格安スマホ(SIMフリースマホ)とは

格安スマホとタブレットを2台持ちで使うための3つの方法

格安スマホとタブレット

 

キャリアから格安スマホに乗り換えると、月々のスマホ代は大幅に節約できます。

そして節約を行うことにより浮いたお金を使えば、格安スマホとタブレットの2台持ちを行うことも容易です。タブレットがあれば大きな画面でネットや動画を見られたり、ゲームを楽しめたりと便利ですよね。

格安スマホとタブレットを2台持ちする方法は様々です。2台持ちでもうまく契約すれば、月々の支払金額を格安スマホ1台とほとんど変わらない状態にすることだってできますよ。

今回は、格安スマホとタブレットの2台持ち方法やおすすめのタブレットについて解説します。

1.格安スマホとタブレットを2台持ちするには?

2台持ちと言われても、どうすればできるようになるのかわからない方も多いでしょう。

まずは格安スマホとタブレットを2台持ちする方法を解説します。

1-1.格安スマホとタブレットを2台持ちする方法

格安スマホとタブレットを2台持ちする方法は、大きく分けて3つあります。

  1. 格安スマホとタブレットにそれぞれ格安SIMを入れる
  2. シェアプランを利用する
  3. テザリングを利用する

これらが、2台持ちをする方法です。

タブレットは新しく買ってきてももちろん大丈夫ですが、もしキャリアのタブレットを持っているなら、そのまま使い回せる場合もあります。3番のテザリングなら3大キャリアすべてのタブレットで利用可能、1、2番の方法はdocomoやauのタブレットであれば大丈夫ですね。

3つの2台持ち方法は、それぞれの料金比較の後に詳しく説明します。

1-2.それぞれの料金比較

契約する格安スマホ提供事業者はDMM mobileを例に挙げて、1~3番の2台持ちにおける月額料金を比較してみましょう。条件はできる限り揃えなければ意味がないので、今回は格安スマホとタブレットで合計8GB(スマホは3GB、タブレットでは5GB程度通信する)として考えていきます。

なおタブレットや格安スマホの購入代金は含まずに考えるので、新しくそれぞれの端末を買う場合は端末代金がプラスになることに注意しましょう。

1 格安スマホとタブレットにそれぞれ格安SIMを入れる

格安スマホでは3GBの音声通話SIM、タブレットには5GBのデータ通信専用SIMを入れることにして考えます。音声通話SIMは電話回線を使って音声通話ができる種類のSIMカード、データ通信専用SIMはネットだけが使えるSIMカードです。

タブレットで音声通話をしないのであれば、データ通信専用SIMで契約すると月額料金を大幅に下げることができてお得です。

格安スマホとタブレットをそれぞれDMM mobileで個別に契約した場合、

格安スマホ(音声通話SIM 3GB) 1,500円(税抜)
タブレット(データ通信専用SIM 5GB) 1,210円(税抜)
合計 2,710円(税抜)

格安スマホとタブレットの利用料金を合計して、月額2,710円になりました。3,000円以下で格安スマホとタブレットを2台持ちできてしまうのは、お得ですね。

2 シェアプランを利用する

シェアプランについて先に簡単に説明すると、複数枚のSIMカードで同じ通信量を共有するしくみの契約です。

DMM mobileでは8GBを最大3枚のSIMカードでシェアできます。格安スマホでは電話ができる音声通話SIM、タブレットではネットのみのデータ通信専用SIMに設定すると、

  • 音声通話対応SIM1枚+データ通信専用SIM(最大)2枚プラン 8GB 2,680円(税抜)

月額料金は、2,680円(税抜)となりました。個別に契約した場合と同じ通信量が利用できたうえで、30円ほど節約できます。

3 テザリングを利用する

テザリングについては後ほど詳しく説明しますが、要するにスマホをモバイルWi-Fiルーター代わりにしてタブレットをネットに接続して使う方法です。

テザリングを使う場合タブレットにSIMカードを入れる必要がないので、格安スマホで音声通話対応SIMの8GBプランを契約することになりますね。

  • 格安スマホ(音声通話対応SIM 8GB) 2,680円(税抜)

