iPhone 11を安く買うなら

格安スマホ端末を分割払いで購入できるMVNO【口座振替OK】

格安スマホ 分割

初期費用を抑えるためにも格安スマホ端末は分割払いにしたいところです。

主要なMVNO(格安SIM会社)はすべて分割払いに対応しています。ですが、口座振替の場合は、条件がかなり限られます。

また、クレジットカードの場合も分割手数料の有無や利用できるカードブランドが各社で異なります。

今回は、格安スマホの分割払いついて、詳しくまとめました。この記事を参考に好条件で分割払いを利用して下さいね。

1.格安スマホの分割払いは、どうやって支払う?

さて、分割払い対応の格安SIM会社に申し込むか。

待って。支払いはどうするつもり?
クレジットカードが無いので、口座振替で手続きする予定ですが・・

口座振替は条件が限られるわよ。

1-1.口座振替の分割払いはUQモバイルに限られる

そもそも、「口座振替対応の格安スマホ」は非常に限られます。さらに、端末代金の分割払いが使えるのは、UQモバイル1社に絞られます。UQモバイルは、口座振替払いの審査がゆるいゆえ、面倒な条件も不要です。

本当にUQモバイルだけしか口座振替の分割払いはできませんか?

ええ、主要20社に限らず、マイナーな会社も含めて全部無理ね。

UQモバイル以外だと楽天モバイルが口座振替に対応しているのですが、残念ながら端末の分割払いは不可です。

LINEモバイルも、LINE Payカードを使って実質口座振替払いが使えるのですが、端末代金の分割払いは不可となっています。

その他の格安スマホも、口座振替は一括払いのみ。余計な条件が付く場合も多く、実質利用できません。口座振替で分割支払いを希望するなら、UQモバイルを利用しましょう。

>>UQモバイルについて詳しく見る(唯一の口座振替対応)

1-2.デビットカードの分割払いは利用不可

クレジットカードが無いなら、デビットカードが使えるのでは?

残念ながら、分割払いでデビットカードは使えないわよ。

クレジットカードを持ちたくない方に人気のデビットカード。使いすぎの防止や審査無しで作成できるのでお手軽なのですが、残念ながら格安スマホの分割払いには使用できません。

そもそも、デビットカードに正式対応している格安スマホは楽天モバイルのみ。ですが、分割払いでの利用は不可となっています。

その他だと、OCNモバイルONE・NifMo・mineoが、口コミにてデビットカードが使えたとの報告がありますが、正式には対応していないため、契約は非常に厳しいでしょう。たとえ申し込めても、端末の分割払いはまず不可能です。

クレジットカードを持っていない方は、口座振替払い(UQモバイルしか選択肢はありませんが)を選びましょう。

1-3.クレジットカードなら全社で分割払いOK

格安スマホの支払いはクレジットカードがメインです。クレジットカードを所持している方で、格安スマホの分割払いを希望する方は、迷わずクレジットカード払いにしましょう。クレジットカードであれば、全社で分割払いが利用できます。

ただし、利用できるカードブランドが限定されている場合があるので(VISAは使えるけどJCBは使えないなど)よく確認しておきましょう。

なお、家電量販店など格安スマホの公式サイト以外で分割払いを希望する場合も、すべてクレジットカード払いとなります。

2.分割払いで格安スマホ端末を購入できるMVNO

支払い方法については、よく分かりました。それで、結局どこで契約すればいいんですか?

各社の特徴と分割払いの条件をまとめたから見てちょうだい。

ここから、分割払い対応のMVNO(格安SIM会社)を紹介していきます。分割手数料の有無や使用できるカードブランドなども詳しく説明していくので、しっかりとチェックして下さいね。

(1)【口座振替なら一択】UQモバイル

UQモバイル

  • 支払い回数:24回
  • 支払い方法:口座振替、クレジットカード
  • 分割手数料:なし
  • 月額料金:1980円~

大手キャリアと変わらないサービス内容で料金だけ下がる

au回線を利用するUQモバイルは、通信速度が大手キャリア並に速くユーザーの満足度が非常に高いMVNOです。料金プランには5分かけ放題(60分からの無料通話も選択できる)が付いています。

そのため、プランSなら通話料込みで1980円に収まります(端末代金は別)。テレビCMの効果もあり、ユーザー数の伸び率は一番です。auのサブキャリアなので、運営面でも安心感があります。

