格安SIM(格安スマホ)でLINEのID検索ができない問題の対処法

lineのid検索ができない

格安SIM(格安スマホ)でLINEを使うと、ID検索で友達登録ができなくなります。友達登録の手段が一つ減るのは不安なものです。

この記事では、LINEでID検索できない問題の対処法すべてをご紹介。

格安SIMに乗り換えても、ID検索を使い続ける方法から、ID検索以外の代替案まで詳しく解説していきますよ。

ぜひ、参考にして下さいね。

1.格安SIMでLINEのID検索は使えません

格安SIMはLINEのID検索が使えないんですね・・。

ええ、年齢認証システムがキャリア仕様になっているのが原因よ。

格安SIMでは、相手からのID検索はできますが、自分からID検索で友達登録ができなくなります。詳しく見ていきましょう。

1-1.理由は年齢認証を突破できないから

格安SIMでLINEを使うとID検索できなくなる理由は、年齢認証をクリアできないからです。

LINEの年齢認証は大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)のシステムを利用しています。 そのため、格安SIMでは利用できないのです。

ちなみに、年齢認証を行う理由は、未成年の犯罪防止です。

セキュリティ強化のため、ID検索機能を使うには18歳以上であることを証明しなければなりません。

1-2.ただし、端末を買い替えないならID検索は使える

例えば、ドコモから格安SIMに乗り換える場合。

新しい端末を購入せず、ドコモの端末にSIMカードを入れ替える(キャリアのSIMから格安SIMへ)のであれば、ID検索機能は使えます。

手順はドコモの契約中に年齢認証を済ませておいて、格安SIM乗り換え後も同じLINEアプリを引き続き使うだけ。これで、ID検索機能が使えます。

ドコモを例にあげましたが、au・ソフトバンクも同様です。

確実に、ID検索が使えなくなるのは、格安SIMと共に新しい端末へ乗り換える場合に限ります。

\毎月のスマホ代が4000円OFF/格安SIMの総合比較詳しくはこちら>>


2.どうすればいい?格安SIMでLINEのID検索を使う手段

ID検索が使えないことは分かりましたけど、対処法はあるんですか?

もちろんあるわよ。安心してちょうだい。

手段1:一番いいのはLINEモバイルかY!mobileに契約すること

格安SIMではLINEのID検索が使えなくなると説明してきましたが、実はLINEモバイルとY!mobileの2社は例外です。

LINEでID検索が使えないのは困る・・という方は、LINEモバイルかY!mobileに契約するのが、一番簡単な解決策です。

LINEモバイルは本家なので制約なし

まず、LINEモバイルはその名の通りLINE株式会社が手掛ける格安SIMです。

同社のサービスなので、LINEのID検索が使えるわけですね(問題なく年齢認証できる)。

>>LINEモバイルについて詳しく見る

Y!mobileはキャリア扱いなので年齢認証可

そしてもう一つ。Y!mobileでもID検索を使える理由は、キャリア扱いの通信事業者だからです。

格安SIM・格安スマホに分類されがちなY!mobileですが、実は自社回線を持つ立派なキャリアです。

ドコモ・au・ソフトバンクと同じ扱いで、他の格安SIMにはないキャリア決済や無制限かけ放題も利用できます。キャリア扱いのY!mobileは年齢認証が可能、ID検索が使えます。

>>Y!mobileについて詳しく見る

手段2:格安SIMで今の端末を使う(事前に年齢認証)

手持ちのキャリア端末で格安SIMに持ち込み契約するなら、LINEのID検索機能は維持できます。

その際、必ず格安SIMに乗り換える前に、年齢認証を済ませておきましょう。 大手キャリアと契約している状態なら、問題なく年齢認証をクリアできます。

■年齢認証の手順:「設定」→「年齢確認」→「年齢認証結果」→「年齢確認」

同回線に合わせて契約しよう

格安SIMでキャリア端末を使う場合は、同回線に合わせて契約するのが基本です。

同回線に合わせるとは?

