コメント欄にご質問・感想をどうぞ

名義変更できる格安SIMは4社だけ!手数料や譲渡のルールを解説

名義変更できる格安SIM

お知らせ

2020年4月より、楽天モバイル(楽天アンリミット)がキャリア移行に伴い破格のキャンペーンを行っています。

 

キャンペーン内容

  • 1年間無料
  • 最大20800円分のポイント還元

楽天アンリミットは、月額2980円でデータ使い放題。速度制限時も1Mbpsが保証されます。

控えめに言って大手3キャリア&全格安SIMを凌駕する最強プランです。

実際の使い心地をレビューしているので、ぜひご覧ください。

>楽天アンリミットの体験レビューを見る

この記事で分かること

  • 名義変更対応の全格安SIM
  • 改姓や譲渡など名義変更の詳しいルール

名義変更の手続きができる格安SIMはかなり限られています。ほとんどが手続き不可なので、格安SIM申し込み後に名義変更を考えている方は注意が必要です。

この記事では、名義変更対応の格安SIMを徹底解説。また、名義変更に関する細かなルールも説明していきます。

ぜひ、参考にして下さいね。

1.名義変更(契約者変更)ができる格安SIM

格安SIMでも名義変更はできますか?

4社に限られるけど、手続きは可能よ。

ほとんどの格安SIM(MVNO)では名義変更の手続きができません。しかし、以下の4社なら名義変更が可能です。

名義変更できる格安SIM

格安SIM 手数料
OCNモバイルONE 800円
イオンモバイル 3000円
ワイモバイル 3000円
mineo 3000円

最も条件がいいのはOCNモバイルONE。手数料が圧倒的に安いです。

イオンモバイルとワイモバイルは店舗のみ受付なので注意しましょう。

①OCNモバイルONE

OCNモバイルONEのロゴ

名義変更手数料:800円

おすすめな人
  • 最安値で端末を購入したい
  • 大容量プランを安く利用したい
  • 音楽アプリが手放せない

OCNモバイルONE最大の特徴は、端末代金の安さです。そのあり得ない安さは、格安SIMの中でも群を抜いています。

定価3万円の人気機種が1万円以下になることもザラ。SIMフリースマホが欲しいならOCNモバイルONE以上に安い格安SIMはありません。

また、端末代金だけでなくプラン料金も最安水準。6/20/30GBは音声通話SIM・データSIMともに全格安SIMで最安値です。

さらに、OCNモバイルONEではMUSICカウントフリーでamazon music、Google Play Music、LINE MUSICなどがデータ消費なし。ストレスフリーで音楽を楽しめます。

そして強力なのが、Wi-Fiスポットの無料サービス。利用できるWi-Fiスポットは交通機関、ホテル、カフェが中心です。

カフェで映画を見たり、長時間仕事をしたりと使い方は人それぞれ。Secured Wi-Fiエリアなら自動接続設定も可能です。

データ容量 月額料金
データSIM 音声通話SIM
1GB 1180円
3GB 880円 1480円
6GB 1380円 1980円
10GB 2280円 2880円
20GB 3800円 4400円
30GB 5380円 5980円
メリット デメリット
・端末価格が最安
・料金プランが安い
・大容量プランがある
・音楽アプリがカウントフリー
・通信速度がやや遅い
・ドコモ回線しかない

CHECK!

OCNモバイルONEの公式サイトへ

OCNモバイルONEの体験レビューへ

②イオンモバイル

イオンモバイルのロゴ

名義変更手数料:3000円

おすすめな人
  • イオンに信頼を置いている
  • 月額料金の安さにこだわる
  • 30GB以上で契約したい

小売業界で有名なイオンが運営するイオンモバイル。全体的にプラン価格が安く、小容量から大容量まで契約できます。

イオンらしく安さに対するこだわりが強く、どのデータ容量でも最安クラスです。

全国のイオンでサポートを受けられるのもイオンモバイルならでは。通信速度も速く、使い勝手に困ることはありません。

以前はオンライン契約で不通期間が生じるうえ、申し込み工程が多いデメリットがありましたが、現在は解消しています。

音声通話SIM データSIM
200MB 980円
500MB 1130円
1GB 1280円 480円
2GB 1380円 780円
4GB 1580円 980円
6GB 1980円 1480円
8GB 2680円 1980円
12GB 3280円 2680円
20GB 4680円 3980円
30GB 5680円 4980円
40GB 6980円 6480円
50GB 8980円 8480円
メリット デメリット
・月額料金が安い
・大容量プランあり
・イオンで契約可
・サポートレベルが低い
・オンライン契約がやや複雑

CHECK!

