UQ mobile(UQモバイル)

UQモバイル(UQmobile)はSMSが使えるのか完全解説

usモバイル sms

UQモバイル(UQmobile)でSMS(ショートメッセージサービス)は使えるのか。また、どのように設定するのか気になりますよね。SMSはちょっとしたメールサービスというイメージですが、機能が付いていると何かと便利です。アプリの登録などで必要となる場合もあります。

この記事では、UQモバイルでSMSを使うメリットや詳しい設定方法を解説。SMSが送れない場合の対処方法についても説明しています。ぜひ、参考にしてくださいね。

【UQモバイルの概要】

\【2018年版】完全レビューをチェック/

UQモバイル詳しくはこちら>>

  • 30Mbpsを超える爆速度
  • 月額1980円から契約可
  • 全プランに5分かけ放題付き
  • 口座振替対応でクレカ不要
  • 8万箇所のWi-Fiスポット無料

UQモバイルの公式サイト

1.UQモバイルはSMSが使える

UQモバイルではSMSを使うことが可能です。SMSの利用料金や送信可能な文字数など詳しい条件を見ていきましょう。なお、SMSはCメールと表記されることもありますが同じ意味です。

1-1.SMSの対象プランと利用料金

UQモバイルでは、全プランでSMSを使用できます。音声通話SIM(おしゃべりプラン、ぴったりプランなど)、データ通信専用SIMともに利用可能です。利用料金は月額無料となっています。オプション料金は不要です。ただし、SMSは送信料が別途かかります。

SMS送信料(国内)

文字数/全角 送信料
1~70文字 3円
71~134文字 6円
135~201文字 9円
202~268文字 12円
269~335文字 15円
336~402文字 18円
403~469文字 21円
470~536文字 24円
537~603文字 27円
604~670文字 30円

SIM送信料(海外)

  • 1通100円

国内・海外ともに受信料は無料です。国内SMSの送信料は文字数による従量制、海外SMSの送信料は一律100円となっています。

送信可能な文字数

現在、UQモバイルのSMSで送信できる文字数は、最大670文字までとなっています。以前は最大70文字までと文字通りショートメッセージサービスでしたが、現在は670文字まで送れるので通常のメールサービスと変わりません。絵文字は機種によって送信できる場合とできない場合があります。

1-2.SMSを利用するメリット

UQモバイルでは、いくら無料でSMSを利用できるとはいえ、そもそも必要なサービスなのでしょうか?

結論から言うと、SMSが使えると非常に便利です。その理由は以下のメリットがあるからです。

  • 相手にメールアドレスを教えなくていい
  • 緊急時の連絡となる
  • アプリのSMS認証として使える
  • バッテリー消費を防止する

(1)電話番号だけ分かればメッセージを送信できる

SMSは電話番号を使って相手とメッセージをやり取りします。そのため、メールアドレスを相手に知らせる必要がありません。電話番号はメールアドレスと違って頻繁に変わらないので、しばらく会っていない知人でもメッセージを送ることが可能です。アドレス変更の連絡なども無いので、気軽にメッセージを送信できます。

(2)緊急時の連絡となる(海外も送信可)

SMSは通常のメールと違い確実に相手に届きます。金融機関などがSMS認証を好むのは確実に本人確認できるからです。相手に確実にメッセージを送れるということは、緊急時の連絡の際も利用できます。電話ができない状況でもSMSを使えば自分の意志を伝えることは可能です。

また、海外でもSMSが使えるため、もしもの時に役立ちます。身の安全を守る上でもSMSは心強い見方になってくれますよ。

(3)アプリのSMS認証として使える

多くのアプリではSMS認証による本人確認を採用しています。SMSはフリーメールと違って、一人一つまでしか取得できません。また、電話番号に紐づくため、本人であることは確実です。金融機関をはじめ、重要なアプリであるほどSMS認証を好む傾向にあります。

