【徹底比較】速度が速い格安SIMおすすめ4選

速度が速い格安SIM

この記事のポイント

  • 速度が速い格安SIMは大手キャリアのサブブランドであるUQモバイルとワイモバイル
  • 大幅な回線増強でパワーアップしたOCNモバイルONEも速い

「速度が速い格安SIMを使いたいけど、どこがいいの・・?」

いくら安くても速度が遅いと意味がないですよね。特に、動画やゲームを快適に楽しみたいなら、速度を一番に重視して格安SIMを選びたいものです。

一体どこがいいのでしょうか。

実は、速度に優れた格安SIMは数が非常に限られるため、選ぶのに苦労しません。現状、キャリア並みに速い格安SIMはUQモバイルとワイモバイルの2社のみです。

この記事では、速度が速い格安SIMを徹底解説。実際の体験に加えて客観的な測定データも用いて詳しく説明していきます。

1.速度が速い格安SIMとは?

速度が速い格安SIMについて教えてください!

OK、まずは格安SIM業界全体の速度事情を説明していくわね。

格安SIMの速度事情

キャリアのサブブランドが最も速くて安定

結論から言うと、速度の速い格安SIMはUQモバイルとワイモバイルです。この2社はそれぞれauとソフトバンクのサブブランド。

au・ソフトバンク回線を使う格安SIMは他にもありますが、回線を貸し出すキャリアは自社のサブブランドを優遇しています。

ワイモバイル・UQモバイルが速い

※測定データの引用元:MMD研究所

速度重視なら、キャリアと変わらない通信品質のUQモバイルかワイモバイルを選べば間違いありません。

他の格安SIMは回線増強の積極度で変わる

キャリアのサブブランド(UQモバイル・ワイモバイル)以外は、どれだけ回線増強を積極的に行うかで変わります。近年飛躍的に速くなったのがOCNモバイルONEです。

以前は最も遅い部類でしたが、大幅な回線増強を行った結果速くなりました。

その他の格安SIMはどんぐりの背比べです。日によってランキングがころころと入れ替わっています。

ちなみに、格安SIMはキャリアから回線をレンタルして運営しているわけですが、自社のシステムをまったく使わないわけではありません。

そのため、回線増強により速度を速くすることが可能なのです。

2.速度で選ぶ格安SIMランキング

ここからランキングですね!

1位と2位はUQモバイルとワイモバイルのデッドヒート。3位はOCNモバイルONEが急上昇よ。

1位:UQモバイル

UQモバイルの速度

測定データの引用元:みんそく

格安SIMでトップクラスの通信速度を誇るUQモバイル他社では1Mbps程度まで落ちるお昼の時間帯でも、10Mbps以上の速度が出ます。

UQモバイルが圧倒的に速い理由は、auから回線の優遇を受けているから。au回線をレンタルする格安SIMは他にもありますが、明らかにUQモバイルだけ好待遇です。

公式発表はありませんが、恐らく帯域の割当を広くとっているのでしょう。

その他の特徴として、格安SIMでは対応の少ない口座振替を利用OK。端末代金の支払いで口座振替に対応しているのは、UQモバイルだけです。

UQモバイルは基本データ容量を使い切った後でも、プランM/Lなら最低1Mbpsが出ます。1Mbpsあれば、動画も再生できるため実質使い放題とも言えますよ。

また、余ったデータ容量は翌月に繰り越せます(ワイモバイルは繰り越し不可)。

料金プラン

くりこしプラン
S M L
月額料金 1480円 2480円 3480円
データ容量 3GB 15GB 25GB
最低通信速度 300kbps 1Mbps
速度以外の特徴
  • 口座振替で契約できる
  • 端末代の大幅値引きあり
  • SIMのみ契約なら1万円キャッシュバック
\1万円キャッシュバック/

UQモバイル公式サイトへ

2位:ワイモバイル

ワイモバイルの速度

測定データの引用元:みんそく

ワイモバイルの通信品質はUQモバイルと並んでトップクラスです。速度が速い理由は、ソフトバンク回線のレンタルに加えて自社回線を併用しているから。

ワイモバイルは、イーモバイル時代にキャリア参入を目指した過去があり、自社回線を構築していました。結局キャリア参入はなくなりましたが、その後にワイモバイルの回線へと引き継ぎ。

自社回線なので回線混雑がなく、他の格安SIMとは一線を画す存在となっています(厳密には格安SIMではないとも言える)。自社回線で補えきれない部分はソフトバンク回線をレンタル。

ソフトバンクは親会社なので、auとUQモバイルの関係と同様に回線の優遇を受けていると思われます。

平均速度は40~60Mbpsで、格安SIMながら親会社のソフトバンクと変わりません。

また、+1700円で時間無制限のかけ放題の利用OK。ワイモバイルショップが充実しているため、実店舗でアフターサポートを受けることも可能です。

料金プラン

シンプルS シンプルM シンプルL
月額料金
1980円 2980円 3780円
データ容量 3GB 15GB 25GB

※シンプルプランM/Lは最低通信速度が1Mbps

速度以外の特徴
  • 最新のiPhoneを購入できる
  • 無制限かけ放題を1700円で付けられる
  • ショップサポートが充実
\PayPayボーナス還元中/

