iPhone 11を安く買うなら

ケーズデンキで格安スマホ・格安SIMは契約できるか完全調査

ケーズデンキ

格安SIM・格安スマホに乗り換えるのは不安ですよね。

できれば最寄りのケーズデンキで契約したいと考えている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、ケーズデンキで契約できる格安スマホ・格安SIMや、オンラインショップについて解説していきます。

結論としては、ケーズデンキでの格安SIM契約は微妙です。 その理由も詳しく解説していくので、参考にして下さいね。

1.ケーズデンキで契約できる格安スマホ・格安SIMとは?

ケーズデンキで格安SIMを契約するには、どうすればいいのですか?

店頭でスタッフに申し出るだけよ。ただ、取り扱いのある格安SIMは限られるから注意してね。

1-1.契約できる格安SIMは限られる

ケーズデンキで契約できる格安SIMは限りがあります。店舗によって違いはありますが、主に契約できる格安SIMは以下のとおりです。

ケーズデンキで取扱う格安SIM

どの格安SIMを取り扱っているか調べるには、「ケーズデンキ公式サイトの店舗検索」から確認できます。

各店舗の情報欄に、どの格安SIMと契約できるか表示されていますよ。

ケーズデンキで契約できる格安SIM

なお、「イベント情報のページ」では、各店舗で開催されているお得なイベント・キャンペーンが確認できます。

格安SIM関連では、Y!mobileに関するイベントが頻繁に行われています。イベント内容は、抽選会の参加が多いです。

MEMO
後述しますが、Y!mobileはじめ格安SIMの契約はオンライン(MVNOの公式サイト)の方が、キャンペーン内容が豪華です。

1-2.即日開通できるかは店舗や格安SIMによって条件が変わる

調べたところ、どうやらケーズデンキで即日開通(MNP)できるかどうかは、店舗次第だそうです。 また、格安SIMによっても即日対応可能かどうか条件が分かれるとのこと。