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイルの体験レビューへ

③ワイモバイル

ymobile

名義変更手数料:3000円

おすすめな人
  • 大手キャリアと同等の通信速度がいい
  • 頻繁に通話する
  • iPhoneセットで乗り換えたい

イーモバイル時代に築いた自社回線を持つワイモバイル(一部ソフトバンク回線も利用)。他社との回線混雑がないため、圧倒的な通信速度を叩き出しています。

平均速度は40~60Mbps。格安SIMながら、親会社のソフトバンクと同等の速さです。

YoutubeやWEBサイト閲覧はもちろん、テザリングも快適です。

速度以外だと、10分かけ放題がプラン価格内に付いているのも大きな特徴。通話料を大幅に節約できます。

プランSなら月額1980円で、通話料まで収めることができます。

また、月額1000円のオプション料金を払えば、無制限かけ放題も利用可。大手キャリアの無制限かけ放題は月額2700円なので、節約効果は絶大です。

その他、ワイモバイルはiPhoneを安く購入できるのもメリットです。

y mobileの名義変更Y!mobile(ワイモバイル)で名義変更・住所変更する方法

スマホベーシックプラン

プランS プランM プランR
月額料金
2680円 3680円 4680円
月額料金
(6ヶ月新規割)
1980円 2980円 3980円
データ容量 3GB 9GB 14GB
データ容量
(1年増量)
4GB 12GB 17GB
無料通話 10分かけ放題
メリット デメリット
・通信速度が一番速い
・10分かけ放題が付属する
・iPhoneのセット購入が安い
・全国にワイモバイルショップがある
・データ繰り越しができない
・購入できるAndroidの種類が少ない

CHECK!

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルのた体験レビューへ

④mineo

mineoのロゴ

名義変更手数料:3000円

おすすめな人
  • 手持ちの端末でスムーズに乗り換えたい
  • mineo独自のシステムを使ってみたい
  • データチャージなしで速度制限を回避したい

2018年にソフトバンク回線に対応したことで、mineoはトリプルキャリア対応に。

契約時にAプラン(auプラン)、Dプラン(ドコモプラン)、Sプラン(ソフトバンクプラン)を選択できます。

実際、mineoユーザーの7割以上は、SIMカード単体契約。手持ちの端末のまま月額料金だけ安くすることに成功しています。

mineoユーザーだけが使えるフリータンクも魅力。みんなで貯めたデータ容量を自由に引き出すことができます。

今月のデータ残量がピンチのときはフリータンクからデータ容量を引き出せます。

フリータンク以外にも、ユーザー同士でデータ容量を受け渡しできるパケットギフトや家族でデータ容量を分け合えるパケットシェアなど独自のサービスを利用できます。

その他、格安SIM業界での最強コミュニティ「マイネ王」もフルに利用できるのがメリット。

メーカーに直接問い合わせづらい端末の使い方やちょっとしたトラブルも気軽に質問できます。

mineoで名義変更mineo(マイネオ)で名義変更・住所変更をする方法

A(au)プラン

データ容量 シングルタイプ
(データSIM)
デュアルタイプ
(音声通話SIM)
500MB 700円 1310円
3GB 900円 1510円
6GB 1580円 2190円
10GB 2520円 3130円
20GB 3980円 4590円
30GB 5900円 6510円

D(ドコモ)プラン

データ容量 シングルタイプ
(データSIM)
デュアルタイプ
(音声通話SIM)
500MB 700円 1400円
3GB 900円 1600円
6GB 1580円 2280円
10GB 2520円 3220円
20GB 3980円 4680円
30GB 5900円 6600円

S(ソフトバンク)プラン

データ容量 シングルタイプ
(データSIM)
デュアルタイプ
(音声通話SIM)
500MB 790円 1750円
3GB 990円 1950円
6GB 1670円 2630円
10GB 2610円 3570円
20GB 4070円 5030円
30GB 5990円 6950円
メリット デメリット
・フリータンクで速度制限を回避できる
・mineo独自のサービスが充実
・3キャリア対応で乗り換えやすい
・大容量プランがある
・ソフトバンクプランが高い
・新機種の発売が遅い

CHECK!

mineoの公式サイトへ

mineoの体験レビューへ

2.実質格安SIMの楽天モバイルも名義変更OK

楽天モバイルでも名義変更できるんですね。

ええ、キャリアになってから対応したのよ。

キャリア移行したものの、実質格安SIMの楽天モバイルも名義変更ができます。

MVNO時代の楽天モバイルは名義変更不可でしたが、現在は手続き可。手数料3000円で他人に譲渡する名義変更が可能です。

楽天モバイルの料金プラン

  • 月額料金:2980円
  • データ容量:使い放題
楽天モバイルの名義変更、契約者変更楽天モバイルで名義変更する方法をパターン別に全解説

CHECK!

