楽天モバイルのSMSを利用料金から設定方法まで全解説

楽天モバイル SMS

楽天モバイルでSMSを使うにはどうすればいいのか、あるいは利用料金が発生するのか気になりませんか?

楽天モバイルではSMSが利用できます。ただし、料金プランによって若干ルールが異なるので注意が必要です。

この記事では、楽天モバイルでSMSを使う方法はもちろん、送信料や送受信できない場合のトラブル対処まで詳しく解説していきます。

ぜひ、参考にしてくださいね。

公式サイトへ

1.楽天モバイルでSMS(ショートメール)を使うための料金

楽天モバイルではSMSが使えるんですよね?

ええ、一部のプランを除いて使えるわ。

楽天モバイルでは、2つの料金プラン(スーパーホーダイ・組み合わせプラン)が用意されています。

SMSの利用料金ですが、どちらの料金プランを選ぶかによって若干変わります。

1-1.スーパーホーダイはプラン価格内でSMSが使える

スーパーホーダイの場合は、SMS利用料がプラン価格に含まれます。

TOPIC
スーパーホーダイは楽天モバイルのメインプラン。楽天会員割・5分かけ放題・最低通信速度1Mbps保証など、手厚いサービスが付属している

スーパーホーダイ

プランS プランM プランL プランLL
月額料金 2980円 3980円 5980円 6980円
月額料金
(楽天会員割)
1480円 2480円 4480円 5480円
データ容量 2GB 6GB 14GB 24GB
通話 5分かけ放題
SMS 利用可(0円)
スーパーホーダイ楽天モバイルのスーパーホーダイを実際どう?通信速度やメリット・デメリットを解説

1-2.組み合わせプランはデータSIMのみ+120円かかる

組み合わせプランは、通話SIM・データSIM(SMSあり)・データSIM(SMSなし)の3種類に分かれます。

通話SIMはプラン価格内でSMS機能あり。データSIMの場合は、+120円でSMS機能ありとなります。

TOPIC
データSIMとは、通話機能がないSIMカードのこと

組み合わせプラン

データ容量 通話SIM データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
ベーシック
(低速無制限)
1,250円 645円 525円
3.1GB 1,600円 1020円 900円
5GB 2,150円 1570円 1450円
10GB 2,960円 2380円 2260円
20GB 4,750円 4170円 4050円
30GB 6,150円 5520円 5450円
楽天モバイルの料金楽天モバイルの料金プランをおすすめの選び方まで完全ガイド

2.SMSの送信料は3円から

利用料金がかからないということは、SMSがタダで使える・・?

いいえ、オプション料がかからないだけで、送信料は別途必要よ。

SMSは利用料金がかからなくても、送信料は別途必要となります。

SMS送信料

スーパーホーダイ
組み合わせプラン
(ドコモ回線)
組み合わせプラン
(au回線)
国内宛て 3円 3~30円
海外宛て 50円 100円

送信できる文字数は全角670文字までとなります(端末によっては70文字まで)。

国内から海外への送信も可(海外から国内は不可)。受信料は、スーパーホーダイ・組み合わせプランともに0円です。

3.SMSの送信方法(設定不要)

う〜ん、SMSの送信方法って、どうするんだっけ・・。

LINEばっかり使ってると忘れるのよね。簡単に送信できるから確認してね。

SMSは、iPhone・Androidともに標準のメッセージアプリか電話帳から送信できます。事前の設定は特に必要ありません。

SMS送信の手順

電話帳から送信

  1. 電話帳を開いてSMS送信したい相手をタップ
  2. メッセージアイコンをタップ
  3. メッセージを入力して送信

 

メッセージアプリから送信

  1. メッセージアプリを開く
  2. 新規作成・新規メッセージをタップ
  3. 連絡先から相手を選ぶ
  4. メッセーを入力して送信

注意点として、iPhoneで初めてメッセージアプリを使用する場合は、「MMS機能を使用するにはMMSメールアドレスが必要です」とエラー表示されます。

このエラーを回避するには、設定アプリの「メッセージ」をタップして「MMSメールアドレス」の欄に適当な文字列(1234など)を入力すれば解決します。

iPhoneのメッセージアプリが開けない方は、ぜひ試してみて下さいね。

4.SMSを受信・送信できない場合の対処法

やばい!SMSが届きません。

あせらないで。大抵は、受信拒否設定が問題になっているわ。

4-1.SMSを受信できないケース

SMSを受信できない場合は、SMSを受信拒否設定していないか確かめてみてください。iPhoneの方は、「設定」→「メッセージ」→「iMessage」がONになっているか確認してみましょう。