今回例に挙げたDMM mobileの場合ですと、シェアプランとテザリングで月額料金が全く変わりませんでした。

しかしIIJmioなど他の格安スマホ提供事業者の場合は、シェアオプションを利用すると「追加SIM利用料」が数百円程度加算される関係で、テザリングを選んだ方がお得になる場合がほとんどです。

個別に契約するよりも、一つの契約にまとめた方が月額料金はお得

改めて、3つの契約方法の月額料金を表にまとめました。

格安スマホとタブレットにそれぞれ格安SIMを入れる 2,710円(税抜)
シェアプランを利用する 2,680円(税抜)
テザリングを利用する 2,680円(税抜)

個別に格安SIMを契約するよりも、シェアオプションやテザリングを利用した方が少しだけ安く済むことがわかりますね。

ただしシェアプランやテザリングは格安スマホとタブレットで通信量が共有されているので、片方で通信しすぎるとどちらも通信制限にかかり、速度が低速化してしまう弱点があります。格安スマホとタブレットの契約が別々なら、どちらかが通信しすぎて速度制限にかかっても、もう片方は高速で通信できるので安心です。

格安スマホとタブレットで使える通信量を明確に分けたい場合は、少し料金が上がりますが、別々の契約を選ぶのもおすすめです。

2.(1)格安スマホとタブレットにそれぞれ格安SIMを入れる

2-1.格安SIMとは?

格安SIMとは、格安スマホとして使うスマホやタブレットなどに入れることで通信や通話ができるようになるSIMカードのことです。キャリアから回線帯域の一部だけを借りて運営していたり、手続きをネット中心にするなどして人件費を減らしたりすることで、月額料金をキャリアに比べて大幅に下げています。

2-2.どういう契約方法になるのか?

格安スマホとタブレットを2台持ちする場合は、

  • 格安スマホは電話ができる音声通話SIM
  • タブレットはネットのみが使えるデータ通信専用SIM

この組み合わせで契約するのが一般的です。

iPadなどのタブレットは音声通話に対応していないので、データ通信専用SIMに比べて料金が高額な音声通話SIMで契約しても意味がありません。格安スマホは電話で周りとの連絡ができる音声通話SIM、タブレットはネットのみのデータ通信専用SIMという契約にすることで、無駄なく月額料金を支払えます。

なお契約が格安スマホとタブレットで完全に別々なので、同じ格安スマホ提供事業者で1枚ずつ契約するのではなく別々の格安スマホ提供事業者で契約してもOKです。

2-3.どうやってタブレットを使うのか?

格安スマホの契約と合わせて、タブレット用の格安SIMも「データ通信専用SIM」で契約を行えば、契約手続きは終了です。ちなみにキャリアではスマホとタブレットで使えるSIMカードが別の種類になっていることもありますが、格安SIMは格安スマホ向けとタブレット向けに種類の違いはありません。

タブレットは格安スマホと同様に、契約後に届いたSIMカードを入れて利用設定をすることで通信できるようになります。なお手元にキャリアで購入したタブレットがある場合、docomoのタブレットならdocomo回線、auのタブレットならau回線の格安スマホ提供事業者で格安SIMを契約すれば、タブレットを使い回せます。

SoftBankのタブレットしかない、今までタブレットを持っていなかったなどの理由で格安SIMを使って通信できるタブレットが手元にない場合は、格安スマホ提供事業者でセット購入することもできます。格安スマホとタブレットそれぞれ別々に格安SIMを契約することになるので、もしタブレットが不要になった場合は格安SIMの解約も忘れないようにしましょう。

3.(2)シェアプランを利用する

3-1.シェアプランとは?

通信や通話ができるSIMカードを複数まとめて契約し、一つの通信量を共有できるのがシェアプランです。キャリアでも、スマホとタブレットや家族複数人のスマホなどで通信量を共有できるシェアプランは展開されています。今までに使ったことがある方もいるでしょう。

シェアプランのメリットはSIMカードを個別に契約するよりも安上がりになることで、デメリットは一つの通信量を複数の機器で共有するため、速度制限にかかるとシェアプランを利用している機器すべてが速度制限の巻き添えになってしまうことです。

3-2.どういう契約方法になるのか?

