コメント欄にご質問・感想をどうぞ

トーンモバイルはおすすめしない【速度が遅い&評判が最悪】

トーンモバイルはおすすめしない

お知らせ

2020年より、楽天モバイルは格安SIMからキャリアへ移行。月額2980円でデータ使い放題の楽天アンリミットが登場しました。

現在、1年間無料キャンペーン中。体験談を詳細にレビューしています。

 

>楽天アンリミットの評判・口コミを見る

この記事のポイント

「トーンモバイルの速度や評判が気になる。契約しても大丈夫なの・・?」

TONE(トーン)モバイルはTSUTAYAやTポイントで知られるカルチュア・コンビニエンス・クラブと資本提携して誕生しました。

全国のTSUTAYA店舗でサポートを受けられる格安SIMです。

結論から言うと、トーンモバイルはおすすめできません。理由は様々ありますが、一番は速度が遅いこと。

回線が停止しているレベルのスピードで、動画やゲームはまったく楽しめません。通常のWEB閲覧も難しいです。

月額1000円(電話番号付きは1950円)の安さを掲げていますが、むしろサービス内容に対して割高に感じます。まさに安かろう悪かろうです。

この記事ではトーンモバイルの速度と評判を中心に徹底評価していきます。

料金プラン

通常 TONE SIM
(for iPhone)
月額料金
(050IP電話)
1000円※ 1500円
月額料金
(090音声オプション)
1950円 2450円
データ容量 低速無制限

※別途、端末代金あり

回線 ドコモ
バースト機能 なし
速度 500~600kbps
速度制限 あり
データ繰越 なし
テザリング 無料
通話料 18円/30秒
データチャージ料 TONE端末:1GB(300円)
TONE SIM:1GB(400円)
端末保証オプション あり
かけ放題オプション あり
カウントフリー なし
初期費用 3000円
支払い方法 クレジットカード
口座振替(店舗契約のみ)
解約金 なし

1.トーンモバイルの特徴とは?

はじめにトーンモバイルの特徴を教えてください。

小さな子供向けのセキュリティ機能があるのと、Tポイントが貯まるのが特徴よ。

子供・シニア向けの安全機能が整っている

TONEモバイルは小さな子供やシニアに対する安心機能に力を入れています。

安心機能

  • 子供向け:TONEファミリー
  • シニア向け:置くだけサポート

TONEファミリーは、有害サイトのフィルタリング・アプリの利用制限・子供の現在地確認といった多様な機能が備わっています。

置くだけサポートは、トーン端末が入っていた箱に端末を置くと自動でスマホのトラブルを解決できます。もし、問題が解決しない場合は、サポートに繋がります。

置くだけサポートの仕組み

置くだけサポート

Tポイントが貯まる

トーンモバイルはTカードと連携が可能です。利用料金に応じてTポイントが貯まります。

Tポイントは、200円につき1ポイントが加算。月々の支払いはもちろん、端末代金もポイント付与の対象です。

貯まったTポイントは、Tカードが使える場所ならどこでも使用できます。

2.トーンモバイルはとにかく遅い【実測値で500kbps以下】

トーンモバイルの速度が気になります。

残念だけど、びっくりするほど遅いわよ。

トーンモバイルの速度は信じられないほど遅いです。最大速度は500kbpsほど。

実測値は、なんと100kbpsを記録することも(お昼の時間帯が酷い)。100kbpsはもはや回線が停止しています。

大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)で速度制限にかかったときの速度は200kbpsです。それよりも遅いとは一体どういうことなのでしょうか・・。

他の格安SIMと比較しても、トーンモバイルの遅さが目立ちます。

格安SIMの速度比較



通信速度(Mbps)
12時 15時 18時
トーンモバイル 0.1~0.6
Y!mobile 74.9 52.4 46.3
UQモバイル 16.5 25.5 20.0
OCNモバイルONE 0.94 23.5 4.16
BIGLOBEモバイル 0.85 22.5 2.08
LINEモバイル 5.97 18.8 3.6
楽天モバイル 1.06 22.6 2.46
mineo 1.0 47.6 5.09
IIJmio 0.54 3.0 1.04

ご覧の通り、トーンモバイルだけが全時間帯で極端に遅いです。ごくたまに1Mbpsを超えますが、それでも低速には変わりありません。

もはや回線契約の意味がないといってもいいでしょう。

3.トーンモバイルをおすすめしない理由【速度以外も多数】

速度が遅すぎるのは致命的ですね・・。

他にもたくさんデメリットがあるわ。

ゲーム・動画をまったく楽しめない

前章で解説した通り、トーンモバイルは極端に遅い格安SIMです。

体感だと意外に使えるのか?と期待してしまいますが、残念ながらできることはメール・LINEくらいに限られます。

必要な速度の目安(用途別)

