おすすめの格安SIM比較

データ通信のみで契約できる格安SIMおすすめ4選

データ通信
まもなく終了

  • Y!mobile:タダ学割 基本使用料が最大3ヶ月無料(5/31まで)
  • mineo:もうすぐ100万回線ありがとうキャンペーン 6ヶ月間900円割引(5/8まで)
  • UQモバイル:UQゼロ学割 最大3ヶ月基本使用料無料(5/31まで)
  • UQモバイル:iPhoneSE実質0円(在庫限り)
  • TONEモバイル:春の学割キャンペーン 基本使用料6ヶ月無料(5/31まで)
  • LINEモバイル:ぜーんぶゼロキャンペーン 基本使用料2ヶ月無料(5/7まで)
  • nuroモバイル:15000円キャッシュバックキャンペーン(4/30まで)

格安SIMには大手キャリアのように電話とデータ通信ができる「音声通話SIM」のほかに、データ通信しかできない「データ通信専用SIM」もあります。

電話ができないのは一見すると不便ですがその分だけ月額料金が安いので、電話をあまりしないという人はデータ通信専用SIMにすることでスマホ代を大幅に節約できます。

今回はデータ通信専用SIMの特徴やおすすめの格安SIMについて詳しく解説します。

1.データ通信専用の格安SIMとは?

大手キャリアでは電話とデータ通信がセットになっているのが当たり前だったので、データ通信専用のSIMカードと聞いてもピンとこないかもしれません。

まずはデータ通信専用SIMの特徴や音声通話SIMとの違いについて解説します。

1-1.データ通信専用SIMの特徴

データ通信専用SIMとは、その名の通りデータ通信、つまりインターネット通信のみが出来るSIMカードのことを言います。音声通話はできませんが、その分だけ月額料金が安いのがデメリットで、中には月額500円以下で利用できるものもあります。

データ通信ができるのでブラウジングや動画視聴やもちろん、TwitterやInstagramのようなSNSや、LINEなどのアプリも問題なく使えます。

また、ほとんどの格安SIMでは、データ通信専用SIMに最低利用期間や契約期間を設定しておらず、いつ解約しても違約金がかかりません。

音声通話SIMとの違い

格安SIMにはデータ通信専用SIMの他に音声通話SIMというものもあります。こちらはデータ通信と音声通話の両方ができるSIMカードです。契約時に070/080/090から始まる電話番号を取得することができ、大手キャリアのように使えます。

ただし、月額料金は同じデータ通信量のデータ通信専用SIMと比べて500円~700円ほど高くなります。

また、音声通話SIMの場合は格安SIMでも半年~1年の最低利用期間が設定されているものが多く、解約がしづらいというデメリットもあります。

あわせて読みたい
音声通話
600社から選ぶ!音声通話ができる格安SIMを完全比較スマホの料金が安くなると話題の格安SIMですが、最近では音声通話サービスやかけ放題オプションを用意する格安SIMが増えており、大手キャリ...

1-2.どんな人におすすめ?

音声通話SIMと比べて制限があるデータ通信専用SIMですが、以下のような人には音声通話SIMよりもデータ通信専用SIMがおすすめです。

ガラケーと二台持ちしたい

メインのスマホの他にサブ用途のスマホやタブレットでもデータ通信を利用したい、いわゆる二台持ちをしたい人にはデータ通信専用SIMがおすすめです。

二台持ちの場合、電話はメインのスマホで出来れば良いので、メインのスマホで音声通話SIMを使い、サブ端末で料金が安いデータ通信専用SIMを使うようにすればお得に二台持ちができます。

LINEだけ使えればいい

データ通信専用SIMは電話ができなくてもLINEさえ使えればいいという人にも向いています。

最近だと電話はほとんど使わず、連絡はすべてLINEでしている人も珍しくありません。そういった人なら、音声通話機能がないデータ通信専用SIMにしても困りませんし、月額料金も大幅に節約できます。

また、相手がLINEユーザー以外でもLINE Outを使えば格安の利用料金で通話が可能です。LINE電話の有料機能について詳しくは以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
line電話
格安SIMでLINE電話を使う方法を全解説今やコミュニケーションツールとして欠かせない存在になっているLINE。 なかでもLINE電話やLINE OUTといった通話サービス...