シェアプランは、対応している格安スマホ提供事業者でシェアプランを契約することで利用可能となります。

  • 電話ができる音声通話SIM1枚(格安スマホ用)
  • 契約に追加するデータ通信専用SIM1枚(タブレット用)

この組み合わせで契約すればOKです。

手持ちのキャリアで購入したタブレットを格安SIMで使いたい場合は、docomoのタブレットならdocomo回線、auのタブレットならau回線の格安SIMでシェアプランを契約しましょう。

「格安スマホはau回線で使いたいけど、手持ちのタブレットはdocomoで買ったものなのでdocomo回線でしか使えない」

こんな場合は、契約する格安スマホ提供事業者がIIJmioなら、シェアプラン利用時にスマホ用とタブレット用で別々の回線のSIMカードを発行できるので安心です。

3-3.どうやってタブレットを使うのか?

契約したSIMカードが届いたらSIMカードを格安スマホとタブレットに入れ、設定を行えば利用開始です。

タブレットで通信を行うと、格安スマホで使える通信量もその分減っていくのがシェアプランです。タブレットでうっかり通信しすぎて、格安スマホが速度制限にかかってしまわないように気をつけましょう。

シェアプランを利用できる格安スマホ会社

  • DMM mobile
  • IIJmio
  • OCNモバイルONE
  • BIGLOBEモバイル
  • エキサイトモバイル
  • イオンモバイル

4.(3)テザリングを利用する

4-1.テザリングとは?

テザリングは、スマホの機能によってスマホをモバイルWi-Fiルーター代わりにし、タブレットやゲーム機などWi-Fiに対応した様々な機器をネットに接続するしくみです。

格安スマホの設定画面からテザリングを「オン」にすることで、タブレットをネットに接続できます。

4-2.どういう契約方法になるのか?

テザリングを利用して2台持ちする場合は、格安スマホ用に音声通話SIMを契約するだけです。タブレット用にSIMカードを契約する必要はありません。

なお格安スマホ用に音声通話SIMを契約する際は、テザリングによるタブレットでの通信量も考慮し、大容量のプランで選択しておくのがおすすめです。

4-3.どうやってタブレットを使うのか?

格安スマホの設定画面からWi-Fiでのテザリングを「オン」にし、タブレット側のネット接続設定画面から格安スマホに接続することになります。

テザリングでタブレットを使う場合タブレット単体で通信は行わないので、使うタブレットは格安SIMでの通信に対応していなくても問題ありません。つまりテザリングならdocomoやauだけでなくSoftBankのタブレットも問題なく2台持ちに使えますし、Wi-Fiにしか対応していないAmazonのFireタブレットなどもOKです。

4-4.テザリングの注意点

注意しなければいけないのは、テザリングに対応している格安スマホを選ぶことです。キャリアのスマホを格安スマホとして使う場合はテザリングに対応していないこともあります。

契約予定の格安スマホ提供事業者の公式サイトに載っている「動作確認端末一覧」を見て、「テザリング可能」の記載がある端末を使うようにしましょう。手元にテザリング可能なスマホがない場合は、格安SIMを契約する際にスマホをセット購入し、格安スマホとして使えばOKです。

5.購入する端末の選び方

5-1.端末は格安SIMとセットで購入できる

タブレットや格安スマホ端末といった2台持ちに使う端末は、格安SIMの契約時にセットで購入することもできます。

格安SIMと端末をセットで購入すれば、端末と格安SIMの相性などを詳しく調べる必要がないので安心なのがメリットです。

5-2.端末と格安SIMをセットで購入する方法

格安SIMを格安スマホ提供事業者のサイト上で契約する際に、「端末のセット購入」を選べます。

基本的に、格安SIM契約時にセット購入できるのは格安スマホ端末かタブレットのどちらか1つだけです。3つまとめてセットで手に入れることはできません。なお端末の追加購入に対応している格安スマホ提供事業者の場合は、後から追加購入という形でタブレットや格安スマホ端末を購入することはできます。

5-3.格安SIM+タブレットのセット購入 格安スマホ端末は自分で用意

格安スマホとして使う端末を自分で用意する場合は、まず自分のスマホが契約予定の格安SIMで通信・通話やができるかどうかをしっかり確認しましょう。

格安スマホ提供事業者の公式サイトには動作確認端末の一覧表があるので、必ず確認しておきましょう。自分の用意するスマホがSIMフリースマホだとしても、例えば「au回線での通話に対応していない」など相性に問題があることがあります。