用途 通信速度
(Mbps)
ネット閲覧 1.0
メール・LINE 0.2
動画(低画質) 0.5
動画(普通画質) 1.0
Instagram 1.0
動画(高画質) 2.0
アプリDL 3.0
MEMO
トーンモバイルの速度は0.5Mbps以下

動画を再生するには、最低1Mbpsは必要です。トーンモバイルでは再生できません。ゲームを楽しむのも厳しいでしょう。

ほんの一部の低速でも遊べるゲームアプリしか使えません。

その他、SNSやWEB閲覧も速度が遅すぎてイライラします。せっかくのスマホをまったく楽しめないのは、辛い限りです。

テザリングも使えない

テザリング機能自体は無料で使えます。しかし、トーンモバイルでは速度が遅すぎてまともにテザリングできません。

トーンモバイルはデータ無制限だからテザリングを使えばポケットWi-Fiにできる・・なんて考えないで下さい。

速度を上げるには高速チケットが必要

遅すぎる速度を何とか上げたい場合、高速チケットオプションを買うことである程度改善できます。

高速チケットオプション

1GBあたり300円(毎月10GBまで購入可)

1GBで300円は安く感じますが、月額基本料金(1000円~1950円)と合わせれば割高感があります。他社の1GBプランはもっと安いです。

また、高速チケットオプションを使用しても速度は3Mbps程度しか出ません。トーンモバイル基準だと高速でも、格安SIM全体から見れば3Mbpsは低速です。

そもそも、速度を速くするのにわざわざオプション課金が必要なのも面倒です。

好きな端末を選べない

トーンモバイルで購入できる端末は1種類だけです。分かりやすくシンプルにしたい狙いは理解できますが、さすがに毎日使うスマホ端末なので自分好みで選びたいものです。

また、選べる端末はコスパの悪い低性能な機種です。今でこそ多少マシになりましたが、以前は他社でとっくに販売終了した端末を販売し続けていました。

他社なら、もっとコスパが良くて高性能なスマホを選べます。端末の種類も10~30あるので、デザインも含めて自分好みのスマホを選択可能です。

ちなみに、トーンモバイルで購入できるスマホはTONE端末と銘打っていますが、実際は別メーカーが提供しているSIMフリースマホ(富士通のarrowsシリーズなど)です。

パッケージだけTONEに変えています。

料金プランを選べない

端末に続いて、トーンモバイルでは料金プランを選べません。用意されているプランはわずか1種類です。

プラン内容
  • 月額料金:1000円(電話番号付きは1950円)
  • データ容量:無制限※

※実際は制限あり(詳しくは次項にて)

月額1000円でデータ使い放題と聞くと、夢のような料金プランに感じます。しかし実際は、回線を契約する意味がないほどの低速。

むしろ、ほとんど止まっている回線に毎月1000円以上も払うのは割高です。

他社と差別化したい意図は分かりますが、さすがに料金プランはもう少し多様性があった方がいいのではないでしょうか。

実際は使い放題じゃない

データ使い放題を謳うトーンモバイルですが、極端な使い方をすれば速度制限にかけられます。

詳しい速度制限の基準は分かりませんが、大容量ファイルのダウンロード・アップロードを繰り返していると制限にかかる恐れがあります。

結局、データ無制限でも好き放題楽しむことはできません。

4.トーンモバイルの評判・口コミは最悪

ユーザーの評判はどうですか?

全然ダメね・・

トーンモバイルは人気が無いので、そもそも評判・口コミの量が少ないです。わずかに出てくる評判を調べると、やはり悪評ばかり・・。

もちろん100%悪評ではなく良い評判もあるのですが、その数は非常に少ないです。予想通り、速度の遅さに関する指摘が多数。

「本当に何もできない」と嘆きの声も挙がっていました。

5.トーンモバイルを検討してもいい唯一のパターン

トーンモバイルは絶対やめた方がいいですか?

う~ん、検討していいとしたら小さなお子さんにスマホを持たせたい親くらいかしら。

トーンモバイルを唯一検討していいのは、小さな子供にスマホを持たせたい保護者の方です。

特に、子供の居場所を知らせてくれるTONEファミリーの機能を使いたい方に向いています。

ただ、TONEファミリーに似た機能はアプリで補えます。そう考えると、おすすめできる人はほぼいないと言ってもいいでしょう。

典型的な安かろう悪かろうなので気をつけてください。

6.もっと快適な別の格安SIMを選ぼう

トーンモバイルを微妙なら、どこが選べばいいんですか?

