格安SIMとは

格安SIMに乗り換えると機種変更できる?

格安SIM 機種変更

大手キャリアの場合、新しい機種を使いたくなったらキャリアショップやオンラインショップから機種変更をすることで簡単に新しい機種に乗り換えられます。

しかし、格安SIMで機種変更する場合は大手キャリアとは手続きの仕方が大きく異なります。今回は格安SIMで機種変更する方法を紹介します。

【利用者急増中の格安スマホ】

\本田翼のCM効果で人気爆発/

lineモバイル詳しくはこちら>>

格安SIMの総合ランキングはこちら


1.格安SIMは機種変更ができる?

格安SIMはSIMカードだけを契約し、端末は自分で用意するのが一般的です。そんな格安SIMで機種変更ができるのでしょうか?

結論から言うと、格安SIMでも機種変更は可能です。ただし、大手キャリアと違ってすべての格安SIMで機種変更ができるわけではありません。

1-1.機種変更できる格安SIMは限られる

格安SIMでも機種変更をすること自体は可能です。しかし、機種変更できる格安SIMは限られています。格安SIMの中にはSIMカード単体ではなく端末とSIMカードのセットを取り扱っているものがあります。海外では端末とSIMは別で購入するのが一般的で、端末とSIMをセットで購入するのは日本独自の文化です。

基本的に、端末とSIMカードのセットを取り扱っている格安SIMであれば契約後の機種変更も可能です。ただし、中には新規契約時のみセット購入が可能で、後から端末だけ購入することはできない格安SIMもあるので気を付けましょう。

機種変更ができる主要な格安SIMは以下の通りです。

LINEモバイルやOCNモバイルONEなどは新規契約およびMNPの際に端末セットを購入することができます。しかし、契約後に追加で端末を購入することはできません。

1-2.機種変更できない格安SIMは端末を別で用意

もし利用している格安SIMで機種変更ができない場合は、別途SIMフリースマホを自分で用意し、SIMカードを入れ替えることで機種変更が可能です。SIMフリーのAndroidスマホは家電量販店やインターネット通販で購入できます。

iPhoneを使いたい場合はApple StoreでSIMフリー版iPhoneを購入しましょう。家電量販店などではSIMフリー版iPhoneを購入することはできません。SIMフリースマホを購入する場合は現在利用している格安SIMで利用できるかどうか、SIMカードサイズは間違っていないかどうかをしっかり確認しましょう。

2.格安SIMの機種変更に関するQ&A

ここでは格安SIMの機種変更に関するQ&Aをまとめました。

Q1.機種変更後にデータ移行はできる?

現在使っている端末から新しい端末への機種変更後のデータ移行は可能です。

データ移行をすることで、

  • LINEアカウント
  • 連絡先(電話帳)
  • メディア(画像や音楽)
  • ゲームアプリのアカウント
  • おサイフケータイの残高

などを新しい端末へ引き継ぐことが可能です。この中でもとくに大事なのがLINEアカウントと連絡先ですね。

LINEアカウントの移行はLINEアプリを利用します。あらかじめLINEアカウントにメールアドレスを紐づけ、古い端末でアカウントを引き継ぐをオンにしておきます。あとは新しい端末からメールアドレスを利用してLINEにログインすればLINEアカウントの引き継ぎが完了です。

line
5分でできる!新しい格安スマホへのLINE引き継ぎ手順新しく格安スマホに乗り換えたら、まず最初に設定したいのがLINEの引き継ぎですよね。 この記事では、一番簡単にできるLINEの引き...

連絡先(電話帳)の移行方法は連絡先をどこに登録しているかで異なります。連絡先をGoogleアカウントに登録している場合は同期の設定をオンにしたうえで、そのアカウントで新しい端末にログインすれば自動的に移行されます。

連絡先を本体に保存している場合はSDカードを使いましょう。古い端末の連絡先アプリからSDカードにエクスポートし、そのSDカードを新しい端末に挿します。あとは新しい端末の連絡先アプリに、SDカードに保存した連絡先をインポートすれば移行が完了です。

スマホ
誰でも簡単に格安スマホへ電話帳を移行できる3つの方法格安スマホに電話帳を移す方法を知りたい・・・ 難しいことが分からいので簡単な移行方法が知りたい・・・ 格安スマホに乗り換える...

Q2.中古端末で機種変更できる?

中古端末でも機種変更は可能です。SIMフリースマホはもちろん、キャリアの中古端末に乗り換えることもできます。SIMフリースマホでは防水・防塵やおサイフケータイ、ワンセグに対応した機種が少ないので、これらの機能を使う場合はキャリアの白ロムに変更するのも1つの手です。

ただし、白ロムはSIMロック解除ができないため、格安SIMで利用する場合は回線を合せる必要があります。例えばドコモ回線の格安SIMを利用している場合、白ロムもドコモの端末を選ばないといけません。また、キャリアの中古端末の場合はネットワーク利用制限がかかった端末、いわゆる赤ロムであることがあります。

赤ロムを購入してしまうと通信が一切できません。中古スマホを購入する場合は万が一端末が赤ロムだった場合に同機種と交換もしくは返金をしてくれる赤ロム保証がある中古販売店を利用するのがおすすめです。少しでも安く購入するためにオークションやフリマサイトで購入する場合は、購入前に出品者に質問して白ロムであることを確認しましょう。

Q3.格安SIMを再契約すれば新端末が購入できる?

機種変更ができない格安SIMでも、端末セットを再契約すれば新しい端末を購入できます。ただし、一度解約する必要があるので契約内容によっては解約金がかかりますし、再度契約する際には初期費用がかかります。また、再契約しても今使っているSIMは利用できず、音声通話SIMの場合は電話番号も変わってしまいます。

したがって、再契約して新しい端末を購入するというのはおすすめできません。それなら、SIMフリースマホを自分で用意するほうが手間もかかりませんしお得です。

3.まとめ


今回は格安SIMで機種変更する方法を解説しました。格安SIMでも大手キャリアのように機種変更することは可能です。しかし、機種変更ができる格安SIMは限られています。もし利用している格安SIMで機種変更ができない場合は自分でSIMフリースマホやキャリアの中古端末を購入することで機種変更できます。

自分で端末を用意する場合は利用している格安SIMで使えるか、SIMカードサイズはあっているかをしっかり確認しましょう。

【全900社以上のTOP6】

今選ばれている格安SIM

LINEモバイル
LINEモバイル

[4.9pt/5.0]
LINE・SNS使い放題の最強格安SIM
詳細はこちら
UQモバイル
uqモバイルのロゴ

[4.8pt/5.0]
屈指の通信速度とauブランドの実力
詳細はこちら
mineo
mineoのロゴ


[4.6pt/5.0]

トリプルキャリア対応の利便性
詳細はこちら
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ

[4.4pt/5.0]
楽天会員ならポイントアップ
詳細はこちら
Y!mobile
ymobile

[4.4pt/5.0]
無制限かけ放題&通信速度No.1
詳細はこちら
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイルのロゴ

[4.2pt/5.0]
月額2000円で動画見放題OK
詳細はこちら
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。