ワイモバイル公式サイトへ

3位:OCNモバイルONE

OCNモバイルONEの速度

測定データの引用元:みんそく

OCNモバイルONEは、近年の回線増強により速度が大幅に速くなりました。以前は速度の遅い格安SIMの代表格だったのですが、回線増強により急激に速くなりました。

NTT運営のプライドなのか、格安SIMの中では大規模な増強を行った模様です。

ちなみに、OCNは他の格安SIMの回線接続を手伝う立場(MVNE)なので、ビジネス上自社が遅いわけにはいかなかったのかもしれません。

スマホユーザーが急増するお昼と夕方は一時的に速度低下するため、UQモバイルとワイモバイルには劣りますが十分に快適です。

なお、OCNモバイルONEは端末代の安さが全格安SIMでトップ。他社の半額以下になることもあります。

プラン料金も最安レベル。Wi-FiスポットサービスやMUSICカウントフリー(Amazon music・Google Play Music・LINE MUSICなどデータ消費なし)が無料で付きます。

多少の速度低下に妥協できるなら、安くておすすめの格安SIMですよ。

料金プラン

データ容量 月額料金
データSIM 音声通話SIM
1GB 1180円
3GB 880円 1480円
6GB 1380円 1980円
10GB 2280円 2880円
20GB 3800円 4400円
30GB 5380円 5980円
速度以外の特徴
  • 端末代金が最安値
  • 無料Wi-Fiサービスあり
  • 音楽アプリのカウントフリーあり
\端末代金が最安/

OCNモバイルONE公式サイトへ

4位:BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルの速度

測定データの引用元:みんそく

上位3社とは差がありますが、十分満足できる速度なのがBIGLOBEモバイル。特に快適なのがau回線です。

BIGLOBEモバイルはたびたび回線増強を行っており、ユーザーへの配慮を感じます。

BIGLOBEモバイルは、月額280円でYoutubeが使い放題となるエンタメフリーオプションが強力です。

3GBプランにエンタメフリーオプションを付ければ、動画見放題なのにスマホ代は1480円の安さです。

手放しに速度が速いとは言えませんが、Youtubeなしでは生きていけない方にとってBIGLOBEモバイルは最高の選択肢となるでしょう。

ちなみに、エンタメフリーオプションを使うとき、動画の画質は普通に落とされます。ですが、最後まで途切れず再生できるのでストレスはありませんよ。

料金プラン

データ容量 月額料金 月額料金
(動画見放題あり)
3GB 1200円 1480円
6GB 1700円 1980円
速度以外の特徴
  • Youtube見放題のエンタメフリーオプションあり
  • シェアSIMに家族名義でそれぞれMNP転入できる
  • 夜12時まで有人のチャットサポートがある
\1480円でYoutube見放題/

BIGLOBEモバイル公式サイトへ

3.実質格安SIMの楽天モバイルも速い

楽天モバイルの速度

測定データの引用元:みんそく

楽天モバイル(UN-LIMIT)は、月額2980円でデータ使い放題。全携帯会社で唯一、高速通信でデータ無制限です。

格安SIM時代の楽天モバイルは、お世辞にも速いとは言えませんでした。1Mbpsを切る時間帯もあり、主要な格安SIMでは最低クラスだったことも・・。

しかし、2020年にキャリア移行してから状況は一変。自社の楽天回線を使用することで回線混雑の概念が無くなり、一気に超高速となりました。

楽天回線が使えないエリアは、au回線を使用。こちらキャリア品質のau回線となっており、楽天回線エリアと同様に爆速です。

速度以外の目玉特典として、誰にでも時間無制限で無料通話ができる楽天リンクが付属します。通話料を完全に0にすることが可能に。

また、契約事務手数料が0円。楽天市場の獲得ポイントは+1倍になりますよ。

注意点として、データ使い放題は楽天回線エリアに限られるので、自宅がエリア内か事前に確認しておきましょう。

料金プラン

データ容量 月額料金
(Rakuten UN-LIMIT VI)
1GBまで 0円
3GBまで 980円
20GBまで 1980円
20GB以上(無制限) 2980円

※パートナー回線エリア(au)は5GBまで

速度以外の特徴
  • 契約事務手数料(初期費用)が0円
  • 20GB以内に収まれば1980円以下
  • 楽天リンクで誰にでも無制限でかけ放題
  • 楽天ポイントが貯まる
\ポイント還元で端末代0円/

楽天モバイル公式サイトへ

4.まとめ

格安SIMの速度は、大手キャリアのサブブランドであるワイモバイルとUQモバイルが非常に速いです。基本はこの2社から選べば間違いありません。

多少妥協できるならOCNモバイルONEも速くておすすめですよ。Youtubeが手放せないならエンタメフリーオプションが使えるBIGLOBEモバイルも考慮に入れましょう。

また、厳密にはキャリアとなりますが、データ無制限の楽天モバイルも高速ですよ。