コメント欄にご質問・感想をどうぞ

格安SIMでiPadを使う方法とおすすめのMVNO

格安SIM i Pad

お知らせ

2020年4月より、楽天モバイルは格安SIMからキャリアへ移行。月額2980円でデータ使い放題の楽天アンリミットが登場しました。

現在、1年間無料キャンペーン中。体験談を詳細にレビューしています。

 

>楽天アンリミットの評判・口コミを見る

iPadにはLTEに対応したセルラーモデルがあり、SIMカードを挿すことでどこでもインターネットが利用できます。セルラーモデルのiPadを使う場合は大手キャリアと通信契約を結ぶのが一般的です。しかし、大手キャリアだと毎月の通信費が高額なので、iPadの維持費が高くなってしまいます。

そんなときに便利なのが格安SIMです。iPadを格安SIMで運用することで、大手キャリアの時と比べて維持費は月額3,000~5,000円ほど安くなります。今回はiPadを格安SIMで使う方法を解説します。

1.格安SIMに対応したiPadとは?

同じiPadでも、格安SIMが使えるものと使えないものがあります。まずは格安SIMに対応しているiPadの種類ついて解説します。

1-1.Wi-Fi + Cellular版のiPadを用意する

iPadには大きく分けて

  • Wi-Fi版
  • Wi-Fi + Cellular(セルラー)版

の2種類があります。このうち、セルラーモデルはSIMカードスロットを備えており、大手キャリアや格安SIMのSIMカードを挿すことでLTEが使えます。

Wi-FiモデルはSIMカードスロットがなく、LTEが利用できません。つまり、Wi-Fi環境がないところではインターネットができないということです。さらに、セルラーモデルのiPadならテザリングが無料で使えます。セルラーモデルのiPadにSIMカードを挿し、テザリングを使って他のスマホやノートパソコンをインターネットに接続可能です。

セルラーモデルは通常のiPadはもちろん、サイズの小さいiPad miniシリーズやプロ向けのiPad Proも用意されています。出張などでしょっちゅう外出するという人ならiPad Proのセルラーモデルが使えるのは便利ですね。

1-2.解約後のキャリア版iPadは使える?

セルラーモデルのiPadはドコモやauといった大手キャリアと契約して購入することも可能です。大手キャリアから購入したキャリア版のiPadは解約後に格安SIMのSIMカードを挿して使うことができます。ただし、回線を合わせる必要があります。例えばドコモ版のiPadならドコモ系の格安SIM、au版のiPadならau系の格安SIMといった感じです。

また、iPadで格安SIMを利用する場合は格安SIM事業者による動作確認が行われているかもチェックしましょう。格安SIM事業者の公式サイトの動作確認済端末一覧ページで確認可能です。ただし、iPhoneやAndroid端末と比べるとiPadは動作確認が遅く、とくに最新版iPadは確認が遅れている場合があるので気を付けましょう。

1-3.SIMロック解除すれば選択肢が広がる

大手キャリアのiPadはSIMロックを解除してSIMフリー化することができます。SIMロック解除は端末にかかっているSIMロックをはずして、他のキャリアのSIMカードを使えるようにすることです。

例えばドコモ版iPadはドコモ系の格安SIMしか使えませんが、SIMロック解除をしてSIMフリー化することでauやソフトバンクの回線を利用する格安SIMも使えるようになります。SIMロック解除はキャリアショップかパソコンのいずれかの方法で行えます。

キャリアショップで解除する場合は手数料がかかりますが、パソコンを使って自分で解除する場合は無料なので、できるだけ自分で解除するようにしましょう。

SIMロック解除とは?自分でできる解除方法と手続きに必要な全条件

1-4.新しくiPadを購入するならSIMフリー版がおすすめ

もし新しくiPadを購入するならアップルストアからSIMフリー版のセルラーモデルのiPadを購入するのがおすすめです。SIMフリー版ならドコモ、au、ソフトバンクのいずれの回線の格安SIMにも対応しているので、格安SIMの選択の幅が広がります。

