楽天モバイルで名義変更する方法をパターン別に全解説

楽天モバイルの名義変更

楽天モバイルで名義変更したいけど、どうすればいいのかお悩みではありませんか?

楽天モバイルの名義変更は状況によって手続きできる、できないが分かれます。この記事では、結婚、離婚、支払い者の変更、MNPの場合などあらゆる状況で名義変更ができるか詳しく解説しています。ぜひ、参考にしてくださいね。

1.楽天モバイルで名義変更できる?

楽天モバイルで名義変更するには、以下のルールがあります。

  • 他人に名義を変えることはできない
  • 自分の名義を変えることはできる

簡単に言えば結婚など自分の氏名が変わる際は名義変更できるけど、契約者変更など他人に名義を変えることができないルールです。

1-1.家族間でも名義を譲渡することはできない

楽天モバイルでは人から人へ名義変更することができません。例え家族であっても契約者名義を譲渡・変更することは不可能です。

同一人物以外で名義を変えたいときは、大体以下のパターンに分かれます。

  • 夫・妻の間で支払いを分けたいとき
  • 子供が自分で携帯料金の支払いを行うとき
  • 個人から法人に契約を変えたいとき

よくあるのが、利用者登録している子供が成人したので支払いを親名義から変えたいパターンです。簡単に手続きできそうな気もしますが、楽天モバイルでは他人に名義を譲渡できないため、支払いを子供名義に変えることができません。

登録中のクレジットカードを変えれば問題が解決しそうですが、契約者本人のクレジットカードしか登録できないためこちらも利用不可です。残念ながら解決策としては一度楽天モバイルを解約して、再契約し直すしかありません。

再契約する際は同じSIMカードが使えないため、電話番号が変わります。電話番号を変えたくない場合は一度他社にMNPしてから楽天モバイルに再契約します。かなり手間がかかりますが、有効な解決策が無いのが現状です。

1-2.結婚や離婚で自分の名義を変えることは可能

他人の名義に変更できない楽天モバイルですが、自分の名義を変えることは可能です。自分の名義を変えるとは、改姓・改名を行うときです。特に多いパターンが結婚・離婚による改姓です。名義変更の手続方法としては、楽天モバイルのメールフォームから改姓・改名したい旨を伝えるだけでOKです。

お問い合わせすると改姓・改名後の本人確認書類提出を求められます。指示に従って運転免許証、パスポート、健康保険証(公共料金領収書などの補助書類が必要)などの本人確認書類を指定された場所にアップロードしましょう。

1-3.契約者が死亡したら必要書類で解約

契約者が死亡した場合は、契約を譲渡するのではなく解約手続きを行います。楽天モバイルでは本人しか解約できないため、契約者が死亡した場合は必要書類(除籍謄本など)の提出が求められます。

詳しい対応方法は楽天モバイルカスタマーサポートに連絡して、オペレーターの指示を仰ぎましょう。端末代金の残債が残っている場合の対処法など詳しく教えてくれますよ。

1-4.住まいが変わるなら住所変更も忘れずに

結婚や離婚を機に住まいが変わる方も多いでしょう。住所が変わる場合は名義変更とともに住所変更の手続きも済ませておきましょう。住所を変更しておかないと、当然ながら楽天モバイルからの重要なお知らせや請求書を見逃すことになってしまいます。

住所変更の手続方法

  1. メンバーズステーション(マイページ)にログイン
  2. 「ご契約者さま情報」をタップ
  3. 新しい住所を入力して「確認画面へ」をタップ
  4. 最終確認をして「変更」をタップ

住所変更後はメールアドレスに確認の連絡が来ます。

キャンペーン速報

2019年8月8日まで

 

人気14機種の端末代金が大幅割引に。7980円のHUAWEIは狙い目です。

 

楽天モバイルの公式サイトへ

>>さらに詳しく最新キャンペーンを見る

2.楽天モバイルでMNPする場合の名義変更ルール

楽天モバイルでMNPする際、名義変更が必要となるケースがあります。MNPとは電話番号を変えずに携帯会社を乗り換えることです。ここでは、MNP転入・MNP転出の名義変更について詳しく解説していきます。

