスペックスマホです。最大の特徴が専用の着せ替えカバーを自由に取り換えられることです。カバーは上下を1枚ずつ組み合わせる「TWOTONE」と手帳型の「FLIP」の2種類があります。

カラーはもちろん、材質もプラスチックや木材、デニムなど幅広く用意されており、全部で約700通りもあります。季節や気分に合わせて簡単にスマホのデザインを変えられるのでおしゃれですし、飽きがきません。

高速のオクタコアCPU「Snapdragon 625」を搭載、メモリも大容量3GBとスペックも高いです。au VoLTEやおサイフケータイ、防水など海外製のSIMフリースマホではあまり対応していない機能にも対応しています。

デザイン的にもスペック的にもユニークなスマホと言えます。

7-3. ZenFone Live

zenfone live

スペック

  • メーカー:ASUS
  • 端末料金:25,920円
  • CPU:Qualcomm Snapdragon 400
  • 画面サイズ:5.0インチ
  • カメラ性能:アウト1,300万画素 / イン500万画素
  • 重量:約120g

特徴

「Live」という名の通り、ライブ配信に特化したコンパクトなスマホです。インカメラには肌の色味やキメなどを調整しながらライブ配信ができる「美人エフェクトLive」を世界で初めて搭載しています。

美人エフェクトはライブ配信の時だけでなく、自撮り写真を撮影した際にも利用できます。YouTubeやInstagramでライブ配信する人や自撮り写真をアップする人におすすめです。

本体サイズは5.0インチとコンパクトかつ重量も軽いので、女性でも片手でらくらく操作ができます。

7-4. ZenFone 3

zenfone3

スペック

  • メーカー:ASUS
  • 端末料金:32,700円
  • CPU:Qualcomm Snapdragon 625
  • 画面サイズ:5.2インチ
  • カメラ性能:アウト1,600万画素 / イン800万画素
  • 重量:約144g

特徴

コスパに優れたミドルスペックスマホです。高速のオクタコアCPUに大容量3GBのメモリを搭載し、普段使いはもちろん3Dゲームも問題なくこなします。背面には高速の指紋認証センサを搭載し、わずか0.2秒で画面ロックを解除できます。

au VoLTEとDSDSに対応しているので、マルチキャリアで利用する、2つのSIMカードを同時に待受けして使い分けるといったことが可能です。

これだけのスペックながら価格は3万円台とリーズナブルなので、幅広い人におすすめできます。

7-5. VAIO Phone A

VAIO Phone A

スペック

  • メーカー:VAIO
  • 端末料金:25,920円
  • CPU:Qualcomm Snapdragon 617
  • 画面サイズ:5.5インチ
  • カメラ性能:アウト1,300万画素 / 500万画素
  • 重量:約167g

特徴

パソコンのメーカーとして有名な「VAIO」のSIMフリースマホです。

2万円台と低価格ながら、2枚のSIMカードを同時待受け出来る「DSDS」に対応しているのが特徴です。仕事とプライベートで電話番号を使い分ける、大手キャリアのSIMカードと併用するといったことができます。

VAIOならではの品質の高さも健在です。落下試験や振動試験といった品質試験を多数実施し、厳しい基準をクリアしています。

8.nuroモバイルのメリット

8-1. 使い方によってはお得な時間プラン

nuroモバイル最大の特徴でもある「時間プラン」は利用できるデータ通信量ではなく時間が制限されているプランです。通常のプランと比べるとクセがありますが、一日にスマホを使う時間がある程度決まっている人であればかなりお得です。

5時間/日プランは10GBプランに+200円で利用できますし、深夜割プランは6GBプランと同じ料金で利用できます。利用できる時間は決まっていますが、データ通信量は一切制限がないので「格安の無制限プラン」として利用できることを考えるとコスパは高いです。

他社の大容量プランを見てみると、音声通話SIMの場合は20GBで5,000円前後、30GBで6,000円前後かかります。それに対して、nuroモバイルの5時間/日割りは3,200円、深夜割は2,200円という安さで利用できます。

家に帰ってから寝る間だけガッツリ使う、夜勤中だけ高速通信が必要など、使う時間が決まっているのであれば他社の大容量プランよりも時間プランを利用したほうが安いです。

8-2. 容量プランは1GB刻みで自分に合ったプランを選びやすい

nuroモバイルの容量プランは2GBから10GBまで1GB刻みで用意されています。

例えば他社の場合は「3GB、5GB、7GB」と飛び飛びで用意されていることが多く、4GBや6GBといったプランを選びたい人だと利用しづらいです。

nuroモバイルでは1GB刻みで用意されているので、自分に合ったプランが選びやすくなっています。とくに9GBというデータ容量は他社ではほとんど用意されていないため貴重です。

8-3. 業界初となるデータ前借りが可能

nuroモバイルは業界初となる「データ前借り」に対応しています。その名の通り、データ容量が足りなくなった際に翌月のデータ容量を前借りできるサービスです。

10MB以上から1MB単位で、毎月最大2GBまで前借りできます。前借りした分だけ翌月のデータ容量が減ってしまいますが、容量チャージと違い追加料金が一切かからないというメリットがあります。

翌月にどれくらいのデータ容量が必要かを確認したうえで、賢く利用しましょう。

8-4. バースト転送に対応

nuroモバイルは低速時でも最初の読み込みだけは高速通信を利用できる「バースト転送」に対応しています。

バースト転送があれば、低速時でもSNSやテキスト中心のWebサイトくらいなら快適に利用できます。

8-5. 10分かけ放題が業界最安値

nuroモバイルには通話オプションとして10分かけ放題が用意されています。同様のオプションは他社でもありますが、nuroモバイルの10分かけ放題は月額料金が安いです。