口座振替の分割払いに唯一対応

端末代金を口座振替で分活払いにしたいなら、UQモバイル一択です。他社ではどこも対応していません。

さらに、分割手数料は無し。契約期間は2年となりますが、月額割引(マンスリー割)が効いて毎月端末代金が値引きされます。

iPhone7のマンスリー割マンスリー割は自動適用される

利用できる銀行ですが、ゆうちょ銀行、メガバンク、地方銀行はもちろん、ネット銀行や信用金庫にも対応しています。口座振替手数料もありません。

現状、端末の分割払いに関しては、UQモバイル以上に好条件のMVNO(格安SIM会社)はありません。

なお、クレジットカードは、主要ブランド(VISA、MasterCard、JCB、American Express、DINERS)すべてに対応しています。

ちなみに、UQモバイルでは数少ないiPhoneを取り扱うMVNOです。もちろん、iPhoneの分割払いも対応していますよ。

UQモバイルの口座振替条件でこんなに良いんですね。

ええ、口座振替は利用者の滞納リスクがあるから普通は嫌われるけど、UQモバイルはauのお膝元。大企業の余裕で、口座振替の条件をすべてクリアにしているのよ。
なるほどですね、じゃあUQモバイルに申し込みます。

待って、条件次第でキャッシュバックが貰えるわ。

iPhoneなしの条件で良ければ13000円CB

iPhoneではなくAndroidの購入でもいいのなら、現金13000円キャッシュバック付きでUQモバイルに申し込めます。

UQモバイルのキャッシュバック

1点注意したいのが、口座振替はMNPのみ対応となります(分割払いOK)。MNPとは現在の電話番号を引き継いで乗り換えること。以下から、MNP予約番号を取得して申し込みましょう(契約時に入力)。

MNP予約番号の取得先

  • au:0077-75470(9:00〜22:00)
  • ドコモ:151(9:00〜20:00)
  • ソフトバンク:*5533(9:00〜20:00)

13000円CBは公式サイトでは隠されているシークレットページから申し込みます。端末代金0円キャンペーンもやっているので、チェックしてみましょう。

MNPなら口座振替もOK↓

>>現金13000円CBの特設ページへ

iPhoneを購入したいならこちら↓

>>UQモバイルの公式サイトへ

UQモバイルの評判や通信速度が気になる方はこちら

(2)【分割手数料なしの好条件】mineo

mineo

  • 支払い回数:24回
  • 支払い方法:クレジットカード
  • 分割手数料:なし
  • 月額料金: 1310円~

独自のシステムや安定感で大人気

トリプルキャリア対応のmineo。au・ドコモ・ソフトバンク回線を選択できます。また、ユーザー同士で余ったパケットをシェアできるフリータンクなど独自システムが好評です。

通信速度は、ランチタイムの混み合う時間は遅くなるものの、普段は安定しています。mineoはユーザー評価や通信品質の安定性から、近年シェアを伸ばしているMVNOです。

分割手数料なしで充実度が高い

mineoは分割手数料の負担がありません。格安スマホ端末を一括購入と同じ金額で、分割購入することができます。

利用できるクレジットカードブランドは、Visa、Master、JCB、Diners Club、American Expressなど非常に幅広いです。提供されている端末の種類も豊富で、自分に合った格安スマホ端末を手に入れることができるでしょう。

分割手数料、対応するカードブランドの数、格安スマホ端末の種類、すべての面で充実しているmineoは、分割払いできるMVNO(格安SIM会社)の中で特におすすめです。

分割手数料なしで端末を購入↓

>>mineoの公式サイトへ

mineoの評判や通信速度が気になる方はこちら

(3)【激安で端末を買える】OCNモバイルONE

ocnモバイルone

  • 支払い回数:24回
  • 支払い方法:クレジットカード
  • 分割手数料:あり
  • 月額料金:1600円~

NTT運営の充実したプラン

OCNモバイルONE は、高速通信できるデータ通信量が1日ごとに決められているコースと、月ごとに決められているコースを提供。大容量プランも充実しています。

毎月1回コースを変更できるため、自分に必要なデータ通信量が分からないスマホ初心者の方も安心できます。

OCNモバイルONE はNTTグループの傘下企業というだけあり、契約者数はトップクラスです。ただし、安心感と引き換えに月額料金がやや高いのがデメリットとなっています(そのかわりWi-Fi&音楽アプリが使い放題)。

端末代金が笑えるほど激安

OCNモバイルONEでは、すべての格安スマホ端末を分割購入することができます(タブレットは一括購入のみ)。分割手数料は機種によって無料な場合もありますが、基本的には1,000~2,000円前後発生します。

OCNモバイルONEは、分割手数料が気にならないほど、端末代金が安いです。他社と比べて半額以下はザラ。あまりの安さに、他社で端末を購入するのがバカバカしく感じるほどです。