2-1.楽天モバイルにMNP転入する際の名義変更

楽天モバイルでは、MNP予約番号の取得者と楽天モバイルの契約者が同じ名義である必要があります。今まで夫の名義でスマホを契約していたけど楽天モバイルにMNPするついでに自分の名義に変えたい、といったケースでは名義が変わるためそのままでは楽天モバイルに申し込めません。

楽天モバイルにMNP転入する際は、前の携帯会社で名義変更を済ませておきましょう。楽天モバイルでは同一人物しか名義変更ができません。夫から妻や子供に名義を変えることができないため、前の携帯会社にて名義変更する必要があるのです。

楽天モバイルにMNPする前の携帯会社が大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)の場合は、キャリアショップで名義変更の手続きができます。名義を譲る人、譲り受ける人の2人でキャリアショップに出向けばすぐに手続きできます。

もし、2人でキャリアショップに行けない場合は、名義を変える2人分の本人確認書類と委任状を持ってどちらか一人が来店しましょう。

楽天モバイルにMNP転入する方法を4STEPで全解説

2-2.楽天モバイルからMNP転出する際の名義変更

楽天モバイルからMNP転出する場合、名義変更は次の携帯会社で行います。同一人物の名義変更なら楽天モバイルで手続きできますが、人から人に名義を譲渡する場合は楽天モバイルで手続きできません。注意点として、次の携帯会社が格安SIMの場合は乗り換え後に名義変更できない可能性があります。

執筆時点で、人から人に名義を譲渡できる格安SIMは以下の4社に限られます。

名義変更できる格安SIM

  • OCNモバイルONE
  • mineo
  • イオンモバイル
  • Ymobile

最も名義変更しやすいのは「mineo」です。手数料無料で電話にて手続きできます。次の携帯料金が大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)の場合は、キャリアショップにて名義変更ができますよ。

なお、名義変更ができない格安SIMへMNP転出する場合は、残念ながら楽天モバイルを一般解約するしか名義変更する方法がありません。一般解約の場合、電話番号が変わります。つまり、MNP自体を諦めるということです・・。

どうしても電話番号を変えずに名義変更したい、だけど次も格安SIM使いたい!といった方は、名義変更できる格安SIMから次の契約先を決めましょう。

3.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、楽天モバイルの名義変更について詳しく解説してきました。楽天モバイルでは結婚や離婚で同一人物が名義変更することはできますが、人に名義を譲渡することはできません。たとえ家族内でも他社に名義変更はできないため注意して下さい。

MNPと同時に名義変更したい場合は、楽天モバイルと契約前・契約後の携帯会社で手続きを行いましょう。

朗報:楽天モバイルで端末価格が大幅値下げ中です(2019年8月8まで)

楽天モバイル公式サイトにて、キャンペーンで端末がありえないセール価格に。

通常価格 セール価格
HUAWEI nova lite 3 26880円 7980円
(分割359円)
HUAWEI nova 3 54800円 42980円
(分割1934円)
HUAWEI P20 69800円 48980円
(分割2204円)
HUAWEI P20 lite 31980円 7980円
(分割359円)
AQUOS zero
SH-M10
89980円 79980円
(分割3599円)
AQUOS R2 compact
SH-M09
69800円 62800円
(分割2826円)
AQUOS sense2
SH-M08
29800円 14580円
(分割656円)
AQUOS R compact
SH-M06
67800円 49480円
(分割2226円)
AX7 29880円 9580円
(分割431円)
ZenFone 5 52800円 30980円
(分割1394円)
ZenFone 4 Max 19800円 17480円
(分割786円)
HTC U12+ 89800円 74980円
(分割3374円)
HTC U11 life 39800円 13980円
(分割629円)
LG Q Stylus 39800円 14980円
(分割674円)
Essential Phone 49800円 27980円
(分割1340円)

在庫限りなのでお早めに↓

セール中の端末一覧を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。