コメント欄にご質問・感想をどうぞ

縛りなしの格安SIMまとめ【契約期間は自由・解約金なし】

縛りなしの格安SIM

お知らせ

2020年4月より、楽天モバイル(楽天アンリミット)がキャリア移行に伴い破格のキャンペーンを行っています。

 

キャンペーン内容

  • 1年間無料
  • 最大20800円分のポイント還元

楽天アンリミットは、月額2980円でデータ使い放題。速度制限時も1Mbpsが保証されます。

控えめに言って大手3キャリア&全格安SIMを凌駕する最強プランです。

実際の使い心地をレビューしているので、ぜひご覧ください。

>楽天アンリミットの体験レビューを見る

格安SIMでは大手キャリアのような契約期間の縛りはあるのでしょうか。

格安SIMを契約する際に気になるのが、契約期間ですよね。とくに2年縛りなど厳しい条件は敬遠します。

結論から言うと、現在の格安SIMは縛りなしで契約可能です。ただし、各社でルールは異なるので事前の確認が必要です。

この記事では、縛りなしで契約できる格安SIMを一覧でまとめていきます。ぜひ、参考にして下さいね。

1.格安SIMは契約期間の縛りなしで契約できる

格安SIMって、一定の契約期間が経たないと解約金が取られますよね?

以前はそうだったけど、今はルールが変わって解約金なしの格安SIMが出てきているのよ。

格安SIMでは、通常最低利用期間と解約金が定められています。しかし、一部の格安SIMでは契約期間の縛りがまったくありません。

格安SIMの最低利用期間・解約金

格安SIM 最低利用期間 解約金
Y!mobile なし なし
楽天モバイル なし なし
UQモバイル なし なし
mineo なし なし
イオンモバイル なし なし
OCNモバイルONE 6ヶ月 1000円
Nifmo 6ヶ月 8000円
Uモバイル 6~12ヶ月 3500円~9500円
LINEモバイル 12ヶ月 1000円
BIGLOBEモバイル 12ヶ月 1000円
IIJmio 12ヶ月 1000円
DMMモバイル 12ヶ月 9000円
TONEモバイル 24ヶ月 9800円
MEMO
各社のリンクをタップすれば、さらに詳しい解約条件を確認できる

Y!mobile・UQモバイル・楽天モバイルに関しては、2019年9月以前までは2年縛りがありました。

解約条件が非常に悪かったのですが、2019年10月からの改正により、むしろ他社より解約条件が良くなりました。

その他、mineoとイオンモバイルも契約期間の縛りはありません。

なお、最低利用期間が設けられている格安SIMでも、契約期間を超えれば解約金は無料に。自動更新はありません。

TOPIC
データSIM(電話番号が付かないSIMカード)なら、全社で契約縛りなし
注意
端末を分割払い(24回払いなど)で購入した場合は、事実上の契約縛りになるので注意

2.縛りなしで契約できる、おすすめの格安SIM3選

縛り無しで契約できる格安SIMは、どこがいいですか?

いくつかおすすめを紹介するから、参考にしてちょうだい。

①Y!mobile【キャリア並の速度&10分かけ放題付き】

y mobile

イーモバイル時代に築いた自社回線を持つY!mobile。他社との回線混雑がないため、圧倒的な通信速度を叩き出しています。

平均速度は40~60Mbps。格安SIMながら、親会社のソフトバンクと同等の速さです。

YoutubeやWEBサイト閲覧はもちろん、テザリングも快適です。

速度以外だと、10分かけ放題がプラン価格内に付いているのも大きな特徴。通話料を大幅に節約できます。

プランSなら月額1980円で、通話料まで収めることができます。

また、月額1000円のオプション料金を払えば、無制限かけ放題も利用可。大手キャリアの無制限かけ放題は月額2700円なので、節約効果は絶大です。

その他、Y!mobileはiPhoneを安く購入できるのもメリットです。

スマホベーシックプラン

プランS プランM プランR
月額料金 1980円
2980円 3980円
月額料金
(新規割終了後)
2680円 3680円 4680円
データ容量 4GB 12GB 17GB
無料通話 10分かけ放題
解約金 0円

基本データ

  • 回線:Y!mobile(自社)・ソフトバンク
  • ユーザー数:1位
  • 支払い方法:クレジットカード・口座振替(店頭のみ)
メリット デメリット
・通信速度が一番速い
・10分かけ放題が付属する
・iPhoneのセット購入が安い
・全国にワイモバイルショップがある
・データ繰り越しができない
・購入できるAndroidの種類が少ない
おすすめな人
  • 大手キャリアと同等の通信速度がいい
  • 頻繁に通話する
  • iPhoneセットで乗り換えたい

CHECK!

