イオンモバイル

イオンモバイルで動作確認されている対応機種とは?

イオンモバイルの対象機種

手持ちの端末がイオンモバイルの対応機種なのか気になる・・・そうお悩みではありませんか?

多くの端末が利用できるイオンモバイル。しかし、一部では未対応の端末もあります。イオンモバイルでは、iPhoneをはじめ様々な機種を動作確認しています。この記事では、動作確認端末一覧ページの見方や人気機種の対応状況を詳しく解説していきます。ぜひ、参考にして下さいね。

1.イオンモバイルで動作確認済みの対応機種とは?

さっそく、イオンモバイルで動作確認されている対応機種について見ていきましょう。

1-1.対応機種は動作確認端末一覧ページで確認できる

イオンモバイルでは、独自の調査で動作確認できた端末を、動作確認端末一覧ページに掲載しています。こちらに掲載されている機種なら問題なく動作しますよ。イオンモバイルの公式サイトから「動作確認端末一覧」のメニューを見てみましょう。

Aプラン(au回線)のタイプ1、Dプラン(ドコモ回線)のタイプ1・タイプ2で動作確認した端末が一覧表示されています。

イオンモバイルの動作確認端末一覧

動作確認端末一覧ページ

SIMタイプや料金プラン(音声プラン・データプラン・シェア音声プラン)で対応機種が変わることはありません。なお、タイプ1とタイプ2の違いについては、こちらの「イオンモバイルのタイプ2を速度測定!タイプ1との違いも解説」の記事を参考にして下さい。

動作確認端末一覧ページの使い方ですが、端末のメーカーかキーワードによる検索が可能です。iPadをはじめとしたタブレットやモバイルルーターも検索できます。

イオンモバイルの動作確認端末一覧2

検索のコツとして、対応機種だけでなくSIMカードサイズも見ておきましょう。SIMカードサイズは、標準SIM・nano SIM・micro SIMの3種類。手持ちの端末で持ち込み契約する際はSIMカードサイズを選択するので、間違えないように気を付けて下さいね。

※Aプランは契約時にSIMカードサイズの選択はありません(マルチサイズ)が、SIMカード到着後に自分でサイズを切り離します

1-2.Aプラン・Dプランで対応機種は変わる?

結論から言うと、Dプランの方が対応機種は多いです。その理由は2つの条件があるからです。

  • Aプラン(au回線)はCDMA2000方式と呼ばれる特殊な通信規格を使用する
  • Aプラン(au回線)はVoLTE対応端末のみ利用できる

CDMA2000方式の通信規格ですが、対応バンドの関係で海外の端末が未対応のケースがあります。国内販売の端末なら問題なく対応している(海外製でも国内モデルにカスタマイズされているため使用できる)ので、Aプランでは輸入端末などを使わない方が無難です。

また、VoLTEに関しても通信規格の関係で、VoLTE未対応の端末がAプランで使用できません(SIMロック解除しても使用不可)。VoLTEとはLTEで高音質な音声通話ができるサービスのことです。近年発売された端末なら、通常は対応しています。

手持ちの端末がVoLTE対応かわからない場合は、メーカーに問い合わせたり説明書のスペック表を確認したりしてみましょう。その他、注意したいのがAプランはDプランより後に始まったサービスなので、イオンモバイル側の動作確認がやや遅れていることです。動作確認端末一覧ページに載っている端末数が少ないのが難点です。

1-3.動作確認端末一覧ページに載っていない場合

もし、動作確認端末一覧ページに手持ちの端末が載っていない場合、以下の方法で対処します。

  • 4G対応端末ならDプランで契約してみる
  • SIMフリースマホを新たに購入する

まず、試したいのが4G対応端末をDプランで契約してみることです。ドコモ回線を利用するDプランは、4G LTEが使用できる端末ならほぼすべて対応しています。そのため、動作確認端末に載っていなくても問題なく使用できる可能性が高いです。au・ソフトバンク端末の方は「SIMロック解除の手続き」を行ってDプランで契約してみましょう。

イチかバチかで契約するのが心配な方は、SIMフリースマホ(格安スマホ端末)を新たに購入するのがおすすめです。特に、手持ちの端末が3G専用端末の方はイオンモバイルの契約を機に新しいスマホに買い替えた方がいいです。

SIMフリースマホであれば、基本的にイオンモバイルの対応機種だと思って構いません。ただ、AプランはSIMフリースマホでも一部非対応の機種があります。確実に対応機種を使いたいなら、イオンモバイルでSIMカードとともに端末セットの契約を行うのが安全です。

イオンモバイルは格安SIM会社の中で、SIMフリースマホの品揃えがトップクラスです。どの端末も確実にイオンモバイルで動作するので、好きな機種を選んで契約してみましょう。

1-4.中古端末(白ロム)を使用する際の注意点

中古端末を購入する際は、SIMロック解除ができないので注意して下さい。通称白ロムと言われる大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)の中古端末は、元の契約者でないとSIMロック解除の手続き(SIMフリー化)ができません。

そのため、イオンモバイルで中古端末(白ロム)を使うなら、SIMロック解除済みの端末かドコモ端末(Dプランで契約できる)が無難です。au端末はSIMロック解除の必要性が分かれます。Aプラン(au回線)の動作確認端末一覧で「SIMロックの解除が必要です」と書かれた端末は購入しないように気を付けましょう。