近くにアップルストアがない場合はオンラインのApple Storeを利用すると良いでしょう。実店舗のアップルストアと同様、SIMフリー版iPadをはじめとしたさまざまなApple製品を購入できます。

1-5.格安SIM会社ではiPadのセット販売が無い

現在格安SIMもiPadも持っていない人の中には格安SIMとiPadをセットで購入したいと考えている人もいるかもしれません。しかし、大手キャリアと違って格安SIMではiPadのセット販売が取り扱われていません。格安SIMでiPadを使う場合は別々に用意する必要があります。

一方、Androidタブレットであれば格安SIMとのセット販売がされています。例えばSIMフリースマホメーカーとして急成長を遂げたHUAWEIのMediaPad M3 LiteはiPadより10,000円安い約29,000円で購入できます。スペックはiPadのほうが上ですが、普段使いなら問題ないレベルなので、妥協するならMediaPad M3 Liteもおすすめです。

1-6.中古のiPadを購入する場合はSIMロックに注意

できるだけ安くiPadを購入したい場合は中古販売店やオークション、フリマサイトなどで中古のiPadを買うというのも1つの手です。ただし、キャリア版のiPadの場合、中古で購入した機種はSIMロック解除ができません。

また、ネットワーク利用制限がかかった、いわゆる赤ロムを購入してしまうとSIMカードを挿してもデータ通信が利用できません。以上のような理由から、中古で購入する場合もキャリア版よりSIMフリー版がおすすめです。SIMフリー版ならSIMロックはかかっていませんし、ネットワーク利用制限もかかりません。

また、いくら安くてもあまりにも状態の悪いiPadの購入はやめましょう。バッテリーの持ちが悪かったり、ホームボタンが押しにくかったりすると、せっかく購入しても快適に使えません。

1-7.iPadでテザリングはできる?

セルラーモデルのiPadであればいずれもテザリングに対応しているので、テザリングを提供している格安SIMと組み合わせればテザリングが使えます。具体的には、ドコモ系の格安SIMであればほぼテザリングができます。逆にau系の格安SIMではテザリングはできません。

ソフトバンク系の格安SIMはテザリングができるものとできないものに分かれます。テザリングができるかどうかは格安SIMの動作確認済端末一覧ページからチェックできます。事前に必ず確認しておきましょう。

2.iPadを格安SIMで使うための契約手順

iPadの準備ができたら格安SIMを契約します。ここではiPadのための格安SIMを契約する手順や注意点を見ていきましょう。

【STEP1】データ通信専用SIMで契約する

格安SIMは大きく分けて音声通話SIM、データ通信専用SIM、SMS付きデータ通信専用SIMの3種類があります。iPadで使う場合はこのうちのデータ通信専用SIMを選びましょう。データ通信専用SIMはその名の通りデータ通信(インターネット)だけができるSIMカードです。

音声通話やSMSができませんが、代わりに月額料金が安く最低利用期間も解約金も基本的にはありません。そもそもiPadは電話回線による音声通話が利用できないので、音声通話SIMを契約する意味がありません。

SMSについても基本的には必要ありませんが、LINEなど一部のアプリではSMSによる本人確認が必要です。そのようなアプリ・サービスを使う可能性があるならSMS付きデータ通信専用SIMを選びましょう。

メインはスマホ契約でタブレットはサブとして利用する場合

シェアプランが使える格安SIM」なら、1枚目のSIMカード(音声通話SIM)でスマホを使い、2枚目のSIMカード(データ通信専用SIM)でタブレットを使うことができます。一つの契約で2枚のSIMカードを契約をひとまとめにできるため効率的です。

【STEP2】SIMカードサイズを選ぶ

SIMカードには標準SIM、microSIM、nanoSIMの3種類のサイズがあります。iPadはモデルによってSIMカードサイズがmicroSIMのものとnanoSIMのものに分かれます。

iPadのSIMカードサイズ

nanoSIM iPad Pro、iPad Air、iPad Air 2、iPad(第5世代)、iPad mini、iPad mini 2、iPad mini 3、iPad mini 4
microSIM iPad 初代、iPad 2、iPad(第3世代)、iPad(第4世代)

