【CBあり】格安SIMの最新キャンペーン
格安スマホ(SIMフリースマホ)とは

格安スマホでショートメールは使える?

メールボックス

相手の電話番号が分かればメッセージが送れる便利なショートメール。

大手キャリアから格安スマホに乗り換えると、ショートメールは使えなくなるのでしょうか?

この記事では、格安スマホでショートメールは使えるのか?

また、使えるとしたらどうやって契約すればいいのか?詳しく解説していきます。


1.ショートメールとは

ショートメールとは、相手のメールアドレスを知らなくても、電話番号が分かればメールの送受信が行える機能のことです。

インターネットを介して送受信するEメールと異なり、電話回線を利用します。

ショートメールは大手キャリアであるドコモのサービスです。auとソフトバンクも名称は違いますが、ショートメールと同じ内容のメールサービスがあります。

  • ドコモ → ショートメール
  • au → Cメール
  • ソフトバンク → SMSサービス

ショートメールで送信できる文字数は全角70文字(半角英数字160文字)が上限となります。

\【PR】毎月のスマホ代が4000円OFF/格安SIMの総合比較詳しくはこちら>>


2.格安スマホでもショートメールが使える

格安スマホでもショートメールを使用できます。格安スマホでショートメールを使用するには、SMSオプションという機能を使います。

SMSとはショートメッセージサービスの略で、ドコモのショートメールと同じ内容のメールサービスです。

■すべて同じ内容

  • ドコモ → ショートメール
  • au → Cメール
  • ソフトバンク → SMSサービス
  • 格安スマホ → SMS

SMSオプションを使用すれば、ショートメールを送れるだけでなく、アプリのSMS認証などにも使用できるメリットがあります。

2-1.格安スマホでSMSを使うには?

格安スマホでSMSを使うには、

  • 音声通話SIMは使える
  • データ通信専用SIMは使えない

となります。

音声通話SIMとデータ通信専用SIMの違い

格安スマホを使用するには、格安スマホ会社が提供するSIMカード(格安SIM)を使います。

SIMカードには、

  • 音声通話SIM
  • データ通信専用SIM

の2種類あります。

音声通話SIMとは通話機能付きのSIMカードのことで、電話番号そのままで格安スマホに乗り換えることができます。データ通信専用SIMは通話機能がありません。

ただし、データ通信専用SIMにSMSオプションを付けると、データ通信専用SIMでもSMSが使用できます。

音声通話SIMとデータ通信専用SIMの違い

格安スマホでSMSを使う条件

  • 音声通話SIMを契約する
  • データ通信専用SIMにSMSオプションを付けて契約する

2-2.SMSオプションの付け方

データ通信専用SIMにSMSオプションを付ける方法は、格安SIMを契約する際に、「データ通信専用SIM(SMS機能付き)」と表示されたSIMカードを選択するだけです。

ほとんどの格安スマホ会社は、

  1. 音声通話SIM
  2. データ通信専用SIM
  3. データ通信専用SIM(SMS機能付き)

の3種類からSIMカードを選択します。

格安スマホにSMSを付ける際は、音声通話SIMかデータ通信専用SIM(SMS機能付き)を選びましょう。

なお、格安スマホとして使用する端末(SIMフリー端末含む)については、SMSオプションを付けるにあたり特に条件はありません。

2-3.SMSオプションの料金

SMSオプションの料金は格安スマホ会社によって変わります。相場は、月額料金100~200円です。また、一部の格安スマホ会社ではSMSが無料で使用できます。

au回線の格安スマホ会社はSMSオプション料金が無料

上記の通信事業者はすべてau回線を借りている格安スマホ会社です。

au系の格安スマホ会社は、ドコモ系やソフトバンク系と比べてSMSオプションの料金が無料となるメリットがあります。

ただし、SMSオプション料金は無料でも、SMS送信料は有料となるので注意して下さいね。主要な格安スマホ会社のSMSオプション料金については以下の記事でまとめているので、参考にして下さいね。

2-4.SMSの送信料

SMSの送信料は1通3円~です(全角70文字まで)。

70文字を超える場合は従量制で料金が上がります。

3.まとめ


格安スマホに乗り換えてもSMSを使えば大手キャリアで使っていたショートメール機能は使用できます。

SMSは格安スマホ会社のSIMカードを選ぶ際に、音声通話SIMかデータ通信専用SIM(SMS機能付き)を選択すれば使用できます。

月額料金は100~200円ほどかかる場合がありますが、これまで通りショートメールを使い方は、SMS機能が付いたSIMカードを契約しましょう。

格安スマホが投げ売りセール中
格安スマホをもっと安く買いたいなぁ。
どれだけ欲張りなの?あなたにおすすめの情報があるわ。

格安スマホがセールで凄いことになっています。

1.【楽天モバイル】人気機種が大幅値下げ(3/14まで)

こちらをご覧ください。

■セール中の端末(一部)

通常価格 セール価格
HUAWEI
nova lite 3
26880円 9980円
(分割449円)
HUAWEI
nova 3
54800円 49880円
(分割2244円)
HUAWEI nova
lite 2
25980円 5980円
(分割269円)
AQUOS sense2
SH-M08
29800円 14980円
(分割674円)
AQUOS R compact
SH-M06
67800円 49880円
(分割2244円)
ZenFone 5 52800円 39880円
(分割1794円)
arrows M04 34800円 26880円
(分割1209円)
HUAWEI nova 3って発売されたばかりだったような・・。

冗談抜きで安いです。

セールは2019年3月14日まで(在庫限り)↓

2.Y!mobileでiPhone 6sが一括540円

Y!mobileがPhone 6s(32GB)を投げ売りしています。

iPhone 6sの料金

iPhoneがワンコインに。すぐに在庫切れになるかと思われます。

オンラインなら在庫が確実↓

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。