快適にテザリングできる!おすすめの格安SIMを厳選しました

格安SIM テザリング

格安SIMではテザリングを使えます。ですが、格安SIMによってテザリングに向く通信事業者と向かない通信事業者に分かれます。

この記事ではテザリングが使いやすい格安SIMをプロが厳選。 また、手持ち端末で契約する場合のテザリング条件や、設定方法についても解説しました。

ぜひ、参考にして下さいね。

1.格安SIMは無料でテザリングが使える

格安SIMでテザリングを使う場合の料金はどうなりますか?

無料で使えるわよ。オプション扱いじゃないから、申し込みも要らないわよ。

大手キャリアでテザリングを使う場合、auとソフトバンクで月額500円のオプション料金が発生します。

しかし、格安SIMならテザリングは無料。申し込みも不要で、契約したその日からテザリングを使えます。

テザリングを利用すれば、スマホからあらゆる通信機器にネット接続可能。外出先でもタブレットやパソコンを利用できますよ。

テザリングの仕組みテザリングの仕組み


2.格安SIM×キャリア端末(au・ドコモ・ソフトバンク)のテザリングは利用条件に注意

今使っているiPhoneでテザリングを使いたいのですが・・。

もちろん手持ちの端末で格安SIMに契約する場合でも、テザリングは使えるわ。ただし、一部の端末で使えないから確認が必要よ。

格安SIMのテザリングは無料なのですが、端末と回線の相性によって、テザリング不可となるケースがあります。

ややこしい条件となるので事前に要確認です。

なお、手持ちの端末ではなく格安SIMにて新たに端末を購入する場合は、確実にテザリングが使えます。

2-1.OSバージョンを最新にアップデートすれば、ほぼテザリングが使える

以前は、キャリア版iPhone×au系格安SIMとキャリア版Android×ドコモ系格安SIMにて、技術的な相性が悪くテザリングできないパターンが目立ちました。

※補足:格安SIMは3大キャリアから回線をレンタルしている。au回線を借りている場合、au系格安SIMに分類される。

ですが、現在は最新OSにアップデートすることにより、テザリング不可の問題はほぼ解消しています。

一番問題だったキャリア版iPhone×au系格安SIMの組み合わせも2018年10月のiOSアップデートにてテザリング可能に変わりました。

キャリア版Android×ドコモ系格安SIMの組み合わせも、Android OS 5.01より順次対応。現在は、どの端末もテザリングできる仕様に変わっています。

2-2.100%テザリングできるとは限らない!動作確認済端末一覧からチェックしよう

OSアップデートによりすべてのキャリア端末でテザリング可能になればよかったのですが、ややこしいことに回線と端末の相性でテザリング不可の場合があります。

そのため、手持ちの端末で確実にテザリングできるかどうか確かめたい場合は、動作確認済端末一覧ページをチェックしましょう。

動作確認済端末一覧ページは、格安SIMの公式サイト内にて閲覧できます。 手持ちの端末を検索すると、テザリングの利用可否が表示されます。

動作確認済ページでテザリングの確認

端末と格安SIMの回線はau・ドコモ・ソフトバンクに分かれています。契約したい希望の組み合わせでテザリングが使えるかどうか、チェックしてみて下さいね。

iPhoneはIIJmio タイプAにご注意を

iPhoneの方は、IIJmioのタイプAに注意してください。

iPhoneのテザリング対応は、主要な格安SIMならほとんど完了しているのですが、IIJmioは未だに動作確認済端末一覧ページにて、テザリング不可と表示されます(タイプDなら問題なし)。

テザリングできないのは、au回線を使うタイプA(IIJmio)です。「au系格安SIM」にて、iPhoneテザリングを使う場合はIIJmio以外を選択して下さい。

3.大容量&通信速度で選べ!テザリングにおすすめの格安SIM4選

テザリング向きの格安SIMって、どんな条件ですか?