もし、ドコモ端末でau系の格安SIMを使いたい・・など、同回線に合わせない場合はSIMロック解除の手続きを行って下さい。

SIMフリー化すれば、すべての格安SIMでキャリア端末が使えます。

手段3:(裏技)他人名義のキャリアSIMを借りて年齢認証

大手キャリアのSIMカードさえあれば、LINEの年齢認証をクリアできるのは先に述べた通り。

ここでポイントなのが、大手キャリアのSIMカードさえあれば、自分名義である必要が無いことです。

まっさきに思いつくのが家族や友達から借りることでしょう。ただし、このやり方は貸してくれた相手が、LINEを使えなくなるデメリットがあります。

そこで利用できるのがヤフオクやメルカリです。

実は、数百円で使用済みのSIMカードが販売されています。こちらを購入して、年齢認証を強引に突破します。

このやり方は、ややグレーな手法なので、実践する際は何があっても自己責任でお願いします。

3.実はそんなに不便じゃない!ID検索機能以外でも友達追加はできる

知ってた?友達を追加する機能は他にもあるのよ。ID検索が使えなくても全然不便じゃないわ。
そうなんですね。他のやり方を知りませんでした。

友達追加の手段をすべて説明するわね。

代替案1:ふるふるで友達追加

ふるふるは、お互いのスマホを近づけて振るだけで友達登録できます。

ふるふるの使い方

1.「友だち追加マーク」をタップ

line 友だち追加

2.「ふるふる」をタップ

ふるふる

3.端末をふるか画面をタッチする

ふるふる

以上で、友だち追加は完了です。

代替案2:QRコードで友達追加

QRコードを使って友達追加できます。一番ポピュラーな登録方法です。

QRコードの使い方

1.「友だち追加マーク」をタップ

line 友だち追加

2.「QRコード」をタップ

QRコード

QRコードリーダーが起動します。

3.相手のQRコードを読み取る

QRコードで友だち追加

※相手に登録してもらう場合は、「マイQRコード」をタップ

自分のQRコードが表示されるので、登録してもらいましょう。

なお、QRコードはメールやSNSでスクショ送信もできます。離れている相手と友達登録できますよ。

代替案3:友達追加用の専用URLを発行

専用URLを発行すれば、相手と離れていても友達登録ができます。 すでにメールアドレスを登録している相手と、LINEで友達になる際に便利です。

発行した専用URLはメール、SMS、SNSなどメッセージで送れます。ただし、Facebookでは送信できないので注意してください。

専用URLの発行方法

1.「友だち追加マーク」をタップ

line 友だち追加

2.「招待」をタップ

lineで招待

3.招待方法でEmail・SMSを選択

友だち招待

4.招待する相手を選択

友だち招待2

「招待」をタップすると、メッセージアプリが立ち上がります。

5.専用URL付きのメールを送信する

招待メール

以上で招待は完了です。相手に登録してもらうのを待ちましょう。

代替案4:PC版LINEを使う(ID検索できる)

PC版LINEには年齢認証がありません。 PC版LINEをインストール出来る方は、こちらの方法でID検索機能が使えます。

PC版LINEでID検索する方法

  1. 「友だち追加マーク」をクリック
  2. 「友だち検索」をクリック
  3. 「ID」を選択
  4. 登録したいIDを検索
  5. 友だちが出てきたら「追加」をクリック

以上で、友だち追加は完了です。

4.【まとめ】格安SIMはLINEのID検索が使えない・・だけど、代替案は豊富にある

格安SIMでは年齢認証の問題でLINEのID検索が使えません。

ですが、端末を変えずに持ち込み契約するなら、事前に年齢認証をクリアしておくことで、格安SIMでもID検索は使えます。

また、「LINEモバイル」か「Y!mobile」に契約するのも一つの手。

とくに、LINEモバイルは、LINEアプリのデータ消費がカウントフリーです。 LINEユーザーにとって使いやすい格安SIMとなっています。

LINEアプリはID検索以外でも友達登録の手段が豊富に用意されています。ID検索ができないだけで、格安SIMを躊躇するのは勿体無いですよ。

格安SIMのキャンペーン情報まとめ(2019年7月13日更新)

1.かなりお得

  • 楽天モバイル:最新15機種が大幅値引き(8/8まで)
  • Y!mobile:最大15555円のTポイントが貰える&SIM単体契約で最大14400円割引(終了未定)
  • UQモバイル:現金13000円のキャッシュバック&初期費用0円(終了未定)

2.まあまあお得

  • mineo:6GB・10GBコースが3ヶ月割引(7/31まで)
  • IIJmio:端末の大幅割引&ギフト券(7/31まで)
  • BIGLOBEモバイル:iPhone含む端末の大幅割引&SIM契約は6ヶ月1200円割引(9/1まで)
  • LINEモバイル:月額料金が3ヶ月1390円割引に(終了未定)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。