LINE OutなどSMS認証がないと利用できないサービスもあるため、必ず付けておきたい機能です。

(4)バッテリー消費を防止する

セルスタンバイ問題といってSMS機能を付けていないと、端末が電波を探し続けてバッテリーを消耗する事例があります。そもそも、端末はSMSありきで設計されています。SMSが急に使えないとなると、何らかのエラーを起こしてセルスタンバイ問題が発生する可能性があるのです。

UQモバイルでは、SMS送信する・しないに関わらず、SMS機能が最初から付いているため、バッテリーを消費するセルスタンバイ問題については気にしなくて構いません。

2.UQモバイルでSMSを送信する方法

ここでは、実際にUQモバイルでSMSを使う方法について詳しく解説します。

2-1.SMSの送り方(Android・iPhone)

まず、UQモバイルでSMSを使う場合はAPN設定を事前に済ませておく必要があります。詳しくは「UQモバイルのAPN設定」の記事を参考にしてください。

準備が整ったら、以下の方法でSMSを送信します。

SMS送信の手順

■電話帳から送信

  1. 電話帳を開いてSMS送信したい相手をタップ
  2. メッセージアイコンをタップ
  3. メッセージを入力して送信
  4. メッセージアプリから送信

■メッセージアプリを開く

  1. 新規作成・新規メッセージをタップ
  2. 連絡先から相手を選ぶ
  3. メッセーを入力して送信

Android、iPhoneともに上記の方法でSMS送信が可能です。なお、Androidは以前ハングアウトからSMSが送信できました。しかし今は、ハングアウトのSMS機能は無くなっているため使用不可となっています。

iPhoneのメッセージアプリは初期設定が必要

iPhoneで初めてメッセージアプリを使用する場合は、「MMS機能を使用するにはMMSメールアドレスが必要です」とエラー表示されます。このエラーを回避するには、設定アプリの「メッセージ」をタップして「MMSメールアドレス」の欄に適当な文字列(1234など)を入力すれば解決します。

iPhoneのメッセージアプリが開けない方は、ぜひ試してみて下さいね。

2-2.SMSが届かない・送れない場合の対処法

SMSが届かない、あるいは送れない場合は以下の方法で対処しましょう。

SMSが届かない場合

相手がSMSを送ったにも関わらず受信できない場合は、受信拒否設定を行っている可能性があります。iPhoneの方は、「設定」→「メッセージ」→「iMessage」をONにすると解決する場合があるので試してみて下さい。その他の可能性としては、以前auを使っていた方でau以外の受信を拒否する設定を行っていたというケースがあります。

この場合の解除方法は、本文に「解除」と入力して090-4444-0014にSMS送信します。これでauの頃にかけていた受信拒否設定は解除されます。それでも解決しない場合は端末のOSをアップデートしてみましょう。端末側のエラーの場合は、アップデートで解決します。

SMSが送れない場合

相手にSMS送信できない場合は、相手側が迷惑メール対策としてSMSの受信拒否設定を行っている可能性があります。その場合は、相手に連絡して受信拒否設定を外してもらう他ありません。また、文字数をオーバーしていたり、電波状況が悪かったりと単純なミスを侵している可能性もあります。

もう一度、電波の環境がいい場所で文字数を少なくして送信をテストしてみて下さい。

3.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、UQモバイル(UQmobile)のSMS機能について詳しく解説してきました。通常、格安SIMではSMSがオプション扱いとなります。しかし、UQモバイルをはじめ、au系の格安SIMは無料でSMS機能が使えるメリットがあります。

SMSが使えれば、メッセージとしての利用だけでなくSMS認証やバッテリー消費の防止などにも役立ちます。送信方法は簡単なので、これまでSMSを使っていなかった方は、ぜひ活用してみて下さいね。

【UQモバイル】速い、安い、かけ放題
uqモバイルのロゴ
  • 30Mbpsを超える爆速度
  • 月額1980円から契約可
  • 全プランに5分かけ放題付き
  • 口座振替対応でクレカ不要
  • 8万箇所のWi-Fiスポット無料

※大手キャリアから乗り換えると、スマホ代が月4000円(年間5万円)程度安くなります

詳細ページ公式ページ

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。