おすすめの格安SIM比較

エキサイトモバイルの評判とおすすめできる人を完全解説

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルは細かい料金プランと複数枚のSIMカードでデータ通信量をシェアできるのが特徴です。とくに最適料金プランは格安SIMでは珍しい従量制プランで、データ通信量にばらつきがある人でも無駄なく使えます。

また、最大5枚のSIMカードで容量をシェアできるので、家族で格安SIMを使いたい人にもおすすめです。今回はエキサイトモバイルのメリット・デメリットや料金プランについて詳しく解説します。

1.エキサイトモバイルとは?

エキサイトモバイルはエキサイト株式会社が手掛ける格安SIMです。エキサイトはポータルサイト「Excite」を運営している他、インターネット回線のプロバイダ事業も行っており、知っている人も多いのではないでしょうか。そんなエキサイトが手掛けるエキサイトモバイルは2016年にサービス開始したばかりの比較的新しい格安SIMです。

そのため評判や口コミは大手と比べると少ないですが、従量制プランである最適料金プランや複数のSIMで容量シェアできる3枚コースは高く評価されています。

2.エキサイトモバイルのメリット

エキサイトモバイルには以下のようなメリットがあります。

  • 複数枚のSIMカードを安く利用できる
  • 料金プランが幅広く用意されている
  • 高速通信時は直近3日間の速度制限がない
  • 速度切り替え&バースト転送に対応
  • 端末セットの種類が豊富

エキサイトモバイル最大のメリットは複数枚のSIMカードを安く利用できることです。いずれのプランでも最大5枚のSIMカードでデータ通信量をシェアでき、家族で格安SIMを利用する人におすすめです。料金プランは定額で決まったデータ通信量が使える定額プランと使った分だけ支払う最適料金プランの2つがあります。

ライトユーザー向けの低容量プランからヘビーユーザー向けの大容量プランまでそろっており、幅広い人が利用しやすいです。高速通信時は直近3日間の速度制限がないため、大容量プランを契約して長時間動画を視聴するという使い方にも向いています。また、エキサイトモバイルは速度切り替えとバースト転送に対応しています。

速度を切り替えて低速モードにすればデータ通信量を節約可能です。最初の読み込みだけ高速通信が使えるバースト転送のおかげで、低速モードでもSNSやブラウジングであればスムーズです。端末セットが豊富な点も見逃せません。2018年6月現在では17種類のスマホを取り扱っており、最新モデルや人気のスマホは一通りそろっています。

3.エキサイトモバイルのデメリット

エキサイトモバイルのデメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

  • かけ放題プランがない
  • 公式アプリがない
  • 低速通信時は直近3日間で366MB以上使うとさらに速度が遅くなる
  • 実店舗がない

エキサイトモバイルには音声通話のかけ放題プランがありません。そのため電話をたくさんする人は通話料が高くなり、トータルのスマホ代が高額になる恐れがあるので要注意です。エキサイトモバイルは速度切り替えに対応していますが、公式アプリがないので速度を切り替えるたびにわざわざマイページにアクセスする必要があります。

公式アプリがあれば速度切り替えをワンタッチで行えるので、いずれ公式アプリを用意してほしい所です。加えて低速時には直近3日間で366MB以上の通信を行うと速度制限がかかります。バースト転送に対応しているので低速でもある程度快適に使えますが、使いすぎには気を付けましょう。

また、エキサイトモバイルは実店舗がありません。メールや電話による問い合わせは可能ですが、対面による手厚いサポートが受けられません。格安SIMやスマホに慣れている人なら問題ないですが、初心者は要注意です。

4.エキサイトモバイルの料金プラン

続いて、エキサイトモバイルの料金プランやオプションについてみていきましょう。

4-1.最適料金プラン

エキサイトモバイルの最適料金プランの料金は以下の通りです。

データ通信量 コース
1枚コース 3枚コース
低速通信のみ 500 円
~100MB 1,050円
~500MB 630円 1,100円
~1GB 660円 1,180円
~2GB 770円 1,340円
~3GB 880円 1,550円
~4GB 1,150円 1,780円
~5GB 1,450円 1,890円
~6GB 1,600円 1,950円
~7GB 1,900円 2,100円
~8GB 2,120円 2,190円
~9GB 2,200円 2,380円
~10GB 2,380円 2,540円
~11GB 2,830円
~12GB 3,100円
~13GB 3,450円
~14GB 3,790円
~15GB 3,980円

※SMSを使うなら+140円/枚、音声通話を使うなら+700円/枚

最適料金プランは使ったデータ通信量に応じて料金が決まるプランです。1枚コースなら10GBまで、3枚コースなら15GBまで使えます。月によって料金にばらつきがある人でも無駄なく使うことができます。エキサイトモバイルは速度切り替えに対応しており、低速しか使わなかった場合は月額500円とリーズナブルです。

