楽天アンリミット5Gが1年無料(300万人)

格安スマホでSMS(ショートメール)は使える?

格安スマホでSMSは使える?

この記事のポイント

  • 音声通話SIMかSMS機能付きデータSIMで契約すれば、格安スマホでもSMS(ショートメール)が使える
  • 送信料はかかるが、オプション料金は音声通話SIMなら無料
  • 緊急時の連絡や本人確認の認証に使えるので、格安スマホでもSMS(ショートメール)は必要

「格安スマホでSMS(ショートメール)は使えるの・・?」

相手の電話番号が分かればメッセージが送れる便利なSMS(ショートメール)。

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から格安スマホに乗り換えると使えなくなるのでしょうか。

結論から言えば、格安スマホ(格安SIM)でも問題なくショートメッセージを送信できます。

この記事では、格安スマホでSMS(ショートメール)を利用する際の料金や送信方法を解説。SMSの必要性についても考察していきます。

1.格安スマホでもSMS(ショートメール)が使える

格安スマホに乗り換えでも、ショートメールは使えますか?

SMS機能なしのデータSIMじゃければ、使えるわよ

格安スマホでもSMS(ショートメール)を使用できます。格安スマホでショートメールを使用するには、

  • 音声通話SIM
  • SMS機能付きデータSIM

のいずれかで契約すればOKです。データ通信のみ(SMS機能なし)のSIMカードはショートメールが使えないので、注意しましょう。

SIM選択(SMSの有無)

音声通話SIM・SMS機能付きデータSIMでSMSが使える

MEMO
ショートメール・SMS・Cメールはすべて同じ内容のメッセージサービス
TOPIC
ショートメールとは、相手のメールアドレスを知らなくても、電話番号が分かればメールの送受信が行える機能のこと

2.SMS(ショートメール)オプション料金・送信料

ショートメールの料金はかかりますか?

音声通話SIMならオプション料金は無料よ。ただし、送信料は必要だから気を付けて。

オプション料金は音声通話SIMなら無料

格安スマホでSMS(ショートメール)を利用する際のオプション料金は以下の通りです。

オプション料金

  • 音声通話SIM:無料
  • SMS機能付きデータSIM:120円~150円(au回線は無料)

まず、通話機能付きの音声通話SIMなら、オプション料金はかかりません。SMS機能付きデータSIMは、100円~200円のオプション料金(各社で異なる)が必要です。

ただし、au系の格安SIMならSMS機能付きデータSIMでもオプション料金は無料です。

オプション料金例(SMS機能付きデータSIM)

※すべて月額料金

SMS送信料は3円~30円

現在、SMS(ショートメール)は670文字まで送信できます。送信料は、文字数によって異なります。

MEMO
以前は最大70文字までの文字通りショートメッセージサービスだったが、現在は670文字まで送れるので、通常のメールサービスと変わらない

SMS送信料

文字数/全角 送信料
1~70文字 3円
71~134文字 6円
135~201文字 9円
202~268文字 12円
269~335文字 15円
336~402文字 18円
403~469文字 21円
470~536文字 24円
537~603文字 27円
604~670文字 30円
TOPIC
海外に送信する場合は、1通あたり100円

国内SMSの送信料は文字数による従量制、海外SMSの送信料は一律100円となっています。国内・海外ともに受信料は無料です。



3.【図説】SMS(ショートメール)の送り方

ショートメールはどうやって送ればいいんですか?

