おすすめの格安スマホ(SIMフリースマホ)比較

日本製の格安スマホ端末おすすめ5選

日本製のスマホ

格安スマホはどの端末を使うかを自由に選ぶことができます。

しかし、格安スマホの多くはASUSやHUAWEIといった海外メーカーの製品で、それまでキャリアのスマホを使っていた人には機能が物足りなかったり信頼性に不安があったりして使いづらいです。

実は、数は少ないですが格安スマホにも日本製の機種があります。海外製のスマホと違いワンセグやおサイフケータイといった日本独自の機能が使えますし、何より国産であるという安心感もあります。

今回は日本製のスマホが海外製より優れている点や日本製がおすすめな人など、日本製の格安スマホについて詳しく解説します。また、日本製の格安スマホの中からとくにおすすめの機種も紹介します。

1.なぜ日本製の格安スマホがいいのか?

格安スマホではたくさんあるSIMフリー端末から自由に選んで使うことができます。SIMフリー端末は海外製のものが多いですが、日本製の端末を選ぶこともできます。

1-1.日本製が優れている点

海外製のスマホは値段の割に性能が良く、コスパに優れています。そのため格安スマホでは日本製より海外製スマホのほうが人気です。しかし、日本製のスマホにも優れている点はたくさんあります。

(1)キャリア端末に見劣りしない性能・デザイン

日本製の格安スマホを作っているメーカーの多くは大手キャリア向けの端末も開発しています。

そのため、格安スマホでありながらキャリア端末に見劣りしない性能やデザインとなっています。それでいて大手キャリアの端末よりも価格が抑えられており、お得に利用できます。

(2)海外製には無い機能

日本製の格安スマホには、海外製にはない機能がついています。その代表的なものがワンセグ、おサイフケータイ、そして防水・防塵機能です。

大手キャリアのスマホでは当たり前のようについている機能ですが、海外製のスマホにはほとんど搭載されていません。格安スマホでもワンセグ、おサイフケータイ、防水・防塵機能が欲しいという人は、海外製ではなく日本製を選びましょう。

(3)スマホ初心者に優しい

日本製の格安スマホはしっかりとした日本語の説明書が付いており、スマホ初心者でも分かりやすいです。また、本体の文字入力や付属しているアプリなどが日本人に合わせた設計で使いやすいです。

スマホ初心者の場合、そもそもスマホの操作に慣れるまで時間がかかります。その状態で分かりにくい英語の説明書や海外に合わせた設計だと余計使いづらいです。スマホ初心者は、まず日本製のスマホを使って慣れると良いでしょう。

1-2.日本製がおすすめな人

日本製のスマホと海外製のスマホ、どちらを買えばよいか悩んでいる人もいるかと思います。基本的には以下のような人は日本製の格安スマホを購入するのがおすすめです。

(1)海外メーカーが不安な人

海外の格安スマホメーカーは中国や台湾が多く、日本ではあまり馴染みがない企業も多いです。

そのため、品質やセキュリティなどが不安だという人も多いでしょう。海外メーカーに不安を感じる人には、国産品質で信頼性が高い日本製の格安スマホがおすすめです。

(2)サポートの問い合わせが不安

端末のサポートを重視する人も、海外製よりも日本製のほうがおすすめです。格安スマホでは大手キャリアと違い端末の修理はメーカーに問い合わせるのが基本です。

その場合、海外メーカーに直接問い合わせるのは少し不安ですね。メーカーによっては国内に店舗を持っていてサポートを受けられることもありますが、やはり国内メーカーの方がサポート体制も良いです。

(3)日本製独自の機能を使いたい

ワンセグやおサイフケータイといった機能は大手キャリアのスマホでは当たり前にありました。しかし、海外製の格安スマホではこういった機能を持っている端末はほとんどありません。

日本製の格安スマホなら大手キャリアのスマホと同様にワンセグやおサイフケータイが使えます。そのため、日本製独自の機能を使いたい人にも、日本製の格安スマホがおすすめです。