端末代金があり得ない安さに↓

>>OCNモバイルONEの公式サイトへ

OCNモバイルONEの評判や通信速度が気になる方はこちら

(4)【楽天カードなら手数料なし】楽天モバイル

楽天モバイル

  • 支払い回数:24回
  • 支払い方法:クレジットカード
  • 分割手数料:なし(楽天カードを利用した場合)
  • 月額料金: 1250円~

毎日、端末がセールに

楽天モバイルの強みは端末代金が安いこと。楽天らしくセールに最も力を入れているMVNO(格安SIM会社)です。

3の倍数月(3/6/9/12月)がとくにセールで安いのですが、普段でも十分に安価です。最新の人気機種でも躊躇なく値下げしています。

また、料金プランは5分かけ放題込のスーパーホーダイが人気です。楽天会員なら月額1480円から契約できます。

全端末で分割払いが使える

楽天モバイルは、セール中の機種も含めてすべての格安スマホ端末が分割払いで購入できます。

ただし、口座振込は分割払いに非対応なので注意して下さい。また、唯一デビットカードに対応する格安SIMなのですが、口座振込と同様に分割払いが使えません。

クレジットカードはVISA、Masterのみ対応。JCBは非対応なので注意してください。楽天カードなら分割手数料は無料です。

楽天会員なら激安(端末セール中)↓

>>楽天モバイルの公式サイトへ

楽天モバイルの評判や通信速度が気になる方はこちら

(5)【Youtube好きの御用達】BIGLOBEモバイル

biglobeモバイル

  • 支払い回数:24回
  • 支払い方法:クレジットカード
  • 分割手数料:あり
  • 月額料金:1400円~

※BIGLOBE会員のみ口座振替可

動画見放題&Wi-Fi使い放題

au回線、ドコモ回線を選択できるBIGLOBEモバイル。最大の特徴はエンタメフリーオプションです。

Youtubeをはじめとする特定の動画アプリがカウントフリーで見放題。動画ユーザーに圧倒的な指示を受けています。

さらに、全国83,000箇所以上に設置されているWi-Fiスポット、BIGLOBE Wi-Fiが無料で利用可能。動画見放題&Wi-Fi使い放題でも2000円程度でスマホを使えます。

どのみち分割払いしか選べないシステム

アシストパックというシステムBIGLOBEモバイルは、一括払いはなく分割払いのみ対応しています。初月の支払いは、契約事務手数料を除いて月額料金から端末代金が無料となります。

分割手数料はありませんが、アシストパックシステムに月額加算料が加わっているため、実質は手数料ありの値段です。他社と比べて損するわけではありませんが、得するわけでもありません。

端末代金の支払いですが、BIGLOBE会員でない方は、どの契約プランでもクレジットカード払いのみしか選択できません。BIGLOBE会員の場合は、クレジットカード以外に口座振替で支払うことができます。

Youtube中毒なら即決↓

>>BIGLOBEモバイルの公式サイトへ

BIGLOBEモバイルの評判や通信速度が気になる方はこちら

(6)【マニアックな端末まで揃う】IIJmio

iijmio

  • 支払い回数:24回
  • 支払い方法:クレジットカード
  • 分割手数料:あり
  • 月額料金:1300円~

みおふぉんが使える&端末の品揃え抜群

みおふぉんの愛称で親しまれているIIJmio。au、ドコモの両回線に対応したマルチキャリアのMVNOです。音声通話SIMの場合みおふぉんダイヤルという音声通話アプリが利用できます。

みおふぉんダイヤルを使えば、通常20円/30秒かかる通話料が、10円/30秒となります。090や080など、自分の電話番号を使って使用できるのも嬉しいポイントです。

購入できる格安スマホ端末の種類も、MVNOの中でトップクラスに豊富ですよ。

分割手数料が激安

IIJmioでは、すべての機種で分割払いに対応しています。VISA、JCB、Master、AMERIKAN EXPRESSをはじめとする主要なクレジットカードブランドに対応。誰でも契約しやすい格安スマホです。分割手数料は機種によって変わります。

とはいえ、ほとんどの機種は分割購入でも、一括払いと比べて1,000円程度しか購入価格が変わりません。IIJmioは分割払いに対して非常に有利となっています。

契約する通信網(ドコモ回線かau回線を選択)によって、選べる端末の種類に違いがあるので注意しましょう。

豊富な選択肢から端末を選びたいなら↓

>>IIJmioの公式サイトへ

IIJmioの評判や通信速度が気になる方はこちら

(7)【プラン価格の安さ重視なら】DMMモバイル

dmmモバイル

  • 支払い回数:24回
  • 支払い方法:クレジットカード
  • 分割手数料:あり
  • 月額料金:1140円~

とにかくプラン価格が安い(速度はかなり遅い)

DMMモバイルは、ドコモ系の通信回線を利用したMVNOです。業界最安水準といわれる安い料金プランが魅力です(端末価格は普通)。選べる料金プランは大容量から小容量まで豊富で、充実しています。