2.データ通信のみで契約できるおすすめの格安SIM

現在、格安SIMのほとんどでデータ通信専用SIMが利用できます。そのため、いざ使おうと思っても、どの格安SIMを契約すれば良いか分からないという人も多いでしょう。

ここではデータ通信専用SIMがおすすめの格安SIMをまとめてみました。

2-1.LINEモバイル

LINEモバイル

LINEユーザーにおすすめ

LINEモバイルはLINEを提供しているLINE株式会社の格安SIMです。特定のサービスはデータ通信量を消費せず使い放題になる「カウントフリー」が特徴で、すべてのプランでLINEが使い放題です。

また、格安SIMで唯一LINEのID検索が可能なので、今までと同じ使い勝手でLINEが使えます。月額料金も1GBのプランなら500円と破格の安さなので、LINEがメインのユーザーにおすすめです。

LINEモバイルのデータ通信専用SIMの料金プランは以下の通りです。

プラン名 データ通信量 月額料金
LINEフリープラン 1GB 500円
コミュニケーションフリープラン※ 3GB 1,110円
5GB 1,640円
7GB 2,300円
10GB 2,640円
MUSIC+プラン※ 3GB 1,810円
5GB 2,140円
7GB 2,700円
10GB 2,940円

※コミュニケーションフリープランとMUSIC+プランはデータ通信専用SIMがないので、SMS機能付きデータ通信専用SIMの料金を掲載しています。

LINEモバイルの公式サイトはこちら

あわせて読みたい
lineモバイル
LINEモバイルを実際に使って速度や評判を完全レビューLINEモバイルと契約しても大丈夫かな・・ LINEモバイルを使っている人から本当の評判を知りたい・・ この記事ではLINE...

2-2.UQモバイル

uqmobile

無制限で使える

UQモバイルと言えば音声通話SIMにかけ放題もしくは通話定額が付属している「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」が主流ですが、実はデータ通信専用SIMも用意されています。

UQモバイルのデータ通信専用SIMは月間3GBの「データ高速プラン」と低速通信が無制限の「データ無制限プラン」の2種類があります。

とくにおすすめなのがデータ無制限プランです。最大通信速度は500kbpsと通常のプランよりも遅いですが、代わりに月間のデータ通信量は無制限となっています。

500kbpsは高速通信より遅いものの、他社の低速プランの200kbpより速いです。ブラウジングやLINE、音楽ストリーミングくらいであれば全く問題ありませんし、画質を落とせば動画も視聴できます。

UQモバイルのデータ通信専用SIMの料金プランは以下の通りです。

プラン名 データ通信量 月額料金
データ高速プラン 3GB 980円
データ無制限プラン 無制限 1,980円

UQモバイルの公式サイトはこちら

あわせて読みたい
UQモバイル
UQ(ユーキュー)モバイルを実際に使って速度や評判を完全レビュー最近テレビでよく見るUQモバイル。実際の評判はどうなんだろう・・ そんなお悩みをお持ちではありませんか? この記事では、UQ...

2-3.BIGLOBEモバイル

biglobe sim

動画が見放題

BIGLOBEモバイルは対象の動画や音楽ストリーミングサービスが使い放題になる「エンタメフリー・オプション」が特徴です。

データSIMの場合、プラン料金+980円で以下のサービスがデータ通信量を消費せず使い放題になります。

  • YouTube
  • Google Play Music
  • Apple Music
  • AbemaTV
  • Spotify
  • AWA
  • radiko.jp
  • Amazon Music
  • U-NEXT
  • YouTube Kids

通常、動画や音楽ストリーミングを頻繁に利用する際は最低でも5~7GB、できれば10GB以上のプランを契約しないと途中でデータ通信量が足りなくなる可能性があります。

しかし、エンタメフリー・オプションを使えば対象のサービスはデータ通信量を消費しなくなるので、例えばYouTubeとGoogle Play Music以外はあまり使わないという人なら一番安い3ギガプランでも使い切ることなく利用できます。

BIGLOBEモバイルのデータ通信専用SIMの料金プランは以下の通りです。

プラン名 データ通信量 月額料金
3ギガプラン 3GB 900円
6ギガプラン 6GB 1,450円
12ギガプラン 12GB 2,700円
20ギガプラン 20GB 4,500円
30ギガプラン 30GB 6,750円

BIGLOBEモバイルの公式サイトへ

あわせて読みたい
biglobe sim
BIGLOBEモバイルを実際に使って速度や評判を完全レビューBIGLOBEモバイルって実際にどうなの・・? スマホ代を安くしたいから乗り換えを検討しているけど、本当にBIGLOBEモバイルに...

2-4.DMMモバイル

DMMモバイル

月額料金が安い

DMMモバイルは業界最安クラスの月額料金が魅力です。とくに1GBプランの月額料金は480円と、500円を下回る破格の安さで業界最安値です。他のプランも業界最安値に近い価格設定なので、とにかく安く使いたい人に向いています。

また、最大3枚のSIMカードでデータ通信量をシェアできるので、複数の端末で使いたい人にもおすすめです。

最近では月額250円でLINE、Twitter、Facebook、Facebook Messenger、Instagramの5つのサービスが使い放題になる「SNSフリー」オプションも登場しました。

例えばLINEとTwitter以外はほとんど使わない、という人なら1GBプラン480円+SNSフリー250円=730円という価格で実質データ通信が使い放題です。

DMMモバイルのデータ通信専用SIMの料金プランは以下の通りです。

プラン名 データ通信量 月額料金
ライトプラン 無制限※ 440円
1GBプラン 1GB 480円
2GBプラン 2GB 770円
3GBプラン 3GB 850円
5GBプラン 5GB 1,210円
7GBプラン 7GB 1,860円
8GBプラン 8GB 1,980円
10GBプラン 10GB 2,190円
15GBプラン 15GB 3,280円
20GBプラン 20GB 3,980円

※最大通信速度は200kbps

DMMモバイルの公式サイトはこちら

あわせて読みたい
DMMモバイル
DMMモバイルを実際に使って速度や評判を完全レビュー生活費を節約するためにもDMMモバイルにしたい。だけど、実際に乗り換えるとなると不安・・・ そんな悩みをお持ちではありませんか? ...

