楽天モバイルが1年無料(残り100万人)

povo(ポヴォ)の評判とは?メリット・デメリットから分かるおすすめな人

povoの評判とは?

この記事のポイント

  • povoは2480円の格安料金で20GBのデータ容量が使える
  • au品質の回線が使える、データ使い放題などのトッピング追加ができるといったメリットがある
  • 対面サポートやキャリアメール不要でかけ放題はオプション扱いでいいならpovoがぴったり

「povoが気になるけど、実際どうなの・・?」

povo(ポヴォ)はauが提供する格安プランです。ドコモのahamo、ソフトバンクのSoftBank on LINEと違い5分かけ放題がオプションになっています。

そのため、月額料金は20GBで2,480円と3キャリアの格安プランでは最安です。さらに、データ通信の24時間使い放題などトッピングという形で追加できます。

そんなpovoですが、デメリットがないのか気になるところ。特に、評判・口コミを事前に確認したいですよね。

そこでこの記事では、povoの評判ついて徹底考察。メリットだけでなくデメリットも深く追求していきます。

最終的に、どんな人におすすめできるかまとめたので参考にしてください。

1.povo(ポヴォ)とは?【特徴・料金】

povoって、どんなサービスなんですか?

auが提供する格安の料金プランよ。格安SIMじゃなくてau本家がサービス展開しているの。

povoとはauが発表した新料金プランです。KDDIとシンガポール企業のCircles Lifeによる協業で誕生しました。

サブブランドのUQモバイルと違い、povoはauの料金ラインナップの1つです。元々はMVNO(格安SIM)として発足する予定だったものが、ahamoSoftBank on LINEの動向を受けてメインブランドでの展開となりました。

povoの料金プランは以下の通りです。

料金プラン

月額料金 2,480円
データ容量 20GB
データ追加 データ使い放題:200円/24時間
1GB:500円
データ繰り越し なし
かけ放題 5分かけ放題:月額500円
無制限かけ放題:月額1,500円
5G通信 対応
eSIM 対応
契約縛り なし
MEMO
au、UQモバイル、povo間の移行は手数料無料

povoでは20GBのデータ容量を利用できます。5分かけ放題はオプション扱いです。かけ放題を利用しない場合はahamo・SoftBank on LINEより500円安く利用できます。

povo公式サイトへ

2.povo(ポヴォ)のメリット

povoのメリットを教えてください。

安さ以外だと、au品質の通信速度とトッピング機能は見逃せないわね。

①3キャリアで最安価格

povoは3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の新プランの中で、最安価格です。povoでは5分かけ放題が標準で付属されません。

オプションとして用意されており、必要な人だけ契約する形です。対してahamoとSoftBank on LINEは、5分かけ放題が標準で付属しています。

短い電話を頻繁に利用するなら5分かけ放題付属は便利ですが、電話を全くしないなら月額料金が高くなってしまいます。

3キャリアの料金比較

povo ahamo SoftBank on LINE
月額料金 2480円 2980円
データ容量 20GB
5分かけ放題 オプション扱い
(500円)
標準付属

かけ放題を利用しない、または通話はLINEで済ませられるなら2,480円のpovoが最も安いです。

②トッピングでデータ使い放題やかけ放題を選べる

povoの特徴の1つがトッピングです。通話やデータ通信のサービスをトッピングという形で自由に追加できます。

必要なトッピングだけを選べばいいので無駄がありませんし、当然1つもトッピングを利用しない選択肢もあり。この柔軟性の高さも、povoの売りです。

トッピング

トッピング

トッピング内容

  • 5分かけ放題:月額500円
  • かけ放題(無制限):月額1,500円
  • データ通信使い放題:200円/24時間
  • データ追加1GB:500円

中でもユニークなのがデータ通信使い放題のトッピングです。200円のオプション料を支払うことで、データ通信が24時間使い放題になります。

例えば、以下のようなシチュエーションで活用できそうですね。

データ通信使い放題(24時間)の活用例

  • 引っ越し直後でインターネット回線を使えない
  • 旅行や出張などで一時的にデータ通信をたくさん使う
  • 急遽、外出先で容量が大きいファイルをアップロードする

③au品質の回線が使える

povoはサブブランドや格安SIMではなく、あくまでもauの料金プランです。そのため、au品質の回線をそのまま使えます。

格安SIMのように回線が混雑し、通信速度が低下する心配がありません。

回線混雑のイメージ格安SIMは速度低下する

格安SIMの速度低下例

  • 9時から12時:40Mbps
  • 12時から13時:2Mbps
  • 13時以降:25Mbps
POINT
povoは速度低下なし

格安SIMはお昼や夕方など回線が混雑する時間帯は速度が低下します。povoならその心配はありません。

1日を通して快適にスマホを使えますよ。

④速度制限時でも1Mbps

povoは基本データ容量を使い切って速度制限がかかっても、1Mbpsの通信が使えます(ahamo、SoftBank on LINEも共通)。

1Mbpsの速度が出れば以下のような用途は問題なく使えます。

1Mbps(速度制限時)で出来ること

  • YouTubeの再生(標準画質)
  • ブラウジング
  • LINEのトーク、音声通話
  • SNS
  • 地図アプリの閲覧
  • 音楽ストリーミングサービス