速度制限で低速となっても、一時的に通信速度を早くするバーストモードに対応。その他、データ通信量の節約に便利な、高速/低速通信切り替えアプリを利用できます。

毎月DMMポイントが貯まるので、DMMユーザーの方にはおすすめの格安SIMです。

※低価格ですが通信速度は非常に遅い(1Mbps以下)ので注意して下さい

分割手数料はかなり高い

DMMモバイルは一部機種を除き、分割購入に対応しています。対応しているクレジットカードブランドは、VISA、JCB、Master、AMERIKAN EXPRESSの4つです。

公式サイトでは分割手数料の記載はありませんが、分割払いの実質価格は手数料込みの値段です。

分割手数料の金利は一括購入と比べて20%ほど高くなります。DMMモバイルで格安スマホ端末を分割購入するのは、あまりおすすめできません。5万円以上の端末は1万円以上も高くなるため、注意しましょう。

速度が遅くてもプラン価格最安を希望するなら↓

>>DMMモバイルの公式サイトへ

DMMモバイルの評判や通信速度が気になる方はこちら

その他、分割払い対応のMVNO

分割払い対応のMVNO(格安SIM会社)は他にもあります。これまでのMVNOと比べて特徴が薄いため、あまり契約はおすすめしていません。参考程度にご覧ください。

nuroモバイル

nuroモバイル」では購入できる格安スマホ端末の種類は少ないのですが、分割手数料は良心的です。

金利は年率8%程度と消費税と同じ程度。初回の支払いを最大6ヶ月延長(スキップ払い)することもできます。分割支払いはクレジットカードのみ対応です。

NifMo

NifMo」の分割払いは、保証会社ジャックスと契約・端末受け取り時にクレジットカード決済のどちらかを選択します。

ジャックスと契約する場合は、審査を受けます。分割払いの金利手数料はNifMoが負担してくれます。

クレジットカード決済は、端末到着時にヤマト運輸のドライバーが所持している専用機器を使用して決済します。3回以上の支払回数で、クレジットカード会社から金利手数料が課金されます。

イオンモバイル

イオンモバイル」は、クレジットカードのみ分割払いに対応しています。

イオンカードなら、支払い回数24回でも分割手数料が無料に。イオンカードは年会費無料なので、持っておきたい1枚です。

3.格安スマホの分割払いは審査がある?

やっぱり、一括払いに比べて分割払いは審査に通りにくいですか?

いいえ、分割払いだからといって審査が不利になることは無いわ。

分割払いだからといって、特別な審査はありません。ただし、以下の項目には十分に注意が必要です。

  • 登録住所と郵送先住所を一致させる
  • 支払い情報を正確に書く

審査落ちで多いのが住所の不一致です。本人確認書類の住所と郵送先の住所が一致していない場合は、審査に通らない場合があります。筆者は、UQモバイルの契約にて、一度住所の不一致で審査落ちしました。

その他は、支払い情報(カード番号など)をしっかりと書けば、審査落ちする可能性は低いです。

信用機関に傷がついている場合でも、銀行やカード会社から利用停止措置を受けていない限り問題ありません。格安スマホの申し込みでは、収入欄の記載などは無いため、本人であることを証明さえできればOKです。

4.格安スマホの分割払いに関するQ&A

最後に、分割払いに関して多い質問をまとめたから見てちょうだい。

Q1.オンラインでどうやって分割払いを申し込む?

分割払いのオンライン申し込みは、契約を進める途中で表示される支払い方法の選択画面から「分割払い」を選ぶだけ。

uqモバイル 分割購入分割払いの選択画面(UQモバイル)

間違えて一括購入を選ばないよう注意しましょう。申し込みが完了すると、郵送で口座振替依頼書が届きます。必要事項を記入したら、指定の住所へ返送しましょう。

口座振込払いが始まるまでは、請求書によるコンビニ払いとなります。口座引き落としは1~2ヶ月後からです。

Q2.分割手数料なしの格安スマホはどこ?

以下の格安スマホでは、分割手数料がかかりません。

分割手数料が0円ということは、最終的な支払額が一括払いと同じです。なお、上記の格安スマホ以外でも、あとから残債を一括払いにすることができます。

一括で残債を支払えば、分割手数料分を節約することが可能です。

5.【まとめ】分割払いを利用して初期費用を抑えよう

この記事では、分割払い対応の格安スマホについて解説してきました。クレジットカード払いで良ければ、どの格安SIM会社も分割払いに対応しています。

ですが、クレジットカード以外だと、UQモバイルの口座振替しか分割払いが利用できません。

ご紹介してきた格安スマホを参考に、どこへ申し込むのか決めてみましょう。分割払いを利用して、初期費用を抑えてみてくださいね。

>>もう一度、分割払い対応の格安スマホを見る

>>口座振替対応のUQモバイルについて見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。