3.データ通信専用SIMのQ&A

最後にデータ通信専用SIMに関するQ&Aをまとめました。

3-1.LINEは使える?

データ通信専用SIMでもLINEは利用可能です。トークやLINEの無料通話、ビデオ通話なども使えます。

ただし、新しくLINEアカウントを作る、もしくは新しい端末にLINEアカウントを引き継ぐ場合はSMS認証が必要になります。この場合はSMS機能付きのSIMカードを契約しましょう。

なお、LINEのアカウントの認証はFacebookアカウント連携でも可能です。そのため、Facebookを利用している人はSMSなしでもLINEアカウントの作成や引継ぎができます。

格安SIMでLINEをする際に注意したいのは、アカウントを引き継いだ場合はID検索ができなくなることです。LINEモバイルのみ、ID検索が可能になっていますがそれ以外の格安SIMではID検索ができないので気を付けましょう。

※LINEモバイルとY!mobileでは、LINEのID検索機能が使えます

あわせて読みたい
line
格安スマホでLINEを使う前に知っておくべき4ポイントLINEはもはや生活に不可欠な必須ツールです。LINEさえ快適に使えれば、格安スマホには多くを求めない方も多いのではないでしょうか? ...

3-2.通話はどうする?

データ通信専用SIMには電話機能がないため、それ以外の方法で通話をする必要があります。

一番簡単なのはLINEなどの通話アプリを利用することです。データ通信量を消費しますが、通話料は無料ですし、データ通信専用SIMでも問題なく使えます。

ただし、LINEなどの通話アプリは固定電話や携帯電話の070/080/090から始まる番号にかけることができません。固定電話や携帯電話と普通に電話をしたい場合はIP電話を利用しましょう。

IP電話はインターネット回線を利用する電話サービスのことです。050から始まる番号が取得でき、普通の電話のように固定電話や携帯電話に発信したり、逆に着信を受けたりすることができます。

IP電話を使うには「050 Plus」や「G-Call」のようなIP電話サービスを利用するか、楽天モバイル(050データSIM)やTONEモバイルのように050番号が取得できる格安SIMを契約しましょう。

3-3.SMS機能は付けるべき?

SMSは電話番号だけでメッセージのやりとりができるサービスです。メールやLINEなどが普及した今ではSMSで知り合いや家族とやりとりするような人は少なくなっています。

しかし、最近でもLINEやメルカリといった人気アプリの本人確認のためにSMSが利用されています。そのため、SMSは必須ではありませんが、できるだけあった方が良いでしょう。

データ通信専用SIMにはSMS機能を付けることができます。月額料金が100円~150円ほど高くなりますが、SMS機能をつけることをおすすめします。

あわせて読みたい
sms
格安スマホにSMSは必要か完全検証格安スマホにはSMS機能を付けることができます。無料の場合もありますが、ほとんどの格安スマホ会社では月額100~200円かかります。 ...

3-4.SIMフリースマホはどうやって買う?

格安SIMへの乗り換えを機に端末も新しくしたいという人も多いでしょう。その場合はSIMフリースマホを購入するのが一般的です。

SIMフリースマホは家電量販店やネット通販で購入することができますし、格安SIMによってはSIMカードとセットで購入することができます。もちろん、データ通信専用SIMでもセット購入が可能です。

4.まとめ

今回はデータ通信専用SIMについて解説しました。データ通信専用SIMは電話ができませんが、月額料金が非常に安いというメリットがあります。

サブ端末用ならデータ通信だけで十分ですし、LINEなどの通話アプリやIP電話を使えば電話も可能なので、工夫をすればそこまで不便ではありません。

とにかくスマホ代を安くしたいという人は、音声通話SIMだけでなくデータ通信専用SIMも検討してみてはいかがでしょうか。

まもなく終了

  • Y!mobile:タダ学割 基本使用料が最大3ヶ月無料(5/31まで)
  • mineo:もうすぐ100万回線ありがとうキャンペーン 6ヶ月間900円割引(5/8まで)
  • UQモバイル:UQゼロ学割 最大3ヶ月基本使用料無料(5/31まで)
  • UQモバイル:iPhoneSE実質0円(在庫限り)
  • TONEモバイル:春の学割キャンペーン 基本使用料6ヶ月無料(5/31まで)
  • LINEモバイル:ぜーんぶゼロキャンペーン 基本使用料2ヶ月無料(5/7まで)
  • nuroモバイル:15000円キャッシュバックキャンペーン(4/30まで)