【2021年】口座振替対応の格安SIMを比較【クレジットカード不要】

口座振替が使える格安SIM

この記事のポイント

  • 格安SIMで口座振替は使えるが、利用条件が付くケースが多いので注意
  • 最も好条件で口座振替を使えるのがUQモバイル、次点は楽天モバイル

「口座振替で申し込める格安SIMはあるの・・?」

格安SIMを使いたくても、クレジットカードが無いと困りますよね。そこで利用したいのが口座振替。

しかし、格安SIMは口座振替に対応しているのでしょうか。

結論から言うと、格安SIMで口座振替は使えます。ただし、各社で利用条件が異なるため事前にしっかりと確認しておく必要があります。

この記事では口座振替対応の格安SIMを徹底比較。申し込み前の注意点もまとめているので、ぜひご参考に。

1.格安SIMの口座振替払いは注意点あり

格安SIMで口座振替は使えますか?

使えるんだけど、いくつか注意点があるわ。

格安SIMは口座振替が使えるものの、大手キャリアと比べて利用条件が付くケースが多いです。

注意点
  • そもそも対応していない格安SIMが多い
  • 口座振替依頼書の郵送が必要
  • オンラインで申し込めない場合あり
  • 振替手数料が発生する場合あり
  • 端末代金の支払いに非対応の場合あり
  • 登録完了までは請求書払いか回線を利用できない

上記の注意点はすべての格安SIMに共通するわけではありません。しかしながら、クレジットカード払いに比べてうんざりするような利用条件を付けられているケースが多いです。

特に、オンライン申請に非対応の場合が面倒です。申込窓口が店舗あるいは電話に限られるうえ、郵送で書類を送らなければいけません。

現状、面倒な条件なしで口座振替を利用できる格安SIMはUQモバイルしかありません。次点で、楽天モバイル(実質的な格安SIM)がスマートに申し込めます。

MEMO
口座振替の詳しい利用条件(格安SIM別)は次章で解説

2.【クレジットカード不要】口座振替対応の格安SIMを比較

各社の口座振替の対応状況について、詳しく知りたいです。

OK、要点をまとめて説明していくから見てちょうだい。

口座振替対応の格安SIM(超マイナー除く)は以下の4社です。

口座振替対応の格安SIM

オンライン手続き 振込手数料 端末代金の支払い
UQモバイル 0円
ワイモバイル 店舗のみ
0円
OCNモバイルONE 電話のみ 0円 不可
BIGLOBEモバイル 三角データSIMのみ可 200円 三角不透明
TOPIC
口座振替に使える金融機関は、メガバンク・ゆうちょ銀行・ネット銀行(楽天銀行、住信SBI、ジャパンネット銀行など)・地方銀行・信用金庫など幅広く選択できる
※口座振替非対応mineo(eo光ユーザーのみ可)、IIJmio、イオンモバイル、NifMo、nuroモバイル

