イオンモバイル

イオンモバイルの料金プランを選び方まで完全ガイド

イオンモバイルの料金プラン

イオンモバイルではどんな料金プランを利用できるの・・・?

イオンモバイル契約前に気になることは料金プランですよね。一体どのようなプラン内容なのでしょうか?

自分にぴったりな料金プランの選び方についても知りたいところです。この記事では、イオンモバイルの料金プランを徹底解説。通話料や支払い方法についても言及しています。

また、おすすめのプランも紹介しているので参考にしてくださいね。

1.イオンモバイルの料金プランとは?

イオンモバイルの料金プランは、

  • 音声プラン
  • データプラン
  • シェア音声プラン

の3タイプに分かれます。SIMカードのタイプは音声プランとデータプランの2種類です。さっそく詳しい内容を見ていきましょう。

(1)音声プラン

音声プランとは、音声通話機能付きのSIMカードを意味します。電話番号が付与されるため、通常の携帯電話として利用するなら音声プランを選びます。

もちろん、データ通信やSMSも利用可能です。現在の電話番号を引き継ぎたい場合は、音声プランで「MNPとは?」の手続きを行いましょう。月額料金は1130円から契約可能です。

プラン内容

プラン名 データ通信量 月額料金
音声500MBプラン 500MB 1130円
音声1GBプラン 1GB 1280円
音声2GBプラン 2GB 1380円
音声4GBプラン 4GB 1580円
音声6GBプラン 6GB 1980円
音声8GBプラン 8GB 2680円
音声12GBプラン 12GB 3280円
音声20GBプラン 20GB 4680円
音声30GBプラン 30GB 6080円
音声40GBプラン 40GB 7980円
音声50GBプラン 50GB 10800円

(2)データプラン

データプランとは音声通話機がないタイプのSIMカードを意味します。インターネット・アプリ専用のSIMカードが欲しい方向けのプランです。SMS機能は月額140円で付けることができます。

データプランは電話番号が付与されない代わりに月額料金が音声プランよりも安くなっています。なお、データプランでもLINEやIP通話アプリで電話をかけることは可能です。選択できるデータ通信量は音声プランとほぼ代わりませんが、最低容量が500MBではなく1GBからとなります。月額料金は480円から契約可能です。

データプラン

プラン名 データ通信量 月額料金
データ1GBプラン 1GB 480円
データ2GBプラン 2GB 780円
データ4GBプラン 4GB 980円
データ6GBプラン 6GB 1480円
データ8GBプラン 8GB 1980円
データ12GBプラン 12GB 2680円
データ20GBプラン 20GB 3980円
データ30GBプラン 30GB 5380円
データ40GBプラン 40GB 7480円
データ50GBプラン 50GB 10300円

(3)シェア音声プラン

シェア音声プランとは、1つのデータ通信量を複数人で分け合えるプランのことです。

イオンモバイルのシェアプラン

シェア音声プランのイメージ

シェアできるのは最大5人まで。4枚目以降はSIM追加料金として月額200円かかります。シェア音声プランは家族の利用に適しています。契約するのは一人でいいので、申込みが楽な上、人数分の契約事務手数料を支払う必要もありません。

一人で複数回線を契約したい場合もシェア音声プランが使えます。その他、音声通話SIMとデータSIMを組み合わせることも可能です。最低容量は4GBで、月額1780円から契約できます。

シェア音声プラン

プラン名 データ通信量 月額料金
シェア音声4GBプラン 4GB 1780円
シェア音声6GBプラン 6GB 2280円
シェア音声8GBプラン 8GB 2980円
シェア音声12GBプラン 12GB 3580円
シェア音声20GBプラン 20GB 4980円
シェア音声30GBプラン 30GB 6380円
シェア音声40GBプラン 40GB 8280円
シェア音声50GBプラン 50GB 11100円

シェア音声プランの申し込みは店舗のみ

シェア音声プランはWEB契約が不可となります。契約できるのは「イオンモバイルの店舗」のみです。さらに、店舗でも「ご契約即日お渡し店舗」でなければなりません。SIMカードを後日配送する「後日配送お渡し店舗」ではシェア音声プランを契約できないので注意して下さい。