他社の同様のサービスと月額料金を比較すると以下の通りです。

■10分かけ放題の月額料金

  • nuroモバイル 800円
  • mineo 850円
  • LINEモバイル 880円
  • イオンモバイル 850円

この表を見てみると、nuroモバイルの10分かけ放題がもっとも安いのが分かります。

数十円の差ではありますが、内容が同じなら少しでも安い方がお得ですね。

9.nuroモバイルのデメリット(注意点)

9-1. 直近3日間の速度制限がある

nuroモバイルには直近3日間の速度制限があり、短期間で大量のデータ通信を利用すると通信速度が最大200kbpsに制限されてしまいます。

しかも他社と違い、具体的にどれくらいの通信を行うと制限がかかるのかが明記されていません。一般的には366MB以上の通信を行うと制限がかかる格安SIMが多いので、nuroモバイルもおそらくそれくらいだと予想されます。

とにかく、短期間に大量のデータ通信を利用する際は気を付けましょう。

9-2. 通信速度の切り替えができない

格安SIMの中には通信速度を高速と低速で自由に切り替えられるものがあります。低速にしている間はデータ通信量を消費せず、賢く節約することができます。

しかし、nuroモバイルは通信速度の切り替えができません。バースト転送が使えるので、通信速度が切り替えられればデータ通信量を節約しつつ、SNSなどを快適に利用できただけに残念です。

9-3. シェアプランがない

nuroモバイルには複数のSIMカードでデータ通信量をシェアできるシェアプランがありません。

複数端末で使いたい場合や家族で利用する場合は割高になるので、シェアプランがある格安SIMを選びましょう。

格安スマホの注意点

10.nuroモバイルの評価まとめ

最後にnuroモバイルの評価をまとめてみました。

10-1.項目別評価

価格・プラン

評価3~4  3.7

nuroモバイルのプランは、2GB~10GBまで1GB刻みで選ぶことが出来るので、7GBはちょっと多いけど6GBなら契約したい、といった細かな調整ができます。

その他、他社にはない時間制のプラン(5時間/深夜割プラン)などが展開されていて、使い方によっては便利です。その他、かけ放題プランが安かったり、データの前借りができたりといったメリットがあります。

通信速度

評価2~3 2.5

nuroモバイルだけでなく、ドコモ回線を使用する格安SIM全体の問題ではありますが、お昼の通信速度が1Mbps以下と遅いです。

また、夕方も1.5Mbpsと日常的には支障はありませんが、決して速い通信速度ではありません。夜になると大きく回復しますが、格安SIM全体を通してみるとnuroモバイルの通信速度は中の下といった印象です。

端末

 2.0

nuroモバイルの取扱端末は5種類程度と非常に少ないです。HUAWEIの端末も揃っておらず厳しいラインナップです。

ただし、人気の格安スマホ端末に限定しているため初心者は逆に選択肢が少なくて選びやすいかもしれません。

サポート

評価2~3 2.5

nuroモバイルのサポート充実度は標準レベルです。最低限のお問い合わせ先はあるので、困ったことがあれば連絡できます。

ただし、それは最低限のサポートであり、その他は何もありません。nuroモバイルに対して、サポート面で期待するのは難しいでしょう。

手続き・設定

 2.0

nuroモバイルは申し込み、設定ともに難しいと感じました。申し込みでは、プラン内容に関する説明が無く、他社と差別化しているせっかくの時間プランが魅力的に感じませんでした。

また、設定に関しては付属のマニュアルがやや難しくて、初心者には優しい内容ではありませんでした。取り立てて悪い、というわけではありませんが、手続き・設定に関して良い点を挙げるのは難しいのが正直なところです。

10-2.総合評価

nuroモバイルの総合評価

nuroモバイルは全体的に今一つで、何かが足りないという印象でした。契約するとしたら、時間プランや前借り制度など他社には無いプラン制度をどう捉えるかでしょう。

例えば時間プランであれば、1日5時間までの高速データ通信が使い放題です。ゲームや動画で大量のデータ通信を行いたい方などは検討の候補に挙げてもいいでしょう。

また、昼夜逆転している方は、深夜割プランがお得かもしれません。深夜1:00~6:00までデータ通信量を気にせず使用できます。

時間プラン以外は、残念ながらnuroモバイルの契約をおすすめする理由がありません。初心者向けの格安SIMではないので、ある程度スマホやSIMカードに知識がある方におすすめします。

公式サイト:nuroモバイル

まもなく終了

  • Y!mobile:タダ学割 基本使用料が最大3ヶ月無料(5/31まで)
  • mineo:もうすぐ100万回線ありがとうキャンペーン 6ヶ月間900円割引(5/8まで)
  • UQモバイル:UQゼロ学割 最大3ヶ月基本使用料無料(5/31まで)
  • UQモバイル:iPhoneSE実質0円(在庫限り)
  • TONEモバイル:春の学割キャンペーン 基本使用料6ヶ月無料(5/31まで)
  • LINEモバイル:ぜーんぶゼロキャンペーン 基本使用料2ヶ月無料(5/7まで)
  • nuroモバイル:15000円キャッシュバックキャンペーン(4/30まで)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。