mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)で名義変更・住所変更をする方法

mineoで名義変更

mineo(マイネオ)で名義変更・住所変更をするにはどうすればいいのか、お悩みではありませんか?

以前は、名義変更の手続きができなかったmineo。ですが、2017年6月より名義変更の手続き(譲渡)ができるようになりました。名義変更ができる格安SIMは珍しいです。mineoは非常に利便性が高いと言えます。住所変更に関しては、マイページから簡単に手続きができます。

この記事では、mineoで名義変更・住所変更をする方法を詳しく解説していきます。ぜひ、参考にして下さいね。

1.mineoで名義変更をする方法

名義変更ができるmineo。さっそく、詳しい手続方法について見ていきましょう。

1-1.名義変更の手順

mineoの名義変更は以下の手順で行います。

ステップ1 mineoサポートダイヤルに連絡

mineoの名義変更はマイページからは手続きできません。mineoサポートダイヤル(通話料無料)に連絡して、オペレーターに直接依頼する流れとなります。

■mineoサポートダイヤル:0120-977-384(受付時間 9:00~21:00、年中無休)

連絡後、自動ガイダンスが流れたら「6(その他のお問い合わせ)」をプッシュ。オペレーターに接続されるのを待ちましょう。オペレーターに繋がったら、名義変更をしたい旨を伝えます。この時、個人情報や契約状況について詳しく質問されます。

mineoを新規契約した際に送られてきたmineo契約内容通知書があればスムーズに答えることができるため、手元に準備しておくといいでしょう。名義変更する理由も質問されます。

ステップ2 同意書と必要書類を返送する

オペレーターとのやり取りが終わったら、譲渡人の自宅に名義変更の同意書が送られてきます。名義の譲渡人は同意書に必要事項を記入。指示された必要書類とともに、mineoに返送します(返送用封筒が同梱されている)。以上で名義変更の手続きは完了です。

あとは、mineo側で書類をチェックして名義変更の登録を行ってくれます。登録が終わったら、名義変更後の契約内容通知書が送られてくるので、内容を確認しておきましょう。

1-2.名義変更に必要な日数と手数料

mineoの名義変更は書類の郵送期間(往復)があるため、手続完了までにやや時間がかかります。mineo側の登録作業もあるため正確な時間は読めませんが、7~10日は最低でもかかると考えておきましょう。

また、名義変更には契約譲渡手数料として3240円が必要となります。支払いを行うのは、譲受人(名義変更された人)です。ただし、3親等以内の家族間であれば、契約譲渡手数料は無料となります。

3親等以内の定義

3親等以内の家族なら手数料が無料

毎月の利用料金については、名義変更完了月から譲受人の支払いに変わります。

1-3.名義変更が必要な主な事例

そもそも、名義変更はどのようなケースで必要なのでしょうか?

主な事例として以下に当てはまる方が、名義変更が必要となります。

  • 結婚・離婚で改姓・改名をした
  • 成人した子供を契約者にしたい
  • MNP転出前に名義を変えておきたい

名義変更で最も多いケースが結婚・離婚した女性の改姓・改名です。クレジットカードの名義も合わせて変更しておきましょう。また、未成年の子供が利用者登録を使って親に契約してもらっていた場合、子供の成人を機に名義変更したいケースがあるかと思います。

もちろん、名義変更できますが支払い者を子供あるいは妻に変えたいだけなら、名義変更せずにクレジットカードだけを変更することも可能です(詳しくは次項にて)。MNP転出前の名義変更は、mineoから次の携帯会社に乗り換える際に必要なケースです。

MNPでは、MNP予約番号の発行者と携帯会社の契約者が同じ名義である必要があります。夫の契約でmineoに登録していた妻が次の携帯会社にMNPする場合、mineoで自分名義に変更しておかないと次の携帯会社でも夫に契約してもらう必要があるのです。

次の携帯会社に自分名義で乗り換えたい方は、先にmineoで名義変更をしておきましょう。

1-4.クレジットカードの変更は名義変更の必要なし

子供が成人したのを機に毎月の支払いを親から子供に変えたい、そんな場合は登録しているクレジットカードを変更するだけでOKです。mineoでは本人名義のクレジットカードしか新規契約ができないルールがあります。しかし、契約後は本人名義ではない(契約者と違う)クレジットカードを登録することが可能です。

クレジットカードの変更は、mineo マイページにログイン後、「登録情報の変更/サポート」の「お支払い方法の変更」をタップ。「クレジットカード払い変更受付」より、新しいクレジットカード情報を登録しましょう。これで、契約者は親名義でも、支払いは子供(クレジットカードの登録者)に変更することができますよ。

1-5.名義変更ができないケース

以下に当てはまる方は、mineoで名義変更の手続きができません。

  • 端末代金の分割払いが終わっていない
  • 毎月の利用料金を滞納している

まず、端末代金の分割払い(割賦契約)が終わっていないと、名義変更ができません。分割回数は24回なので、契約から2年は名義変更できないことになります。2年も待てない方は、サポートデスクに相談して端末代金の残債を一括払いで支払いましょう。

次に、毎月の利用料金を滞納している方ですが、こちらは絶対とは言い切れませんが名義変更ができない可能性があります。どの程度の滞納で名義変更を受け付けないのか、詳しい基準は分かりません。

ですが、一般的な支払い忘れの域を超えていると、mineoの審査が入って名義変更できないと考えていいでしょう。滞納がある方は先に支払いを終えてから、名義変更の希望を申し出た方がいいです。

2.mineoで住所変更をする方法

引っ越しや市町村の合併で住所が変わるときは、住所変更の手続きが必要です。mineoの住所変更はマイページから行います。

詳しい手順は以下の通りです。

1.mineo マイページにログイン

2.ご利用状況の確認から「お客さま情報照会(eoID等)」をタップ

住所変更のやり方

3.お客さま情報の「変更」をタップ

4.「住所変更」にチェックを入れて新しい住所を入力

住所変更のやり方2

変更理由の選択も忘れずに行いましょう。

5.「確認」をタップ

6.最終確認をして「申請」をタップ

mineoの住所変更3

以上で住所変更の手続きは完了です。「お客さま情報の変更申請完了」の画面が表示されます。メールアドレスに申請完了のメールが届いているので確認しておきましょう。住所変更の手続きですが、実際に変更されるまで10日程度かかります。反映が遅いため、郵送物の行き違いなど心配な方は、郵便局の転送サービスを登録しておきましょう。

3.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、mineo(マイネオ)の名義変更と住所変更について詳しく解説してきました。名義変更は、mineoサポートダイヤルにて同意書を取り寄せて返送する流れとなります。端末代金の分割払い途中や支払いの滞納がある場合は名義変更できないので注意しましょう。

住所変更はマイページより2分程度で手続きできます。新しい住所に反映するまで10日くらいかかることを覚えておきましょう。

mineoの注目記事
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。