LINEやメールしか使わない人や、電話のみを使いたいという人は最適料金プランを契約してずっと低速にしておくのもありですね。最適料金プランは3枚コースにすることで最大5枚のSIMカードで容量をシェアできます。データ通信量によって料金が決まるプランをシェアできるのは珍しいです。

なお、SMS機能および音声通話機能はSIM1枚ごとにつけるかどうか決められます。例えば3枚コースを契約し、2枚は音声通話機能を付け、1枚はSMS機能のみ付ける、といったことも可能です。この場合、音声通話基本料700円×2 + SMS基本料140円=1,540円が3枚コースの月額料金に上乗せされます。

4-2.定額プラン

定額プランの料金は以下の通りです。

データ通信量 コース
1枚コース 3枚コース
0MB 650円 1,100円
1GB 670円 1,260円
2GB 770円 1,450円
3GB 900円 1,680円
4GB 1,170円 1,980円
9GB 2,250円 2,460円
20GB 3,980円 4,480円
30GB 5,980円 6,580円
40GB 7,980円 8,580円
50GB 10,180円 10,680円

※SMSを使うなら+140円/枚、音声通話を使うなら+700円/枚

低速通信のみの0MBから50GBという大容量プランまで幅広く用意されています。とくに40GBと50GBのプランは格安SIMではあまりないので、動画視聴やアプリのダウンロードなどを思う存分利用したい人におすすめです。9GBというデータ通信量も非常に珍しく、格安SIMではほとんど用意されていません。

7GBや8GBだと微妙に足りないけど10GBだと多過ぎる、という人向けです。定額プランも3枚コースと追加SIMを利用することで、最大5枚のSIMカードで容量をシェアできます。最大50GBの大容量プランがあるので、家族全員でシェアする場合でも安心です。

また、1GBや2GBといった少ない容量でシェアSIMが使えるのもポイントです。シェアSIM自体は他の格安SIMでも使えます。しかし、基本的には3GBや5GBなどある程度容量の大きいプランでしか使えないものが多いです。エキサイトモバイルのように低容量プランをシェアできるのは珍しいです。

4-3.利用できるオプション

エキサイトモバイルで利用できるオプションは以下の通りです。

  • 留守番電話:月額350円
  • 割り込み着信:月額250円
  • 追加容量チャージ:580円/1GB
  • ウィルスバスターモバイル 月額版:月額250円(2ヶ月無料)
  • Smart・Checker:月額350円(2ヶ月無料)
  • i-フィルター for マルチデバイス:月額360円(2ヶ月無料)
  • トビラフォン:月額300円(2ヶ月無料)
  • タブホ:月額500円(2ヶ月無料)
  • AOS Cloud:月額500円(2ヶ月無料)
  • スマート留守電:月額290円(2ヶ月無料)

セキュリティ対策やエンタメなど、格安SIMとしては標準的なラインナップですね。ただし音声通話のかけ放題オプションはありません。たくさん電話を利用する人だと通話料が高額になる可能性があるので注意が必要です。

エキサイトモバイルで電話をかける場合は「楽天でんわ」やOCNでんわキャリアフリーのようにキャリアに関係なく使える通話アプリを利用しましょう。

4-4.シェアSIMを利用するメリット

エキサイトモバイルでは3枚コースを利用することで、3枚のSIMカードで容量をシェアできます。さらに月額390円/枚で2枚までSIMカードを追加できるので、最大で5枚のSIMカードで容量シェアが可能です。シェアSMは複数のSIMを1枚1枚契約するよりも月額料金が安くなるのがメリットです。

例えば3人家族で1人3GBのデータ通信を使う場合は9GBの3枚コースを利用すれば月額2,460円で済みます。全員が音声通話を利用する場合でも4,560円、一人当たり1,520円なので、他社の3GBの音声通話SIMをそれぞれが契約するより安いです。

シェアSIMは家族で格安SIMを使う場合や、サブ端末やタブレットなど複数の端末でSIMカードを使う際に便利です。

4-5.解約金、最低利用期間の有無

エキサイトモバイルでは音声通話SIMのみ1年間の最低利用期間があります。最低利用期間内に解約すると9,500円の解約事務手数料がかかります。1年以内にMNPをするとMNP転出手数料3,000円と解約事務手数料9,500円、合わせて12,500円もの手数料がかかるので気を付けましょう。

データ通信専用SIMおよびSMS機能付きSIMの場合は最低利用期間および解約事務手数料はありません。

5.エキサイトモバイルの通信速度

格安SIMを利用する際に気になるのが通信速度です。どれだけ安くても、通信速度が遅すぎて使い物にならないのでは困りますからね。

では、エキサイトモバイルの通信速度はどうなのでしょうか。

5-1.通信品質は良好

エキサイトモバイルはドコモ回線をレンタルしています。そのため、通信品質は良好です。対応エリアもドコモと同じなので、全国の幅広い地域をカバーしています。ただし、品質が良いのは通常時の通信だけです。平日のお昼や夕方など回線混が雑時する際には他の格安SIM同様に速度が低下します。

