【裏技】iPhone 6/6 Plusを簡単にSIMロック解除(SIMフリー化)する方法

iPhone 6をSIMロック解除

この記事のポイント

  • SIMロック解除アダプタを使えば、iPhone 6/6 PlusをSIMフリー化できる
  • ファクトリーアンロックサービスはおすすめできない
  • 無理にSIMロック解除しなくても他社に乗り換えられる

「iPhone6/6PlusはどうやってSIMロック解除できるの・・?」

iPhoneシリーズのSIMロック解除は、iPhone 6sから解禁されました。そのため、iPhone 6/6 Plusは通常の方法でSIMロック解除できません。

しかしご安心を。ある裏技を使えば簡単に解除可能です。

この記事では、難しい知識なしでもできるiPhone 6/6 PlusのSIMロック解除方法について詳しく解説していきます。ぜひ、ご参考に。

【危険を伴うのでバックアップすべき】

 

iPhone 6/6 PlusのSIMロック解除はデータ損失の危険を伴います。そのため、事前のバックアップを取っておきましょう(FonePaw社ソフト推奨

バックアップについて詳しくはこちら(記事内ジャンプ)

1.iPhone 6/6 PlusがSIMロック解除できない理由

そもそも、何でiPhone 6はSIMロック解除できないんですか?

SIMロック解除の機能自体が無いからなの。

iPhone 6/6 PlusがSIMロック解除できない理由は、2015年5月以前の機種だからです。2015年以前もSIMロック解除の技術はありましたが、キャリアが実装を拒否。

しかし、2015年5月よりSIMロック解除の義務化が始まり、今では全機種が解除可能となりました。

iPhoneシリーズだと、iPhone 6/6 Plusの次に発売されたiPhone 6sからSIMロック解除ができます。残念ながら、iPhone 6/6 PlusはギリギリSIMロック解除ができない機種となっているのです。

アップルストアや家電量販店はもちろん、キャリアショップに持ち込んでも対応してくれないので注意して下さい。


2.【裏技】iPhone6/6 PlusはSIMロック解除アダプタでSIMフリー化できる

どうすれば、iPhone 6でもSIMロック解除できますか?

SIMロック解除アダプタを使えば簡単よ。

SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)とは?

通称SIM下駄と言われるSIMロック解除アダプタとは、その名の通りSIMロック解除を目的としたSIMトレイとなります。いわゆる脱獄(iPhoneの改造)ではありません。

SIMロック解除アダプタ

SIMロック解除アダプタ

格安SIMなど利用したい携帯会社のSIMカードを、SIMロック解除アダプタ(SIMトレイ)に重ねることでデータ通信が利用可能となります。

厳密にはSIMロック解除されていないのですが、SIMカードの挿入状況を誤認識(プログラムを書き換える)させる仕組みです。疑似的ではありますが、裏技的にSIMフリー化が可能です。

iPhone 6/6 Plusはもちろん、何らかの事情でSIMロック解除できなくなったiPhoneシリーズで利用されています。中古のiPhone 6/6 Plus(通称白ロム)にも有効です。

アクティベーションまでの手順

SIMロック解除アダプタは、技術的な意味は分からなくても使い方は拍子抜けするほど簡単です。

SIMロック解除アダプタの使い方

  1. SIMロック解除アダプタをSIMトレイに乗せる
  2. さらにSIMカードを重ねて挿入する
  3. 本体を起動してアクティベーション(初期設定)させる

ポイントとしては、SIMロック解除アダプタの向きに気を付けること。ベロの部分が裏面に出るよう差し込んで下さい。

SIMロック解除アダプタのセット方法

向き・表裏に注意

こちら、分かりやすい設定動画がありましたので、参考情報として載せておきます。

購入価格は2500円程度

SIMロック解除アダプタはどこに売っていますか?

