コメント欄にご質問・感想をどうぞ

格安SIM(格安スマホ)でLINEのID検索ができない問題の対処法

lineのid検索ができない

お知らせ

2020年4月より、楽天モバイルは格安SIMからキャリアへ移行。月額2980円でデータ使い放題の楽天アンリミットが登場しました。

現在、1年間無料キャンペーン中。体験談を詳細にレビューしています。

 

>楽天アンリミットの評判・口コミを見る

格安SIM(格安スマホ)でLINEを使うと、ID検索で友達登録ができなくなります。友達登録の手段が一つ減るのは不安なものです。

この記事では、LINEでID検索できない問題の対処法すべてをご紹介。

格安SIMに乗り換えても、ID検索を使い続ける方法から、ID検索以外の代替案まで詳しく解説していきますよ。

ぜひ、参考にして下さいね。

1.格安SIMでLINEのID検索は使えません

格安SIMはLINEのID検索が使えないんですね・・。

ええ、年齢認証システムがキャリア仕様になっているのが原因よ。

格安SIMでは、相手からのID検索はできますが、自分からID検索で友達登録ができなくなります。詳しく見ていきましょう。

理由は年齢認証を突破できないから

格安SIMでLINEを使うとID検索できなくなる理由は、年齢認証をクリアできないからです。

LINEの年齢認証は大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)のシステムを利用しています。 そのため、格安SIMでは利用できないのです。

ちなみに、年齢認証を行う理由は、未成年の犯罪防止です。

セキュリティ強化のため、ID検索機能を使うには18歳以上であることを証明しなければなりません。

ただし、端末を買い替えないならID検索は使える

例えば、ドコモから格安SIMに乗り換える場合。

新しい端末を購入せず、ドコモの端末にSIMカードを入れ替える(キャリアのSIMから格安SIMへ)のであれば、ID検索機能は使えます。

手順はドコモの契約中に年齢認証を済ませておいて、格安SIM乗り換え後も同じLINEアプリを引き続き使うだけ。これで、ID検索機能が使えます。

ドコモを例にあげましたが、au・ソフトバンクも同様です。

確実に、ID検索が使えなくなるのは、格安SIMと共に新しい端末へ乗り換える場合に限ります。

2.どうすればいい?格安SIMでLINEのID検索を使う手段

ID検索が使えないことは分かりましたけど、対処法はあるんですか?

もちろんあるわよ。安心してちょうだい。

手段1:一番いいのはLINEモバイルかY!mobileに契約すること

格安SIMではLINEのID検索が使えなくなると説明してきましたが、実はLINEモバイルとY!mobileの2社は例外です。

LINEでID検索が使えないのは困る・・という方は、LINEモバイルかY!mobileに契約するのが、一番簡単な解決策です。

LINEモバイルは本家なので制約なし

まず、LINEモバイルはその名の通りLINE株式会社が手掛ける格安SIMです。

同社のサービスなので、LINEのID検索が使えるわけですね(問題なく年齢認証できる)。

>>LINEモバイルについて詳しく見る

Y!mobileはキャリア扱いなので年齢認証可

そしてもう一つ。Y!mobileでもID検索を使える理由は、キャリア扱いの通信事業者だからです。

格安SIM・格安スマホに分類されがちなY!mobileですが、実は自社回線を持つ立派なキャリアです。

ドコモ・au・ソフトバンクと同じ扱いで、他の格安SIMにはないキャリア決済や無制限かけ放題も利用できます。キャリア扱いのY!mobileは年齢認証が可能、ID検索が使えます。

>>Y!mobileについて詳しく見る

手段2:格安SIMで今の端末を使う(事前に年齢認証)

手持ちのキャリア端末で格安SIMに持ち込み契約するなら、LINEのID検索機能は維持できます。

その際、必ず格安SIMに乗り換える前に、年齢認証を済ませておきましょう。 大手キャリアと契約している状態なら、問題なく年齢認証をクリアできます。

■年齢認証の手順:「設定」→「年齢確認」→「年齢認証結果」→「年齢確認」

同回線に合わせて契約しよう

格安SIMでキャリア端末を使う場合は、同回線に合わせて契約するのが基本です。

同回線に合わせるとは?