楽天モバイルの体験レビューへ

3.格安SIMの名義変更ルール

ところで、名義変更についてよく分かってる?
ん~そう言われると自信が無いですね。

ひとくちに名義変更といっても、いくつか種類があるわ。詳しく説明していくわね。

3-1.結婚・離婚による改姓ならどこでも手続き可

名義変更のうち結婚や離婚で名字・名前が変わる改姓・改名なら、どの格安SIMでも手続きができます。他人ではなく自分の名義が変わるパターンですね。

格安SIMによってルールは異なりますが、手数料はかからないケースが多いです。

3-2.家族など他人へ譲渡する名義変更がほとんど対応していない

名義変更したい方のほとんどが、自分ではなく他人に名義を変える譲渡(じょうと)でしょう。

夫名義から妻名義へ、あるいは子供名義に変えるといった手続きはすべて譲渡にあたります。

このケースは、前章までで紹介した格安SIM以外は、たとえ家族でも手続きができません。

格安SIMで譲渡の名義変更ができない理由は、売上にならない割に手間がかかるからだと思われます。

名義変更は重要な手続きなので、それなりに人員を割かなくてはいけません。その割に、取れる手数料が安いためコストがかさみます。

変更された名義は大事な個人情報なので管理コストもあり。これらの理由から、譲渡による名義変更を受け付ける格安SIMが極端に少ないのだと予想されます。

死亡した契約者の名義変更は手続きできるケースが多い

契約者が死亡したあと、名義変更して契約を引き継ぐ承継(しょうけい)。

こちらは、手続き可能な格安SIMが多いです。なお、このケースの場合では、通常家族が新たな契約者となります。

3-3.MNP転入前に名義変更しておくべき

mineo・OCNモバイルONE・イオンモバイル・Y!mobile以外の格安SIMは、MNP乗り換え前に名義変更が必要です。

MNP予約番号の発行者と格安SIMの契約者は同一名義でないといけません。必ずMNP転入前に名義変更を済ませておきましょう。

なお、大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)で名義変更するならカンタン。

名義変更する人・される人が揃ってキャリアショップに出向くだけでOKです。このとき、2人の本人確認書類と念のため印鑑も持っていきましょう。

もし、一人で来店する場合は、名義変更する人・される人に関わらず委任状が必要です。

来店後は、キャリアショップのスタッフに名義変更したい旨を伝えれば手続きしてくれます。MNP予約番号の発行も同時に手続きできますよ。

例外:BIGLOBEモバイルのシェアプランは名義を合わせなくてもOK

もし、家族でシェアプランを使いたいと考えている場合。格安SIMのシェアプランは通常主回線に名義を合わせなくてはいけません。

夫名義のシェアプランなら、妻も子供も夫名義に変更してMNPする必要があるのです。

しかし、BIGLOBEモバイルのシェアプランなら、それぞれのSIMカードに家族揃って自分名義でMNP転入できます。

名義変更の目的がシェアプランを使いたいから・・といった場合は、BIGLOBEモバイルを契約すると楽ですよ。

4.格安SIMの名義変更に関するケーススタディ

最後に、状況にあわせた名義変更のパターンについて解説していくわ。目を通してちょうだい。

4-1.本人名義のクレジットカードなしで契約できる?

本人名義のクレジットカードを持っていない場合はどうすればいいのでしょうか。

このケースは、保護者に契約してもらうのが1番です。格安SIMでは、「契約者は他人名義だけどスマホ利用者は自分」といった契約が可能です。

MEMO
楽天モバイルワイモバイルなら本人以外のクレジットカード名義でもOK

この契約方法の場合、申込み途中で利用者登録を行います。

利用者登録とは、契約者と利用者が異なる場合に行う登録のこと。オンライン上で簡単に手続きできます。

利用者情報の入力

利用者登録の入力画面

その他の解決手段として、口座振替対応の格安SIMを使うのも有効です。

4-2.子供が独立するタイミングで支払いを分けるには?

契約時は未成年だった子供が独立したので支払いを分けたい。このケースでは、名義変更できる格安SIMなら手数料を支払って名義と支払い手段を変更すればOK。

名義変更できない格安SIMの場合は、名義を変えずに支払いだけ子供のクレジットカード(あるいは銀行口座)に変更できないか問い合わせてみましょう。

残念ながら変更できない場合は、別の格安SIMへ乗り換える他ありません。電話番号が変わっていいなら、同じ格安SIMにて解約→新規契約を行いましょう。

電話番号を維持したい場合は、名義変更できる格安SIMに乗り換えてください。

5.この記事のまとめ

この記事では、格安SIMの名義変更について詳しく解説してきました。格安SIMは名義変更の対応状況が悪く、ほとんど手続きができません。

いまのところ、手続き可能なのは4社のみ。その他の格安SIMは、事前にキャリアショップで名義変更するしかありません。

名義変更の手続自体は簡単です。この記事を参考に、ご自身の状況に合わせて手続きして下さいね。

おさらい

名義変更できる格安SIMはある?

OCNモバイルONE・イオンモバイル・mineo・ワイモバイルで名義変更が可能です。

 

改姓・改名の名義変更も一部しかできない?

改姓・改名による名義変更は、どの格安SIMでも手続きできます。

 

MNP転入のとき、名義はどうすればいい?

事前に現在の携帯会社で名義変更してからMNP転入しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。