5-2.速度制限の条件

定額プランの場合、プランごとに決められたデータ通信量を使い切ると翌月まで速度制限がかかります。また、最適料金プランでは1枚コースは10GB、3枚コースは15GBを超えると翌月まで速度制限がかかります。

高速通信時には直近3日間の速度制限はありません。ただし、低速通信時に直近3日間で366MB以上の通信を行うとさらに速度が制限されます。低速通信モードにすればデータ通信量を節約できますが、直近3日間の速度制限には要注意です。

6.エキサイトモバイルの申込み方法

エキサイトモバイルへの申し込みはエキサイトモバイル公式サイトから行います。エキサイトモバイルは実店舗を構えていないので、店員さんと相談したり、実機を確認したりといったことができないので気を付けましょう。

6-1.端末の使用条件

エキサイトモバイルはドコモ回線を利用しているので、ドコモの端末であればSIMロック解除せずにSIMカードを挿し変えるだけで使えます。auおよびソフトバンクの端末もSIMロック解除をすれば使える可能性があります。

エキサイトモバイルでは独自に動作確認を行い、その結果を公式サイトで公表しています。端末を自分で用意する場合は動作確認が行われているかどうかを必ずチェックするようにしましょう。

また、エキサイトモバイルでは端末とSIMカードのセット販売も取り扱っています。セット販売の端末はエキサイトモバイルでの動作が保証されているので、不安な人は端末をSIMカードとセットで購入しましょう。

6-2.初期費用と支払い方法

エキサイトモバイルを契約する際には初期費用として新規契約手数料3,000円と、SIMカード発行手数料394円がかかります。3枚コースを契約する場合はSIMカード発行手数料が3枚分(1,182円)かかります。

なお、途中で1枚コースから3枚コースに変更するとSIM追加手数料3,000円が追加でかかるので、3枚コースを使うなら最初に申し込むほうがお得です。支払い方法はクレジットカードのみ利用可能です。デビットカードや口座振替などは利用できません。

端末代の支払いもクレジットカードのみです。端末はクレジットカード以外で購入したい場合はセット購入せず、別途インターネット通販や家電量販店から端末を購入するようにしましょう。

7.エキサイトモバイルがおすすめな人

メリット・デメリットや特徴を踏まえると、エキサイトモバイルは以下のような人におすすめです。

(1)複数のSIMカードを安く使いたい人

エキサイトモバイルは複数のSIMカードを安く使いたい人におすすめです。複数のSIMカードを利用する場合、1枚ずつ契約するよりもシェアSIMを使ったほうが安くなります。エキサイトモバイルなら最大5枚のSIMカードでシェアできるので、家族で格安SIMを使いたい人でも利用しやすいです。

また、エキサイトモバイルは大容量プランだけでなく1GBや2GBといった少ない容量もシェアできます。複数の端末でSIMを使いたいけど容量はそこまで必要ないという人にもおすすめです。

(2)月によって利用するデータ通信量にばらつきがある人

エキサイトモバイルの最適料金プランは利用したデータ通信量に応じて料金が決まります。そのため月によって利用するデータ通信量にばらつきがある人でも過不足なく使うことが可能です。

例えば基本的には2GBで済むがたまに3GB使うという人の場合、2GBだと足りない月が出ますし、3GBだと無駄になる月もあります。エキサイトモバイルの最適料金プランなら2GBで済んだ月は2GBの料金で使えますし、3GB使った月は3GBの料金になるので無駄がありません。

エキサイトモバイルの公式サイトはこちら

【格安スマホ】10月の申し込み
UQモバイル
uqモバイルのロゴ
  • 月額料金:980円~
  • 端末セット:1980円~
  • 評価:4.1pt/5.0
  • 特徴:安定した通信速度とauのサブブランドである安心感。初めての格安SIMに。

 

詳細ページキャンペーン

LINEモバイル
LINEモバイル
  • 月額料金:500円~
  • 端末セット:1150円~
  • 評価:4.6pt/5.0
  • 特徴:LINE、SNSが使い放題。圧倒的な使いやすさを誇る格安SIM。

 

詳細ページキャンペーン

mineo
mineoのロゴ
  • 月額料金:700円~
  • 端末セット:1310円~
  • 評価:4.1pt/5.0
  • 特徴:トリプルキャリア対応。TV CMでもおなじみの格安SIM。

 

詳細ページキャンペーン

あわせて読みたい
スマモバ おすすめの格安SIM比較

スマモバをプランからデメリットまで完全解説

2017.10.27
格安スマホ・格安SIMのおすすめ比較【格安スマホの巨人】
スマモバってどんな格安スマホなんだろう・・ この記事では、スマモバで購入できる端末や料金プランなど詳しく解説。メリットだけでなくデメリットまで完全調査しました。 スマモ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。