ずばり、大容量&通信速度の速さよ。この2つの条件を満たせば、快適にテザリングを使えるわ。

テザリング向きの格安SIMを選ぶポイントは以下の2つ。

  • 大容量プラン(12GB以上)を選ぶ
  • 通信速度を重視する

テザリングはデータ消費しやすいので、大容量プランを選ぶのが吉。12GBは欲しいところです。

そして、もう一点。

テザリングはどうしても通信速度が本来よりも遅くなります。そのため、元々の通信速度が速い格安SIMでないと不便極まりないです。

テザリングでイライラしないためにも、通信速度の速い格安SIMを選びましょう。

①UQモバイル【快適な速度でテザリングを一番楽しめる】

uqmobile

通信速度を重視するならUQモバイルは外せません。 実測値でも、平均20~40Mbps。親会社のauとほぼ変わらない速度です。

また、UQが強いのはお昼の速度低下が無いこと。他の格安SIMはお昼になると回線混雑により1Mbps程度まで遅くなります。

そのため、通常は12時~13時のテザリングは非常に厳しいのですが、UQモバイルなら快適です。

大容量プランは、プランL(21GB)が契約可能。利用料金は、5分かけ放題(180分の無料通話に替えることも可)がプラン込となります。

回線:au

大容量プランの料金

月額料金
9GB
(プランM)
2980円
21GB
(プランL)
4980円

※音声通話SIMのみ契約可
※全プランに5分かけ放題付き

>>UQモバイルの公式サイトへ

>>UQモバイルの体感レビューへ

②mineo【どのキャリア端末でもテザリング対応】

マイネオ

mineoはドコモ、au・ソフトバンクのトリプルキャリアを使用しています。そのため、手持ちの端末でテザリングしたい場合に重宝する格安SIMです。

通信速度も比較的安定していてイライラすることがありません。最近は、ドコモ回線が最大40Mbpsとキャリア並の速さを計測しています。

また、mineoは大容量プランが他社より安いのも特徴的。 通信速度と価格のバランスが取れた、テザリング向きの格安SIMです。

回線:au・ドコモ・ソフトバンク

大容量プランの料金(au・ドコモプラン)