イオンモバイルの対象機種

なお、中古のソフトバンク端末はイオンモバイルで使用できないため購入してはいけません。

1-5.テザリングの対応状況も確認しておこう

動作確認済み端末ページでは、対応機種とともにテザリングの対応状況も確認できます。

テザリングの確認

テザリングは機種によって対応・非対応となるので、しっかりと確認しておくことが大切です。ちなみに、iPhoneを使う方はAプランだと通信規格の関係でテザリングできないので注意が必要です。au版iPhoneの方でも、テザリングを重視するならSIMロック解除してDプランに契約した方がいいですよ。

逆に、ドコモ版Androidを使う方は、Dプランで多くの機種がテザリング不可となります。こちらも技術的な問題です(APNの強制書き換え)。ドコモ版Androidでテザリングしたいなら、SIMロック解除してAプランで契約しましょう。

イオンモバイルのテザリングについては、以下の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
イオンモバイルでテザリング
イオンモバイルでテザリングを使う方法【Aプラン・Dプラン対応】イオンモバイルでテザリングが使えるのか知りたい・・・ テザリングが使えると、スマホをモバイルルーターにしてタブレットやノートパソコ...

2.イオンモバイルで使える人気機種の対応状況

ここでは、執筆時点で動作確認されている人気機種の対応状況についてご紹介していきます。動作確認時の対応OSが一世代前の場合がありますが、掲載されている機種なら最新OSでも問題ありません。

(1)iPhone

イオンモバイルでは、以下のiPhoneシリーズが対応しています。

※執筆時点の情報です

Aプラン

  • iPhoneX
  • iPhone8 Plus
  • iPhone8
  • iPhone7 Plus
  • iPhone7
  • iPhoneSE
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 6

Dプラン

  • iPhoneX
  • iPhone8 Plus
  • iPhone8
  • iPhone7 Plus
  • iPhone7
  • iPhoneSE
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 5s
  • iPhone 5c

AプランはiPhone6からの対応です。au版iPhone6s/6s Plus/7/7 Plus/SEを使用する際はSIMロック解除が必要となります。au版iPhone8/8 Plus/XはSIMロック解除不要で利用できます。

DプランはiPhone5cからの対応です。SIMフリー版ならiPhone5以前でも使用できます。ドコモ版iPhoneならすべての機種でSIMロック解除が不要となります。

(2)Xperia

イオンモバイルでは、以下のXperiaシリーズが対応しています。

※執筆時点の情報です

Aプラン

  • Xperia Z4 SOV31
  • Xperia XZ SOV34
  • Xperia XZs SOV35
  • Xperia X Performance SOV33
  • Xperia Z5 SOV32
  • Xperia XZ1 SOV36

Dプラン

  • Xperia J1 Compact
  • Xperia X Performance SO-04H
  • Xperia Z5 Premium SO-03H
  • Xperia Z5 Compact SO-02H
  • Xperia Z5 SO-01H
  • Xperia A4 SO-04G
  • Xperia Z4 SO-03G
  • Xperia Z3 Compact SO-02G
  • Xperia Z2 SO-03F
  • Xperia A2 SO-04F
  • Xperia Z1 f SO-02F
  • Xperia A SO-04E
  • Xperia Z SO-02E
  • Xperia AX SO-01E
  • Xperia SX SO-05D
  • Xperia GX SO-04D
  • Xperia NX SO-02D
  • Xperia PLAY SO-01D
  • Xperia acro HD SO-03D
  • Xperia ray SO-03C
  • Xperia acro SO-02C
  • Xperia arc SO-01C
  • Xperia SO-01B

(3)GALAXY

イオンモバイルでは、以下のXperiaシリーズが対応しています。

※執筆時点の情報です

Aプラン

  • Galaxy A8 SCV32
  • GalaxyS6 Edge SCV31
  • Galaxy S8+ SCV35
  • Galaxy S7 edge SCV33
  • Galaxy S8 SCV36

Dプラン

  • Galaxy S7 edge SC-02H
  • Galaxy Active neo SC-01H
  • Galaxy S6 SC-05G
  • Galaxy S6 edge SC-04G
  • Galaxy Note Edge SC-01G
  • Galaxy S5 ACTIVE SC-02G
  • GALAXY S5 SC-04F
  • GALAXY Note 3 SC-01F
  • GALAXY S4 SC-04E
  • GALAXY S III α SC-03E
  • GALAXY Note II SC-02E
  • GALAXY Note SC-05D
  • GALAXY S III SC-06D
  • GALAXY NEXUS SC-04D
  • GALAXY S II LTE SC-03D
  • GALAXY S II SC-02C
  • GALAXY S SC-02B

3.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、イオンモバイルの対応機種について詳しく解説してきました。Aプラン、Dプランが利用できるイオンモバイルは便利な反面、対応機種のルールで若干の違いがあるため少し分かりにくいです。

公式サイトの動作確認端末一覧ページを確認しながら、手持ちの端末が利用できるか事前にチェックしておきましょう。SIMロック解除が必要な場合は、以下の記事を参考にして下さいね。

イオンモバイルの注目記事
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。