市販で見かけることは無いわね。Amazonや楽天市場で安く売られているわ。

気になるSIMロック解除アダプタの価格ですが、Amazonにて2500円程度で購入可能です(時期によって若干の価格変動あり)。

業者(ファクトリーアンロックサービスなど)に依頼すると数万円を請求されることもあるので、十分にお値打ちでしょう。

購入の際は、対応機種にiPhone 6/6 Plusが記載されていることを確認して下さいね。

CHECK!

AmazonでSIMロック解除アダプタを見る

3.iPhone6/6 PlusにSIMロック解除アダプタを使う際の注意点

SIMロック解除アダプタがあるなら安心ですね!

そう言いたいところだけど、バックアップは取っておいた方がいいわよ。

必ず成功するとは限らない

SIMロック解除アダプタの成功率ですが、およそ70~80%くらいです。たいていは上手くいきますが、何らかの理由(原因は特定できない)で失敗する場合もあります。

SIMロック解除失敗の口コミ

SIMロック解除失敗の口コミ

SIMロック解除アダプタを使用できないときは、iPhone 6/6 PlusにてSIMカードを認識しません。

こうなってしまうと有効な対策手段が見当たらず、不良品でない限りSIMロック解除アダプタの購入代金は戻ってきません。

データを失う可能性があるため事前にバックアップを取っておく

iPhone 6/6 Plusに有効なSIMロック解除アダプタですが、最悪の場合はシステム不具合が起きたり工場出荷状態に戻ってしまったりとデータを失う可能性があります。

携帯会社のSIMカードが壊れてしまったとの口コミも・・。

SIMロック解除失敗で破損

SIM破損の口コミ

もしデータを失ったら、Apple公式で責任を取ってはくれません。非公式な裏技を使っているため、致し方ないですね・・。

確実にバックアップを取るならFonePawのソフトがおすすめ

一部有料サービスにはなりますが、確実にバックアップを取りたいならFonePaw社が提供する「iOSデータバックアップ・復元」がおすすめです。

こちら、iTunesやiCloudに対して上書きされずにこまめなバックアップを取れます。実際に使ってみましたが、初心者でも迷わず使える操作が可能です。

iOSデータバックアップ

iPhone6 Plusのデータをバックアップ

また、バックアップだけでなく復元も利用可能。仮にデータ破損してもすべてのデータを取り戻せますよ。

なおFonePawでは、iOSデータバックアップ・復元の他にも、

といった便利なソフトが提供されています。iPhone 6/6 PlusのSIMロック解除でバックアップを取りたいときはもちろん不具合が起きたときの対処法としても心強いです。

なお、iPhoneデータ復元については以下の記事にてレビューを行っています。

FonePaw「iPhoneデータ復元」をレビュー【無料お試しあり】FonepawのiPhoneデータ復元をレビュー!評判や安全性など詳しく解説

4.ファクトリーアンロックはおすすめしない

ファクトリーアンロックサービスとは、iPhoneのSIMロック解除サービスを提供している民間業者です。

人任せにできるため楽に思えますが、ファクトリーアンロックサービスはまったくおすすめできません。

おすすめできない理由
  • 価格がぼったくり(1~3万円)
  • iPhoneを預ける必要あり
  • 信頼できる業者が分からない

SIMロック解除アダプタなら2500円程度でSIMロック解除ができます。しかし、ファクトリーアンロックサービスは、その10倍以上の価格を請求されます。

1~3万円かかるなら、新しい機種を購入したほうがいいでしょう。

また、iPhoneを預ける点も大きなデメリット。海外に送られることもあるので、手元にiPhoneが戻ってくるまで大きく時間がかかる場合があります。

そもそも、ファクトリーアンロックサービスの提供会社は非常に少なく、どこが信頼できるのか分からないのも難点です。

5.補足:同キャリアの回線ならSIMロック解除なしでも乗り換えられる

う~ん、面倒に思えてきました。

SIMロック解除アダプタは失敗することもあるから、あえてSIMロック解除なしで乗り換えるのも一つの方法よ。

iPhone 6/6 PlusにSIMロック解除アダプタを使う方法は、お金もかかりますし確実に成功するとは限りません。そのため、無理にSIMロック解除しなくても大丈夫です。