UQモバイル

おすすめな人
  • 速度の安定感が大事
  • 最高の条件で口座振替払いを使いたい
  • 人気の格安SIMを選びたい

口座振替の利用条件

オンライン手続き 振込手数料 端末代金の支払い
0円
POINT
好条件で口座振替払いを使える格安SIMはUQモバイルだけ

トップクラスの通信速度を誇るUQモバイル。他社では1Mbps程度まで落ちるお昼の時間帯でも、10Mbps以上の速度が出ます。

また、口座振替の利用条件では格安SIMでNo.1です(オンライン申請OK&手数料0円)。

iPhoneのセット購入も可。アプリ経由なしのかけ放題やショップの充実度など、大手キャリアに匹敵するサービスレベルです。

料金プラン

くりこしプラン
S M L
月額料金 1480円 2480円 3480円
データ容量 3GB 15GB 25GB

※くりこしプランM/Lは最低通信速度が1Mbps

UQモバイルの口座振替払いについて

UQモバイルの口座振替は、オンライン申し込みOKで毎月の振替手数料はかかりません。端末代金の分割払いにも対応しています。

オンライン申し込みの場合は、支払い方法の選択で口座振替(銀行か郵便局)を選んで本人名義の銀行口座を登録しましょう。

口座振替の選択

オンライン申請可

申込み後、口座振替依頼書が郵送されるので必要事項を記入して返送します。UQ側で登録が完了するまでは、請求書によるコンビニ払いです。

\1万円キャッシュバック(WEB限定)/

UQモバイルの公式サイトへ

UQモバイルの口座振替払い【新規でWEB申し込みOK】UQモバイルの口座振替を詳しく解説

ワイモバイル

おすすめな人
  • 最高速度の格安SIMを求める
  • 無制限かけ放題を使いたい
  • iPhoneセットで乗り換えたい

口座振替の利用条件

オンライン手続き 振込手数料 端末代金の支払い
店舗のみ
0円

自社回線を使うワイモバイルは、他社との回線混雑がないため圧倒的な通信速度を誇ります。通信品質は全格安SIMでNo.1。

平均速度は40~60Mbpsで、格安SIMながら親会社のソフトバンクと変わらない速さです。

+1870円(税込)で時間無制限のかけ放題の利用OK。ワイモバイルショップが充実しているため、実店舗でアフターサポートを受けることも可能です。

料金プラン

シンプルS シンプルM シンプルL
月額料金
1980円 2980円 3780円
データ容量 3GB 15GB 25GB

※シンプルプランM/Lは最低通信速度が1Mbps

ワイモバイルの口座振替払いについて

ワイモバイルは店舗(ワイモバイルショップ)申し込みに限り、新規契約時に口座振替を申請できます。本人確認書類、キャッシュカード、印鑑を持参して来店しましょう。

オンライン申し込みの場合は、クレジットカードで契約したのち口座振替払いに変更する流れで利用可能です。

その際は、My Y!mobileから口座振替依頼書を取り寄せて郵送で書類を送ります。手続き完了(1~2か月)までの間は、請求書にてコンビニ払いとなります。

\PayPayボーナスあり/

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイル 口座振替Y!mobile(ワイモバイル)は口座振替対応?詳しい利用条件を解説

OCNモバイルONE

おすすめな人
  • 最安値で端末を購入したい
  • 利用料金の安さを重視する
  • 音楽アプリが手放せない

口座振替の利用条件

オンライン手続き 振込手数料 端末代金の支払い
電話のみ 0円 不可

OCNモバイルONEは、格安SIMの中で屈指の安さを誇ります。特に端末代金は、他社の半額以下になることも。

月額料金も最安レベル。MUSICカウントフリーによりAmazon music・Google Play Music・LINE MUSICなど音楽アプリはデータ消費がありません。

さらに、回線増強により通信速度も従来より大幅アップ。Wi-Fiスポットの無料サービスも付いており、データ消費を節約する仕組みが整っています。

料金プラン

データ容量 月額料金
データSIM 音声通話SIM
1GB 1180円
3GB 880円 1480円
6GB 1380円 1980円
10GB 2280円 2880円
20GB 3800円 4400円
30GB 5380円 5980円

OCNモバイルONEの口座振替払いについて

OCNモバイルONEはSIMのみ契約なら手数料なしで口座振替に正式対応しています(端末セットは利用不可)。ただし、電話で手続きする必要があります。

口座振替を希望する場合は、カスタマーズフロント(0120-506-506)に連絡して下さい。その後、申込用紙が送付されるので必要事項を記入して返送。

確認の電話が入って登録完了です。登録を待つ間(約1か月)は回線の利用が出来ないので注意してください。

なお、OCN光ユーザーなら電話手続き無しでも口座振替の合算請求が可能です。

\端末セール中(1万円以下)/
OCNモバイルONEの支払い方法【クレカなし】OCNモバイルONEでデビットカードや口座振替は使える?

BIGLOBEモバイル

おすすめな人
  • 動画が無制限で楽しみたい
  • 家族でシェアSIMにMNP転入したい
  • 万全のサポート体制で安心したい
オンライン手続き 振込手数料 端末代金の支払い
三角データSIMのみ可 200円 三角不透明

エンタメフリーオプションが強力なBIGLOBEモバイル。Youtube、AbemaTV、Google Play Musicなど人気動画・音楽サービスが月額480円で使い放題です。

3GBプランにエンタメフリーオプションを付ければ、動画見放題なのにスマホ代は2000円以下に。

その他、名義変更なしで家族乗り換えができるシェアプランも魅力。チャットサポートは24時まで有人対応なのも心強いです。

料金プラン

データ容量 月額料金
データSIM 音声通話SIM
1GB 1160円
3GB 900円 1600円
6GB 1450円 2150円
12GB 2700円 3400円
20GB 4500円 5200円
30GB 6750円 7450円

BIGLOBEモバイルの口座振替払いについて

BIGLOBEモバイルではデータSIMに限り、KDDI請求で口座振替を利用可能です。振替手数料が毎月200円かかるので注意して下さい。

申請はオンラインでOK。申し込み後、「支払方法登録申込書」を郵送すれば登録できます。

なお、ビッグローブ光・auひかりの合算請求を使えば、音声通話SIMでも口座振替が利用可能です。

\初期費用無料&月額割引きCP

BIGLOBEモバイルの公式サイトへ

BIGLOBEモバイルの支払い方法とは?BIGLOBEモバイルの支払い方法とは?【口座振替やデビットカードの利用条件も分かる】

3.【実質格安SIM】楽天モバイルも口座振替対応

おすすめな人
  • データ使い放題を求めている
  • 楽天ポイントを貯めている
  • スマホ代を3000円以下にしたい

口座振替の利用条件

オンライン手続き 振込手数料 端末代金の支払い
三角100円 不可

楽天モバイル(楽天アンリミット)は、月額2980円でデータ使い放題。すべての携帯会社で最強のプラン内容と言えます。

通信速度も良好で、常に20Mbpsあたりで安定。最低1Mbpsが保証されているため、動画が止まることはありません。

また、通話し放題の楽天Linkも無料で利用OK。楽天市場の獲得ポイントが常に+1倍となる特典も付いています。

料金プラン

データ容量 月額料金
(Rakuten UN-LIMIT VI)
1GBまで 0円
3GBまで 980円
20GBまで 1980円
20GB以上(無制限) 2980円