なおこのパターンにおいて格安SIMとセット購入するタブレットについては100%セットで利用できるので、心配することはありません。

5-4.格安SIM+格安スマホ端末のセット購入 タブレットは自分で用意

格安SIMと格安スマホ端末をセット購入する場合はタブレットを自分で用意することになりますが、この場合タブレットの選び方に要注意です。タブレットに格安SIMを入れて使う場合、まずWi-Fiモデルのタブレットは選択肢から外れます。(ただし格安スマホからのテザリングでネットに接続するならWi-FiモデルでもOK)

キャリアのLTE対応タブレットを使う場合は、契約予定の格安スマホ提供事業者が利用している回線と同じキャリアの端末でなければそのタブレットで通信できないので気をつけましょう。タブレットを自分で用意する場合も格安スマホ端末と同様に、格安スマホ提供事業者の公式サイトに掲載されている「動作確認端末一覧表」に名前があるものを使うのが安全です。

なお「SIMフリー」のタブレットを用意するなら、基本的にどの回線を使っている格安スマホ提供事業者でも通信できます。

6.格安SIMとセットで購入できるおすすめタブレット

格安スマホ提供事業者でセット販売されているタブレットは発売から日が経っているものが多めですが、スペック的にはまだまだ快適に使える端末が数多く存在しています。2017年8月現在、格安SIMとセット購入できるタブレットの中からお勧めの機種を3つ集めました。

6-1.MediaPad M3

発売日 2016年12月16日
価格(楽天モバイル) シルバー:37,800円(税抜)

ゴールド:42,800円(税抜)

保存容量 シルバー:32GB

ゴールド:64GB

SIMサイズ nano SIM
性能 LTE対応、通話機能、指紋認証センサー、高出力スピーカー

MediaPad M3は、2種類で展開されています。違いは保存容量の大きさとカラーです。

なおカラーと保存容量の組み合わせは決まっているので、例えばシルバーモデルで保存容量64GBを選ぶことはできないことには注意しましょう。画面サイズが8.4インチと大きく、2Kの解像度と高出力スピーカーによって動画を他の端末以上に楽しめるのがMediaPad M3のメリットです。

またハイスペックなCPUであるKirin 950を搭載しているなど全体的にスペックは高めに設定されているため、ゲームプレイにも最適です。

購入できるMVNO

  • 楽天モバイル

6-2.ZenPad 10

発売日 2016年7月8日
価格(楽天モバイル) 29,800円(税抜)
保存容量 16GB
SIMサイズ Micro SIM
性能 LTE対応、デュアルフロントスピーカー、ZenMotion

画面サイズが10.1インチと大きく、ASUS Tru2 Lifeテクノロジーにより写真や映像を最適な表示で楽しめるのがZenPad 10の魅力です。

保存容量が16GBであるため、大容量のゲームアプリなどで遊ぶのには不向きです。ZenPad 10は動画や写真の閲覧、ネットサーフィンなどを楽しみたい人におすすめです。

購入できるMVNO

  • 楽天モバイル

6-3.MediaPad T2 7.0 Pro

発売日 2016年7月8日
価格(楽天モバイル) 23,800円(税抜)
保存容量 16GB
SIMサイズ nano SIM
性能 LTE対応、指紋認証センサー、高性能カメラ

MediaPad T2 7.0 Proは、画面サイズが7インチとタブレットの中では小さめであるため、持ち運びに便利です。

また価格も2万円台前半と安価に設定されているため、格安スマホ端末と2台持ちするにあたり費用を抑えられるのがメリットです。画面解像度がフルHDで非常に高解像度であるため、画面サイズは比較的小さめであるものの動画再生において役立ちます。

購入できるMVNO

  • 楽天モバイル
  • OCNモバイルONE
  • DMM mobile

7.格安SIMとセット購入できないけど、おすすめのSIMフリータブレット

SIMフリーの格安スマホ端末に比べると市場が小さいためか、タブレットは格安スマホ提供事業者で取り扱われることが少ないのが現状です。

またキャリアで販売されているXperiaやGalaxyのタブレットも、格安SIMとのセット販売は行われていません。格安SIMとセット購入することはできないものの、格安SIMと組み合わせて使えるタブレットはいくつも存在しています。