おすすめできる格安SIMを挙げていくわね。

トーンモバイルはサービス全体的に縮小傾向(店舗数など)で数字の上でも衰退していることが分かります。

月額1000円なのに、割高に感じてしまうサービス内容が問題でしょう。格安SIMを使うなら、別の通信事業者を使いましょう。

トーンモバイルよりも格段にレベルの高いサービスを、割安と感じながら利用できます。

特におすすめなのが、

  • 楽天モバイル
  • OCNモバイルONE
  • ワイモバイル

の3社です。

トーンモバイルとの比較

速度 料金※ 端末
トーンモバイル
遅い

割高

選べない
楽天モバイル
速い

割安

豊富
OCNモバイルONE
普通

割安

豊富
ワイモバイル
速い

普通

普通

※サービス内容に対して割高(割安)に感じるか

楽天モバイル

おすすめな人
  • データ使い放題を求めている
  • 楽天ポイントを貯めている
  • スマホ代を3000円以下にしたい

楽天モバイル(楽天アンリミット)は、月額2980円でデータ使い放題。すべての格安SIMで、最強のプラン内容です。

トーンモバイルと違い、低速ではなく高速通信で使い放題です。

通信速度は、常に20Mbpsあたりで安定。最低1Mbpsが保証されているため、動画が止まることはありません。

また、通話し放題の楽天Linkも無料で利用OK。楽天市場の獲得ポイントが常に+1倍となる特典も付いています。

TOPIC
楽天モバイルはキャリアに移行しましたが、実質的な格安SIMなので掲載しています

月額2980円:データ無制限

※auエリアは5GBまで

月額料金 解約金 オンライン契約
2980円 0円
回線 支払い キャンペーン
楽天
au
クレジットカード
口座振替
デビットカード
あり
メリット デメリット
・データ使い放題
・楽天ポイントが常に2倍
・最低速度保証あり
・通話料を節約できる
・シェアプランがない
・サポートが繋がりにくい

CHECK!

楽天モバイルの公式サイトへ

OCNモバイルONE

おすすめな人
  • 最安値で端末を購入したい
  • 利用料金の安さを重視する
  • 音楽アプリが手放せない

OCNモバイルONEは、格安SIMの中で屈指の安さを誇ります。端末代金は、他社の半額以下になることも。

月額料金も最安レベル。月額1000円(090番号付きは1950円)のトーンモバイルを使うくらいなら、OCNモバイルONEの1GBプランの方が圧倒的に割安と感じられます。

また、安さだけでなく通信速度も良好です。イライラする時間帯はありません。

その他、MUSICカウントフリーによりAmazon music・Google Play Music・LINE MUSICなどデータ消費なし。

Wi-Fiスポットの無料サービスも付いており、データ消費を節約する仕組みが整っています。

データ容量 月額料金
データSIM 音声通話SIM
1GB 1180円
3GB 880円 1480円
6GB 1380円 1980円
10GB 2280円 2880円
20GB 3800円 4400円
30GB 5380円 5980円
月額料金 解約金 オンライン契約
880円〜 0~1000円
回線 支払い キャンペーン
ドコモ クレジットカード あり
メリット デメリット
・端末価格が最安
・利用料金が安い
・大容量プランあり
・音楽アプリ使い放題
・ドコモ回線のみ

CHECK!

OCNモバイルONEの公式サイトへ

ワイモバイル

おすすめな人
  • 最高速度の格安SIMを求める
  • 通話料を0円に抑えたい
  • iPhoneセットで乗り換えたい

自社回線を使うワイモバイルは、他社との回線混雑がないため圧倒的な通信速度を誇ります。

平均速度は40~60Mbps。格安SIMながら、大手キャリアと変わらない速さです。

速度制限後も1Mbpsのスピードなので、実質使い放題と考えてOK。トーンモバイルの通常時の速度(0.5Mbps以下)より、速度制限にかかったワイモバイルの方が快適です。

料金プランには、オプション扱いではなく10分かけ放題が付いています。プランSなら月額1980円で、通話料まで収まります。

+1000円で時間無制限のかけ放題も利用OKです。

スマホベーシックプラン

プランS プランM プランR
月額料金
2680円 3680円 4680円
月額料金
(6ヶ月新規割)
1980円 2980円 3980円
データ容量 3GB 9GB 14GB
データ容量
(1年増量)
4GB 12GB 17GB
無料通話 10分かけ放題
月額料金 解約金 オンライン契約
1980円〜 0円
回線 支払い キャンペーン
自社
ソフトバンク
クレジットカード あり
メリット デメリット
・通信速度がトップ
・10分かけ放題付き
・iPhoneセット販売あり
・全国に店舗あり
・データ繰り越し不可
・Androidの種類が少ない

CHECK!

ワイモバイルの公式サイトへ

7.まとめ

TONE(トーン)モバイルは残念ながら、まったく評価できない格安SIMです。

格安SIM同士の血みどろな戦いから降りて、ライトユーザーだけにサービス提供を絞った潔さは認めますが、如何せんサービス品質が悪すぎます。

特に、速度が遅すぎるのは致命的。安かろう悪かろうなので、契約は辞めておきましょう。

トーンモバイルよりおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。