月額料金
データSIM 音声通話SIM
10GB 2520円 3130円
20GB 3980円 4590円
30GB 5900円 6510円

※ソフトバンクプランはデータSIMで+90円、音声通話SIMで+440円

>>mineoの公式サイトへ

>>mineoの体感レビューへ

③楽天モバイル【速度制限中でもテザリングできる】

楽天モバイル

大容量プランが安い楽天モバイル。楽天スーパーポイントの付与を武器に、トップクラスのユーザー数を誇る格安SIMです。

楽天モバイルの料金プランは、かけ放題付きのスーパーホーダイか、かけ放題なしの組み合わせプランから選びます。

おすすめはスーパーホーダイです。楽天会員に限り、2年間の500円割引あり。

さらに、最低通信速度1Mbpsが保証されているため、速度制限時でもテザリングを使うことができますよ。

回線:ドコモ・au

大容量プランの料金

■スーパーホーダイ

月額料金
14GB
(プランL)
4480円
24GB
(プランLL)
5480円

※音声通話SIMのみ契約可
※全プランに5分かけ放題付き

■組み合わせプラン

月額料金
データSIM 音声通話SIM
10GB 2260円 2960円
20GB 4050円 4750円
30GB 5450円 6150円

>>楽天モバイルの公式サイトへ

>>楽天モバイルの体感レビューへ

④BIGLOBEモバイル【テザリングで動画見放題】

biglobe sim

大容量プランはそこまで安くないものの、BGILOBEモバイルが優れているのは動画アプリ見放題(Youtubeも対象)のエンタメフリーオプションを使えることです。

エンタメフリーオプションは月額480円のオプション料金で使えます。実に、新規契約する3割のユーザーがこのオプションを付けています。

エンタメフリーオプションは、テザリングでも利用OK。 つまり、タブレットやPCの大画面でYoutubeを思う存分楽しめます(画質は普通レベル)。

テザリングで動画を楽しみたい方なら、BIGLOBEモバイル一択でしょう。

回線:ドコモ・au

大容量プランの料金

月額料金
データSIM 音声通話SIM
12GB 2700円 3400円
20GB 4500円 5200円
30GB 7450円 7450円

>>BIGLOBEモバイルの公式サイトへ

>>BIGLOBEモバイルの体感レビューへ

4.格安SIMでテザリングを使うための設定方法

そういえば、テザリングってどうやって使うんだっけ・・。

あら忘れたの?設定は簡単よ。実際に格安SIMでテザリングしてみたから、参考にしてちょうだい。

4-1.テザリングの使い方は3通り(キャリアと同じ)

格安SIMでも、テザリングの使い方は大手キャリアとまったく同じです。

テザリングの接続方法

  • Wi-Fiテザリング
  • USBテザリング
  • Bluetoothテザリング

Bluetoothテザリングは、速度が遅すぎるので使い物になりません(バッテリー消費は抑えられますが)。

一番速いのがUSBテザリング。ですが、普段はUSBケーブルを持ち歩かないかと思いますので、Wi-Fiテザリングの使用頻度が最も高いでしょう。

Wi-Fiテザリングの設定方法

■Android:「設定」→「無線とネットワーク」→「その他の設定」→「テザリング」をタップ

※端末によって表示名は異なります

■iPhone:「設定」→「インターネット共有」をタップ

4-2.実際に格安SIMでテザリングしてみた → 通信速度は悪くない

試しに、格安SIMでテザリングを使ってみました。

mineo(au回線)にて、午前9時頃にWi-Fiテザリングにて速度測定。

テザリングのスピードテスト

テザリング先で通信速度が5Mbpsほど落ちましたが、これは許容範囲。 テザリングすると、これくらいの速度低下は起こります。

実際の使い心地ですが、十分に快適でした。

動画テストテザリング先のタブレットPC

ただ、「mineo」だと午後12時半頃に速度低下を起こすので、この時間帯のテザリングは難しかったですね。お昼のテザリングは「UQモバイル」が一番です。

ちなみに、格安SIMにてテザリングが遅すぎる場合は、Bluetoothの設定を見直してみましょう。

Bluetooth接続だとテザリングは激遅なので、設定がOFFになっているか確認して下さい。

4-3.外仕事が多いならWi-Fiルーターも検討したい

仕事でガッツリとテザリングを使いたいなら、WiFiルーターの導入を検討したほうがいいです。

とくに、データ消費量が30GBを超える場合は、テザリングよりWi-Fiルーターを併用した方が安くなります。

30GB以上消費する場合の利用料金

  • WiFiルーターを併用:月額5700円程度
  • 格安SIMの30GBプラン:6150円(楽天モバイル)

WiFiルーターの併用は、「WiMAX2+(Flat ツープラスギガ放題)」に格安SIMの小容量プラン(1300円程度)を足した金額です。

ご覧の通り、Wi-Fiルーターを併用した方が安くなっています。

通信速度も圧倒的に速いので、仕事でテザリングを多用するなら、WiFiルーターを使ったほうがいいですよ(仕事以外での利用も30GBを超えたら検討すべし)。

5.【まとめ】格安SIMで快適にテザリングを使おう

格安SIMでは、どの通信事業者も無料でテザリングを使えます。

ただし、テザリング向きの格安SIMは限られます。大容量プランが安くて通信速度が速いことがテザリングを快適に使う条件です。

テザリングの使い方は、今までと一緒。端末の設定アプリからテザリングをONにしてくださいね。

手持ちの端末で格安SIMに持ち込み(SIMカード単体)契約する場合は、動作確認済端末ページにて、テザリングの利用可否をチェックしておくことをおすすめします。

>>もう一度、テザリングにおすすめの格安SIMを見る

スマホ代が3000円以下格安SIMの総合比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。