また、以前auを使っていた方でau以外の受信を拒否する設定を行っていたというケースがあります。

この場合の解除方法は、本文に「解除」と入力して090-4444-0014にSMS送信します。これでauの頃にかけていた受信拒否設定は解除されます。

その他、稀に端末のOSが古いと送受信できない場合があります。Android、iPhoneともに設定アプリからOSを最新版にアップデートしておきましょう。

4-2.SMSを送信できないケース

相手にSMS送信できない場合は、相手側が迷惑メール対策としてSMSの受信拒否設定を行っている可能性があります。

その場合は、相手に連絡して受信拒否設定を外してもらう他ありません。 また、文字数をオーバーしていたり、電波状況が悪かったりと単純なミスを侵している可能性もあります。

もう一度、電波の環境がいい場所で文字数を少なくして送信をテストしてみて下さい。

APN設定が完了していない可能性も

楽天モバイルでSMSを使う場合は、APN設定を事前に済ませておく必要があります。APN設定しておかないと、SMSはもちろん通常のネット接続ができません。

まだAPN設定が済んでいない場合は、こちらの「楽天モバイルのAPN設定」の記事を参考にしてください。

5.楽天モバイルでSMSを使うメリットとは?

そもそも、楽天モバイルでSMSは必要ですか?

もちろん、複数のメリットがあるわよ。

そもそも、楽天モバイルでSMSを使う必要はあるのでしょうか?ここでは、いまいち分かりづらいSMSを使うメリットについて詳しく解説します。

①SMS認証に便利

SMSを使う最大のメリットがSMS認証です。SMSは電話番号に紐付いたメッセージサービスなので、フリーメールよりも信頼性が高いです。

そのため、アプリやサービスの認証によく利用されます。特に金融機関など重要なサービスは確実にメッセージが届くうえ安全性の高いSMS認証が本人確認として重宝されています。

現在は、ほとんどのアプリ・サービスではSMS以外の認証方法も用意されているため、手続きが面倒ですが大きく困ることはないです。

しかしながら、SMS認証が使えないと利用できないサービスも一部あります。

代表的なのがLINE Outです。有料通話サービスのLINE Outは電話番号確認のためSMS認証が必須となっているのです。

MEMO
通常のLINEメッセージ・通話は楽天モバイルでもSMS関係なく使える

②バッテリーの激しい消費を防ぐ

SMSを付けないと、端末のバッテリーが激しく消費される可能性があります。その理由はセルスタンバイ問題が起きるからです。

セルスタンバイ問題とは、3Gエリアに入った際に電波を探し続けてバッテリーを著しく消費することを指します。

どうせ昔の端末の話でしょ?と思いきや、最近の端末でもこの現象が度々起きています。

詳しい原因は分かりませんが、セルスタンバイ問題はSMS機能があると防げることが分かっています。

おそらく通常の携帯電話はSMS機能が使えるため、何らかのエラーが回避されるのでしょう。普段からバッテリーを消耗しやすい方は、SMSを付けておいた方がいいかもしれません。

③相手にメールアドレスを教えなくていい

SMSは電話番号を使って相手とメッセージをやり取りします。そのため、メールアドレスを相手に知らせる必要がありません。

電話番号はメールアドレスと違って頻繁に変わらないので、しばらく会っていない知人でもメッセージを送ることが可能です。

アドレス変更の連絡なども無いので、気軽にメッセージを送信できます。

④緊急時の連絡となる

SMSは通常のメールと違い確実に相手に届きます。金融機関などがSMS認証を好むのは確実に本人確認できるからです。

相手に確実にメッセージを送れるということは、緊急時の連絡の際も利用できます。 電話ができない状況でもSMSを使えば自分の意志を伝えることは可能です。

また、海外でもSMSが使えるため、もしもの時に役立ちます。身の安全を守る上でもSMSは心強い見方になってくれますよ。

6.【まとめ】あると便利なSMSを活用しよう

この記事では、楽天モバイルで使えるSMSについて詳しく解説してきました。

SMSはスーパーホーダイか組み合わせプランの通話SIM・SMSありデータSIMで利用可能です。

オプション料金はありませんが、SMS送信料が3円からかかります。受信側の料金は無料です。

SMSを使う機会は徐々に減ってきている世の中ですが、アプリの認証やメールアドレスがわからない相手へのメッセージなど、まだまだ重宝できるサービスです。

使い方も簡単なので、楽天モバイルに契約したらぜひSMSを活用してみて下さいね。

キャンペーン速報

人気機種が、期間不定期で大幅割引に。

キャンペーン

キャンペーン端末(一部)

キャンペーン価格 割引額
HUAWEI P30 lite 一括:29819円
分割:1366円
-3061円
AQUOS sense2 SH-M08 一括:24800円
分割:1136円
-5000円
OPPO Reno 10x Zoom 一括:95880円
分割:4694円
-4000円

キャンペーンの適用条件は、通話SIMで申し込むのみ。端末のみ購入はできません。

POINT
どの端末を選ぶか迷ったら、HUAWEI P30 liteがおすすめ。価格の割に高性能です。

CHECK!

キャンペーン中の端末を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。