SIMカードサイズが違うとiPadに挿し込むことができないので、必ず利用するiPadに合ったSIMカードサイズを選びましょう。また、格安SIMの中には1つの契約にSIMカードを追加して複数枚運用できるものもあります。そのため、スマホでメインの格安SIMを契約し、そこに2枚目のSIMカードを追加してiPadで利用する、ということも可能です。

【STEP3】SIMカードが届いたらAPN設定を行う

格安SIMを申し込んでSIMカードが届いたらAPN設定を行います。APN設定はインターネットに接続するための設定です。iPhoneやAndroid端末はもちろん、iPadもAPN設定をしないとSIMカードを挿しても通信ができません。

APN設定は普段聞きなれないので難しく感じるかもしれません。しかし、iPadのAPN設定は構成プロファイルという設定情報が記載されたファイルをインストールするだけと簡単です。やり方は、まずiPadをWi-Fiに接続し、利用する格安SIMの構成プロファイルダウンロードページにアクセスします。

あとは画面の指示に従って構成プロファイルをインストールするだけでAPN設定が完了します。

以下の記事はiPhone向けのAPN設定ですが、iPadも同じ要領で設定可能です。

iPhoneにAPN設定する方法と設定できない場合の対処法

3.iPadにおすすめの格安SIM(MVNO)

ここまで格安SIMが使えるiPadと、実際の契約手順について解説しました。あとは契約する格安SIMを選ぶだけですが、格安SIMは種類が多いので初めてだとどれにすれば良いか迷ってしまいますね。そこで、iPadで使うのにおすすめの格安SIMをまとめました。

①mineo

mineoのロゴ

全格安SIMで最もデータSIM向けのプランが充実するmineo(マイネオ)。500MB(月額700円)からお試し可能で、最大30GBまで申し込み可能です。

使用するデータ容量は契約途中に無料変更OK。普段は6GBで今月だけ10GB使いたい、といった対応が可能です。

さらに、mineo特典として今月のデータ残量がピンチのときはフリータンクからデータ容量を引き出せます(最低1GB)。

格安SIM×iPadを組み合わせたいすべての方におすすめです。

データSIM(iPad向け)の料金

データ容量 月額料金
500MB 700円
3GB 900円
6GB 1580円
10GB 2520円
20GB 3980円
30GB 5900円

※S(ソフトバンク)プランは表記価格+90円
※違約金は0円

CHECK!

mineoの評判・レビューへ

②BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルのロゴ

iPadで動画を楽しみたいならBIGLOBEモバイルを選ぶべきです。

BIGLOBEモバイルでは、Youtube、AbemaTV、Google Play Musicなど人気動画・音楽サービスが見放題のエンタメフリーオプションを利用できます。

オプション料金は980円(音声通話SIMは480円)。最安の3GBプランにエンタメフリーオプションを付けると、月額2000円以下で動画見放題に。

大画面のiPadでデータ残量を気にせず好きな動画を楽しめますよ。

データSIM(iPad向け)の料金

データ容量 月額料金
3GB 900円
6GB 1450円
12GB 2700円
20GB 4500円
30GB 6750円

※解約金は0円

CHECK!

BIGLOBEモバイルの評判・レビューへ

4.まとめ

今回はiPadを格安SIMで利用する方法を解説しました。格安SIMを使えばスマホだけでなくiPadもお得に運用することができます。新しくiPadを購入する場合はSIMフリー版がおすすめです。SIMフリー版なら国内3キャリアいずれの回線にも対応しており、格安SIMを柔軟に選べます。

もちろん大手キャリアのiPadでも回線が合っていれば使えますし、SIMロック解除をすればSIMフリー版と同等の扱いができます。iPadでなるべく安くデータ通信を利用したい人は格安SIMを利用するのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。