SIMロック解除なしでは次の携帯会社に乗り換えられない・・なんてことはありません。同キャリアの回線に合わせれば、iPhone 6/6 Plusでも乗り換え可能です。

SIMロック解除なしでもいい

例えば、ドコモ版のiPhone 6/6 Plusなら、ドコモ回線を使う携帯会社を選べばOKです。格安SIMはもちろん、キャリアの格安プランも選択できますよ。

SIMロック解除なしで利用OK

 

ドコモ版iPhone 6/6 Plus 

 

au版iPhone 6/6 Plus 

 

ソフトバンク版iPhone 6/6 Plus

MEMO
おすすめは安さと通信品質の両面から評価

6.まとめ

iPhoneのSIMロック解除は6sから対応です。そのため、通常はSIMロック解除できないiPhone 6/6 Plusですが、SIMロック解除アダプタを使うことでSIMフリー化できます。

ただし、SIMロック解除アダプタは失敗することもあるので注意して下さい。

特にデータを失う危険性があるため、精度の高いバックアップ&復元ソフトを利用することをおすすめします。記事内でご紹介したFonePaw社のソフトなら、確実性が高いです。

なお、失敗が怖い場合は、無理にSIMロック解除する必要はありません。端末と回線を同キャリアに合わせることでiPhone 6/6 Plusでも、別の携帯会社に乗り換え可能ですよ。

【2021年】スマホ代を劇的に下げるなら?

安さ重視→楽天モバイル

公式サイトへ

 

1GB以内なら0円、20GBでも全携帯会社で最安の2178円に。さらにRakuten Linkで通話料はどこにかけても無料です。

今なら誰でも5000ポイント還元&3ヵ月無料キャンペーン中。ポイント還元で実質0円の端末もあり。iPhoneは最安値で購入できます。

月額料金 初期費用・解約金 iPhone販売
0円~ 0円 あり

品質重視→LINEMO

公式サイトへ
LINEMO

ソフトバンク回線をそのまま利用するLINEMOは通信品質が良好です。料金は、3GB 990円と20GB 2728円の2種類のみ。

LINEアプリはデータ消費なしで使い放題。キャリア品質なのに格安SIMより割安です。通話重視なら、無制限かけ放題を利用できます。

月額料金 初期費用・解約金 iPhone販売
990円~ 0円 なし

7 COMMENTS

管理人(なき)

修正したいので、間違いの箇所を教えていただけませんでしょうか?

返信する
匿名

アクティベーションカードを入れてもSIMロック解除なんてできないと思いますけど。

返信する
管理人(なき)

すみません、アクティベーションカード=SIMロック解除アダプタで、SIMロック解除アダプタは使えないとのご指摘で合っていますでしょうか?

返信する
たおる

出来ませんでしたよ。
この記事は嘘じゃないかな。
書いてる人意味分かってない?

返信する
Rin

アクティベーションカードとSIMロック解除アダプターは別物で
アクティベーションカードはSIM無しで使用したり、iphoneの初期設定を行う用のカードの様です。
iphoneのsimロック解除アダプターを使うときに本体の設定変更等でうまく本体が表示できない場合にも必要らしいです。
失礼だと思いましたが自分なりのコメントで入れてしまいました。
すいません。

返信する
管理人(なき)

【記事の内容について(管理人より)】
こちらの記事は、皆様からコメントでご指摘して頂いた通り致命的な記述ミスがございました。間違った情報を載せてしまい大変申し訳ございませんでした。現在は、内容を精査してSIMロック解除できる可能性が高い方法を再掲載しております。自己責任にはなりますが、7割以上は成功を見込める手法となっていますので、ご参考にして下さい。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。