もし、ドコモ端末でau系の格安SIMを使いたい・・など、同回線に合わせない場合はSIMロック解除の手続きを行って下さい。

SIMフリー化すれば、すべての格安SIMでキャリア端末が使えます。

手段3:(裏技)他人名義のキャリアSIMを借りて年齢認証

大手キャリアのSIMカードさえあれば、LINEの年齢認証をクリアできるのは先に述べた通り。

ここでポイントなのが、大手キャリアのSIMカードさえあれば、自分名義である必要が無いことです。

まっさきに思いつくのが家族や友達から借りることでしょう。ただし、このやり方は貸してくれた相手が、LINEを使えなくなるデメリットがあります。

そこで利用できるのがヤフオクやメルカリです。

実は、数百円で使用済みのSIMカードが販売されています。こちらを購入して、年齢認証を強引に突破します。

このやり方は、ややグレーな手法なので、実践する際は何があっても自己責任でお願いします。

3.実はそんなに不便じゃない!ID検索機能以外でも友達追加はできる

知ってた?友達を追加する機能は他にもあるのよ。ID検索が使えなくても全然不便じゃないわ。
そうなんですね。他のやり方を知りませんでした。

友達追加の手段をすべて説明するわね。
TOPIC
以前は利用できたもう一つの裏ワザ「PC版LINE(Chrome版含む)でID検索する方法」は現在使えなくなっています

ふるふる

ふるふるは、お互いのスマホを近づけて振るだけで友達登録できます。詳しい手順は、以下の通りです。

STEP.1
「友だち追加マーク」をタップ

line 友だち追加

事前に、端末の位置情報をオンにしておきましょう。

STEP.2
「ふるふる」をタップ

ふるふる

STEP.3
端末をふるか画面をタッチする

ふるふる

以上で完了です。

QRコード

QRコードを送れば、離れている友達も追加できます。詳しい手順は以下の通りです。

STEP.1
「友だち追加マーク」をタップ

line 友だち追加

STEP.2
「QRコード」をタップ

QRコード

QRコードリーダーが起動します。

STEP.3
相手のQRコードを読み取る

QRコードで友だち追加

自分のQRコードが表示されるので、登録してもらいましょう。

※相手に登録してもらう場合は、「マイQRコード」をタップ

以上で完了です。

相手からQRコードを送ってもらう

  1. QRコードが写った画像を受け取ったら、端末に保存
  2. LINEのQRコードリーダーを立ち上げて「ライブラリから読み込む」をタップ
  3. 保存した画像を選択

 

自分からQRコードを送る

  1. QRコードを画面に表示した状態で、スクリーンショットを撮る
  2. スクリーンショットを送る

招待URLの発行

すでに電話番号やメールアドレスを登録している相手を友だち追加するときは、招待URLの発行が便利です。

発行した招待URLは、メール・SMS・SNS(Facebookは不可)などで送れます。詳しい手順は以下の通りです。

STEP.1
「友だち追加マーク」をタップ

line 友だち追加

STEP.2
「招待」をタップ

lineで招待

STEP.3
招待方法でEmail・SMSを選択

友だち招待

STEP.4
招待する相手を選択

友だち招待2

「招待」をタップすると、メッセージアプリが立ち上がります。

STEP.5
招待URL付きのメールを送信する

招待メール

メッセージを送ったら、相手に登録してもらうのを待ちましょう。

以上で完了です。

4.まとめ

格安SIMでは年齢認証の問題でLINEのID検索が使えません。

ですが、端末を変えずに持ち込み契約するなら、事前に年齢認証をクリアしておくことで、格安SIMでもID検索は使えます。

また、「LINEモバイル」か「Y!mobile」に契約するのも一つの手。

とくに、LINEモバイルは、LINEアプリのデータ消費がカウントフリーです。 LINEユーザーにとって使いやすい格安SIMとなっています。

LINEアプリはID検索以外でも友達登録の手段が豊富に用意されています。ID検索ができないだけで、格安SIMを躊躇するのは勿体無いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。