※楽天回線エリア外は最大5GBまで(5GB以上は1Mbpsの使い放題)

楽天モバイルの口座振替払いについて

キャリア移行したものの実質的な格安SIMと言える楽天モバイルは、口座振替に正式対応しています。口座振替依頼書の送付が不要なので、即手続きが完了するのがメリット。

口座振替の選択

オンライン申請可(書類の郵送不要)

注意点として、端末代金の支払いができないのと(代引き払いとなる)、18歳未満は保護者同伴のうえ店頭申込みになる点に気を付けて下さい。

なお、口座振替払いでも1%の楽天ポイント付与特典が付きますよ。

\ポイント還元で端末代無料

楽天モバイルの公式サイトへ

楽天モバイルは口座振替に対応【クレジットカードなしOK】楽天モバイル(楽天アンリミット)は口座振替が使える

4.口座振替払いだと審査が不利になる?

口座振替払いを選ぶと審査に影響するって聞いたことがあります。

クレジットカードより不利になる可能性はあるけど、過度に心配しなくて大丈夫よ。

格安SIMで口座振替を選ぶと、審査に通りにくくなるのでは?との口コミが挙がっています。結論から言うと、格安SIMの審査基準はブラックボックスなので分かりません。

ただ、クレジットカードより審査が通りにくくなる可能性は十分考えられます。事実、ワイモバイルは口座振替を希望すると審査落ちの可能性をスタッフから注意喚起されるそうです。

とはいえ、あまり審査にビビらなくても大丈夫です。過去によほど酷い滞納や金融事故を起こしていなければ問題なく契約できます。

もし、携帯代の滞納がある人は事前に清算してから申し込みましょう。滞納情報はすべての携帯会社で共有されています。

5.なぜ?格安SIMはクレジットカード対応のみが多い理由

そもそも、なんでクレジットカードしか使えない格安SIMが多いんですか?

いくつか理由は考えられるけど、コストカットとリソース不足の面から対応が難しいんじゃないかな。

ほとんどの格安SIMは、本人名義のクレジットカード払いしか対応していません。格安SIMにクレジットカード払いのみが多い理由として考えられるのが、

  • 審査や督促の人件費をさけない
  • 支払いの遅延・滞納リスクを抑えられる

の2点が原因かと思われます。格安SIMは薄利多売の業界なので、ギリギリまでコストカットしなくてはいけません。

資金体力のあるキャリアに比べて、審査や督促の人件費をさけない問題があります。クレジットカード払いに限定すれば、契約者の社会的な信用や一定の収入が担保されます。

口座振替と比べてクレジットカードは誰でも作成できないため、格安SIM事業者にとっては足切りとして使えるわけです。

また、代金の回収をクレジットカード会社が請け負ってくれるため、支払い滞納のリスクを抑えられるのもメリットでしょう。

未納者に督促する金銭&時間リソースが無いというのも本音でしょう。

あくまで当サイトの見解ですが、この2点を理由に格安SIM事業者は口座振替払いを嫌っているのだと考えられます。

6.まとめ

口座振替が使える格安SIMは数が限られますが、主要な格安SIMでいくつか対応しています。結論としては、UQモバイルか最もおすすめです。

UQモバイル以外の格安SIMは、口座振替の契約に面倒な条件が付きます。キャリアになりますが、楽天モバイルも好条件で口座振替を使えます。

この2社から選べば間違いありませんよ。

2021年おすすめの携帯会社とは?

【キャリアを選ぶなら】楽天モバイル

公式キャンペーン

 

2980円でデータ無制限、20GB以内のデータ消費に収まれば1980円以下に。現在、ポイント還元で実質0円で端末購入できます。
1年無料キャンペーンが終わる前にお試しすべき。契約事務手数料&解約金は0円です。

レビューを見る

【格安SIMを選ぶなら】UQモバイル

公式キャンペーン

 

キャリアと変わらない通信品質があり、3GBで1480円の安さ。WEB契約なら1万円キャッシュバックが貰えます。

データ繰り越しできるので、無駄がありません。格安SIMながら実店舗も豊富です。

レビューを見る

3 COMMENTS

田村茂樹

lineモバイルの支払いで、LinePayカードが、使えると書いて、ありましたが、linePayカードで、支払うと、ポイントつくと書いてありましたが、本当でしょうか?

返信する
管理人

お問い合わせありがとうございます^^
LINE Payカードで支払うと2%(100円につき2ポイント)の還元率でLINEポイントがたまります。
一般的なクレジットカードは還元率1%なのでポイントはたまりやすいです。

LINEポイントは、nanaco、Amazonギフト、LINEコイン、pontaカードなどと交換できますよ。

返信する
秋山

OCNモバイルONEについて、既にOCN光サービスの支払方法を口座振替にしている方なら申込の際合算にする事で従来通り出来ます。更にモバイル割の手続もしてくれます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。