速度制限がかかっても、遅すぎて全く使えない状態にはなりません。1Mbpsで足りないなら、状況に合わせてデータ通信使い放題やデータ追加1GBをトッピングするのもありですよ。

⑤au・UQモバイルからの移行は無料

auの既存プランやUQモバイルからpovoへ移行する際は、手数料が実質無料です。初期費用や契約解除料は請求されますが、翌月以降の月額料金から費用が割引されます。

au・UQモバイル・povoをそれぞれ手数料無料でお試しできますよ。

3.評判・口コミから分かるpovo(ポヴォ)のデメリット

逆にデメリットはありますか?

auショップが利用できないことが一番の注意点かな。あと、キャリアメールも貰えないから注意して。

①auショップ・電話でサポートがない

povoはauショップや電話でサポートを受けられません。コスト削減のためオンラインだけの取り扱いです。

新規契約はもちろん、auの既存プラン・UQモバイルからの乗り換えもオンラインから手続きします。契約後のサポートもオンラインのみです。

スマホに慣れている人なら問題ありませんが、対面サポートを受けたい人やシニア層には厳しいかもしれません。

②端末を自分で用意する

povoを利用するなら、端末は自分で用意する必要があります。povoでは端末のセット販売がありません。

auで端末だけを購入するか、SIMフリースマホを別途調達しましょう。店舗でのサポートは受けられないので、対応端末のチェックや初期設定は自分で行います。

格安SIMユーザーなら大丈夫ですが、これまでショップで端末を購入していたキャリアユーザーの方は少し戸惑うかもしれません。

③家族割・auスマートバリューの対象外

povoはauの家族割やauスマートバリューの対象外です。

対象外
  • 家族割:家族間の国内通話料が24時間無料
  • 家族割プラス:契約している回線の人数によって月額料金が最大2,000円割引
  • auスマートバリュー:対象の光回線とセットで月額料金が割引

povoはもともとの料金が安いので、割引なしでも問題はありません。しかし、従来プランを利用する家族の料金が高くなる可能性があります。

povoに乗り換える際は、家族トータルでの月額料金をシミュレーションした上で判断しましょう。

④キャリアメールが付与されない

通常、auを契約すると「@au.com」のアドレスが付与されます。しかし、povoではメールアドレスが提供されません。

キャリアメールが必要なサービスを利用している人は注意してください。なお、povoでもGmailやiCloudメールなどフリーメールの使用は可能です。

ちなみに、auのサブブランドであるUQモバイルでは月額200円でキャリアメールが用意されています。どうしてもキャリアメールが欲しいならUQモバイルも検討しましょう。

4.【総合評価】povo(ポヴォ)がおすすめな人・おすすめでない人

結局、povoに契約すべきでしょうか?

どんな人に向いているかまとめたから、チェックしてね。

メリット・デメリットを踏まえて、povoはどんな人におすすめできるのかまとめました。

おすすめな人

  • トッピングで自分好みにプランをカスタマイズしたい
  • かけ放題不要で安く中容量のデータ通信を使いたい
  • 回線品質を重視する
  • 家族割やauスマートバリューの対象でない
  • サポートやキャリアメールが不要

 

おすすめでない人

  • 対面サポートを重視する
  • 端末をセット購入したい
  • 毎月20GBも使わない

povoはトッピングという形で好きなサービスを追加できます。5分かけ放題もトッピングで提供されており、不要なら付ける必要がありません。

5分かけ放題なしなら月額料金は2,480円、3キャリアでもっとも安くなります。ahamo、SoftBank on LINEは5分かけ放題を外せないためpovoの方が自由です。

あまり通話せず、au回線の品質でデータ通信を使いたいならpovoがぴったりでしょう。

家族割・auスマートバリューは利用できない、対面サポートとキャリアメールはないといったデメリットに許容できるなら問題なくpovoを利用できるでしょう。

povo公式サイトへ

5.まとめ

povoは月額2,480円で20GBのデータ通信を利用可能です。

5分かけ放題をオプションにしたことで、電話不要ならドコモのahamo、ソフトバンクのSoftBank on LINEより500円安い月額料金を実現しています。

5分かけ放題をはじめとしたオプションはトッピングという形で用意されており、いつでも自由に追加できます。

電話不要で安く使いたい、または状況に合わせて柔軟にサービスを選びたい人にはpovoがおすすめですよ。

2021年おすすめの携帯会社とは?

【キャリアを選ぶなら】楽天モバイル

公式キャンペーン

 

2980円でデータ無制限、20GB以内のデータ消費に収まれば1980円以下に。現在、ポイント還元で実質0円で端末購入できます。
1年無料キャンペーンが終わる前にお試しすべき。契約事務手数料&解約金は0円です。

レビューを見る

【格安SIMを選ぶなら】UQモバイル

公式キャンペーン

 

キャリアと変わらない通信品質があり、3GBで1480円の安さ。WEB契約なら1万円キャッシュバックが貰えます。

データ繰り越しできるので、無駄がありません。格安SIMながら実店舗も豊富です。

レビューを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。