1-3.日本製のデメリット

日本製のデメリットとしては価格の高さが挙げられます。同じような性能であっても、海外製の格安スマホのほうが安い場合がほとんどです。

言い換えれば、同じ価格のスマホであれば海外製の方がずっと性能が高いです。国産ならではの信頼性の高さや、ワンセグ・おサイフケータイなどの機能が使えるメリットもありますが、価格やコスパを重視するなら海外製スマホのほうがおすすめです。

2.価格帯別 日本製のおすすめ機種

日本製の格安スマホでもいろんな個性を持った端末があります。ここでは、日本製格安スマホの中からとくにおすすめの機種を、価格帯別に紹介します。

2-1.コスパ重視 3万円以下の機種

3万円以下の機種は性能よりも価格の安さやコスパの良さを重視する人におすすめです。

LINEやSNS、ブラウジングなど通常の使い方であれば問題なくこなせるので、ライトユーザーにも最適です。ただし、日本製の格安スマホでは3万円以下の機種はあまり種類がありません。

AQUOS SH-M04

■メーカー:シャープ

シャープは日本ではお馴染みの電気メーカーですね。格安SIMの知名度が上がるにつれて、多数のSIMフリースマホを開発しています。

シャープが世界で初めて量産化に成功した「IGZO液晶ディスプレイ」や、人工知能「エモパー」など、シャープ独自の技術が多数使われているのが特徴です。

■スペック

発売日 2016年12月12日
CPU Qualcomm Snapdragon 430(MSM8937)
オクタコア 1.4GHz(クアッドコア)+1.1GHz(クアッドコア)
メモリ 2GB
ディスプレイ 約5.0インチ
価格 29,800円
ストレージ 16GB
カメラ メイン:1,310万画素
フロント:500万画素

■端末の特徴

SH-M04は防水・防塵やおサイフケータイといった定番機能だけでなく、シャープ独自の機能がたくさん搭載されているのが特徴です。

液晶は消費電力の少ない「IGZO液晶ディスプレイ」を採用しており、電池持ちが非常に良いです。

人工知能のエモパーはユーザーのタイミングに合わせて、役立つ情報を音声で知らせてくれます。例えば朝出かける前ならその日の天気予報を教えてくれます。

他にも手首をひねるだけでひとつ前のアプリに戻る「ツイストマジック」や縦長のページを自動でスクロールできる「スクロールオート」など、他の機種にはない機能がたくさんあります。

■購入できる通信事業者

2-2.バランス重視 3万~5万の機種

ハイスペックなスマホはいらないけど、ある程度ゲームや動画も楽しみたいという人には3万円~5万円の機種がおすすめです。

価格と性能のバランスが良く、日本製の格安スマホはこの価格帯の機種が多いです。

(1)KIWAMI 2

■メーカー:FREETEL

FREETELはSIMフリースマホメーカーでありながら、格安SIMサービスの運営やアプリの開発も行っています。

回線と端末の両方を1つの会社が提供しているのは珍しいですね。また、製品の品質管理を国内で行っているため、海外製のスマホよりも信頼性が高いのが特徴です。

■スペック

発売日 2016年12月22日
CPU MediaTek Helio X20 (MT6797) 10 Cores 64bit
メモリ 4GB
ディスプレイ 5.7インチ
価格 39,800円
ストレージ 64GB
カメラ メイン:1,600万画素
フロント:800万画素

■端末の特徴

KIWAMI 2はFREETELのスマホの中でもスペックが高いフラグシップモデルです。10コアの高速CPUと大容量の4GBメモリを搭載しており、動作の重い3Dゲームもサクサク動きます。

また、2枚のSIMカードを同時待受けにできるDSDSに対応しています。海外製スマホではDSDS対応機が増えてきましたが、日本製のスマホでDSDSに対応しているのはほとんどないため貴重です。

■購入できる通信事業者

(2)Xperia J1 Compact

■メーカー:SONY

SONYは日本を代表する電機メーカーの1つです。auやドコモなど、大手キャリア向けのスマホを作っているイメージが強いですが、実はSIMフリー端末もわずかながら作っています。

SONYのスマホの特徴でもある高性能なカメラや品質の高さはSIMフリー端末にも引き継がれています。

■スペック

発売日 2015年4月20日
CPU 2.2GHzクアッドコア
メモリ 2GB
ディスプレイ 約4.3インチ
価格 39,800円
ストレージ 16GB
カメラ メイン:2,070万画素
フロント:220万画素