新品で購入できるタブレットの中からお勧めの機種を3つ紹介していきますので、購入の参考にしてみてください。

7-1.ZenPad 3 8.0

発売日 2016年9月16日
価格(ビックカメラ) 32,530円
保存容量 32GB
SIMサイズ micro SIM
性能 LTE対応、通話機能、キャリアアグリゲーション

ZenPad 3 8.0は本革のような独特の背面カバーを搭載しているなどデザイン性が高く、画面解像度が2K、CPUも比較的高い性能のものが搭載されているなど、満足度が高いSIMフリータブレットです。

バッテリー持ちが良いので、映画などのコンテンツを長い時間楽しめるのもZenPad 3 8.0の魅力です。

7-2.9.7インチiPad

発売日 2017年3月21日
価格(AppleStore) 37,800円(税抜)~
保存容量 32GB、128GB
SIMサイズ nano SIM
性能 LTE対応、指紋認証センサー、iOS搭載

「9.7インチiPad」は2017年に発売されたiPadシリーズの廉価モデルです。廉価モデルではありますが、動画再生やネットサーフィン、ゲームなどあらゆることを楽しめます。

7万円以上の高額であるiPad Proシリーズに比べて販売価格が安く抑えられているため、格安スマホと2台持ちする際に新しく購入するにあたり、負担が小さく抑えられます。Apple Storeで販売されているSIMフリーモデルを購入し、SIMカードを入れて格安スマホと2台持ちを行いましょう。

7-3.MediaPad T3 10.0

発売日 2017年5月30日
価格(Amazon) 21,598円
保存容量 16GB
SIMサイズ nano SIM
性能 LTE対応、アルミニウムボディ、キッズモード

9.6インチの大画面を搭載しているMediaPad T3 10.0は、動画再生や電子書籍の閲覧に最適です。バッテリーが大容量なので、様々なコンテンツを長時間、大きな見やすい画面で楽しめますよ。

また価格が2万円台前半に抑えられていて、購入しやすいことも魅力です。

7-4.中古でiPadを購入する際の注意点

新品や中古でiPadを購入して格安スマホと2台持ちするにあたり気をつけたいのは、格安SIMが使えるiPadと使えないiPadがあることです。Apple Storeで購入できるiPadは「SIMフリー」なので、どこの格安スマホ提供事業者が提供する格安SIMでも通信できます。つまり新品でSIMフリーモデルを買うなら、余計な心配はいりません。

しかしキャリア販売のiPadは、そのキャリアの回線のSIMカードでしか使えない「SIMロック」がかかっています。docomoのSIMロックがかかったiPadはdocomo回線、auのSIMロックがかかったiPadならau回線の格安SIMで利用できます。

SoftBankのiPadは特に注意

SoftBankのiPadだけは、基本的に格安SIMでは使えません。例外としてU-mobile Sやb-mobileの開幕SIMで「iPad用SIM」を契約すれば利用できますが、これらはシェアプランに非対応なので、格安スマホとタブレットで別々の契約となります。新しくiPadを購入するなら、できればSIMフリーモデルを購入するのがおすすめです。

予算の都合でキャリアのiPadを買う場合は、契約予定の格安スマホ提供事業者で使われている回線に対応しているiPadを選びましょう。

8.まとめ

今回は、格安スマホとタブレットの2台持ちについて解説しました。

  • 格安スマホとタブレットで、別々に契約した格安SIMを使う
  • 格安スマホをシェアプランで契約し、通信量をスマホとタブレットで共有
  • 格安スマホからテザリングでタブレットを使う

これらの方法の中から好きなものを選んで、2台持ちを行いましょう。

格安SIMやタブレットと、それらに組み合わせる格安SIMには相性があります。各格安スマホ提供事業者の公式サイトから動作確認端末一覧をチェックし、利用できることを確認してから契約・購入を行いましょう。

2018年7月の注目キャンペーン
  • LINEモバイル:スマホ代 月300円キャンペーン(8/31まで)
  • UQモバイル:特設ページからの契約で現金13000円キャッシュバック(終了未定)
  • 楽天モバイル:新規契約で最短当月に現金2万円キャッシュバック(終了未定)
  • nuroモバイル:15000円キャッシュバックキャンペーン(7/31まで)
  • NifMo:新規契約で最大20100円のキャッシュバック(7/31まで)

>>すべてのキャンペーンはこちら

 

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。