おすすめの格安SIM比較

メールアドレスがもらえる格安スマホ会社10選

メールアドレス
まもなく終了

  • Y!mobile:タダ学割 基本使用料が最大3ヶ月無料(5/31まで)
  • mineo:もうすぐ100万回線ありがとうキャンペーン 6ヶ月間900円割引(5/8まで)
  • UQモバイル:UQゼロ学割 最大3ヶ月基本使用料無料(5/31まで)
  • UQモバイル:iPhoneSE実質0円(在庫限り)
  • TONEモバイル:春の学割キャンペーン 基本使用料6ヶ月無料(5/31まで)
  • LINEモバイル:ぜーんぶゼロキャンペーン 基本使用料2ヶ月無料(5/7まで)
  • nuroモバイル:15000円キャッシュバックキャンペーン(4/30まで)

格安スマホに乗り換えると、au・ドコモ・ソフトバンクで普通に使えていたキャリアメールが使えなくなります。

キャリアメールの代わりとして、フリーメールを使う方法もありますが、格安スマホ会社によってはメールアドレスをもらえます。

格安スマホ会社から提供されたメールアドレスを使えば、自分でフリーメールを取得する手間が省けます。

この記事では、メールアドレスがもらえるおすすめの格安スマホ会社を紹介していきます。

1.格安スマホ会社からもらえるメールアドレスとは?

格安スマホ会社からもらえるメールアドレスでは、画像やテキストなど通常の送受信が行えます。

ただし、格安スマホ会社によって有料となったり、保存容量が異なったりします。

各社の違いで、特に注意したいのが以下の3点です。

  1. 保存容量
  2. 保存期間
  3. 接続方式(受信プロトコル)

1-1.保存容量

保存容量は制限がある場合と、無制限の場合に分かれます。

容量が大きいファイルを頻繁に送受信する方は、保存できる最大容量に注意が必用です。テキスト中心の方は制限付きでもあまり問題にはならないでしょう。

1-2.保存期間

保存容量が無制限でも保存期間が決められている場合があります。一定の保存期間を過ぎるとメールが消えてしまうため、ビジネス用としてメールを使う場合は少し危険かもしれません。

保存期間が決まっているメールアドレスの場合、重要なメールは別にバックアップを取る必要があります。

1-3.接続方式(受信プロトコル)

メールの主な接続方式には、

  1. POP接続
  2. IMAP接続

の2種類があります。

それぞれの違いは以下の通りです。

■POP接続

  • プッシュ通知非対応
  • 他のデバイスでメール閲覧不可

■IMAP接続

  • プッシュ通知対応
  • 他のデバイスでメール閲覧可能

プッシュ通知とは、メールが来たらリアルタイムにお知らせしてくれる機能のことです。他のデバイスでメール閲覧とは、パソコンやタブレットでもメールが確認できるかどうかの違いです。

IMAP接続はメールが溜まってきた時に表示が重たくなるデメリットがありますが、一般的な使い勝手としてはIMAP接続の方が有利です。

2.メールアドレスがもらえる格安スマホ会社

ここから、メールアドレスがもらえるおすすめの格安スマホ会社を紹介していきます。

メールアドレスがもらえるだけでなく、契約者数が多く、用意されているプランが充実している格安スマホ会社に厳選していますよ。

2-1.楽天モバイル

楽天モバイル
  • 価格:無料
  • ドメイン:@rakuten.jp
  • 保存容量:15GB
  • 保存期間:無制限
  • 接続方式:POP・IMAP

楽天モバイルでは「楽天メール」というアプリでメールアドレスがもらえます。楽天メールの設定はアプリで簡単にできます。

IMAP対応のため、さまざまなデバイスから利用することが可能。

保存容量も15GBと大容量なので、主要メールアドレスとして十分活用することができるでしょう。

2-2.mineo

マイネオ
  • 価格:無料
  • ドメイン:@mineo.jp
  • 保存容量:200MB
  • 保存期間:60日間
  • 接続方式:IMAP

mineoのメールアドレスは保存容量が200MB、保存期間が60日と厳しい条件が付いています。

しかし、マイページから別途申込みすると保存容量5GB、保存期間を無制限に変更できます。なお、変更は無料です。

2-3.NifMo

Nifmo
  • 価格:無料
  • ドメイン:@nifty.com
  • 保存容量:5GB
  • 保存期間:無制限
  • 接続方式:POP・IMAP

NifMoのメールサービスは無料で使用可能。さらに迷惑メール対策機能もあります。

保存容量も比較的多く、保存期間も設けられていないため、快適に利用できるでしょう。

2-4.OCN モバイルONE

OCNモバイルONE
  • 価格:無料
  • ドメイン:@~.ocn.ne.jp
  • 保存容量:1GB
  • 保存期間:無制限
  • 接続方式:POP

OCNモバイルONEのメールアドレスは、IMAPに対応していないのが難点です。

パソコンやタブレットなど他のデバイスからもメールを確認したい方にはおすすめできません。保存容量もやや少ないので、あまり充実したメールアドレスとは言えません。

2-5.BIGLOBEモバイル

biglobe sim
  • 価格:無料
  • ドメイン:@~.biglobe.ne.jp
  • 保存容量:5GB
  • 保存期間:無制限
  • プロトコル:POP3・IMAP

BIGLOBEメールは無料で5GBの保存容量を使用できます。

メールアドレスを変更したい場合は、一回につき300円(税抜)の変更手数料がかかるので注意しましょう。2017年5月~8月に、セキュリティ強化のリニューアルを実施したので、安心して使用できます。

2-6.IIJmio (みおふぉん)

iijmio
  • 価格:月額300円(税抜)
  • ドメイン:@iijmio-mail.jp/@miomio.jp/@miobox.jp/@3文字.jp/@4文字.jp
  • 保存容量:無制限
  • 保存期間:30日
  • 接続方式:POP