1-4.通信回線はau・ドコモから選択

格安SIMは大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)から通信回線をレンタルして運営しています。小売業のイオンが携帯業界に参入できたのも、この仕組のおかげです。そして、イオンモバイルで利用できる通信回線はau・ドコモとなります。格安SIMの中で珍しいマルチキャリア対応です。

au・ドコモの選択ですが、au端末で乗り換えたい方はauプラン、ドコモ端末で乗り換えたい方はドコモプランを選ぶのが基本です。端末と回線のキャリアを合わせると、SIMロック解除の手続きなしで乗り換え可能。既存のSIMカードを入れ替えるだけで、イオンモバイルが使えます。

なお、ソフトバンクユーザーの方は「SIMロック解除の手続き」を行えば、au・ドコモの両回線でソフトバンク端末を使えますよ。ちなみに、手持ちの端末ではなくイオンモバイルでSIMフリースマホをセット購入して使う場合は、au・ドコモのどちらを選んでも構いません。

おすすめはau回線です。au回線の方がドコモ回線よりユーザー数が少ないので、通信速度が安定する傾向にあります。

1-5.データプランはタイプ1・タイプ2に分かれる

イオンモバイルのデータプランはタイプ1、タイプ2が用意されています。新規契約する際にどちらかを選びます。

両者の違いは以下の通りです。

タイプ1 タイプ2
低速時の通信制限 3日で366MB なし
初月の日割り請求 あり なし
高速容量の追加購入 回数上限なし 月6回まで

利用料金は同じです。どちらも一長一短ありますが、月末付近に契約するなら初月の日割り請求があるタイプ1の方がおすすめです。低速時(200kbps)に通信制限が付くデメリットはありますが、日割りが効くため契約日を気にする必要がありません。

タイプ2は日割が効かないので、月末に契約しても請求は1ヶ月分かかります。月初であれば日割りは関係ないのでタイプ2でもいいのですが、月途中の契約はタイプ1の方がお得です。

ただし、低速切り替えを使ってできるだけデータ消費量を節約しようと考えているなら契約日に関わらずタイプ2を選びましょう。3日で366MBはわりとすぐに上限に達するので、低速通信(200kbps)を使いこなすならタイプ2です。

1-6.通話料金はどうなる?

イオンモバイルの通話料は20円/30秒となります。この金額は大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)も他の格安SIMもみんな同じです。通話料を下げたいなら、イオンでんわか050かけ放題が使えます。

イオンでんわは無料で利用可能。通話料が半額の10円/30秒になります。IP電話では無いため現在の電話番号を使用可能です。頻繁に通話する方は、イオンでんわ 10分かけ放題が月額850円で利用できます。文字通り国内通話なら10分以内の通話料が使い放題です。

050IP通話でいいなら月額1500円で時間無制限のかけ放題を利用することができます。同じ050電話番号を複数人でシェアできるので、家族単位で節約したい場合などに便利です。

1-7.他社と比べて料金は割安

イオンモバイルは他社と比べて利用料金が安いのでしょうか?音声通話SIMで比較してみました。結果は以下の通りです。

1GB 6GB 12GB 20GB 30GB
イオンモバイル 1280円 1980円 3280円 4680円 6080円
mineo 1500円 2280円 4680円 6600円
楽天モバイル 4750円 6150円
BIGLOBEモバイル 1400円 2150円 3400円 5200円 7450円
OCNモバイルONE 2150円 4850円 6750円
DMMモバイル 1260円 4680円

価格が安いと言われている格安SIMを中心に比較しましたが、イオンモバイルがどのデータ通信量でもほぼ最安値となっています。実際、「格安SIMの料金比較」を行うと、業界最安値を謳うDMMモバイルと並んでイオンモバイルの安さが目立ちます。

特に、6GBの1980円、30GBの6080円は他社を大きく引き離しています。なお、大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)と比較すると、およそ半額の利用料金となります。かなりの節約効果が見込めますよ。

1-8.利用料金の支払いはクレジットカードのみ

イオンモバイルの料金支払いはクレジットカード払いのみとなります。口座振替は使用できません。

利用できるクレジットカードブランドは、

  • VISA
  • MASTER
  • JCB

の3種類。イオンカードはもちろん利用できます。主要カードブランではアメックスが対応していないので注意しましょう。なお、デビットカードを使いたい場合は、VISAデビットカードが対応しています。

1-9.解約条件

イオンモバイルの解約は、店舗か電話から手続きを行います。WEBからは手続きできません。解約金は音声プラン、データプランともに無料です。解約金無料の格安SIMは非常に珍しいです。通常は8000~9500円の解約金が必要となります。

なお、他社に電話番号を引き継ぐためのMNP転出手数料は発生します。

MNP転出手数料

  • 180日以内:8000円
  • 180日以降:3000円

事実上の解約金と言えるでしょう。とはいえ、MNP転出手数料は他社でも必要となるため、イオンモバイルだけが負担となるわけではありません。180日以内の8000円は高いですが、180日以降の3000円は通常の料金相場です。

2.イオンモバイルでおすすめの料金プラン

イオンモバイルの料金プランについて内容が分かったら、次に疑問となるのがプラン選び。一体どのプランで契約すればいいのでしょうか?