Y!mobileの詳細を見る

②楽天モバイル【楽天会員割で1500円引きに】

楽天モバイル

楽天モバイルでは、楽天市場で買い物すると常にポイントを2倍獲得できます。

獲得した楽天スーパーポイントは楽天カードの支払いに充てることが可能。さらに、毎月1%の還元率でポイントが付与されます。

さらに、楽天会員は最初の1年間、毎月1500円割引に。プランS(2GB)なら月額1480円です。

口座振替とデビットカード払いに対応しているため、クレジットカード不要で契約できる点も魅力です。

10分かけ放題付きのスーパーホーダイでは、最低通信速度1Mbpsの保証あり。速度制限にかかっても1Mbpsをキープします。

速度制限中でも動画再生できるため、事実上の使い放題プランです。

また、楽天モバイルは、常に端末のキャンペーンを行っています。定価より3割ほど安く購入できる場合もありますよ。

スーパーホーダイ

S M L LL
月額料金 2980円 3980円 5980円 6980円
楽天会員割 1480円 2480円 4480円 5480円
楽天会員割
(ダイヤモンド会員)
980円 1980円 3980円 4980円
データ容量 2GB 6GB 14GB 24GB
通話 10分かけ放題
解約金 0円

 

組み合わせプラン

データ容量 月額料金
データSIM 音声通話SIM
ベーシック 525円 1250円
3.1GB 900円 1600円
5GB 1450円 2150円
10GB 2260円 2960円
20GB 4050円 4750円
30GB 5450円 6150円

 

基本データ

  • 回線:ドコモ、au
  • ユーザー数:2位
  • 支払い方法:クレジットカード、口座振替、デビットカード
メリット デメリット
・楽天会員割がある
・楽天市場の獲得ポイントが2倍
・1Mbpsの最低通信速度保証あり
・端末・プラン価格が安い
・シェアプランが使えない
・電話サポートが繋がりにくい
おすすめな人
  • 楽天スーパーポイントを貯めている
  • 楽天会員割を適用したい
  • 速度制限時も動画を見たい

CHECK!

楽天モバイルの詳細を見る

③UQモバイル【通信品質の安定と充実したサポート】

UQモバイル

大手キャリア並の手厚いサポート、トップクラスの通信速度、かけ放題付きの料金プランなど、UQモバイルのサービス品質は格安SIMの中でトップクラス。

auの子会社なので、資本力も抜群。通信速度の安定性も頭一個抜けています。

近年の調査で、ユーザー数の伸び率トップなのも頷けます。

通信速度については、回線混雑で速度低下しやすい昼間の時間帯でも高速です。

他社では1Mbps程度まで落ちる12時から13時の時間帯でも、10Mbps前後と10倍以上の通信速度を誇ります。

そして、格安SIMでほぼ非対応の口座振替払いに、無条件で対応しているのもメリット(振替手数料もなし)。端末代金の支払いで口座振替に対応しているのは、UQモバイルだけです。

スマホプラン

S M L
月額料金 1980円 2980円 3980円
データ容量 3GB 9GB 14GB
解約金 0円

基本データ

  • 回線:au
  • ユーザー数:4位
  • 支払い方法:クレジットカード、口座振替
メリット デメリット
・回線混雑による速度低下が無い
・口座振替で契約できる
・UQ家族割で500円引き
・通話オプション加入でデータ増量
・プラン価格が高い
・au回線しか選べない
おすすめな人
  • 格安SIM特有の速度低下を回避したい
  • 口座振替で契約したい
  • 家族割を適用させたい

CHECK!

UQモバイルの詳細ページへ

3.【まとめ】解約ルールは随分と緩くなった

今回は、格安SIMの契約縛りについて詳しく解説してきました。

以前はルールの厳しかった契約縛りですが、2019年10月の改正によりだいぶ緩くなりました。

現在、2年縛り(自動更新あり)を設ける格安SIMはなし。解約金もほとんどが無料か1000円程度に落ち着いています。

契約縛りが心配で格安SIMを敬遠していた方は、まったく気にしなくていいので安心ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。