IIJmio (みおふぉん)は、5つのドメインから好きなアドレスを選ぶことができます。短いドメインを選んだ場合は、一部の英数字を変えることができます。

ただし、保存期間が設定されていることと、POP接続を採用しているため、メインのメールアドレスとしてはやや難しいかもしれません。

2-7.エキサイトモバイル

エキサイトモバイル
  • 価格:月額280円(税抜)
  • ドメイン:@(sky/star/love/happy/dream).bbexite.jp
  • 保存容量:1GB
  • 保存期間:無制限
  • 接続方式:POP・IMAP

エキサイトモバイルは、最大9つのメールアドレスを1つ当たり月額280円(税抜)で利用することができます。

サブドメイン(.bbexite.jpの前)を5種類の中から選ぶことができます。複数のメールアドレスを使い分けたい方におすすめです。

2-8.hi-ho

hi-hoロゴ
  • 価格:無料
  • ドメイン:@sam.hi-ho.ne.jp
  • 保存容量:1GB
  • 保存期間:無制限
  • 接続方式:POP3・IMAP

hi-hoは、最大5つのメールアドレスを1つ当たり月額200円(税抜)で使用できます。

メールアドレスは有料ですが、3枚のSIMカードを契約できる格安のプラン(アソートプラン 月額1,409円)が用意されています。

複数の格安スマホ端末を運用する方におすすめです。

2-9.Y!mobile

ymobile
  • 価格:無料
  • ドメイン:@ymobile.ne.jp
  • 保存容量:無制限
  • 保存期間:無制限
  • 接続方式:POP・IMAP

特別な申込み不要で使えるY!mobileのメールアドレスは、すべての格安スマホ会社の中で最もおすすめです。メールアドレスの変更や迷惑メール対策など機能面も充実しています。

設定は専用アプリをインストールすることで可能。大手キャリアで利用していたメールと遜色ないメール運用が可能です。

2-10.UQモバイル

uqmobile
  • 価格:月額200円(税抜)
  • ドメイン:@uqmobile.jp
  • 保存容量:無制限
  • 保存期間:30日(受信していないメールのみ)
  • 接続方式:IMAP

月額料金200円でメールアドレスが使用できるUQモバイル。UQモバイルのメールアドレスは、格安スマホ会社でありながらキャリアメールとして分類されます。

保存容量は公式サイトに明記されていませんが、現在のところ制限付きの口コミは見当たりません。保存期間もサーバーに受信できていないメールのみ制限ありなので、実質無制限で使用可能です。

2-11.メールアドレスが付与されない格安スマホ会社

代表的な格安スマホである以下の5社は、独自メールアドレスの提供はありませんので注意しましょう。

  • U-mobile
  • イオンモバイル
  • DTI SIM
  • DMM Mobile
  • FREETEL

こちらの格安スマホ会社と契約した場合は、メールアドレスをフリーメールで代用をしましょう。

3.格安スマホ会社のメールアドレスはフリーメール扱い?

格安スマホ会社から付与されるメールアドレスは、一部を除いてフリーメールとして分類されます。ドコモ、au、ソフトバンクからもらえるキャリアメールと違い、フリーメールは誰でも取得が可能です。

フリーメールはスパムとして利用されやすいため相手先によっては迷惑メール設定がされています。もし、迷惑メールとして受信拒否された場合は、相手先に「アドレスを指定して受信」の設定をしてもらいましょう。

3-1.キャリアメール扱いのメールアドレス

Y!mobileとUQモバイルのメールアドレスはキャリアメール扱いとなります。キャリアメールでしか受け付けていない会員登録などのサービスも使用可能です。

さらに、相手から受信拒否される可能性も限りなく低いのが大きなメリットとなります。

3-2.無料メールアプリの利用も検討しよう

格安スマホ会社から提供されるメールアドレスは基本的にフリーメールです。無料ならいいのですが、有料で格安スマホ会社のフリーメールを利用するなら、取得の手間はかかりますがGmailなど無料メールアプリを使った方がいいかもしれません。

無料メールアプリも格安スマホ会社からもらえるアドレス同様、フリーメールです。無料メールアプリの特徴として、一度アカウント登録をすれば、途中で格安スマホ会社を乗り換えても同じメールアドレスが使用できます。

契約している格安スマホ会社が変わる度に、メールアドレス変更を知人に伝えなくてもいいので非常に楽です。

無料で使えるおすすめのメールアプリは以下にまとめています。

4.まとめ

今回の記事ではメールアドレスがもらえる格安スマホ会社をご紹介してきました。

格安スマホ会社によって有料であったり、メールの使用に制限があったりと、それぞれ特徴があります。

  • メールの保存容量は気にしなくていいのか?
  • キャリアメール扱いのアドレスでないと困らないか?
  • パソコンやタブレットでもメールを確認できなくていいのか?(接続方式を確認する)

などを、契約前に確認しておきましょう。

まもなく終了

  • Y!mobile:タダ学割 基本使用料が最大3ヶ月無料(5/31まで)
  • mineo:もうすぐ100万回線ありがとうキャンペーン 6ヶ月間900円割引(5/8まで)
  • UQモバイル:UQゼロ学割 最大3ヶ月基本使用料無料(5/31まで)
  • UQモバイル:iPhoneSE実質0円(在庫限り)
  • TONEモバイル:春の学割キャンペーン 基本使用料6ヶ月無料(5/31まで)
  • LINEモバイル:ぜーんぶゼロキャンペーン 基本使用料2ヶ月無料(5/7まで)
  • nuroモバイル:15000円キャッシュバックキャンペーン(4/30まで)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。