試しに、最寄りのケーズデンキに問い合わせてみることにしました。

問い合わせ先
ケーズデンキ横浜鶴見店

横浜鶴見店は一般的な広さのケーズデンキとなります。契約可能な格安SIMですが、Y!mobileとLIBMOの2社と言われました。

Y!mobileは専門のスタッフが対応。契約窓口となる専用カウンターにて、本人確認書類があれば即日開通ができるとの回答。

LIBMOは即日開通不可。その代わり、Tコムのスタッフからサポートしてもらえるとのことでした。

ただ、LIBMOはマイナーすぎて契約するメリットが無いので、このケースならY!mobile一択ですね。

1-3.ケーズデンキ=Y!mobileと考えていい

ケーズデンキはY!mobileの販売に最も力を入れています。

その理由は、イベント情報を見れば明らか。格安SIM・格安スマホに関するイベントは、ほぼY!mobileのみ。

なぜプッシュしているのかは分かりませんが、ソフトバンクグループとの関係(Y!mobileはソフトバンクの子会社)があるのでしょうね。

ただ、Y!mobileは最高クラスの格安SIMなので、ケーズデンキの取扱に関係なく非常におすすめできます。

こちらの「Y!mobileの評判」の記事も合わせて確認してくださいね。

1-4.格安スマホ端末(SIMフリースマホ)の種類は少ない

格安スマホ端末も店舗によって品揃えが異なるそうです。 横浜鶴見店の場合は、3~4種類程度の品揃え。少ないですね・・。

また、端末のみの契約は不可で、必ず格安SIM(回線)とのセット契約が必要と言われました。まあ、セット契約の条件は構いませんが、種類が少ないのは残念です。

1-5.ケーズデンキオンラインショップなら選べる端末の種類は増える

実店舗ではなく「ケーズデンキオンラインショップ」なら、購入できる格安スマホ端末(SIMフリースマホ)の種類が増えます。

人気メーカーは、価格の安いHUAWEIとASUSです。海外製が怖いなら、シャープのAQUOSシリーズもおすすめです。

安い端末なら2万円以下。格安SIM(回線)とセット契約しなくても構いません。店舗より圧倒的な品揃えなので、端末購入はオンラインがいいですね。

ちなみに、決済手段はクレジットカード払い以外にも、代金引換・コンビニ決済・ペイジー決済などが選択できます。

一万円以上の買い物で送料無料に。そのため、格安スマホ端末の送料は実質無料と考えてOKです。

ケーズデンキオンラインショップで格安SIMの契約はできない

ケーズデンキオンラインショップでは、端末の購入ができても格安SIMの契約はできません。これは、どの家電量販店も同じルールです。

格安SIMのオンライン契約を行うなら、格安SIM会社(MVNO)の公式サイトから行う必要があります。


2.ケーズデンキで格安スマホ・格安SIMを契約するメリットはありません

ぶっちゃけ、ケーズデンキで格安SIMを契約するのは損じゃありませんか?

鋭いわね。まったくその通り損するわ。その理由は、キャンペーンが無いからよ。

2-1.品揃えが少なすぎるうえ、まともなキャンペーンがない

なんとかケーズデンキで格安SIMを契約するメリットがないか考えましたが、一つもありませんでした。強いて言えば、貯まったポイントが使えるくらいでしょうか。

格安SIMの選択肢が少ないのも辛いのですが、最も損するのがキャンペーン。ケーズデンキはキャンペーンといっても抽選会などお遊びレベルです。

対して、格安SIMの公式サイトから申し込んだ場合はどうか。例えば、ケーズデンキがプッシュしているY!mobileなら1万円以上の還元があります。

その他の格安SIMでも、月額割引で半年以上無料になることも。プラン内容は変わらず、契約先を変えるだけでここまでお得になるのです。

格安SIMのキャンペーンがどれだけ手厚いかは以下の記事を確認して下さい。

格安SIMのキャンペーンお得度で選ぶ!格安SIMのキャンペーン速報【2019年9月】

オンライン契約が不安な方は、「格安SIMの手続き方法」の記事も合わせて参考にして下さいね。

2-2.どうしてもケーズデンキが良いなら、最寄り店のお得情報を調べておこう

損するのが分かっていても、やっぱりケーズデンキが安心・・。そんな場合は、せめて最寄り店で、どんなお得情報があるのか事前にチェックしておいたほうがいいです。

たとえ格安SIMで損しても、その他の買い物で取り戻せるかもしれません。 利用したいのは無料のチラシアプリ。ネットにはない、細かな情報を見ることができます。

おすすめはシュフーというアプリ。 評価数も多いですね。

シュフー

ケーズデンキで検索すれば、ずらずらと情報が出てきます。

ケーズデンキ シュフー

こちら筆者の地域の最寄り店。オンラインで見られるチラシには、所狭しとお得情報が。

ケーズデンキ シュフー2

目を通す価値があります。

シュフーの無料登録はこちら

3.【まとめ】ケーズデンキで格安SIM・格安スマホは契約しないほうがいいです

この記事では、ケーズデンキで格安SIM・格安スマホに契約する方法を中心に解説してきました。

結論は、ケーズデンキでは格安SIMを契約してはいけません。他の家電量販店と比べても取扱いが少ないですし、何よりメリットがほぼありません。

確かに、ショップ店員に相談できるのは初心者にとって魅力ですが、オンラインでも10分あれば誰でも契約できます。

契約先をオンラインにするだけで、手厚いキャンペーンを受け取れます。

オンライン契約でも、「MNP乗り換え」は可能です。SIMカード到着後に開通するので、不通期間もありませんよ。

関連:格安SIMを契約できる家電量販店
格安SIMのキャンペーン情報まとめ(2019年9月13日更新)
  • 楽天モバイル:最新16機種が大幅値引き(9/30まで)
  • Y!mobile:最大15555円のTポイントが貰える&SIM単体契約で最大14400円割引(終了未定)
  • UQモバイル:現金13000円のキャッシュバック&初期費用0円(終了未定)
  • IIJmio:在庫限りの端末セール(9/30まで)
  • BIGLOBEモバイル:初期費用無料&18ヶ月割引(9/30まで)
  • LINEモバイル:月額料金が5ヶ月半額(終了未定)

スマホ代が3000円以下格安SIMの総合比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。