2-1.4/6GBが狙い目

契約すべき料金プランは普段消費しているデータ通信量から決めるのが一般的です。毎月のデータ通信量が5GB程度の方は、4GBか6GBプランがおすすめとなります。後からプラン変更も出来るので、とりあえず4GBプランからスタートするのもありでしょう。

実際、多くのユーザーが4/6/8GBを選択しています。ちなみに、音声4GBプランは月額1580円、音声6GBプランは1980円です。

なお、イオンモバイルは50GBまでの大容量プランを契約できますが、30GBプラン以上はおすすめできません。その理由は、大容量プランは大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)との金額差が小さくなるからです。

小~中容量は格安SIMの方が圧倒的に安いのですが、大容量プランになると大手キャリアとあまり変わらなくなってきます。ですので、大手キャリアからイオンモバイルに乗り換える意味がやや薄れてしまいます。

イオンモバイルは大容量プランも他社と比べて安いのですが、30GB以上を使いたい方はイオンモバイル+モバイルWi-Fiルーターを使うといいでしょう。端末が2台持ちになりますが、モバイルWi-Fiルーターを併用した方が安上がりですよ。

2-2.通常は音声プランにMNPで乗り換え

利用料金が安いデータプランが気になりますが、通常は音声プランで契約しましょう。データプランは電話番号が使えないので、利用するとしたらサブ機として使うのがおすすめです。音声プランで契約する際は、MNPの手続きを行えば現在の電話番号が引き継げます。

MNPの流れは大手キャリアからMNP予約番号を取得して、イオンモバイルの契約時に予約番号を入力するだけです。

MNP予約番号の取得方法

MNP予約番号を取得してから、イオンモバイルのSIMカードに入れ替えるまでは、現在の携帯会社で通話・データ通信が可能です。不通期間は無いので安心してください。

3.イオンモバイルの料金プランに関するQ&A

Q1 データ無制限の使い放題プランはある?

イオンモバイルには残念ながら、データ無制限の使い放題プランがありません。高速通信はもちろん、低速通信の使い放題も無いです。その他、特定のアプリがデータ消費0となるカウントフリーもありません。

イオンモバイルの料金プランは非常にシンプルなので、従量制のデータ通信量を選ぶのみとなっています。どうしてもデータ使い放題を契約したい方は、「無制限プランが使える格安SIM」の記事を参考にしてください。

Q2 2年縛りはある?

イオンモバイルは2年縛りがありません。それどころか、最低利用期間も無いためいつでも自由に解約できます。最低利用期間が無い格安SIMは、mineoとイオンモバイルしかありません。ただし、mineoは12ヶ月以内のMNP転出手数料が11500円と高額なので実質1年間の契約縛りがあります。

イオンモバイルの場合は、MNP転出手数料も180日以前は8000円と高額ですが、180日以降は他社と同じ水準の3000円となります。実質、契約縛りは180日(3ヶ月)のみ。イオンモバイルは格安SIMの中で、最も解約・最低利用期間の条件がゆるいです。

Q3 初月の支払いは日割り計算?

イオンモバイルの初月利用料金は日割りとなります。月末に契約しても請求は利用した日数のみ。1ヶ月分が請求されることは無いので安心してください。なお、イオンモバイルの利用開始日はSIMカード発送から翌々日となります。申込日から料金が発生することはありません。

ちなみに、新規契約時は日割り計算があるイオンモバイルですが、解約時の日割りはありません。そのため、解約する際は月末に解約手続きを行いましょう。

4.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、イオンモバイルの料金プランについて詳しく解説してきました。イオンモバイルの料金プランは他社と比べて安いです。また、解約条件もゆるいため契約しやすい格安SIMとなっています。

デメリットとして無制限プランやカウントフリーがありませんが、利用料金が圧倒的に安いのでメリットがデメリットを大きく上回っていると言えるでしょう。初月の支払いは日割りが効くためいつ契約しても損はありませんよ。

イオンモバイルの公式サイトはこちら

イオンモバイルの注目記事
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。