iPhone 11を安く買うなら

楽天カードのボーナス払いを解説!対象期間やあとから支払い変更する方法も

楽天カードのボーナス払い

楽天カードでボーナス払いを使うにはどうすればいいのでしょうか。

ボーナス払いの魅力は何といっても支払いの先延ばしですよね。また、ボーナス月に合わせて支払い計画を立てられるのもメリット。

この記事では、楽天カードのボーナス払いについて詳しい仕組みから使い方まで解説。また、あとから支払い方法を変更できるのかについても説明していきますよ。

ぜひ、参考にして下さいね。

1.楽天カードではボーナス払いが使える

そもそも、ボーナス払いは使えるんですよね?

もちろん使えるわよ。ボーナス払いのルールについて説明していくわね。

1-1.ボーナス1回/ボーナス2回払いの利用が可能

ボーナス払いとは、ボーナスの時期にまとめて支払いを行うこと。支払いを大きく先延ばし出来るのが魅力です。

便宜上ボーナス払いと名前が付いているだけなので、実際はボーナスがない個人事業主や経営者の方でも利用できます。

楽天カードでは、ボーナス1回払いとボーナス2回払いが用意されています。ボーナス2回払いは、夏季と冬季に引き落としされます。

1-2.ボーナス払いが使える対象期間と引き落としはいつ?

以下、ボーナス払いの対象期間と引き落とし日です。

対象期間 引き落とし日
2月1日~6月末 6月27日
7月27日
8月27日
8月1日~11月末 12月27日
1月27日

ご覧の通り、2月1日~6月末の支払いは、6月/7月/8月のいずれかで引き落としとなります。8月1日~11月末の支払いは、12月/1月の引き落としです。

ちなみに、引き落とし日が複数ありますが、これは店舗によってルールが異なるためです。

1-3.ボーナス2回払いは分割払手数料あり

ボーナス2回払いで支払う場合、分割払手数料があります。

分割払手数料

実質年率 100円当たりの
分割払手数料
ボーナス1回払い 0% 0円
ボーナス2回払い 13.89% 3.5円

通常の分割2回払いでは手数料がないのですが(3回目から発生)、ボーナス2回払いでは分割払手数料が発生するので注意しましょう。

1-4.ボーナス払いでもポイントは貯まります

楽天カードでは、利用代金に対して1%(100円で1ポイント)、楽天スーパーポイントがもらえます。 また、楽天市場での買い物はポイント獲得率が+1倍に。

ボーナス払いを利用したときのポイント獲得ですが、何の制限もなく通常通りもらえます。ポイントが貰えるのは、楽天カードを利用した翌月の15日頃となります。

期間限定でキャンペーンがある場合も

新規入会キャンペーンとは別に、ボーナス払いのキャンペーンが開催されるときがあります。過去の例だと、ボーナス1回払いで2000ポイントが付与されるキャンペーンがありました。

最新のキャンペーン情報は、公式サイトにて確認しましょう。

2.どうやって楽天カードでボーナス払いを利用するのか?

ボーナス払いの使い方が分からない・・。

まずは対象店舗であることが絶対条件よ。
ショッピング払いをあとからボーナス払いに変更できますか?

残念だけど、それは無理ね。詳しい利用方法について説明するわ。

2-1.ボーナス払いのやり方は対象店舗(加盟店)で希望するだけ

楽天カードでボーナス払いを利用するには、まず対象店舗(加盟店)であることが絶対条件です。

対象店舗(加盟店)

  • 百貨店(そごう、東急百貨店など)
  • 大手家電量販店(ビックカメラ、ヤマダ電機など)
  • 大手スーパー(ダイエー、イオンなど)
  • ブランド店

あとは決済のときに、ボーナス払いを希望すればOKです。金額は、いくらからでもボーナス払いにできます。

MEMO
対象店舗かどうかわからない場合は、お店の人にボーナス払いの有無を質問してみましょう。

ちなみに、対象店舗を見て分かる通り、ほとんどが大手企業となります。

支払いを先延ばしされるボーナス払いは、企業側にとってデメリットが大きいので、中小企業はほぼ加盟していません。 また、少額決済が多いコンビニも加盟していません。

2-2.ボーナス払い月の設定は、自分かお店側で行う

どの月にボーナス払いの引き落としを行うかについてですが、こちらはお店側が決めるケースと自分で決めるケースに分かれます。

必ず、決済する際に支払いがいつになるのか確認しておきましょう。なお、一度決まったボーナス払い月はあとから変更できません。

2-3.ボーナス1回払いなら、あとからリボ払いに変更できる

ボーナス1回払いに限り、リボ払いに変更できます。利用するサービスは「あとからリボ払い」です。

あとからリボ払いの変更可能期間
  • 2月1日~6月末の支払い → 2月1日~8月20日
  • 9月1日~11月末の支払い → 9月1日~1月20日

変更は楽天e-NAVIから設定しましょう。なお、あとからリボ払いに設定した請求は、ボーナス払い月ではなくリボ払い設定の当月か翌月から請求が始まります。

その他の支払い変更は不可

ボーナス払いで、あとから支払い方法を変更できるパターンは、ボーナス1回払い→リボ払いのみです。

変更不可のパターン
  • ボーナス1回払い → ボーナス2回払い
  • ボーナス2回払い → リボ払い
  • ボーナス払い → 通常の支払い(一括/分割)

基本的に、ボーナス払いを利用する際は、あとで変更できないと考えて決済しましょう。

2-4.通常のショッピング払いからボーナス払いの変更もできない

一度、ショッピング払いで決済した後に、あとからボーナス払いに変更したい場合ですが、残念ながら変更不可となります。

ショッピング1回払いで決済した後、支払いを遅らせる必要が出てしまった場合は、分割払いあるいはリボ払いに変更しましょう。

楽天e-NAVIから利用代金ごとに、リボ払いを設定することも可能ですよ。

2-5.注意:楽天カードでボーナス払いができないケース

以下のケースでは、ボーナス払いを利用できません。

ボーナス払いできないケース
  • 対象店舗(加盟店)でない
  • 利用可能額の上限が超えている

対象店舗(加盟店)でない場合は、対処方法はありません。利用可能額が上限を超えている場合は、楽天e-NAVIにて上限の増枠を申請しましょう。

3.【まとめ】楽天カードのボーナス払いを活用すれば、支払いを先延ばしにできる

この記事では、楽天カードのボーナス払いについて詳しく解説してきました。

ボーナス払いは1回と2回に分かれます。夏季と冬季で利用できる対象期間が変わるので再度確認しておきましょう。

ボーナス払いの使い方は対象店舗で決済するだけ。引き落としされる月は店舗によって変わります。

あとから支払い方法を変更する場合は、ボーナス1回払いのみリボ払いに変更可能です。この記事を参考に、ボーナス払いを上手く活用してみて下さいね。

新規入会で5000ポイント貰える↓

楽天カードの申込みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。