■端末の特徴

Xperia J1 Compactは発売したのが2年以上も前と古く、単純な性能では最近発売された端末と比べると低いです。しかし、ソニーがデジタルカメラや一眼レフで培った技術が使われたカメラは高い性能を誇ります。

メインカメラは2,070万という高い画素数で、コンパクトデジタルカメラ並みです。画像処理エンジンにはデジタル一眼カメラなどに搭載されている高精細画像処理エンジンBIONZをXperiaに最適化した「BIONZ for mobile」を搭載しています。

ノイズが少なく、高精度な写真を撮影できます。

■購入できる通信事業者

(3)Arrows M03

■メーカー:富士通

富士通も大手キャリア向けの端末を販売してきたメーカーですが、最近ではSIMフリー端末も多数販売しています。

富士通のスマホは防水・防塵やおサイフケータイといった国産ならではの機能を備えながらも価格が抑えられており、コスパが高いです。

■スペック

発売日 2016年7月28日
CPU MSM8916 1.2GHz Quad Core
メモリ 2GB
ディスプレイ 約5.0インチ
価格 32,800円
ストレージ 16GB
カメラ メイン:約1,310万画素
フロント:約500万画素

■端末の特徴

arrows M03は日本人向けの機能が豊富なのが特徴です。ワンセグ、おサイフケータイ、防水・防塵機能と、大手キャリアでは当たり前のように使えていた機能がそのまま利用できます。

しかも最近の端末としては珍しくワンセグ用のアンテナが内蔵されています。わざわざ外付けアンテナを取り付けなくても、すぐにテレビが視聴できます。

■購入できる通信事業者

(4)DIGNO V

■メーカー:京セラ

京セラもSIMフリー端末を開発している日本のメーカーです。ただし、他のメーカーと異なり、基本的にはUQ mobileかY!mobile向けの端末となっています。

そのため他の格安SIMを使おうとしている人には購入しづらいですが、耐久性が高いので長く安心して使えるという特徴があります。

■スペック

発売日 2017年7月14日
CPU MSM8937/1.4GHz×4コア+1.1GHz×4コア
メモリ 2GB
ディスプレイ 約5.0インチ
価格 33,804円
ストレージ 16GB
カメラ メイン:約1,300万画素
フロント:約500万画素

■端末の特徴

DIGNO Vの特徴は耐久性の高さです。防水・防塵はもちろん、落下に強い耐衝撃、厳しい温度環境や激しい揺れの中でも使える温度耐久・耐振動も備えています。

お風呂やキッチンといった水回りはもちろん、アウトドアなどさまざまなシーンで故障の心配をせずに安心して利用できます。

■購入できる通信事業者

2-3.5万円以上の日本製機種は無い

格安スマホでも3Dゲームや4Kなどを利用したい人は5万円以上のハイスペックスマホを購入するのがおすすめです。

ただし、現段階では日本製のスマホで5万円以上のSIMフリー端末はありません。ハイスペックなSIMフリースマホを使う場合は海外製のスマホを利用しましょう。

3.まとめ

日本製の格安スマホについて解説しました。格安スマホの多くは海外製の高コスパなスマホが占めていますが、日本製のスマホもちゃんと用意されています。日本製の格安スマホは単純な性能やコスパでは海外製に劣ります。

しかし、ワンセグやおサイフケータイ、防水・防塵機能といった国産ならではの機能を使えるのと、信頼性の高さが魅力です。大手キャリアで使えた機能をそのまま使いたい人や、海外製品は品質に不安があるという人には、日本製の格安スマホがおすすめです。

2018年7月の注目キャンペーン
  • LINEモバイル:2ヶ月間ぜーんぶゼロキャンペーン(8/27まで)
  • UQモバイル:特設ページからの契約で現金13000円キャッシュバック(終了未定)
  • 楽天モバイル:新規契約で最短当月に現金2万円キャッシュバック(終了未定)
  • nuroモバイル:15000円キャッシュバックキャンペーン(7/31まで)
  • NifMo:新規契約で最大20100円のキャッシュバック(7/31まで)

>>すべてのキャンペーンはこちら

 

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。