メッセージアプリから送信できるわよ。

iPhone・Androidともに、SMS(ショートメール)は標準搭載のメッセージアプリから送信できます。

初期設定は必要ありません。詳しい送信手順は以下の通りです。

STEP.1
「メッセージ」アプリを開く

メッセージアプリ

STEP.2
「+」マークをタップする

プラスマーク

STEP.3
「宛先」送信したい相手を選ぶ

送信相手を選択

「+」マークを押すと、電話帳一覧から送信相手を選べます。電話番号を直接入力してもOKです。

STEP.4
メッセージを入力して送信ボタンをタップ

メッセージ入力と送信ボタン

メッセージを入力した後、右側の送信ボタンをタップすれば完了です。

  1. 電話帳を開いてSMS送信したい相手をタップ
  2. メッセージアイコンをタップ
  3. メッセージを入力して送信
  4. メッセージアプリから送信

注意点として、iPhoneで初めてメッセージアプリを使用する場合は、「MMS機能を使用するにはMMSメールアドレスが必要です」とエラー表示されます。

このエラーを回避するには、設定アプリの「メッセージ」をタップして「MMSメールアドレス」の欄に適当な文字列(1234など)を入力すれば解決します。

iPhoneのメッセージアプリが開けない方は、ぜひ試してみて下さいね。

TOPIC
Android端末からメッセージアプリを削除してしまった方は、GoogleプレイストアからMessagesアプリをインストールしましょう

4.格安スマホにSMS(ショートメール)が必要な理由

ショートメールの必要性をそんなに感じないのですが・・

本人確認の認証や緊急時の連絡で使えるわよ

そもそも、格安スマホ(格安SIM)にSMSは必要なのでしょうか。結論から言えば、SMS(ショートメール)機能はあった方がいいです。

メッセージ以外にも便利な機能あり。緊急時の連絡など、いざというとき頼りになります。

プラスメッセージやCメールの代わりになる

SMS(ショートメール)は、ドコモのプラスメッセージやauのCメール代わりとして利用できます。特にCメールは、機能がほとんど同じです。

プラスメッセージは画像や動画を送れたり既読確認ができたりするので、SMSよりは使い勝手が悪くなります。

とは言え、肝心のメッセージ機能は同じなので、プラスメッセージを使用していた方も違和感なくSMS(ショートメール)が使えますよ。

不在着信のSMS通知もOK

SMS機能が付いていれば、不在着信通知ができなかった場合にSMS通知を受けることができます。

電波状況が悪いときや他の相手と通話中で不在着信となっても、通知があればすぐに折り返し電話をすることができます。

相手にメールアドレスを教えなくていい

SMS(ショートメール)は電話番号を使って相手とメッセージをやり取りします。そのため、メールアドレスを相手に知らせる必要がありません。

電話番号はメールアドレスと違って頻繁に変わらないので、しばらく会っていない知人でもメッセージを送ることが可能です。

アドレス変更の連絡なども無いので、気軽にメッセージを送信できます。

緊急時の連絡となる

SMS(ショートメール)は通常のメールと違い確実に相手に届きます。金融機関などがSMS認証を好むのは確実に本人確認できるからです。

相手に確実にメッセージを送れるということは、緊急時の連絡の際も利用できます。電話ができない状況でもSMSを使えば自分の意志を伝えることは可能です。

また、海外でもSMS(ショートメール)が使えるため、もしもの時に役立ちます。身の安全を守る上でもSMSは心強い見方になってくれますよ。

POINT
迷惑メールフィルターにかからず確実にメッセージが届く

アプリのSMS認証として使える

多くのアプリではSMS認証による本人確認を採用しています。SMS(ショートメール)はフリーメールと違って、一人一つまでしか取得できません。

また、電話番号に紐づくため、本人であることは確実です。金融機関をはじめ、重要なアプリであるほどSMS認証を好む傾向にあります。

LINE OutなどSMS認証がないと利用できないサービスもあるため、できる限り付けておきたい機能です。

バッテリー消費を防止する

セルスタンバイ問題といってSMS機能を付けていないと、端末が電波を探し続けてバッテリーを消耗する事例があります。

そもそも、端末はSMSありきで設計されています。

SMS(ショートメール)が急に使えないとなると、何らかのエラーを起こしてセルスタンバイ問題が発生する可能性があるのです。

5.まとめ

格安スマホ(格安SIM)に乗り換えてもショートメールは問題なく使用できます。通話機能ありの音声通話SIMなら、オプション料金はかかりません。

SMS(ショートメール)の必要性について考えてしまいますが、確実にメールが届きますし本人確認の認証に使えるので便利です。

送信方法は大手キャリアと変わらず、メッセージアプリから宛先を選べばOKです。

お知らせ

2020年より、楽天モバイルは格安SIMからキャリアへ移行。月額2980円でデータ使い放題の楽天アンリミットが登場しました。

現在、1年間無料キャンペーン中。体験談を詳細にレビューしています。

 

>楽天アンリミットの評判・口コミを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。